searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

夢みたまさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
夢みたま 酔夢な漂い人の絵画な日々
ブログURL
https://yumemitama.exblog.jp/
ブログ紹介文
興味を感じたものは何でも描いている酔夢な絵描きです。ときには散歩の写真も公開します。
更新頻度(1年)

142回 / 365日(平均2.7回/週)

ブログ村参加:2019/06/27

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、夢みたまさんをフォローしませんか?

ハンドル名
夢みたまさん
ブログタイトル
夢みたま 酔夢な漂い人の絵画な日々
更新頻度
142回 / 365日(平均2.7回/週)
フォロー
夢みたま 酔夢な漂い人の絵画な日々

夢みたまさんの新着記事

1件〜30件

  • 樹木のトンネル

    そろそろ夕方を走っています。あてもありません。緑はまだ濃いです。ポツンと独立するように生えている樹木に関心が行きます。こんな樹木の名前はなんだろうと、例の...

  • 走る道なりに--4 竹沢から寄居

    この頃やたらと見かける黄色い花。これはやっぱりコスモスだろうと思うのですが、一応は調べてみないと----と思いつつもちょっと面倒、なんて思っていたら、スマ...

  • お地蔵さん

    殺風景な竹林の前でお地蔵さんを見かけました。ちょっと雰囲気が妙だったので、つい気になりました。実際お地蔵さんはあちこちで見かけます。どうしてこんな場所にと...

  • 畑に小屋あり 川沿いに憩いあり

    貧乏世帯で育ったせいか、畑に必ず存在する物置というのですか、粗末な作業小屋ですね、あれなんかみょ~に私を惹き付けるものがあります。空き地があるとしょっちゅ...

  • 道なりの (・・?

    居るんですねミツバチ。最近見たこともなかったのですが、ミツバチですよねこれ。結構近寄ったのですが、あまり用心していませんね。ミツバチに限らず虫の類は大きい...

  • 道なりの猫どん--2

    人に馴れた猫とまた遭遇しました。ちょこんと座って、こっち向いてくれと言ってもなかなか従ってくれません。何故か寂しそうに黄昏れています。触っても怒りません。...

  • 道なりの花--2

    他に混じって別種が一輪咲いている。こういうちぎれ雲みたいな奴はどこにでもあるのですが、自分と人生が重なるのか、ちょっと気を引かれるのですよね。この頃あちこ...

  • 道なりに走る

    どこということなく、ぐるぐる走っています。これは竹沢というところです。町で言うと小川町の隣です。その小川町がわからない?うーん、川越からずっと東武線で行っ...

  • 森(久しぶりの水彩画)

    久しぶりに描いたら全然駄目です。いじりすぎてドロドロになりました。途中で止めとけば良かった。もう一枚描き直せばいいのですが、この頃そんな気力もないんです。...

  • 怪しい雲行き

    心のなかに黒雲が漂う----程度の差こそあれ、誰でもこれはあります。それでもまた晴れたりするので、大抵は大事にならない。でも一部の人はそうではない。それを...

  • 道なりの花

    気ままに移動しての撮影です。とくにこれという意識もなくふと目についたら撮影しています。これは雑草の類でしょうが、朝露なんかで光っていたらなかなか趣がありま...

  • 私は怒っている

    いやね、写真一枚張り付けて何を言うかと言えば、以前からあれこれ言っているIME、日本字変換のことですよ。マイクロソフトも出来が悪いと思えばGoogleのも...

  • シリーズ 人の居ない公園

    いや別に、シリーズ化するつもりもないのですが、たまたま公園が続きましたので。とある川筋を走っていると、向こうに公園があるのを以前から認めていました。人も居...

  • 何の槽?

    農作業小屋の横にある、多分貯水槽でしょうが、しかしそれ程水が溜まっている様子はありません。何に使うものでしょうか。汚いので底はお見せはしませんが、蓋もなく...

  • 廃小屋

    崩れた小屋の絵ですが、これはずっと昔、絵を描き始めた頃の絵です。まだ水彩の透明も不透明も知りませんでした。そんな頃の想像で描いた捨て小屋とでも言いますか、...

  • 苦手な蜘蛛ですが

    以前にも書きましたが私は蜘蛛恐怖症です。とくにアシダカグモは心臓に悪いです。その画像はお見せできません、というより画像を加工できません。そんなことしたらし...

  • 人の居ない公園

    いつ通っても誰も見かけない公園です。過去はゲートボール大会くらいはあったかも知れません。しかし周辺の公園はどこも寂しげです。いつも思うのですが、人の去った...

  • 猛暑のお見舞いで~す

    あれ、お見舞いって、最後に--い--が付くんじゃなかったっけ。まいいや、作ってしまったですもんね。例の万年筆遊びです。なんとなく渚っぽいイメージです。うそ...

  • 人間の尊大はどこから生まれるか--2

    前回の続きですが、結果的にはあの会社は辞めて良かったです。というのも、働いている人は殆ど日系ブラジル人だったのですが、そのせいもあったのか、とにかくリーダ...

  • 人間の増長はどこから生まれるか

    走っているうちにこんなところへきてしまいました。あえてモノクロにして社名が判るようなものは消していますが、ここはもう十数年前に働いたことにあるこの地方では...

  • 穂先--万年筆遊び復活--5

    なんだと思うでしょうが、これは穂先を図案化した絵です。お目目チカチカは毎度ご容赦願っております。ザッと何枚か描いたのでそれが終わるまでは続きます。でも始め...

  • 池を目指して私は走る

    26日からの続きです。オシッコヤギにブー垂れて真っ直ぐに進みまして、程なく小さな池に辿り着きました。水は濁って少ないです。溜池ですからしょうがないです。し...

  • ある日の夕焼け

    池を目指している記事でしたが、ちょっと別をはさみました。隣町の画廊を覗いた帰りに居酒屋へ寄りまして、その帰りに眺めた夕焼けです。平凡な景色ですが、夕焼けは...

  • 山があるから登るんだ 道があるから走るんだ

    暑くなって、そろそろ熱中症の心配をしつつ山の間を走っています。なにせ右を見ても左を見ても周辺は山ばかり。と言ってもこれは梅雨の晴れ間の時期でしたけど。で、...

  • 心が捩れると異型が生まれる

    ふと、見知った画家さんの、なにやら随分自慢げな、その絵のドヤ顔を見て、つい言ってやりたくなることがあります。「あんた、いつも言っていることとちょっとばかり...

  • 万年筆遊び復活です--4 (流れのある森)

    チカチカはお許しくださいませね。経緯は以前から語っております。お目々チカチカ、私は暑さで頭が沸騰です。森の中に早い流れがあると、そんなイメージですね。まあ...

  • 道なりの猫どん

    何故か猫と出会うこの頃です。もう夕方、いつものように自転車で駆けていると、道の前に猫が現れたじゃありませんか。で、思わず自転車を止めて「おいおい、にゃーん...

  • 万年筆遊び復活です--3

    ちょっと間が空いてしまいました。一応、仕事しとったのですよこれでも。前回に続き万年筆遊び復活です。スタイルはほぼコンテンポラリーアートなので、ご自由に受け...

  • 万年筆遊び復活です--2

    やっぱり水辺系のイメージですが、ふーむ、インクって、濃い部分を作ってやろうとボタッとやったら、鈍光りするんですね。そういえばそうでしたね。学生の頃ノートに...

  • 路地の集落

    遠慮がちに、この道は行けるのかなと戸惑いつつ入って行くと、こんな狭いところにどうやって家を建てたのだろうと不思議に思うようなところが周辺にはいくつもありま...

カテゴリー一覧
商用