searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

pianonさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
社畜のピアノライフ
ブログURL
http://syachikupianolife.blog.jp
ブログ紹介文
社畜ですが、ピアノを再開しました。 美しいもの、変なもの、アートが好きです。 社畜ですが、もっと自分に正直に、好きなことをやってみようと思って、ブログはじめます。
ブログ村参加
2019/06/22
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、pianonさんをフォローしませんか?

ハンドル名
pianonさん
ブログタイトル
社畜のピアノライフ
フォロー
社畜のピアノライフ

pianonさんの新着記事

1件〜30件

  • ムカデ

    今の課題はベートーベンの月光三楽章。絶賛、迷走中です。  なんとなくは、弾けるのですが、その先へ行きってみたい。しばらくベートーベンにロックオンになりそうです。さて、月光3楽章の冒頭はアルペジオで駆け上がります。最初、レッスンに持っていく時、気をつけて仕

  • 自分用コピー譜の作り方

    今度ベートベンのソナタに取り組むことになりました。月光3楽章行きます。 これは実は、大昔に、必死に弾いたことがあります。楽譜がオンボロッ!!昔使っていた楽譜で、比較的綺麗なのは春秋社です。春秋社のクォリティの高さよ!開いて弾いていたら、崩壊してきたので、

  • 恒例のWeb発表会だよ〜。

    恒例のWeb発表会(produced by かつさん)に参加しました。発表会のプログラムサイトはこちらから。みんなの人気者、かつさんブログはこちらから。今回は、空・宇宙テーマで、弾きたい曲がたくさんありました。ポップス・ジャズだと、「銀河鉄道999」とか、「見上げてご

  • 爪ひょう疽

    なんか変な怪我をしてしまいまして、、、左手の人差し指が爪ひょう疽になってしまいました。ただの、ささくれだったのですがバイキン入ると、爪ひょう疽というやつになることがあるようです。みなさまもお気をつけください。爪ひょう疽だったら、すぐ病院へ行きましょう。さ

  • 断捨離

    昔習ったピアノのスキルセットで、それなりのフレージングのパターンを持つと、無意識のうちにテンプレ化してしまっているようです。もはや副作用と言ってもよいかもしれない。 中途半端にならったスキルを色んな曲に横展開すると、違う、違う、そうじゃ、そうじゃな〜い♪

  • 未病

    ピアノが好きなので、手の故障とか、病気はなるべく避けたいと思っている。手のトラブルは、昔、子供がまだ小さい頃家事をやっていたら、人差し指の付け根が、バネ指になってしまったことがある。バネ指というのは腱鞘炎の一種で同じ作業を繰り返すようなことするとなりやす

  • ラタドーム城

    すぎやまこういちさんのラタドーム城好きでした。この曲は、バロックっぽいの意識してますよね。絶対。笑私は、ドラクエ1リリース当時、ファミコンでやってました。今までなかった、ロールプレイングゲームが新鮮で、ストーリーも音楽も夢中になりました。弟と一緒にレベル

  • 媚びのない演奏

    ピアノ愛好家の中には、数学者とか哲学者とか医者とか、結構いるような気がする。 ニーチェはプロ級に上手かったそうです。サルトルはピアノの名手ではないけれど、ピアノ演奏は録音が残っている。撮影は1967年、この当時は62歳くらい。養女のアルレットと一緒にいるそうで

  • ワルツ

    ショパンのワルツ自分の中で、とりあえず完成。ミスタッチあるし、ペダルも濁るし、リズムが?なところがあるけど、今の私のスキルセットだと、ここまでと思う。 ショパンのワルツは、昔、何個かやったのですが、 レッスンを改めて受けると、ショパンの難しさをしみじみと

  • ドヴォルザーク

    次はドヴォルザークのユーモレスクに取り掛かります。てっきり弦の曲かと思っていたのですが、ピアノ版もあったとは。ただ、今絶賛譜読み中。るんるんしていますピアノ曲ではあまりご縁がない作曲家でしたがそう言えば、オケの定番曲がたくさんありましたよね。後期ロマン派

  • アイネクライネ

    農耕民族臭をとるキャンペーンしてたのですが、楽しきゃいいじゃん?的なノリ?いやいや、騎馬民族のリズムだから(後付けの理由?)モーツァルトのアイネクライネナハトムジークの連弾やりました。この意味はなんだろうと、ググったらwikiによると、、、ドイツ語でEineは不

  • 発表会録音

    発表会の録音があがってきました。だいぶ前になりましたが1年前ぐらいは、ひたすらバッハを弾いて、音を柔らかくするレッスンしていました。先生のスタジオのNYスタンウェイが、あまりに私の欠点を顕著化させるので音色には気をつけるようになりました。発表会もNYスタンウ

  • 騎馬民族のリズム

    騎馬民族のリズムというのはお馬の乗って、パッカパッカと揺れるイメージだそうな。ふわ〜んと、馬が蹴り上げるときの、まるい感じが舞曲の中にも入っている。ここ最近、ワルツ、メヌエット、サラバンド、あとはロンドとかで、3拍子系とか、3拍子ではなくても、騎馬民族っ

  • k.v.3

    ひょんなことから、モーツァルトの k.v.3 に取り組みました。なんで、これにたどり着いたかというと、メヌエット、ワルツと舞曲系の曲が私には難しくて。。。まあるく、まあるく、弾くというのが、なんとなくは弾けるのですが、ちゃんと弾けない。 そもそも騎馬民族🐴の

  • UFOキャッチャー

    ピアノで指弾きしちゃダメとよく言われますけど、確かにそうだなと思う。指弾きする・しないで、音が違う。生徒の立場だと、先生から言われる「 指弾きするな」という言葉の、意味を捉えるのがまず難しいですよね。イメージとしては、自分の腕がUFOキャッチャーのアームと思

  • ドロップダウンピアノ

    いろいろ話すと長い訳がありまして、実家にドロップダウンピアノが鎮座しております。 アメリカ製で、BALDWINというメーカーのものらしいです。ドロップダウンピアノとは、アプライトピアノの背を低く、家具などと高さを合わせて作ったものになります。 弦がコンパクトに設

  • 楽器みたい

    中村佳穂さんの歌声が技巧的で楽器みたい。と思ったのですが、むしろ楽器のほうが、人の声のように、できるだけ多彩な音を出して歌おうとしているのかもしれない。人の声って、最高の楽器だなと、思いました。歌声は、神様から与えられたギフト。 本当にうまい人は、たぶん

  • 共創

    細田守監督の「竜とそばかすの姫」みてきました!素直に楽しかった。子供が、スタジオ地図のアニメが好きで、コラボ商品をたくさん買わされていました。 ユニクロのTシャツに、ローソンのくじに、、、、アニメイトにも行ったし。結構投資しています。 今回の細田さんの作品

  • やはり、音楽。

    音色にこだわるのは、よいのだけど取り組んでいるのは音楽。音だけに固執すると、木を見て森を見ずの演奏になる。ハイドンは交響曲の父。指揮者みたいな仕事をピアノ一台で、取り組むようなもの。やはり音楽、それが音楽ですよね。ところで、ファジルサイの演奏が、指揮して

  • やはり、脱力。

    最近なんとなく、出したい音が、どういう論理で出るのかが、わかってきた。と思う。やっぱり、脱力なんです。こんなところにも、力入っていた、というのは自分は気づいていないことが多い。私の無駄な力は、フレーズを歌おうとすると無意識のうちに、入っていることがわかっ

  • いろいろ、カオス2

    難癖だらけの、オリンピック・パラリンピック。小山田さんは、辞任するそうですね。今日は、ちょっと真面目にかいてみます。あまり、正直興味なかったのですが、小山田さんのせいでとても気になりだしました。組織委員会は、リスク管理を誤って、もうこの時期となっては、今

  • 弦みたいなスタッカート

    引き続き、ハイドンのソナチネを弾いています。しょっぱなの、スタッカートは、跳ねすぎると、金属的になってしまう。カンカン〜〜っとね。昔からの癖で、クリアに、素早く粒揃えて弾こうと思うと、ついつい打楽器的な金属的なスタッカートができあがる。これ、結構やりがち

  • いろいろ、カオス

    オリンピック・パラリンピック開幕しますね。あまりにも、ごたごたがあるので、すっかり忘れてました。今年のカレンダーもよくみておかないと祝日かわっているし。あぶないあぶない、明日は出勤日だよ〜。ところで、小山田圭吾さんって、今いじめ問題で、話題ですが、フリッ

  • 探し物

    探し物はなんですか?見つけにくいものですか?それは、脱力した美音です。 大人のピアノ再開組は、勉強熱心。大人って、子供の頃のような承認要求とか、照れ臭さみたいなのは、ほぼ消滅している。なので、逆に子供よりも素直にわからないことは、先生に、質問できる!でも

  • ソナチネ

    しばしシューベルトのワルツと格闘していましたが、今度は、ソナチネに取り組んでいます。どことなく、懐かしく、弾きやすい。と思いきや。。。やっぱ、難しい。いや、なんとなくは、弾けるのだよ。でも、ちゃんと弾こうとすると、これまた奥深い。 弦のトゥッティ。オーケ

  • 抜けない訛り

    舞楽系の音楽に取り組むと、特にワルツなんかだと、日本人には難しいと言われます。私も、子供の頃、ワルツなのに、盆踊りになっていると よく先生から言われたものです。笑別に先生が、意地悪を言っているとかは、全く思いません。だって、ほんとだもん。音楽は、ちょっと

  • 音が溶けない

    レッスン行ってきました。シューベルトのワルツ D365 No.17シューベルトのワルツは、何曲か、かい摘んで、やっているのですが、どれもイマイチ。いつも、課題満載で、クリアできない。音を空気に、溶けさせるのが、キモのようなのですが、私の音は、固体のまま、溶けません。

  • たぶん、そうかも

    スクリャービンのアルバムリーフは、あっという間に課題終了で、おしまいなのですが、なんとなく自分の弾き方は、後半のクロスリズムが違う気がして自主練継続中。でも、どうやら、リズム問題ではない。ところどころ、左右の音が衝突するときに、不協和音で、なんか気持ち悪

  • 7ミリ

    今シューベルトのワルツに取り組んでいるのですが3拍子の、ぶんちゃっちゃ〜に苦戦しています。ちゃっちゃ〜、は鍵盤の中だけで弾く。鍵盤は深さ1センチだけど、もう一声いうと、7ミリくらいの中で弾く。鍵盤から指離さないで、その場だけで、最弱で飛び込んだ音。ついつ

  • 最近の取り組み

    最近は、いろんなジャンルで、簡単な短い曲に、取り組んでいます。短いのですぐ、次の曲が来る。社畜の大人ピアノには、良いかもしれない。スクリャービンのアルバムリーフも終わってしまった。短かかった。すごい楽しかったけど、あっという間。通り雨みたいな曲。緩急、フ

カテゴリー一覧
商用