searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

chengduさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
中国 四川省 成都の日常ブログ
ブログURL
https://www.chengdu.co.jp
ブログ紹介文
四川省 成都まで商品仕入れや、お連れさんに会うため、月に一度は関西からぶっ飛んでます。まだまだ日本人なんて見かけない成都の街、人々とのコミュニケーションや生活 グルメ 観光 ライフライン等、主観ですが赤裸々に綴っていきたいと思います。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2019/06/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、chengduさんの読者になりませんか?

ハンドル名
chengduさん
ブログタイトル
中国 四川省 成都の日常ブログ
更新頻度
集計中
読者になる
中国 四川省 成都の日常ブログ

chengduさんの新着記事

1件〜30件

  • 成都のスーパー

    《中国系スーパーはやっぱりちょっと違う》 (量り売り多し) マンションの周囲には、歩いて行けるスーパーが4ヶ所あります。 外資系はイトーヨーカドーとカルフール 中国系はこの前紹介した盒马と永辉超市という2つのスーパーがあります。 因みに中国語でスーパーは超市(チャオシ)と言います。 大概このようにマンション下にあるの事が多いので近隣の住民にとってはとても便利 店内に入ると1階は専門店が多くあり宝石店もあれば電化製品、衣料品店や飲食店、煙草店その他沢山テナントとして入ってます。 このスーパーの場合は、2階が食料品売り場となってますので、入口付近にある大きなカートを押しながら2階へと向かいます。 …

  • 成都の地下鉄の乗り方

    《中国の地下鉄は ほんと安い》 (できるだけ詳しく書きますね) 成都の地下鉄の乗り方をできる限り詳しく説明しますね。 これは成都に限らず、中国全体でも同じようなシステムだと思いますのでご参考に。 中国へ行かれた事がない方は、中国の地下鉄ってごちゃごちゃしてるんちゃうとか、並ばずに押し合い圧し合いになってるイメージを持たれてる人がチラホラいらっしゃいますが、 ここ成都の地下鉄は まったくそんなイメージとは皆無です。 ただし、それなりに日本と違う習慣のルールみたいなとこもあります。 切符の買い方から順番に説明しますね。 まず、最寄り地下鉄を探します。 成都は地理的には円を描くような形ですので 基本…

  • 成都のマッサージ

    《如何わしいマッサージでなくガチです》 (盲人医疗按摩) 最近夏バテでブログ怠ってたです。。 二週間に一度は必ず、1元チャリンコ漕いで 通ってるマッサージ店です。 名前の通り、如何わしいマッサージの方でなく 視覚障害の方がマッサージをしてくれる店です。ちなみに中国ではマッサージのことを アンモと言います。 とても入るのに勇気のいる佇まいですが、全く問題ありません。 二階に上がると おばさんが居ますので、マッサージの内容を伝えます。 僕の場合はいつも 背中から腰にかけて、手加減なくマッサージをして下さいと、翻訳機越しに伝えますが、ここ最近は顔見知りなので 「おお日本人、また来たか」って感じの顔を…

  • 四川 麻婆豆腐発祥の地 陳麻婆豆腐

    《成都は火鍋だけじゃない》 (こんなに美味いとは驚いた) トリップアドバイザーで評価点のよい 成都にある陳麻婆豆腐に行ってみた。 観光地的なお店は日常的にはあんまし行かないんやけど、お連れさんの親戚も一緒だったし、たまにはお上りさんになってみたいと思って。 お店の面構えからしてテンション上がってきた もっと日が暮れてから行って店のネオン等の雰囲気も見たかったんですけど、成都は20時を過ぎても日が暮れないので 行列になる前にお店に向かうことにしました。 (陳麻婆豆腐 川西民居主题体验店) 電話86-028-87076699 店衣装を着た女性が出迎えてくれます。 ですけど今度いつ連れていってもらえ…

  • 成都までの道のり

    《関空から成都 4時間30分》 (やっぱり成都は微妙に遠い) 自家用車、ベイシャトル(高速船)、高速バス、JR 、自宅から関空まで 何が一番効率良くて リーズナブルか悩みましたが、僕の場合は一番安くて便利なのは ベイシャトルでした。 デカいスーツケースを持ちながら移動が少なくて済むのは 自家用車で関空まで行くのが楽チンなんですけど、15日以上滞在となると 駐車料金がひっくり返るほど高くなるのでとても無理です。 少し前に香港マカオから広州と1週間滞在したら駐車料金が16,000円以上になってて、KIXカードのポイント使って半分くらいになったけど痛い思いをしました。 その点、ベイシャトルは往復3,…

  • 中国のタバコ

    《中国煙草の種類はとても豊富》 (パッケージが華やかなこと) 未だに タバコをやめられない中年です^^; 一時期はiQOSに変えたんだけど、どうも あの屁のような臭いに耐えきれなかった…。 毎回、関空の免税でワンカートンだけ購入して 成都に行くのですが、勿論足りるわけでもなく滞在後半は中国の煙草を買って吸ってます。 成都はコンビニがほぼ皆無です。 イトーヨーカドーがあるならセブンイレブンも進出してほしいねんけど…。 またタバコの自販機もありません。 大型スーパーの中にあるタバコ販売店か、水やらお菓子やらカップ麺やら石鹸やら何でも売ってるこじんまりした路面店でヒョコって置いてあることがあります。…

  • 中国の蛍の光

    《この曲聞くとジェットストリーム》 (とても安らぐ音楽です) 今日、お連れさんが動画を送ってきた背景に流れてる曲が、どこかで聞いたことあるぞと 「背景に流れてる曲はなんて曲?」って聞くと 「茉莉花」 はいはいケニーGね。 それにしてもなんていうか中華風な曲だなと思ってたら曲名がジャスミンだからやったわけです。 この曲って中国国際航空に電話をかけて、対応を待つ間に流れてる曲なんです。 「中国の航空会社はよくこの曲を使ってるよ」 なるほど、そういうわけだ。 「この曲は成都のデパートでは閉店時間にも流れてるよ」って。 日本で言う蛍の光 的な音楽やったわけです。 台湾のエバー航空も、高度を下げて着陸態…

  • 中国の音楽アプリで中国語勉強

    《QQ音乐》 (amazon musicみたいな感じ) iPhoneからダウンロード可能です。 このQQ音乐アプリはいいっすよ。 本気の威力を発揮するには無料の範囲ではなく月額200円ほど払わなければいけないですが 歌で日中友好関係も築けるかもです(笑) 年間だと2,700円、月々225円くらいです。 ただこのアプリ、何も中国だけの音楽ではありません。 クラプトンを検査すれば なんと中国語に翻訳された歌詞まで出てきます また動画も自由に見ることもできます。 邦楽もかなりの曲を聴くことができます。 歌詞が中国語に翻訳されて出てきますから、なかなか中国語の勉強になるわけです。 曲に乗って字幕が追っ…

  • 日帰り香港 出戻り成都

    《アメックスさんよ…》 (一人冷汗ランチ😰) この前の中国の入国についてのブログで書きましたが、先日 滞在期限が過ぎてしまいそうだったので、一旦出国するために朝の7時30分の成都行きで香港に行った時のお話です。 「どうせすぐに成都に帰るわけやから、香港ドルに両替するのも無駄やなぁ」と。 中国では全く意味なしクレジットカードも流石に香港やと使えるやろうと…。 どんだけ脇が甘いのか財布の中身は、日本円3,000円。 お連れさんが せめても少しはお金を持っておきなさいと手渡された200元。 このクソ物価の高い香港やのに 約6,000円しか現金持たずにウェルカム入国。 なんかやっぱり香港の入国審査官は…

  • 飛行機撮るたら 鉄板ポイント

    《大阪空港…え、伊丹空港ちゃうのん…》 (梅雨のまにまに) この梅雨の鬱陶しい時期に日本在住中〜。 ストレス溜まってきたので、僅かに晴れた日を逃さず大阪空港目指してレッツゴー。 飛行機撮るなら 関西ではとっても有名な撮影ポイントです。 ここ最近では 近くにコインパーキングも完備されて駐禁を気にすることなく ゆっくり撮影できます。 たま〜に飛行機見たくて ふら〜っと見にいったりします。 ただし生まれこのかたこの大阪空港だけは利用したことないんです。ってか、伊丹空港ちゃうかったっけ…(^^;) いつから大阪の空港になったん…。。 まぁ…どっちでもいいんやけどね。 とってもいい時間帯で、離着陸ラッシ…

  • チベット 四姑娘山の旅 最終回

    《ぜったい乗馬がオススメ‼️》 (四姑娘山 乗馬天国と登山地獄) 2日目の朝を迎えました。昨日は58度の白酒(パイチュウ)を一気に呑まれたお連れさんも爆睡のおかげで復活、集合場所から送迎バスに乗り込み昨日とは異なる景観地区を目指します 本日は基本的にフリー行動です。このイカツイ石の門をくぐって先を目指すのも良し、引き返してホテルで二度寝するのも良し。 よし!門をくぐり抜けて 意気込んで いざ乗馬と思った矢先にトラブル発生。 いきなりお連れさん 「今日は全部歩くよ」って…。 「いや、話が違うやん」 「大丈夫!(没关系)」 「いや、そうやなくて旅行会社のおばさんに馬の手配しててって言うてたやん」 …

  • チベット 四姑娘山の旅④

    《標高6,250m 四姑娘山 景観地区》 (1日目の後半) 景観地区専用のバスに乗り込んで、4,000m付近から徐々に降りてきました。このバスはポイントポイントでバスを待つ人々をピックアップするおかげで ここが撮影ポイントだって教えてくれるのです。 何箇所かとても綺麗な湖があります。 バスツアーで仲良くなった人と、途中下車して近辺を散策 振り返ると四姑娘山 頂上にビッグフッドでもおらんかなとズーム この辺りを狙ってみた。 息もままならへんのに 生き物おるわけなし… 岩しかなかった…。 周辺を見渡しながらやっぱり凄いわ…って見惚れてますと、地元らしき人が大声で叫んでたので、お連れさんに 「どうし…

  • チベット 四姑娘山の旅③

    《標高6250m 生まれてこのかた見た事なし!》 (絶景 これぞ中国大陸 四川省アバ・チベット族チャン族自治州) 成都からバスに揺られる事5時間あまり。やっと阿坝藏族羌族自治州にたどり着いた。ホテルに荷物だけ置いて、これからいよいよ四姑娘山景観地区に向かいます。 景観地区では喫煙は一切禁止。撮影はいくら撮影しても大丈夫👌 専用のバスに乗り込み更に登っていきます。 どんどん絶景が近くなってきました。 「見たことあるわ…」 思わず感動しながら呟いた。 おおよそ1時間弱。 やっと景観地区の頂上に到着しました。 ここに立ってる場所は標高約4,000m。 富士山より高い場所で6,000m級の四姑娘山を眺…

  • チベット 四姑娘山の旅②

    《成都がどんどん遠のいていく…》 (四川省アバ・チベット族チャン族自治州 阿坝藏族羌族自治州) バスに揺られること1時間半。 だんだんと成都から離れて自治区に向かうトンネルへ突入したわけですが、成都の郊外もとても魅力的。ちょうど観光名所の都江堰辺りかなぁ〜。 朝焼けがとても綺麗。 とにかくひたすら喋り続けるガイドさんが、若若干 景観損なうんですけど仕方なし。 バスはいよいよ長〜いよいよ山道へと突入してきます。だんだん景色が変わってきました。 なんかやっぱり日本の山と形が違うんです。ひたすら山道、ひたすら上り坂で お連れさん気分悪くしてないかなと隣を見ると 向日葵の種をバキバキ殻を割りながら食べ…

  • チベット 四姑娘山の旅①

    《成都はチベットが近い?》 (四川省アバ・チベット族チャン族自治州 阿坝藏族羌族自治州) 先日とある日、唐突に お連れさんから「四姑娘山の麓に有名な日本人がいるみたい。あなた会いたくないのか?」と聞かれた。 そないに突然日本人に会いたくないのか?と聞かれても 日本人の前に四姑娘山って何かさえわからへん…。 大体中国の方は、このような誘いの場合は半ばゴリ押しなお誘いですので「行かない」との言葉は言語道断です。 「四姑娘山ってどこにあるの?」って聞けば 「自治区だよ」って…。 「いやだから自治区ってどこよ?」って聞けば 「チベットだよ」って…。 「チッチッチベット?????」 日本人の僕からしてみ…

  • 成都の月

    《月夜は珍しい》 (十三夜) 成都も梅雨時期で雨がとても多くて、なんか気分もどよーんとするけど、梅雨の まにまに今夜は晴れるかもよって夜がありました。 「雲が遠のいたらお月さん拝めるのになぁ…」そんな事思いながらマンションの外を眺めてました。 夜になってご飯も食べ終えて、ふと夜空を眺めたら 「月だ」 成都で月が見える。 慌ててカメラ持ってきてシャッターを切る。 三脚も無いから窓の壁にカメラを固定させて撮るんだけど圧力かけ過ぎて反動で落としたらえらい事なんで、なんだかんだ色々気を使いながら撮影。 だけど、よくよく考えたら ズームで撮れば一体どこの月かわからんやん…(~_~;)って思いながらも自分…

  • 超有観光スポット 成都 杜甫草堂

    《成都の超有名観光名所》 (杜甫草堂博物館) 成都の観光名所のひとつとして有名な杜甫草堂は、唐の時代に生きた杜甫(とほ dufu)を記念するための博物館です。 広大な庭園に数多くの木造建築があります。 正面口はこんな感じ。 大学は文学部でしたが、文学を学びたくての文学部ではなかったので、正直よく分からんまま館内を歩いてましたσ(^_^;) (きっと有名な詩が刻まれてる…と思う) 後から色々調べますと、杜甫は李白と並ぶ最高の詩人だったようで、もうちょっと勉強してから回れば良かったと反省するところです。 なんか松尾芭蕉もこの杜甫を崇拝していたみたいです。 (確かこの場所が杜甫が生まれ育った場所) …

  • 中国 地図アプリ

    《高德地图と百度地图》 ここ成都でも北京でも中国に入国すれば、Googleマップは詳しく載ってません。方角だけ見たい時は稼働することはしますが、ほとんど役に立ちません。 中国でマップを見るのは 代表的なアプリとして高德地图と百度地图があります。どちらが良いかはそれぞれみたいですが、一般的には高德地图を使ってる人が多いです。 日本のApple Storeからダウンロードできます。 成都市内において、同じ場所の地図表示はこのような形です。1枚目は高德地图で2枚目が百度地图です。 詳細地図表示 それぞれ2枚目百度地图の方が多彩で詳しく見やすい気がします。この2つの地図アプリそれぞれ特色があります。例…

  • 中国 ネット規制について

    《グレートファイアウォール》 周知の事実だと思いますが、成都でも上海でもはたまたチベットでも 中国本土ではグレートファイアウォールというインターネット規制が君臨してまして、それはそれは便利が悪いったらありゃしないです。 (成都 天府广场 毛沢東さんこんにちは) 別にエロサイトくらいはガンガン規制かけてくれてもええとは思うんですが、こっとごっとく下記のサイトは全てダメっす。ひとつひとつどんな感じなのかを説明しますね。 まずGoogleから トップページすら開きません。 トップページだけ開きます。その先はまったく入れません。 トップページすら開きません。 トップページすら開きません。 アイコンバッ…

  • 髪型 小ネタ

    《売国奴の髪型 汉奸头发( ̄▽ ̄;)》 成都から帰ってくれば、必ず周囲の友達からは「どう見ても中国人やんけ」って言われるのですが、一番の原因は髪型やと思うのです。 (一例写真) クイズにしても100%中国人って回答確実。 僕の場合、例え日本に居ようが定期的に検査が入ってきまして、現状の髪型を写メで送らなければいけないのです…。 先日も「髪型を見せなさい」と言われ ぼっさぼっさそのまんまで写メを送りますと 「那个头发在中国叫汉奸头发」 (その髪型は中国では、売国奴髪と呼ばれている) 「你那个八字刘海不好看」 (あんたの八の字カットはみっともない) と罵声をあびまして…。 「ハの字カットて…」(ー…

  • 中国の入国について(必見です)

    《入国と滞在》 ここ成都に限らず、中国へ渡航される際には注意してもらいたい事が幾つかあります。 まずご存知の通り、ノービザでの滞在期間は15日です。要するに14泊15日。 月曜日に出発されれば再来週の月曜日が期限日です。あくまでも入国した日付からとなりますので、フライト時間ではなく入国審査官が とても来てもらいたくなさげな表情で判子をついた日付を含む15日です。 僕の場合はめんどくさいので二週間と頭に叩き込んでます。 案外ボケてしまって忘れるのです…。 万が一、帰る日を滞留してしまったらどうなるのかは流石におぞましくて未体験です^^; ただ、ひとつは立証した事があります。 以前 どうしても15…

  • 成都のイトーヨーカドー

    《イトーヨーカドー》 成都市内にある日本のスーパーではイトーヨーカドーが代表的な存在です。中国語表記は《伊藤洋华堂》と書きます。成都市内に何店舗ほどあるのか…恐らく7店舗ほどあると思います。僕が買い物をした事のあるのは3店舗ですが、3店舗ともとても大きなスーパーの部類です。 普段よく利用するイトーヨーカドーはこの成都珠江新城国际购物中心というショッピングモールの中に入ってます。 今現在 成都ではこのクラスのショッピングモールがとても多くなってきてます。 店内もめちゃくちゃ広くて華やかです。 巨大なショッピングモールの中で、一応このように仕切られた形になってて、ここからイトーヨーカドーに入店する…

  • 成都 グルメ 王婆婆大牌档

    《成都 温江区 王婆婆大牌档》 成都で外食と言えば、ほとんど火鍋。 たまには舌に健康な食事もしたいやないですか どっかないかと美团(アプリ)を駆け巡り、とても評価の良さげな店を発見しました。もちろん地下鉄とか乗ってまで食事に行くのは面倒くさいので近場で見つけみました。 チャリンコ漕ぐこと15分、なかなか立派な面構えの店です。 王婆婆大牌档 成都市温江区同兴西路142号 これは期待出来そうやと店内に入れば これまた雰囲気がとても良い。 時間も早かったせいか客もほとんど居なくて、のんびりできるわって思ってたんだけど、何やら店員さんが僕たちに説明したかと思うと はい…??^^; そらまぁ…下戸なんで…

  • 成都では現金使いません②

    《微信支付 Wechat pay 》 前回はアリペイについて説明しましたが、今回は微信支付(ウィチャットペイ)について説明します。 成都に限らず、中国本土ではほぼほぼアリペイと微信で決済しています。日本国内で目にするのは意外とブルーのロゴマークのアリペイが多いと感じますが、中国国内での利用者は恐らく微信ウィチャットペイの方が多いと思います。 それは何故か? 単純に微信はLINEと同じ役割を果たしてるアプリだからです。中国人にとって日常で一番大切なアプリですね。 LINEの利用者数は世界中で2億を上回ったと言われてますが、微信の利用者は10億人以上利用しています。 ですので、わざわざ支付宝(アリ…

  • 成都 蜀風雅韻川劇場

    《蜀风雅韵川剧院》 ここの川劇はとっても楽しい。 成都市内の観光名所のひとつに琴台故径という夜には金色に輝く街道があります。 この光り輝く街道を歩くだけでも楽しいのに、この奥にある梨園という劇場があるのですが、ここで演劇されてる蜀風雅韻は、成都に来られたら是非是非行ってみてください。 1人200元(3,300円)となかなかの価格ですがこれはVIP席の料金です。 僕は絶品このVIP席をオススメします。 オススメ理由としては、何と言っても席の場所がいいです。1列目から3列目までくらいで川劇を見ることが出来ます✨ またテーブルにはお茶と向日葵の種付きww そして何と劇が始まる前には、耳掻きサービスが…

  • 便利すぎるスーパー盒马鲜生

    《盒马鲜生》 マンションから徒歩で1分のところに何から何まで便利なスーパーがあります。 盒马(ハゥマー)というスーパーです。 このスーパー、アリババが経営してまして 2016年に上海で1号店がオープンされ、今では中国の主要たる都市に店舗があります。 ここ成都にも少なくとも3軒は目にしました。 このスーパー、さすがアリババが経営してるだけに支付宝(Alipay)と紐つけする事で 決済や宅配サービスがめちゃくちゃ便利になるのです。 まずは外観と店内の写真です。 入口が2箇所あり、店内に入ればとても綺麗 日本の商品も数多く売ってます。ちなみに日本の商品が成都で何とか目にできるスーパーは、この盒马とイ…

  • たまには国内 京都の初夏

    《祇王寺と祇園囃子 コンチキチン》 一応、日本在住なので 国内も色んなとこに出没します。 先日は京都へ。 毎年6月に入れば、京都では祇園祭り(祇園さん)までコンチキチンという祇園囃子の稽古が各鉾町で行われています。 https://m.youtube.com/watch?v=TmAX4T1lFfk (動画お借りします。) この音色が四条烏丸から祇園まで流れていて、夏の訪れを感じさせてくれるのです。大学4年間京都で下宿をし、その後も何だかんだと京都に縁のある僕なので、毎年この時期になると京都に足を運んで この祇園囃子と祇王寺という寺に行きます。 祇王寺 京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32 この時期…

  • 「ごめんなさい」

    《对不起dui bu qi》 中国人は ありがとうとごめんなさいは言わないのうち、前回は「ありがとう」について書きました。 今回は「ごめんなさい」について書いていきます。 中国人はなかなか謝らないと言われてますが、 そんな事もないですよ〜。 確実に自分に非がある場合は謝りはります。 確かに「谢谢」ほど頻繁には聞くことはないですし、僕も数回ほどだけ言ってもらったりメールの文章が送られてきたりしたくらいです。 だけど、彼らは謝る時は謝ります。 では、どんな時に「对不起」と言うかですが、私が経験した範疇でしかありませんのでご了承くださいまし。 他人の中国人から謝ってもらったことは、買付した商品に不備…

  • 「ありがとう」

    《谢谢 》 よくネットとかに中国人はありがとうとごめんなさいは言わないとか書いてあると思います。 そんな事はないですよ〜。 特に谢谢xiexieはしょっちゅう耳にします。 厳密に言えば、 「好hao, 谢谢」って言います。 例えば、電車で席を譲ってもらったり、道を教えてもらったり 日本人が当たり前に礼を言う場面では、中国人も同じように「ありがとう」って言ってます。 飲食店で注文した物を店員が届けてくれるときも「ありがとう」って言います。 写真のこんな場合は「谢谢」飛び交ってますw ただし中国語は日本語にあたる「ございます」という言葉はないとので、少し丁寧にお礼を言う時は 「谢谢你ni」「ありが…

  • 成都では現金使いません

    《支付宝 アリペイ》 これは成都に限らず、中国全域で共通する話ですが、中国ではほぼ現金商売は皆無です。 実際、僕はいつも財布の中には200元(約3,300円)しか入ってません。 しかもかれこれ何十日と使わずに財布に入ったまんまです。 万が一、携帯パクられたり無くしたりした時の護身用です。 では 何で支払うのかと言いますと いわゆる電子マネーです。 最近日本でもPayPayやLINE Payなどがチラホラ出てきましたが、中国では主軸通貨に近い役割になってるのが、支付宝(ALIPAY)と 微信支付(wechat pay)です。 中国では大概の店がこの2つの電子マネーの扱い店に登録しています。 三輪…

カテゴリー一覧
商用