searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

パパ塾さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
中学受験を自宅学習で目指してみよう
ブログURL
http://chujutrial.blog.jp/
ブログ紹介文
都内公立小に通う子供の2021年の中学受験に基本的に自宅学習で挑みます。英語教育を重視した学校選びをしています。
更新頻度(1年)

44回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2019/06/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、パパ塾さんの読者になりませんか?

ハンドル名
パパ塾さん
ブログタイトル
中学受験を自宅学習で目指してみよう
更新頻度
44回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
中学受験を自宅学習で目指してみよう

パパ塾さんの新着記事

1件〜30件

  • こんな時こそ英語の学習を

    息子の休校期間に入ってから、ほとんどテレビを見ていません。ニュースをちょっと見る程度です。無意味にワイドショーを見る気になれません。あれって、「情報番組」としていますが、「正確な情報」を伝える番組ではなく、「伝えたい、情報をそういう風に見えるようにあつめ

  • 分散登校の考え方

    「三密」を避けるように、と政府はしきりに言っています。これは、正しいと思うのですが、正確に伝わっていないなと思っています。この「三密」が重なると、感染リスクが高まります。ただし、そのうち一つでも濃厚な「密」があると感染するのです。締め切った広い室内で二人

  • 休校期間延長は織り込み済み

    5月末まで緊急事態宣言の延長がされるようです。それに伴い、休校期間も5月末までが確定しました。(多分)まあ、それは織り込み済みですが。さて、緊急事態宣言が発令されて以来、家内がテレワーク3対出社2くらいの感じになっています。もともと家で仕事をしている自分と、

  • 9月入学は、わが家にとって有利か不利か

    4月13日の時点で書いていることが、ようやく現実味を帯びてきました。 日本の教育全体のことや、息子の6年生としての学習のことなどを考えると、9月始業には賛成です。それでは、息子の事だけを考えるとどうなのかと言うことを考えてみたいと思います。例年通りであった場合

  • 地域による差はあった

    23区内に住む義妹には高1と小6の子供がいます。上の子はオンライン授業が始まったそうです。下の子は、先週末にようやくワーク2冊が配られたそうです。その話を聞くと、うちの地域はまだ良いほうなのかな、と思っています。4月からの休校に入る際に、連絡方法としてのメール

  • 9月始業になったら中学受験はどうなるか

    9月始業になったら中学受験はどうなるのでしょうか。まずは、考えられる日程から。そのまま5か月遅れる、というのは普通の考え方でしょう。したがって、東京都の場合、7月1日が私立中学入試解禁日となるでしょう。まさか、例年通り2月1日に入試を実施して、9月1日入学はあり

  • 9月始業に動くか

    読売新聞より9月始業に向けた動きが出てきたように見えます。実際に動くとなると法律の改正が必要となるため、それなりに時間がかかります。また、文部科学大臣の強いリーダーシップが必要となります。はたして、萩生田文部科学大臣はどのようなニュアンスで言っているのか

  • 修学旅行をあきらめていなかった

    息子の通う小学校の修学旅行は日光です。自分の時は、「修学旅行専用列車」に乗っていきましたが、今は当然バスです。当初1学期中に予定されていた息子の小学校の修学旅行。ぎりぎり休校期間終了で間に合うかどうか、というところでした。ただ、事前学習をすることなく行って

  • 結局のところ、運動不足

    ぎっくり腰をやってしまいました。東京マラソンが走れないことが決まってから、すっかりジョギングから遠ざかっています。そのまま、休校に入ってしまい走るタイミングを逸しています。要するに運動不足です。さて、息子のほう。5日ほど体調不良で寝ていました。ようやく復帰

  • 教育の機会は全国平等ではない

    今更ですが、教育の機会は全国平等ではありません。それは、高等教育では顕著です。でも、義務教育でも実はかなり違います。5月6日でこのコロナ禍が収まるはずがありません。ワクチン開発に1年、製造して普及するのにさらに1年はかかります。休校が終わったとしても、今まで

  • 学校の宿題が多すぎ

    学校が休校となった2月。5年生の間に出された課題は「各自で学習すること。提出の必要はありません。」でした。課題は、保護者宛にメールで知らされていました。メールが来ていることは確認していましたが、提出する必要が無いので、何もやらせることなく済ませていました。

  • 小さい画面では授業にならない

    大学でオンライン授業を導入しようとしたが、そもそもパソコンをもっていない学生が多くてできなかった、などと言う話が出てきています。スマホは、情報を受け取る端末としては、優秀ですがあの大きさの画面で授業を受けても身につきません。学校によっては、三面に黒板があ

  • 不急だけど不要ではないこと

    2020年の開成中学の国語の入試問題。ものすごい題材が出されたようです。息子は多分、読み取れないでしょう。6年生男子。そうです。男女の差が最も開く年代です。どうやら女の子を好きになったことはなさそうです。息子は、「男の子だから・女の子だから」とか、「年上だから

  • 現在の息子の状況

    さて、困りました。息子は読売KODOMO新聞を購読しています。4年生のときから購読しているため、もう2年間読んでいます。読売KODOMO新聞は1週間に1回で気軽の読めるのが良くて購読を始めました。それが、気が付くと大人の新聞を読むようになっていました。大人の新聞は読売新

  • 温かくなれば落ち着く・・・ことはありません。

    同じようなことを何回も書きます。緊急事態宣言が全国に出されました。一応5月6日までと言うことになっています。それまで基本的に公立小中学校は休校になっていると思います。そろそろお気づきと思います。5月7日から普通に学校が始まることはありません。文部科学省は学校

  • 義務教育がウェブ授業を導入した、その先にあるもの

    ウエブ授業と一言で言っても2種類あると言われています。オンデマンド形式の一方通行型のビデオ授業。東進や河合塾マナビスなどの予備校はこのスタイルです。そして、もう一つがZOOMなどを利用した双方向型の授業。タブレット使用が前提となると、課題・宿題もタブレットで

  • web授業は慣れが必要

    他の先進国の小中学校では既にWEB授業が導入されているのに、日本ではまだそんな話もありません。完全に出遅れています。そう思っていました。アメリカのシリコンバレーの小学校。当然、ウェブ授業が導入されたそうです。しかし、低学年の場合、授業中に落ちてしまう(いなく

  • 小さい画面では授業にならない

    大学でオンライン授業を導入しようとしたが、そもそもパソコンをもっていない学生が多くてできなかった、などと言う話が出てきています。スマホは、情報を受け取る端末としては、優秀ですがあの大きさの画面で授業を受けても身につきません。学校によっては、三面に黒板があ

  • 暗闇の中の疾走

    2月末に1か月の休校が決まった時。4月から学校が始まり、また元の生活に戻ると思っていました。ですから、この休みの期間を勉強をするチャンスだと捉えて、勉強を進めることができました。3月の連休の時は、1月より予定していた城巡りの旅もできました。そこら辺からが、怪し

  • 公立小学校でweb授業は導入されるのか

    日本でもようやくICTを用いた教育が実施されるかと期待されたニュースです。金額から逆算すると、小学生ほぼ全員に1台のタブレットの配布ができることになります。しかし文部科学省のこのページを見ると、疑問が多数出てきます。とりあえず、一人に1台のタブレットを配るこ

  • 根本的な発想を変えないといけない

    何回も同じようなことを書いています。この新型コロナウイルスは自分の予測においてはとりあえずの落ち着きを見せるのに3か月から半年と見ています。9月以降から一部学校が分割通学などで再開。その後大きな第二波におびえながら受験を迎える、との予測をしています。1年~1

  • 学校の役割を考え直す時

    学校の役割とは何なのか。それを考え直す機会が与えられているように思っています。学校は勉強をするところだ、とするのであれば指導要領に定められた内容を学校と言う「ハコ」の中でやる必要はありません。主要教科以外の科目も、絶対に学校でなければできないことではあり

  • 学校選びの基準が変わるか

    私学の中学や高校は企業として捉えるとほとんどが教職員数100名以下となるため、分類上中小企業です。自分の子供が学校で何かしらの問題に巻き込まれたとき、学校がどのように対応するのかと言うのを見るのは大変難しいことです。なぜなら、それは「平時」の対応ではなく「非

  • 新年度9月開始か!

    日本の学校の新年度は4月です。そのため、受験は最も風邪やインフルエンザが流行する1月~3月に実施されています。海外では9月始業の国が多いようです。かつて、日本の新学期を9月に移行してはどうだろうか、と言う話がありました。特に大学入学時、それが問題となってきま

  • 休校期間4月に入ってからの休校中の勉強

    今まで予定していたのを大幅に超える勉強時間を確保できるようになりました。おかげさまで、1日6時間から10時間ほど勉強をしています。休校時間前は、英語の勉強時間が1日40分~60分ほどだったのがしっかりと60分は確実に取れるようになりました。そして、リスニング練習も今

  • 新型コロナと2021年受験

    しばらくブログを更新していないうちに、とんでもないことになってきています。まさかの3月からの全国一斉休校。そこからのさらなる1か月の休校。この休校状態は5月になって解除されるとは思っていません。それどころか、ここ2・3日の状況から考えると東京都はとてもまずい

  • 体験授業は良い体験だった

    さて、先日受けてきた塾の体験授業の話。夏期講習を受けた塾の授業が塾の授業だと思っていた息子からすると、その違いに衝撃を受けたようでした。「授業が進むのが遅いのに、説明が十分ではなく、資料が散らばっていてわかりにくい。できる人ができるようになっていく塾では

  • 塾弁っていつ作ればいいの

    1週間の塾の体験授業が無事終了しました。息子が塾に行っている間のおよそ5時間。ぽっかりと時間があいて、その点では自分はちょっと楽でした。でも、塾弁って・・・・・。4時半ごろに家を出ます。保温タイプの弁当箱を持っていないので、ちょっと冷ましてから持たせることに

  • 安定しているのかしていないのか

    試験結果に親が一喜一憂するべきではなく、冷静にその後のことを考えなければいけない。そのごく当たり前のことですが、わが家の場合一喜一憂もあまりしません。5年生になってからの四谷大塚の偏差値の推移をみると、不思議なのです。4教科総合ではジワリと上がっています。1

  • 第2回志望校判定サピックスオープンの結果

    平均点が第1回よりも5点ほどひくくなっていました。それに対して、今回の得点は前回よりも5点ほど多く取れていました。そのため、偏差値としては1.5くらい高くなっていました。志望校の判定については、受験予定の学校全ての合格確率が50%以上となりました。字が汚くて

カテゴリー一覧
商用