searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

じゃむさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
サラリーマン30歳から始める趣味ピアノ
ブログURL
https://salaryman-piano.hatenablog.com/
ブログ紹介文
30歳になっても無趣味はまずいと思い、趣味を模索した結果ピアノを始めました。ピアノ名曲110選(ドレミ楽譜出版社)の全曲制覇を目標にして頑張ります。
更新頻度(1年)

54回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2019/06/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、じゃむさんの読者になりませんか?

ハンドル名
じゃむさん
ブログタイトル
サラリーマン30歳から始める趣味ピアノ
更新頻度
54回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
サラリーマン30歳から始める趣味ピアノ

じゃむさんの新着記事

1件〜30件

  • 【解説・無料楽譜】あやつり人形 (Die Marionetten) / ローデ (Eduard Rohde)

    こんにちは、じゃむです! ピアノ名曲110選 GRADE A(ドレミ楽譜出版社)39曲目はローデ作曲の「あやつり人形」です。 この曲どこかで聴いたことあるなと思ったら、映画「帝一の國」で菅田将暉さん演じる赤場帝一が一番好きな曲としてピアノで演奏してる曲ですね♪ あやつり人形を弾きながら帝一が「君たちのことだよ」とつぶやいて終わるという中々インパクトのあるラストでした。 あやつり人形というタイトル通り、曲の構成があやつり人形みたいにあっちいったりこっちいったり…って感じでなかなか難しいです。 曲も結構速いし…… それでは、曲の概要に移りましょう! 曲の概要

  • 【解説・無料楽譜】ウィンナ・マーチ (Wiener Marsch) / ツェルニー (Carl Czerny)

    こんにちは、じゃむです! ピアノ名曲110選 GRADE A(ドレミ楽譜出版社)38曲目はツェルニー作曲の「ウィンナ・マーチ」です。 ツェルニーといえば、練習曲のイメージが強いですが、練習曲ではない普通の曲も出してるんですね♪ 調べてみると、800曲以上作曲してるようで、ツェルニー先生の偉大さが良く分かります(私もしっかりツェルニー勉強しなくては…汗)! ウィンナ・マーチの「ウィンナ」とは、食べ物の「ウィンナ―」・・・からではなく、音楽の都「ウィーン」から名付けられています。 「ウィーンの行進曲」といった感じでしょうか! ツェルニー作曲というのが念頭にあるせいか、何となく練習曲を弾いているよう…

  • 【解説・無料楽譜】かっこうワルツ (Cuckoo Waltz) / ヨハン・エマヌエル・ヨナーソン (Johan Emanuel Jonasson)

    こんにちは、じゃむです! ピアノ名曲110選 GRADE A(ドレミ楽譜出版社)37曲目はヨナーソン作曲の「かっこうワルツ」です。 ピアノ名曲110選では、30曲目のダカン作曲「かっこう」が収録されていて、この曲集を作った人はよっぽどかっこうの曲が好きなんだなぁ~なんて思います笑 salaryman-piano.hatenablog.comこの曲は「かっこう、かっこう、し~ずか~に~♪」の童謡(ドイツ民謡)の編曲ver.(もしくはこっちが原曲?)みたいな感じで、弾いていて楽しいです! あと、Wikipediaによるとこの曲は小学校学習指導要領や小学校教員資格認定試験でも取り上げられたりしている…

  • 【解説・無料楽譜】野ばらに寄せて (To a Wild Rose) / エドワード・マクダウェル (Edward Alexander MacDowell)

    こんにちは、じゃむです! ピアノ名曲110選 GRADE A(ドレミ楽譜出版社)36曲目はマクダウェル作曲の「野ばらに寄せて」です。 この曲、全然知らなかったんですが、弾いてみて感動!! めちゃくちゃ綺麗で優雅で良い曲です♪ 難易度も高くなく、気軽に弾けるのも◎ 「森のスケッチ」という10曲から構成される曲集の第一曲目になる訳ですが、これだけこの曲が綺麗だと、他の9曲も非常に気になりますよね!! ・・・しっかりYouTubeにありました笑 Piano Music S様より www.youtube.com予想通りどの曲も素晴らしい!!! 2曲目の鬼火とかめちゃくちゃカッコよくて私の中でドンピシャ…

  • 【解説・無料楽譜】プレリュード op.28-7 (Prélude op.28-7) / フレデリック・ショパン (Fryderyk Franciszek Chopin) 【太田胃散の曲】

    こんにちは、じゃむです! ピアノ名曲110選 GRADE A(ドレミ楽譜出版社)35曲目はショパン作曲の「プレリュード op.28-7」です。 いきなりショパン様キターー!!!とテンション上がり気味。 ショパン=難しい曲 のイメージがありましたが、GRADE Aでも弾ける曲があるんですね♪ 楽譜を見ると、たった3段(全16小節)しかない・・・めっちゃ短い笑 そして弾いてみると、どこかで聞いたことがあるような・・・「太田胃散のCMの曲だーー!!!」 「太田胃散、ありがとう。い~い薬です」(懐かしい笑) かなり昔のCMなので知らない人もいるかもしれませんが、まさかこのバックBGMがショパンの曲だと…

  • 【解説・無料楽譜】メヌエット (Minuet) / ルイジ・ボッケリーニ (Ridolfo Luigi Boccherini)

    こんにちは、じゃむです! ピアノ名曲110選 GRADE A(ドレミ楽譜出版社)34曲目はボッケリーニ作曲の「メヌエット」です。 メヌエットと言えば、バッハ……もとい、クリスティアン・ペツォルトが作曲したメヌエット ト長調が一番有名かと思います。 そもそもメヌエットというのは、「4分の3拍子、2小節が1つの単位となってフレーズが構成されている曲」のこと。17世紀半ばにルイ14世によって宮廷舞踏として採用されてから、ヨーロッパで流行したようです。 本作曲のボッケリーニはチェロ奏者としても活躍していたようで、この曲のオリジナルはチェロ2挺編成による弦楽五重奏曲(弦楽五重奏曲 ホ長調 作品11-5 …

  • 【解説・無料楽譜】ロンド イ短調 (Rondo a moll) / アントン・ディアベリ (Anton Diabelli)

    こんにちは、じゃむです! ピアノ名曲110選 GRADE A(ドレミ楽譜出版社)33曲目はディアベリ作曲の「ロンド イ短調」です。 この曲、名曲110選に含まれているのですが、調べてもこの曲について書いてあるサイトやブログが出て来ない!!笑 そんな曲が「名曲」として括られて良いのか!??と知名度の観点からみるとツッコミどころはありますが、弾いてみると、少し鬱々しながらも綺麗な曲で私は好きです笑 また、題名にイ短調と書かれていますが、途中イ長調に転調する部分があり、そういった対比も楽しいです♪ もしかしたら、ドレミ楽譜出版社の編曲ver.だったりするかもしれないので、お詳しい方は是非教えて下さい…

  • 【ソナチネ アルバム1】Op.20-1 第1楽章 / フリードリヒ・クーラウ (Fr.Kuhlau)

    こんにちは、じゃむです! 記念すべきソナチネアルバム1曲目は、クーラウ作曲のOp.20-1です。 まずソナチネとは一体何なのか? ◆分かり易く演奏し易い、短いソナタのこと ◆第1楽章はソナタ形式で作曲され、展開部や再現部が省略されることがある ◆2~3楽章で終わることが多い じゃあ、ソナタって何なの?ソナタ形式って何なの?ってなりますよね笑 全部書くと中々曲の話に移れないので、ソナタ形式について簡単に書いておきます。 ソナタ形式とは①序奏 ②提示部 ③展開部 ④再現部 ⑤終奏の5つの構成から作られています。 ※ソナタ形式 - Wikipediaより そして、第一主題が長調の場合は第二主題が属調…

  • テオドール・エステン / Theodor Oesten

    プロフィール 【名前】テオドール・エステン (オースティン) 【享年】56歳 (1813年12月31日 - 1870年3月16日) 【出身地】ドイツ (ベルリン) ボーマー、ルンゲンハーゲン、シュナイダー、A.W.バッハに師事 ベルリンで大人気ピアノ教師として活動 代表ピアノ曲 ◆お人形の夢と目ざめ (Dolly's Dreaming Awakening) op.202-4 ◆アルプスの夕映え (Alpenglühen) op.193 ◆アルプスの鐘 (Alpenglocken) op.175 参考サイト ◆テオドール・エステン - Wikipedia ◆Theodor Oesten (181…

  • 【32曲目】水車 (Die Mühle) / アドルフ・イェンゼン (Adolf Jensen)

    こんにちは、じゃむです! ピアノ名曲110選 GRADE A(ドレミ楽譜出版社)32曲目はイェンゼン作曲の「水車」です。 この曲はイェンゼンの曲集「さすらいの絵」の3曲目(O17-3)に収録されています。 イェンゼンはシューマンを熱烈に崇拝していたようで、その作風を真似した歌曲を多く書いており、シューマンの後継者とも言われていたそうです。 それでは、曲の概要に移りましょう! 曲の概要

  • 【ピアノ】ミスタッチを無くしたい!!できるだけノーミスで弾くための方法とは?

    こんにちは!じゃむです。 ピアノを弾いている皆さんなら、一度は調べたことがあるのではないでしょうか? 「ミスタッチ 無くす方法」「ピアノ ノーミス」「プロ なぜ間違えない?」 色んなブログやYouTubeが出てきますよね!そして、結局何が良いのかよく分からなくなって、そっとページを閉じる(私がまさにそうです笑) でもこれだけ解説しているサイトがあるということは、きっと多くの人がこの悩みを持っていて、解決したいと思っているに違いない! そして私も「このままではいつまで経っても上手くならない!」と思い、ミスタッチを無くすコツをまとめてみました。 絶対にこれが正しいという答えはないと思いますが、皆さ…

  • 【8曲目】優しく美しく (La gracieuse) / ブルグミュラー(Burgmüller)

    こんにちは!じゃむです。 『ブルグミュラー 25の練習曲』8曲目は「優しく美しく(優美)」です。 「優しく美しく」って題名の和訳、冷静に考えるとヤバいですよね笑 一体どんな優雅なメロディーなんだろう・・・ってハードル爆上げです笑 「優しく美しく」と訳しているのは全音の楽譜で、「優美」という題名のほうが一般的なようです。 そんな可愛らしいタイトルとは相反するように、楽譜からはイカつい32分音符が目に飛び込んできて、一瞬弾くのをためらってしまいます。 (弾いてみたらそんなにイカつくないんですけどね笑) また、タイトルでめちゃくちゃハードル上げといた割にはそんなに優美なメロディーじゃないなぁ~と思っ…

  • 【7曲目】清らかな小川 (Le courant limpide) / ブルグミュラー(Burgmüller)

    こんにちは!じゃむです。 『ブルグミュラー 25の練習曲』7曲目は「清らかな小川 (清い流れ)」です。 この曲を弾いて驚いたのが1~8小節目まで左手が「ソ・レ・ソ・レ」しか出て来ないこと。しかもピアニッシモ(pp)指定。 実はブルグミュラーの曲って、ピアノ(p)で始まる曲がほとんどなんですよね~。 それがわざわざピアニッシモになってるってことは、これはしっかり意識しなきゃいけないってことです! それでは、曲の概要に移りましょう! 曲の概要

  • 【31曲目】タンブラン (Tambourin) / ジャン=フィリップ・ラモー (Jean Philippe Rameau)

    こんにちは、じゃむです! ピアノ名曲110選 GRADE A(ドレミ楽譜出版社)31曲目はラモー作曲の「タンブラン」です。 タンブランってなんぞ!?ってなると思いますが、胴の長い太鼓のこと。 ※楽器辞典様より フランス南部 プロバンス地方に15世紀ごろから伝わる民族楽器であり、ガルーベという小型のフルートとセットで演奏され、フォークダンスの伴奏として使われたようです。 世の中には似たような楽器がたくさんあるんですねぇ~♪ それでは、曲の概要に移りましょう! 曲の概要

  • 【解説】ラッシャ・キオ・ピアンガ (Lascia ch'io pianga)『私を泣かせてください』 / ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(Georg Friedrich Händel)

    こんにちは!じゃむです。 イタリア歌曲集1(全音楽譜出版社)25曲目はヘンデル作曲のLascia ch'io pianga(ラッシャ・キオ・ピアンガ)です。 Lascia ch'io piangaは和訳すると「私を泣かせてください」 イタリア歌曲集は歌詞が深い曲が多いですが、これも中々深いですねぇ。 歌詞自体はヘンデルが書いたものではなく、ジャコモ・ロッシという方が書いたもの。 ja.wikipedia.orgこの曲は、オペラ『リナルド (Rinald)』の中の一部「アルミレーナの叙唱とアリア」になります。 とにかく美しいメロディーで、私も初めて聴いたときは感動しました! それでは曲の概要に移…

  • 【30曲目】かっこう (Le Coucou) / ルイ=クロード・ダカン (Louis Claude Daquin)

    こんにちは、じゃむです! ピアノ名曲110選 GRADE A(ドレミ楽譜出版社)30曲目はルイ=クロード・ダカン作曲の「かっこう」です。 かっこうと言ったら、「かっこう、かっこう、し~ずか~に~♪」の童謡(ドイツ民謡)が思い浮かびますが、それとは似ても似つかない激しめの曲になっています笑 ピアノ名曲110選には37曲目にヨナーソン作曲の「かっこうワルツ」が収録されており、これはドイツ民謡のかっこうに似ています。 ダカンはフランス人、ヨナーソンはスウェーデン、民謡はドイツとそれぞれ作曲されている国が違いますが、どことなく共通点があるのは、かっこうの鳴き声は世界共通だからですかね!?笑 それでは、…

  • 【あなたはどのピアノ?】電子?アップライト?グランド?約半数の人が実は・・・

    皆さんこんにちは!じゃむです。 ピアノ動画をYouTubeで見ていると、グランドピアノを弾いている人が多くて、羨ましいなぁ~って思ったことはありませんか? Twitterやインスタでもグランドピアノを弾いている人は多くいらっしゃいますし、目に留まります。 でも、グランドピアノって ・高価 ・場所を取る ・防音をしっかりしなきゃダメ ……など設置するのにハードルが高いですよね。 では、実際に何割くらいの人がグランドピアノを使用しているのでしょうか? また、一番使われているタイプのピアノは? 気になったのでTwitterでアンケートを取ってみました! 第1位は電子ピアノで44%

  • 【6曲目】進歩 (Progres) / ブルグミュラー(Burgmüller)

    こんにちは!じゃむです。 『ブルグミュラー 25の練習曲』6曲目は「進歩」です。 ちょっと今までの5曲とは違った雰囲気のこの曲。 単純に10度の並進行をしているからなのか?はたまた、右手と左手の3度のずれが絶妙なハモリを生み出して感じるものなのか?なぜ違った雰囲気に感じるのかはいまいち分かりませんが、皆さんはどう感じてますか? この曲を聴いたとき、なんとなく「宇宙」をイメージしましたが、皆さんはどうでしょう?笑 宇宙=未来技術、進歩って解釈だったら、ブルグミュラーの思惑にばっちりはまってしまった感じですが、そうではないんでしょうねぇ・・・笑 それでは、曲の概要に移りましょう! 曲の概要

  • 【解説】カーロ・ミオ・ベン (Caro mio ben) / トンマーゾ・ジョルダーニ (Tommaso Giordani)

    こんにちは!じゃむです。 皆さんはカーロ・ミオ・ベンをご存じでしょうか? 私は、高校生の時に音楽の授業で習って初めてこの曲を知りました。 その時は、イタリア語の曲というのがそもそも自分の中では珍しく、またおかしくもあり、ふざけて友達と口ずさんでいたので、今でも歌詞を暗記しているほど記憶に残っています笑 歌詞は同じことを繰り返しているので非常に覚えやすいというのもありますが・・・笑 高校の教科書に載っていることもあり、この曲はイタリア歌曲の中でも非常に有名なアリエッタ(Arietta)です。 アリエッタというのは、アリア(叙情的、旋律的な特徴の強い独唱曲)の小規模のものを指します。 「カーロ・ミ…

  • YouTubeのチャンネル登録者数が半年間全く増えなかった僕が、何も考えずに1週間毎日投稿をしてみた結果

    こんにちは!じゃむです。 僕はこのブログを始める同時期にYouTubeを始め、約10カ月になります。 投稿は週に1回。 約3カ月でチャンネル登録者数は40人くらいになりましたが、4~5カ月の間は急に登録者数が伸びなくなり、モチベーションの低下と、結婚や引っ越しなどが重なって、約半年放置していました。 放置していても、自分のチャンネルをチェックしていましたが、一人増えたと思ったら、一人減る・・・の繰り返しで、放置していた半年間では全くチャンネル登録者数は増えませんでした。 YouTubeの世界、厳しいですね笑 そんな中、久しぶりにYouTubeを再開する転機が!!! コロナです。 コロナによって…

  • 【5曲目】無邪気 (Innocence) / ブルグミュラー(Burgmüller)

    こんにちは!じゃむです。 『ブルグミュラー 25の練習曲』5曲目は「無邪気」です。 16分音符をレガートで一息に弾く練習。 ハノン等の基礎練習を日々やられている方は簡単に弾けるのではないかと思います。 左手は非常に単純で、右手に集中できる曲です。 それでは、曲の概要に移りましょう! 曲の概要

  • 【4曲目】小さなつどい (La petite réunion) / ブルグミュラー(Burgmüller)

    こんにちは!じゃむです。 『ブルグミュラー 25の練習曲』4曲目は「小さなつどい」です。 全音の解説によると初版の楽譜には序奏部分に"Introduzione"と書かれているようです。 Introduzioneはイタリア語で「序奏、導入」の意味。 この曲は6小節にフェルマータが付いており、7小節目から仕切り直したように曲が再開します。 他にも右手のスタッカート3度の連続進行(2と4の指を使って)など、テクニック的に変わったところがありながら、とても綺麗な曲です。 それでは、曲の概要に移りましょう! 曲の概要 【作曲者】ヨハン・フリードリヒ・フランツ・ブルクミュラー(Johann Friedri…

  • 【29曲目】ガヴォット (Gavotte) / フランソワ=ジョゼフ・ゴセック (François Josehp Gossec)

    こんにちは、じゃむです! ピアノ名曲110選 GRADE A(ドレミ楽譜出版社)29曲目はゴッセク作曲の「ガヴォット」です。 良く「ゴッセクのガヴォット」と言われたりします。 そもそもガヴォットというのは、フランス地方のフォークダンス、それに由来する古典舞曲の名称のことであり、名曲110選でもすでに11曲目にバッハのガヴォットが登場しています。 僕はピアノとしてのゴセックのガヴォットしか聴いたことなかったのですが、そもそも元はヴァイオリンのための小品として書かれた曲のようです。 それでは、曲の概要に移りましょう! 曲の概要

  • 【28曲目】ワルツ (Valse) / ピョートル・チャイコフスキー (Peter Ilych Tchaikovsky)

    こんにちは、じゃむです! ピアノ名曲110選 GRADE A(ドレミ楽譜出版社)28曲目はチャイコフスキー作曲の「ワルツ」です。 チャイコフスキーはくるみ割り人形の「花のワルツ」やヴァイオリンの「ワルツ・スケルツォ」のように何曲かワルツを作曲しており、今回紹介するのは「子供のアルバム」に収録されているワルツとなります。 このワルツは、ウィンナ・ワルツ(19世紀にウィーンで流行したワルツ)風のはぎれのよい軽快なリズムの曲で、ノリノリで弾けると楽しいですよ! それでは、曲の概要に移りましょう! 曲の概要

  • 【27曲目】フランスの古い歌 (Ancienne Chanson fransaise) / ピョートル・チャイコフスキー (Peter Ilych Tchaikovsky)

    こんにちは、じゃむです! ピアノ名曲110選 GRADE A(ドレミ楽譜出版社)27曲目はチャイコフスキー作曲の「フランスの古い歌」です。 この曲は「子供のアルバム」という曲集に含まれています。 子供のアルバムは24曲の小品で構成されており、名前の通り子供に向けたアルバムで、ウラディミール・ダヴィドフという7歳の甥に捧げたとされています。 (対象年齢7歳かぁ・・・弾けるか不安だなぁ。。。笑) シューマンも「子供のためのアルバム」という似た趣旨の曲集を作っており、いろんな作曲者が教育のための曲集を作っていることが分かります。 ピアノの練習曲としては、バイエルやブルグミュラーが有名ですが、こういう…

  • 【26曲目】知らない国々(Von fremden Ländern und Menschen) / ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)

    こんにちは、じゃむです! ピアノ名曲110選 GRADE A(ドレミ楽譜出版社)26曲目はシューマン作曲の「知らない国々」です。 GRADE Aは全部で52曲あるので、ちょうど折り返し地点ですね! 「知らない国々」という題名は他にも「見知らぬ国」「見知らぬ国と人々について」「異国から」と訳されています。 この曲は曲集「子供の情景」の第1曲目になります。 20~25曲目は「こどものためのアルバム」であるのに対し、今回は「子供の情景」。 「こどものためのアルバム」は題名の通り、子供を対象とした練習曲集であるのに対し、「子供の情景」は子供のための曲ではなく、むしろ大人の回想であり、大人を対象に作った…

  • 【25曲目】小さなロマンス(Kleine Romanze) / ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)

    ピアノ名曲110選 GRADE A(ドレミ楽譜出版社)24曲目はシューマン作曲の「小さなロマンス」です。 この曲を初めて弾いた時「え?今まで弾いてたこどものためのアルバムの曲から、難易度上がりすぎじゃない?」と思いました。 それもそのはず!「こどものためのアルバム」は 1~18番:「第一部・小さいこどもたちのために」 19~43番:「第二部・年上のこどもたちのために」 の2部構成になっており、小さなロマンスは19番、つまり第二部に属している訳です。 年上っていうのが何歳を指しているのか気になりますが中々手ごわいです笑 曲の印象としては、前・後半:子供用とは思えない暗さ、中盤:曲名通りロマンスっ…

  • 【24曲目】楽しい農夫(Frohlicher Landmann) / ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)

    ピアノ名曲110選 GRADE A(ドレミ楽譜出版社)24曲目はシューマン作曲の「楽しい農夫」です。 「こどものためのアルバム」の中で最も有名な曲です。 右手は和音が多く、楽譜をぱっと見た感じだととっつき辛さを感じるかもしれませんが、実際弾いてみるとそんなに難しくありません。 また、左手がメロディーなのですが、なんと崖の上のポニョの主題歌とめちゃくちゃ似てます笑 曲とは直接関係ありませんが、ピアノ名曲110選の楽譜には、冒頭曲目解説として、1曲につき10行程度の解説が付いているのですが、今回良いことが書いてあったので引用します。 「音楽的家訓と処世訓(シューマンのエッセイ)」から― 弾こうとし…

  • 【23曲目】勇ましい騎手(Wilder Reiter) / ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)

    ピアノ名曲110選 GRADE A(ドレミ楽譜出版社)23曲目はシューマン作曲の「勇ましい騎手」です。 個人的にはかなりお気に入り。 「こどものためのアルバム」という名前に反してどこか哀愁漂っており、大人っぽい曲です。 前半は右手で主題を弾き、中盤から左手に主題が移り、最後は右手に戻る。 右手のテンポを調子に乗って速くすると、左手でつっかえてダサくなってしまうので注意しましょう笑 ブルグミュラーのアラベスクの構成と似ており、いい練習になります。 それでは、曲の概要に移りましょう! 曲の概要

  • 【21曲目】兵隊の行進(Soldatenmarsch) / ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)

    ピアノ名曲110選 GRADE A(ドレミ楽譜出版社)21曲目はシューマン作曲の「兵隊の行進」です。 「子供のためのアルバム」シリーズ第二弾です! 子供のためのアルバムの中には 8曲目:勇ましい騎手 23曲目:騎手の歌 31曲目:戦いの歌 50曲目:荒々しい騎手 と戦争や兵隊に関する曲が結構入ってます。 それにはフランスの2月革命(1848年のフランス革命)、ドイツの3月革命(同じく1848年)と、戦争が激しくなっていたことも影響しているようです(シューマンはドイツ人)。 大変な時代にもこうやって作曲して、時代を反映させてって考えると凄いですよね! それでは、曲の概要に移りましょう! 曲の概要

カテゴリー一覧
商用