住所
出身
ハンドル名
てつふくさん
ブログタイトル
てつふくハードウェア日記
ブログURL
https://tetsufuku81.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
HW設計に復帰する日を胸に、FPGA・VHDL・基板回路のことを書いていきます。立派な測定機とか、高価なライセンスとかは登場しません。
自由文
-
更新頻度(1年)

5回 / 5日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/06/12

てつふくさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 06/16 06/15 06/14 06/13 06/12 06/11 全参加数
総合ランキング(IN) 28,618位 30,321位 33,303位 36,474位 41,150位 52,453位 圏外 963,711サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 0 50/週
OUTポイント 0 40 40 50 30 30 0 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 660位 691位 756位 781位 835位 968位 圏外 17,089サイト
電子工作 9位 9位 11位 13位 17位 17位 圏外 202サイト
科学ブログ 110位 112位 122位 120位 134位 圏外 圏外 2,250サイト
技術・工学 10位 10位 10位 10位 12位 圏外 圏外 245サイト
IT技術ブログ 77位 81位 94位 113位 178位 圏外 圏外 7,775サイト
IT技術メモ 15位 17位 19位 19位 26位 圏外 圏外 1,048サイト
今日 06/16 06/15 06/14 06/13 06/12 06/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 29,747位 31,965位 35,992位 41,725位 53,805位 66,779位 圏外 963,711サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 0 50/週
OUTポイント 0 40 40 50 30 30 0 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 614位 680位 784位 896位 1,096位 1,305位 圏外 17,089サイト
電子工作 10位 11位 11位 14位 20位 29位 圏外 202サイト
科学ブログ 79位 86位 105位 120位 157位 216位 圏外 2,250サイト
技術・工学 9位 8位 8位 10位 14位 18位 圏外 245サイト
IT技術ブログ 26位 28位 31位 63位 98位 177位 圏外 7,775サイト
IT技術メモ 4位 4位 5位 8位 13位 25位 圏外 1,048サイト
今日 06/16 06/15 06/14 06/13 06/12 06/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 963,711サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 0 50/週
OUTポイント 0 40 40 50 30 30 0 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17,089サイト
電子工作 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 202サイト
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,250サイト
技術・工学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 245サイト
IT技術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,775サイト
IT技術メモ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,048サイト

てつふくさんのブログ記事

  • MAX1000にピンヘッダをはんだづけ

    1週間ほど前に届いたはんだごてを初めて使って、MAX1000にピンヘッダを実装してみます。 はんだごて HAKKOのFX600-02です。 末尾が2は普通の2ピンのプラグ、1はGND付きの3ピンのプラグです。 私の環境なら、家庭で使うならFX600-02、会社で使うことがあるならFX600-01を選ぶかな。 こて先は斜めカットのT18-C2を使っています。 とりあえずはんだづけ このMAX1000に、このピンヘッダをつけます。 そして、完成品です(^^;) 写真で表現するのが難しい。 はんだ ところで、私が使ってるはんだを紹介してみます。 これです! Φ0.6のボビンレスはんだ。鉛フリーです。…

  • 自作USBブラスター用 MAX10 FPGA (4: コンパイル・デバイスへの書き込み)

    自作USBブラスター用FPGAの続きです。 記事を4つに分けて書いています。 ファイルの展開 ~ デバイス指定 ピン制約(ピン定義) PLL設定・タイミング制約 コンパイル・デバイスへの書き込み ←現在値 tetsufuku81.hatenablog.jp tetsufuku81.hatenablog.jp tetsufuku81.hatenablog.jp コンパイル コンパイル実行 レポート確認 FPGAへダウンロード(書き込み) Programmer 起動 Hardware Setup sofファイルの書き込み pofファイルの書き込み とりあえず終了 コンパイル コンパイル実行 制約が…

  • 自作USBブラスター用 MAX10 FPGA (3: PLL設定・タイミング制約)

    自作USBブラスター用FPGAの続きです。 記事を4つに分けて書いています。 ファイルの展開 ~ デバイス指定 ピン制約(ピン定義) PLL設定・タイミング制約 ←現在値 コンパイル・デバイスへの書き込み tetsufuku81.hatenablog.jp tetsufuku81.hatenablog.jp PLL 設定 IP選択 PLL IP設定 ソースファイル追加 ソースファイルをプロジェクトに追加 トップソースを指定 ピン定義の補足 タイミング制約 Timing Analyzer 起動と Netlist Setup クロックの制約を作成 SDCファイル書き出し SDCファイルをプロジェク…

  • 自作USBブラスター用 MAX10 FPGA (2: ピン制約)

    自作USBブラスター用FPGAの続きです。 記事を3つに分けて書いています。 ファイルの展開 ~ デバイス指定 ピン制約(ピン定義) ←現在値 コンパイル ~ デバイスへの書き込み tetsufuku81.hatenablog.jp 割り当てるピンを決める コネクタにつながっているピン番号を調べる (User Guide から) User Guide がないときは回路図から 割り当てる必要があるピン数・入出力方向を調べる (FPGAソースから) 割り当てる (机上で) Quartusでピン定義 Pin Planner 起動 Pin Planner で設定する項目 Location I/O St…

  • 自作USBブラスター用 MAX10 FPGA (1: ファイルの展開 ~ デバイス指定)

    USBブラスター的なもののFPGAの中身を作成します。ソースファイルはダウンロードしたものを使用します。 今回、私たちがすることは ダウンロードしたファイルを展開 ツール起動 デバイス指定 ピン制約(ピン定義) コンパイル デバイスに書き込み です。 記事を3つに分けて書いていきます。 ファイルの展開 ~ デバイス指定 ピン制約(ピン定義) コンパイル ~ デバイスへの書き込み ファイル入手先 フォルダ構成 Quartus Prime (または Quartus II) 起動 エラー出るかも ターゲットデバイスの指定 ピン制約へ ファイル入手先 ファイルの入手先は以前の記事を参照してください。あ…

  • MAX1000ドライバ (Quartus Programmerで動作確認)

    前回の続きで、MAX1000 のドライバのインストール後の動作確認です。 tetsufuku81.hatenablog.jp Programmer 起動 すでに Quartus を開いている場合は、 Programmer のアイコンから起動できます。 そうでなければ、 Programmer だけ起動すれば十分なのでスタートメニューからの起動がおすすめです。 書き込み機器の選択 起動時点では No Hardware となっているかと思います。 ArrowのUSB Blasterを指定するために、Hardware Setup をクリックします。 新しく開いたウィンドウで、Currently sel…

  • MAX1000ドライバインストール( ダウンロード~インストール)

    MAX1000はUSBケーブルをつなぐだけでJTAGアクセスができて、プログラムのダウンロードとデバッグができます。 ですが、インテル純正のUSBブラスター回路が載っているわけではないので、IntelのUSB Blasterドライバでは動作しません。 Arrow独自の回路とドライバで同等の機能を実現しているようです。その名は Arrow USB Programmer2 です、たぶん。 ダウンロード インストール MAX1000を接続・デバイスの認識確認 ダウンロード Arrowのページにあるユーザガイドを参考にドライバをインストールしていきます。 https://www.trenz-elect…

  • USBブラスター的なものの基板構成をFusion360で作成中

    MAX1000、FTDIのUSB変換ICでUSBブラスター的な物を作ろうとしてて、 基板間の物理的な接続をどうするかちょっとだけ考えてました。 結論としては、ユニバーサル基板をベースボード(?)にして、 FPGA基板(MAX1000) USB基板(FT245モジュール) JTAGコネクタ をハンダ付けで実装します。 一応ほかに一瞬が考えたのは、 ブレッドボード 空中配線(みのむし付きの電線で) ぐらいです(汗 ということで、はんだごてが届くのを楽しみに待ってます。

  • ハンダ付けの道具集め

    大阪の共立電子で道具を集めてきました。 (ものづくりしてる会社やめたら、自由に使える道具がない) 実店舗に行ける距離に住んでるので、通販じゃなくても手に入るのは便利。 eleshop.jp 購入したのはこちら。 左から 鉛フリーハンダ (Φ0.6) ハンダ吸い取り線 (幅 2.5mm) こて先 こて台 はんだごては別のお店にネットで注文済み。数日で届くそうです。実際の作業はそれが届いてから。 ちにみに、はんだごては HakkoのFX600-2 です。 www.hakko.com

  • MAX1000到着

    MAX1000が到着しました。 Arrowから購入で、1週間弱で届く感じでした。私は仕事で不在だったので、受け取りまで1週間以上かかりましたが。 5/29(水) Webで注文 5/29(水) アメリカから出荷 5/31(金) 関空に到着 6/3(月) 配達(不在持ち帰り) 6/8(土) 再配達・受け取り トラッキングのスクショ サイズはイメージしてたより小さかった。FPGAのボードも小さくなりましたね。 Spartan-6のMicroBoardがかなり小さいと思ってた頃もあったのに、デバイスと基板の進化すごい。 ↓MicroBoardはこちら参照 https://www.avnet.com/o…

  • 基板3Dデータ(Fusion 360を練習中)

    1日ずっとFusion 360で試行錯誤してここまではできた。 第一の目標の、基板の干渉チェックぐらいはできそう。 今後は基板の組立とか勘合とかは見れるように勉強しようと思う。 シミュレーション(CAE)で応力も見れればいいなと思いながら。

  • Fusion 360 チュートリアル

    基板構成をイメージするのに3Dで考える方法を持っておきたくて、3D CADを使えるようになりたい。 ということで、個人利用無料のFusion 360のチュートリアルをやってみた。 https://www.myautodesk.jp/JEFF/Fusion360_ATC_201603.pdf 予想していたよりは短期間で最低限使えるようになれそう。 使い方の備忘録記事もあげていこうと思う。 この後、まずは試行錯誤しながら基板を描いてみます。 あと、動画を見ての勉強と。 www.autodesk.co.jp

  • FT245R USB変換モジュール入手

    まずはUSB変換のモジュールが届きました。 デバイスはFT245RLです。 akizukidenshi.com まだ発注してないMAX1000をできるだけ早く入手して次に進んでいきます。

  • 自作USBブラスター検討(MAX1000評価ボード)

    MAX10搭載のMAX1000を使うことにして回路図を眺めてたら、ボード上にFT2232Hが載っていることが判明。コレ使えないかなぁ・・・と思って検討したけど、そう上手くはいかないみたい。 結論としては、FPGAとのバス幅が足りなくて(お手軽には)流用できません。 FT2232H周辺回路 図のようになっていて、USB変換のFT2232Hから直接MAX10のJTAGピンに接続されています。Arrowの専用ドライバを使うとデバイスが見るようになると思われます。 また、拡張用に基板上のVIAにJTAG信号が引き出されています。このVIAから他のデバイスを操作できると考えましたが、デイジーチェーンには…

  • 自作USBブラスターのブロック図(手書き)

    MAX5評価ボード探しを続けてもしょうがないので、MAX1000で構成することにしました。 基板構成がわかる図を手書きしてみた。 (2ヶ月以内ぐらいに、いい感じのアプリでささっと描けるよう頑張ります) MAX1000(評価ボード) FT245Rモジュール基板 各基板用の拡張ヘッダと電線 Intel(Altera)用JTAGコネクタ を購入して始めます。

  • 自作USBブラスターの基板構成検討

    構成が悩ましい。できるだけ安価に、できるだけコンパクトに、・・・と思ってると進まないですね。 とりあえず検討を進めます。 電源供給 電源電圧と電源回路 基板構成 ここでのまとめ 電源供給 すっきり作るならUSBコネクタからの給電一択。 ほかの案は、ACアダプタ、バッテリー、ターゲットFPGA基板から給電、太陽光、無線給電、・・・最後の方は頑張りすぎか。 今回はUSBからの5Vを使いましょう。 電源電圧と電源回路 デバイスが確定してないから見切り発車感はありますが… USB変換FT245は、3.3~5.25V FPGA(or CPLD) デバイス単体では MAX5は、コア電源1.8VとIO電源1…

  • USB JTAG adapter のダウンロード

    前回の記事で書いたUSBブラスター用のCPLDイメージですが、ダウンロードサイトが移動しているようです。 ファイルは見つけたので、自分用のダウンロード先メモを残しときます。 github.com 一方で、変換ICのFT245Rについては、作者のREADMEに記述がありました。問題なく動作するとのことです。 The newer FT245R, which has the EEPROM AT93C46 for Vendor/Product ID and 6 MHz clock source integrated, could be used as well. せっかくなので、個人的にデバイス選定の…

  • FTDI製 USB変換IC

    USBブラスターがないから自作しようという計画。 コンフィグだけならマイコンボードとかで構成できそうですが、デバッグで SignalTap まで考えるとUSBブラスター的な物が欲しくなります。 USBブラスターの自作には、FTDI製のUSB-232C変換チップFT245BとFPGAかCPLDがあれば可能という記事があるのは昔から知ってました。 www.hdl.co.jp 構成 FPGAかCPLDは手元にAlteraのMAX5評価ボードとXilinxのPYNQがあるからいいとして、FTDI製ICのほうはどうにか入手しないといけない。 (MAX5評価ボードはオンボードでUSBブラスター機能が載って…

  • クローンUSBブラスター分解

    前回の続きです。699円で購入したけど動かないUSBブラスターのコピー品。 【ノーブランド品】USB ブラスター ケーブル CPLD FPGA JTAG プログラマ アルテラ 製品内部写真 内部の実装不良とか接触不良なら直してやろうと思って・・・ません。 デバイスドライバを試しても何も変わらなかったから実機(このコピー品のこと)確認します。 で、接触不良とか部品の実装不良程度なら修理しようかと。 筐体のくぼみに爪をかけてフタをはずそうとすると、いとも簡単に開きました。 フタを開けたときに見えていた面 裏面 回路構成 載ってる部品はだいたいこんな感じ 水晶 電源IC(LDO)(AMS1117-3…

  • MAX10評価ボードとクローンUSBブラスター

    インテル(旧アルテラ)のMAX10 FPGA評価ボード10M08 Evaluation Kitというものが手元にあります。 メーカーサイトはコチラ。 www.intel.co.jp 以前のMAXシリーズは純粋にCPLDだったんですが、MAX10はFPGAと言うことで売り出されています。 たしかにNiosが動いたり、DSPが載ってたり、外部メモリコントローラが構成できたり、FPAGですね。 高速でガンガン使いたいとか、リソースを大量に使うデザインになってくると、さすがに対応できませんが。 普通のFPGAと違うところ(第一印象的に)は、 外付けのコンフィグROMが不要なところ 単電源3.3Vで動作…

  • PYNQ-Z1/Z2 選定

    PythonでFPGAを設計できるというPYNQを購入しようと思います。 選定 PYNQにはZ1とZ2があります。 Z1は発売当初からのバージョンで、Z2は2018年後半に発売された新しいバージョンです。 公式サイトを参考に選定しました。 www.pynq.io 基本性能 Z1とZ2で共通なスペックは次のようになっています。 (オーディオとGPIOと外形寸法は共通ではないので、別の表にまとめました。) 項目 内容 デバイス Zynq Z7020 メモリ 512MB DDR3 ストレージ MicroSD ビデオ HDMI 入力と出力 オーディオ 下の表を参照 ネットワーク 10/100/1000…

  • ブログ開設!

    技術的な内容を残していこうと思った1日後になんとかスタートしました。 ハードウェア関係(回路 & FPGA)と、勉強中のPythonあたりに触れていきます。 ゆくゆくはDeep Learningについても書きます!(目標)