searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Na-Kuniさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
徒然なるままに
ブログURL
https://nakuni0907.goat.me
ブログ紹介文
【前頭側頭型認知を患う母親】や【うちのねこ】のことなど日々日常のできごとを気まぐれに「徒然なるままに」というブログで綴ってます。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2019/06/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Na-Kuniさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Na-Kuniさん
ブログタイトル
徒然なるままに
更新頻度
集計中
読者になる
徒然なるままに

Na-Kuniさんの新着記事

1件〜30件

  • 前頭側頭型認知症~猫~

    「ごはんだよ~」 どこからともなく鈴の音を響かせて母親に駆け寄って行く「ちろ君」。 そして、流し台に背伸びをして、ご飯の準備を楽しそうに待っている。 いつもの場所に出されたご飯を無心で美味しそうに平らげる

  • 前頭側頭型認知症~靴下~

    「俺の靴下、知らないか?」 雪深く、冬になると気温が氷点下を下回ることが日常の地域に住んでいると 夏と冬では服装がガラリと変わる。 暑がりな俺も冬は流石に寒いので、厚手の靴下を愛用することが多くなる。 冷

  • 前頭側頭型認知症~出前~

    「今日は○○から出前を取るけど何がイイ?」 平日の夕食、休日の昼食と夕食は俺が準備することが多いのだが... 時として唐突に母親から、この言葉が飛び出してくる。 仕事終わりや休日の体を休めたいときなどの飯作り

  • 前頭側頭型認知症~電話~

    「留守電にしてるから出なくイイよ~」 よく母親は、友達や親戚と長時間におよぶ電話をしていた。 内容は知らないのだが、世間でいう普通の長電話だろう。 そんな母親だからだろうか? 電話が鳴るとすぐに出る。 普通

  • うちのねこ

    はなちゃん。 年齢1歳2か月の好奇心は旺盛だけど、ちょっと臆病な女の子。 毎日の日課はアクアリウム鑑賞。 真剣な目は、常に熱帯魚を追っています。 ときどき、手が出ちゃうのは本能かな? 動画もありますので、お

  • 前頭側頭型認知症~料理~

    「作らんで良かったのに」 同じ行動を繰り返すからなのだろうか? 朝食がいらない俺に「ご飯、味噌汁、目玉焼き、ウインナー」を運んでくる。 父親にはいらないとを伝えてあるのだが、その父親の隙を突いて朝食を運ん

  • 前頭側頭型認知症~診断結果~

    「前頭側頭型認知症です」 大きな病院で様々な検査を受けった結果、告げられた診断だった。 と告げられても、専門用語すぎて全く分からない。 改めて診断のときに告げられた言葉や単語を思い出しながら、便利な機械を

  • うちのねこ

    2018年5月初旬、四代目となる猫を譲り受けました。 しかし、ちょっとした問題もあって猫を譲り受けるのに即答することが出来なかった。 その猫は、知人の自宅近所に住む高齢女性が、野放しで飼っていた結果として生ま

  • 前頭側頭型認知症~秒読み(紹介状)~

    「大きな病院での検査を薦めます」 母親が、風邪による発熱で倒れて救急搬送されてから数日後... 体調も良くなってきたので、妹はかかりつけ医である母親の友人の旦那さんが営む病院に連れて行った。 これまでの状況は

  • 前頭側頭型認知症~秒読み(搬送)~

    「ババが玄関で倒れてる!!」 慌てた様子で父親から妹へ連絡が入り、妹は大急ぎで事務所から家と向かった。 玄関には倒れている母親と右往左往する父親がいた。 「救急車を呼ぶからね」 と妹が母親に声をかけた。 「救

  • うちのねこ

    2017年12月に、18年の生涯を終えた愛猫三代目「ちろ君♂」 少し早かったかなぁ。 もう少し元気でいられなかったかなぁ。 飼い主として惜しく切ない気持ちだったよ。 愛猫二代目「ころちゃん♂」を交通事故で亡くしたころ

  • 前頭側頭型認知症~兆候(病院)~

    「〇〇ちゃん。毎日、病院に来ているけど大丈夫?」 開業医の旦那さんがおられる、母親の幼い頃からの友人から、妹に連絡が入った。 毎日、母親が出掛けていたのは知っていた。 近所のスーパーマーケットへの買い物だ

  • 前頭側頭型認知症~兆候(ゴルフ)~

    「毎日、毎日、遊び歩いていい気なもんだな!!」 ある日の休日、昼食を準備していると、母親が近づいてきて俺に言い放った。 「休日に何処にも出掛けずに昼飯を作ってる俺が?」 少しムッとしたので不機嫌に言い返した

  • 前頭側頭型認知症~兆候(旅行)~

    「調理長に宜しくお伝え下さい」 妹が両親に京都旅行をプレゼントしたとき、道中で父親が聞いた母親の会話である。 気分転換にでもと、妹が両親に夫婦水入らずの京都旅行をプレゼントした。 心配な部分もあるのだが、

  • 前頭側頭型認知症~兆候(会話)~

    「私はみんなの面倒をみてきたから大変だったよ」 母親と何気ない普段の会話をしていると、突如としてこのフレーズが飛び出す。 ひとたび、このフレーズが出ると、一気に過去の話へタイムスリップ。 そしてカセットテ

  • 前頭側頭型認知症~兆候(買い物)

    「じゃがいも、いっぱいあるけど貰ったの?」 冷蔵庫に入り切らなかった、じゃがいも、玉ねぎ、ごぼう。ねぎなどが 台所や勝手口周辺に無造作に置かれていた。 使っても使っても減らずに、逆に増える日も… 野菜ばか

  • 前頭側頭型認知症~兆候(掃除)~

    「玄関や廊下はルンバが掃除してくれるから、しなくていいよ」 玄関や廊下、部屋の床に白けた埃と人が歩いたであろう形跡との境界がはっきりと 区別できるようになってきた。 専業主婦であった母親は、毎日欠かすこと

  • 前頭側頭型認知症~兆候(料理)~

    「今日も肉じゃがなんだ」 夕飯のおかずとして「肉じゃが」が登場して、何日目になるだろうか? 牛、豚、鳥。 時折、食材は変われど「肉じゃが」は「肉じゃが」だ。 「昨日も肉じゃがだったよね?残り?」 と尋ねると

  • 前頭側頭型認知症~兆候(電話)~

    「昨夜もババから同じ内容の電話が何度もあったよ」 あるときから、事務所での妹との昼食は、決まってこのフレーズから会話が始まる。 「ジジが嫌だとか頭にくるだとか・・・」 「同じ内容の電話が20時から23時頃まで

カテゴリー一覧
商用