searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

マケインさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
六枚目のコイン
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/macedoniaroad
ブログ紹介文
つぶやき、趣味,占星術,未来についてのブログです。 また信仰についても書いております。
更新頻度(1年)

193回 / 365日(平均3.7回/週)

ブログ村参加:2019/06/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、マケインさんの読者になりませんか?

ハンドル名
マケインさん
ブログタイトル
六枚目のコイン
更新頻度
193回 / 365日(平均3.7回/週)
読者になる
六枚目のコイン

マケインさんの新着記事

1件〜30件

  • 聖者の条件❗

    聖者の資格を得るには、つまるところ、三つの心を克服すること。これが大事になりそうですね。それは何かというと、貪瞋痴の三つということになります。これは死者にとっては、三途の川を表しているのです。その川を越えることが、聖者への資格を得ることになるのです。では、生きているものにとっては、貪瞋痴の克服のために、どうすれば良いのでしょうか?密教ではどう考えて、いるのでしょうか?即身成仏の理論として、凡夫の三業を仏の三密に一致させ、入我我入して、仏と一体化する。これが理論としての「成仏法」ということになりますね。その理論を応用すると、「貪」の心に対しては「慈」の心を、「瞋」の心に対しては「悲」の心を、「痴」に対しては「智慧」を対応させて、それらを獲得するのです。聖者の条件❗

  • 日本国は白村江ですべて変わった!

    なるほどね、白村江の戦いから以後、全ては変えられた。ゃ浮くわかったよ。日本国は白村江ですべて変わった!

  • Stop the 悪癖!

    つまり、「〇〇の因縁」というものは、習慣性・常習性が問題なんだということ。気が付けば、そういう結果を招いていたということになるのが、「〇〇の因縁」ということなんですね。元々、自分自身の無意識の中に、有る決まった結果を招く「種子」を宿している=これが「因」。そして、その因にさまざまな条件を与えて、芽を出させ形にするのが「縁」。その縁とは具体的には、悪弊なんです。悪癖ですね。習慣性を以て、常習性を以て、ひとつの不幸な結果を実現しようとする「力」または「働き」。だから、その習慣性はひとつの不幸な結果を招くのですね。それが『〇〇の因縁』ということなんです。その人を不幸な結果に招いてしまうような、習慣性のある行為。それが不幸な結果を招くのが、「〇〇の因縁」。反対に、『成功の条件』なんていう題名の本があるでしょう。それは人...Stopthe悪癖!

  • 最近のできごと!

    みなさーん、お元気ですか?ひさしぶりの好天気で、気分がいいです。最近の私は、変わり映えのない毎日でした。仕事も結構忙しくて、変わり映えがないわけではありませんでしたが、内面の空虚さに、思考が活性化しなかったという方が適切ですけどね。しかし、何事もなかったという点では、良かったんではないかと。で、このところの出来事で、私が注目したいのは、今、アメリカ大統領選を前にして、トランプ大統領とバイデン立候補が競り合っていますね。メディアの現時点での予想では、バイデン有利と出ているようですが、そのバイデン立候補に、どでかいスキャンダルが暴露されましたねー。なんとバイデンの息子の次男が、中共と利益結託していたという。アメリカ民主党は、オバマ元大統領もそうでしたが、元々、中国共産党とは、かなりな関係にあると見ないといけないよう...最近のできごと!

  • 爽やかな秋

    二度の台風のおかげでしょうか、真夏日から、いっきょに秋になりました。TVニュースでは、「晩秋」という言葉が出ておりましたが、少し温度も戻って、二日前に行った際の東京などは、吹く風が寒くて、部屋では暖房を入れたほどでした。秋って好いですね。さわやかで、気分がよくって・・・。真夏のうんざりした気分を思い出すと、本当に気持ちがいい!(笑顔)しかし、それにしても、相変わらず、芸能人や俳優さんの死が目に付きますね。なんだか、この2020年(子年)という、象徴的な年を選んで死んでいるんじゃないか。そう思わせるような死です。昭和の時代をいろどった歌謡曲で、作詞家の阿久悠さんと、作曲家の筒美京平さんはその代表的なお二人でしたね。阿久悠さんはすでに亡くなっておりますが、作曲家の筒美京平さんが亡くなったという。彼の代表曲は、これだ...爽やかな秋

  • 俳優さんに自殺の謎

    なぜ、俳優さんに自殺者が多く出るのか?不思議に思うんですけどね、まだ止まらない現象なので、ちょっと考えてみたんですねえ。でも、よくわからないというのが、私の現在の現状です。竹内結子さんが亡くなるなんて、本当に痛ましいことで、今もその悲しみが消えないでいることは、多くのタレントさんの追悼文で分かりますね。最近、家内がこんなことを言っていたんですね。近頃、下の通りをサイレンがよく鳴るんだと。そのときは聞き流していたんですが、気がついたんですね、よく見ると今、横死・変死の星が巡って来ていることに。また、今年は中途挫折の星が巡ってきていますよ。それで、元々、中途挫折の星を持っている人には、その作用が二倍に重なって、人生の中途挫折になってしまうんだと。でも、そんなことを言われても、やっぱり俳優さんの自殺者が目立つのは、ど...俳優さんに自殺の謎

  • 共産主義と因縁解脱(Ⅱ)

    さて、長い間お待たせ~しました。でその前に、「共産主義」なるものの定義が大事となりますね。この思想は、主にドイツ人マルクスが『資本論』において、広く展開していったものです。それまで封建制によって独占していた土地や財産や労働力をその土地の領主や支配階級から奪い返す目的で、土地などの財産を、国民の共有にすることで、平等な社会を実現しようとする考え。というのが建前ですね。(かなり不正確な定義だと思われますので、辞典で確認していただけたら幸いです)これは頭の中だけで考えている間は、とても素晴らしい理想的な思想だと思われますが、実際に行ってみると、まったくばかげていることが分かります。私も若気の至りで、マルクスを読んだことが有りますけどね。大漢学者の安岡正篤氏などは、マルクスの日記を読んで、マルクスの性格の悪さ、そのひね...共産主義と因縁解脱(Ⅱ)

  • 共産主義と因縁解脱!

    ケント・ギルバート氏が、前後日本に,共産主義が蔓延?した原因について、ユーチューブ動画で解説していた。このテーマは無視できないように思う。人間の欲望を野放しにしたような資本主義がこれまた人間にとって健全なのか、はたまた統制を入れた社会維持が必要なのか?そもそも,「共産主義」とはどういう主義なのか?それを理解しないと、話は出来ないので、私にも説明できるようなレベルで、そこから、話を進めていきたい。私もユートピア(桃源郷)にはあこがれるので、社会的システムで、実際の桃源郷を実現しようという目論見は、一時憧れ、また考えたものです。朝の時間の都合上、とりあえず、ここまで載せます。(苦笑)後の話に、乞うご期待共産主義と因縁解脱!

  • 2021年、未来予想!

    さきほど、YOUTUBE見てましたんですね。2021年予想ということで、占星術の面から、来年は天王星と土星が90°の凶角を形成すると、解説されていました。解説者はそんなこと、何も知らないような感じで、飄々と解説をしておりました。星と星の読み取りは、解説本に書いてあるかどうか、そんなことでは読め得ないのです。素直に読み取ることが大事なのです。もっと自分の感性を大事にして、読み取ることが大事なのです。天王星と土星の凶角(90°)は、いろいろな意味を持ちますが、単純に考えると、土星は大地を表します。天王星はとつぜんの変動を意味しますね。そうすると、そうなるでしょうか?以前にも、私は地震は今年は安泰な印象を与えると予想してました。そして、日本に地震が起きるならば、それは来年の2021年だと、そう言ってたと思います。覚え...2021年、未来予想!

  • 幸福についての一考察

    世の中には、願望や夢をかなえる方法についてとか、総じて、「引き寄せの法則」を奨励するものが、巷では流行っています。前から心に引っかかっていたことなんですが、そのことについて、ひとつ考えを述べてみたいと考えます。最近、ある人が若くして亡くなりました。還暦を少し過ぎたばかりの女性でした。子供さんは二人いて、それで会社の社長をされていたんですね。というのも、若くしてご主人を失くして、その後を奥さんのその女性が、跡を継いで経営されていたわけです。これはもう大変だったでしょうね。家庭を仕事の両方、そして子育て。はあ、と思わずため息をつくような人生だったのではないか。その方は、それこそ本当に、必死の思いで働き、生きてこられた。気が付けば、重い癌に罹られて、後の段取りもそこそこに、人生を去っていかれたわけです。後に残された二...幸福についての一考察

  • 一白中宮、東に移動!

    今月は気学では一白水星が中宮に入って来ていますね。そして、震宮に八白土星が回って来ています。ところで、久しぶりだったんですが、新幹線に乗って、東京に行って参りました。少し前まで、新幹線の座席はとても余裕がありましたが、だんだんと席が埋まってきていました。それで、徐々に社会の動きも元に戻り始めているのか実感されました。テレビでは、GoToキャンペーンのニュースも前向きに流れ始めていますよね。ホテルで、疲労気味の心を休めながら、でもやる気が湧いてきているのを感じたんですねえ。うーん、これはやはり「八白土星」効果なんだろうか。東に八白土星が回って、再開とか出直し、変化、引き継ぎ、節目とか、休息・蓄積。・古い問題などを暗示していますから。そういう意味でも、なるほどと言う気がします。道理でやる気が少し落ちていたんですね、...一白中宮、東に移動!

  • 大阪なおみ選手のマスク抗議?

    今朝のテレビで、アメリカオープンで優勝した大阪なおみ選手のマスクによる人種差別抗議について、政治的な抗議だとする人々の非難が流れていた。政治的?彼女のマスクは自然すぎて、私には一種のファッションに思えた。何の違和感も感じられない、かっこいいとさえ思わせる、彼女のマスク着用だった。少なくとも、私はそう感じられた。政治的と言うよりも、むしろ、人道上の問題なんじゃないかな。そう、私には受け取れる。政治的というのは、オリンピックなどで、韓国の選手が日本の旭日旗を問題視して、メダルの贈呈式の壇上などで、それを会場の観戦者にアピールする。そういうような行為を言うんじゃないのかな。あれは全く政治上の行為であると断言できる。今回の大阪なおみ選手の抗議は、まったく政治的な行為とはみなされないと判断できるね。心情的に大きな共感を得...大阪なおみ選手のマスク抗議?

  • 世界を取り巻くさまざまな状況!

    米中関係、はたまた日韓の問題、これらを見て見ると、これまで表面に出なかった問題が、時代の波動の作用で、炙り出されている印象を受ける。まさに「あぶり出し」現象だ。本来ならば、炙りだされたカルマは、人類の手の負えないような狂暴さで、私たちに襲いかかり、人類に堪えられないような傷を負わせるのだろう。時代と時代の継目には、それほどの恐怖が起きるのが、これまでの常識である。そして、今年も時代のいたづら?のせいで、人間のすべての動きは止められていた。それがようやく動き始めたようである。テレビでは、オリンピック準備委員会の話し合いの様子も出ていた。この分なら、来年は開催も出来ないこともないのではなかろうか。これからは、今年あったいろんな苦労を反省して、来年以降に繋げて行けるよう、大いなる収穫としていただきたいと、切に願うもの...世界を取り巻くさまざまな状況!

  • 母子家庭の生活苦

    今朝、テレビを見ていたら、母子家庭の生活が苦しくなっているので、生活支援団体が、食料を送って支援しているニュースを流していた。いよいよ、深刻な状態になってきたなと感じる。一般的には、「アフターコロナ」とか「コロナ終息後」とか言って、コロナ禍は一過性のものだと考えている風潮があるが、そんなことはない。もう元には戻らないと覚悟して、今後の現出する状況に対して、先を見据えた対策が必要となるのを準備しないといけないのだ。ただでさえ、国民の生活はひっ迫しているのに、消費税は上がり、さらに不況感が日々の生活ににじみ出てきて、職を失くした人々は先行きに不安でいっぱいになっている。年金はこのコロナ対策とその支援に使われるようになると、実際問題、年金は期待できなくなる。政府がお金が無いと宣言すれば、もう終わりだ。庶民も、税金を払...母子家庭の生活苦

  • 台風10号過ぎ去って

    恐怖の伊勢湾台風が再来かと、さんざん煽り続けていた、天気予報の拍子抜けにまあ、被害が少なくてよかったなあと、一安心したのは良いが、その後は真夏日に逆戻り!これは大変だなあと思いながら、今日も仕事に精出しておりました。ああ、やっと今日も終わったと一安心です。ですが、本当に今年の困難の一つである、「火の難」。なかなか過ぎませんねえ。そんな中、人々はコロナにもだいぶ慣れてきたような、巷(ちまた)の雰囲気ですよね。なんか歩ている人にも、余裕みたいなものが感じられますよね。良いんじゃないですか?私もコロナに対しては、「おまえなんかにゃ罹るもんか!」と、嵩をくくるわけではないのですが、そう思っています。なぜかと言うと、俺はお前なんかに罹るような次元の人間じゃないんだ。そう思っているからです。普段からしっかりと対策を取ってい...台風10号過ぎ去って

  • 新総裁は?

    嗚呼、今日は9月の2日。空の高さと雲の様子は秋らしくなったのですが、如何せんこの酷暑。やる気を削いでしまいますよね〜?お天道さん、何とかよろしくお願いしますよ。とお願いすれば、台風の影響かしら、風が吹いてきました。言ってみるものですね~。さて、安倍さんの辞任後、待ってましたとばかりに、新総理の立候補者が名乗りを上げてきました。ダークホース扱いだった「菅」さんは、二階さんをバックにして、突然の本命に躍り出た感じですね。そして、安倍さんの後継指名を受けていた「岸田」さんは、形成が一挙に不利?となったのでしょうか?他からの受けは良いのでしょうが、いかんせん、ここ一番の勝負運は問題があるのかな?そして、石破さんは全国の議員投票を避けられて、意図的な石破除外に出られたか?これから本格的な争いになるわけですから、どうなるか...新総裁は?

  • 魔の周期

    安倍晋三氏が総理大臣の要職を辞められました。何故、今?と思いませんか?確かに、そんな時期なのかと思って、一応調べてみた。天命殺という「魔の時期」があると言われますね。その一つに、気学でいうところの「離宮」と「坎宮」。この二つの宮に入る時は、思わぬ災難に遭ったり、人や金銭が離れていったり、また何をやっても芽が出ないといった、困難の時期だとされる。また、「空亡」とか「天中殺」と言われて、自身の心の精神的なバランスが崩れて、落ち着きを亡くしたり、運気を落としたりする時がある。では安倍さんはそのどれかの時期に入っているのか?というと、そのどれにも入っていない。ふーん、どういうことなんだろう?実は、これはもう一つ「天命殺」というものがあるんだと、西川潤さんという、作家兼運命学者が言われている。小天命殺、中天命殺、大天命殺...魔の周期

  • 損得で物事を決めると…?

    私の師は言われる。あなたの子どもが今、登校拒否で学校に行かないで困っているとしましょう。それはあなたの子どものせいじゃあない。損得で物事を決めると…?

  • 犠牲を伴う愛の実践!(Ⅱ)

    その「愛」の実践を、積極的に推進していきたい。その実践が、准提如来に向けられる時、私の行は「聖願」となるだろう。そしてそれは、私の行為を三密として、質的に高めていくだろう。師は言われた。いくら「因縁解脱」、「因縁解脱」と言ったって、愛の伴わない行からは、仏様の力が功徳として返って来ることはないだろう。我々にとって、これほど恐ろしいことはない。だが、万が一仏様からの功徳となって、自らの行為が返って来なくても、その行為を仏様=准提如来に捧げるだけで、私は本望である。もはや私に、俗世への関心も興味もない。私の望みは、仏に帰一することなのであるから。犠牲を伴う愛の実践!(Ⅱ)

  • 安倍内閣終了?

    安倍内閣終了という動画が出ていたのですが。ついに決断するのか?こういうタイトルの動画が出ていました。出ましたね!本来ならば、安倍内閣は今回、辞職すると私は見ていました。ですが、コロナウィルスの対策で焦点が外されたような感じになっていましたから、どうなんだろう?と。もし耐えているような状態であれば、安倍さん粘っているなと思っまだ発表はないので、勇み足をしないように、発言は控えようどうなんだろう思いますね。ですが、安倍内閣を支えている連中を見ても、よくこんなのを採用したもんだと呆れますね。ニFさんは…引退するのが妥当でしょうね。(続きます)😷😨安倍内閣終了?

  • 上求菩提下化衆生!

    “上求菩提下化衆生”という言葉がある。これは仏教、ことに密教の用語てあります。普通、上求菩提と下化衆生とは、別々に捉えられて説明されます。ですが、これは別々に捉えないで、一体に考えることが大事なんです。それは自分自身の救済を示すところの「上求菩提」は、他を救済して得るところの「下化衆生」の行を実践することがその条件となるからです。自分が助かるためには、他を助けることが条件なのですね。人々を救うことは、因縁解脱の絶対条件なんです。上求菩提下化衆生!

  • スターチルドレン!!

    スターチルドレン!Star・Children。我ら、星間時代の子供達ゆえに、地球を俯瞰的に見つめる。スターピープルとか、スターシードとか呼ばれている。彼らが宇宙からの使者であるがゆえに、そう呼ばれるのである。彼らは地球の救済を目的として、地球に生まれてきた。そのために、地球上で勝つことが目的ではない、生き残ることが至上命令ではない。この地球の諸々の問題を、少なくとも、沈静化するために、生まれてきているのだ。人々の愚かな行為に心を悩ませて、日々生きるために、お互いにしのぎを削って競争する人生を厭う。そして、心の醜さを嫌う。美しい生を望むのである。スターチルドレン!!

  • 犠牲のない「愛」はない

    本当にそうですね。この言葉は身につまされます。「愛」それは他者を愛する心、誰かに優しくする気持ち、人を見て、幸せになってほしいと思う心、人として愛おしく思う気持ち。そういう心の状態を慈悲心というのだろうか?人を愛するとき、自分が得するとか、損をするとか考えていると、人を愛することは出来ないと思う。自分自身を考えていると、それは不可能だ。だから、母性は貴重なのだ、父性は無上なのだ。その母性とか父性とかを、自分の子供ではなく、まったくの他人に働かせるとき、その行為は至誠(しじょう)のものとなる。そして、彼は聖者への道を歩み始めることとなる。動物(けだもの)は、己のためにこそ生きる。それを辞めるとき、私達は聖なるものへと変容する。犠牲のない「愛」はない

  • 中共が台湾をもう一つの香港に!

    中共をのさばらせるな!愚か者の中国共産党に、これ以上舐めた真似をさせるな。時代逆境の政治を進めるクズ共を許してはいけない。他人事ではないぞ、ウイグルもチベットも、そして台湾、日本。のほほんとして呑気に構えていると、いつの間にかやられとる。かつての日本は、その手でやられたことを思い出すんだよ。油断するな日本人よ。😷中共が台湾をもう一つの香港に!

  • 人生の選択

    ある後輩が今の仕事を辞めることにしたという。結果だけを見れば、どうしたんだ?と確認したくなるのだが、それに至るまでのプロセスを調べてみると、これは仕方がない、もうちょっと先を考えておくべきだったなあと、嘆息するしかない。この前、その彼と、久しぶりに話をした。聞いてみると、家を買って引越ししたそうだ。そこで奥さんと犬二匹?で、楽しく住んでいるという。その彼が仕事を辞めるという。なんでだ?と聞くと、奥さんが多忙で倒れたので、その看護とそれに伴い、収入も無くなったので、もっと割の良い仕事に就くという。確かに、吾々の仕事は収入面から考えると、良い仕事とは言えない。聞くと、借金だらけだという。そうだろうな、家を購入したんだから、ローン支払いなんだろう。今も問題になっているところの、家を買ったのは良いが、このコロナで収入も...人生の選択

  • 今年の運勢は?

    普通ならば、今年の運勢は?なんて、前年の暮れに出すものでしょうね。それが、今年も後半に入ってるのに、何かの間違いじゃない?と思われる人もいるでしょう。確かに、そうでしょうね。ですが、もう一度確かめておきたいのは、これから起きることが、その運勢を改めて教えてくれるからです。いいですか?今年初め、私は何と言ったでしょうか?今年は〚中途挫折の星〛が、巡りくると言いましたね。そうすると、どうなるのでしょうか?以前にも、中国共産党の話を出しました。中国共産党は危ない!と書きました。「中共滅亡!」と書けば、これはかなりの人の目を惹くでしょうが、そう断言はできないことなんですが、それに近いくらい、危機的な状況なんですね。習近平国家主席、これ今危ない状況です。そうでなくても、彼の上げてきた一大プロジェクト〚一対一路〛政策、これ...今年の運勢は?

  • 雨の岡崎街道

    嗚呼、長い雨は降り止まずに、私の憂鬱を、さらに憂鬱にしている。そんな思いの中、天気予報を見ると、何?明日から梅雨が明けるとな。晴れのお天気マークが出てるじゃないですか。本当かいな?そう思いながら、もう八月になろうとしている時に、梅雨の明けることで、ほっとしているこの頃です。で、最近まで外部に関心がなかったのですが、気になる出来事としては、やはり、アメリカが共産党支配の中国に対して、本格的に態度を明らかにし始めたということでしょう。中共の外交に対して、はっきりとNO!の宣言を開始したという。今までは、アメリカも知っていたのに、経済的な利益を考えていたのか、世界支配のために、情報網をいたるところに張り巡らせていた中国共産党のやり方に、対策を取り始めた最近のアメリカ。今頃になってなぜ?という思いです。今日はその分析も...雨の岡崎街道

  • 挫折からの出発!

    “挫折からの出発”なんて、いかにも、キザで作ったようなタイトルですよね。ですが、その作り物のような、格好つけたようなタイトルのような人生をまさに今、私は歩み始めているのですね。過去の因縁の洗い出しを済ませて、私は新しい人生を、すでに歩み始めている。悪因縁の洗い出しが済んだといっても、後遺症というのがあるわけで、傷が閉じても、かさぶたが表面にできて、それがきれいに取れるまでは、傷が治ったとは言えないわけです。だから、その数年の癒しの時間が必要だったのですね。そして今、すっかり傷は癒えて、もうすっかり回復した自分がいます。そこで、私は開祖が信仰を始められたばかりの頃のことを思い出すのです。開祖は、実の妹さんが膵臓癌で亡くなられたときに、ご自分にも癌の星があることに、愕然とされたというのです。それで、癌の因縁を切る必...挫折からの出発!

  • 三浦春馬さんの死について!

    7月18日,俳優の三浦春馬さんが亡くなったという知らせがでた。若手有望株の俳優さんだけだっただけに、多くの人が、どうして?と,不信の思いを抱いたと思います。そこで、私も調べて見ました。すると、一番先に目が行ったのは、運気が定まらないで、運気に浮き沈みがあることです。そうすると、精神状態にも浮き沈みが見られるようになるんです。芸能記者が(?)彼の自宅を(茨城県・土浦市か?)尋ねたら、ひっそりとして、誰もいなかったそうです。近所の人に聞くと、お母さんと祖母は、3年前に家を出たきり、またお父さんも住んでいないという。明らかに、これは家の運気も衰退していますね。これでは、どんな才能を持っていても、その才能を長く発揮して、名声を輝かせるというわけにはいかなでしょう。また、彼には中途挫折の星がついていますから、今年、その渋...三浦春馬さんの死について!

  • ビッグウェイブ(Ⅱ)

    コズミックウェイブと名づけた方が良いような大変動が、今,起きつつあるように思えます。それは、自然現象的には、台風のような異常な風雨。そして、洪水。大地の変動、火山の噴火。そういうような、目に見える世界の変化が有りますが、一方、目に見えない分野、つまり、精神的な分野におけるところに目を向けても、それ以上に大きな変動が起きるような「兆し」というか、もうこれは凄いことになるンじゃないか?そう思わせる「雰囲気」のようなものがありますね。地上波テレビでは、そう表立っては言わないのですが、youtubeでは、言いすぎじゃない?と思えるほどの調子で、次に来る深刻な問題を動画に揚げて、伝えています。今の状況を考えると、それは当然のことなのですが、大衆は深刻にとらえないように、無意識のうちで考えているのでしょう。あるいは、あまり...ビッグウェイブ(Ⅱ)

カテゴリー一覧
商用