searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

「だいち」さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

現在51歳、妻子ありの男性です。 2019年3月に、50歳で早期退職、アーリーリタイアしました。 アーリーリタイア、セミリタイアの計画、妄想の参考にしていただければ幸いです。

ブログタイトル
50歳で早期退職した人の末路
ブログURL
https://just50fire.com/
ブログ紹介文
2019年3月、50歳でアーリーリタイアしました。 リタイアするまでの話、リタイア後の生活を記録していきたいと思います。
更新頻度(1年)

260回 / 365日(平均5.0回/週)

ブログ村参加:2019/06/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、「だいち」さんの読者になりませんか?

ハンドル名
「だいち」さん
ブログタイトル
50歳で早期退職した人の末路
更新頻度
260回 / 365日(平均5.0回/週)
読者になる
50歳で早期退職した人の末路

「だいち」さんの新着記事

1件〜30件

  • リタイアしても気になる半沢直樹のあるシーン

    こんにちは。「だいち」です。 最近唯一毎週見ているドラマが日曜夜の半沢直樹です。誰がどう見ても100%悪者をスパッとやっつける現代の水戸黄門のような爽快感が人気なんでしょうか。昨夜録画していたものを先ほど見終わりました。 サラリーマン生活で身に沁み込んだ習性の名残りなのか、どうしても気になってしまうシーンがあります。それは同僚との飲み屋や外食のシーンで、周りに店員や他の客などがいるにもかかわらず、

  • セミリタイア生活と国勢調査

    こんにちは。「だいち」です。 昨日、我が家にも国勢調査の調査票が届き、早速インターネットで回答しました。国勢調査は5年に1度なので、セミリタイア生活に入ってから初めての国勢調査です。 マークシートの回答用紙が入っていたり、ちょっとしたアンケートっぽい雰囲気ですが、国勢調査は統計法で義務付けられていて、回答拒否や虚偽回答は50万円以下の罰金もあり得る結構厳しい調査だと記載されています。 氏名、性別、

  • ちょっと税務署まで散歩に

    こんにちは。「だいち」です。 今日は税務署へ行ってきました。妻の相続税申告の手続きを手伝っているというか、時間だけはたっぷりある僕がほぼ中心でやっています。 相続税も確定申告同様にe-taxで電子申請ができるのですが、e-taxの場合、相続人1人1人が電子申請をしなければならず、スマホさえ持っていない高齢者が含まれる場合など、実質的にe-taxによる電子申請は不可能で、e-taxソフトで作成した申

  • 令和おじさんとリタイア初日

    こんにちは。「だいち」です。 今日の午後、菅義偉官房長官が第99代内閣総理大臣に就任される見込みです。菅官房長官が総理候補の最有力に急浮上してから、昨年4月1日の新元号発表のシーンを度々目にするようになりました。 新元号の令和を発表した菅官房長官を「令和おじさん」と呼ぶのは、平成を発表した小渕元総理が「平成おじさん」と呼ばれたのに比べると、若干無理くりのような気もしますが、世間の注目を集めるシーン

  • 出世よりダブルインカム その2

    こんにちは。「だいち」です。 このブログでも何度か書いていますが、僕のリタイア資金はダブルインカムで地道に貯めたものです。アーリーリタイアの王道とも言える投資に関して、僕には全く才能がなく、逆に数年遅らせるぐらいの損失を出す残念な結果になりました。 結婚直後からアーリーリタイアを目指して、節約に励んで質素な暮らしをしたつもりは決してないのですが、20年以上前の社会環境での出産や子育てをしながらの共

  • 腰痛で老後の住まいを考える

    こんにちは。「だいち」です。 数日前に腰を痛めて、随分痛みは和らいだものの、まだ腰を曲げたまま、おっかなびっくりで家の中を移動しています。我ながら情けない姿です。 ここ数日の経験で頭に浮かぶのは、数十年後に来るであろう身体の自由がきかなくなった老後の暮らしです。身体を起こすにも、トイレに行くにも一苦労する中で、将来の年老いた自分を疑似体験したような気分です。 我が家は築年数が古い割には結構バリアフ

  • セミリタイアも健康第一を痛感 2回目

    こんにちは。「だいち」です。 一昨日、また腰を痛めてしまいました。朝目覚めて、ベッドがら起き上がろうとして、身体を捻ったところ、腰にズキッという痛みを感じました。 過去に何度もぎっくり腰をやっているので、やってしまったかと思いながらも、まだ何とか身体は動いたのですが、徐々に腰の重さと痛みが増してきました。 それでも、一昨日はたった週2日、それも半日のパート仕事の日だったので、傘を杖にしながら、ソロ

  • バイト代を当てにしたセミリタイアは危ない

    こんにちは。「だいち」です。 僕は昨年3月末に50歳でアーリーリタイアしましたが、その時点の資産に退職金を加えた金額があれば、僕も妻も働かずに収入がなくても、夫婦二人で遅くとも年金が支給されるであろう70歳までは暮らせるだろうとの見込みを立てて、アーリーリタイア実行に踏み切りました。 丸1年間完全リタイア生活を送った後、今年4月からは週2日、半日のパート仕事をしていますが、決してリタイア計画が破綻

  • 出世よりもダブルインカムの方がお得という現実

    こんにちは。「だいち」です。 今も年賀状のやり取りをしている高校時代の恩師がブログをやっていると知り、時々拝見しています。高校時代はその恩師が結婚しているのかどうかさえ知りませんでしたが、ブログを拝見するうちに、夫、父、祖父という教師以外の顔が徐々に見えてくると同時に、公立高校を退職した教師のリアルな老後の生活というものが見えてきます。 ブログを拝見してわかったのは、恩師の奥様も元教師で既に定年退

  • 自分達の金銭感覚を思い知ったこと

    こんにちは。「だいち」です。 ここ数日どのニュース番組を見ても、台風とコロナ、それから自民党総裁選の話題ばかりです。 現官房長官で新自民党総裁候補の菅義偉さんは新聞の人生相談コーナーがお好きらしく、ご自身もビジネス誌のPRESIDENTに「菅義偉の戦略的人生相談」というコーナーをお持ちで、僕も毎号読んでいます。 くだらない話ですが、もしこのまま総理大臣になられても、PRESIDENTの人生相談は続

  • アーリーリタイアに対するYahooコメントに思うこと

    こんにちは。「だいち」です。 ダイアモンドZai10月号のアーリーリタイア記事がYahooニュースで紹介され、その記事に対するコメントも寄せられていました。 ネット上のコメントは世間の極一部の意見でしかないとは承知の上で、アーリーリタイア実行者の一人としては世間の反応が気になって読みました。 節約系のリタイアに対しては、否定的な意見が多いというのが僕の印象です。否定する代表的な意見をいくつかあげる

  • アーリーリタイアが注目されると困る

    こんにちは。「だいち」です。 こんなブログを書いていながら、言っていることとやっていることが違い、大きな矛盾があることは承知しているのですが、世の中でアーリーリタイアという生き方があまり目立っても困るなと思っています。 こんな猛暑やコロナ禍の中でも、世の中のほとんどの人は懸命に働いていて、高齢になっても働かざるを得ない人もいるわけで、そんな世の中の大多数からすれば、健康で働こうと思えば働けるのに働

  • セミリタイアでちょっとだけ働くメリット

    こんにちは。「だいち」です。 僕は昨年3月末に早期退職して、1年間は全く働くことなく完全リタイア生活を送りましたが、今年4月からは週2回だけ、時間も短時間ですがパート仕事を始めました。 よくアーリーリタイアした人、もしくはしようとする人に「どうせ時間を持て余して暇で辛くなる」とか、「働かないとボケてしまう」とか否定的な意見が投げかけられますが、僕の場合、リタイア後の1年間で暇で仕方がないとか、やる

  • 今さらですがマイナポイントを申し込みました

    こんにちは。「だいち」です。 マイナンバーカードは制度がスタートした当初に手続きをして持っていたので、5000円分のポイントが還元されるマイナポイントは絶対に利用しようとは思っていたのですが、各決済方法で独自ポイントの上乗せ競争があるようで様子見していました。 各社で1000~2500円分上乗せや抽選で高額ポイント進呈など、いろいろとお得な上乗せがあるようですが、一見一番お得と思ったら提携クレジッ

  • Amazonを騙る詐欺メールが来た

    こんにちは。「だいち」です。 今朝パソコンを起動してメール確認をすると、Amazonらしき宛名からメールが来ていました。メールのタイトルは「アカウントセキュリティ」。 本文を見ると、おなじみのAmazonのロゴが先頭に貼り付けられています。そして、「こんにちは、〇〇〇〇〇」と、内容の割にはやけにフランクな調子で、ご挨拶に加えて僕の名前(〇〇〇〇〇の部分)を呼び掛けています。それも敬称略、呼び捨てで

  • 子持ちでアーリーリタイアは難しいという現実

    こんにちは。「だいち」です。 よく言われる家計における大きな出費の1つは教育費です。我が家も2人子供を育てましたので、教育費の重さは身にしみて実感しています。 中学高校は2人とも私立に通いましたので、学費や交通費を考えると、1人あたり年間100万円ぐらいかかりました。その後、上の子は国公立大学に進学したので年100万円、下の子は私立理系の大学で年200万円、下の子はさらに2年間大学院に通い、年10

  • セミリタイア生活の近況をどのように答えるか

    こんにちは。「だいち」です。 アーリーリタイアすると、元同僚との付き合いは3つのパターンに分かれます。 まずは以前と変わらず、頻繁に連絡を取り合ったり、時々は会ったりする人です。幸い僕にもこのような元同僚が何人かいてくれるので、リタイア後のセミリタイア生活でも孤独感は感じず、元勤め先の最新情報も頻繁に入ってきます。 もう1つは、逆に退職を境に全く付き合いが切れる人です。大部分はこのパターンで、多分

  • セミリタイア生活と旅行

    こんにちは。「だいち」です。 アーリーリタイアしてセミリタイア生活に入り、自由な時間が手に入ることで一番楽しみにしていたのが旅行です。 リタイア前は僕にも仕事の都合があり、妻にも仕事の都合があり、おまけに僕は単身赴任していたりで、夫婦で予定を合わせて、ゆっくり旅行するのは大変でした。 まだ妻は仕事を続けているので全く無制限というわけにはいきませんが、それでも以前に比べれば旅行に行きやすくなりました

  • マネー雑誌のアーリーリタイア特集

    こんにちは。「だいち」です。 いつもdマガジンで購読しているマネー雑誌2誌、日経マネーとダイアモンドZAiの最近の号でアーリーリタイア特集が組まれていました。 少し前に掲載された日経マネー9月号の方は、マネー雑誌という性格から仕方がないのかもしれませんが、アーリーリタイアの話というよりは投資の話に重点がおかれていて、アーリーリタイアのタイトルに期待していた僕にとってはちょっと残念な内容でした。 今

  • 読者としてのブログランキングサイト利用法

    こんにちは。「だいち」です。 このブログもブログランキングサイトの「にほんブログ村」のセミリタイア生活カテゴリーに登録していて、投稿者として利用させていただいています。ご覧いだだいているほとんどの方が「にほんブログ村」経由で訪れてくれているようです。 僕もブログの一読者として、「何か面白そうな記事はないかな」と、毎日のように「にほんブログ村」のセミリタイア生活カテゴリーをチェックしています。 ラン

  • リタイア系ブログの活用法と注意点

    こんにちは。「だいち」です。 アーリーリタイアやセミリタイアに関する情報は少ないので、既にアーリーリタイアをした人のブログは貴重な情報源になります。 僕も実際にリタイアする前には、たくさんのブログを手当たり次第に読み漁りました。特にライフプランシートを知ったのもブログですし、リタイアに必要な資産の考え方もブログの情報を参考にさせてもらいました。 それらのリタイア系ブログは「にほんブログ村」のような

  • お金の不安を減らすには

    こんにちは。「だいち」です。 先日、妻と話をしていて、妻の母である義母の話になりました。妻が言うには、義母は毎月の年金の中から〇万円を貯金することを目標に生活しているらしいのです。 普通に食べたいものを食べ、やりたいことをやって、それで余る分には結構なことだと思いますが、もし何かを我慢したり、節約を頑張る必要があるのであれば、もう少しで80代に手が届きそうな義母にとって、その貯蓄目標は必要なんだろ

  • リタイア後、遠ざけたい感情

    こんにちは。「だいち」です。 アーリーリタイアしてから1年4ヵ月以上の月日が経っていますが、今も前職の頃のことを思い出すことがありますし、夢に出てくる仕事がらみの登場人物もほとんどが前職の人達です。不思議と今のパート仕事でかかわる人は一度も夢に登場したことはありません。 前職で付き合った人の中には、お世話になったり、良くしてもらった人もたくさんいたのですが、30年近くもサラリーマンをしていれば、嫌

  • 車を手放して10年経った節約効果

    こんにちは。「だいち」です。 現在、僕は自家用車を所有していません。以前、20代の頃に購入した戸建住宅に住んでいた頃は、駅からも遠い立地で、子供達もまだ小さかったので、車を持たない生活はとても考えられませんでした。 やがて子供達も成長して、電車通学をするようになり、駅近のマンションに引越すと、買い物も徒歩で十分なので、車に乗る機会はほとんどなくなってしまいました。 その頃乗っていた車が新車で買って

  • アーリーリタイアについて誰かに相談するべきか

    こんにちは。「だいち」です。 アーリーリタイアにしろ転職にしろ、サラリーマンにとって長年勤めた会社を辞めるのは人生の一大事です。自分の心の中だけで抱えきれず、誰かに思いを吐き出したいとか、誰かに相談したいという気持ちは理解できます。 特にアーリーリタイアの場合、身近で相談相手をみつけることが難しいためか、ネットのマネー関係サイトにアーリーリタイア専門のコーナーがあったり、リタイア系ブログでは購読者

  • ライフプランシートを作るメリット

    こんにちは。「だいち」です。 アーリーリタイアを検討する上で、ライフプランシートを作成することは必須だと僕は思っています。 僕の場合、Excel表の1列を1年として、各行に西暦年、自分と家族の年齢、収入項目(給料、年金、不動産収入、利子配当収入)、細分化した支出項目、資産残高を入力し、妻が95歳となる年までの列を作成しています。 最終列の資産残高がプラスの数値であれば、一応はアーリーリタイア可能と

  • 何をもってアーリーリタイア可能と判断するか

    こんにちは。「だいち」です。 昨年3月末、僕は50歳でアーリーリタイアし、今は週2日のパート仕事をしながら、セミリタイア生活を送っています。 たまたま区切りのいい50歳という年齢でアーリーリタイアしましたが、僕の場合、特に50歳をアーリーリタイアの目標に設定していたわけではありません。自分の中でアーリーリタイアしたいという気持ちが高まったのと、アーリーリタイア可能だと判断できる条件が揃ったのがたま

  • セミリタイアにおける不動産投資のデメリット

    こんにちは。「だいち」です。 アーリーリタイア後の収入源の定番として、一番メジャーなのは株式投資だと思いますが、不動産投資も定番の1つで、少し前に不動産投資ブームが起こり、不動産投資に関する指南本もたくさん出版されました。 僕の場合、古い戸建賃貸が2軒だけなので、不動産投資と呼ぶには憚られますが、セミリタイア生活を支える収入源になっているのは間違いありません。 以前、不動産投資のメリットについて、

  • セミリタイアを支える超築古戸建物件との出会い

    こんにちは。「だいち」です。 僕のセミリタイア生活を支える収入源の1つに2軒の戸建賃貸住宅からの不動産収入があります。東京のような大都市ではないので、不動産収入だけで生活費の全てを賄えるほどの金額ではありませんが、それでも毎月決まった金額が振り込まれるというのは、セミリタイア生活を送る上で、大きな安心感を与えてくれます。 2軒のうち1軒は、20代の頃に新築で購入した元自宅で、もう1軒は6~7年前に

  • 通勤のないセミリタイア生活

    こんにちは。「だいち」です。 やっと梅雨が明けて、晴天の日が多くなり、連日30度を超える暑さになると、電車通勤の蒸し暑い車内の苦痛が思い出されます。 アーリーリタイアして、つくづく良かったと思うのは通勤がなくなったことです。きっと在宅勤務、リモートワークを数カ月味わった人は、元の通勤ありの生活に戻るのが大変なんだろうなと想像してしまいます。 僕も短い時で往復1時間、長いと往復3時間ぐらいを通勤時間

カテゴリー一覧
商用