searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

JOE (ジョウ)さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
あぶまい
ブログURL
https://absolute-myself.com
ブログ紹介文
邦楽、洋楽のレビュー(解釈&考察)を、公式で公開されているMVを含めながら、新旧やジャンルを問わない形で日々更新中! 暇つぶしにでもご覧ください。
ブログ村参加
2019/05/25
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、JOE (ジョウ)さんをフォローしませんか?

ハンドル名
JOE (ジョウ)さん
ブログタイトル
あぶまい
フォロー
あぶまい

JOE (ジョウ)さんの新着記事

1件〜30件

  • ギヴン:うらがわの存在 ~僕には見せないもう1つの顔~

    ギヴン 7巻 DVDつき限定版に附属する新作アニメ「ギヴン うらがわの存在」の主題歌。まだまだ続いていく、少し複雑な関係の物語。その音を聞けば、真冬と立夏の関係を描く新作アニメを見たくなってしまいます。

  • 【2021年11月音楽レビュー】28アーティスト:29枚 + まとめ記事

    絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」。21年11月に新規投稿を行った、28アーティスト:29枚、振り返りについてまとめた記事。どんな追加更新をしてきたのか、一覧としてご覧ください。

  • Maggie Lindemann:She Knows It ~私との関係を切れないのは~

    1枚目のEP「PARANOIA」のロック路線を、更に進めた本作。その描かれているのは、危険性をはらむ女性同士の同性愛を描いたもの。よく分からない世界だからこそ、MVを含めた表現が実に興味深いです。

  • Novelbright:seeker / ワンルーム ~ただ幸せになりたくて探した~

    CDとして盤に形では約4年ぶり、かつかつメジャーファーストシングル。収録された3曲の中で、ノーベルブライトならではの要素が示されています。今がどんなバンドかも分かるので、入門編としてもオススメです。

  • 石原夏織:Starcast ~同じ想いは深く繋がっていく~

    「心の距離」をテーマにしたシングル。カップリングも含めて表現される世界観は、ノンタイアップシングルだからこそ、より色濃くなったような形。表現としても興味深いので、何の気なしにであっても触れてみるといいかも…。

  • あいみょん:ハート ~変化が生まれた貴方を想う気持ち~

    カップリングを含め、恋するからこそ出てくる感情。男性目線で表現することも多いあいみょん。女の子だからこその感情は、新鮮に聞こえます。音をしてだけでなく、歌詞を見ながら聞くのがオススメです。

  • Amaranthe:PvP ~この戦いに勝利するのは我々だ! ~

    7枚目のアルバム「Manifest」のツアーが、軒並みに延期…。だからこそなのか、延長線にある音を、フラストレーションを吐き出す形を聞かせてくれます。ギターが低音がかなり強めと、既存とは表現が変化しているのも興味深いです。

  • HYDE:FINAL PIECE ~この場所に当てはまるのはあなただけ~

    僕にとって特別なあなたに向けたラブソングに、globeの代表曲のカバーの組み合わせ。どちらも通じる部分があるので、聞いていてとても興味深い内容。"愛してる"と言わなくても伝わるラブ・ソング。いい感じです。

  • ラブライブ! School idol project:not ALONE not HITORI / ミラクル STAY TUNE! / Shooting Voice!! ~📻~

    今作は「ラブライブ!シリーズのオールナイトニッポンGOLD」 タイアップ企画のスプリットシングル。企画物だと侮ってはいけません。Aqours、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会、Liella!がそれぞれの色があり面白いです。

  • Silk Sonic:An Evening With Silk Sonic ~このショーをあなたに~

    ブルーノ・マーズ、アンダーソン・パークが新たに組んだバンド、シルク・ソニック。グルーブ感がめちゃくちゃ気持ち良い音を、聞かせてくれます。ショーのようなアルバムを作ろうとしたとのことですが、正にその形です。

  • Dream Theater:A View from the Top of the World ~どう見える? ~

    タイトル曲がアルバム最長20分オーバーという、実にドリーム・シアターらしい内容の1枚。先の6曲は、その最後につなげるからこその世界観もあります。単純に聞くのはもちろん、プレイヤーも楽しむことができるアルバムです。

  • Daughtry:Changes Are Coming ~その時はすぐそこまで~

    6枚目のアルバム「Dearly Beloved」からのリカット。ドートリーには珍しくその歌う内容がポジティブで、分かりやすい表現。アルバムをブーストさせるための、新たなる入り口となっています。

  • 岡咲美保:ペタルズ ~鮮やかでかつ、みんなで賑やかに行こうよ~

    デビュー作の延長線であり、多くの方が想像するであろう声優さんのイメージをストレートに表現した1枚。これがとてもいい感じです。本当の勝負は次の3枚目になると思いますが、彼女は面白い存在になりえるかも…。

  • センチミリメンタル:リリィ ~君に対する僕からの宣言~

    自分の弱さを知っているからこそできる、特別な君に対しての優しさと思い。何よりも大切な君を守る宣言は、純粋そのもの。ラブレーターというよりも、思いを綴った恋文のような歌です。

  • Avril Lavigne:Bite Me ~あなただけはしてもいいよ~

    詳細は未定ながら7枚目のアルバムからのファーストシングル。ポップパンクな1枚目「Let Go」を思い出させるサウンドは新鮮です。プラスして、いろいろとメッセージが隠されているように思えるのもポイント!

  • 伶:宝石 (feat. 幾田りら) ~この一歩を踏み出せたのは君がいたから~

    今作はフィーチャリングで歌っている、YOASOBIではikuraとして活動する幾田りら提供曲。意外にも思える組み合わせは、うまくハマっています。「旅立ち」と「新たな一歩」をテーマにした曲は、小さくても輝く勇気をもらえます。

  • KEIKO:現実のメタファー ~頭の中での想像が交差する~

    21年12月にリリースされる2枚目のアルバム「dew」からの最後の先行シングルは、彼女の優しさと力強さが、大きく現れた歌。ソロ以前からのファンであるほど、「おっ! 」と感じるである曲かも…。

  • 楠木ともり:narrow ~ここで自分自身を開放したい~

    他の声優さんとは少し表現のアプローチが異なる彼女。"冬"をテーマにしたという描き下ろしの4曲は、直接的な季節を言葉にしないのもポイント! 描かれている世界観が面白く、興味深く聞けること請け合いです。

  • YOASOBI:E-SIDE~並行して描かれたもう一つの物語~

    「夜に駆ける」のEnglish Ver.「Into The Night」から始まった既存曲の英語化。発表済み4曲に加えて、新たに英語化された4曲が追加されてEPに。選曲と曲順のバランスがすごくいいので、全体を通して聞くことをオススメします。

  • 鈴木愛理:rescue ~あなたが私に今すぐにするべきこと~

    女の子ならではの思いを、嫌味がない形で可愛らしく表現した歌。少しレトロでポップな歌が、その雰囲気をより高めています。MVの映像も面白く、彼女のファンの間口を広げる歌にもなりえるかも…。

  • Holly Humberstone:The Walls Are Way Too Thin ~内面の感情~

    大手レーベルに移籍しての1枚。6曲中4曲が先行配信と、逆にどうなるのかなと思いましたが、しっくりとかつ色濃い形になっています。前作より音もスケールアップし、より表現する音を感じやすくなりました。

  • Korn:Start The Healing ~その感じている痛みを消し去るために~

    11月に入ってから動きが出始めて注目を集めていましたが、2022年2月4日に14枚目のアルバム「Requiem」のリリースを発表。同時に新曲を配信!既存とは少し異なる表現の音は、今後の展開が気になってしまいます。

  • The Halo Effect:Shadowminds ~闇へと堕ちていく前に~

    新たなるメロディックデスメタルバンドのデビュー曲。メンバー全員が元In Flames、または関わっていたという、少し変わった面白い構成。特に初期In Flamesが好きな方には、揺さぶられるものがあるかも…。

  • ABBA:Voyage ~この旅はこれかもきっと続いていく~

    前作「The Visitors」から39年11ヶ月。約40年ぶりのアルバムは、どこを切り取ってもABBAというサウンドで気持ちがいい内容。大分待たされましたが、長く楽しめる1枚になることは間違いありません。

  • ラブライブ! School idol project:LIVE with a smile! ~ずっと一緒に~

    21年12月31日 ぴあアリーナMMにて、Aqours、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会、Liella! 3組合同で開催されるカウンドダウンライブのテーマソング。愛と笑顔と感じる、正にタイトル通りの特別な歌です

  • Ava Max:The Motto ~それはこれ以上ないくらいに楽しむこと~

    今作は単独での音源ではなく、オランダのDJ Tiësto (ティエスト)とコラボによる楽曲。強烈なインパクトはないのですが、ジワジワときます。これからの彼女の表現する幅も広がるでしょうし、楽しみが増えました。

  • Green Day:Holy Toledo! ~そのまま迷わず行っちゃえばいい~

    サプライスリリースされるのは、アメリカのコメディー映画「Mark, Mary & Some Other People」への提供曲。これが面白い世界観を持った曲。ポップな"らしい"メロディーに、自虐的。そこに前向きさがあります。

  • Slipknot:The Chapeltown Rag ~そこに何もありはしないのに…~

    間もなくと予告していた通り、リリースされた新曲。実に"らしい"サウンドでありながら、時には救いであったとしても、依存による怖さを表現。新たな始まりとして、バンドがより面白くなっていくことを予感させます。

  • 追出やす子:浪花の恋のペアルック ~バチバチはあなたとだけ~

    うらみちお兄さんから、うたのお姉さん多田野詩乃(CV:水樹奈々)。過去に追出やす子として活動していた時にリリースしたのが、この曲。まんま演歌なのですが、通常とは異なる世界観に大人はグッときます

  • 上坂すみれ:生活こんきゅーダメディネロ ~余裕をちょうだい! ~

    タイトルからして面白い吹っ飛びソング! お金がないことを、これだけ楽しい音ににして歌うのは珍しい…。思いの他に深さがあります。また、カップリングを含めて通して聞いた時ほどに、真価を発揮する1枚です。

カテゴリー一覧
商用