いま無性に学びたい! 法政通信
読者になる
住所
出身
ハンドル名
Tさん
ブログタイトル
いま無性に学びたい! 法政通信
ブログURL
https://californiadream011.hatenadiary.com/
ブログ紹介文
法政大学の通信教育課程の経済学部経済学科に在籍するおっちゃんです。 語学もやろうと思っています。
自由文
-
更新頻度(1年)

8回 / 127日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2019/05/17

Tさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,844サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 21 0 7 28/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
英語ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,663サイト
英語学習者(中年) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 112サイト
大学生日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,268サイト
通信大学生(法政大学) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17サイト
サラリーマン日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,442サイト
勉強しているサラリーマン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 247サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 61,840位 64,596位 54,594位 48,177位 45,102位 50,820位 48,147位 974,844サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 21 0 7 28/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
英語ブログ 713位 756位 683位 625位 564位 623位 599位 10,663サイト
英語学習者(中年) 20位 22位 21位 19位 19位 20位 17位 112サイト
大学生日記ブログ 193位 204位 176位 144位 131位 152位 145位 11,268サイト
通信大学生(法政大学) 10位 11位 11位 8位 8位 9位 8位 17サイト
サラリーマン日記ブログ 467位 499位 439位 384位 322位 347位 318位 11,442サイト
勉強しているサラリーマン 11位 11位 9位 8位 7位 7位 6位 247サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,844サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 21 0 7 28/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
英語ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,663サイト
英語学習者(中年) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 112サイト
大学生日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,268サイト
通信大学生(法政大学) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17サイト
サラリーマン日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,442サイト
勉強しているサラリーマン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 247サイト

Tさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Tさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Tさん
ブログタイトル
いま無性に学びたい! 法政通信
更新頻度
8回 / 127日(平均0.4回/週)
読者になる
いま無性に学びたい! 法政通信
  • 前期メディスク結果「ミクロ経済学B」「労働法」

    前期メディアスクーリングの結果が出ていた。「ミクロ経済学B」 A+「労働法(働き方に関する法ルール)」 B 「ミクロ経済学B」は、中間リポートと試験。 中間リポートはWordで提出するのだが、グラフ作成が難しかった。経済学で使用する曲線はマイクロソフトは用意してくれないし、標準インストールのままで、基本図形の挿入とオブジェクトのグループ化を駆使して、自分が書きたい図を作り出した。 苦労の甲斐もあって、中間リポートは20/20と満点であった。 試験は、去年後期の「ミクロ経済学A」で基本用語をさっぱり理解しないまま受験した苦い経験を踏まえ、今回は基本用語を中心に試験対策をした。方法は、初学者向けの…

  • スクーリングで不合格・・・((( ;゚Д゚)))

    前期週末スクーリングの「経済学特講」(ゲーム理論)の結果が出ていた。 D だった。 やってしまった、という感じだが、講義を聞いて面白く感じたものの結局身についていなかったようだ。 次回、ゲーム理論の時に再チャレンジ予定。 再来年かな。まだ在籍しているはず。 それよりもまだ今年度は1単位も取得していない。 メディスクは落ち着いて視聴することがあまり得意ではないので、今年度中にリポートを1つ頑張ろうと思う。今年度の目標は8単位(それでも厳しいか)。 ちなみに残り54単位もある。

  • 試験会場にて・・・(2019年7月度)

    昨日は単位修得試験だった。 試験は1月以来だったので実に半年ぶり。2科目試験の会場は大きく45分前に到着したが、通路側はほとんど埋まっている状態。スクーリングと違って、教室は人が多いのにしーんとしていて皆さん勉強をされていた。受験科目や学部もさまざま、年齢もさまざま。70歳ぐらいの男性がラインマーカーを引いたテキストを何度も確認されていたり、今風の20代ぐらいの人が、付箋をいくつも貼った本と資料を貼ったノートを真剣に見比べていたり。 生涯学習の人もいれば、大学資格が必要な人もいるだろう。しかしみんな試験準備に余念がない。 勉強している姿って美しいと思ってしまった。 ところで自分が受験した科目に…

  • 週末スク『経済学特講(ゲーム理論)』終わった・・・

    日曜日3回(12コマ)の週末スクーリングが終わった。先生は、週末スクーリングでおなじみの我妻靖先生。早稲田の博士課程を出られている優秀な若き経済学者で、好青年な先生である。 今回はゲーム理論で、まさに先生のご専門。昨年のスクーリングではマーケットデザインの話も面白かったが、今回も、経済学は人の行動を予測する大変興味深い学問という認識を深めた。授業の中で紹介のあった坂井先生の本だが、新書は読んでいないが、「決め方の経済学」という本は読んでいたので、授業とも関連があった。 授業内容は私にはなかなかレベルが高かったが、授業では、できるだけ専門用語をかみ砕いて易しい説明をされるのに苦労されていた。これ…

  • TOEICが大学入学共通テストから撤退らしい

    2020年度の大学入試の英語民間試験導入の件は、それなりに関心を持ってニュースを追ってきた。2020年度――つまり2021年1月のセンター試験(共通テスト、というらしい)から、英語については民間の資格・検定試験を活用することになっている。 そんな中、TOEICが共通テスト参入から撤退したという報道があった。 TOEICの問題からして、高校生が取り組むには馴染まないと思っていた。たとえばマーケティングチームの人事異動や、悪天候による高速道路の迂回方法のアナウンスや、出版記念パーティーとか、どれも高校生が積極的に学ぶべき内容ではないからだ。だからTOEICが大学入試から撤退したのは、理由はともかく…

  • 英語の勉強

    上期はレポートを出していないので、単位は2~4単位取得予定の超スローペース。 それで普段何をやっているかと言うと英語の勉強。 一度900点を取得すると、安定的にこれ以上を目指したくなる。 TOEICの魔力は合否ではなくスコアで示されるのでモチベーションが上がる。 仕事で英語を使うことは実はそんなに多くない。メールでの問い合わせぐらいで、会話の機会は全くない。 勉強も自分が伸ばしたい分野中心だ。 日常英会話のレッスンは苦手。海外旅行もしないので旅先やショッピングでのスモールトークを練習しても仕方ないと思っている。 自分が必要な英語は、まずニュースやネットでの情報を正しく読み取ったり聞き取ったりす…

  • 週末スク 経済学特講(ゲーム理論)

    週末スクーリング「経済学特講」の二日目。 内容はゲーム理論。 先週の初日の後半から難しくなりそうで、理解を深める必要が大いに出てきたので終了後慌てて大手書店でテキストを買いに行った。 テキストは 『はじめて学ぶゲーム理論』(船木 由喜彦)。 資料の題材がテキストと合っているので復習には良いと思う。 授業では、次々と組み合わせの検証を行うので慣れるまで大変だ。 パレート最適と支配戦略均衡という一番のメインのところが、実はまだちょっと理解が危うい。これとナッシュ均衡と合わせて定義をしっかり理解する必要を感じた。でなければ、練習問題(テストも?)の意味がわからないという事態に陥ってしまう。 本日終了…

  • 優秀リポートを読んでみた

    最近、勉強をさぼりがち。今年度は一つも単位を取っていない。色々と興味があちこちに飛んでしまうのも自分の良くないところ。 さてそんな中、メディアスクーリングの『労働法』の中間リポートの結果が出た。 「B」だった。 これまで単位を取得してきた科目は簿記やミクロ経済学など、論文以外の形式のものがほとんどで、リポートは微妙に避けてきたので、ここにきて法律科目でやはり力の無さを感じた。 この『労働法』の中間リポートは個別添削はないかわりに、優秀リポートが3つ公開されていた。 これを読んで、やはり優秀者のリポートは素晴らしいな、と思った。 形式も、小見出しとそれぞれの内容が合っていて、しかも読みやすい。専…

  • TOEICの結果が出ました

    3月に受けたTOEICの結果が出た。 スコアは900点。 内訳はリスニング 455リーディング 445 ここしばらく800を切るぐらいだったから、ちょっとほっとした。 ここ2ヶ月ほどTOEIC対策で取り組んだのは、とにかく英文を速く読むこと。これに尽きる。私の場合、「英語で考える」ことなど夢のまた夢なので、問題をちらっと見るだけで文意がわかるぐらいの速度を体感で身につけることにした。 速く読むためにリスニング問題を解いた。 「リスニングで速読?」と思うなかれ。リスニング問題のスピードに合わせて、問題文が始まる前に解答の選択肢すべてに目を走らせて理解しておく、という練習をした。そして問題文が読ま…

  • 2018年度 単位取得状況

    2018年度のカリキュラムがすべて終了した。 結果は以下の通り。 種類 科目 結果 単位 単修 経済史A B 2 単修 経済史B C 2 単修 簿記Ⅰ A+ 2 単修 簿記Ⅱ A+ 2 単修 簿記Ⅲ B 2 メディア 経済学入門A A+ 2 メディア ミクロ経済学A B 2 メディア 国際経済論B A+ 2 GWスク 経済学特講/大平先生 B 2 週末スク 経済学特講/我妻先生 A 2 夏スク 社会経済学A B 2 夏スク コンピュータ入門 A 2 合計 24 私は年に12単位を目標にぼちぼちと取得していきたいと考えていたが、2018年度は初年度ということもあり、ちょっと頑張りすぎたかもしれな…

  • 後期メディスク結果

    ようやく後期メディアスクーリングの結果が出た。 「国際経済論B」 A+ 中間・期末リポートともに設題は講義レジュメからではなく、応用問題だった。リポート試験はそれなりに出来たという手応えはあり、久しぶりすぎるA+だった。講義では、リカードの比較優位や囚人のジレンマとか、面白い内容だった。 「ミクロ経済学A」 B 途中、何度もあきらめそうになりながら、結局最後まで続けた。 講義は数式やグラフが多く難しかった。それまで、ミクロ経済学はマンキューの本を読んで理解したつもりになっていたが、指定教科書とマンキュー本とはまるで違う内容だったので、あわてて丸善に行ってミクロ経済学関係で参考になりそうな書籍を…

  • メディスクに追われます

    メディアスクーリングを3科目受講している。 なんとか中間リポートは全部出し、結果も出た。 中間リポートの評価は 国際経済論B A+ ミクロ経済学A 19/20 日本文芸研究特講・中世 B+ (B+というのがありなのかわからないが、確かにそのように画面上で確認できる)。 さぁ、これから1月の期末リポートと、単修に向けての追い込みだが、12月は忙しくてほとんど見られていない。3科目合計でおそらくまだ15コマ以上は残っている。 年末年始返上で見なければいけない。集中講義だと思って、1日3~4コマ見ても間に合うかどいうか・・・。

  • 11月単修結果「経済史B」

    11月の単修結果が出た。 経済史B・・・C 受験したのは1科目だけで、12月度は申請していなかったので危なかった。 詰めが甘かったのだろうし論述方法もまずいのだろうか。 レポートも微妙な結果だったし、試験は2度目。 ネット上の評判では難関科目とは書いていなかったが、なかなかの難関だった。 ちなみに先生は通信教育学部長。さすがに、もっと勉強してから試験に臨むべきだった、と反省。 この科目は日本経済史。このあと学習予定の日本経済論等の関連科目で引き続き勉強していきたい。 californiadream011.hatenadiary.com californiadream011.hatenadiar…

  • メディスク中間リポート結果(国際経済論B)

    メディアスクーリングの中間リポートの結果が、わずか2週間で発表された。 国際経済論B A+ 中間リポート出題部分までは、ミクロ経済学の基礎だったので、あまり貿易は出てこなかった。 前半が用語を問う問題で、後半が計算問題。 解答も発表されたので、早速答え合わせをした。試験が終わったらすぐ解答を調べたり、答えがあるものは照合するという子供時代からの習慣は、法政通信生になっても健在なのだ。 前半の用語は1つ微妙なところがあり、後半の計算はいずれも正解だった。 計算問題はグラフが与えられていたら誰でも1発でわかるが、数式で書かれていたのがこのリポートの最大の山場だったかもしれない。 私は数式を見た時、…

  • 単修所感「経済史B」(再)

    11月度の単位修得試験を受けてきた。経済史Bの再チャレンジである。 前回の所感はこれ。 単修「経済史B」 - いま無性に学びたい! 法政通信 前回の試験問題はとても難しく、テキストを見ながらでも答えにくいような問題だったため、今回はふっきれて細かいヤマをはるのは止めて、テキストを小説のように通読することにした。経済史Bは日本経済の歴史がメインなので、特に明治維新、関東大震災~恐慌、戦後の復興、あたりを当日の試験直前まで何度も読んだ。リポートが江戸時代だったがリポートの設題と試験問題は必ずしも時代が重ならないことは前回で学習済み。 ノートについては、一応使うのだが、そこにはその日勉強したキーワー…

  • 10月単修結果

    10月の単修結果出てた。 先に同科目の11月受験の予定が出ていたから気づかなかった。 結果。 経済史B・・・D(不合格) 今週末の再受験の準備、間に合うかな。メディアの中間リポートと重なっているからわりと忙しい。 通信教育部長の科目だから、しっかり準備して臨みたい!

  • メディスクを1科目捨てることに

    メディアスクーリングのミクロ経済学A(現代経済学1)だが、あきらめようと思っている。 中間リポートよりも、講義ごとの小テストがクリア出来ないので次の講義に進めない。 穴埋め式で用語を入力するだけなのだが、前に書いたように、ちょっとしたことで不正解になってしまう。 californiadream011.hatenadiary.com 求められる解答も、言い換えができそうな一般用語だったりするし、送り仮名や「・(ナカグロ)」の有無で不正解になるようで、検証するのが大変。 採点するために、また一から答えを全部入力しなければいけないのも時間がかかる。 用語選択式にして欲しいところ。 中間リポートはテキ…

  • メディスク:ミクロ経済学A(現代経済学Ⅰ)の基礎問題の解答が・・・

    メディアスクーリングのミクロ経済学A(現代経済学Ⅰ)、やっと第4回分まで見た。構成は、第1回 講義第2回 基礎問題(3部構成で解答時間60分)第3回 講義第4回 基礎問題(3部構成で解答時間70分) ここまで講義は2回。 2回の基礎問題はそれぞれ3部構成で穴埋め式。 1部終わるごとに採点ボタンを押し、7割できなければ2部に進めないという仕組み。3部とも合格したら、次の講義へと進めることになっている。この基礎問題はどれも6~7割は取れるのでちょっと見直しをすると次に進めるのだが、満点が取りにくい。合格点が取れても間違えたところが気持ち悪いので、満点が取れるまで何度もやり直しをするが、これが難しく…

  • メディスク:国際経済論

    メディアスクーリングで各科目中間リポートの課題が発表されている。 この中で、国際経済論Bの提出期限が一番早いことがわかった。 この科目、まだ1回も見ていなかったが、ネットで見ると、世間ではもう中間リポートの話題で持ちきり(?)なので早速見始めた。やっと第3講が終わったところ。 ふむふむ、まだ貿易には踏み込まず、ミクロ経済学の復習だった。 前期にメディアや市ヶ谷スクーリングでいくつかミクロ経済学関連の入門編を受講しており、そうした段階を経ているためか、これまでのところ、この国際経済論Bもついていってる。 グラフを多用する科目は、慣れも必要なのだろう。 資料を全講義分に目を通したが、後半は難しそう…

  • メディアスクーリングはスローテンポで・・・

    メディアスクーリングを始めているが、なかなか進まない・・・。 仕事から帰宅すると、1講の半分まで見るのがなんとか。 3科目きちんと終わるだろうか。 「ミクロ経済学A(現代経済学Ⅰ)」は第2講の基本問題を解答したところだ。 「日本文芸研究特講 ・ 中世(平家物語)」は、第4講まで視聴。 この平家物語はなかなか面白い。先生が原文を朗読し、そのあと訳出がある。 古文の文法の説明はあまりないが、用語や背景の説明が詳しくわかりやすい。 中間リポートは第9講まで進まないといけないので、この週末に頑張ろうと思う。 後期はメディア3科目中心になるが、統計学Aはなんとかリポートを仕上げたい。

  • 単修「経済史B」

    経済史Bの単位修得試験を受けてきた。 テキストはほぼ全部に目を通したつもりだったが、問題を見た瞬間「嗚呼、玉砕」という感想。 リポートの部分を中心に準備勉強をしたが、違う時代が出題された。 それでも市ヶ谷まで受験に来たので白紙棄権もどうかと思い、10分ほどじっと構想を考えたのち、勉強した部分から派生するような内容で時間内頑張って15行ほど書いて提出。 試験後にすぐに校内のベンチでテストの解答をテキストで調べてみた。すると、設題の意味が、自分の解答した内容とはまるで違っている内容だった。しかも歴史的背景を思いっきり捏造しており、採点者がひと目見ただけで「それ、そもそも違うだろ」という内容だった。…

  • メディスク「平家物語」(第一回)

    本日から、後期メディアスクーリングが始まった。まず一番勉強に時間がかかりそうな「日本文芸研究特講・中世(平家物語)」の第一回を受講した。 文学部の科目は初めてなので、とても新鮮だ。講義の最初から、人物名や地方名などほとんど知らない固有名詞ばかりだったので不安を覚えつつも、一回目の受講が終わる頃にやっと慣れた。 祇園精舎の前に、さきに巻一(まきいち)から巻十二までと灌頂巻のざっくりした解説があったのが良かった。軍記物のイメージが強いが、なかなか悲しい物語のようで興味深い。 指定テキストは岩波文庫版なのだが、私はひとまず講談社学術文庫版を入手した。 どちらも全4冊で原文が載っており、解説や注釈も同…

  • リポート結果 経済史B

    経済史Bのリポートが返ってきた。結果は「B」。 先生のコメントの一つに「主語と述語の関係が読み取りにくい」というのがあった。1ヶ月ぶりに戻ってきた自分のリポートを改めて読み直すと、確かに自分の文章ながらとても読みにくい。途中で「あれっ? どういう意味?」と読み返す箇所さえある。文章表現の方法を考えなければいけない。それに理解の浅いところは文章がおぼつかなくなるのでさらに勉強が必要だ。 他に「主張の根拠となる理由の説明が不十分」と指導された。いくつか「?」がついているところは、確かに根拠もなく主観で断定している部分ばかりだった。 単修の勉強も、もう一度よくテキストを読み返して、日本経済史の中のい…

  • 読書好きのきっかけになった本

    私は本が好きである。読むのが好きなのか、本を買うのが好きなのか、はたまた本を読む自分が好きなのか、そこは置いておいて。 自分の読書力は以下のようなところである。 (1)全ページを通して読む本は月に5~6冊、読み終えた本のタイトルはメモしている。(2)一部だけ目を通したりさっと速読ですませる本も月に数冊はある。新書や軽いビジネス書なら立ち読みで読み通せるぐらいの速読はできる。(3)買う本はブックオフを含め年間250冊ぐらい。買ってきたらスマホでバーコードを読み取り蔵書管理アプリに登録している。(4)読むのは通勤電車や待ち時間、それと就寝前で、合計一日90分ぐらい。 とこんな感じである。 ジャンル…

  • 後期メディアスクーリング申請結果

    後期のメディスクは次の3科目に決定。申請した3科目とも許可された。 ミクロ経済学A(現代経済学Ⅰ)国際経済論B 日本文芸研究特講 ・ 中世(平家物語) シラバスを見ると、この「国際経済論B」は国際貿易論で、余剰分析が出てくるので、これも広い意味でミクロ経済学と思われる。ちなみに「国際経済論A」はマクロのようだ。自分はまだマクロ経済学は勉強していないが、ミクロ経済学は各種スクーリングで興味を持った科目である。これまで学んできた基礎をうまく活かせたらいいなと思っている。 他学部公開科目として「平家物語」が許可された!ちなみに古文の知識は高校以来だから、数十年ぶり。ほとんどゼロスタートである。それで…

  • 統計学(最近は高校数学でも習う!?)

    少しずつ統計学の勉強を始めている。リポートが出せるところまでいくかどうかは未知数・・・。 例によって、自分は大学のテキストで勉強を始める前に、高校生の参考書や、易しく書かれた本を探してきて、まずそれを読むことにしている。 高校の学習参考書はどの科目も1冊は持っているのだが、統計学ということで数学の参考書を開いた。 2012年度からの新課程では、高校数学の【数学Ⅰ】で「データの分析」を習うことになっている。そこには、度数分布分析や標準偏差の概念が出てくる。 【数学B】では確率変数や偏差値の計算までするようだ。 いまの高校生はすごいな。 2022年度からの高校学習指導要領は、さらに統計学のウェイト…

  • 成績が一気に発表された

    深夜に成績が一気に発表された。本日発表されたのは次の6科目12単位。 この発表を持って前期は終了した。このほかに4~6月で6単位取得したので合計18単位取得した。 うれしかったのは、我妻先生の経済学特講(ミクロ経済学)でAが取れたことと、大澤先生の社会経済学でなんとかBが取れたこと。 経済学特講(ミクロ経済学)は、メディアの経済学入門を同時に勉強していたこともあって、市場のメカニズムや効率性や市場の失敗について理解が深まり、そのうえ新しい研究分野であるマーケットデザインも面白く、ミクロ経済学やその応用分野はこの先もずっと勉強したいと思うようになった。 社会経済学は、スクーリングのおかげで資本論…

  • 後期の科目取得計画(法政通信の履修のしくみ)

    法政大学の通信は、リポート&試験のオーソドックスな「通信学習」には、「履修届」なるものがない。つまり、いつでもシラバスに載っている科目のテキストを入手して読み始め、あらかじめ年初に決まっている「リポート設題」に取り組んでいきなりリポートを送るというシステムである。 他の通信制大学の多くはおそらく履修届や科目登録をしてテキストの配本を受けてから「さぁ勉強開始」という段取りになって学習が始まるのだと思う。 しかし法政大学の通信学習は、学習を開始することを大学に知らせる必要がないため、勉強に始まりというものが存在しない。試験も年に8回もあるから、「この科目を勉強しよう」と思えばテキストを書店で買って…

  • リポート提出 経済史B

    経済史Bのリポートを投函してきた。 山川の教科書や、ブックオフで250円で買った大学受験の日本史の参考書が概要把握にとても役にたった。 リポートの設題にあげられている参考図書や指定テキストと比べると、高校では、地租改正が村落共同体を崩壊させ資本主義が進むきっかけになったということは触れないのだな、と思った。 リポート作成や試験が近づくと、それらとは関連のない本を読みたくなるのは昔からの癖。 今回も経済史Bを勉強しながらこんな本を読み切った。 『「欲望」と資本主義』(佐伯啓思) 西洋経済史を学ぶと、必ず貿易の活発化がヨーロッパの市場経済システムを発展させたと習う。 ところがこの本は、私の雑な解釈…

  • 「経済史B」の勉強開始

    やっと「経済史B」に取りかかることにした。「経済史A」は西洋経済史だったのに対し、「経済史B」は日本経済史である。 はるか昔の自分の高校時代は「世界史」か「日本史」のどちらか1科目を選択し、その科目を2年間学ぶことになっていた。自分は世界史を選択した。だから日本史の知識は中学校どまりで、かなりあやふやだ。 そのため、日本経済史上、かなり重要だと思われる幕末から明治維新の知識を補うため、指定テキストのほかに、山川出版社の教科書シリーズと、ちょっと視点が変わっている明治維新についての読み物で知識を仕入れている。学校での歴史の勉強と言えば、時代を区切って時系列に政治・経済・戦争・外交・文化を覚えてい…

カテゴリー一覧
商用