住所
出身
ハンドル名
仲右衛門さん
ブログタイトル
漢養舎の本棚
ブログURL
https://blog.kanyousha.jp/
ブログ紹介文
子どもたちの心を育て養うのにいいと思った本や絵本を紹介しながら、自らの思いや感じたことなどを綴ります。
自由文
-
更新頻度(1年)

1回 / 9日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2019/05/15

仲右衛門さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 05/26 05/25 05/24 05/23 05/22 05/21 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 961,298サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,719サイト
絵本・児童書 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 896サイト
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65,196サイト
子供への読み聞かせ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 284サイト
教育ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,280サイト
道徳教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16サイト
今日 05/26 05/25 05/24 05/23 05/22 05/21 全参加数
総合ランキング(OUT) 91,003位 91,003位 91,432位 91,800位 91,940位 91,931位 69,013位 961,298サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 715位 715位 749位 751位 755位 751位 513位 12,719サイト
絵本・児童書 57位 57位 62位 62位 60位 58位 39位 896サイト
子育てブログ 6,389位 6,389位 6,455位 6,444位 6,477位 6,471位 4,997位 65,196サイト
子供への読み聞かせ 16位 16位 17位 17位 16位 15位 10位 284サイト
教育ブログ 883位 883位 894位 899位 902位 872位 550位 9,280サイト
道徳教育 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 16サイト
今日 05/26 05/25 05/24 05/23 05/22 05/21 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 961,298サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,719サイト
絵本・児童書 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 896サイト
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65,196サイト
子供への読み聞かせ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 284サイト
教育ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,280サイト
道徳教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16サイト

仲右衛門さんのブログ記事

  • ええことするのは ええもんや!

    作:くすのき しげのり絵:福田岩緒発行所:株式会社えほんの杜 出版社からの内容紹介:がっこうからの帰り道。くるまいすで動けなくて、困っているおっちゃんに出会ったマナブ。ちょっとそこまでと、くるまいすを押してあげているうちに、道行くみんなに「りっぱやわ!」「えらいわねぇ」と言われて…。「ともだちやもんな、ぼくら」の3人組が、ボランティアについて考えます。褒められるのって気持ちいい。でも、ええことするのって、感心されたり褒められたりするため? この絵本を読んで:永平寺の前貫首・宮崎奕保禅師が「善いことをしていて、善いことをしているという意識がない。それが本当の善いことなのです。」ということをおっし…

  • おてんとうさまがみてますよ

    作:山本省三絵:日隈みさき企画協力:靑谷洋治出版社:PHP研究所 出版社のまえがき:「おてんとうさまがみていますよ」ぼくがいたずらをしていると、ママがこのごろいうくちぐせ。おてんとうさまって、わるいことばかりじゃなくて、いいことしててもみてるのかな? この絵本を読んで:そう言えば、自分も子どもの頃、母にそう言われていたことを懐かしく思い出しました。また、誰からも評価されず、つらい思いをしているときなどに、「おてんとうさまがちゃんとみてくれてる」と、自分で自分を励ますことも多々あったように思います。おてんとうさまがいったい何なのか、太陽とみるのか、それとも神様や仏様とみるのか、はっきりとした答え…

  • その手に1本の苗木を マータイさんのものがたり

    作:クレア・A・ニヴォラ訳:柳田 邦男出版社:評論社 訳者まえがき:この絵本は、アフリカの女性として初めてノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイさんの伝記です。マータイさんは、ケニアの環境保護運動家で、「モッタイナイ」という日本語を、環境と資源を守る合言葉として世界に広めていることで、日本でも広く知られています。 「モッタイナイ」という言葉が、マータイさんの心をとらえたのは、自然の恵みに対する感謝の気持ちまでがその言葉にこめられているからでした。経済的な成長・発展にばかり熱中して、モノを粗末にしてきた日本は、いま何がいちばん大事なのか、価値観の転換を迫られています。この困難な時代に、マータ…

  • ピノキオ 国際版ディズニー名作コレクション13

    文・解説:とき ありえデザイン:坂井美穂編 集:斎藤妙子発行所:株式会社講談社 とき ありえさんによる解説:『ピノキオ』の原作は、演劇評論家として活躍したイタリアのコッローディ(1826~1890)による児童文学です。本当の勇気とはなにか、良心に従うことの大切さなど、主題はたいそう教育的ですが、木のあやつり人形が動くという設定は文句なしにおもしろく、説教くささを感じさせないお話となっています。 ピノキオが誘惑にまけて遊びくらすのも、説教のためのエピソードというより、じつはお話の中でもっともわくわくするところであり、悪の楽しみを本の中で味わうということが、逆にまっすぐな心を育てるという、教育的な…

  • ありがとうございます

    作・絵:塚本やすし発行所:株式会社冨山房インターナショナル 出版社からの内容紹介:“ありがとうございます”を言ってみよう!感謝をすることの大切さに気づかせてくれます。朝、起きてから寝るまで、出会ったものや、したことの すべてに、「ありがとうございます」と言ってみましょう。小鳥、太陽、朝ごはん、歯ブラシ、お花、子犬、ねこ、砂、土、 ちょうちょ、雨、かさ、クレヨン、おじいちゃん、おかあさん、 おとうさん、おばさん、おにいちゃん、月……。とても、気持ちがよくなりますよ。 この絵本を読んで:とにかく、まずは何にでもありがとうと言おうというところがいいなあと思いました。最初は、心からありがとうという気持…

  • 大きな木のおくりもの

    作:アルビン・トレッセルト絵:アンリ・ソレンセン訳:中井貴惠発行:あすなろ書房 出版社からの内容紹介:一本の木の生、死。そして新しいいのちの誕生。一本の木が自然界のサイクルの中ではたす役わりをみごとに描いた絵本。 この絵本を読み終えて:一本の木がどのようにして生まれ、育ち、朽ち果てていくのかが具体的にわかりやすく描かれていると思いました。そして、この一本の木が自然界のサイクルの中で果たす役割を描くとともに、そのためには、アリやミミズといった小さな虫たち、キノコやカビ、更には、季節の移り変わりや台風などの自然現象が果たす役割もまた欠かせないものであることも描かれています。この絵本を読み終えたあと…