chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
さいたま自死遺族の集い*星のしずく https://saitama-hoshinoshizuku.amebaownd.com/

大切な人に自死(自殺)で先立たれ深い悲しみの中におられる方へ。 埼玉県さいたま市内で『自死遺族の集い』を自死遺族だけで運営しています。

ポピー
フォロー
住所
さいたま市
出身
未設定
ブログ村参加

2019/05/13

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 癌サバイバー85

    今回の悪性腫瘍(乳癌)のことで、故郷の父に電話をしました。実家の近くに住んでいる私の妹からある程度聞いていても、本人の口からあらためて明かされると、また違う心境になったと思います。「……ほぅ~……」重

  • ★いのちと心を守る講演会~他リンクページ更新のお知らせ

    ◆自死・自殺に向き合う僧侶の会 *毎月第4木曜日13時~15時、奇数月はオンライン、偶数月は対面の集いです。  ※事前予約制 *亡き方へのお手紙  開封せずにお経をお勤めしお焚き上げする「虹のポスト」

  • 為す術ひとつ

    優柔不断な私にとっては、ある意味良かったのだろうと思うしかありません。11月7日… ここまでの病理検査結果に基づいて、担当医から治療についてのお話しがありました。その間ネット検索をチラリ。本当にチラリ

  • 11/12 自死遺族等の総合支援さいたま研修会*共催、参加報告

    11月12日(土曜日)、さいたま市の大宮で『自死遺族等の総合支援のための研修会』を、主催『全国自死遺族連絡会』・共催『さいたま自死遺族の集い*星のしずく』で開催致しました。参加者は20名様、連絡会理事

  • 第30回 星のしずく*自死遺族の集い開催報告

    衣替えした秋服が少し暑いと感じる陽気のさいたま市内で、11月5日(土曜日)、第30回『星のしずく』自死遺族の集いを対面で開催しました。 参加者様は、お子様、パートナー様、親御様を亡くされた方々。計28

  • 一寸先は光

    実は、このところ続いていた眩暈。わりと血の気の多い私が眩暈続きだなんてなんだろうなぁと、更年期にまつわる症状の一つだろうかと思っていましたが(それもあるのでしょうが)、その原因の大元が判明しました。身

  • 12/3 手のり地蔵アートワークへのご案内

    『手のり地蔵』アートワーク開催のお知らせです。

  • 【第30回】星のしずく*自死遺族の集いへのご案内

    2022年11月の集いは対面です。◎集いは現在、奇数月は対面で、偶数月はオンラインで開催しています◎日 時 *2022年11月5日(第1土曜日)    *13:30~16:00(受付13:15より)場

  • 10/15 秋の高尾山~散策会~開催報告

    10月15日(第3土曜日)、星のしずく散策会を行いました。参加者12名様(うち散策会初参加は6名様)が、東京都八王子市にある『高尾山』に、当初の予定より早く9:30集合。ケーブルカーを使う、ゆるりハイ

  • 彼の世と此の世の、わかちあい

    私は本来インドア派です。インドア派でした。お家の中で何か作ったり描いたり、空想に耽ったり、物語を綴ったり。数日間外へ出なくとも程良く楽しめる。猫の額ほどの自宅花壇のお花を眺めたり、それだけでも十分満た

  • 第29回 星のしずく*自死遺族の集い開催報告

    10月は2日間オンラインのわかちあいの集いでした。10月1日(土曜日)11名様、途中参加1名様。10月2日(日曜日)6名様。うち初参加者は4名様でした。パートナー、子ども、兄弟姉妹を亡くされた方々が集

  • ちむとんとん(豚豚)のする方へ

    このお彼岸連休は台風14号~15号の影響で断続的な雨に見舞われていたので、ほとんどお家の中で静かに過ごしていました。久々に「これでもかっ」というほどニャンズを撫でまわしながら瞑想→うたた寝→目覚めると

  • 10/15 秋の高尾山*散策会のご案内

    『星のしずく』散策会のお知らせです。わかちあいの集いに参加されたことのない方でも、自死のご遺族(パートナーは婚姻関係不問)の方は参加可能です。

  • 四季咲きの桔梗

    故郷の実家、玄関の壁には、とても小さな油彩画が飾ってあります。生前、私の母が習い始めた油絵教室で描いた習作の一つ。たぶんキャンパス1号Pサイズ(220x140)←1番小さい0号の次くらい。

  • 篝火

    9月10日(土曜日)、今年で15回目となる全国自死遺族フォーラムに参加するため、早朝から東京の新橋に向かいました。午前中は会場準備を少しばかり手伝わせていただき、各地の自死遺族自助グループを運営してい

  • 第28回 星のしずく*自死遺族の集い開催報告

    蒸し暑さがなかなか抜けない雨上がりの曇り空の下、さいたま市内で9月3日(土曜日)、第28回『星のしずく』自死遺族の集いを対面で開催しました。 参加者は計26名様。お子様、パートナー様、親御様、御兄弟姉

  • 星のしずく*自死遺族の集い開催報告過去ログ一覧

    【2022年前期開催報告過去ログ】第20回わかちあいの集い第21回わかちあいの集い第22回わかちあいの集い3/27アートワーク『今心桜*臨床美術~板に描く桜』第23回わかちあいの集い4/30アートワー

  • テスト投稿です

    AmebaBlogと連携不具合ぺージ修復中のテスト投稿です

  • 8/28 紡ぐ光の物語〜第5章 アートワーク開催報告

    星のしずくアートワーク『紡ぐ光の物語〜第5章〜虹*空キャンドル』を、8月28日に桶川市民ホール・さいたま文学館『響の森』で開催しました。参加者様12名、遺族当事者スタッフと講師さんを含め、計16名の会

  • 光の御一行

    実家の二階には、床の間のある十二畳×二間続きの和室あり、その襖を開放して、お盆帰省中に私は寝泊りしていました。(自分が昔使っていた洋室もありますが、そこは我が子たちが帰省中に寝泊りするのに使っていたの

  • 空、海、大地、そして

    2022年夏の故郷の海は、有ちゃんが先立ってから…6年目にして初めて、驚くほど穏やかに迎えてくれました。

  • 秋桜便り早々に

    実家の近くにある霊園から、生前の有ちゃんの器が納められている基地便り写メが昨日届きました。送り主はmailやLINE等…弄れない実父ではなく(^_^;)、うちの主人です。8月10日からお盆休暇をとり、

  • 第27回 星のしずく*自死遺族の集い開催報告

    8月は2日間オンラインの集いを開催しました。8月6日(土曜日)8名様。(途中参加された方1名様)8月7日(日曜日)10名様。うち初参加は3名様でした。自己紹介で一巡後、当事者ファシリテーターさんから、

  • 祭り囃子を空に聴く

    感染症に罹り、十日間お家で『堂々と』ゴロゴロしていました。こんなことでもないと、ありえない贅沢な時間。とはいえ三日間は高熱と喉の痛み、下痢で、病人らしく隔離部屋でうだうだしていましたが、その後は。。。

  • 晩夏

    炎昼や蚊の出ぬうちに草むしり(2022年7月24日)

  • うちは曹洞宗ですが

    私の実家は仏教の曹洞宗であり、檀家になってます。(そこまでに至る経緯は…そういえば聞いていないです) ⇒仏教宗派等について(ググりました汗)実父が本家の長男であり、幼い頃に日本から移り住んでいた満州で

  • 永遠の夏を抱いて

    2016年の夏。亡き娘、有ちゃんが、この世での『器』を駆使して過ごした最後の夏でした。6年前に、あの子が選んだ夏のニューアイテムの中に、デニム生地に貝殻等…海を感じさせるプリント柄が施してある、夏バッ

  • 第26回 星のしずく*自死遺族の集い開催報告

    例年よりとても早い梅雨明け以降猛暑続きのさいたま市内。それでもこの日は少し気温は落ち着き… とはいえ30℃は軽く超えた蒸し暑い夏日、7月9日(土曜日)第26回『星のしずく』自死遺族の集いを対面で開催し

  • 8/28 紡ぐ光の物語~第5章~アートワークへのご案内

    星のしずくアートワーク『紡ぐ光の物語~第5章~虹*そらキャンドル』開催のお知らせです。

  • 7/2古代蓮の里~散策会~開催報告

    7月2日(第1土曜日)、星のしずく初の散策会を行いました。参加者7名で、埼玉県行田市にある『古代蓮の里』を訪れました。全国的に記録的な猛暑日が続いていましたが、余裕をもって時間前に集合した参加者メンバ

  • 墓バナ

    故郷の実家で、一人暮らしをしている実父から、真夜中に電話がありました。3年以上前、全身をカミナリで直撃されたかのような激しい痺れの発作で倒れた父。以来、認知症の母の介護ができなくなったため、母は施設へ

  • Graduation2015.3.24

    今年も本格的に暑くなってきましたね。今日もさいたま市は35℃軽く超えそうです。パートのお仕事合間に、こまめに水分補給するためのミニ水筒(ポケトルよりはワンサイズ大きめ)は日々大活躍。

  • 7/2古代蓮の里*散策会のご案内

    自死遺族コミュニティ『星のしずく』初の散策会を開催します。わかちあいの集いに参加されたことのない方でも、自死のご遺族(パートナーは婚姻関係不問)の方は参加可能です。

  • 雨の日*パーラーで

    梅雨入りして、ここのところよく思い出す、あの日。一ヵ月前の5月、ゴールデンウィーク中のことです。あの日も朝から雨が降っていました。久々に、故郷の八戸から、私の実妹夫婦が東京都内のホテルに宿をとり遊びに

  • 第25回 星のしずく*自死遺族の集い開催報告

    6月は2日間オンラインのわかちあいの集いでした。6月4日(土曜日)9名様。6月5日(日曜日)8名様。うち初参加は2名様でした。オンラインでは、人数や立場別等で特別グループ分けはせず、一画面での分かち合

  • 心の灯

    1年7ヵ月ほど前にAmebaの記事で、天(おそら)の娘様への想いをカタチにしていた、いつかさんのキャンドルがアップされたのが出会いのキッカケでした。以来魅せられ、自身の悲しみにしょぼくれた心を小さな灯

  • 靄に差し込む光

    どうにも上手く言い表せないけれど、もやもやと頭の片隅にいつの間にか居座っている疑問…?はてなマークの事柄に光が差し込むように、サクッと言い放ってくださった方々に最近立て続けに出会えました。とはいえ、直

  • 汗と涙と湯気と空

    平日休み、特別用事がなければ、もしくは瞑想したい気分のときには、大抵私は家から最寄りのスーパー銭湯に行きます。(スーパー銭湯といえば、ふと“純烈”が浮かぶ)ささやかな癒やしのリラックス&デトックスタイ

  • 第24回 星のしずく*自死遺族の集い開催報告

    前日から朝方まで続いていた雨が上がり、気温がぐんぐん上昇してきた5月14日の午後、さいたま市の武蔵浦和コミュニティセンターで、星のしずく*わかちあいの集いを開催しました。参加者は19名様。うち初参加者

  • 有ちゃんの薔薇と姫子豚

    茎の一部がバラシロカイガラムシにやられてしまい、去年より蕾のつきが良くなかったのですが、今年も有ちゃんの薔薇が咲き出しました。小学生の時に、学祭の出店で買ってきてプレゼントしてくれたピンクのミニ薔薇。

  • 星のスティックを胸に

    2017年1月、有ちゃんが自ら還ってしまってから、最初の5月5日『こどもの日』のことでした。四十九日以降、忽然と消えてしまい、探していたあるモノが見つかったのです。事後直後、有ちゃんの部屋のテーブルの

  • 4/30 紡ぐ光の物語〜第4章 アートワーク開催報告

    感染症拡大の状況により、今年2月から延期になっていた星のしずくアートワーク『紡ぐ光の物語〜第4章〜光の鼓動*雪解けキャンドル』を、4月30日に開催することができました。参加者様12名、遺族当事者スタッ

  • 絵と言葉のチカラを得て

    Amebaの絵画ハッシュタグ検索から、たまたま作品を閲覧するに至り、それ以来惹かれて私のほうからフォローさせていただいていたブロガーさんが、2つの絵画展公募に作品を出展、この春どちらも見事入選したとの

  • 第23回 星のしずく*オンライン自死遺族の集い開催報告

    偶数月4月は、ZOOMを使ったオンライン2日間の集いでした。4月9日(土曜日)参加者7名様。4月10日(日曜日)参加者10名様。うち初参加の方は2名様。二日間とも特別グループ分けはせずに一画面で、当事

  • “有ちゃん”の生と死

    娘が自死で先立ったあの日、無言で帰宅した亡骸を目の前に、まるで宇宙人に遭遇したように、私は呆然とその姿を見つめていました。登校後、敷地内で絶ち、救急搬送先の病院で既に対面は果たしていたものの、ちゃんと

  • 画中画の天使

    ――“本当”の姿は隠されていた。――キューピッドがそばにいた。些かセンセーショナルなキャッチコピーで、CM等でも広報されていた絵画展。2022年1月22日―4月3日、東京都美術館で開催していた、『フェ

  • 3/27 今心桜*アートワーク開催報告

    星のしずく主催のアートワーク『今心桜』〜臨床美術〜板に描く桜を、3月27日(日曜日)に開催しました。参加者10名様、当事者スタッフ&講師さんの計13名が、さいたま市大宮公園に隣接している施設会場に集合

  • 追憶

    5年ぶりに通院し出した、かつて亡き娘 有ちゃんと通っていたご近所の歯科医院で、歯石取り中に虫歯を3箇所見つけられてしまいました。(痛みがないうちに、次回から治療に入ります)………………そして実は、この

  • 3/27『今心桜』〜板に描く桜〜アートワークへのご案内

    2022年3月27日(日曜日)『今心桜』〜板に描く桜〜アートワーク開催のお知らせです。

  • 第22回 星のしずく*自死遺族の集い開催報告

    日中最高気温が20℃近くまで上昇した3月12日(土曜日)さいたま市で、第20回『星のしずく』自死遺族の集いを対面で開催しました。 参加者は計20名様。うち初参加の方は5名様。どなたを何時頃亡くしたのか

  • しあわせな世界

    春一番。(だったと思います)生暖かい強風が吹く三月のはじめ先週末、JR有楽町駅から徒歩五分ほど、壱番館三階『ギャラリー桜の木 銀座』で展覧会中の「UNDER50」展 日本の美、凛々と。を鑑賞してきまし

  • 夢のつづき

    亡き子 うちの有ちゃんは、暇さえあれば手当り次第、目についた紙に、またはお絵描きボードに、何かをひたすら描いていました。まるで呼吸でもしているように。それをしていないと生きていけないかのように、描くこ

  • 静かな待合室

    先日2月10日、娘が先立ってから5年ぶりに、生前一緒に通院していた歯科医院に行くことができました。待合室の内装にそれほど変化はなかったものの、コロナ禍が影響して、ちびっ子スペースのカーペットがシックな

  • 第21回 星のしずく*オンライン自死遺族の集い開催報告

    偶数月はオンラインでの集いを二日間開催しました。2月5日(土曜日)9名様。2月6日(日曜日)9名様。うち初参加の方は3名様。簡単な自己紹介で一巡、グループ分けはせずに、両日とも一画面で集いをスタートさ

  • はははのはなし

    この表題から、あの絵本だなと、すぐに分かった方々も多くいらっしゃると思います。絵柄がダイナミックで、伝えたいことそのまんま、わかりやすい、あの絵本です。 こんなふうに虫歯は悪化するんだぞ~ 痛いんだぞ

  • 紡ぐ光の物語*アートワーク延期のお知らせ

    紡ぐ光の物語~第4章~『光の鼓動*雪解けキャンドル』アートワーク開催のお知らせです。

  • 博多通りもん

    亡き子、有ちゃんが小学生の時にオンラインゲームのチャットルームで出会い、数年間文通等でも交流を続けていた心友、奈美さんが、初めて我が家に遊びに来たのは、2017年1月のお正月(冬休み)でした。明るくて

  • 【東】北の国から

    有ちゃんの命日翌日、故郷の霊園に向けて早朝出発したはいいものの、途中郡山駅で強風大雪のため、ポイント点検があったらしく、約5時間強、東北新幹線他停滞してしまい、遅延だけでなく運休便も出るとのアナウンス

  • 青天真冬日

    1月12日、あれから5回目の、うちの娘 有ちゃんの命日でした。有ちゃん繋がりのブロ仲間さんのメッセージから知ることになった、シンガーソングライター優里くんの『かくれんぼ』という切ない失恋ソング。姿が見

  • 第20回 星のしずく*自死遺族の集い開催報告

    全国的に真冬日が続いていますが、朝からすっきりと晴れ渡り、陽射しが有り難いと感じた1月9日さいたま市内で、第22回『星のしずく』自死遺族の集いを開催しました。参加者は計21名。うち初参加の方は2名。自

  • 小雪デート

    昨年一月もブログで書いていたとおり、ずっと恒例行事にしていた大宮の氷川神社初詣に、事後からは家族四人で行くことはなくなりました。それでも、自宅に小さいながらも神棚を設置しているので(私には棄てるのも可

  • 歩み初め2022

    コロナ禍になってから、集い会うことのできなくなっていた遠方のご遺族たちに、新年早々1年2ヶ月ぶりに再会できました。大切な人に先立たれ、ショックの嵐の中をやっとの思いで這って向かった遺族会で出会った、謂

  • Well−being 自然に帰ろう。

    憔悴しきっていたのを舐めてました。自発的に色々と取りかかっていたこと、そのための地固めも必要なこと、けれど進まないどころか長期戦になるであろうこと、そんな最中での想定外の悲しみ、訃報。特に悲しみに向き

  • 赤い服の女の子

    予知夢というのでしょうか。二十年ほど前、とても悲しい夢を見ました。真っ赤な服を着た女の子が、ある日忽然と姿を消すという、恐ろしく物悲しい夢。たとえ夢であれ、押し寄せてくる不安に耐えられなくて、ハッと目

  • 心身の悲鳴を知る

    先月、11月の下旬に、私は二つの発作に襲われました。どちらも初めて体験する異常で、予兆などなく突然でした。平日、パート先から帰宅後いつものごとく夕飯の支度をしていると、突然立っていられない感じになり、

  • 第19回 星のしずく*オンライン自死遺族の集い開催報告

    2021年ラストの『星のしずく』自死遺族の集いは、オンラインで二日間行われました。12月4日(土曜日)6名様。12月5日(日曜日)9名様。うち、初参加の方は2名様でした。思い出さない日はないけれど、寒

  • 11/28 紡ぐ光の物語~第3章~アートワーク開催報告

    自死遺族の集い『星のしずく』主催のアートワーク『紡ぐ光の物語~第3章~憩いのひだまり蝋ランタン』を11月28日(日曜日)に開催しました。クリスマスムード一色に染まり、華やぐ街並み。そんな都会の喧騒から

  • 祈星-きらり-

    先日、パート先の職場に向かうため、いつものバスに乗ると、ぱっと見、空席がなかったのは分かったのですが、並んで乗り込んだ列の流れに押されて、最後部席まで車内通路を上がっていくと、5人は座れる長椅子にデデ

  • 星空のデュエット

    今日、私が生きている時点で。後にも先にも『音楽』を聴くことができなくなったのは、我が娘が生きて動く姿が、この世で見えなくなってしまったときだけでした。4年10ヶ月前、一時的とはいえ『音』を『楽』しめな

  • 第18回 星のしずく*自死遺族の集い開催報告

    清々しい青天に恵まれた11月6日(土曜日)、久々に施設会場で対面の集いが開催になりました。参加者は20名様。うち初参加の方は2名様。どなたをいつ頃亡くしたのか、簡単な自己紹介のあと、4グループに分かれ

  • 囲炉り

    あの日、娘が自ら天(そら)へ還ってしまってから、明日をも…いや、たった今、一秒先でさえ生きていることが苦痛な時期がありました。息も絶え絶えとはよく言ったもので、まさにその状態が続く日々。そういえば、記

  • 夜寒の暖触

    居間を片付けていると、隅に置いてあった書類ボックスの中に、A4サイズのクロッキー帳を見つけました。なんとなく… どきどきしながら中を開くと、やっぱり… 予想通り、絵を描くのが好きだった亡き子のものでし

  • 秋霖恋バナ日和

    娘が見えなくなってしまってから、私が使い続けている彼女の持ち物の中に、雨傘があります。かれこれ五年は使い続けているので色褪せてはきましたが、小ぶりで軽くて細身、なのにけっこう頑丈な作りなので重宝してい

  • 浜菊と白浜と親子三代

    『2015年の秋の欠片』を見つけたのは、娘が亡くなった数日後のことでした。ベッドの枕元に置かれていたモノクロブーキャラのポーチ(ポピー)の中から、あの日の波音を伴って、それは現れました。

  • 第17回 星のしずく*オンライン自死遺族の集い開催報告

    偶数月は、ZOOMを使ったオンライン二日間の集いを継続中です。10月2日(土曜日)参加者6名様。10月3日(日曜日)参加者11名様。うち、初参加の方は2名様。二日間ともグループ分けはせずに一画面で、当

  • 近影(4年8ヵ月前)

    私が見た、この世て生きて居た最後の娘の姿を描きたいなと、ある時から思うようになりました。冬の日の朝、いつも通り学校へ行くときの、いつもと変わりない会話、出がけの挨拶を交わしたときの、振り向きざまの、あ

  • 11/28 紡ぐ光の物語*アートワークへのご案内

    10月10日 紡ぐ光の物語~第3章~アートワーク開催のお知らせです。※感染症拡大の状況により延期になる場合もあります。(延期の場合12月12日を予定しています)

  • ケアできない“悲しみ”

    第14回全国自死遺族フォーラム(2021年9月10日)の参加報告です。今年は仙台で開催とのことで、関東方面から参加されるご遺族様と仙台駅で合流し、開催会場ビルへ向かいました。

  • もういいかい?

    「もういいんじゃないの」つい先日、夜、寝しなに夫がぼそっと言いました。(今現在、亡き娘の部屋に二人で寝ています)というのも、家の中で一番快適な部屋だということがわかったからです。九の字の広めにとった広

  • 第16回 星のしずく*オンライン自死遺族の集い開催報告

    感染症拡大の状況から、9月5日に予定していた施設会場での集いを中止にしまして、ZOOMを使ったオンライン二日間の集いになりました。9月4日(土曜日)参加者10名様。9月5日(日曜日)参加者7名様。立場

  • 障害とレジリエンス

    土日祝は(パートの)仕事が休みである私は、朝から家事をしながらTVニュースでパラリンピックのライヴ番組を流していて、ふと、気になったワードとインタビューがありました。『レジリエンス』ざっくりいうと、困

  • 波乗り帰郷

    2021年も、禍中のお盆帰省になりました。けれど新幹線は去年のすっからかん状態とは違い、普通に座席が埋まっています。通路挟んで隣の座席のお若いパパは、幼子を抱っこしながらマスクをずり下げ、漬けサーモン

  • 「I'll be right here.」

    昨夜は風が強めのさいたま市でしたので、(少し早いですが)迎え火ということで、お気に入りのキャンドルたちにあかりを灯して、お盆パーティのためにいつもより明るめに亡き娘と亡き実母のお迎えをしました。とはい

  • 第15回 星のしずく*オンライン自死遺族の集い開催報告

    偶数月はZOOMを使ったオンライン二日間の集いでした。8月7日(土曜日)参加者12名様。8月8日(日曜日)参加者6名様。うち、初参加の方は1名様でした。パートナーを亡くされた方、兄弟姉妹を亡くされた方

  • 8/1紡ぐ光の物語〜第1章〜アートワーク開催報告

    自死遺族の集い『星のしずく』主催アートワーク『紡ぐ光の物語~第2章~ラグーン*ジェルキャンドル』を8月1日(日曜日)に開催しました。参加者様12名、遺族当事者スタッフ3名と講師まりーさんの計16名の会

  • ゆめねこリンク

    洋菓子 周五郎『ゆ め ね こ』

  • 息継ぎ、そして生き継ぎ

    久々にさいたまから少しだけ北方面へ、県マタギ利根川を越えてランデブー。亡き娘繋がりの仲間たち数名と一緒です。とはいえ、ヽ(^o^)丿ひゃっほー息抜き~というより、『息継ぎ』という言葉の意味合いのほうが

  • 第14回 星のしずく*自死遺族の集い開催報告

    梅雨明けを控え、蒸し暑い日が続いているさいたま市内。7月11日(日曜日)、第14回 星のしずく*自死遺族の集いを、浦和コミュニティセンターで開催しました。参加者は21名、うち初参加の方は4名でした。自

  • 遠い星をかぞえて

    二年前の、少し肌寒い七夕の夜のことでした。数日間、小雨が降り続いていて、その日も曇り時々雨。梅雨明け前の、星の見えない夜に、彼らはやって来たのでした。玄関に、小さなまん丸いモノが二つ。夜半に帰宅した長

  • 偏見や差別意識について

    娘の自死から四年と数ヶ月。その間、私自身が直接『自死に纏わる』偏見や差別意識を感じるような出来事は、全く無かったというわけでもないのですが、それほど心を傷めることなく過ごしてこれたのは、ありとあらゆる

  • 8/1 紡ぐ光の物語*アートワークへのご案内

    8月1日 紡ぐ光の物語~第2章~アートワーク開催のお知らせ

  • 6/20紡ぐ光の物語第1章アートワーク*開催報告

    自死遺族の集い『星のしずく』主催で、アートワーク『紡ぐ光の物語~第1章~ボタニカル*アロマ*ジェルキャンドル』を6月20日(日曜日)に開催しました。参加者様10名、講師さんと遺族スタッフ3名、計14名

  • 梅雨空のもと

    水遊び 後背比べ 立葵(みずあそび のちせいくらべ たちあおい)梅雨時、よく目につく草花の中に、立葵があります。先立った娘が、元気にご近所を走り回っていた頃、下手の横好き私の趣味の一つに、俳句や川柳、

  • 第13回 星のしずく*オンライン自死遺族の集い開催報告

    偶数月はZOOMを使い2日間のオンライン開催でした。6月5日(土曜日)参加者13名様。6月6日(日曜日)参加者8名様。うち、初参加の方は3名様。二日間ともグループ分けはせずに、一画面の中でわかちあいの

  • 約束の夏

    生前の娘と出会い、この世で生きた姿を共有している親友さん二人と、少し先の予定を立てました。納骨された故郷(八戸)の霊園墓地に、一緒にお墓参りに行きませんか? という計画です。今年のお盆、事後から四年と

  • 月の唄を聴く

    亡き娘が生きて居た頃、よく美術館に連れていきました。近場の美術館はもちろん、少し遠方の美術館へも。絵画鑑賞だけでなく、体験型で絵画や物作りを楽しめるワーク付きのイベントにも参加したり。いつだったか、池

  • 誰も悪くない

    過去ログ『さよならの理由』他でも述べてきましたが、亡き娘は中学校敷地内(授業時間内)での自死であったため、学校職員の方々や生徒たちの他、学区内・地域住民の方々にも早々に知れ渡ってしまい、事を隠すという

  • 顔晴れ動画

    ここ数日、わけがあり、亡き娘の動画をチェックしていました。写真は見れるけれど、動画は見れない。写真は見れないけれど、動画は見れる。どちらも無理。どちらも平気。様々なご遺族がいらっしゃると思います。私は

  • 第12回 星のしずく*自死遺族の集い開催報告

    新緑の美しい季節、日中さいたま市内は29℃前後まで気温が上昇し、初夏を通り越すような蒸し暑さになった5月9日(日曜日)、第12回 星のしずく*自死遺族の集いを、武蔵浦和コミュニティセンターで開催しまし

  • ゆうちゃんの薔薇2021

    📷娘が自死で先立ってから五回目の五月も、玄関先でニッコリ微笑んでくれているピンクのミニ薔薇です。

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、ポピーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ポピーさん
ブログタイトル
さいたま自死遺族の集い*星のしずく
フォロー
さいたま自死遺族の集い*星のしずく

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用