住所
出身
ハンドル名
Ukeyさん
ブログタイトル
淡々と、かつ着々と。
ブログURL
http://reyu.hatenablog.com/
ブログ紹介文
19卒で新卒入社した会社を一週間でやめた! 退職を考えてる、仕事を辞めたい人達に元気を与えるブログにしたい!…なんて大言壮語を放つ気は一切ない! そして最終的に収益化でぐへへ。と愚の骨頂に登ろうとしている22歳です。
自由文
-
更新頻度(1年)

7回 / 11日(平均4.5回/週)

ブログ村参加:2019/05/13

Ukeyさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 05/23 05/22 05/21 05/20 05/19 05/18 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 961,058サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 0 0 0 0 20 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,711サイト
読書日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,895サイト
就職バイトブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,312サイト
既卒者の就職・就職活動 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 113サイト
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,996サイト
ことば 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 433サイト
今日 05/23 05/22 05/21 05/20 05/19 05/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 67,369位 68,487位 68,527位 63,026位 52,073位 49,284位 55,181位 961,058サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 0 0 0 0 20 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 575位 602位 604位 541位 384位 343位 393位 12,711サイト
読書日記 164位 165位 163位 145位 105位 94位 106位 2,895サイト
就職バイトブログ 90位 94位 90位 81位 60位 59位 67位 3,312サイト
既卒者の就職・就職活動 3位 3位 3位 3位 3位 2位 3位 113サイト
ポエムブログ 318位 317位 319位 295位 238位 223位 247位 5,996サイト
ことば 14位 15位 14位 14位 10位 10位 12位 433サイト
今日 05/23 05/22 05/21 05/20 05/19 05/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 961,058サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 0 0 0 0 20 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,711サイト
読書日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,895サイト
就職バイトブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,312サイト
既卒者の就職・就職活動 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 113サイト
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,996サイト
ことば 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 433サイト

Ukeyさんのブログ記事

  • 「名探偵ピカチュウ」を観て。やりすぎはキモい

    就職博お疲れさまでした。 就活アカのフォロワーの人も結構来てたみたい。もしかしたらすれ違っていたかも。 既卒文系の札を首に下げていたら私だと思ってくれて間違いない。 21日から三日間にかけて行われていた合説。その中でも一番興味深かったのは自衛隊のブースだった。 正直入隊意識は全然ないのだが、お話を聞くだけ聞こうと顔を出して話を聞いてみると流石「公務員」、結構条件はよかった。 ただ職務内容については…うーん、あえて深く言及はしない。体育会以外の部署も結構あるみたいだけど永年陰キャ促進文系大臣の私には合わないかな。 それでは、今回の合説でお話を伺った企業の総評を… なんてかましていたら、どこの誰に…

  • 「労働からの解放」は正義なのか。

    今回は少し愚痴みたいな感じです。 退職して早くも一ヵ月経った。時の流れるのは早い。 仕事をしないぬるま湯に浸かっている分にはなにも苦労することはない。 ただ「刺激」はないし、「経験」も「実績」もなにもない。ついでに「お金」もない。 そんなナイナイ尽くしの自分に甘言は近寄ってくるのだった。 「入社1か月で退社!⇒この挫折を糧にアフィリエイトに挑戦⇒月収三桁万突破!」 「趣味はサーフィンとダイビング♬副収入で第二の人生大成功!」 「人生で幸せになれる方法は一つ!労働からの解放!」 いいねぇ。最近、成功者達から凄くフォローされるんだよね。流石人生の勝ち組、俺がまだ発揮できてない隠れた才能を見抜いてそ…

  • 5月に読んだ本をまとめましょう

    4月後半から現在(5月中旬)に読んだ本紹介 こんにちは。 しばらく書いてなかったブックレビューを久々にやろうかなって思った。ふと。 きっかけは平山夢明のDINERを読み切ったから。読積してた本の中でも特に気になったやつだったし、読み始めたら面白くて二日で読んでしまったから、勢いそのままキーボードを叩いている。凄い頭疲れてるけど。 『愛とためらいの哲学』岸見一郎 『嫌われる勇気』で一躍人気になったアドラー…を専門とする心理学者岸見一郎氏。 全世界待望のアドラー(を中心とした)恋愛哲学書がPHP新書から発刊された。 哲学とタイトルにあるが、けしてアルケーとかプシュケーといったカタカナ語でマウントを…

  • 映画「愛がなんだ」を見て。まさにそれは愚かすぎる幸せな関係

    「愛がなんだ」ってんだ。 邦画は終わってるとよく言われる。 確かに顔の彫りが浅いアジア人はアベンジャーズになれないし、CGの技術はポケモンを実写化できるほどないし、かといって誰も望んでいない実写化を炎上商法狙ってるのかなってクオリティで公開するし。 とは言っても、評価できる作品も存在していることを忘れてはいけない。 邦画は「終わってる」のではなく、「終わりかけてる」かまたは「終わってる作品もある」と言うべきである。(アニメ映画はなかなか好調) そんな「終焉に片足を突っ込んでる」邦画界にも煌々と光り続けるジャンルがある。 恋愛映画である。 まぁ考えてみれば確かに一定の人気を持つべくして持つジャン…

  • タピオカデビュー

    タピオカデビュー ほんと今更だが、タピオカデビューをした。(約二週間前) 今までミーハーな流行を嫌ってきた私のタピオカ童貞を奪ったのは池袋の「TOKYO NO.1茶房」 公式サイトはなかったのでレビューサイト⇩ https://ikebukurogu.com/taiwan-food/tapioka-milktea/tokyono1-chabo.html タピオカとはトウダイグサ科のキャッサバの球根から製造したデンプンのことだ。(wikipedia参照) 堅苦しい説明文だが、見た目は意外とキュートでまるで川に沈むカエルの卵みたいだ。というと全国のJKに叱責されるだろう。 その黒くて丸いツブツブし…

  • 5月後半に行われる既卒、転職者向け合説をまとめました。

    「最近キモくてよくわかんないエッセイばっかだから有意義なこと書いてよ」 と言われそうな今日この頃。 確かに。 ということで今日は! 5月後半に行われる既卒、転職者向け合説紹介! (↑このデザインなんかアフィリエイトっぽくてよくない?) やります。まぁ自分が知り得た情報を独断と偏見で適当に書いていくだけだからあんまり期待しないでね。 ほんとは目次とかつけたかったんだけど、やり方わかんねーから、また今度! 5月18日(土) アクセスNEXTキャリアフェア https://job.ac-lab.jp/nextcareer/fair/ ~概要~ 19卒&転職者向けの合同説明会。一番サイトがシンプル。 …

  • 隣の芝が近すぎる!

    愚痴の掃き溜めTwitter Twitterのアカウントはリア垢と退職垢の二刀流でワイワイやっているのだが、後者のアカウントはその性格上愚痴が多く流れてくる。 もちろん自分もその垂れ流しの愚痴をオロオロ吐いている一人である。 ただ不思議なもので不特定多数に向けた負の独り言であっても「ツイート」というボタンを押すだけで心が軽くなることがある。ファボがもらえると何も解決してないのに謎の達成感と嬉しさを感じる。これが承認欲求… こうして同じ境遇の仲間が集まり、孤独感をやわらげ、見えない一体感を手にする。 とてもいい時代になったなと思う。 だからこそ、ネット史以前の昔の人(っていうと怒られるんだろうけ…

  • 日曜の昼は銀座に行こう

    澄み渡る青空は都心に似合わないと思うのは自分が天邪鬼だからだろうか。 労働から解放される(ことが比較的多い)日曜日。 快晴すぎる天気。 こんな日はわけもなく「今日いい天気だよね」と独り言ラインを送りたくなってしまう。なんてかまちょなんだろう。 そんな休日の昼。 私はGINZAに降り立った。 by丸の内線 特に用事はない。 が、家で悶々と妄想を文章化するのも飽きたし、だからと言って近所を散歩して満足する歳でもないし… ちょっとお出かけしようかなというインドア派らしからぬ気持ちに突き動かされてしまい、金がない(そして収入もない)くせに銀座に来てしまった。もちろん買い物をする気もない。 相変わらず銀…

  • その正論は誰のため。

    気づけば市民権を得ていた職業Youtuber。 好きなことで生きていくの代名詞Youtuber。 やってみたないなYoutuber。 ところで今もっとも話題になっているYoutuberをご存じだろうか。 「ゆたぼん」である。 「はぁ、誰だよ」と記事を閉じかけたそこの人に説明しよう! 現役小学生Youtuberゆたぼん。 某海賊を思わせる麦わら帽子がトレードマーク。笑顔で自らを少年革命家と名乗る。 彼は同じ不登校の小学生を元気付けるために日々活動を怠らない。両親の協力も得ながら、現代教育に真っ向から立ち向かう… 時は令和一年!!! 小学校という支配空間に嫌気がさしたゆたぼんは、教育というベールに…

  • 「GWは楽しかったです」というお話

    今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」 奇跡の十連休が息を引き取りワーカー達の阿鼻叫喚が聞える中、のうのうとブログを更新する私めをお許しください。 どうでしたか十連休。 私は基本的には飲みに飲みに飲みに行ってました。 「仕事ないくせによくそんなお金あるね」と冷ややかに言われますが、ぜひ大学四年生の俺を褒めてやってください。 ありがとう貯金してくれて… ま、飲み会が多かったわけですが、そこにいるのはいつものメンバーではない🙅‍♂️ 中学高校卒業以来会ってなかった旧友たちと、このGW再会を果たしたのだ。 思い出話に花を咲かせつつ、くだらないネタで盛り上がり、一息つく間も無く人生について真面目に語…

  • これまでの生活を振り返ろうと思う(バイク編)

    「バイクって危ないじゃん」 大学1年生の俺はそう言った。 まさか今バイクに乗ってるなんて。 出会いはふとした瞬間♫ 帰り道の交差点で♫ 声を掛けてくれたね〜♪ 「ついでにバイク取ればいいじゃん」 運が良いのか悪いのか。仲良かった友達がバイクに乗り始めた頃、ちょうど私が車の免許を取ろうとしていた時期でした。 「なんか誘われたし、ついでにバイクも取っちゃうか」的なテンションで取得してしまった普通自動二輪運転免許。 しかし当時は免許はとっても、バイクを買う気はさらさらなかった。 だってバイクの値段高いし、怪我怖いし、死にたくないし。 実際価値のある資格でもないし、資格欄を埋めることができる簿記三級み…

  • GW1日目!

    ハローワークが空いてねえええええ! もう遊ぶしかない。 そんな勢いで始まった私のGW。 初日だった昨日を振り返ります。 午前中は本を読んでいました。 今読んでるのは平山夢明「異常快楽殺人」です。 異常快楽殺人 (角川ホラー文庫) 作者: 平山夢明 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 1999/08/10 メディア: 文庫 購入: 9人 クリック: 156回 この商品を含むブログ (34件) を見る 平山夢明はほんと残酷な描写がうまいですよね。これは実在した大量殺人鬼を書いたノンフィクションなんですが、なかなかにうん、なかなか。 外で読むときはカーバー必須です。外で読みたい内容でもな…

  • 死にて成長を感ずる

    父方の祖父が危篤状態になった。 そろそろ危ないと聞いていたが、秒読み段階に入ったようだ。 人生なにがあるか分からない。 この言葉は嘘である。 絶対的に分かっていることが唯一あるではないか。 人は必ず死ぬのである。 どんな聖人でも悪人でも可愛くても不細工でも金持ちでも貧乏でも…どんな道筋を辿るのか知らないが行き着く先は必ず死である。 私は幸せなことにこの年を迎えるまで身内の死を経験してこなかった。 両親どちらこ祖父母も存命どころか元気いっぱいだった。 しかし死が見える位置に来たことによって私はすごく動揺している。 それもそうだ。私はしっかり22年も生きてきたのだ。22年分の記憶があり、経験がある…

  • 初任給

    これから何度も給料は貰うことがあれど 初任給は人生一度きり。 私の初任給 22780円!!! 最高の五桁だよね。暗証番号にしたいくらいお気に入り。 と言ってもさっさと記憶からも履歴書からも消し去りたい会社からの給料なんぞ早く使い切ったるわ! ということで使ってきました。今日は平日!どこも空いてるぞ! まずは、ジム。 2時間400円の区が運営しているジムへレッツゴー!(400円) いつもなら水筒に水を詰めていくけど、今日はジムの受付でアミノバリューを買っちゃうもんね!(150円) ジムに定期的に通い始めて約1年。 1番デブってたころから10kgも痩せましたよ。筋トレ⇒有酸素運動の黄金式。私が保証…

  • 大学主催の既卒向け説明会にて

    4年間通って、一度も入ったことがない教室に入ってしまった。 本日23日は待ちに待った?既卒向け説明会。会場は走ることと食堂で有名な某大学。 少し遅めに到着し、大教室に入ってみるとビックリ。50人くらいの同士が既に席についていた。男女比は7 3といったところだろうか。男が多め。 説明会の内容は主に既卒に向けた支援サービスの紹介だった。 今回紹介されたのは以下の四つである。 ①DODA新卒エージェント(https://doda-student.jp/) 「プロと一緒に行こう、あなたにとってのNo.1企業へ!」 ちなみに人材紹介業界ではNo.2!! (1位はお馴染みリクルート) 教育のベネッセと人材…

  • 就活の恰好

    この時期の就職支援室は午前中から喧騒に包まれている。辺りを見渡せば、清潔感を前面に出した黒いの髪と黒いスーツの大集団が蠢いている。 「まるでアリの巣だな」 そんな光景もある意味一種の風物詩だ。 その有象無象の中に一人、目を引く存在がいた。 真っすぐと伸びたストライプの線はまるで一意専心とした彼の生き方を表し、全身を染め上げる紺色は「落ち着き」「重厚感」「信頼感」を醸し出す。 スーツ自体は…ほほう、なるほど。あれは半額が定価でお馴染み洋服の〇山が展開するプライベートブランドの新作PT-9だ。三代目 j soul brothers(私は岩ちゃんが好きです)をCMに起用し、スーツの常識を超えたストレ…

  • 高齢化問題を抱えて生きていく僕たち。

    4月19日お昼時。ショッキングな事故が起こった。 87歳が運転する車(プリウス)が歩行者10人をはね、そのうちの2人(3歳の子供と31歳の母親)が亡くなったのである。 速報時点で「重体」と報道されていたため、察してはいた。ただ実際に死亡報道を聞いた時には心が痛んだ。 重体・・・脳や内臓に大きな損傷があり生死にかかわる状態 重傷・・・命に別状はないが、全治30日以上を必要とする状態 加害者と思われる男性は87歳。高齢ドライバーと言って差し支えは全くないだろう。 ネット上ではこの男性がエリートだか上級国民なんだか言われているが、今回私はそのことに関して言及する気は一切ない。 なぜなら私は法律や報道…

  • 土日は暇である。仕事はまだない。(平成について)

    今週のお題「平成を振り返る」 平成8年生まれの私にとって「平成」という元号は母のようなものである。 何度も書類に「平成」と書いた。 何度も「え、ここって西暦で書くべき?」と悩んできた。 何度も平成何年か曖昧になった。 特に20年を超えてから曖昧になってきた。 何度も『平成生まれ!?若いねぇ!』ともてはやされてきた。 何度もHに〇してきた。 そう平成は母親のようにいつも傍にいた…… ってほどでもねぇな。 そんな平成も終わりを迎えようとしているらしい。 特にこれと言って思い出も愛着もないのだが、平成終焉と聞くと一抹の不安を覚えるのは私だけではないはずだ。 言わずもがな、みなも危惧しているであろう……

  • 区役所での成長

    国民年金と国民保険の手続き期限が迫っていた。 私はネットで色々調べていた。すると… 任意継続は社会保険の管轄です。手続きを行う際は、お住まいの住所地を管轄する年金事務所で、「健康保険任意継続被保険者資格取得申出書」、また扶養家族がいる場合は「健康保険被扶養者届」を提出します。 (引用 https://5kuho.com/html/taisyoku.html) くどい!返り点どこ! と漢文が彫られた石碑と勘違いするような字面。 読むのも嫌になっちゃうし、専門用語モリモリで情報伝達する気ないだろとイライラ。どこのサイトもこんな感じでした。 無知と無気力な自分が悪いと自戒しつつも、分からないんだから…

  • 悩んだ時の自伝本

    人はいつも道に迷っている。 頭に描く地図はあるけど、向いている方角や、自分の現在地が分からなくなり路頭に迷い続けてしまう時がある。 そんなときに一つの指標となってくれるのは「自伝本」 今日は自称読書家(読んだ内容は翌日に8割忘れる)私が悩める人達におすすめの自伝本をオススメしたいと思います! それではどぞ! 俺か、俺以外か。 ローランドという生き方 作者: ROLAND 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2019/03/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 今一番知名度があるホスト、ローランド。 彼の半生を振り返りローランド誕生の秘話から、「世の中には二種類の男し…

  • 気を付けろ!求人票情報!(当たり前田の基礎知識)

    昨日のプレビュー数 291… Twitterの力凄い… 今まで鍵アカ専用だったのでこれはこれは… ほんと読んでいただきありがとうございます。 拙い文章だとは自覚してますが、多くの人に自分の言葉が届いていると思うと嬉しくて嬉しくて…これが自己顕示欲の向こう側…? ではでは今回は引き続き、「就職」をテーマに「求人票に書かれた情報」について語りましょう。 (結構当たり前のことを堂々と書くので無利益な時間になってしまうかもしれません) 今回は以下の豪華三本仕立て。 気を付けろ、給料の内訳と伸びしろ 少人数精鋭の聞こえの良さ 労働時間と残業代のトリック を独断と偏見込々で書いていこうと思います。 つまり…

  • 人酒を飲む、酒酒を飲む、酒人を飲む

    お酒がおいしい。そんな言葉も似あう年頃になっただろうか。 今日も一人グラスを傾ける。そのグラスを真っ赤に染め上げているのは頂き物(退職祝い)のボジョレーヌーボー「べレール」 ワインは特段好きというわけではないが、一人誰もいない家で孤独の旨味を含みながら喉をお通り抜けていく渋み、そして鼻腔に広がる芳醇な香りをじっくり嗜むのは嫌いじゃない。 さて日曜日。明日は平日という日らしい。俗世から一歩外れてしまった私にとって曜日の概念など取るに足らない価値観の一つに過ぎない…ああこのキャラで書くの飽きたわ。 桜の前に仕事が散るという大事件を起こして早一週間が経とうとしてます。 みなさん、お騒がせしました。私…

  • 退職しました。

    退職しました。 入って一週間(会社にいたのは厳密にいうと4日間) 違和感で始まり、失望感と孤独感で二足歩行をしてた短き営業職。 まぁ、仕方ない(^^♪ 部長(50代)に向かって言いたいことは全部言ったし、ついでに人事課の重鎮にも毒を吐いたし、そして全てを否定されたから思い残すことはない。 俺「自分が何の仕事をしているのか説明がほしい」 部長「そんな疑問を持つことがおかしい。上に言われたことを愚直に行え」 俺「なぜ連日放置されているのか」 部長「みんな忙しいから仕方がない」 俺「教育制度が整ってないのはどうしてか」 総務「どこの会社も教育制度は整ってない。教育制度がしっかりしている、そんな会社は…

  • 友人との飲み会にて🍻

    久しぶりに高校の友人のジョッキを酌み交わした。 その友人との飲むのは約2年ぶり2回目。 当日は池袋に集合し、まずアルコールを胃にぶち込む前になんかよくわからんラーメンでお腹を満たした。アツアツのとんこつラーメンを食している最中になぜか友人から説教をされる。味に集中させて… しかし再開早々説教されるこの流れ、2年前と一緒で微笑ましく思った。 その後2年前と同じ大手チェーン鳥貴族へ。 席に着けば勝負開始。今と昔の話題を交錯させながら、お互いおしゃべりなので会話のキャッチボールを超えたドッチボール。 しかし酒の進みと比例するように散逸していった話題は、ポテトフライを食べ終えるころには一つの話題に収束…

  • 関西一人旅で思ったこと。

    いつも旅をするときは隣に友がいた。 ツイッターを通して各々のスポットは解説したのでここでは総評として自分が感じたことを「語り系小説チック」に書き留めておこうと思う。 まず旅行を通して終始感じていたことは、「学生生活の終わり」だ。 平日の夜行バスに乗り込むのはなにも大学生だけではない。雨に濡れたコートを狭いバスの中で体をくねらせながら脱ぐサラリーマン。溜息と共にゆっくりと座に就く。ああ、なんで私は悲観的な気持ちになるのだろう。あの姿が自分の将来像というわけではないのに。 そして目的地大阪に着けば、すれ違う制服姿の修学旅行生。横に広がり、大声で雑談を交わしている。しかし不思議と迷惑と思わない。私は…

  • 香る香

    街中で振り返ってしまうのは、なにも美しい女性に限らない。 奇抜な恰好や不審な動きなど、不可抗力として目を軸にして首が回転してしまうこともある。 そしてまた、香しい人とすれ違った時。目は追わずとも、その香りを追ってしまう自分がいる。 見た目が素敵な人は、外見だけではなく内面もいいとはよく言われます。しかし、そこで留まらない。放つ香りにすら気を使っているんですね。そう気づくと自分の匂いにも敏感になってしまいます。 しかし、不思議なもので自分の匂いってわからない。友だちの家に遊びに行くと「友達の家の匂い」を嗅ぐことができますが、帰宅した時に「自分の家の匂い」を嗅ぐことはできない。 面と向かって人と話…

  • 都立入試

    明日は都立高校の入試が行われる。 紙切れに炭素を塗る。 そんな簡単なことでこの先進んでいく道が大きく変わってしまうなんて、人生は思ってるより薄く脆いのかもしれない。 入試は客観的に点数化され、結果が下される至極平等な戦いだ。そうやって正々堂々戦える舞台は歳をとるごとに狭まってく。したり顔で媚びへつらい、素知らぬ顔で他人を蹴落とす輩が評価される社会はなんと見苦しいものか。 だからこそ学生のうちは平等の評価を受け入れ、また平等の評価に苦しむべきなのだ。それは経験や思い出として不平等な社会を生き抜くための血肉になる。 頑張れ受験生。サクラ咲ケ

  • やっぱり恋愛小説は…(一月読んだ本を振り返ろう ver1)

    読書というのは暇に浸れる時に味わえる最高の時間の無駄使いだと思う。 モラトリアムも終わりに近づき、冬の寒さも私と一緒に卒業するのかなと想起させる暖かな日々を送る今日この頃。旅行という予定は立てても、四六時中旅行するとなるとそれは放浪に近いわけで、まぁ特に用事がないときは趣味やら勉強やら有意義な時間の過ごし方をしているわけです。 しかし、今日みたいな早朝からどんより雲一色だとまぁ外に出るのも億劫になり、勉強に勤しむかと思っても「へあ!?租税公課に所得税って入らないんだっけ!?(簿記三級)」と初歩というかほんと第一歩目レベルで詰んでいると、試験一週間前にも関わらずやる気は出てこないわけで。 そんな…

  • パスポート作りました!

    初パスポート!うぇい。 証明写真の写りもそこそこ良くてご満悦。 パスポート受け渡しの時、厳しく本人確認するかと思ったらほんと事務的に終わって草生えた。早すぎて笑うわこんなん。 そのあと久しぶりにプリンスホテルにお邪魔して、1階にあるカフェでくつろぎました。 だけど、ケーキだけだとお腹満たされなかったのでオムライス専門店「卵と私」に移動してもちろんオムライスを食べました。 「失礼します」 その声に気づいて顔を上げると、笑顔のウェイトレスと目があった。その女性は会釈をすると、そそくさと注文の品をテーブルに並べ始めた。時間は昼時、店の中は満席だ。 私は読んでいた本に栞を挟み、バックに戻す。その時同時…

  • やってみなければ分からないこと

    就活が終わった。 長く続いた旅路は一つのゴールにたどり着いた。 達成感など微塵も感じないが、ここでちょっと腰を下ろそうと思う。 そもそも就職活動とはなんだったのか。俺は何と戦っていたのか今となっては分からない。沢山の企業と出会い、そして断り断られ行き着いた先が今手にした内定先だ。 そもそも学生生活で何を得たのかはっきりしてない自分が、何かを具体的な物(ここでは職)を欲するというのはなかなか傲慢な願いであったと振り返る。が、こうして愚かな私を選んでくれた企業があることは大変光栄なことである。 紆余曲折色々あったがこれも運命。この選択を妥協点と言ってしまえばそれまでだが、終着点と言ってしまえば納得…