searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
徒然な毎日よ、ありがとう
ブログURL
https://www.turedure-na-tamachan.com/
ブログ紹介文
専業主婦の徒然な日常で、得てきた経験や思いを綴り、そんな退屈な毎日への感謝を込めたブログです。
更新頻度(1年)

13回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2019/05/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、よしけんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
よしけんさん
ブログタイトル
徒然な毎日よ、ありがとう
更新頻度
13回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
徒然な毎日よ、ありがとう

よしけんさんの新着記事

1件〜30件

  • 夫婦のケンカ。前向きにとらえる。

    先日、ちょっと激しめの夫婦ゲンカをした。 それも、子どもたちのみている前で。 ほんとにほんとに大反省。 きっかけは、いつも同じで 夫の疲労が蓄積されると 家では完全にオフモードになる。 そんな夫にイライラが募る。 バーン!!! 毎回毎回、同じことの繰り返しのケンカのパターン。 そろそろ、改善しなければ。 まず 私の対処法としては 夫の機嫌に自分の機嫌を左右されないということを身につけよう。 いちいち夫の機嫌に反応するのをやめる。 そして、 夫にお願いしたことは 家庭だからといって ネガティブを垂れ流していいという 甘えみたいなものを改めてもらうこと。 仕事では頑張ってポジティブに努めているいる…

  • 家庭はトイレじゃない!!!不快なものを排泄する場所じゃないんだ。

    専業主婦になって、九年目。 小さいころから、家庭を持つのが夢で そして、現実に子どもも二人授かって。 さてさて、 私はどんな家族を作りたいのだろう。 なんとなく、 ぼんやりとあったイメージは みんないつも元気で わきあいあいと笑顔で 団らん。 疲れた体を癒せる場所。 そんな家族を作りたいと そう思ってきたわけだが。。。 今、現在の現実といえば 夫はいつも疲れていて 仕事から帰って、ご飯を食べたら そのままリビングで寝てしまう。 休日も、日頃の疲れなのか 子どもたちとも たいして遊ぶこともなく ゴロゴロしている。 子どもたちは やめなさいといっても やめない姉弟ゲンカ。 片付けなさいと言ってもい…

  • おばあちゃん保育園があったらいいな。

    上の子が小学一年生。 下の子がもうすぐ3歳。 子どもに付きっきりの日々は 8年目になる。 来春には、下の子も幼稚園に入学予定。 そこで、ふと考えた。 どうして、私は専業主婦となったのか。 どうして、子どもを保育園に預けて働こうと考えなかったのか。 初めての子育てで 近くに頼る人が誰もいなかった地域で なにもかも初めてのことだらけで 子どもは自分が育てるもの 育てるべきという思い込みがあった。 そして、 見ず知らずの人に我が子を預かってもらう 勇気もなかったし 自分より若くて子育て経験がない先生ばかりの保育園などは、 どうしても信用できなかった。 でも 自分の母親世代の保育士だったら、 どうだっ…

  • 時間貯金。子どもの素直な吸収力はすごい。

    小学一年生の娘が ある日、 学校から帰ってきたら、 すぐにお風呂に入りたいから 準備しておいてくれる?と言った。 いつもは、パパかママと一緒に入る。 それなのに 一人で夕飯前にお風呂に入ってしまいたいらしい。 どうして??と問いかけてみると 時間貯金したいから!!と。 ん??時間貯金? 夕ごはんを食べたあと、 ゆっくり好きことしたいから 時間貯金したいらしい。 なんて素敵な言葉。 なんて素敵な考え方。 学校の担任の先生に教えてもらったらしい。 子どもは とっても素直で なんでもグングン吸収していく。 そして、とてつもないスピードで成長していく。 それは 良いことはもちろん 悪いことももちろん …

  • やらなければいけないことだけで、毎日がいっぱいにならないように。

    専業主婦だからといっても やらなければいけないこと というのが、たくさんある。 日常的に掃除や洗濯、ご飯支度は もちろんだが 自分の中で しなければいけないと思っている 小さなこと たとえば 植物の水やり 子どものおもちゃの リカちゃん人形のお手入れとか 要らなくなった古布をどうやって リメイクしようか、とか。 そんな細かなことまで やらなければいけないことだ、と 思ってしまう性格なので、 どうしても毎日が やらなければいけないことに 追われてしまう。 今日はなにをしようかなぁ~と ゆっくりお茶でも飲みながら 妄想にふける時間が大好きな私だから 家事に子育てに追われる日々だからこそ もっとそん…

  • ホッと安心できる人ってどんな人??

    私は、どんな人が好きなんだろう。 男女問わず ホッと安心できる 心が癒されるなぁ~という人に 出会うときがある。 逆に なんだか 心がザワザワと モヤモヤとしてしまう人に 出会うときもある。 どんな人にホッとできて どんな人にザワザワしてしまうのか そのことについて 昨日の夜ぼんやり考えていて 自分なりにでた答えがあったので 記録として、ここに綴ろう。 私は 人の顔色の変化に、ものすごく敏感。 人は、いつも、どんなときも ずーーと笑っていられるわけではない。 ときには 悲しいことも 悔しいことも 怒りだったり 色々な感情があるのは当たり前なのだけど。 その感情、 気分のムラみたいなものが 激し…

  • 専業主婦にぴったりかも!?リーンゲインズのプチ断食。

    最近なにげなく スマホをみていたら メンタリストのDaigoの YouTubeチャンネルが気になり 色々とみていたら プチ断食についての動画配信があった。 リーンゲインズのプチ断食というもので 1日の中で なにも食べない時間を 12~16時間作るというだけのもの。 男の人は16時間を推奨 女の人はホルモンバランスの関係もあって 14時間くらいがいいらしい。 結婚し子育てするようになって 朝の時間は本当に慌ただしい。 だけど、3食食べることは 健康の基本と思い込んでいたので バタバタと朝食を飲むように なにがなんでも、食べていたわけだが。 その動画をみて、 朝食を食べなくても なんの問題もないの…

  • 娘の習い事を通じて思ったこと。選ぶ自由。

    娘が小学生になって半年。 最近、習い事を色々はじめて 色々な先生に合う機会がある。 ダンス、お習字、ピアノと はじめたわけだが ダンスの先生は いつも明るく笑顔でハツラツ。 厳しいときもあるけれど とても爽やかなので みていてもとても気持ちのいい先生。 子どももダンスが大好きになって モジモジ系の娘が明るくなって ほんとダンスをはじめて よかったなぁと思っている。 次に習字。 子どもたちのことが大好きな先生。 というより人が大好きだというのが すごく伝わる先生。 会うと、もう話がとまらないくらい あれやこれやと話してくれて そしていつも笑顔。 内気な娘にもなんの壁も感じずに スゥーと入り込んで…

  • 突然、視界がギラギラする。閃輝暗点とは?

    今日の午後 ふと携帯画面をみていると 画面の中心が光ってみえにくい。 あれ?? 光が反射してるのかなぁ? テレビをみても あれ文字が光ってみえにくい? 息子の顔をみても 半分がモザイクがかかったように ギラギラしてみえにくい。 鏡をみにいって 自分の顔をみても やっぱりギラギラしている。 片目ずつみても 目を閉じても そのギラギラがみえる。 おかしい! 急に恐ろしくなって 携帯で調べてみた。 そしたら なんとも ドンピシャな症状があった。 閃輝暗点 センキアンテン と読むらしい。 調べたとおり 30分くらいで症状は消えた。 そのあと強烈な偏頭痛に襲われることが 多いと書かれていたが 私は頭痛は…

  • 季節が変わるとき、空気の匂いに癒される。

    すっかり空気が秋だ。 冬から春になるとき 春から夏になるとき 夏から秋になるとき 秋から冬になるとき 空気が変わる 匂いが変わる 夏から秋に代わるとき レースカーテン越しに ふわりと入ってくる風が とても爽やか。 昨日は レースカーテンを洗濯してみた。 カラッとした空気で そよそよと泳がせておけば あっという間に乾いて 気持ちまでスッキリ。 そんなときに 私は幸せだなぁと 心から思う。 徒然な今日も ありがとう。

  • キャンプデビューにおすすめ!焼き台としても使える、お手入れラクラクのコールマンのファイアーディスク。

    今年の夏、 家族で初めてのキャンプに挑戦。 とりあえず すべてレンタルでお手軽に初めてみた。 私も夫も子どもたちも 大満足で 今後、キャンプにハマりそうな予感。 そこでさっそく 用品を揃えようとなったわけだが ずっとキャンプには興味はあったものの ここまでキャンプデビューが遅くなった理由はただ一つ。 お手入れ、収納が大変そう! 自然の中で、ご飯を作ったり テントで夜を過ごしたり 絶対に楽しいはず。 だけど、終わったあと 後片付けやお手入れ、収納のことを考えると なかなか飛び込めずにいたわけだ。 だけど、キャンプは楽しい!! なんとしてもキャンプがしたい!! ついにキャンプに目覚めてしまった我が…

  • 出会いは未来を作る。星野源の言葉の力、魅力について思うこと。

    星野源が主演の映画「引っ越し大名」の公開がはじまった。 それにともなって たくさんの番組に 番宣で出演していたお源さん。 ワールドツアーも決まり インスタグラムも始めたお源さん。 勢いはとまらない。 そんな星野源は 言葉選びが いつもとても丁寧。 どんなときも 自分の気持ちを相手に しっかり伝えたい という思いが テレビ越しでも 雑誌の文字からも 感じられる。 そのお源さんの言葉で 最近、私の心に一番響いたのが 「出会いは未来」 人との出会いによって 未来は大きく変わっていく だからこそ 星野源は 自分はこんなことが好きなんだってことを 一生懸命みんなに伝えて それに対して いいね!って思う人…

  • 夏休みが終わって、いつもの日常。ほっとする自分に気づく。

    なんだかんだと あっという間に過ぎた 夏休み。 昨日から小学生の娘は学校がはじまり また いつもの日常に戻った。 夏休み中は なかなか家の中も片付かず 子どもたちから 暇だぁ~という圧力を感じるので なにかしら お出かけや 遊びに連れていかなければと ドタバタと気忙しかった。 それはそれで 楽しかったりもするが こうして日常に戻り 2歳の息子くんと ゆっくりお部屋を片付けて 洗濯をし 買い出しに出かける そんな時間に癒される。 毎日の繰り返しの中で 退屈に感じてしまうこともあるけれど きっと私は こうした日常が好きだから なんだかんだと 専業主婦をしているのかもしれない。 徒然な今日も ありが…

  • 家族で初キャンプ。家事、子育てに忙しいママこそ、キャンプに行こう。

    娘の夏休みがスタートした。 毎年、夏休みには なにかしら旅行の計画を立てて どこかに出かけているけど 今年は 初めてのキャンプに挑戦。 といっても 手ぶらでキャンププランといって 食材だけ自分たちで用意して テントや寝袋など キャンプに必要なものは すべてレンタルしてくれるプラン。 キャンプ初心者なので 用品をすべてそろえてしまってから やっぱりキャンプは向いてないね~ なんてことになったらリスクが大きいので。 ということで レッツゴー!! ワクワクしながらキャンプ場に 向かったわけだが 天気はあいにくの雨。 うーん、 残念だったけど これもまさにキャンプだ。 手ぶらキャンプだったので ついて…

  • 闇営業のニュースをみて思うこと。組織は守ってくれない。一つ一つ積み上げた信頼関係こそが大切。

    人は完璧ではない。 失敗することもある。 間違ったことをしてしまうこともある。 今回の闇営業のニュースをみていたら 子どもに これはどういうニュース? この人たちは どんな悪いことをしたの? と質問された。 子どもには この人たちは 悪いこととは知らずに やってはいけないことをしてしまって すぐにごめんなさいができていれば すぐに許してもらえたはずなのに 嘘をついてしまったから こんなに大きな問題になってしまったんだよ。 と説明した。 子どもからの質問に答えながら この闇営業のニュースについて ちょっと考えてみた。 そして 思うことをここに書き残しておこうと思う。 まず 一番によくなかったのは…

  • ベビースターが大好き。家事の合間にザクザク食べてストレス解消。

    私は、一度ハマると、 ずーっとハマり続ける性質。 その一つが、 このベビースタードデカイラーメンの チキン味。 どれくらい食べてるか もうわからないけど、 確実に100個以上は食べてると思う。 このベビースタードデカイラーメンの 魅力は、 なんといっても味。 飽きない。 全然飽きない。 そして、ドデカくなってくれてることによって、あのパラパラと散らかってしまう煩わしさもなく、 そして、ポテチなんかは手がベタベタしてしまうけど、これはサラッとしていて手も汚れない。 それから、ドデカくしたことによって、食感が素晴らしい。 ザクザクとザクザクと 病みつきになってしまう。 家事の合間に 子どもたちの目…

  • ブログに自分の描いたイラストを載せてみた。

    絵心なんて まったくないけど 学生の頃の 美術はオール3だったけど ブログにオリジナルのイラストを 載せている そんなサイトに憧れて 自分のブログも そんな人肌みたいなものを感じとれるような なんだかほっこりするような そんなブログにしたくて なんとかこんとか 全然上手くはないけれど 頑張って描いてみた。 けっこう気にいっている。 これからは 自分の好きなこと 恥ずかしがらずに 挑戦していきたい。 これも そんな小さな一歩。 徒然な今日も ありがとう。

  • 子どもに優しさって、どう教えたらいいのかなぁ?

    親になって 子育てしていると 子どもには 優しくて思いやりのある子に育ってほしいと願う。 小学1年生の娘に 毎朝、 お友達には優しくね あいさつ、しっかりね 笑顔でね! と声をかけている。 娘は わかってるよ! そう言って 毎朝、学校に行っているわけだけど 娘はどんな風に 学校で過ごしているのか 正直、本当のところはわからない。 私の子ども時代を思い出してみた。 私も毎日、 母親から 挨拶しっかりね みんなに優しくね 自分がされて嫌なことは人にしちゃダメだよ と言われていた。 だけど、今振り返ってみると 果たしてちゃんとできていただろうか と疑問だ。 自分から声をかけること 笑顔で元気いっぱい…

  • 2歳半の息子の、一生懸命に伝えようとお喋りする姿に感心する。

    2歳半になる息子。 少しずつお喋りが上手になってきた。 思ったこと 気になること 自分のおもいを まだまだバリエーションが少ない言葉で 一生懸命 伝えようとしている。 私がよくわからなくて 違った反応をしたり 適当に合図ちを打とうものなら 全力で ちーがーうー!!! と 何度も 何度も 伝えてくる。 私が正解を出すまで 諦めない。 その姿をみながら 正直、げっそりしている自分もいるけど(笑) いつから 私は 人に伝えようとすること 人と向き合うことを 諦めてしまったのだろう。 伝えてもどうせ伝わらない。 人と関わることがどこか面倒くさい。 いつから そんな風に思うように なったのだろう。 と、…

  • ついついでてきてしまう承認欲求。共感を得たいがために、自分を見失いそうになる。

    なぜ、ブログを始めたのか。 自分に嘘をつかずに 自由に自分の思いのままに 正直に生きようと 徒然な毎日を大切に 頭の中でグルグル考えてばかりいないで 思ったことを ありのままに 表現したくて そう思って始めたブログ。 誰か一人でも反応してくれたり 共感してくれたりすると それはやっぱり嬉しくて。 でもついつい もっと もっと たくさんの共感がほしいと 欲張りになってしまう。 そうすると 知らないうちに 自分の思いのままに発信したいと そう思いながらも 共感を得られそうなものは なんなのかなぁ~と 周りの空気を読もうとする自分が そんな自分がでてきてしまう。 そうなると いつものパターン。 周り…

  • ドラマ heaven~ご苦楽レストラン~をみて思ったこと

    ここ最近、 娘の水疱瘡、 息子の発熱、 そして今日もまた 娘の発熱と 週末になると誰かしら体調を崩していて どこにもでかけられない週末が 続いている。 今日も、 娘と息子と3人で お家で引きこもり中。 毎週火曜日、 「私定時で帰ります」を 毎週録画していた流れで、 たまたま今週、 録画されていたドラマ。 「heaven~ご苦楽レストラン~」 正直、あんまり期待していなかった。 ところが ところが。 ものすごく考えさせられるドラマだった。 終始ドタバタと 自分勝手に 周りを振り回す主人公。 計画性がなく 失敗ばかりとおもいきや、 なぜが上手くいく。 主人公は、 大胆な行動力 失敗を失敗で終わらせ…

  • 星野源の「日常」という歌が、専業主婦の私の応援歌

    今週のお題「わたしの好きな歌」 私は、星野源が好き。 その中でも 毎日毎日、 家事をしながら 頭の中をグルグルと回っているのが 「日常」という歌。 無駄なことだとおもいながらも それでもやるのよ 意味がないがないさと言われながらも それでも歌うの 理由などいらない 少しだけ大事なものがあれば それだけで この歌をいつも 頭の中で歌いながら 徒然な毎日を過ごしている。 星野源の歌たちは、 ダメな自分がいたって、 なんだかやるせないことがあったって、 それでもいいんだよ、 だけど、 絶対に 大事なもの 大好きなものたちのことは 忘れないでね、 だから、 だからね、 頑張ってみようよ! そんな風に、…

  • 夫への不満が爆発するとき、決まって子どもは熱をだす。

    些細な小さな小さなイライラを積み重ねて、3ヶ月に一度は、怒りを爆発させてしまう私。 昨日も、ソファーで寝ている夫に無性に腹が立った。 いつも爆発する流れはこうだ。 夫の仕事が忙しい日が続く。 帰ってきて、ソファーで寝落ちすることが増える。 腰が痛いと言い出す。 週末も体調が優れないといって 葛根湯を飲みだす。 家にいるあいだは ソファーを占領して スマホでゲーム。 週末くらいは子どもたちをお風呂に入れてもらいたいが、 夕飯を食べたらすぐに ソファーで寝落ち。 仕事が忙しいとはいえ、 私のイライラが沸々とわきだす。 この流れを4週に渡って 繰り返したときに、 だいたい爆発する。 そして、子どもは…

  • ソファーで寝る夫、無性に腹が立つのはなぜだ!

    お酒を飲んで帰ってきて、 ソファーでパンツとシャツで寝てる夫。 無性に腹が立つ。 そして、週末になったら 腰が痛いとか 首が痛いとか 頭が痛いとか そんなんで、ゴロゴロしてる夫。 もう、腹が立ちすぎるのはなぜだ。 ソファーで寝ている夫に 風邪引くから、ちゃんと布団で寝たほうがいいよぉ~ 優しく言うのが、 理想の妻なのだろうけど、 そんなこともしてきたけど、 もうそろそろ、 我慢の限界なんじゃ~ぼけ!!! と、めちゃめちゃ怒ってみたけど、 そもそも、 どうして そんなに腹が立つのだろう。 でも、人っていうのは こういう些細な積み重ねで 人を好きにもなるし 嫌いにもなるんだろうなぁ。 そんなことを…

  • 続けることの難しさ、ブログを始めて、もう少しで2ヶ月経って思うこと。

    ブログを書き始めて、もう少しで2ヶ月が経とうとしている。 はじめの頃は、 書きたいこと、 思うこと、 たくさんあって、 毎日、毎日、 今日はどんなことを書こうか、 ワクワクしていた。 Googleアドセンスに合格することも 1つの目標としてあったから、 毎日、毎日、 やる気に満ち溢れていたんだけど。 そもそも、ブログを始めた理由は、 なんとなく、 毎日、毎日、 ただただ慌ただしく 過ぎていく日常が もったいないような気がして。 それでも、そんな日常に 幸せが埋もれているんじゃないかと そう思って、 そんな埋もれてしまった幸せを 発掘しようと そう思って 始めたブログ。 それなのに、また少し 退…

  • 子どもらしさってなんだろう?なぜ、大人は子どもらしい子どもが可愛いと思うのか。

    子どもらしさってどういうことだろう。 私は、子どもらしくない子どもだった。 楽しいことがあっても 悲しいことがあっても 怒りたいことがあっても 素直に表現するのが苦手な子どもだった。 とくに大人の前だと 余計に緊張が増して 顔がこわばってしまう子どもだった。 そんな幼少時代を過ごした私でも、 楽しいときには笑って 悲しいときには泣いて 怒りたいときには怒って 感情を表に出せるように 少しずつだが いつの頃からか 自然とできるようになっていった。 それと同時に 笑いたくないときにまで、 笑顔を作れるようになった。 悲しいはずなのに、 泣くのを我慢することもできる。 腹が立つことがあっても、 怒り…

  • 毎日の家事のペースが乱れることに、いちいちザワザワしてしまう私。

    今日は、実家から甘エビが届いた。 クール便で、 発泡スチロールに3キロの甘エビ。 甘エビは、私の大好物。 なのだけど、、、 最近の、 私の1日のルーティンはだいたい決まっている。 6時半~夫に朝食・お弁当を作る 7時~娘の朝食 8時~娘が小学校に登校 息子とゆっくり朝食 9時~洗濯・お茶碗洗い・掃除 11時~買い出しに出かける 13時~お昼ご飯・アイロンがけ 15時~娘が下校・お風呂掃除 17時~ご飯支度 18時~夕食 19時~お茶碗洗い・夫の夕食の準備 20時~お風呂 21時~就寝 といった感じなのだが。 今日は、大量の甘エビが届いたから、 それをなんとかしなくちゃいけない。 まずは、甘エビ…

  • 野菜嫌いの2歳の息子でも食べてくれたレシピ、あれやこれや~ポトフ編~

    毎日作っているのに、 毎日悩む、ご飯の献立。 2歳の息子は野菜をあんまり食べてくれないし、 好きなメニューはだいたい決まってる。 小学生の娘には またぁ~これかぁ~。 と言われる。 うーん。 新しいレシピに挑戦したところで、息子が食べてくれなかったから、栄養バランスが気になるしね。 ということで、 絶対に食べてくれるレシピをここに記録しておくことにして、 絶対に食べてくれる料理と 挑戦した新しいレシピを 日々、いい感じで、ちりばめれば、 野菜嫌いの息子への栄養の心配と 娘の、また、これかぁ~という不満を うまく解消できそうだ。 ということで、 今回は ポトフ。 材料 たまねぎ にんじん だいこ…

  • PTA活動に参加してみて。改めてママたちとの良好な関係を作る必要性について考える。

    今年の春から小学生になった娘。 色々なことが、一人でできるようになった娘のおかげで、 息子はまだまだヤンチャ盛りの2歳児で、 大変なことは大変だが、 少しだけ、 心に余裕がでてきたこの頃。 そんなある日、 入学してまもなくして、 担任の先生から一本の電話が。 学級代表が決まらなくて、 お願いできませんでしょうか? という内容。 学級代表とは、いわゆる PTA活動をまとめる、 クラスの代表である。 今までなら、色々と理由をつけて断っていたはずだが、 その時の私は 様々な断捨離が終了し、 気持ちもスッキリ清々しいときだったので、 新しい試練、 新しい経験として やってみようじゃないか! なんて、そ…

  • 大人のお友達付き合いって、とっても難しい。良好なお友達関係を築くにはどうしたらいい?

    お友達。 小さな頃からの、地元の友達。 学生の頃の友達。 社会人になってからの友達。 そして、 結婚してから ママになってからの友達。 色んな友達がいるけど、 大人になって、 特に結婚してから お友達付き合いは、すごく難しいなぁ~と思うようになった。 女の人は、ある時を境に、 それぞれの道をいくようになる。 学生の頃は、 同じ学校に通い、 同じように勉強して、 恋をしたり 将来の夢を語ったり。 共通の話題や悩みがいつもあって、 あーでもない こーでもないと 悩みを打ち明けたり 相談にのったり。 そして、 お互いを必要として仲を深めていくことができる。 ところが 結婚してからは 友人たちと足並み…

カテゴリー一覧
商用
読者になる