chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
あなたの空は何色ですか https://www.osharelife.work

お気に入りのインテリア、ファッション、グルメを楽しみながら、若々しく生活する秘訣を紹介しています。

saki.pi
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/05/08

1件〜100件

  • 実家を大掃除 後編

    実家に到着すると、いつもの賑やかな家族の声がない。 庭に出るとトマトがなっている。トマトだけが、いらっしゃいと語りかけてくれる。大掃除のご褒美かのように毎日ひとつ収穫しては、ひと口で食べる。甘い。 大掃除を始めて気づいたことは、この家には世間でいうところの宝物、貴重品が一切ない。あるものは、ただただ大量の写真と手紙と年賀状である。年賀状が毎年400枚くらい来る。母がそろそろやめたいといっても父が聞かない。年賀状を宝物のように保管している。嫌になるほどの量である。旅行写真や親戚との写真、昔のモノクロアルバムがどの部屋にも無造作に置いてある。懐かしく引っ張りだしては眺めてそれきりのようだ。写真や手…

  • 実家を大掃除 前編

    コロナ禍が一向に収束しないので、今年は思うように外出も出来ず、客も呼べない酷暑の夏だ。 そんな中、近所に住む私の両親が、訳あって50日間も家を留守にすることになった。 そうだ!この夏は親の居ぬ間に、実家の大掃除に集中しよう!そう心に決めた。 親がいたら掃除などはかどらない。お喋りと料理で時間が過ぎていく。誰にも文句を言われずにひとりきりで掃除に集中出来るのはこれまた楽しい一大イベントではないか。 7月半ばから毎日、実家に通うことになった。先ずは庭の植物の水やりだ。スイカの苗まで植えてある。スイカのツルが5mほど伸びている。酷暑の中、放水するだけで汗だくになる。 そして各部屋に置かれた除湿機の水…

  • メダカ全滅の巻

    庭に水蓮鉢が二つある。 直径50cmくらいの大きな陶磁器とその陰に茶色の陶器の水蓮鉢。 昔は手前の水蓮鉢はリビングにあり、丸いガラス板を置いて、ちょっとしたテーブルに使っていた。 それが今では文字通り、水蓮の入った鉢となって庭の中程に置いてある。飼っていた愛猫が23歳の高齢で老衰すると、同時にペットロスになり、メダカしか飼えなくなった。 正確にはメダカの前に夜店ですくった小さな金魚を1匹飼っていた。約2年飼って小さな金魚は8cmくらいの大きさになり、毎朝庭に出て元気に泳ぎ回る彼女に餌をあげながら、「そのうち優雅な大池にお嫁に出すわね」などと語りかけて、どこの大池に放流するかほぼ目星をつけたころ…

  • わたしのお菓子づくり時間

    お題「#おうち時間」 (これは電子レンジで簡単焼きリンゴ) 料理と言えば、中華鍋で大雑把に、美味なお菜を作るのを得意としていますが、一方、細かに計量して、スイーツ作りに励んだ時期もあるのです。本来は性に合いませんが。。。笑 近所に住んでいた小学生の姪っ子のため、またお隣の奥様が癌で亡くなられて以後、遺されたお子さん達にケーキをせっせと焼いていたあの頃。お菓子づくりに集中すると心が和みますよね。そしてきゃーきゃー言いながら喜んで食べてくれる姿を見ていると幸せ度100%になりますね。 全てに「時」があります。もはや子供達は皆、元気に大学生や社会人へと巣立ち、もう中年にさしかかった女子力満載の私も、…

  • 不要不急の外出避けても家で怪我して応急処置

    早朝7時、ベッドサイドのスマホが振動した。電話だ。 誰? 大トトロからだった。 ん?なになに? 電話に出ると 「今、庭にいるんだけど、指切っちゃったから早く来て〜!」 「血は流れているの?」 「流れてるよ〜」 驚いて毛布を蹴散らし、ティッシュの箱を持ち、寝巻き姿のまま庭に飛び出す。 左の指先から血が滴り落ちている大トトロを発見。早朝から庭仕事をしていたらしい。 「どこ?」 「この第一関節の爪の手前のところ」 よく見ても鮮血が吹き出しているので傷すら見えない。 「直ぐにホースで水洗いするから指を下に下げて!!」 庭のホースを引っ張ってきて 大トトロの左手に向かってシャワー噴射。水と共に赤い液体が…

  • 癒しのzoom飲み会体験記

    zoom飲み会なんてあるんだね〜、 若い人はいいなぁ〜! なんて呑気にテレビを観ながら着替えていたら、小学校時代の同級生男子から電話がきた。 しかもこちらが湯あがりで、どうでも良い格好をしているところに、いきなりビデオ電話だから驚きまくる。 「なにしてるのよ〜、ビデオ電話なんてしないでよ〜!」 挨拶もなにもクレームを連呼して 電話を切った。 またかかってくる。 「なに、なに?なんなのよ〜!」 焦ってスマホをひたすら天井に向ける。 「え?これ、今はみんなこれだよ、こういう時代なの。嫌だったらビデオ消せば?」 「消せばってどこをどうするの〜?」 などとスマホをいじっている間にも、相手は私のマヌケな…

  • (イタリア紀行⑥)ヴェネチア ホテル ダニエリ

    親愛なる我が心の故郷イタリア🇮🇹 あまりの悲惨さにブログを書く力が衰えております。 新型コロナウイルスにて多くの犠牲者が出たことに心が泣いています。 謹んで哀悼の意を表します。 日本も後を追うように深刻さが増してきました。 イタリアがまだ平和だった昨年12月、訪れたヴェネチアの日々を忘れないうちに、綴りたいと思います。 イタリア滞在もあと少し。最後はヴェネチアを代表する、五つ星ホテル、元貴族の館ダニエリに宿泊である。 14世紀末に築造の、名家ダンドロ家の宮殿を改修した格式高いホテルである。 これまで大トトロの両親や私の両親と何回か滞在したことのある懐かしいヴェネチアの実家、くらいに思い入れのあ…

  • (イタリア紀行⑤)ヴェネチアのムラーノ島とフェニーチェ劇場

    親愛なる我が心の故郷イタリア🇮🇹 新型コロナウイルスにて多くの犠牲者が出ていることに見るたび心が痛みます。 謹んで哀悼の意を表します。 イタリアが平和だった昨年12月、麗しきイタリアヴェネチアの日々を忘れないうちに、綴りたいと思いました。 ヴェネチア、フェニーチェ劇場でのあまりの感激に、他に公演はないかと尋ねたら、なんと翌日に同じくチョン・ミョンフン指揮によるオペラ「ドン・カルロ」があるというではないか。舞台は16世紀のスペイン、国王フィリッポ2世の下で、宗教、愛、友情を描いたヴェルディ作曲の有名なオペラである。観ない訳にはいかなくなった。連日フェニーチェ劇場とは運が良い。 気持ちはルンルンし…

  • (イタリア紀行④)ヴェネチアの両替屋とフェニーチェ劇場

    親愛なる我が心の故郷イタリア🇮🇹 新型コロナウイルスにて多くの犠牲者が出ていることに心が痛みます。 謹んで哀悼の意を表します。 イタリアが平和だった昨年12月、麗しきイタリアの日々を忘れないうちに、綴りたいと思いました。 12月初旬、ヴェネチアの青い空がアドリア海と対になるほどの眩しさだった。その間におもちゃのような建物が立ち並び、その小窓をつけた箱たちが、また来たか!と歓迎してくれているかのようだった。 毎回4泊するヴェネチアだが、前半後半とでホテルの格式を変える。 理由は簡単。お金が続かないから。 前半は安くて立地条件の良いホテルに滞在してヴェネチアをくまなく回る。残り2泊は優雅な日々で締…

  • (イタリア紀行③)フィレンツェからヴェネツィアへ列車移動の旅

    フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅のチケット窓口に向かう。 ヴェネツィア・サンタ・ルチーア駅までの切符を購入。 一人57€。約6800円。 電光掲示板を見上げるも、乗る予定の10時15分発のヴェネツィア行き列車がなかなか表示されない。 もう10時過ぎだ。15分後には出発なのに、まだ大勢の人が何番線ホームに行ったら良いのか分からず、見上げたままだ。 これがイタリア事情である。日本の丁寧で正確な鉄道基準で考えると、ありえない。 10時9分になり、ようやく電光掲示板が入れ替わる。8番線だ!あと6分! 8番線まで大勢が荷物を引きずって走る。 指定席のチケットには、5号車とある。 まだまだ先だ。…

  • (イタリア紀行②)フィレンツェの旅 ヴェッキオ宮殿とヴェッキオ橋

    大トトロの歩幅は私の1.5倍、歩くスピードは2倍なので、どうしてもこちらは小走りになり終いには疲れ果てる。旅行中、万歩計を見ると毎日10km近く歩いている。猫バスが欲しいくらいだ。日本では移動手段がほぼ車なので、たかだか数百歩、ジムのウォーキングマシンで4000歩、最長はゴルフラウンドで1万5千歩だ。 朝食後、大トトロがシエナまで「お散歩」に行く計画をしている。とても散歩の距離ではない。私は辞退し、たまにはホテルで昼過ぎまでゆっくり眠りたいと彼を送り出す。午前中いっぱい寝心地よいベッドで爆睡して疲労回復にダラリンコしていた。 それでも頑張り過ぎた脚のむくみは取れず、あまりの外反母趾の痛みに耐え…

  • (イタリア紀行①)フィレンツェ グランドホテルバリオーニ

    パリからアメリゴ・ヴェスプッチ空港に降り立つ。着陸間際、上空からの景色は統一感ある色合いの、愛してやまないフィレンツェそのものであった。 日本人が私達二人だけだったからか、税関で、ゴロつきのような風貌の職員に呼び止められ、 「いま日本円を幾ら持っているか!」 と英語で怒鳴る。一瞬、ローマの裏道で恐喝にあった昔を思い出した。どうやら大トトロは外見だけは金持ちに見えるらしい。柔らかなフランス語に慣れてきたところだっただけに、けたたましいイタリアなまりの英語に脅されたかのように感じる。そういう時大トトロは決して動揺しない。幾ら持っているかを真剣に頭で計算しているのだ。そして「アバウト ファイブ ハン…

  • (パリ紀行⑧)突然有名人に会ったら…続成功編

    ヴェニスから飛び立ち、パリ、シャルルドゴール空港での出来事である。 空港ラウンジに入ると、いろいろな匂いが漂い、様々な国籍の人であふれている。まるで先週まで乗っていたパリの地下鉄と同じだ。目の前に日本人らしき人。隣の席が空いているではないか。 ソファに荷物を置き、着席。ようやく日本へあと一便、12時間の飛行が待っている。長旅の疲れはない。美味しい匂いがしてくるので隣のテーブルを見ると、カップラーメンを3分お待ちのご様子。 「美味しそうな匂いですね」 久しぶりに日本人に出会え、思わず声をかけると 「これ美味しいんですよ。日本にも同じのあるのかなぁ」 などと言いながら蓋を開け、すすり始めた。 つら…

  • (パリ紀行⑦)RITZ PARIS オテル・リッツ・パリの優雅な朝食

    翌朝、憧れのリッツでの初めての朝食。 会員になったは良いけれど、こんな贅沢はこれが最初で最後かもしれない。いやまた夢を持とう!思いなおして、 7時に大広間に入ると、他に客は誰も居なかった。 ミシュランの星も獲得したホテル内のレストラン "エスパドン"が朝食ルーム。 ハンサムな黒服のギャルソンが奥の席へと案内し、椅子を引いて華麗にエスコート。リッツのスタッフたちは皆がまるでワルツのように無駄なく、スマートに動く。 天井は高く壁紙は空の模様。シャンデリアが下がり、広間のあまりの優雅さに朝からうっとり。 どうやら、先日まで宿泊していたインターコンチネンタル・ルグラン・パリと違い、朝食はバイキング形式…

  • (パリ紀行⑥)オテル・リッツ・パリの贅沢な時間に癒されたい貴女に

    憧れのリッツにcheckinし、ホテルマンのエスコートで長い廊下を歩き、エレベーターに乗り込む。 部屋は5階。白い壁のクラシックな廊下が続く。白い扉が開かれ、部屋の中に入ると、そこにもまた白が基調の憧れの世界が広がっていた。 既にスーツケースが2つ、クローゼットの台の上に並んで置かれている。 ボーイがパウダールームに案内し、パッチパネル付きの大きな鏡を操作し、ここを押すとミュージックを選べるなどモニターの使い方を教えてくれた。鏡の中の黒い部分がパネルである。 チップを渡しボーイが去ると、ダブルベッドに寝転んだ。天井にはガラスのシャンデリア。ふぅ、やっと登頂したかのような嬉しいため息と満足感に倒…

  • (パリ紀行⑤)オテル・リッツ・パリで贅沢なひと時を

    リッツと言えば、我が家では泣く子も黙る夢のホテルの名称だ。 (因みにリッツ・カールトンとは異る) 小さい頃から母に、映画「昼下がりの情事」(Love in the Afternoon)を観させられ、オードリー・ヘップバーンもさることながら、共演のゲーリー・クーパーに憧れている母に、素敵でしょ〜!こういう男性がママは好きなのよ!と幾度となく洗脳され、子供の頃はよく分からずに、父が帰宅するなり「今日は昼下がりの情事の映画を観たの!」と告げると、「変な映画を子供に見せちゃだめよ!」と呆れていた。父は「情事」と聞いただけで妙な映画だと思い込んでいたようで、母が陰でクスクス笑っていた。 簡単なあらすじは…

  • (パリ紀行④)Cafe・de・la・Paix(カフェドラペ)で優雅なひと時を

    眠い…。もう少しゆっくり寝かせて…大トトロの物音に耳をふさぐかのように毛布を頭までかぶり直した瞬間、あ、ここはパリなんだ!と気づいた。 「早くしないと写真がとれないよ」 「なんの写真?」 「朝食の写真撮りたいって言ってなかった?人がいないうちの方が良いと思うけど」 そうだった!ようやく事態が見えた。毛布の中でまったりしている暇はない。急いで支度すると7時からの朝食に一番乗りで駆けつけた。他に客なし。冬の朝はまだ暗い。窓外の灯が闇に美しい。こんなに早くから朝食をとるのは日本人くらいなものだ。 懐かしいCafe・ド・ラ・ぺ。 以前定宿にしていた頃は余りに日本人の宿泊客が多かったせいか、このcafe…

  • (パリ紀行③)ルグラン パリの贅沢な時間に癒されたい素敵なあなたに

    久しぶりにフランスへの旅🇫🇷 30代の頃は毎年パリやニースに行っていたのに、いつの間にか遠い国になっていた。 どうしてか、若い頃の方が今よりリッチだったからだ。家のローンやら円安やらなにやかにやで、せいぜい物価のまだ安いサイゴンには行けても、パリには行けなくなった。サイゴンにハマっているのは、サイゴンの街が、リトルフランスだからなのだ、とふと思った。 フランスがベトナムを占領下に置いていた時代、街の中心に小さなオペラ座を築き、その近くにフランス様式のグランドホテルが造られた。そこの中庭に佇むとパリの空の下にいる錯覚に陥る。 占領下、ベトナム人にフランス刺繍を教え、パンの作り方を教え、カフェをつ…

  • (パリ紀行②)ヴァンヴVanvesパリ三大蚤の市 日用品ぞろいのイチオシ

    パリの三大蚤の市。 一番のお気に入りは ヴァンヴ蚤の市。 市の大きさもちょうど良く、お値段も手頃な可愛い品々が所狭しと並んでいるのです。 クリニャンクールのような大型家具などはありません。 これはホタテのマリネなど前菜をいただくプレート。 宿泊しているオペラ座近くのホテルから地下鉄を一回乗り継げば、約20分で到着してしまいます。 最寄駅「Porte de Vanves」からすぐに市が見え、駅から歩いて2分の立地。 500mくらいに渡って両側にお店がズラリと並んでいます。 前回も前々回の時にも、アンティークのグラスを買いました。今にも壊れそうな薄いガラスに気品ある模様が施されていました。店主が丁…

  • (パリ紀行①)オルセー美術館、印象派の絵画にしばし癒されませんか?

    Bonjour💕 花の都パリ、の季節を散策したかったものの都合がつかず、初冬の絵画の都パリを堪能しています。 前回のブログにゴッホの映画「永遠の門」について書きましたが、パリに飛んで、一昨日オルセー美術館でゴッホの自画像に会ってきました。映画の主人公は自画像にそっくりですね。 オルセーは、ゴッホをはじめ印象派の巨匠たちの絵画の波のよう。次から次に名画があふれ出てきます。教科書に載っていた名画が、マジかぁ〜と言いたくなるくらいに、壁に無造作に飾られていて、感動します。ホンモノを見続けていると、すぐにニセモノの見分けがつくようになるといいますが、確かにこれだけの収集を度々眺めていたら、ホンモノを見…

  • 生涯中数枚しか売れなかった画家フィンセント・ファン・ゴッホとは?

    映画「永遠の門 ゴッホの見た未来」 を観てゴッホについて考える深夜🌙 ゴッホのことをまだ良く知らなかった若かりし頃は、彼独特の黒い線や、歪み、にらむような人物の表情、怖いほどにそびえるイトスギの姿を見ていると、エネルギーが吸い取られていくのを感じたものだ。 東京やアムステルダムやパリのゴッホ展に行く度に疲労を感じ、甘いものを食べてエネルギーを補給したい気持ちにかられた。 それは彼の事を一部分しか知らない無知さゆえで、ひまわりと夜のカフェテラスは好き、くらいの軽いものだったことが、歳を重ねるほどに分かってきた。 誰でも、愛する人にはそれほど気を遣わないのに、気難しそうな人には気を遣って疲労感を経…

  • 医療グレードの皮膚再生浸透液で疲れた肌を癒しませんか?

    医療グレードの有効成分と、皮膚再生医療の特殊技術を駆使して開発された浸透液で、疲れた肌をアップグレードしませんか? 「ヴュンシェ」 聴き慣れない言葉ですよね。 ドイツ語で「希望」の意味です。 巷にあふれている、普通のスキンケアローションとはまったく別物の、イチオシの医療グレードの肌浸透液をご紹介したいと思います。 https://wunschewunsche.com/ 開発者 実際に使ってみた経緯と現状 使い方 有効成分 4つの特徴 購入の仕方 開発者 皮膚を再生することに、 30年の歳月を費やして研究開発された黒柳能光博士は、北里大学名誉教授・工学博士・理学博士・医学博士です。 医学を学んだ…

  • 日本橋三越フランス展、可愛い&美味しい大人の遊園地みたいに楽しい!!

    Bonjour💗 明日から大荒れの最大級の台風到来。 我が家など、今回はドンピシャリの通り道コースで、庭の薔薇もどうなることやらなのですが、そんな事を心配していても、なるようにしかならないので、母と気分転換に日本橋三越までドライブです。 待ちにまった『フランス展』が日本橋三越で開催されているのです。期間は今週水曜日から来週月曜日、つまり三連休の最終日までです。台風のせいで、行くなら今日しかないということで来ています。 『英国展』は、何度か来ましたが、とにかく『フランス展』の方が断然面白いということで、やってきました。 フランスから店主達がお越しのようで、フランス語が飛び交う会場。催し物会場は本…

  • サイゴンで見た女の友情…w 親友とは?

    日本で言えば銀座四丁目の、サイゴンの目抜き通り。 そこから一筋入ったところに、可愛い雑貨屋さんがあるのです。日本人の客が多く、店長も店員も日本語が話せるので、ヴェトナム旅行に疲れた御一行が、なんとなく安心してホッと出来る小さなお店なのです。 客に椅子を出してくれて、ゆっくり見てください、との店長の配慮が優しく、夕刻お店に入るとすでに、日本人のおばさま方が、7人ほどご休憩されながら、雑貨を眺めて雑談していらっしゃいました。 皆が皆、快活な60歳くらいで、色が黒く日焼けしているので、ゴルフかテニスのお仲間なのかもしれません。わたしは軽く会釈しました。 その中の一人が、店長に「この真珠のネックレスを…

  • ヴェトナム・ホーチミンの最近のタクシー事情  騙されないで!!

    ヴェトナムはサイゴン(ホーチミン)に来ております。 スイカジュースは逸品です🍉 雨季なので、夕方に雷を伴う叩きつけるようなスコールが降りますが、日本よりずっと涼しいです。 日中は27℃くらいかしら。湿度も低いし気持ちが良いです。 来年からは軽井沢よりサイゴンに避暑に来たいくらいですよ。 物価は安いし、食べ物は美味しいし、人は優しいし、ビールは日本人の口に合います。 サイゴンへは今回で25回目。とにかくこの街が好きなのです。もはや現地の友人知人も沢山います。 長引いたヴェトナム戦争の傷跡がまだ残り、昭和35年くらいの様子だったのが、この10年で昭和45年くらいにまで急激な高度経済成長を見せていま…

  • 金沢の心ときめくお菓子7選・お寿司1選

    加賀百万石と言われた加賀藩は、徳川から目をつけられ、質素倹約に励むよう注意され、それまで技を向上させていた九谷焼まで、衰退する時期があったようですね。県立美術館で国宝 前田家の古九谷のキジの香炉を鑑賞しましたが、前田家はお客をもてなす際に、度々この香炉を用いたそうです。 私は九谷焼の緑色(青と呼ぶそうです)が好きでたまらず、また余計なお皿を2枚買い込み、安物買いの銭失いですが、せめて食器だけでも見た目に優雅な食卓は、口福にもなりますよね。 茶の湯文化が盛んだった金沢は、金沢市立中村美術館にもお茶室、お茶碗などが展示され、美味しいお抹茶を頂けます。 と、同時にお菓子の文化も深まり、金沢には老舗と…

  • 金沢市に旅に出ました!羽田から40分!

    私たち夫婦は、ふと思い立って旅に出ます。それが時として、私の女子力をほんの少しアップしてくれるのです。 朝7時45分羽田発、小松空港行きの飛行機に乗り込み、たかだか40分の飛行で、石川県に来てしまいました。座席が非常口横だったので、大トトロも脚が伸ばせてご機嫌。 CAから「この座席はご存知かと思いますが、緊急の時にはご協力をお願い致します、こちらをお読みください」と小さな字でぎっしり書かれたオレンジ色の説明プレートを渡されました。活字病なので隅から隅まで読んで、なるほどね、と状況を妄想していると、急に眠気が襲ってきて、目が覚めたら、もう機体は着陸していて、滑走路を走り終えそうな、見慣れない小窓…

  • 眉間のシワとサヨナラしたい方に!大人気のミケンディープパッチを貼ってみました

    学生時代に、ボーイフレンドが、「ミケンにシワの出来る女は不幸そうに見えるから嫌だ!」と言っているのを横で聞いていて、厳しい人だなぁ、と思っていましたが、これでミケンの悩みとは、おさらばです。 【刺す化粧品シリーズ】眉間専用ケア商品『ミケンディープパッチ』 大ヒットしているようですね。 ついに、私も買ってしまいました。 刺すなんて痛そう、傷になりそう、と勝手に思っておりましたが、なんと、針状のそのものがヒアルロン酸で出来ていることを知り、開眼してビックリポン!文字通りの針ではないのです。 美容成分そのものを針状にするなんて、画期的な発想ではないですか!素晴らしい! 自宅でできる、美容方法の新たな…

  • 軽井沢物語 有名人のパパとも知らずに…

    八月半ばに、避暑に行ったつもりの軽井沢が意外に暑くて、泊まったホテルもエアコン無しではいられなかった一週間。 柔らかなはずの陽射しもギラギラしていて、木々の緑もどこかしら濃い色の避暑地。 滞在目的はゴルフ。フェアウェイに涼しい高原のような微風の吹き抜けるイメージが、地面からの照り返しで紫外線もマックスに強いです、との知らせが届く。 フェイスガード(耳に掛けて顔を覆うゴルフ用UVカットの布)を探しに軽井沢アウトレットに行くものの、そんな安くて気の利いたものはアウトレットには置いていない。 これはもう、マスクで代用しよう!と決めて、約5時間のラウンドをマスクでチャレンジしたところ、あまりの暑さに顔…

  • 松井証券 主婦でもらくらく財テク・へそくり?

    先日、箱根ガラスの森美術館の株主「優待券」の話をブログに載せたら、知り合い数名から、どこの証券会社と取引しているの?と聞かれたので、素人ながら、ここで簡潔にお知らせしますね。 松井証券 です。 顧客サポートが高く、8年連続で証券業界、問い合わせ窓口格付け三つ星⭐️⭐️⭐️ 電話サービスも、丁寧なのです。 株安女と言われた過去の経験 松井証券との出会い 松井証券とは? 株で財テクの秘訣 株安女と言われた過去の経験 そもそも、株との出会いは、大学時代に仕事で貯めたお金をどう使おうかと思っていたところ、父が新たに株を買ったと母に話しているのを小耳に挟み、次の日に黙ってひとりで証券会社に立ち寄り、小さ…

  • 飲む美容液 ルーツー エキストラ・コラーゲンは美味しい!蔭の努力2

    この赤ワインのような液体、コラーゲンに思えますか? 実は、飲む美容液、なのです。しかも、超低分子 ピュアフィッシュコラーゲン。 希少和漢美コラーゲンドリンク なのです。 趣味のゴルフで太陽にさらされている私の、味方になってくれているドリンクです。 伊勢丹新宿店では2006年から13年間に渡って、常に人気商品だったそうで、 三越銀座店でも2018年より販売スタートした、飲む美容液なのです。 試飲をさせて頂き、説明してくださった店員さんが、年齢よりハツラツとお若いのに驚きました。 測定試験で、キメ、ハリアップを実証し、平均48歳の肌年齢が39歳になるそうです。 あの東洋の高級美容食、 ツバメの巣、…

  • 軽井沢に来たからには美食グルメおすすめ3店舗 その2

    東京にも同じ店があるよ、と言われても、信州の食材を使ったお料理はまた一味違うのですよ。 「RESTAURANT 酢重正之」 「ロンギングハウス」 「万喜」 「RESTAURANT 酢重正之」 軽井沢本通りを、旧軽井沢銀座に向かって進むと、左側に見えてくるこの角のお店は、茶色の建物で、一見何屋さんか分からない、粋な佇まいなのです。 メニューには美味しそうな和食の写真が出ています。 お店の方に伺うと、最初、お爺様の代に、酢重の隣のお蕎麦屋さん「軽井沢 川上庵」をなさっていたそうで、10年程前に、御子孫が隣に和食のお店を開いたそうです。 出来たばかりの時に行った方の話では、客からお金をとって食べさせ…

  • 軽井沢に来たからには美食グルメおすすめ3店舗 その1

    軽井沢には有名なお食事処が山とあります。東京で成功しているお店は、その軽井沢店がありますし、軽井沢で成功すると、東京進出しています。 軽井沢で一度は寄りたいお店、美食グルメ3店舗をご紹介しますね。 この夏のお盆休みはもう既に予約がいっぱいですが、ピーク時を過ぎますと、なんとか予約が取れるかも。台風が来ているようなのでキャンセルが出るかもしれません。 「清香園」隠れ宿のような森の中の 高級韓国料理屋 先代の時代に銀座一丁目辺りで賑わっていたお店ですが、今は軽井沢の林の中でひっそりと美食尽くしの古民家。 一晩にテーブル席が二つしかない、大変贅沢な時間を過ごせるお店です。 蕎麦粉のクレープに新鮮なお…

  • 不眠症を解消したい~そのコツ2 口コミで休息サプリ「女神の休息」を1日3粒を飲んでみた結果

    睡眠不足、なかなか寝つけない方に、朗報です。毎朝3粒だけ。 以前のブログで「不眠症を解消したい~そのコツ1」を書きましたが、私の場合、寝苦しい夏の夜、次の日のことを考え出したら、頭が冴えわたってしまうことがあるのですよ💧 頭の中を変えようと、つい電気スタンドをつけて読書をはじめると、いつの間にやら、エアコンの冷えきった中で、2時間近くも時が過ぎ〜。 www.osharelife.work 朝に待っているのは、 完全な寝不足と、疲れた表情と、絶不調💦 毎朝5時半に起きるのが辛くて辛くて、家族を送り出したらぐったりして、また2度寝💧 それが最近「女神の休息」というサプリを知ってからは、気持ちがリラ…

  • 軽井沢で一押しのアンティーク家具ショップ「ベルリネッタ軽井沢」へようこそ

    店のドアを開けると、フワッと甘い花の香り漂う、軽井沢でも珍しく大きなアンティークの家具屋さん「Berlinetta 」✨ 見るだけ、さわるだけで楽しいお店。 入り口にズラリと並ぶ、お洒落なガーデングッズから、店内にはアロマ、銀食器、手作り籠、ヨーロピアンの家具調度品が所狭しと並んでいます。 家具と家具の間を縫うように、一つ一つを見て歩く癒しの時間〜♬ そこはまるで、イギリスやイタリア、フランスの館に通されたような、珍しい型の、古く上等な家具がひしめき合っているのです。 お店の方々までが、西洋人に見える美しさ。想像ですが、きっとご先祖が西洋の方なのでしょう。そうでないと、ここまで、ヨーロピアン家…

  • 土用の丑の日の鰻   鰻嫌いの私が好きになった鰻記念日

    鰻記念日 「その方」が余りにも美味しそうに鰻の話をするものだから、ついつい、食べてみます!と同意し、老舗の野田岩でご馳走になったのが、去年の11月11日のことである。 それから約8ヶ月の間に、鰻重を8回完食した。 小学校低学年の時に平らげた鰻重の数を入れると、数十回にはなるのであるが、何せ、その姿形を知って以来、口にしていなかった。 大人になってからの初挑戦が、「野田岩」であったことは有難い。 上等な黒塗りの重箱の蓋を開けると、香ばしい匂いがし、山椒を振り掛けると更に食欲が湧いた。空腹という、最高の調味料も加わる。 鰻とご飯を箸で丁寧に切り取るように、手前から手前へと小さなお口に運ばれる「その…

  • 横浜SOGO屋上ビアガーデンでまったり飲みませんか?

    まだ関東は梅雨寒で、ビアガーデンという雰囲気にはならないのですが…。 毎年恒例で、高校時代の仲間たち数十名で、ビアガーデンの会をしているのです。 数ヶ月前から日にちが決まっているので、空を心配しながらも、横浜SOGOの屋上ビアガーデンに行って参りました。 いつも幹事を務めてくれる男子N君が、昨年は海外赴任だったため、今年は皆と、2年ぶりの再会となります。 N君がいないと、その他大勢の仲間の中で、プチ同窓会兼ビアガーデンを企画してくれる人がいなく、毎年、皆がN君に頼りっぱなしです。 そういう男子は貴重ですよね。 横浜SOGOビアガーデンは、いろいろなバージョンがあり、16時から22時までの6時間…

  • オペラを身近な趣味のひとつにする方法?

    オペラとは 「ニーベルングの指環」 「フィガロの結婚」 「アイーダ」 「カルメン」 「トゥーランドット」 「オペラを身近な趣味にするには」 オペラとは 「オペラ」とは、元々はイタリア語(opera)なのですが、簡単に言うと、演劇と音楽によってつくられた舞台芸術で、劇のセリフが歌になっていて、歌劇とも呼ばれているものです。 オペラというと、値段が高そう、敷居が高そう、高尚な趣味、と思ってしまいますよね。 そのオペラを初めて観たのは、20代後半の頃で、きっかけは、両親の知り合いの招待でした。 演目は、ワーグナーの、ニーベルングの指環。劇場の舞台横に字幕が出るのが新鮮で、ドイツ語で歌われる内容が訳さ…

  • 箱根ガラスの森美術館 株主優待券で女子力アップしませんか?

    梅雨の晴れ間、こんな日に洗濯などしていられないわ。早朝から、ご近所の自由気ままな親友を誘って、箱根までドライブだわ〜。 海沿いの134号線に出ると、左手にはキラキラ光る白波の海が広がり、車内ではクイーンのCDをガンガン流しながら、気持ちとアクセルは更にヒートアップ。緩やかな弧を描く海岸線、うっすらと見える富士山の頂。 松林を過ぎ、西湘バイパスに入ると、更に車は少なくなり、スイスイ〜っと箱根湯元まで1時間。そこから30分弱で、到着したのは、箱根ガラスの森美術館。 もう何度目か記憶がないほど訪れていますが、来るたびに、ため息が出ちゃうほどの別世界が広がっているのです。 この美術館が、うかい亭と同じ…

  • 国立西洋美術館で、松方コレクションの『美しき愚かものたちのタブロー』(原田マハ著)から元気をもらいませんか?

    妻の目を盗んで骨董収集している旦那衆が毎週、鑑定団なるTVに出てきますね。 コレクターは、不思議と男性が多いですね。 何をそんなに無駄なものを集めているの?! 大抵、キッとなるのは、奥様方。 骨董ならまだしも、うちの大トトロなんぞ、店々のマッチ箱だの銀座のクラブの名刺だの、捨ててもいい?と聞かなくても捨てたくなるようなものばかりを、己の収集癖に任せて積み上げているから、かなり滑稽ですよ。しかも4000冊以上の本本本…床が抜けるのも時間の問題ですよ💧 しかし、1900年代初め(1910〜1921年頃)戦争より平和を選びし眼力と心で、ある物品をしかも海外で、大量収集した人物がいたのです。 多少ネタ…

  • アガサクリスティー『春にして君を離れ』を読んで、家族のあり方について考えてみました

    「もし僕が無人島に持っていくなら、この一冊ですよ」 と、友人が教えてくれたのが、アガサクリスティーの『春にして君を離れ』でした。 アガサクリスティーのミステリー小説は有名ですが、この小説は、彼女が当時、別のペンネームで書いていたものなのです。しかも殺人事件のない小説なのです。 本のタイトルに目を奪われました。春にして君を離れ… 一瞬、高校時代、春なのに別れてしまった彼を思い出しました。 春な〜のに〜お別〜れです〜か〜♬を、歌っては泣いていたものです。 ところが、この本は、そんな軽々しい単純な恋愛小説、ではなかったのです。 これから読むご予定の方は、以下、ネタバレしますので、ここまででね。 主人…

  • 日比谷花壇大船フラワーセンターと鎌倉の老舗「小花寿司」

    大船フラワーセンターが、 日比谷花壇大船フラワーセンターに 改名され、リニューアルされてから、 約一年ちょっと。 長年垢抜けなかったフラワーセンター。 今では噴水の音が心地よい、日比谷花壇のお洒落な雰囲気が加味されて、お散歩コースに最適な植物園になっています🌸💠 梅雨の晴れ間、もう薔薇は終わったかしら、と庭園を歩いていると、それはそれはカラフルな薔薇たちの饗宴がまだ続いていました。 花の香りが一帯に流れ、蝶々やミツバチも蜜を吸いながらお散歩飛行🐝 平日なので人も少なく、老齢の御夫婦など、まったりゆったりお散歩している姿を目にしました。 まるでパラダイスのような平穏な空気。花たちの声が聞こえてき…

  • 不眠症を解消したい〜そのコツ1 朝陽を浴びながら何をしますか?✨

    朝の白々とした光を目にすると、 体内時計が整えられて、 夜はぐっすり眠れるようになる、 とよく言われますね。 そんなに早くは起きられないわ、とわたしのように通勤しない者は、ついつい朝寝、二度寝して、夜はなかなか眠りにつけない、という日々を過ごしてきました。 でも、最近はそんなぐうたら生活に 変化の兆しが✨ バラの世話と、 メダカの世話のおかげなのです。 我が母は、バルコニーで、無農薬のキュウリやトマトやスイカを、プランターで作っているので、それを収穫するのが早朝の楽しみのよう。 その時に、その白々とした陽の光を自然に浴びているのです。 毎朝、早くからお散歩している人も見かけます。皆さんいろいろ…

  • 横須賀しょうぶ園 癒しの紫の世界をお散歩しませんか?

    いずれがあやめか、かきつばた どちらも美しくて比較できないことを、このように花を使ってあらわす日本語は、風流ですね。 立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花、という言葉もありますね。 今日は梅雨の晴れ間、あやめでも、かきつばたでもない ちょっと似ている、花しょうぶ、漢字で書くと花菖蒲、を観賞しに、横須賀までお散歩してきました。 横須賀しょうぶ園、名前だけは知っていたのですが、灯台下暗しで、一昨年前からようやく、お散歩コースに加えました。 花菖蒲の特徴は、 花びらの中に、黄色い鳥の羽のような印がありますよ。 かきつばた、には黄色でなく白い羽が、あやめには、網目模様の羽がデザインされているのです…

  • 5kg減量ダイエットのためジムに通うもその効果は⁈

    ジムに通いはじめて約5年。 3年前までは、自分で言うのも何ですが、どんなスタイルの服でも、それなりになんとか着こなせたのです。ジムで測る体脂肪も、年齢の平均値より少ないくらい。血液検査も異常なし。 それが〜、5kg 太った途端に、それまでスルスルはけていたスカートは、ファスナーが閉まらず全滅。上半身はそれほどサイズが変わらなくても、下半身は2段階くらいサイズアップしてしまいました。体脂肪などは、前代未聞の、人とは思えない数値💦 血液検査ではコレステロールに気をつけて、との診断。 母曰く、誰でもその年齢になったら、ホルモンバランスが崩れて太るものよ〜と、諦めなさいアドバイス一喝! 違うのよ〜! …

  • パソコンがサクサク動くようになる 主婦にも出来る簡単なメモリ交換方法

    パソコン苦手主婦でも、 簡単に出来る容量アップ! 数年前に買ったノートパソコン。 TOSHIBA dynabook 10 何故か朝になるとデスクトップの画面が変わり、おかしなことになっているのです。 毎度の再起動。 面倒くさくて、パソコンがストレスになり始めました。 確かむかーし、vistaを使っていた時にメモリを1GBから2GBに増やした記憶が…。 今のパソコンは4GBです。 vistaからもう相当バージョンアップしているはずだから、メモリは最大にしないとサクサク動かないのでしょう。 方法は簡単! 1 パソコンの型番を調べる 2 パソコンの型番の最大容量を検索する 3 Amazonで同型番の…

  • 横浜イングリッシュガーデン 小径散歩と本屋さんへ🌹

    横浜イングリッシュガーデンに 行って参りました🌹 ご一緒に薔薇の小径を歩いて 彩りをお楽しみください。 画面から香りも出たら良いのに〜🌹 この薔薇の名は、ユア(結愛) 空を見上げると白薔薇の大きなアーチ 薔薇の名は芽衣 Mei 花柄摘みのお仕事の方々。 お世話が行き届いています。 イングリッシュローズなので、 こんなベンチも✨ 薔薇の名は、淡雪 ときめきガーデンはピンクピンク🌹 ペッシュボンボンかと思いきや 薔薇の名は、マルク・シャガール あちこちにロマンチックな ベンチが…💕 大人色のシックな珍しい色と思ったら、 薔薇の名は、チョコレート・サンデー 薔薇の彩り、香りを堪能しました✨ 薔薇は、…

  • ゴルフ場での大人の事情 偽りのカップル

    今日は梅雨をスキップして真夏のような陽射しでしたね✨ ゴルフブログを連チャンしておりますが、もう一つ、大人の事情を書きたいと思います。 あの日も確か今日のような陽射しでした。葉山パブリックゴルフ場は、ショートコースで、クラブも自分で持ち運び、歩いて周る9ホール。同じコースを二回周る人も数多し。 ドライバーが使えるのは2、3ホールのみ。ひたすら歩くので、体力がない日は無理なコースです。私がたまに、一人きりでアイアンのコソ練(コソコソ練習の略)をしている大変お安く周れる、山の中のゴルフ場です。 「最近ラウンドしてるの?」 実家に寄った時に、偶然遊びに来ていた両親の同級生、80歳近いおじ様 Sさんが…

  • ゴルフの紫外線対策✨白い美肌を保つ秘訣

    五月晴れ☀️ ゴルフ仲間たちは、この好天気を 見逃さず、晴れるとみるや、御殿場や 平塚、千葉、にラウンドに出かける。 私も去年までは、ゴルフの季節がやってきた✨とトキメイテいたが、今年は少し慎重だ。 というのも、一年を通して、この時期が一番紫外線が強い。✨初心者の頃は無防備にも、肌を露出し、帽子もサンバイザーで、太陽と親友のような気持ちでいた。 ゴルフを知るまで、生活の中でまともに陽に当たるなどということは皆無であり、顔には勿論、体にシミなど一つもなかった。芸能人の肌を見ても、それが?という程の、色白美肌であった。 それが〜、今では、手や腕にポツポツ、 顔にもチラホラチラホラ…。 あちゃー、や…

  • ゴルフで人格丸見え

    会社員達がこぞって接待ゴルフをする理由が初心者のわたしにも分かってきた。 ゴルフをしない人には分からないかも知れないが、あのスポーツの本番は、本当に忙しい。 少なくとも、スタートの30分前には現地で待機し、パターの練習をするも、すぐスタート。コースに出ると、9ホール終えるまで、打つか、ボール探しか、カート乗り。自分のボールを追いかけるだけでなく、一緒にラウンドしている人のボールも見ていなくてはならない。 その間、良いショットだと、ナイスショッ!!と、声掛けにも様々な言い方がある。個人的な話など、している暇はない。ましてや、会社や契約の話など出来るはずもない。 相手を褒め励まし、自分も同じ言葉を…

  • ゴルフ 女子力アップの健康法 最適な趣味

    ゴルフを習い始めて3年になる。 ゴルフはこんなにも楽しいものか、と知って、子供の頃から習っておけば良かった!と後悔しても、もはや時遅し。 止まっている白い玉を打っては追いかけ…カップに入れる?何が面白いの?!なんて思っていた自分はもはやどこにも居ない。 おじさま方が仕事を抱えながらも、せっかくの休日にゴルフに馳せ参じる気持ちがわかる。彼らにとっての駆け込み寺だ。 わたしにとっても、非日常を味わえる大人の遊園地。 なんたって、あのカートが楽しい。 ボタン一つで、走り出したり止まったり。しかも森、谷、林の中を、森林浴をたっぷり浴びながら。 都会の喧騒を忘れさせる鳥の声、緑、風、広大な芝生もたまらな…

  • 東京下町グルメ散歩 『香味屋』

    5月の薄曇りの空の下にて 東京・東部の下町情緒が残る、根岸にある洋食屋『香味屋』かみやにGo! 洋食屋としては珍しい店名だと思っていたら、その名の由来は、大正14年に、香水を扱う花街の小さな舶来店を起源としているそうです。 予約もしないで11時半頃に入店すると、どの席にも予約の札が…。あちゃー、やってしまったか、と思いきや、古き良き礼儀作法のボーイが、一番奥の席まで案内してくれ、椅子をサーッと引いて、実に対応が爽やか。 流石、老舗の洋食屋さんの従業員マナーは行き届いています。次々に入ってくるお客さんは、ほぼ男性で、スーツ姿の会社員という感じ。お年を召したご夫婦もひと組。常連客のようです。 さて…

  • 笑いは財産 笑顔をアップデート✨

    今宵の空に青は見えませんが、心に晴れ晴れと、青い空が描ける明日になりますように。 40歳からの顔は、自己責任と言いますが、確かに歳を重ねるにつけ、同級生達の顔つきも変化していきます。 目は心の鏡。日常生活がそのまま表情に出るようになり、目が遠くを見ている人、目の奥が深い人、眼力のない人、目が笑っている人、目が泣いている人、視線のキツイ人、など様々です。 口元も同じで、いつも笑っているような口、いつも困っているような口、いつも屁理屈を言っているような口、いつも我慢しているような口、様々です。 昔からのことわざに 『笑う門には福来る』 という言葉がありますよね。 明るくにこにこしている人の所には、…

  • 森永トリプルヨーグルトとお花畑の関係🌸

    顔色、肌つや、髪の毛のつや、爪の色 白目部分の色、を見れば その人の抱えている健康状態が 分かります。 健康な人と不健康な人の違いは どこにあるのでしょうか。 大きく分けると、ふたつ。 口に入れるものと、睡眠です。 体はお花畑です。 毎日、陽の光、水、良い肥料を与えていると、お花畑は満開になります。 特に腸は、第2の感情をつかさどる臓器で、心が刺激されると、腸も刺激を受けます。 「断腸の思い」という言葉がありますが、はらわたがちぎれるほどの、辛く悲しい思いの意味です。それほどに感情と腸は、直結しているのです。 陶芸の世界でも、茶碗を作る時に大切なことは、「口と尻」と言います。 あまり聞きなれな…

  • お勧めヒレカツ3店舗in神奈川県

    良質なたんぱく質、ビタミンB1、ナイアシンが豊富なヒレカツ。食べすぎには要注意ですが、せっかく頂くのだから、美味なヒレカツが食べたい! ということで、これまであちこち食べ歩きをした結果、神奈川県では下記の三店舗がおススメです✨ 1 藤沢市辻堂の「とんかつ大関」 このお店はもう何十年続いているかしら。お会計場所にいつも立っておられるお爺ちゃまがオーナーです。 お若い時から変わらぬ味で勝負し、今も、土日はもとより平日も、早めに行かないと並ぶことになります。 駐車場も、店前と裏に計10台ほどありますが、駐車場で待つ人も。 ヒレカツは特上もありますが、普通のヒレカツで十分な美味しさ。わたしはいつも、ひ…

  • 鎌倉逗子 桜づくし散歩

    今年の桜は、長く楽しめますね🌸 鎌倉逗子は今週末が満開です。 まず最初に向かったのは、鎌倉光明寺。 車を敷地内に停めて、お花見🌸 青銅の屋根瓦に桜が映えますね🌸 次は鎌倉妙本寺へ🌸数分で到着。 こちらも駐車場、入場料共に無料で桜を堪能できるのです🌸 枝垂れ桜も、いとをかし🌸 欲張って、八幡宮段葛のまだ小さい桜も見たくなり、ちょいと若宮大路へ🚘 小さいと思っていたら、随分と背が高くなっていました🌸 八幡宮前を通り過ぎて、東に向かうと、突き当たりに宝戒寺🌸 前を通り過ぎる瞬間にパチリ✨ すぐ近くにコインパーキングがありますので、まったりお散歩可能です。 そのまま二階堂の岐れ道を通り過ぎ、浄妙寺付近…

  • 幸せな夫婦 3つの秘訣

    1 情緒が安定している 2 夫への敬意 3. 妻への愛情 1からスタート この時代に、情緒が安定していることは、かなり大変なことです。2人が共に安定型の夫婦は、波風立てず、笑って平穏な日々を過ごせます。夫婦のどちらかだけであっても、かなり荒波を防御できます。 因みに我が家は結婚以来数十年、喧嘩らしい喧嘩を一度もしたことがありません。弟、妹、達を世話してきた長男長女だからかもしれません。又は、夫が凪のような人だからです。 情緒は、育った環境に左右されがちです。DVで育った子供はまた自分の子供にDV、負の連鎖を断ち切るのは容易ではありません、努力が必要です。DVは大きな問題なので、ここでは横に置い…

  • 今日の3時のおやつ 鎌倉駅前のにゃんこプリン

    鎌倉ニュージャーマンの にゃんこミルクプリン🐱 こんなのあった〜?とガラスケースを覗いていたら、新作だそうです✨ あまりの可愛さに、ダイエットしているのも忘れて買ってしまいました。 そして記念に写真を一枚撮るや、とっとと頂きました。 もっと正面から撮るべきだったと思っても後の祭り💦 これじゃ、にゃんこの耳しか見えないよ〜👂耳はチョコレートです。 カラになった容器しかありませんが、可愛いでしょ。 前姿 後姿 甘さ控えめで、ミルクプリンとパンナコッタの中間かしら。モッチモチでおやつにピッタリでした!にゃんこチョコプリンもありましたよ。 鎌倉駅を降りたら、ニュージャーマンはロータリーにありますので、…

  • 朝食前の夫のおめざを用意 若返りの3つ

    朝食前のおめざ 若返りの3つ!!! 用意時間5分 暴飲暴食の大トトロの朝食前に 毎朝用意するこの3つ。 ここ一年くらいで体調がぐんぐん良くなっています。 ①漢方薬 ツムラの7番 八味地黄丸一包 マグカップに粉末を入れ沸騰し た熱湯を2cm注ぎ、スプーンで よくかき混ぜて、あとはお水を 入れて飲みやすくぬるま湯にします。 八味地黄丸は本来、頻尿、坐骨神経痛に効く漢方薬ですが、アンチエイジング漢方として漢方医も服用している優れもの。空腹時に服用するのがポイント。 大トトロが呑んで帰宅し、夜中に3度も行くトイレが、この漢方薬のお蔭で1回か又は行かなくて済むようになりました。ツムラやクラシエなどいろい…

  • 高齢化社会に出来るほんの些細なこと 「良き隣人であれ」

    高齢化社会に出来るほんの些細なこと 「良き隣人であれ」 高齢化社会が忍び寄る、なんて言っていた日々はもう過ぎ、私の住んでいる街などは、高齢者ばかりで、バスの運賃も優待などない現状です。私などまだまだ若い方で、ちょっと知り合うと、お若い方は良いですね~などとよく言われます。若くないのに💦 私の母は、もっぱらお婆ちゃま好き、なので、ご近所のお婆ちゃまの世話をせっせとしています。一人暮らしのお婆ちゃまが入院すると、親族かのように見舞いに行っては、食べたい、と呟くものを持っていくのです。その喜ぶ顔が嬉しいのだそう。 でも近頃は、自分もお婆ちゃまの一員であることをやっと思い出したのか、頭の中にセミが10…

  • 男性必読 薄毛の悩み解消その1 手っ取り早いこの一錠ミノキシジル

    薄毛の悩み解消 その1 手っ取り早いこの一錠!! 人生の折り返し地点、レコードで言うなら、そろそろB面を迎えるお年頃から、大トトロ(つれあい)の髪の毛が急に白髪混じりになり、減り始めました。 前方がM字に、ソリが入ったようになってきて、頭頂部も頭皮が見えるようになってしまいました。 髪は遺伝だといいますが、確かに義父もそこそこ髪の毛はあったものの、歳を重ねるごとにM字が進み、今では全体的に少しを残すのみ。 義父はサムライのような顔立ちなので、髪が薄くても似合っているのです。昔の映画「十戒」のエジプトファラオ役ユルブリンナーも髪などなくても素敵でしたね。 ですが、大トトロは体の大きさの割に、顔立…

  • 人生の最期の最期に音楽を♬

    人生の最期の最期に音楽を♬ 最近、親しくしている方のご主人が亡くなりました。末期の肝臓癌でした。享年80歳。 自宅で死にたいというご主人の希望で、最後の一週間、入院先から自宅に戻られました。ハンサムだったご主人は、梅の木の皮のように痩せておられました。 在宅ケアの医療チームが、毎日往診に来てくれ、亡くなる3日前は結婚記念日だったそうですが、それを知った看護師さんがその日に赤い薔薇の花を届けてくださったそうです。 一階の和室に移されたベッドで、赤い薔薇を見たご主人は静かに微笑んだそうです。それから3日後、いよいよ様子がおかしいと思われた奥様は、医師と看護師を呼びました。 微かに呼吸はしているもの…

  • 北條政子の店?!とビビった鎌倉駅から20分の隠れ屋 美食散歩

    鎌倉随一の、花の寺、瑞泉寺に向かって小径を登って行くと、左手奥に、一見造成地かと見間違う広々とした土地があります。 そこは、昔、源頼朝が凱旋で建てた寺、二階堂の跡で、頼朝の勢力の凄さを彷彿とさせます。 瑞泉寺の花々、特に今の時季は紅梅白梅黄梅を愛でし後、鎌倉宮を背に歩いていると、天神前というバス停が左手にあり、そこを左折すると二階堂という住宅地に入り込みます。 そこから1分くらい、真っ白の暖簾が目印の「北條」の表札が掲げてあるお店を探してみてください。 希少な葉山牛、ビーフシチューの店で、古都鎌倉の風情漂う日本家屋と庭の借景がなんとも優美な、ほのぼのとした世界が広がっています。 連れの友人が畠…

  • 夏目漱石「こころ」日本で一番売れている本

    夏目漱石「こころ」を30年ぶりに 読み返して あの先生、あんな人だったっけ?! の一言ですよ。もっと素敵でなかった?! 若い時と今とでは読後感が随分と違うものですね。 そもそも先生!! 主人公の「私」の父親が死にかけている時にあんな手紙を送るなんて。幾ら鉛のような思いを引きずっているにせよ、自己本位もいいとこではないでしょうか。 時代が時代だとはいえ、天皇崩御にあわせて殉死って…。殉死でもないし…。 最近読んだ、藤原正彦著「国家と教養」の中にも「鷗外も漱石も、自らの精神の中枢にあった明治の精神を、乃木将軍の自決により覚醒され、殉職に共感したのでしょう。」という一文がありましたが…。だからって……

  • 「府中三億円事件」の二人の登場人物 白田と三神

    府中 三億円事件の犯人告白本。 ネットでは、フィクションだという声の方が多いですね。 白田という著者の名前も、最初からまるでわたしは「シロだ」と言っているかのようです。ふざけるのもいい加減にしなさい!と言いたいところですが…。 個人的にはフィクションかノンフィクションかはどうでも良いのです。 ただ正直なところノンフィクションだと思いたい。その理由は下記に。 以下、ネタバレになりますので、この書籍を読むご予定の方はここまででね(^ ^) もし、この小説が、本当に犯人白田の告白本だとしたら。仮定。 印税目当てではないはずですから、単行本で1000円は確かに安いですね。 当時、学生紛争が盛んな時期に…

  • 歯医者の素質と品格 虫歯菌を残す?!

    歯医者の素質は、 前回の記事で美容師の素質で記したのと同じく、 指先の器用さ、 それも単なる器用さでなく、 指先に「目」でもついているのではないの?!と思わせるような繊細さではないでしょうか。 エステのように治療されながら、眠たくなる、万が一、出血しても、口の中で優しく処置して、うがいの時に鮮血を見ないで済む。 そのような配慮があれば、本当に気が休まります。歯医者に気楽に足が向きますよね。 そして品格とは、歯科医院に来る患者に真摯に向き合っているかどうかでしょう。 殆どの歯科医師は、向き合っていることでしょう。 しかし、耳にする事実はいろいろあります。 親友の配偶者も、私の従姉妹も、歯科医です…

  • 美容師の素質と品格 素敵な人 編

    美容師の素質とは、一言で述べると指先が器用なことではないでしょうか。それも単に器用なだけでなく、指先に、まるで「目」が付いているかのような繊細さ。 そんな数少ない美容師に出会ったのは、私が20代の頃。場所は原宿の交差点そばの裏道を一本入った美容院。 その美容師のシャンプーは、単に頭をモノ扱いしているのではなく、脳に癒しを与えるかような、今まで感じたことのない不思議な心地よさでした。 タオルでゆるく包まれた頭。なのに決して崩れないタオル。手際の良さがまるでマジシャンのようで、ただ呆然とその流れに身を任せていたのを今でも覚えています。 ハサミと櫛だけで、あっという間に変化していく鏡の中の自分。 一…

  • 若さを保つ秘訣 50歳代以降 ゴルフ場で倒れない為に

    ゴルフに興じる50代以降の方々に注意喚起⛳️ 前回の「水」の続きです✨ 家からゴルフ場までの運転中、まず、おじさま達は車内で水など飲まない。 ゴルフ場に到着しロッカールームでそそくさと用意を済ませるとパター練習をして、サッとカートに乗り込むのがお決まりの順路。 そこに手持ちの水はない。 緊張感が高まり血管が縮み始める。 いよいよ最初のティショット。 ドライバーで一発飛ばしてやろうと、力一杯打ち込む。打ち損じてボールを探しに駆け足。 そしてクラクラしてバタッと倒れる。救急搬送。大抵、脳か心臓だが、血管の詰まりが原因、というケースがよくある。 脳梗塞、脳溢血、心筋梗塞。 その話をすると、年配の方々…

  • 若さを保つ秘訣 身近で簡単な三種の神器

    若さと潤いを保たせる三種の神器は 身近にいつもある簡単なこれ! ①水 ②水 ③水 一にも二にも三にもただの「水」 である。色付き飲料ではない🥤✨ わたしは気に入った軟水、硬水、炭酸水を一日1.5ℓ、好きなように飲んでいる。 綺麗な水ならば、水道水でも問題なし。 37兆個以上の、健康な人体を構成する細胞は、いつも水を必要としている。 人間の体は、成人では約60〜65パーセントが水で満たされている。 歳をとるにつれて、身体中の細胞から少しずつ水分が無くなっていく。老人では50〜55パーセントに減る。 そのため、老化の特徴は 枯れる。しぼむ。縮んでいく。 年をとっても肌がピチピチして年齢不詳の人がい…

  • 突然芸能人に会ったら…失敗編

    先回、「突然芸能人(有名人)に会ったら」、の成功編をブログに書いたが、その後、妹はただ一度の成果を、再び実行に移していた。 全く同じ状況で、生前の九重親方(千代の富士)に空港で出会い、ちゃっかりサインを貰ったのである。 妹曰く、あんなに目立っているのに、可哀想なくらい誰も声を掛けないんだよ~! 素敵な紳士だった~!とご満悦。 空港のラウンジは、搭乗を待つ退屈な場である事が多いので、気持ち良くサインをくれることもあるであろう。 しかし、見境なくは多大なる迷惑となる。 我が家の近所でも、たまにユーミンがスタバで読書をしていたり、有名俳優がジョギングしていたりするが、そのようなプライベート時間にサイ…

  • 突然芸能人に会ったら…成功編

    あの人、俳優の・・・ 数年前、羽田空港での出来事である。 大トトロ(主人)と妹と海外に向かうべく、私たち三人は 空港ラウンジで待ち合わせをした。 JALお得意様ラウンジで、大トトロは白ワインを飲み始め、 妹はと言うと、明太子のおにぎりを頬張っていた。 妹とペチャクチャ喋っていると、 妹の顔のずっと後ろの方に、なんだか懐かしい顔が・・・。 あれ?・・・あの人、どこかで見たような・・・あっ! 妹に 「ねぇねぇ、さり気なく振り返って見てね。後ろの方にいる 白い髭の人、俳優の仲代達矢じゃない?」 妹はペリエを飲みながら振り返り、そうだよ、そうだよ、と 顔音痴の彼女にしては、珍しく言葉に確信がこもってい…

  • 今から対策 三種の神器 花粉症対策

    2月に入ったばかりでこの陽気✨ お散歩日和ですね。そして花粉症も始まりそうですね。 花粉症対策🏵 ここでは最低限の三種の神器をお知らせします🏵🏵🏵 ①鼻うがい 多くの方が既にしていらっしゃると思います。慣れた人は、洗面所のぬるま湯ですぐに出来るけれど、初めての方にオススメは、小林製薬のハナノア。海水や体液に似た成分なので、しみたり痛い思いをしなくてすみます。 ②危機感を持つ これは一体どういうことでしょう。以前テレビで花粉症について特集していた時に、医者があるデータを発表したのですが、毎年の花粉症人口、なぜか311東日本大震災が起きた2011年だけ激減しているのだそうです。 だからと言って、ど…

  • 春に買いたい40代ワンピ10選♡

    「ワンピース女子はモテる」 ワンピース女子の季節到来🌸 この春、パンツスタイルをお休みして、思いきり春の風に溶け込んでみませんか? そこで、花が香るようなワンピースブランド、表参道&鎌倉&東京のホテルのブティックで人気の「Little France」おしゃれワンピを10選ご紹介♬ 「Little France」の特徴♡ ①どのブランドより春らしく愛らしい色柄の軽くて着やすいフェミニンなデザイン ②自宅で洗えるのでわざわざクリーニングに出さずにすむお手軽さ ③私が海外(ヴェトナム)でデザインしているブランドなので同じデザインが多くても3点までしかないオリジナル。殆どは一枚しかないオートクチュール…

  • 冬の乾燥皮膚、お大切に♪

    おしゃれ貧乏な私は、パリに行けなくても、バスタブに使わなくなったパフュームやオードトワレを置いて、その日の気分でお風呂の湯にシュシュっと振りかける、それだけでパリまで一瞬でワープする。 今日も友人が腕をナデナデ、足をナデナデしていて落ち着かない。 痛いの?と尋ねる私に、痒(かゆい)の、冬は乾燥するから痒くなるのよ、いろいろ塗っているんだけどね、とのこと。 最近、冬乾燥による痒みを訴える人が多い。話を聞いていると、そのうちの大抵は、この時期40℃以上のお風呂に毎日入る上にゴシゴシ洗う方々だ。 ゴシゴシ洗うと皮膚が更に脂気を失くして乾燥するよ、と話すと、気持ち悪いじゃない、キュキュッとするまで洗わ…

  • 冬の体調管理 簡単My 三種の神器

    ウイルスにとって乾燥、冷え、免疫力低下は好環境である。 それらに抵抗する為の自身の簡単な三種の神器をご紹介! ①冷え対策に100均のフワフワ靴下。 柔らかくて心地よいだけでなく、締め付けないので温かさが普通の靴下とは違う。 外出している時以外は肌身離さず。 湯上りの後、5秒と言わずに直ぐ装備! 睡眠中のみ裸足。兎に角体を冷やさない。 ②免疫力をアップさせる生卵 生卵を飲み始めてもう何年になるだろう。眠る前に飲むと次の日パチっと目が覚める。朝飲むと、一日がとても楽な上に不思議とお腹が空かず、ダイエットにも。手っ取り早い完全栄養食品である。 飲み方は一回に2個。ニンベンのつゆの素を数滴たらす。よく…

  • 2019年の流行色リビングコーラルはおしゃれな節約色

    リビングコーラル とは? 今朝、あんぱんを頬張りながら、テレビをガン見していたら、今年の流行色は何色でしょう?とMCが問いかけた。 流行色…こういうのに飛びつかないのが私の基本姿勢。自分の好きな色ではなかったらがっかりだ。自分に似合わない色の確率が高い。身構えた。 じゃじゃじゃーん!!発表! リビングコーラル!!! ん???なにそれ? リビングコーラルとは、正確にはピンクとオレンジの中間色、文字通りサンゴのような色を言うそうだ。コメンテーター持参のその色のアイテム、ネクタイやグラサン、ボルサリーノのような型の帽子が画面を飛び交っている。特にグラサンをしているハリセンボンの春菜さんは、世界がピン…

ブログリーダー」を活用して、saki.piさんをフォローしませんか?

ハンドル名
saki.piさん
ブログタイトル
あなたの空は何色ですか
フォロー
あなたの空は何色ですか

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー