スパンコール屁理屈
住所
出身
ハンドル名
横須賀深大さん
ブログタイトル
スパンコール屁理屈
ブログURL
https://inukaitai.muragon.com/
ブログ紹介文
うんこしながら考えた毒ポエムをばらまきます。よかったら見て行ってください。
自由文
-
更新頻度(1年)

121回 / 107日(平均7.9回/週)

ブログ村参加:2019/05/07

横須賀深大さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,463サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 10 10 0 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,871サイト
今日書いた詩 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 280サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 61,926位 65,096位 73,288位 64,668位 72,974位 89,288位 72,873位 969,463サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 10 10 0 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 196位 203位 239位 207位 248位 318位 249位 5,871サイト
今日書いた詩 5位 6位 6位 6位 6位 7位 6位 280サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,463サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 10 10 0 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,871サイト
今日書いた詩 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 280サイト

横須賀深大さんのブログ記事

  • 金属の足音

     動く気配の消えた中を  一人と一人で歩いている  争いを生み出した跡  負の情念を辿る考古学  まとわりつく不安な感覚  薄く突き刺す思い何か  崩れる金属音が響く  乾いた足音が続く  錆びた足場に黒いヒール  壁に寄りかかれば時が止まる  立ち入れば辛うじて風が動く ...

  • 笑み言う

     つぶらな瞳にゆたかな羽毛  鋭利なツメと健脚で  平原を時速50キロ  現代のデイノニクスだぜ     足折り地べたに座り込み  燃える太陽と枯れた草  シャベルの上のペレットを食らい  仲間をつついて日が暮れる  遠くも近くも見わたせる  俺には景色が見えている  走っ...

  • 夕焼け毒蛾

     黒と紫の衣を揺らし  夏が終わる頃にやって来る  日常とあまりに不釣り合いな  妖しい某がやって来る  夕焼け毒蛾はあらゆる場所に  音を立てずにやって来る  温度のないビルの街にも  歓楽街にも住宅街にも  夕焼け毒蛾は人形のよう  抱き抱えれば少しも動かず  命もない...

  • 画面を見ていない

     めがいたいめがちたい  かふんとあれるぎーのだぶるぱんちで  めがいたいめがいたい  まなつのこのひにめがいたい  つゆにてんのにないにたい  いいたいことなんていえやしない  だいなみっくにわるぐちいいたい  だれかのへいにしたい  いやおれはわるくないんだ  あーーー...

  • 八月半分過ぎて怠惰

     雲より高い所から  萎びたレタス 腐った卵  いらないもの全部投げ捨てて  視界から消えれば一回りした気分  激流に飲まれる片手間に  衝動買いした間接照明  サイズの合ってないスリッパ  古いグラフィックボード  使いきれないハンドクリーム  ×××××  東京湾より深...

  • リアルパワー人間

     陰気臭い眼鏡の男  ロングヘアーでゴスロリの人  気分のままに快活な子供  包帯まみれで呻く奴  どろどろしながら蠢く液体  平穏に過ごしたい  理想に少しでも近づきたい  あの頃のように元気でいたい  落ちるところまで落ちぶれたい  全てを棄てて全てになりたい  充実は...

  • もしかすると最期の言葉

     今夜中に  俺の部屋に  濁流が襲ってきた場合  明け方ごろに  俺の家に  トラックが突っ込んだ場合  明日のうちに  俺のいる街に  黒い雨が降った場合  たぶん俺は死ぬと思うので  現時点での生きた全てを  ここへ残しておこうと思う  …  ……………  ……募金し...

  • 祖父の家

     夜の静けさという背景に  鈴虫の声  床が軋む  遠くで車の音  月光  夏か秋の記憶  変わらない夜の静けさに  衣擦れ  肌寒さ  遠くで車の音  月光  年明け頃の記憶  暗い廊下  高い天井  木の匂い  人がいるのにいない感覚  昨日は虫とり  今日は山登り  ...

  • ミラクルギルティミュージアム

     銀河の彼方で偉大なる画家が  生み出した罪深き幻想を  欲望まみれのアホなアンテナで  正確にキャッチ 平日の午後  転がしてた飴を噛み砕き  カネだけつめて出発だ  誰かの欲望の権化で  己の欲望を満たすために  表現すれば死んでも残る  紙に記憶に込められたそれは  ...

  • 昆虫ゼリー

     人には食えないものを食う方法を  考えている  人には食えないものを食う方法を  考えて日が暮れた  人には食えないものしか食いたくないと  嘯きながら  人が食うために作られたものを  常日頃から食っている  人が食うために作られたものが  嫌いというわけでもない  人...

  • 閉塞

     近くも遠くも見えない事実を  真正面から突きつけられて  何もない手から何かが落ちる  落ちる  落ちる  落ちる  落ちる  落ちたのか  落ちたのか  落ちたのか  落ちたのか  何が落ちたのか  何処へ落ちたのか  何故に落ちたのか  本当に落ちたのか  本当にあっ...

  • アンボイナ

     🏊  😃  🐚  🌃    🍜  😋  ⏰  😨  🚑  🏣  👻  

  • 水没と射光の境目

     瞬間を求めて動くが  睡魔に気付かずに沈み始め  電気を発しながら微睡む  起きているつもりが眠っている  瞬間に向かう手だけが動く  刹那が集まる一点に向かう  目から摂取された情報は   脳に伝わり感覚となる  その動きが身体ごと夢に  沈んでいく  情報と感覚が断た...

  • 緊急台形解析料理担当班

     アルミニウムの器に盛った  いぶりがっこに獅子唐を振る  時計の短針を切り取って  ニトロと一緒に鍋で煮詰めれば  飛び出してくる乾いた叫びを  ダムドのCDで受け止めて  窓の外を飛ぶムクドリに向け  回転つけて風を切らせる  飛び散る羽は東京中を  包んでは散り包んで...

  • カラッポ!

     カラッポ!  カラッポ!  カラッポ!  カラッポ!  取り入れるものなんてねえ!  新たに得るものなんてねえ!  振ってもなんの音もしねえ!  胃液もきれぎれ残ってねえ!  ネジの一本もありゃしねえ!  糸クズだってありゃしねえ!  ゴミが入り込む余地もねえ!  そもそ...

  • 4ミリの中へ

     従兄弟の家は築40年の二階建ての一軒家  その家の西側の部屋の掛け軸の裏にある  4ミリほどのひび割れの中に入り込みたい  暗さも分からない  4ミリの中に入り込みたい  小さい頃から知ってはいた  そこに入り込みたい  いつからあるのか分からないそこに  入り込みたい ...

  • テード

     流し見る程度  軽く流す程度  遠くから眺める程度  好かない程度  吐かない程度  過度には入れ込まない程度  飲まない程度  食わない程度  わざわざ調達はしない程度  ああどの程度  まあこの程度  所詮その程度  超えない程度  漏れない程度  少し記憶には残る程...

  • 足下から鳥が死ぬ

     遠くのほうにあるお城が  見えそうで全部は見えなくて  苛ついて地団駄を踏んで  足元の小鳥を潰した  夜の向こうに見える摩天楼に  どうしても辿り着きたくて  取るもの取らずにかっ飛ばして  心臓を家に置きっ放した  遠くが見たくて憧れて  理想に近づきたくて泣けてきて...

  • 腹の底探検隊

     毎日毎日かわりばえもなく  それなりの時間つきあってきて  気がつきゃ毎日めんどくせえと  何でこんな事やってんだろうと  誰に言われたわけでもないのに  うだうだ抜かしながら今日も  正味十分で言葉を紡ぐ  わりと無心で言葉を紡ぐ  精密な言葉は使えない  溢れる知識も...

  • マニア願望(げんソウしタイけんゼンニ)

     夢の中の世界よ  どうか私の心をとらえて  激しく揺さぶってほしい    人生を全く違う色に  変えてしまうほどの衝撃が  奇抜な道標が欲しい  なにかひとつの貴いものを  一生をかけて追いかけたい  そしてそのための活力が欲しい  面白いものを見つけた  もっと夢中にな...

  • 地獄のシェアードメディア

     赤錆を塗りたくったような  げどげどの空の下  豚の頭に蛇の胴を持つ  じとじとに濡れた生きものが  苔むした胃の裏側のような色の  土の上を歩いていると  地面の下から噛み砕いた鉄で  うがいするような音がして  固まった血液の香りがただよう  大鰐が姿をあらわし  豚...

  • 火炎・雷鳴・暴風・福引

     心の内面にこびりついた  四六時中変な臭い出す  カビを全て焼き払え  唸る火の玉で焦がしてしまえ  寝ているあいだに降ってくる  知らないうちに突き刺さる棘を  剣に雷まとわせ斬り裂け  跡形もなく打ち消してしまえ  足元から寄生虫のように  ドロドロと這い寄る嫌悪感を...

  • 複製

     私は複製  戦った彼の記録を辿って  0と1から創り出された  私は複製  彼の記憶と強さを継がれて  彼のかたちに創り出された  私は複製  彼になるために  もういない彼を考えて続けた  私は複製  彼を超えるため  彼に救われた者を葬る  私は複製  彼になりたくて...

  • 痛過点

     生湯に浸かって過ごした昼から  引き戻すのは自己嫌悪  巻き起こるのは必然なのか  心に痛い 意識が痛い  違和感だけではやり過ごせない  過去との繋がりは断ち切られた  あの日々の温もりからは  痛みを伴いながら途切れた  10年以上前の出来事から  3日かけて追いかけ...

  • また明日の昨日に

     明日は今日から寝て着く所で  今日の俺は今日で消えるのか  明日に求めるものは何もない  昨日を想い続けるだけ  今日は昨日に想いをはせて  昨日は一昨日を懐かしんで  明日は今日を忘れられないのか  大した変化もないままに  誰かが魂を映したものを  流し目に見てうわべ...

  • からからの重圧

     熱しても止まるだけ  冷えたらまた増える  引っ張っても取れない  こすりつけても切れない  振り回しても変わらない  ヒネってもネジっても  握り潰してもすぐ戻る  注意して見逃した  来たときに気づかなかった  重い  辛い  苦しい  早く  三日くらい?  ………...

  • 週末世界征服

     全てが終わる!  生と死の螺旋は突如として歩みを止めた  ありとあらゆる義務を捨て去り  目つきの悪い恋人が  俺の後頭部を殴る妄想をしながら  奇跡的に部屋の片付けを終えたので  明日も明後日も義務に追われる事もない  憂鬱もハリもなくなった未来を思いながら  なるべく...

  • 随分前から

     随分前からある公園  随分前からある定食屋  随分前からある駅  随分前に潰れた本屋  随分前になくなった空き家   随分前に埋められた池  随分前から知っている街  随分前からここにいる僕  ついこのあいだ来たばかりの君    随分前から変わった毎日    

  • 雑念と暮らす

     漠然とした不安とか  明日からくる憂鬱とかを  やんわり抱きかかえながら  じめじめと眠りにつく  見えないものへの恐怖とか  見てしまったものへの後悔とか  腹の上に乗っけたまま  ぼんやりと夢の世界に入る  いつもずっと嫌いだった  後ろむきな感情が  濡れた紙で引っ...

  • エンドルフィンマシン

     何か思いついたらベイベー  歯止めきかないぜ  勝手に燃料注射されて  気づけば海の向こうだぜ  瓶につめた衝動がはじけて  ミクロ1秒でスイッチオンだ  持ち主の意思なんて関係ない  誰もその場を見てないぜ  感じてるけど見えてないうちに  装填点火されたミサイルが  ...