その恋は、雨上がりの沼のように。
住所
出身
ハンドル名
こまちさん
ブログタイトル
その恋は、雨上がりの沼のように。
ブログURL
https://arcusgi.com/
ブログ紹介文
「あー。どうして私って、こんなに男を見る目がないんだろう…」このブログは、痛々しすぎて、今すぐ死にたい」思ってしまうような過去恋愛の供養と、今の夫と離活を決意した経緯。離活でやってることについて書いています。
自由文
-
更新頻度(1年)

3回 / 105日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2019/05/06

こまちさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,344サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
恋愛ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 24,859サイト
人見知りの恋愛 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 23サイト
30代の恋愛 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 333サイト
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,344サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
恋愛ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 24,859サイト
人見知りの恋愛 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 23サイト
30代の恋愛 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 333サイト
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,344サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
恋愛ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 24,859サイト
人見知りの恋愛 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 23サイト
30代の恋愛 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 333サイト

こまちさんのブログ記事

  • 70代、元大学教授|振られた女に文句言うとかオスとして最高にダサい

    手を握り締められたまま、車にエスコート。助手席・運転席なので、手を握り締められたまま運転されるという屈辱。なんどもなんども「教授、手を離してください。お願いです。運転が危ないです」とお願いしても、全然聞く耳を持たない。「大丈夫だ。俺が運転を

  • 70代、元大学教授|観光地だから恥ずかしがらなくていい

    うどん美味しかったー!でも、どうせ食べるなら丸亀製麺のうどんがよかったー!天ぷらのせて食べたかったー!なんなら学食でお昼ご飯食べたかったー!で?ドライブ?私の就職相談を一言も聞かずに?あんたの気晴らしに付き合えって?(バカなのか…。口に出し

  • 70代、元大学教授3|男の手料理は黙ってうどん

    職場相談に乗ってもらうために大学時代の恩師の元を訪ねた…はずだったのに…。「気晴らしにもなるだろうし、昼食でも一緒に食べながら」のはずが、なぜか教授の自宅にいる私。何かが…何かがおかしい…。でも、元とはいえ大学教授。しかも理科系。何か考えが

  • 70代、元大学教授2|それは職場相談に乗る話から始まった

    当時、職場でパワハラにあったんです。以前からあったんですけど、上司はガン無視。「あなたが悪いんでしょ」と言わんばかりの態度。ことのきっかけは、私が私より数年先輩の職員よりも出世してしまったことでした。嫌がらせの数々についに耐えきれず、職場か

  • 70代、元大学教授|親子以上に年の差のある元教え子にクラクラになる

    「大学の同期会にいったんだけどさ。他の連中の情けないことったらないよ。病気の話と葬式の話、嫁さんのグチしか言わねーの。彼女がいねーからああなっちまうんだよなぁ。話すことも3年前の同期会で話た内容と一緒だしよお。」大学時代の恩師とは、卒業して

  • アラフォーバツイチ再婚組(離活を決意)の恋の失敗談をまとめたブログです

    こんにちは、はじめまして。このブログにご訪問いただきありがとうございます。管理人のこまちと申します。このブログについてこのブログは、私「こまち」の「痛々しすぎて、今すぐ死にたい」思ってしまうような過去恋愛の供養と、今の夫と離活を決意した経緯