ハンドル名
ミライノトモさん
ブログタイトル
Yujin Records
ブログURL
https://yujinrecords.blogspot.com/
ブログ紹介文
音楽と本と人生と。僕の聴いてきたもの、読んできたものを心をこめて紹介します。
自由文
-
更新頻度(1年)

9回 / 43日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2019/05/02

ミライノトモさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 06/17 06/16 06/15 06/14 06/13 06/12 全参加数
総合ランキング(IN) 21,993位 22,861位 26,131位 26,098位 25,990位 26,041位 26,000位 963,820サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 20 80/週
OUTポイント 10 10 10 10 0 10 0 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 133位 140位 155位 157位 158位 154位 157位 12,793サイト
学術・専門書 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 99サイト
音楽ブログ 301位 316位 349位 347位 351位 340位 346位 28,389サイト
好きな曲・好きなアルバム 16位 17位 17位 17位 17位 16位 15位 1,891サイト
今日 06/17 06/16 06/15 06/14 06/13 06/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 54,708位 60,476位 65,901位 66,006位 65,865位 60,734位 65,973位 963,820サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 20 80/週
OUTポイント 10 10 10 10 0 10 0 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 261位 298位 358位 355位 343位 283位 349位 12,793サイト
学術・専門書 2位 2位 4位 3位 3位 3位 3位 99サイト
音楽ブログ 646位 736位 906位 901位 907位 737位 895位 28,389サイト
好きな曲・好きなアルバム 27位 33位 39位 42位 42位 33位 41位 1,891サイト
今日 06/17 06/16 06/15 06/14 06/13 06/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 963,820サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 20 80/週
OUTポイント 10 10 10 10 0 10 0 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,793サイト
学術・専門書 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 99サイト
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,389サイト
好きな曲・好きなアルバム 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,891サイト

ミライノトモさんのブログ記事

  • Monsoon / Third Eye

    1980年代、「ワールド・ミュージック」が流行していた頃に、インドのポップ・ミュージック=「バングラ・ビート」というジャンルがありました。 このアルバム、Monsoonの「Third Eye」も、インド系イギリス人二世Sheila Chandraがボーカルで、タブラやシ...

  • Milton Nascimento / Minas

    爽快、牧歌的、華麗、優美、幽玄、力強い、意表を突く、前衛的、開放的、突き抜けるような、透き通るような… これら全ての言葉が当てはまりそうで、また、ぴったりする言葉がない。 あえて一言でいうならば「幸せな気持ち」(いわゆる「ハイ」な気分とは違います)になる一枚、とでも表...

  • LAUREL HALO / CHANCE OF RAIN

    エレピの音から入る短い1曲目に続き、2曲目はベースだけが固定されていて、ドラム、シンセ、パーカッションの断片的なフレーズが飛び交う、複雑でセカセカさせるくらいの曲調。 3曲目は一転して、ドッシリ、ユッタリしたビートが淡々と続く展開。 4曲目は再び速めのビートですが、様...

  • 「森林がサルを生んだ――原罪の自然誌――」河合雅雄

    「サピエンス全史」という本が話題になっています。一方この「森林がサルを生んだ」は、サルから始まるサピエンス「前史」を語る本といってよいのかもしれません。 「サルは森林という楽園を手に入れた」というところから本論が始まります。 森林は三次元空間です。地上から樹上へは...

  • Miles Davis:In A Silent Way

    Miles Davisを最初に聴いたのは、1969年の「In A Silent Way」の中古レコードでした。事前情報から想像していたのと違って、軽快な感じを受けた作品であった半面、ややインパクトが薄い印象でした。 二番目は「Agarta」。これは逆にヘビーな感じです...

  • Luciano:Yamoré Remix

    僕がテクノなどのClub系音楽を聴き始めた1996年頃、それらの音楽の主流フォーマットは、アナログ・レコードでした。よく通っていたCISCOレコードのテクノ店もそうです。 でも当時CDのみを聴いていた僕は、店の一部に置かれてたCDを物色していたのです。( FUMIYA ...

  • FUMIYA TANAKA:MIX-UP Vol.4

    1996年のある週末、いつものように渋谷のタワーレコードかHMVでCDを買って帰りかけていた時、唐突に「高校の頃に友達と、ここらへんの感じのよいレコード屋に来たことがあったな」と思いだしました。 実はそのころ、同じアーティストの作品ばかり、それも決まった店で買うことが続...

  • YASUAKI SHIMIZU & SAXOPHONETTES:STARDUST

    初めて清水靖晃のアルバムを買って聴いたのは、1983年の「北京の秋」。FM東京の「ジェット・ストリーム」で3曲がオンエアーされたのが、キッカケでした。 音楽雑誌で「今、日本のミュージシャンで最も“スゴい”と言われることが多いのが清水靖晃」と書かれていたことも影響...

  • 「私の霊長類学」 今西錦司

    僕の世界観は「サル学」が基礎になっています。 中学に入った年、世の中のことに関心を持ちはじめた頃に出会ったのが「サル学」です。 キッカケは、親のもとに毎月送られてきていた「アニマ」という雑誌。動物学を中心とした自然科学雑誌ですが、動物関連の文化的記事もあり、一時期は...

  • GRACE JONES:SLAVE TO THE RHYTHM

    男声の語りから始まり、――Ladies And Gentlemen, Miss Grace Jones, Jones――というセリフのあと、クラシック風コーラスとシンバル、シャウトとノイズが短く挟み込まれ、ベースとドラムの重たいリズムが始まる。 バンドとフル・オーケスト...

  • 菊地雅章:SUSTO

    僕がレコードを買い始めた80年代初め頃、参考にしていたのは、まずはラジオやテレビ――小林克也氏のベストヒットUSAなど――でした。 でも、聴き流していただけで曲名をチェックし忘れたりもします。メジャーなジャンルではない、曲が長すぎる、など様々な理由でラジオ・テレビで流...

  • Neil Diamond:Jonathan Livingston Seagull

    「朝だ。しずかな海に、みずみずしい太陽の光が金色にきらめきわたった」――「かもめのジョナサン」(Richard Bach 著 五木寛之 訳著)の書き出しです。 映画「かもめのジョナサン」のサントラ(作詞作曲:Neil Diamond オーケストレーション:Lee Hol...

  • Stevie Wonder:Talking Book

    「洋楽」を初めて聴いたのは小学五、六年、1972年か73年の頃だったと思います。 兄の部屋のラジカセから流れてくるのを聴いたり、友だちの部屋で聴いたりしていましたが、最初は好きになれませんでした。 当時の洋楽と言えば、Led Zeppelin、Jeff Beck、De...

  • Herbie Hancock:Magic Windows

    アルバムを持っているけれど聞くのは1曲か2曲だけ。音楽好きの人なら、そういうLPやCDが1枚や2枚はあると思います。 僕の場合はHerbie Hancockの“Magic Windows”がその一枚。ラストの“The Twilight Clone”がその1曲です。 ...

  • PRINCE & The Revolution:PARADE

    トレイにCDを置きPLAYボタンを押した次の瞬間、いきなりヒズんだバシャバシャというドラムの音。 「椅子からころげおちそうになった」という表現がおおげさでないくらい、驚きました。 2曲目は一転してクリアな音で、金属的な高音がキンキン耳に突き刺さる。 3曲目はまた、く...