searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

namiotetsuさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
波尾の選択
ブログURL
https://www.namio.work/
ブログ紹介文
歴史的に偉人から現役の巨人たちの、凡人の理解を超えた行動、逸話の集積から吐き出される言葉はそもそも重みが違う。 「普通のいい言葉」?名言?金言?はたまた「至言」なのか、それは受け取る側がどこまで真意を理解できるかにかかっているのだ。
更新頻度(1年)

11回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2019/05/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、namiotetsuさんの読者になりませんか?

ハンドル名
namiotetsuさん
ブログタイトル
波尾の選択
更新頻度
11回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
波尾の選択

namiotetsuさんの新着記事

1件〜30件

  • 1969年

    波尾哲のブログー1969年 1969年の出来事 1969年の賞 1969年のランキング 1969年のtopics ★ちょうど50年前の1969年。 これからもつどつど、更新、修正していくブログです。 ディレクターズカット ウッドストック 愛と平和と音楽の3 日間 [Blu-ray] 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント メディア: Blu-ray

  • 傑物の至言-50 Tarr Béla(タル・ベーラ)-2 | 傑物の至言

    www.namio-tetsu-maxim.dolphinkick.work スコセッシ絶賛!驚愕のタル・ベーラ伝説の傑作『サタンタンゴ』予告 貴重!これがタル・ベーラの長回しだ!『サタンタンゴ 』より貴重な本編映像が公開!

  • 優しい曲-9 「ソールズベリー・ヒル」ピーター・ゲイブリエル(ガブリエル)/「Solsbury Hill 」Peter Gabriel

    「ソールズベリー・ヒル」ピーター・ゲイブリエル(ガブリエル)/「Solsbury Hill 」Peter Gabriel 1. この曲は 2. 音源 3. 映像 4. この曲の優しさ 5. カバー曲 1. この曲は 1977年ジェネシスGenesis脱退後のファースト・アルバム(タイトルなし『Car』と呼ばれる)に収録。 同年シングル・カットされビルボード・チャートにラインクイン、 1983年にもライブ・バージョンがシングル・カットされまたもビルボード・チャートにラインクイン。現在(といっても2011年にアルバムを発表以来新作リリースがなく、活動が間遠くなっていることが非常に悲しいのだが)もス…

  • 傑物の至言-47 安部公房

    日本では、あの作品の批評で、ラストが“希望のはじまり”と受けとるものがあった。しかし、そういう次元で割り切られたら困るんだなあ。もし、そんなふうに割り切れてしまうのなら、文学の世界、その存在理由が意味をもたなくなるじゃないか。小説はいらなくなり、批評だけあればいいのではないですか。文学は自分に必要なのか、なぜそうなのか、という問いは、常に発せられる必要がある。しかし、それは答えをすぐ出すことのできることではないし、答えたとたんに意味がなくなる。けっして答えは表に出てこないはずです。 「国家からの失踪」(1967年)より 引用文の冒頭「あの小説」とは代表作『砂の女』のこと。 文学者、小説家は批評…

  • 優しい曲-8 「サッド・ソング」ルー・リード / Sad Song( Lou Reed)

    「サッド・ソング」ルー・リード / Sad Song( Lou Reed) 1. この曲は 2. 音源 3. 映像 4. この曲の優しさ 5. カバー曲 1. この曲は 傑物の至言-27でも取り上げたルー・リード(Lou Reed)の1973年の超名盤アルバム『ベルリン(BERLIN)』に収録。 若い人たちには伝わらないかもしれぬが、当時はアルバム1枚をコンセプト・アルバムとして制作することがよくあった。 一曲目に威勢のいい曲で初めて3曲目にシングル・カットするような自信曲を入れ、B面には1、2曲まぁまぁの曲を入れて後はとりあえずの曲で挟んで全8〜12曲で完成、ポップ・ミュージックの作り方とは…

  • 優しい曲-7 「ヴィンセント」ドン・マクリーン/VINCENT(Don McLean)

    「ヴィンセント」ドン・マクリーン/VINCENT(Don McLean) 1. この曲は 2. 音源 3. 映像 4. この曲の優しさ 5. カバー曲 1. この曲は ドン・マクリーン(Don McLean)といえばアメリカン・パイ(Amerivcan Pie)、 The Day the Music Died アメリカン・パイ(Amerivcan Pie)より 飛行機事故でミュージシャンの先達が亡くなってしまったことを ”音楽が死んだ日”と歌って1971年、当時のシングル盤AB両面を使っての8分30秒の曲が4週連続で全米1位を獲得した。 以来、アメリカン・パイ(Amerivcan Pie)はス…

  • 優しい曲-6 「ジェシー」ジャニス・イアン/JESSE(JANIS IAN)

    「ジェシー」ジャニス・イアン/JESSE(JANIS IAN) 1. この曲は 2. 音源 3. 映像 4. この曲の優しさ 5. カバー曲 1. この曲は 1973年、第一回で紹介したロバータ・フラック(Roberta Flack)がカバーしたことで脚光を浴び、1974年、ジャニス・イアン(JANIS IAN)自身の「ジャニスの私小説(STARS)」に再収録した。 毎回いちいち指摘しないけれど、日本のレコード会社担当者の邦題をつけるセンスの酷さといったら書いていて恥ずかしくなる。それが嫌で昔から原題で覚える癖がついてしまい、邦題を言われてもそれがどの曲のことなのかわからないことがしばしば。 …

  • 優しい曲-5 「君に捧げるサンバ」サンタナ/Samba Pa Ti (SANTANA)

    1970年の2ndアルバム『天の守護神(Abraxas) 』収録曲。 ブラック・マジック・ウーマン(Black Magic Woman)が収録されたことからビルボード全米アルバム・チャート1位になる程の大ヒット。アルバム『天の守護神(Abraxas) 』自体、名盤。 天の守護神(期間生産限定盤) サンタナ CD サンタナ(SANTANA)といえばリーダーのカルロス・サンタナ(Carlos Santana)の 「官能的」「泣きの」ギター。Prince、高中正義など世界的なギタリストが影響を受けたとされる。 Santana - Samba Pa Ti (Live at Montreux 2011)…

  • 優しい曲-4 「イン・ア・センチメンタル・ムード」デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン

    イン・ア・センチメンタル・ムード (In a Sentimental Mood)/ デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン(Duke Ellington & John Coltrane) デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン CD あぁ、圧倒的な優しさ。 このプレイの前に言葉を書くだなんて、何という不毛。無謀な行為。 ただ聴くべし。 Duke Ellington & John Coltrane - In a sentimental mood おしまい。 としてしまったら、この文は毎回そうなってしまうので、 無力を感じながら書くのである。 Duke Ellington's Origin…

  • 傑物の至言-46 中上健次

    われわれ、例えば高速道路をつけようとしている、あるいは空港を設けようという、それは政治や経済のスローガンですよ。ところが、政治というか皆さん方は、高速道路をつけることが自己目的、目的化してしまう。あるいは空港をつけることが、目的である、本当は、そんなことは目的でも何でもないんです。高速道路をつけて、人間は、例えば経済的に豊かになりたい豊かになるんだけど、豊かになって、それで何をするのかというと、本当は、本当のことっていうと、魂が、生きて良かった、われわれ人生に生を享(う)けて良かった、この陽の光を浴びて良かった、自分達の子供が良く生きてくれる、そのことを、本当はやりたいわけなんです。それが目的…

  • 優しい曲-3「バイ・ディス・リヴァー」カバー集

    原曲「バイ・ディス・リヴァー」ブライアン・イーノ/[By This River]Brian Eno これまで一回も気にしたことがなかったが、前回紹介したので調べてみたら20人以上にカバー漁れていることを知った。敢えて追記。 大御所とはいえシングルも切られていないアルバム収録曲をミュージシャン達(自身の選択かどうか知らねど)はちゃんと聴いて知っているのだなぁ、と感心。 しかもクラシック・バイオリニストのマリ・サムエルセン(Mari Samuelsen)、ジャズ・ヴォーカリストのシセル・ベラ・ペテルセン(Sissel Vera Petteerson)、坂本龍一など興味深い。 この文を書がなければ聴…

  • 優しい曲-2 「バイ・ディス・リヴァー」

    「バイ・ディス・リヴァー」ブライアン・イーノ/[By This River]Brian Eno 本名はBrian Peter George St. Jean le Baptiste de la Salle Eno 傑物の至言-5 Brian Eno (ブライアン・イーノ) | 傑物たちの至言 で紹介した傑物の一曲。 ブライアン・イーノBrian Enoと言えばアンビエント・ミュージックの巨匠くらいの称号で語られてしまうが、とてつもない存在。 ・楽器が弾けない(自称) ・音楽の究極の在り方を常に追求している ・音、音色、音響、リズムなど音楽に関連するもの総てに意識的 ・ゴリゴリの前衛、現代音楽と…

  • 優しい曲-1 「愛は面影の中に」

    「愛は面影の中に」ロバータ・フラック/[The First Time Ever I Saw Your Face]Roberta Flack First Take Roberta Flack Atlantic / Wea CD: 一番はじめに書く曲がカバー・ソングになってしまった。基本的にこの特集は「原曲主義」なのだけれども、この曲ばかりはロバータ・フラック(Roberta Flack)の歌唱を紹介しないわけにはいかない。 1957年、ユアン・マッコール(Ewan MacColl)というフォーク・シンガーがペギー・シーガー(Peggy Seeger)という歌手に作った曲だった。後にペギー・シーガ…

  • 優しい曲-1 「愛は面影の中に」

    「愛は面影の中に」ロバータ・フラック/[The First Time Ever I Saw Your Face]Roberta Flack First Take Roberta Flack Atlantic / Wea CD: 一番はじめに書く曲がカバー・ソングになってしまった。基本的にこの特集は「原曲主義」なのだけれども、この曲ばかりはロバータ・フラック(Roberta Flack)の歌唱を紹介しないわけにはいかない。 1957年、ユアン・マッコール(Ewan MacColl)というフォーク・シンガーがペギー・シーガー(Peggy Seeger)という歌手に作った曲だった。後にペギー・シーガ…

  • 傑物の至言-45 岸田秀

    日本の近代は明治維新以来のナショナリズムの動員に由来します。しかし戦後は、戦勝国アメリカが標榜する自由と民主主義に基づく価値観に全面更新されました。 戦後の日本人を精神分析すると、「攻撃者との同一視」がうかがえます。疑似的に勝者の立場に身を置くことにより、敗者となった事実を否定する心理です。冷静にみると、戦後日本はアメリカの属国として服従しているのは明らかですが、それを認めるのは屈辱なので「日米パートナーシップ」などと対等性を装っているのが実情です。 安倍晋三首相が掲げる「戦後レジームからの脱却」は、矛盾を巧妙にごまかすものです。ただ、これが国民の安寧を保つ作用も否めません。事実の否定は国家の…

  • 傑物の至言-44 倉本聰-2

    みんな、ものを考えなさすぎる。上の方からの発想ではなく、もっと下から物事を見て、視野や議論の場を広げなければいけない。海抜ゼロから考える姿勢が必要な時代に来ている」 「未来は暗いですよ。若い人たちを見ていると、知識はあるけど、知恵がない。 (2018/1/4 日刊スポーツ) 僕は最近、よく「5合目からの発想」という言葉を使います。いま富士山を5合目から登るのが常識になっていて、文明が発達すると6合目までエスカレーターがついたり、7合目にヘリポートができたりするかもしれない。 だけど、それは登る選択肢も視野も狭めてしまっているんです。逆に「海抜ゼロ」はそれが無限にある。そこから考え直せば、もっと…

  • 傑物の至言-43 倉本聰

    純「電気がなかったら暮らせませんよッ」 五郎「そんなことないですよ」 純「夜になったらどうするの!」 五郎「夜になったら、寝るンです」 (『北の国から』での台詞) 日本人は便利であることが豊かさであると捉えています。しかし「豊か」を辞書で引くと「リッチであること」のあとに「且つ幸せであること」と続く。 「'70年代の生活スタイルに戻れば、電気使用量は現在の5分の2で済みます。だから、原発は必要ない。ただ、生活は不便になるでしょう。どちらを選びますか」と。1階席は一般の方で、2階席には高校生の団体が入っていたのですが、1階席のほとんどの人が昔に戻るほうに手を上げたのに対して、2階席の高校生たちの…

  • 傑物の至言-42 Bruno Dumont(ブリュノ・デュモン)

    「映画というのはカット自体が意味を持つのではなくて、カットとカットの関係から意味が生じます。ですから私はなるべくニュートラルな演技を求めます。そのカットを編集して初めてそこに意味が生じます。 私は過剰な演技、はっきりと意味が読み取れるような見え見えの演技が嫌いです。私が好むのはむしろ断絶や破綻であって、俳優の表情が無関心でもかまいません。極端に言えば演技は必要ありません。そこにあるのは非演技、演技の不在です」 さすがである。 『ユマニテ/L’Humanite』『欲望の旅(Twentynine Palms)』『フランドル(Flandres)』を観た時の衝撃。 こんな確信的な映画を撮る人は最近あま…

  • 傑物の至言-41 Bill Evans(ビル・エヴァンス)

    真剣にジャズ・プレイヤーになろうとするならば、ジャズ・プレイヤーには自分自身以上の教師はいないという結論になります。 (1959年マサチューセッツ州レノックスのジャズ音楽学校の臨時講師を務めた後のコメント『ビル・エヴァンス ジャズ・ピアニストの肖像』ピーター・ゲッティンガー著相川京子訳より) 日本人にオールタイム・ベスト・ジャズ・アルバムのアンケートをすればここ最近の一位はビル・エヴァンス(Bill Evans)の『ポートレイト・イン・ジャズ(Portrait in Jazz)』か『ワルツ・フォー・デビイ(Waltz for Debby)』。 ポートレイト・イン・ジャズ+1 アーティスト: ビ…

  • 【Greatest Classical Music Recordings】BBC

    クラシック畑でも同様のALL TIME BESTがこれも何故か2012 1位 ワーグナー/ニーベルングの指環(ゲオルグ・ショルティ/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団)/デッカ/1965-1966年Wagner: Der Ring Des Nibelungen-Solti / Wiener Philharmoniker / Decca (1956-65) 2位 ベートーヴェン/交響曲第5番&7番(カルロス・クライバー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団)/ドイツ・グラモフォン/1965-1966年Beethoven: Symphony no.5 & 7-Kleiber / Wiener Phi…

  • 【Greatest Classical Music Recordings】BBC

    クラシック畑でも同様のALL TIME BESTがこれも何故か2012 1位 ワーグナー/ニーベルングの指環(ゲオルグ・ショルティ/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団)/デッカ/1965-1966年Wagner: Der Ring Des Nibelungen-Solti / Wiener Philharmoniker / Decca (1956-65) 2位 ベートーヴェン/交響曲第5番&7番(カルロス・クライバー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団)/ドイツ・グラモフォン/1965-1966年Beethoven: Symphony no.5 & 7-Kleiber / Wiener Phi…

  • 傑物の至言-40 Van Morrison (ヴァン・モリソン)

    『One for the money , two for the show ~(1に金、2にショー)』だなんて勘弁してくれよ。ロックは反体制でなくちゃ。ロックンロールとは自由なんだ。 1に金なんてのは、ロックンロールの意味したところから余りにも掛け離れている。 ロック・スターなんてものは存在しない、それは幻想だと言ってるんだよ。 1993年 ヴィクトリア・クラークによるインタビュー(翻訳:染谷和美) 音楽業界なんてそんなに素晴らしいものじゃないし、素晴らしいものだったこともないということだよ。物事に投影されイメージは、そのもの自体よりもずっと大きいんだ。 1993年 ヴィクトリア・クラークによ…

  • 番外編 【映画監督が選んだ】&【映画批評家が選んだ】映画ベスト10 2012年(BFI)

    BFI(British Film Institute)英国映画協会による 2012年の映画アンケート結果について別のブログで書きました www.dolphinkick.tokyo www.dolphinkick.tokyo

  • 【映画批評家が選んだ】映画ベスト10 2012年(BFI)

    【映画監督が選ぶベスト映画】と同時に実施された【映画批評家が選んだ映画】、 1位「めまい」 アルフレッド・ヒッチコック監督 2位「市民ケーン」 オーソン・ウェルズ監督 3位「東京物語」 小津安二郎監督 4 位「ゲームの規則」 ジャン・ルノワール監督 5位「サンライズ」 F・W・ムルナウ監督 6位「2001年宇宙の旅」 スタンリー・キューブリック監督 7位「捜索者」 ジョン・フォード監督 8位「これがロシアだ」 (ジガ・ヴェルトフ監督) 9位「裁かるるジャンヌ」 カール・テオドール・ドライエル監督 10位「8 1/2」 フェデリコ・フェリーニ監督 2012 BFIからの発表 先の2012年度版「…

  • 【映画批評家が選んだ】映画ベスト10 2012年(BFI)

    【映画監督が選ぶベスト映画】と同時に実施された【映画批評家が選んだ映画】、 1位「めまい」 アルフレッド・ヒッチコック監督 2位「市民ケーン」 オーソン・ウェルズ監督 3位「東京物語」 小津安二郎監督 4 位「ゲームの規則」 ジャン・ルノワール監督 5位「サンライズ」 F・W・ムルナウ監督 6位「2001年宇宙の旅」 スタンリー・キューブリック監督 7位「捜索者」 ジョン・フォード監督 8位「これがロシアだ」 (ジガ・ヴェルトフ監督) 9位「裁かるるジャンヌ」 カール・テオドール・ドライエル監督 10位「8 1/2」 フェデリコ・フェリーニ監督 2012 BFIからの発表 先の2012年度版「…

  • 【映画監督が選んだ】映画ベスト10 2012年(BFI)

    - The Directors’ Top 10 Greatest Films of All Time - (英国映画協会(BFI)による2012年版) 1位/東京物語【 監督 】 小津安二郎【 出演 】 笠智衆 2位/2001年宇宙の旅【 監督 】 スタンリー・キューブリック【 出演 】 キア・デュリア 3位/市民ケーン【 監督 】 オーソン・ウェルズ【 出演 】 オーソン・ウェルズ 4位/8 1/2【 監督 】 フェデリコ・フェリーニ【 出演 】 マルチェロ・マストロヤンニ、アヌーク・エーメ 5位/タクシードライバー【 監督 】 マーティン・スコセッシ【 出演 】 ロバート・デ・ニーロ、ジョ…

  • 傑物の至言-39 Ivo Pogorelich(イーヴォ・ポゴレリチ)

    私の演奏では無作為に出て来る響きはひとつもありません。すべての響きはまず私の頭の中に現れ、思考を続けてから演奏されます。 これは「カンフー」です。カンフーの名人は煉瓦を割るとき、手を降ろす前にどれだけの力が必要で、どの角度で煉瓦を割るべきか、また煉瓦を割るときと材木を割るときとはどう違うのかを知っているに違いありません。 同じ道理で、ピアニストとしての私の技量は各種の音色をつくり出す知識と研究に基づいて、絶えず練習を続ける事によって支えられているのです。 『ピアニストが語る!現代の世界的ピアニストたちとの対話 増補版』より 普通のクラシック・ファンには「ポゴレリチ事件」の主役として有名。 少し…

  • 傑物の至言- 38 Paul Simon/ポール サイモン

    ~ Ten thousand people, maybe more People talking without speaking People hearing without listening People writing songs that voices never share And no one dared Disturb the sound of silence ~ 一万人、いやもっといるかな 喋っていながら話していない 聞こえていても聴いちゃいない 書かれた曲の気持ちは届かない 誰も自らあえて沈黙の音のまま放っておくのさ 『Sound of Silence(サウンド・オブ・サイ…

カテゴリー一覧
商用
読者になる