小さな接骨院の業務日誌
読者になる
住所
出身
ハンドル名
miboroさん
ブログタイトル
小さな接骨院の業務日誌
ブログURL
https://miboro.muragon.com/
ブログ紹介文
柔道整復師歴40年の私が現在の状況に思う事。
自由文
-
更新頻度(1年)

24回 / 172日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2019/04/20

miboroさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,852サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,673サイト
健康管理 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 822サイト
整骨・接骨 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 573サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,852サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,673サイト
健康管理 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 822サイト
整骨・接骨 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 573サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,852サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,673サイト
健康管理 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 822サイト
整骨・接骨 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 573サイト

miboroさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、miboroさんの読者になりませんか?

ハンドル名
miboroさん
ブログタイトル
小さな接骨院の業務日誌
更新頻度
24回 / 172日(平均1.0回/週)
読者になる
小さな接骨院の業務日誌
  • 治療私見(06)・・・RICE以外の捻挫・打撲の応急処置

    身体の働きからRICEを考えてみますと、 接骨院が健康保険を使って治療(施術)できる、 捻挫・打撲・挫傷・骨折や脱臼の応急処置であってもRICEは、 止むを得ない事情がなければ、 とても勧められるモノではないのです。 止むを得ない事情とは、 人生を左右する程の行事(試験や試...

  • 治療私見(05)・・・RICE

    現在、私達が受けている治療(施術)の殆んどは対症療法です。 対症療法は感染症や怪我等の急性期の応急処置に適した治療法ですから、 慢性の体調不良(病気)の回復には本来ならば適していないのです。 では接骨院が健康保険を使って治療(施術)しているモノ(打撲・捻挫・挫傷等)には、 ...

  • 治療私見(04)・・・負傷原因

    治療(施術)の際には注意すべき点が幾つかありますが、 その中の一つが何度も言っている事ですが、 急性や慢性を問わず原因を特定する事なのです。 治療(施術)の目的の一つには、 症状(検査結果も症状の一つ)が消える事がありますが、 ここで勘違いしてはいけない事は、 症状(検査結...

  • 治療私見(03)・・・(疼痛)逃避姿勢

    私達にとって姿勢が歪む(ズレる)のは正常な身体の反応であり、 そのお陰で私達は普段から違和感や不快感の無い生活が送られるのです。 然しこの有り難い働きが私達を勘違いさせてしまう事もよくある事なのです。 それが体調不良(怪我や病気)を治し損ねた時です。 足首を捻挫した時には傷...

  • 治療私見(02)・・・民間療法(伝統医療)

    健康や病気を考える場合は温故知新でなければいけません。 温故知新とは、昔のことをよく学び、そこから新しい知識や道理を得ること。また、過去の事柄を研究して、現在の事態に対処すること。                       「故事ことわざ辞典:温故知新」より 然し今では健...

  • 治療私見(01)・・・「不憫な人」を見て思った事

    「不憫な人」(2019/08/02~2019/08/23)で紹介した4人は、 全てが本当の事であり私の接骨院では氷山の一角です。 私がこの4人で言いたい事は、 お医者さんや鍼灸師や他の柔道整復師が治療して治せなかったものを、 私は治せたという見当外れな自慢話しではありません...

  • 不憫な人(08)・・・柔道少年(Dくん)

    最後に紹介するのは当時小学6年生だった柔道少年のDクンです。 ある日、Dクンは柔道の練習中に右のふくらはぎを傷めてしまいました。 そこでDクンのお母さんは、 ふくらはぎに貼る湿布が欲しいだけの目的で、 近所の整形外科を受診したのです。 その整形外科ではレントゲンを撮り、 「...

  • 不憫な人(07)・・・野球少年(Cくん)

    次に紹介するのは当時中学1年生だったCクンです。 Cクンは小学生の頃から野球をしていて、 中学に入ってからも野球部に入り熱心に練習をしていたのですが、 ある時から練習をすると右肘が痛むようになったのです。 そして痛くなると近所の接骨院で治療を受けるのですが、 一向に痛みが取...

  • 不憫な人(06)・・・ゴルファー(Bさん)

    次に紹介するのは、 12歳の頃からゴルフを始めて、 現在はプロゴルファーの25歳のBさんです。 Bさんは20歳の時は大学生で●●に住んでいました。 その時にゴルフの練習中に左手首を傷めてしまったのです。 然し左手首は一向に治らなかったので、 生活の拠点であった●●から始まり...

  • 不憫な人(05)・・・サッカー少年(Aクン)

    これから4回に亘って紹介するのは、 私の接骨院に来た不憫な人(不憫だった人)です。 この4人に共通しているのは、 現在の医療(医学)の理屈では決して間違った事はしていないし、 お医者さんや柔道整復師が間違った事(ミス)をした訳でもないのですが、 然し体調不良(怪我)を回復さ...

  • 健康とは(04)・・・健康の六(七)大条件

    前回は病気の回復と予防を、 武芸の言葉である守破離に当て嵌めて説明しました。 然しこれは私の勝手な妄想ではありません。 実はこれが日本に古くから伝わる健康の、 超々々初級の考え方でもあるのです。 そこで今回は離である健康増進に付いて説明します。 健康状態が増進した時とは、 ...

  • 健康とは(03)・・・守破離

    健康を回復する事は、 その人の本来の状態に戻る事で、 それは身体に備わった働きが、 正常に働くようになる事です。 然し現在の医療福祉の専門家の行う治療や生活習慣の指導は、 実際には症状(検査結果も症状の一つ)を目安として進められていて、 これは対症療法と言って応急処置として...

  • 健康とは(02)

    健康とは現在は次の図のように考えられると思います。 普段から健康に無頓着な人は当然は、 暴飲暴食・運動不足・加齢(更年期)・ストレス(疲労)等により、 ある日、突然に体調が悪くなったり、 健診や検査の数値に異常が見付かった人は、 それを放っておくと身体は確実に弱っていくのが...

  • 健康とは(01)・・・不憫な人(04)

    平成31年4月11日の事です。 4年程前に私の接骨院で事務をしていたオバちゃんが久し振りに来ました。 このオバちゃんは接骨院で事務をしていた当時は、 40㎞のマラソンを完走できたばかりか次の日には筋肉痛が全く出ず、 60歳であるにも係わらずお肌年齢は42歳と判定されて、 検...

  • 現状(09)・・・柔道整復師として

    「現状・・・不憫な人:生活習慣の指導が仇になった人」(2019/06/14) で紹介した人は実は意外に多くいます。 それは身体に良いと考えられている(指示指導されている)事で、 逆に身体の回復を邪魔したり、 回復を長引かせ四苦八苦している人です。 特に体調不良(怪我や病気)...

  • 現状(08)・・・不憫な人(03):生活習慣の指導が仇になった人

    この人は以前から血圧と血糖値を下げる薬を飲んでいて、 血圧は上が110で血糖値も正常だからと、 どこも悪いところはないと言っている60歳代の女性です。 以前はそれで治療を終了したのですが、 今回、何年か振りに接骨院に来院したのは、 背中と腰が痛くなったからでした。 事情を聞...

  • 現状(07)・・・生活習慣の指導が適した人

    家畜が短期間の体調(商品価値)を維持する健康管理法法だけで、 人の数十年間の健康が考えられるとは私には思えません。 然しそんな家畜の健康管理法でも、 一定の効果がある人がいるのも事実です。 それは怪我や病気で病院に入院している人と、 社会の第一線から退いた元々元気な高齢者で...

  • 現状(06)・・・家畜の健康管理

    病気になる事を前提とした理屈で健康を考えると、 健康や病気は素人では手が出せない程、 難解なものになってしまうのです。 これでは国民医療費が増えるのも当然なのですが、 国(厚生労働省)は国民医療費を抑制する為だけに、 (国民保健の向上が主な目的ではありません) 平成14年に...

  • 現状(05)・・・病気基準の健康

    人間は病気をしないもの ・・・・・今日の人は、生理学、医学、親から、人間は病気をするものと教えこまれている。これがいけない。自然科学は発達の途中で、未だ分からぬものがいろいろある。たとえば人間とは何か。そのほんの一面が分かっただけで、本当の姿は分かっていない。だから一面では...

  • 現状(04)・・・曖昧な健康と病気

    「現状・・・日本の歴史から健康を考える①(2019/05/03)」 「現状・・・日本の歴史から健康を考える②(2019/05/10)」 で説明したように、 日本人は非常にゆっくりとした時間の流れの中で、 その間には数値化できる資料では常に良い結果を見せられて、 その実、多く...

  • 現状(03)・・・日本の歴史から健康を考える②

    そんなベルツ先生の憂いた事は、 明治政府は様々な事情があったのでしょうが、 国の近代化(欧米化)を推し進める事で無視されて、 国の近代化の流れの中で日本人の生活も大きく変わっていったのです。 その中でも最も日本人の生活に影響を及ぼしたのが食の変化だったのです。 それは片山一...

  • 現状(02)・・・日本の歴史から健康を考える①

    人の歴史をみてみますと、 嘗て一度として無病だった時代は、 何処の国にも無かった事が分かります。 何時の時代もその国の環境や情勢に応じて流行った病気があったのです。 つまり人の歴史は病気との闘いの歴史と言っても過言ではないのです。 だから医療(医学)・福祉・公衆衛生等の考え...

  • 現状(01)・・・国民総不健康時代

    これは柔道整復師が健康保険の取り扱いができるようになった、 (多分)公式の理由だと思います。 ・・・医療上では若干問題とされたが、昭和11年に各都道府県ごとに所在の柔道整復師会と協定を結び料金表を定めて委任状の方式をとって以来現在に至っている。  これは整形外科担当の医療機...

  • 不憫な人・・・健康保険に拘る人

    Aさんはやや遠方から私の接骨院に来院した人です。 「私は●●さんの紹介で●●市から来ました。」 と言いました。 私は、 「どうしたの?」 と聞きますと、 「以前、足の親趾を骨折して整形外科で治療をしていましたが、  ギプスが取れた時にお医者さんから、  「後は日常生活で慣ら...

  • 柔道整復師の魅力(03)

    徒手検査は検査する人の身体の状態・先入観・知識・熟練度・何を診たいのかでも、 結果は違ってしまうのはよくある事です。 私がカイロプラクティックの治療院で経験した事で言えば、 股関節の可動性(屈曲)でも診る部分によっては、 可動性に制限がある側よりも、 制限が無くよく動く側に...

  • 柔道整復師の魅力・・・徒手検査

    「骨折の整復をすると気になって3日は寝られない。」 という師匠の意外な言葉に、 「こんな名人のような先生でも骨折の整復は難しいのか。」 と思った私は、 骨折(不全骨折)や脱臼を上手に整復できるようになるよりも、 それ以外のものを得手にしていく事を考えるようになっていきました...

  • 柔道整復師の魅力・・・不憫な人

    今回は私の接骨院に来院した不憫な人の話しをします。 最初の人は少し前(3年程)の話しです。 この人は当時70歳半ばの電気屋の社長さんです。 ある晩、お酒を飲んで自転車で帰宅中に、 自転車が側溝に落ちて転倒し肩を打ってしまたのです。 以来、日に日に痛みは強くなり腕も挙がらなく...

  • 柔道整復師の魅力(02)・・・触る

    今から40年前には既に、 (小さな)接骨院では骨折(不全骨折)や脱臼を治療する事は難しい状況だったのです。 その上、骨折(不全骨折)や脱臼は整形外科で治療するものと考える人が増えて、 接骨院での需要は確実に減っている状況で、 稀にしか来ない骨折(不全骨折)や脱臼に備えるより...

  • 柔道整復師の魅力(01)・・・触診

    最近、私は柔道整復師関係のホームページやブログを見るようになりました。 まあ色々な考え方もあるものだと感心するのですが、 中でも「教えて!goo」や「Yahoo知恵袋」の質問や回答を読んでみますと、 呆れるものが多くそんなものを幾つも読むと気が滅入ってくるのですが、 そこで...

カテゴリー一覧
商用