searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

CafeHopperさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ジュヌセクワ 
ブログURL
https://obachanusa.wordpress.com/
ブログ紹介文
アメリカ在住。元形而上学的女の子、今はただのオバサン。高等遊民にあこがれるもかなわず、ボーッと珈琲を飲む。趣味は刺繍
更新頻度(1年)

31回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2019/04/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、CafeHopperさんをフォローしませんか?

ハンドル名
CafeHopperさん
ブログタイトル
ジュヌセクワ 
更新頻度
31回 / 365日(平均0.6回/週)
フォロー
ジュヌセクワ 

CafeHopperさんの新着記事

1件〜30件

  • 理学療法士さんにヨガの呼吸法を習う

    火曜日に退院し、家に帰るとすぐに電話がなった。 理学療法士さんが、夫への運動療法を行うため、木曜日に我が家まで出張してくれるとのこと。 入院前、坂道を少し登るだけで息が上がり、入院中は管に繋がれ、ほとんど歩行不可能だった夫の下肢を中心とした全身持久力を向上させる為に、理学療法士さんが様々なプログラムを考えてくれる。 今日来てくれたのはインド人の女性。理学療法士チームのチーフ。 彼女がプログラ…

  • 医者にもハズレがある。大ハズレもある。

    今日で病院通いが4日目。 夫は元気になっているようで、それでもかなり疲れているようにもみえる。 今まで大病などしたことがない人が、体の不調を訴えるようになった。 今年の2月、夫は足が痺れて感覚がないと言い出した。 かかりつけ医に電話で相談したら、 「そんなこと聞いたこともない。多分気のせいでしょう」と言われた。 夫はかなり憤慨していたのだが、コロナだし、かかりつけ医はズームでの診療だけで、患…

  • 大学病院のICUはすごかった。

    今朝、九時半には家を出て、大学病院へ。 十時から面会受付が始まるのだが、少し早く着いたらすでに長蛇の列ができていた。 受付で身分証明書を見せ、誰に会いに行くのか告げると、コンピューターに全ての情報を入力して、それから名札がプリントアウトされる。病院はビーチに近い山側にあるので、風の強さが半端ない。 同じ列に並んでいたおばさまから、ここにくるときはダウンジャケットをきてこないと寒くてやりきれな…

  • 夫、救急から入院へ。

    木曜日の夜、突然、息ができないと夫が言ってきた。しばらく深呼吸などをして息を整えていたのだが、横になると余計に酷くなると言う。 救急に行こうと言ったのだが、明日になったら大丈夫かもしれないと、そのままベッドに入る夫。 そして、金曜日の朝、六時過ぎ。もう無理だ救急に行く。救急車を呼ぶほどではないと言ったので、ウーバーで大学病院の救急へ。 朝早かったからか、救急の待合室には他の患者さんはおらず、…

  • はな、はな、はな、はな、秘すれば花

    ここ数日、脳内でこの歌が繰り返し流れている。 作詞:なかにし札、 作曲:筒美洋平 クドカン最高! 只今都会に滞在中。 毎日、あのカフェ、このカフェと春の陽気に誘われて、観光客のいない、地元民だけのカフェの屋外の席でボーッとコーヒーを楽しみ、暖かい日差しを満喫する。 ワタクシ、ラテもカプチーノも普通は飲まないが、このカフェでだけカプチーノを頼む。 というのも、こちらは何十年もこの地で営業してい…

  • ケーキスタンド

    以前ブログに我が夫紅茶に嵌る!と書いたが、何故かいまだに紅茶フィーバーが続いており、やっと屋外での飲食が許可されたとはいえ、冬の田舎は雨。 そのため、家でアフタヌーンティーを楽しむために、スコーンを焼いておりまする。 こちらのケーキスタンドはLSA製。 無垢の木材と手作りのグラスが気に入っている。デザインもモダンだし。 夫は相変わらずヨークシャーゴールド(紅茶)が大好きだが、ミルクティーが嫌…

  • 第一回ワクチン接種

    第一回ワクチン接種無事終了。 ドライブスルーではなく、大学病院で接種してもらった。 すごい人数がいるんだろうなぁ〜と思っていたら、列など全くなく、空いている空いている。 Eチェックインとスクリーニングも全て事前にネットで完了していたので、受付もスイスイ通過。 4つほど部屋があって、ワクチンを接種してくれる人、接種が終わるたびに椅子をクリーニングする人、一回づつワクチンを持ってくる人の3人が各…

  • コロナワクチンてんやわんや

    ワクチン接種が開始し、アメリカ国民の願いも虚しく、都会も田舎もワクチン接種で大問題発生中。 というのも、電話で受け付ける所は、電話が繋がらない。ネットで予約をする所は、ウェブサイトが上手く機能しない。 あれだけ時間があったのに、どうしてもう少しきちんと準備ができなかったのだろう??? 都会の大学病院は、まあ上手く機能している。 夫は、夜間無呼吸症候群のため、既往症ありのグループのためか、都会…

  • ティーポット

    珈琲しか飲まなかった夫が突然、紅茶にはまった。 それもヨークシャーゴールドに。 一人で勝手にアマゾンで購入し、毎日午後にはティータイムとばかりに、スコーンとミルクティーを楽しんでいる。 写真のティーポットは、都会在住の日系アメリカ人の方が作ったもの。 日本の急須だが、夫はこれでヨークシャーゴールドをいれている。 カリフォルニアでは、65歳以上の人たちへのワクチン接種を開始するとのお達しがあっ…

  • コロナ感染者激増中!

    ご無沙汰です。 コロナ感染者の激増により、唯一の楽しみだったカフェのテラス席でのまったり珈琲タイムもできなくなり、田舎に引きこもっておりましたが、ついに都会へやってまいりました。 田舎も都会も感染者激増により、屋内屋外での飲食は禁止となり、都会は閑散としております。 でも、都会にくればテイクアウトでこんなものも食べられるし…(スパイシーワンタンざます) 東京も緊急宣言をしたと言っても、まだレ…

  • クリスマスツリーを飾る

    1ヶ月ほどブログを更新しておりませんでした。 今日は感謝祭。家族揃ってターキーを食べる日でございます。 コロナの影響で、大人数での集まりは禁止されているけど、そんなことを守るような国民ではないので、クリスマスにかけて感染者数が激増するのでは?なんてことがいわれております。 そんな感謝祭の朝、料理を仕込んで、それからクリスマスツリーの飾り付け。 エンジェルちゃんなど殆どのクリスマスオーナメント…

  • 突然の再登場、エルメルエブリン

    都会にいます。 と言っても、カフェでぼーっとする以外はお家でチクチクスローステッチをしているだけ。 都会はパンデミック以来、路上はホームレスに占拠され、車上荒らしや泥棒さんがうじゃうじゃいて、まあ安全とは言い難い。 それでも我が家は丘の上にあるので、ホームレスに家の前を占拠されたりはしていないし、坂を下りてカフェがある地域にいかない限りはホームレスに会うこともない。 ただし、車上荒らしや拳銃…

  • Slow Stitchに嵌る

    我家の女王蜂(義母)も静かに暮らしているみたいだし、ご近所さんとも殆ど交流がないので、ブログに書くネタもなく、ただひたすら心穏やかにスローステッチをしております。 家庭科が大嫌いだったワタクシは、お不器なので、運針なんか綺麗に出来なかったし、ミシンの使い方もまだよくわかっていないし、それでも何故か刺繍に嵌ってしまいチクチク三昧。 自由気ままに好きに刺すスローステッチがワタクシの性格にはあって…

  • 今年の秋はコンバースのハイトップ

    10月中旬だというのに、都会では30度を超える日が続いている。そしてこの暑さは金曜日まで続くとかで、田舎にはまた山火事警報が出ている。 それでも秋を先取りしたいワタクシは、コンバースのハイトップでお出かけ。 ボルドーに紺をハイライトで使っている。素材はレザー。 ボルドー色のストライプTシャツ〜〜〜、と探してみたものの、田舎に置き忘れてきたため、山火事で家が消失してしまう前に取りにいかないと!…

  • インスタグラムに救われて

    山火事にコロナ。 田舎は災難が続いている。 コロナでは、カリフォルニアで5番目に感染が酷い郡となり、昨日も4名の方がお亡くなりになり、連日50名以上の感染者を出している。 都会は昨日からレストランの屋内での食事が大丈夫となった。田舎はまだ暫くは泥沼から抜け出せない状態が続くのだろう。 トランプもコロナに感染し、とんでもない行動と発言を連発している。 バイデンは認知症?!なんて思ってしまうよう…

  • 都会の我家のビルディングで初の感染者

    今朝、マネージャーからメールが届いた。 それによると、我がビルディングで初のコロナ感染者が出たそうだ。 感染者は自宅でクアランティン中のため、感染者とその配偶者は共有場所やエレベーターは使用していない。 感染者と接触した恐れがある人たちの聞き取りを行い、検査が必要な人には検査を行うとのこと。 ドアマン、営繕の人などは必ずマスクをしているとはいえ、居住者と接触する機会があるので、彼らの健康面に…

  • 手染めのアンティークフレンチリネン

    小さい頃、と言っても中学生の頃の事だが、小石川植物園の植物学者の助手として働くのを夢見ていた。 古い木造建築の日当りの良いオフィスで、植物園に咲く珍しい草花を押し花にし、それにペンと黒インクでラテン語の学名を書く。 勿論、そんな仕事はあるわけないのだが、小石川植物園にいっては、ボーッとそんな事を思っていた。 ワタクシ、妄想好きの夢見る少女だったわね。 そんな妄想少女がオバサンになって見る夢は…

  • 女王蜂(義母)は引っ掻き回すのがお好き

    都会にいます。というのも、女王蜂(義母のこと)の誕生日が近づいていて、今年はパンデミックのため、ズームでバースデーパーティをする予定になっていた。 そしたらである。 女王蜂、孫とかひ孫とか大人数でやるのは嫌だと直前に言い出した。 すでに周りに話していた義兄、義弟が慌てて夫に電話をかけてきた。夫が女王蜂と話して、彼女が息子とその妻達だけでやりたいとのことだったので、そうしようと、義兄に話したら…

  • ステッチジャーナル3日目

    猛暑日が続いている。一昨日も昨日も40度を越える暑さ。 暑過ぎて外に出る気がしない。 今夜からまた山火事警報が出ている。 この前の火事がまだ完全に鎮火していないのに、乾燥が酷い上に、夜には北東の風が吹くそうで、もし火事が発生したら、強風により大変なことになってしまう。 今夜もベッドの脇にiPhoneをおいて寝ないといけない。 さてと、そんな猛暑が続く田舎で、ワタクシ、スローステッチを始めた。…

  • リバティプリントのヘアバンド

    今日から3日間、猛暑の予報。 連日100度(38度)を越える日が続く。 この暑さのため、家でおこもり。 コロナの感染者が増え続ける田舎。 美容室に行かないため、かなり髪が伸びた。その髪を今はリバティプリントのヘアバンドでとめる。 後ろ髪は外ハネ。60年代風の髪型を楽しんでいる。 このヘアバンドはイギリス製。 残念ながら、アメリカにはリバティプリントを使ったヘアバンドが見つからない。 それで、…

  • 刺繍のマスク

    ネットで手作り刺繍入りマスクを見つけた。 ちょっと良いじゃない?と思わずポチをして、それから待つ事1週間。 やっと届いたと思ったら、我家のメールボックスには配達された気配はない。 それでも、郵便物の追跡を見ると土曜日の朝10時半に配達済みとの表示が。 あーーーー、またか。 田舎の郵便局、誤配達が多い。 住民の皆様、かなりお怒りで、郵便局に文句は言うものの、改善される気配はない。 そして水曜日…

  • もしも私が死んだ時のスカーフ

    母が亡くなった時、棺に母がいつも身につけていたエルメスのスカーフを入れた。 色白で美しかった母にこのスカーフはとても良く似合っていた。 さて、もしも私の時は、このスカーフを入れて欲しい。 40年以上前に、フィレンツェのブランカッチ礼拝堂にマサッチオの楽園追放を見に行った時に買ったもの。 20代の私は、手で顔を覆い、慟哭するアダムの姿に何かを探し求めていた。その絵を見るためにだけフィレンツェに…

  • 刺繍キットPetite Vivienneが届く

    フレンチジェネラルから刺繍キットが届いた。 Jess Brownのデザインによるお人形さんシリーズの一つ、ヴィヴィエンヌちゃんである。 可愛いお洋服を着たお人形さんシリーズ。 5種類ほどあるのだが、初めての今回は、頭におリボンをつけたヴィヴィエンヌちゃんにしてみた。 山火事は消火活動が進み、我が田舎町では避難指示が解除になったが、それでも大気汚染が酷く、風向きによっては外にはいられない。 田…

  • 母にもらった50年以上前のケリーバッグ

    バーキンが世に出るもっともっと前からこのバッグは作られていた。 母のはかなり大きなサイズ。それゆえか、重くてもう持てないと、私が大学を卒業したとき、私のところにやってきた。 身長170cm、大柄な私にはちょうどいいサイズ。 傷だらけなのは、私と一緒に色んな国へと出かけたから。 もう飛行機に乗るのも、他の国に行くのも嫌になった高齢者の私のように、このバッグは今静かに部屋の片隅で休んでいる。 母…

  • テラス席で食べる方が美味しい?

    レストランの屋内での飲食がなかなか許可されないからか、 都会では車道にテーブルを置くための工事が行われている。 お店の前の路上駐車OKだった場所に、簡易テラスを作り、このようにしてテーブルを並べている。 オーナー曰く、工費は100万円ですって。 若者で賑わっていたバーも、半年以上営業を停止していたが、これ以上の損害は被れないとばかりに工事を始めた。 夏には観光客であふれていた都会も今年は静か…

  • 初めてのエルメス

    46年前、大学3年生の時、初めて一人でお巴里へ行った。 まだ1ドルが360円の頃。そして外貨持ち出しが確か1000ドルの時代。 出発前母からこっそりお金を渡され(そう、我が母、渡航者の決まりを守りませんでした)、エルメスに行って、コンスタンスを買ってらっしゃい。一生使えるからと言われた。 そして46年後、まだこのバッグを使っている。 カーフだし、持ち主が注意欠陥症のワタクシだから傷はいたると…

  • 姉の形見を身につける

    以前、「オシャレさん」というブログを書いていた。 そこには、母、姉の事をよく綴った。 67歳になった今、その頃の思いをこのブログに残しておきたいと思い、少しずつこのブログに「オシャレさん」に書いた事をアップしたいと思う。   ***************************   姉は65歳で亡くなった。母はそれよりも若く61歳。 それゆえに私も65歳が一つの区切りで…

  • お買い物袋:ピンクのアニエスb.

    夏になると、可愛い色を欲する。 黒xベージュもあったけど、甘ったるいピンクを選んでしまった。 コロナになってから、少し荷物が増えた。 予備のマスク、除菌スプレー、除菌ワイプなど以前は持たなかった物をこの中に入れてファーマーズマーケットに出かける。 気持ちを明るしてくれるし、年を取るに連れて、ピンクが好きになったオバチャンである。 朝起きると、ネットでコロナのニュースをチェックするのが日課にな…

  • 50年前のジョージジェンセンの指輪とブレスレット

    都会の家で探し物をしていたら、昔、昔、50年前、高校2年生の私と大学2年生の姉が母に買ってもらったジョージジェンセンが出てきた。 あの頃、我が母はダンスク、アラビアの食器を使っていて、赤坂東急ホテルのアーケードに出店していたダンスクのお店で、姉がジョージジェンセンのブレスレットが欲しいといい、それのおまけで私は指輪を買ってもらった。 大振りの指輪でシンプルかつお洒落なデザイン。 週末出かける…

  • 外国でアジア人として暮らすこと

    日本人が外国人がどこの国から来たのかよくわからないように、アメリカ人もアジア人の区別がつかない人が多い。 子供からニーハオと言われたら、ニーハオと答えるのよ、面倒臭いからと以前友達は言っていたけど、私も日の丸を顔に貼り付けるわけにもいかないので、どうでも良いや!と開き直っていた。 しかし、この間、田舎のファーマーズマーケットでちょっと嫌なことがあった。 コロナのため、ファーマーズマーケットで…

カテゴリー一覧
商用