chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
オタ録ブログ https://www.otalog.jp/

あるオタクの思考と嗜好をキロクしたブログ。アニメ・マンガ・ゲーム・フィギュアを中心としたカルチャー雑記

オフレット
フォロー
住所
東京都
出身
東京都
ブログ村参加

2019/04/17

arrow_drop_down
  • 『THE FIRST SLAM DUNK re:SOURCE』ブックレビュー[書評]:「痛みを乗り越え,一歩を踏み出す」

    THE FIRST SLAM DUNK re:SOURCE (愛蔵版コミックス) 作者:井上 雄彦 集英社 Amazon 2022年に公開された劇場アニメ『THE FIRST SLAM DUNK』は,原作者の井上雄彦自身が監督・脚本を務め,自作の大胆なリメイクに挑んだ作品として大きな注目を集めている。今回紹介する『THE FIRST SLAM DUNK re:SOURCE』(以下『re:SOURCE』)は,井上による作業過程やインタビューを掲載した一種の制作資料集である。映画を鑑賞しただけでは見えてこない試行錯誤の跡を知ることで,『THE FIRST SLAM DUNK』という作品の理解をいっ…

  • TVアニメ『お兄ちゃんはおしまい!』(2023年冬)第2話の演出について[考察・感想]

    *この記事は『お兄ちゃんはおしまい!』「#02. まひろと女の子の日」のネタバレを含みます。 「#02. まひろと女の子の日」より引用 ©︎ねことうふ・一迅社/「おにまい」製作委員会 onimai.jp www.youtube.com 現在(2023年冬)放送中のねことうふ原作/藤井慎吾監督『お兄ちゃんはおしまい!』(以下『おにまい』)は,“お兄ちゃんが妹になる”というTSF設定の妙に加え,OP/EDを含めた卓越したアニメーション技術がコアなファンの間で話題となっている。とりわけ伊礼えりが手がけた「#02. まひろと女の子の日」は,構図や芝居などの点でひときわ見応えのある話数となった。詳しく見…

  • 温故“創”新:「新しい命」への待望

    新年明けましておめでとうございます。 ラーメン屋に行ってラーメンを注文したら,ミラノ風豚骨パスタが出てきた。 などということが仮にあったとして,僕はそういう状況がさほど嫌いではない。というよりも,積極的に評価すらしたい。ましてそれが美味であれば。 昨今,昭和時代のアニメ作品のリメイクが増えている。おそらく理由は単純で,この時代の作品をリアルタイムで楽しんでいた世代の視聴者層が分厚いからだ。しかし過去作品を何らかの形でリサイクルする場合,どうしても付きまとう問題がある。過去作品に忠実であるべきか,それとも新機軸を打ち出すべきか。忠実と新機軸の配分をどうすべきか。 多くの視聴者に注目されるべく,無…

  • 2022年 アニメランキング[おすすめアニメ]

    *この記事にネタバレはありませんが,各作品について簡単なコメントを付しています。未見の作品を先入観なしで鑑賞されたい方は,下の目次から「ランキング表」へスキップするなどしてご覧ください。 2022年新作アニメの鑑賞数は,TVシリーズが48作品(『SPY×FAMILY』『サマータイムレンダ』など2クール作品は1作品としてカウント),劇場版が27作品だった(『劇場版 RE:cycle of the PENGUINDRUM』など前後編に分かれているものは1作品としてカウント。OVAに分類される作品でも,劇場で先行公開したものは「劇場版」としてカウント)。 以下,「TVアニメランキング」「劇場アニメラ…

  • 2022年 秋アニメランキング[おすすめアニメ]

    *この記事にネタバレはありませんが,各作品の内容に部分的に言及しています。未見の作品を先入観なしで鑑賞されたい方は,作品を先にご覧になってから本記事をお読みください。 今年も早年の瀬となり,秋アニメもほぼすべてが放送を終えた。期待作の多かった今クールの作品をみなさんはどうご覧になっただろうか。今回の記事では,恒例通り2022年秋アニメの中から,特にレベルの高かった10作品をランキング形式で振り返ってみたい。コメントの後には,作品視聴時のTweetをいくつか掲載してある。なお,最終話の評価によって,「2022年 秋アニメ 中間評価」ではピックアップしなかった作品が含まれることをお断りしておく。ま…

  • アニメと一緒に読んだ本 2022

    アニメは楽しい。それは間違いない。アニメという媒体は,それ自体で十分に楽しめる媒体だ。しかしその隣に,映画や音楽や書物などの別の媒体を置いてみよう。おそらく,単に楽しいだけだったアニメの中に,様々な含意や暗示や示唆が潜んでいることに気づくだろう。それは制作者が意図したことかもしれないし,まったくそうではないかもしれない。しかしそのようにして発見した細部をきっかけに作品の“読み”を広げていけば,通常の見方をしただけでは思いもよらない解釈に至る可能性が生まれる。言ってみれば,アニメと非アニメとの化学反応だ。だから僕はアニメと一緒に本を読む。アニメというビジュアルメディアのすぐ隣に,書物という文字メ…

  • 2023年 冬アニメは何を観る?来期おすすめアニメの紹介 ~2022年秋アニメを振返りながら~

    『REVENGER』公式HPより引用 ©︎REVENGER製作委員会 www.animatetimes.com 2022年 秋アニメ振返り ① 『アルスの巨獣』(オリジナル) ② 伊藤潤二『マニアック』 ③ 『大雪海のカイナ』(オリジナル) ④ 『吸血鬼すぐ死ぬ2』 ⑤ 『スパイ教室』 ⑥ 『NieR:Automata Ver1.1a』 ⑦ 『High Card』(オリジナル) ⑧ 『Buddy Daddies』(オリジナル) ⑨ 『火狩りの王』 ⑩ 『REVENGER』(オリジナル) ⑪ 『LUPIN ZERO』 2023年冬アニメのイチオシは… 2022年 秋アニメ振返り www.otal…

  • TVアニメ『モブサイコ100 Ⅲ』(2022年秋)第8話の演出について[考察・感想]

    *この記事は『モブサイコ100 Ⅲ』「08 通信中② 〜未知との遭遇〜」のネタバレを含みます。 「08 通信中②〜未知との遭遇〜」より引用 ©︎ONE・小学館/「モブサイコ100 Ⅲ」製作委員会 mobpsycho100.com www.youtube.com 第1期(2016年)と第2期(2019年)に続き,大きな注目を集めているONE原作/立川譲総監督『モブサイコ100 Ⅲ』。特に先日放送された「08 通信中②〜未知との遭遇〜」は,宇宙人との遭遇という突飛な物語として元々人気があった上に,第2期の伝説回「05 不和〜選択〜」を担当した名アニメーター・伍柏諭が腕を振るったとあり,SNSでも大…

  • 劇場アニメ『すずめの戸締まり』(2022年)レビュー[考察・感想]:“girl meets herself”ー廃墟の中で,彼女は彼女と出会う

    *このレビューはネタバレを含みます。必ず作品本編をご覧になってからこの記事をお読みください。また『雨を告げる漂流団地』と『ぼくらのよあけ』の内容にも一部触れておりますのでご注意ください。 『すずめの戸締まり』公式Twitterより引用 ©︎「すずめの戸締まり」製作委員会 suzume-tojimari-movie.jp www.youtube.com 新海誠監督『すずめの戸締まり』は,ラブストーリー,ロードムービー,マスコットキャラ,妖怪バトルなど多くのエンタメ要素を盛り込みながら,これまで以上に高いポピュラリティを獲得することを狙った作品だ。しかし同時に本作は,同監督の『君の名は。』(201…

  • 2022年 秋アニメ 中間評価[おすすめアニメ]

    *この記事にネタバレはありませんが,各作品の現時点までの話数の内容に言及しています。未見の作品を先入観のない状態で鑑賞されたい方は,作品を先にご覧になってから本記事をお読みください。 今年も残すところ一月半。2022年秋アニメもほとんどの作品がクール半ばまでの放送終えている。今回も,現時点までの当ブログ最注目作品を五十音順に(ランキングではないことに注意)いくつか取り上げてみたい。 なお「2022年 秋アニメは何を観る?」の記事でピックアップした作品は,タイトルを茶色にしてある。 www.otalog.jp 1 『異世界おじさん』 2 『機動戦士ガンダム 水星の魔女』 3 『サイバーパンク エ…

  • アニメを“書く” ーグーテンベルクの比較的小さな銀河系の中でー

    近所の町の本屋がおしゃれスーパーになっていた。また一つ,町から活字文化が姿を消した。 …というのはやや感情的に過ぎるノスタルジーかもしれない。以前と比べれば電子書籍の比率は(当初の予想より限定的とは言え)増しているだろうし,そもそもニッチ分野の書籍ならネットで買う方がはるかに便利だ。一般的な町の書店が減少し,店主の趣味を全面に押し出した超個性的な書店だけが生き残る,というのは必然的な流れなのだろう。そう言えば,かの槙島聖護だって「紙の本を買いなよ」とは言ったが,「町の本屋で買え」とは言わなかったのだ(もっとも,読書の感覚体験を重視する彼は,そのように主張してしかるべきなのだが)。 とは言え,現…

  • TVアニメ『ぼっち・ざ・ろっく』(2022年秋)第1〜3話の演出について[考察・感想]

    *この記事は『ぼっち・ざ・ろっく』「#1 転がるぼっち」「#2 また明日」「#3 馳せサンズ」のネタバレを含みます。 「#3 馳せサンズ」より引用 ©︎はまじあき/芳文社・アニプレックス bocchi.rocks www.youtube.com はまじあき原作/斎藤圭一郎監督『ぼっち・ざ・ろっく』は,隠キャ生活を脱出すべくギターを始めたぼっちこと後藤ひとりが,コミュ障を克服しながら女子高生ガールズバンドとして活躍していく姿を描いた“きらら枠”TVアニメである。ユニークな構図・デフォルメ・モーションなどによって,ぼっちのコミカルなキャラを豊かに演出した本作は,アニメーションの楽しさを改めて教えて…

  • TVアニメ『Do It Yourself!!』(2022年秋)すてっぷ①(第1話)とすてっぷ②(第2話)の演出について[考察・感想]

    *この記事は『Do It Yourself!!』すてっぷ①とすてっぷ②のネタバレを含みます。 『Do It Yourself!!』オープニングアニメーションより引用©︎IMAGO/avex pictures・DIY!!製作委員会 diy-anime.com www.youtube.com 現在(2022年秋)放送中の米田和弘監督『Do It Yourself!!』は,ものづくりを通して新たな価値を見出す女子高生たちの姿を描いたオリジナルアニメである。キャラクターのデザインやモーションなどが丁寧に作り込まれている一方で,大胆な舞台設定と構図で人間関係を暗示するなど,ユニークな技が冴える良作だ。原…

  • 2022年 夏アニメランキング[おすすめアニメ]

    *この記事にネタバレはありませんが,各作品の内容に部分的に言及しています。未見の作品を先入観なしで鑑賞されたい方は,作品を先にご覧になってから本記事をお読みください。 『メイドインアビス 烈日の黄金郷』第12話「黄金」より引用©︎つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「烈日の黄金郷」製作委員会 秋が急激に深まる中,今年の夏アニメも最終話の放送がほぼ終了し,すでに秋アニメの放送が始まっている。ここで恒例通り,2022年夏アニメの中から特にレベルの高かった7作品をランキング形式で振り返っておこう。 www.otalog.jp www.otalog.jp 7位:『ちみも』 6位:『組長娘と世話係』…

  • TVアニメ『メイドインアビス 烈日の黄金郷』(2022年夏)レビュー[考察・感想]:「憧れ」ー禁忌と聖性の彼岸へー

    *このレビューはネタバレを含みます。必ず作品本編をご覧になってからこの記事をお読みください。 『メイドインアビス 烈日の黄金郷』公式Twitterより引用 ©︎つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「烈日の黄金郷」製作委員会 miabyss.com www.youtube.com つくしあきひと原作/小島正幸監督『メイドインアビス 烈日の黄金郷』(以下『黄金郷』)は,2017年夏に放送された第1期テレビアニメ,および2020年に公開された『劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明』の続編であり,原作第6巻から10巻までの内容を基にしている。前作にも増して過酷さと残酷さを極める物語は,本作のライト…

  • 『メイドインアビス 烈日の黄金郷』ファプタ〈キャラ(クター)〉考察

    *この記事はネタバレを含みます。 『メイドインアビス 烈日の黄金郷』公式HPより引用 ©︎つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「烈日の黄金郷」製作委員会 終盤の話数に入り,ますます苛烈さを極めていく『メイドインアビス 烈日の黄金郷』。この最終局面で,完全に主役を食う大立ち回りを演じているのが「成れ果ての姫」ファプタである。今回の記事では,この類まれな〈キャラ(クター)〉の魅力を分析してみよう。ポイントは久野美咲の演技である。 なお,本記事における〈キャラ〉と〈キャラクター〉という用語に関しては,以下の記事を参照頂きたい。 www.otalog.jp 〈キャラ〉としてのファプタ 幼女と魔獣 …

  • 2022年 秋アニメは何を観る?来期おすすめアニメの紹介 ~2022年夏アニメを振返りながら~

    『モブサイコ100 Ⅲ』公式Twitterより引用 ©︎ONE・小学館/「モブサイコ100 Ⅲ」製作委員会 www.animatetimes.com 2022年 夏アニメ振返り ① アキバ冥途戦争(オリジナル) ② 異世界おじさん ③ うる星やつら ④ 永久少年 Eternal Boys(オリジナル) ⑤ 機動戦士ガンダム 水星の魔女 ⑥ ゴールデンカムイ 第四期 ⑦ サイバーパンク エッジランナーズ(オリジナル) ⑧ SPY×FAMILY 第2クール ⑨ TIGER & BUNNY 2 Part2(オリジナル) ⑩ チェンソーマン ⑪ ヒューマンバグ大学 -不死学部不幸学科- ⑫ 不滅のあな…

  • TVアニメ『メイドインアビス 烈日の黄金郷』(2022年夏)第10話「拾うものすべて」の演出について[考察・感想]

    *この記事は『メイドインアビス 烈日の黄金郷』第10話「拾うものすべて」のネタバレを含みます。 第7話「欲望の揺籃」より引用 ©︎つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「烈日の黄金郷」製作委員会 miabyss.com www.youtube.com つくしあきひと原作/小島正幸監督『メイドインアビス 烈日の黄金郷』各話レビュー第2弾として,今回は第10話「拾うものすべて」を取り上げてみたい。ミーティに二度目の別れを告げるナナチ,過去の記憶を失ったままファプタの暴走を止めようとするレグ,レグを過去へと連れ戻そうとするファプタ。この三者に共通するのが,〈涙〉の演出である。 当然のことだが,涙の…

  • 「メイドインアビス展〜挑む者たちの軌跡〜」レポート[感想]:主線と一次的欲求が紡ぐ物語

    *このレポートにはネタバレはありませんが,『メイドインアビス』の内容に関する言及があります。先入観のない状態で鑑賞されたい方は,作品を先にご覧になってから本記事をお読みください。 『メイドインアビス』公式Twitterより引用 ©︎つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「烈日の黄金郷」製作委員会 art.parco.jp 現在放送中のつくしあきひと原作/小島正幸監督『メイドインアビス 烈日の黄金郷』。前作に引き続き,原作の過酷な描写を誠実に映像化するアニメスタッフの力量が高く評価されており,2022年夏クールの中でも大きな話題となっている作品の1つだ。「メイドインアビス展〜挑む者たちの軌跡〜…

  • TVアニメ『リコリス・リコイル』(2022年夏)第9話「What's done is done」の演出について[考察・感想]

    *この記事は『リコリス・リコイル』「#9 What's done is done」のネタバレを含みます。 「#9 What's done is done」より引用 ©︎Spider Lily/アニプレックス・ABCアニメーション・BS11 lycoris-recoil.com www.youtube.com 足立慎吾監督『リコリス・リコイル』の各話レビュー第2弾として,今回は「#9 What's done is done」を取り上げてみたい。総作画監督の山本由美子以下,作画班の技術が遺憾なく発揮された美麗な作画,主人公・錦木千束のキャラ(クター)を的確に表現した各種シーンなど,語りがいのある名…

  • TVアニメ『メイドインアビス 烈日の黄金郷』(2022年夏)第7話「欲望の揺籃」の演出について[考察・感想]

    *この記事は『メイドインアビス 烈日の黄金郷』第7夜「欲望の揺籃」のネタバレを含みます。 第7話「欲望の揺籃」より引用 ©︎つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「烈日の黄金郷」製作委員会 miabyss.com www.youtube.com つくしあきひと原作/小島正幸監督『メイドインアビス 烈日の黄金郷』は,前作の劇場版『深き魂の黎明』に続く,「深界第六層」の物語を描いた続編である。今回取り上げる第7話「欲望の揺籃」は,第六層でリコたちを迎える「成れ果ての村」の呪われた成り立ちが語られる重要な話数だ。『深き魂の黎明』以上に視聴者を戸惑わせる壮絶な物語だが,その詩的で隠喩に満ちた語り口は…

  • 2022年 夏アニメ 中間評価[おすすめアニメ]

    *この記事にネタバレはありませんが,各作品の現時点までの話数の内容に言及しています。未見の作品を先入観のない状態で鑑賞されたい方は,作品を先にご覧になってから本記事をお読みください。 2022年夏アニメもほとんどの作品が第6話までの放送を終え,およそクールの折り返し地点に達している。今回も,現時点までの当ブログ最注目作品を五十音順に(ランキングではないことに注意)いくつか取り上げてみたい。 なお「2022年 夏アニメは何を観る?」の記事でピックアップした作品は,タイトルを赤色にしてある。 www.otalog.jp 1. 異世界おじさん 2. サマータイムレンダ 3. ちみも 4. メイドイン…

  • 『リコリス・リコイル』錦木千束〈キャラ(クター)〉評価

    *この記事はネタバレを含みます。 『リコリス・リコイル』OPアニメーションより引用 ©︎Spider Lily/アニプレックス・ABCアニメーション・BS11 今期(2022年夏)もっとも注目されるオリジナルアニメ『リコリス・リコイル』。その優れた脚本力と,物語と緊密に連係した〈キャラ(クター)〉の作り込みは,近年のオリジナルアニメの中でも抜きん出てレベルが高い。今回の記事では,主人公「錦木千束(にしきぎちさと)」の〈キャラ(クター)〉の魅力を掘り下げてみよう。 なお,本記事における〈キャラ〉と〈キャラクター〉という用語に関しては,以下の記事を参照頂きたい。 www.otalog.jp 〈キャ…

  • TVアニメ『よふかしのうた』(2022年夏)第4夜「せまくない?」の演出について[考察・感想]

    *この記事は『よふかしのうた』第4夜「せまくない?」のネタバレを含みます。 第4話「せまくない?」より引用 ©︎2022コトヤマ・小学館/「よふかしのうた」製作委員会 yofukashi-no-uta.com www.youtube.com 板村智幸監督『よふかしのうた』は,『だがしかし』(原作:2014-2018年/TVアニメ:2016年,2018年)で知られるコトヤマの同名マンガを原作とするTVアニメだ。エイロマンティック気味の主人公・夜守コウが,吸血鬼の七草ナズナとの出会いを通して,"恋"と"自由"の意味を模索していくコメディ作品である。端々に見られる昭和風味の設定は,観る人を選ぶ可能性…

  • TVアニメ『リコリス・リコイル』(2022年夏)第3話「More haste, less speed」の演出について[考察・感想]

    *この記事は『リコリス・リコイル』「3 More haste, less speed」のネタバレを含みます。 「3 More hast, less speed」より引用 ©︎Spider Lily/アニプレックス・ABCアニメーション・BS11 lycoris-recoil.com www.youtube.com 足立慎吾監督『リコリス・リコイル』は,高校生に扮した少女たちが犯罪者を処分するというハードボイルドな設定と,それと対照的な「喫茶リコリコ」での日常的な風景を描いたオリジナルアニメだ。その華やかなルックと豊かな人物描写は多くの視聴者の心を捉え,今期もっとも注目されるオリジナルアニメとし…

  • アニメの〈キャラ(クター)〉評価のために

    ✳︎この記事は『メイドインアビス 烈日の黄金郷』に関するネタバレを含みます。 今後,当ブログでは,アニメ作品に登場する優れた〈キャラ(クター)〉を紹介する記事シリーズを展開していく予定である。そのためのいわば下準備として,〈キャラ〉〈キャラクター〉という言葉について整理しておこう。 伊藤剛の「キャラ」「キャラクター」概念 〈キャラ〉〈キャラクター〉評価事例 ① キャラ性:高/キャラクター性:低 ② キャラクター性:高/キャラ性:低 ③ キャラ高/キャラクター高 伊藤剛の「キャラ」「キャラクター」概念 僕らは何らかの作品の登場人物に言及する際,"キャラクター"と呼ぶこともあれば,"キャラ"と呼ぶ…

  • 平面と奥行きのdis/con-cord:「平家物語の彩 The Heike Story Illuminated」レビューに代えて

    平家物語の彩[いろ] 作者:でほぎゃらりー HeHe Amazon 2022年冬クールを大いに賑わせた山田尚子監督の『平家物語』。このほど,本作の背景美術を厳選して収録した美術画集が出版された。一見,よくあるタイプのアニメ美術画集だが,そこに収められた彩り豊かな美術を一覧し,制作者たちの言葉に耳を傾けた時,本作の中に,アニメの表現特性をめぐる一つの問題がーささやかではあるがはっきりとした形でー潜んでいたことがわかる。 〈日常〉としての京都 平面と奥行き 複数の主体と個の主体:2つの『平家物語』の語りの特性 書誌情報 〈日常〉としての京都 A5版程度の小ぶりな画集には,アニメ『平家物語』を美しく…

  • 劇場アニメ 映画『ゆるキャン△』(2022年)レビュー[考察・感想]:大自然の中心で「ゆる」く集う△

    *このレビューはネタバレを含みます。必ず作品本編をご覧になってからこの記事をお読みください。 アニメ『ゆるキャン△』シリーズ公式公式Twitterより引用 ©︎あfろ・芳文社/野外活動委員会 yurucamp.jp www.youtube.com あfろの同名マンガを原作とし,2018年(第1期)と2021年(第2期)にTVアニメ化された『ゆるキャン△』。今回の劇場版は,TVシリーズで高校生だった主人公たちの約10年後の姿を描いたオリジナルストーリーだ。時の経過とともに様々なものが移ろいゆく中,"キャンプの楽しさ"という素朴な価値観を大切に受け継ごうとする彼女たちのひたむきな姿を描いている。 …

  • 2022年 春アニメランキング[おすすめアニメ]

    *この記事にネタバレはありませんが,各作品の内容に部分的に言及しています。未見の作品を先入観なしで鑑賞されたい方は,作品を先にご覧になってから本記事をお読みください。 『かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-』公式Twitterより引用 ©︎赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 真夏を先取りする酷暑の中,今年の春アニメもほぼすべての作品が最終話を迎えた。恒例通り,2022年春アニメの中から特にレベルの高かった8作品をランキング形式で振り返っておこう。なお,今回は以前掲載した「2022年春アニメ 中間報告」でピックアップした作品からほとんど異同はない。 www.otalog.…

  • TVアニメ『かぐや様は告らせたい -ウルトラロマンティック-』(2022年春)第12話・第13話の演出について[考察・感想]

    *この記事は『かぐや様は告らせたい -ウルトラロマンティック-』第12話と第13話のネタバレを含みます。 ©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 kaguya.love www.youtube.com 『かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-』(以下『かぐや様ウルトラ』)が最終回を迎えた。原作の人気が高く,かつシリーズの3期目ということもあって,当初から注目度の高かった作品だが,蓋を開けてみれば,期待を軽々と超える出来栄えだった。おそらく近年の学園ラブコメの中でも抜きん出た傑作となったのではないだろうか。特に1時間スペシャルで放送された第12話「かぐや様は告りたい②」「かぐ…

  • 2022年 夏アニメは何を観る?来期おすすめアニメの紹介 ~2022年春アニメを振返りながら~

    『ユーレイデコ』公式HPより引用 ©︎ユーレイ探偵団 www.animatetimes.com 2022年 春アニメ振返り ① 異世界おじさん ② Engage Kiss(オリジナル) ③ 賭ケグルイ双 ④ 組長娘と世話係 ⑤ KJファイル(オリジナル) ⑥ シャドーハウス 2nd Season ⑦ ちみも(オリジナル) ⑧ BASTARD!!―暗黒の破壊神― ⑨ ブッチギレ!(オリジナル) ⑩ プリマドール(オリジナル) ⑪ メイドインアビス 烈日の黄金郷 ⑫ ユーレイデコ(オリジナル) ⑬ よふかしのうた ⑭ リコリス・リコイル(オリジナル) ⑮ RWBY 氷雪帝国 2022年夏アニメのイ…

  • 劇場アニメ『犬王』(2022年)レビュー[考察・感想]:〈有〉を語り継いだ物語

    *このレビューはネタバレを含みます。必ず作品本編をご覧になってからこの記事をお読みください。また,レビューの都合上,手塚治虫『火の鳥 太陽編』の内容にも触れていますのでご注意ください。 『犬王』公式Twitterより引用 ©︎2021 “INU-OH” Film Partners inuoh-anime.com www.youtube.com 湯浅政明監督『犬王』は,古川日出男の『平家物語 犬王の巻』(2017年)を原作とし,監督の古巣であるサイエンスSARUにて制作された劇場アニメーション作品である。時代考証を敢えて逸脱した楽曲の使用,独自の身体表象,過去と現在を接続した表現など,独創性の高…

  • 「Febri」がおもしろい!①

    febri.jp 「Febri」の記事がおもしろい。 当ブログの記事をお読みになる方には説明不要かもしれないが,「Febri」は2010年に一迅社より創刊され,当初は紙媒体の雑誌として刊行されていた。クリエーターのインタビューを中心に,原画や絵コンテの分析なども交えた意欲的な雑誌として評価も高かったが,2020年に紙媒体としては休刊し,現在ではWeb媒体のマガジンとして運営されている。 Web に移行してからの「Febri」は,紙媒体時ほど記事のバリエーションはないものの,各方面のクリエーターのインタビューや作品の特集記事などを矢継早に公開し,資料価値の高いメディアとしてこの分野でのプレゼンス…

  • 2022年 春アニメ 中間評価[おすすめアニメ]

    *この記事にネタバレはありませんが,各作品の現時点までの話数の内容に言及しています。未見の作品を先入観なしで鑑賞されたい方は,作品を先にご覧になってから本記事をお読みください。 2022年春アニメもほぼすべての作品が折り返し地点に差しかかろうとしている(『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争 シーズン2』は5月23日よりNetflixにて配信予定なので,本記事執筆時点では未配信。評価は後日変わる可能性がある)。今回の記事では,現時点までの当ブログ注目作品を五十音順に(ランキングではないことに注意)いくつか取り上げてみたい。 なお「2022年 春アニメは何を観る?」の記事でピックアップした…

  • 「輪るピングドラム展」レポート[感想]:今ここに"実在"するキャラクターたち

    *このレポートにはネタバレはありませんが,『劇場版 RE:cycle of the PENGUINDRUM[前編]君の列車は生存戦略』に関する言及があります。先入観なしで鑑賞されたい方は,作品を先にご覧になってから本記事をお読みください。 「輪るピングドラム展〜運命の至る場所〜」公式HPより引用 ©︎2021 イクニチャウダー/ピングローブユニオン penguindrum-exhibition.com 去年(2021年)放送10周年を迎えた幾原邦彦監督の傑作TVアニメ『輪るピングドラム』(以下『TV版ピンドラ』)。これを記念して『劇場版 RE:cycle of the PENGUINDRUM』…

  • 「平家物語 アニメーションガイド」レビュー:多声体としてのアニメ『平家物語』

    平家物語 アニメーションガイド (単行本) KADOKAWA Amazon 今年(2022年)冬クールにTV放映された,山田尚子監督『平家物語』。先日,この作品の魅力を振り返るためのガイドブックがKADOKAWAから出版された。豊富なインタビュー,的確なアニメーション解説,各話の演出意図など,『平家物語』をより深く知るための情報が詰め込まれた,たいへん優れたガイドブックだ。ここではその際立った特徴をいくつか紹介しよう。 ポイント①:アニメーション解説 ポイント②:絵コンテ・演出担当のコメント ポイント③:多彩なインタビュー 書誌情報 ポイント①:アニメーション解説 本書は「月刊ニュータイプ」編…

  • プチプチノイズとともに生きる:ヴァイナルの諸行無常

    元々のきっかけは夏目真悟監督『Sonny Boy』(2021年)だった。このアニメは物語もさることながら,楽曲の使い方がとてもいい。作品にすっかり惚れ込んだ僕は,アニメ視聴後,さっそくサントラCDを購入した。 落日飛車,VIDEOTAPEMUSIC,ザ・なつやすみバンド,ミツメ,Ogawa & Tokoro,空中泥棒,カネヨリマサル,toe,銀杏BOYZ。国内外の個性豊かなアーティストたちの楽曲を聴きながら,パンチの効いたあれやこれやのシーンを思い出す。一つひとつの曲の粒立ちがいいので,そうした聴き方が一際楽しい。 しかし楽曲にはたいへん満足したものの,何かが物足りない。そう,ジャケットだ。す…

  • TVアニメ『SPY×FAMILY』(2022年春)「MISSION:01 オペレーション〈梟〉」の演出について[考察・感想]

    *この記事は『SPY×FAMILY』「MISSION:01 オペレーション〈梟〉」のネタバレを含みます。 『SPY × FAMILY』公式HPより引用 ©︎遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会 spy-family.net www.youtube.com マンガ原作のアニメを観る上で最も面白いポイントは,"いかに原作を忠実に再現したか"というよりは,"いかに原作を解釈したか"だと思う。例えばアニメ化に際しては,しばしばコマとコマの間の動きや時間経過,背景の白抜き部分などを補填する必要があり,その部分がアニメ特有の"解釈"となることがある。また当然,声優陣の声の演技や劇伴なども原作に…

  • 2022年 冬アニメランキング[おすすめアニメ]

    *この記事にネタバレはありませんが,各作品の内容に部分的に言及しています。未見の作品を先入観なしで鑑賞されたい方は,作品を先にご覧になってから本記事をお読みください。 『平家物語』公式HPより引用 ©︎「平家物語」製作委員会 2022年最初のクールである冬アニメも,ほぼすべての作品が最終話を迎えた。今回の記事では,2022年冬アニメの中から,特にレベルの高かった7作品をランキング形式で振り返る。 なお,最終話までの評価によって,以前掲載した「2022年冬アニメ 中間報告」ではピックアップしなかったがランクインした作品,逆にビックアップしたが最終的にランクインしなかった作品が含まれることをお断り…

  • TVアニメ『平家物語』(2022年冬)レビュー[考察・感想]:〈日常〉を見る,〈無常〉を語る

    第十一話「諸行無常」より引用 ©︎「平家物語」製作委員会*このレビューはネタバレを含みます。必ず作品本編をご覧になってからこの記事をお読みください。 『平家物語』公式HPより引用 ©︎「平家物語」製作委員会 heike-anime.asmik-ace.co.jp www.youtube.com 山田尚子監督『平家物語』は,古川日出男の現代語訳をもとにしつつ,山田独自の感性でこの軍記物語を再解釈したアニメ作品である。オリジナルのキャラクター「びわ」という観察主体を導入することにより,『平家物語』に内在する叙情的な側面を際立たせることに成功した傑作だ。 あらすじ 〈見る〉を観る 「びわ」を呼びだす…

  • 2022年 春アニメは何を観る?来期おすすめアニメの紹介 ~2022年冬アニメを振返りながら~

    『SPY × FAMILY』公式HPより引用 ©︎遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会 www.animatetimes.com 2022年 冬アニメ振返り ① 阿波連さんははかれない ② インセクトランド ③ エスタブライフ グレイトエスケープ(オリジナル) ④ かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック- ⑤ 攻殻機動隊 SAC_2045 シーズン2 ⑥ 古見さんは、コミュ症です。 2期 ⑦ サマータイムレンダ ⑧ SPY×FAMILY ⑨ TIGER & BUNNY 2 ⑩ であいもん 2022年春アニメのイチオシは… 2022年 冬アニメ振返り www.otalog.jp…

  • TVアニメ『王様ランキング』第2クール(2022年冬)第二十一話「王の剣」の演出について[考察・感想]

    *この記事は『王様ランキング』「第二十一話 王の剣」のネタバレを含みます。 『王様ランキング』公式Twitterより引用 ©︎十日草輔・KADOKAWA刊/アニメ「王様ランキング」製作委員会 osama-ranking.com www.youtube.com 『王様ランキング』という作品には2つの意味での驚きがある。1つはその奇想天外なストーリー。個々のキャラクターの根本の目論みが最後まで明かされずにいるため,その意外かつ先の読めない行動に毎話,意表を突かれる。それがとてつもなく楽しい。 そしてもう1つは,もちろんアニメーション技術である。本作はアクションシーンを中心に,カメラワークや構図の取…

  • 劇場(OVA)アニメ『地球外少年少女』(2022年)レビュー[考察・感想]:Boys & Girls In the Middle of Nowhere

    *このレビューはネタバレを含みます。必ず作品本編をご覧になってからこの記事をお読み下さい。また同監督の『電脳コイル』の内容についても言及していますのでご注意ください。 『地球外少年少女』公式Twitterより引用 ©︎ MITSUO ISO/avex pictures・地球外少年少女製作委員会 chikyugai.com www.youtube.com 『電脳コイル』(2007年春・秋)以来15年ぶりとなる,磯光雄監督オリジナルアニメ『地球外少年少女』。20世紀の映像作品に頻出した〈宇宙〉という舞台を入念にバージョンアップしつつ,人とAIとの関わりや人の進化・未来といった壮大なテーマの中で,少…

  • 「東京人」2022年3月号 特集「新版画と東京」について:新版画・シティポップ・アニメーション

    月刊「東京人」 2022年3月号 特集「新版画と東京」 [雑誌] 作者:東京人編集室 都市出版 Amazon 東京都の魅力を紹介する月刊誌「東京人」の2022年3月号で,アニメファンにとって興味深い特集が組まれている。その名も「新版画と東京」。近年,展覧会が開かれるなどして俄に注目が集まっている「新版画」だが,意外にもアニメ・マンガ・イラストなど現代のジャンルとの親和性が高い。この特集では,新版画の歴史的成り立ちや代表的な画家についての詳細な解説に加え,アニメ監督のイシグロキョウヘイ,マンガ家・イラストレーターの江口寿史,アニメーション美術監督の山本二三らと新版画との出会いが扱われている。ファ…

  • 2022年 冬アニメ 中間評価[おすすめアニメ]

    *この記事にネタバレはありませんが,各作品の現時点までの話数の内容に言及しています。未見の作品を先入観なしで鑑賞されたい方は,作品を先にご覧になってから本記事をお読みください。 年が明けたと思えばあっという間にもう2月。2022年冬アニメも早くも折り返し地点に差しかかろうとしている。今回の記事では,現時点までの当ブログ注目作品を五十音順に(ランキングではないことに注意)いくつか取り上げてみたい。 なお「2022年 冬アニメは何を観る?」の記事でピックアップした作品は,タイトルを水色にしてある。 www.otalog.jp 1. 王様ランキング(第2クール) 2. からかい上手の高木さん 3 3…

  • 見える/見えないという〈視差〉のヴァリアンツ

    *このレビューは『となりのトトロ』『電脳コイル』『輪るピングドラム』『さらざんまい』『サマーゴースト』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『若おかみは小学生!』『見える子ちゃん』『平家物語』の内容に触れています。気になる方は本編をご覧になってから本記事をお読み下さい。 視覚メディアであるアニメやマンガには,霊界や異世界などが〈見える〉キャラクターと,それらが〈見えない〉キャラクターとが併存することにより,多重的な世界観が構築されている作品が少なくない。ここではこれを比喩的に〈視差〉*1 と呼ぶことにする。〈視差〉をモチーフとした作品は枚挙にいとまがないが,今回の記事ではいくつかのアニメ…

  • TVアニメ『明日ちゃんのセーラー服』(2022年 冬)第三話「部活はもう決めた?」の演出について[考察・感想]

    *この記事は『明日ちゃんのセーラー服』第三話「部活はもう決めた?」の内容に触れています。 『明日ちゃんのセーラー服』公式Twitterより引用 ©︎博/集英社・「明日ちゃんのセーラー服」製作委員会 akebi-chan.jp www.youtube.com 女子中学生たちの緩やかな学校生活を描いた博原作のマンガ『明日ちゃんのセーラー服』(2016年-)。現在(2022年冬)放映中の黒木美幸監督によるアニメ版は,博の美麗なキャラクター造形をうまくアニメ表現に落とし込みつつ,原作では省略されている背景美術のディテールを描き込むことで,原作とは一味違ったリアリズムを表現し得ている。今回の記事では,中…

  • TVアニメ『平家物語』(2022年 冬)を観る・読む・聴く[考察・感想]

    *この記事はネタバレを含みます。 『平家物語』公式HPより引用 ©︎「平家物語」製作委員会 heike-anime.asmik-ace.co.jp www.youtube.com 山田尚子監督『平家物語』のTV放映が始まった。京都アニメーションからサイエンスSARUへと制作母体が変わり,これまでの山田作品とはアニメーションのルックが大幅に変わったものの,美しく繊細かつユニークな"山田節"はすでに第一話から明確に打ち出されている。今回の記事では,山田版『平家物語』の魅力を「観る」「読む」「聴く」の3つの側面から紹介していこうと思う。 『平家物語』を観る 『平家物語』を読む 『平家物語』を聴く 作…

  • アニメレビュー評価ポイント案10項目

    アニメや映画などの作品評価を得点として示す方法は,大きく分けて2種類ある。1つは作品全体に対する印象やおすすめ度を大まかに数値化する方法。もう1つは,作品をいくつかの要素に分類し,それぞれの得点を数値として提示する方法だ。 当ブログのアニメレビューは後者の方法をとっている。具体的には,以下の10項目に関して5段階で評価し,記事の最後に「作品評価」としてそれぞれの得点数を挙げている。このほど,新たに【考察】というやや特殊なポイント加えた上で全体を改訂したので,これを機に当ブログの評価基準について紹介しておこうと思う。それぞれのポイントについて,最近の作品の中から高評価となった代表作を挙げてある。…

  • 乱,run,濫。

    新年明けましておめでとうございます。 唐突だが,僕は〈乱読〉という言葉が好きだ。『化物語』の戦場ヶ原ひたぎのように,ある時は「難しそうなハードカバー」を読み,またある時は「読むことによって知的レベルが下がってしまいそうな表紙のデザインのコミック本」を読む。そういう読み方 ー西尾維新は「濫読」という漢字を使っているー が僕は好きだし,そういう読み方が自分にとってはごく自然なのだ。 何を言いたいかというと,今年も僕はそういう〈乱(濫)読〉を続けていきたいということ。乱読にとどまらず,〈乱観(あらゆるジャンルの映像作品を観ること)〉〈乱聴(あらゆるジャンルの音楽を聴くこと)〉を徹底していきたいという…

  • 2021年 アニメランキング[おすすめアニメ]

    *この記事にネタバレはありませんが,各作品について簡単なコメントを付しています。未見の作品を先入観なしで鑑賞されたい方は,下の目次から「ランキング表」へスキップするなどしてご覧ください。 2021年新作アニメの鑑賞数は,TVシリーズが42作品(『不滅のあなたへ』『無職転生』など2クールでタイトル名が変化しない作品は1作品としてカウント),劇場版が23作品だった(『プリンセス・プリンシパル』などシリーズものは1作品としてカウント。OVAに分類される作品でも,劇場で先行公開したものは「劇場版」としてカウント)。 以下,「TVアニメランキング」「劇場アニメランキング」「総合ランキング」に分け,当ブロ…

  • 2021年 秋アニメランキング[おすすめアニメ]

    *この記事にネタバレはありませんが,各作品の内容に部分的に言及しています。未見の作品を先入観なしで鑑賞されたい方は,作品を先にご覧になってから本記事をお読みください。 『王様ランキング』公式Twitterより引用 ©︎十日草輔・KADOKAWA刊/アニメ「王様ランキング」製作委員会 秋アニメもほぼすべての作品が最終話を迎え,まもなく2021年の全クールが終了する。今回の記事では,2021年秋アニメの中から,特にレベルの高かった5作品をランキング形式で振り返る。なお,以前掲載した「2021年秋アニメ 中間報告」ではピックアップしたものの,残念ながら最終話の仕上がりで今回ランクインしなかった作品が…

  • 「庵野秀明展」レポート[感想]:〈庵野秀明というレンズ〉は何を映し出すのか

    「庵野秀明展」公式Twitterより引用 ©︎HIDEAKI ANNO EXHIBITION www.annohideakiten.jp 今年(2021年)『シン・エヴァンゲリオン劇場版: 』を発表し,1995年から始まる『エヴァ』シリーズの歴史に終止符を打った庵野秀明。『シン・ウルトラマン』や『シン・仮面ライダー』などの公開を控えた今,その創作は新たなステージに至ろうとしているように思える。本展示は,庵野の創作に影響を与えた特撮作品や,彼が直接関わった作品を中心に,膨大な量の資料によって“庵野秀明”という稀有なキャラクターの軌跡を辿る大規模展示である。 展示会データ 庵野秀明プロフィール …

  • 2022年 冬アニメは何を観る?来期おすすめアニメの紹介 ~2021年秋アニメを振返りながら~

    『平家物語』公式HPより引用 ©︎「平家物語」製作委員会 www.animatetimes.com 2021年 秋アニメ振返り ① からかい上手の高木さん3 ② 鬼滅の刃 遊郭編 ③ 錆喰いビスコ ④ 進撃の巨人 The Final Season Part 2 ⑤ その着せ替え人形は恋をする ⑥ 空色ユーティリティ(オリジナル) ⑦ 東京24区(オリジナル) ⑧ トライブナイン ⑨ 平家物語 2022年冬アニメのイチオシは… 2021年 秋アニメ振返り www.otalog.jp www.otalog.jp 2022年秋アニメは,前回の「何を観る?」の記事で紹介したオリジナルアニメの中に個人的…

  • 劇場アニメ『サマーゴースト』(2021年)レビュー[考察・感想]:未来に向かって走れ

    *このレビューはネタバレを含みます。必ず作品本編をご覧になってからこの記事をお読み下さい。 『サマーゴースト』公式HPより引用 ©︎サマーゴースト summerghost.jp www.youtube.com 『サマーゴースト』は,小説『君の膵臓をたべたい』(2015年)のイラストや,TVアニメ『Vivy -Fluorite Eye's Song-』(2021年 春)のキャラクター原案などで知られるloundrawが監督・原案を務める短編映画だ。40分という短尺ながら,光と影の演出や丹念な色彩設計によって独自の世界を描き出し,「死」に近接(メメント・モリ)しながら生の意味を問い直す若者たちの姿…

  • 2021年 秋アニメ 中間評価[おすすめアニメ]

    *この記事にネタバレはありませんが,各作品の現時点までの話数の内容に言及しています。未見の作品を先入観なしで鑑賞されたい方は,作品を先にご覧になってから本記事をお読みください。 2021年の最終クールとなる秋アニメも、早いもので半分ほどの話数の放送を終え,すでに折り返し地点に差しかかっている頃だ。今回の記事では,現時点までの当ブログ注目作品を五十音順にいくつか取り上げてみたい。 なお「2021年 秋アニメは何を観る?」の記事でピックアップした作品は,タイトルを茶色にしてある。 www.otalog.jp 1. 王様ランキング 2. 海賊王女 3. 古見さんは,コミュ症です。 4. 大正オトメ御…

  • アニメと一緒に読んだ本 2021

    ある個人の作品評は,その人の様々な文化体験の結節点だ。過去に読んだ書物や,作品に触発されて観た映画などの記憶が,意識的・無意識的を問わず評価軸に流れ込み,その人に固有の“枠組み”として結実していく。もちろん対象がアニメであっても同じだ。お読み頂いている方はお分かりと思うが,特に当ブログのアニメレビューは文学や思想の影響を受けていることが多い。今回の記事では,今年掲載したアニメレビューに関連する書籍をいくつか紹介してみようと思う(なお,過去に読んだものもあれば,作品鑑賞と並行して最近読んだばかりのものもある)。 マーク・トウェーン『王子と乞食』 エドウィン・アボット・アボット『フラットランド た…

  • 劇場アニメ『アイの歌声を聴かせて』(2021年)レビュー[考察・感想]:〈I(私)〉の歌声

    *このレビューはネタバレを含みます。必ず作品本編をご覧になってからこの記事をお読み下さい。また同監督の『イヴの時間』についても言及していますのでご注意ください。 『アイの歌声を聴かせて』公式Twitterより引用 ©︎吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会 ainouta.jp www.youtube.com 吉浦康裕監督の『アイの歌声を聴かせて』は,試験運用のAIの少女と,彼女の突飛な振る舞いに翻弄される高校生たちの姿を描いたSF青春群像劇である。同監督『イヴの時間』(Web:2008-2009年,劇場版:2010年)以来の「アンドロイドの心」というテーマを引き継ぎつつ,土屋太鳳の魅力的な…

  • TVアニメ『Sonny Boy』(2021年夏)レビュー[考察・感想]:たんぽぽは可能世界を越境する

    *このレビューはネタバレを含みます。必ず作品本編をご覧になってからこの記事をお読みください。また本記事はいわゆる“謎解き”はしていませんのでご了承ください。 『Sonny Boy』公式HPより引用 ©︎Sonny Boy committee anime.shochiku.co.jp 夏目真悟監督のアニメ『Sonny Boy』は,「学校」「漂流」「超能力」といった,それ自体としては古風な道具立てを用いながらも,極限まで説明を省いた奇想天外な物語と比類ないビジュアル表現によって,近年のオリジナル・アニメの中でも際立ってユニークな作品となった。結果として賛否相半ばする作品となったことは確かだが,その…

  • TVアニメ『古見さんは,コミュ症です。』(2021年 秋)第01話「喋りたいんです。」レビュー[考察・感想](「リアルサウンド映画部」掲載記事紹介)

    『古見さんは,コミュ症です。』公式Twitterより引用 ©︎オダトモヒト・小学館/私立伊旦高校 komisan-official.com 現在放映中の『古見さんは,コミュ症です。』は,作画や演出面でのクオリティが極めて高く,近年のラブコメアニメの中でもかなりリッチな作品に仕上がっていると言える。今回「リアルサウンド」に掲載した記事では,特に第01話「喋りたいんです。」の〈光と影〉の演出に着目し,その演出の妙を読み解いた。今後の視聴の参考に,ご一読願えれば幸いである。 realsound.jp なお〈光と影〉と言えば,現在放映中の『王様ランキング』第二話「王子とカゲ」にも優れた演出があったこと…

  • TVアニメ『王様ランキング』(2021年 秋)第二話「王子とカゲ」の脚本・演出について[考察・感想]

    *この記事は『王様ランキング』「第二話 王子とカゲ」までのネタバレを含みます。 『王様ランキング』公式HPより引用 ©︎十日草輔・KADOKAWA刊/アニメ「王様ランキング」製作委員会 osama-ranking.com www.youtube.com 十日草輔原作の『王様ランキング』(2017年-)は,まるで絵本のようにシンプルで柔らかいタッチながら,*1 キャラクターたちの運命の明と暗を正面から描いたマンガ作品である。今クール(2021年秋)放映中の八田洋介監督のアニメ版は,オリジナルのシーンなどを盛り込みつつ,アクションシーンやキャラクターのモーションなどアニメ固有の見せ場を作ることで,…

  • 劇場アニメ『プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第2章』(2021年)レビュー[考察・感想]:新たな“力”

    *このレビューはネタバレを含みます。必ず作品本編をご覧になってからこの記事をお読み下さい。 『プリンセス・プリンシパル』公式Twitterより引用 ©︎Princess Principal Film Project pripri-anime.jp www.youtube.com 前章から半年余り経ち,『プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第2章』が公開された。新たなキャラクター,新たな大道具が登場したことで,物語の構図が大きく変わっていくことを暗示した重要な章だ。同時に「王位継承権」という重要な設定がクロースアップされ,「Crown Handler」という副題の意味がいよいよ…

  • 2021年 夏アニメランキング[おすすめアニメ]

    *この記事にネタバレはありませんが,各作品の内容に部分的に言及しています。未見の作品を先入観なしで鑑賞されたい方は,作品を先にご覧になってから本記事をお読みください。 『Sonny Boy』公式HPより引用 ©︎Sonny Boy committee まだ残暑が厳しい陽気だが,すでに季節は秋。当然,秋アニメもその一部の放映が始まっている。早速パンチの効いたスタートダッシュを決めた作品も見られ,期待の高まるクールになりそうだ。 さて今回の記事では,2021年夏アニメを振り返り,特にレベルの高かった4作品をランキング形式で振り返ってみようと思う。なお,最終話近辺の出来具合により,以前掲載した「20…

  • 「魔法少女まどか⭐︎マギカ10(展)」レポート:明と暗の世界

    *このレポートには「魔法少女まどか⭐︎マギカ10(展)」の展示に関する記述があります。新鮮な気持ちで展示を鑑賞したい方は,まず展示をご覧になってからこの記事をお読みください。 「魔法少女まどか⭐︎マギカ」公式Twitterより引用 ©︎Magica Quartet/Aniplex・Madoka Partners・MBS 10th.madoka-magica.com www.youtube.com 『魔法少女まどか⭐︎マギカ』は今年(2021年)で10周年を迎え,新作『劇場版 魔法少女まどか⭐︎マギカ〈ワルプルギスの廻天〉』発表を含めた各種プロジェクトが始動している。 www.madoka-ma…

  • 「ふしぎの海のナディア展」レポート:アーカイブを必然に

    *このレポートには「ふしぎの海のナディア展」の展示に関する記述があります。新鮮な気持ちで展示を鑑賞したい方は,まず展示をご覧になってからこの記事をお読みください。 「ふしぎの海のナディア展」公式HPより引用 ©︎NHK・NEP www.nadia-exhibition.com 1990年から1991年にかけてNHKで放映された『ふしぎの海のナディア』。『エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明を筆頭とする錚々たるクリエイターが制作に携わっていたことに加え,波乱に満ちた物語や魅力的なキャラクター,さらには「島編」の伝説的なエピソードなども相俟って,30年経った今でも人気の高い作品だ。「ふしぎの海のナ…

  • 2021年 秋アニメは何を観る?来期おすすめアニメの紹介 ~2021年夏アニメを振返りながら~

    『逆転世界ノ電池少女』公式HPより引用 ©︎伽藍堂/「逆転世界ノ電池少女」製作委員会 www.animatetimes.com 2021年 夏アニメ振返り ① 王様ランキング ② 海賊王女(オリジナル) ③ かぎなど ④ 鬼滅の刃 遊郭編 ⑤ 逆転世界ノ電池少女(オリジナル) ⑥ サクガン(オリジナル) ⑦ シキザクラ(オリジナル) ⑧ Deep Insatinity THE LOST CHILD ⑨ でーじミーツガール(オリジナル) ⑩ プラチナエンド ⑪ プルーピリオド ⑫ 見える子ちゃん ⑬ 無職転生~異世界行ったら本気だす~ 第2クール ⑭ ルパン三世 PART 6 2021年秋アニメ…

  • TVアニメ『平家物語』放送発表について

    『平家物語』公式HPより引用 ©︎「平家物語」製作委員会 heike-anime.asmik-ace.co.jp www.youtube.com 9月3日,ひとつのビッグニュースがアニメファンをざわつかせた。山田尚子監督・吉田玲子脚本・高野文子キャラクター原案・サイエンスSARU制作のTVアニメ『平家物語』の放送決定の報だ。 “国産アニメ”のブームへ 山田尚子の去就は… PVを観て 作品データ “国産アニメ”のブームへ 日本人なら誰もが知る古典でありながら,TVアニメ化されるのは今回が初となる。古川日出男の現代語訳を定本としつつ,アニメオリジナルのキャラクター「びわ」を導入することで,アニメ作…

  • もっと違和感を!

    小説,哲学書,映画,マンガ,アニメ,絵画,何でもいい。ある種の“難解な”作品を読んでいて,あるいは観ていて,どうしても「わからない」と思う瞬間がある。あるいは,登場人物のキャラクターにどうしても共感できない瞬間がある。そんな時,人はたいていその作品に少なからず苛立ちを覚えるものだ。僕にもそういう経験は多くある。 アンリ・ベルクソンの『物質と記憶』は平易な用語なのに難解である。 夢野久作の『ドグラ・マグラ』を読むと主人公の狂気に感染しそうになる。 テオ・アンゲロプロスの『旅芸人の記録』は歴史なのか物語なのかさっぱりわからない。 『serial experiments lain』は何度観てもさっぱ…

  • TVアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(2011年)レビュー[考察・感想](「リアルサウンド映画部」掲載記事紹介)

    『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』公式Twitterより引用 ©︎ANOHANA PROJECT 10th.anohana.jp 2011年に放映された『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は今年で10周年を迎え,明日8月28日(土)には「ANOHANA 10YEARS AFTER Fes.」と題されたイベントが秩父で開催される。 今回「リアルサウンド」に掲載した記事では,長井龍雪・岡田麿里・田中将賀の「超平和バスターズ」が,『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』『心が叫びたがってるんだ。』『空の青さを知る人よ』のいわゆる“秩父三部作”において描き出した〈回帰(閉鎖)から離…

  • 2021年 夏アニメ 中間評価[おすすめアニメ]

    *この記事にネタバレはありませんが,各作品の現時点までの話数の内容に言及しています。未見の作品を先入観なしで鑑賞されたい方は,作品を先にご覧になってから本記事をお読みください。 2021年夏アニメも多くの作品が折り返し地点に差しかかっている頃だ。今回の記事では,現時点までの当ブログ注目作品を五十音順にいくつか取り上げてみたい。 なお「2021年 夏アニメは何を観る?」の記事でピックアップした作品は,タイトルを赤字にしてある。 www.otalog.jp 1. かげきしょうじょ! 2. 小林さんちのメイドラゴンS 3. Sonny Boy 4. ひぐらしのなく頃に 卒 5. マギアレコード 魔法…

  • 劇場アニメ『サイダーのように言葉が湧き上がる』(2021年)レビュー[考察・感想]:記号化する風景×「湧き上がる」声

    *このレビューはネタバレを含みます。 『サイダーのように言葉が湧き上がる』公式HPより引用(なお,コロナ感染拡大により,後悔は2021年7月22日(祝・木)に延期) ©︎2020 フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会 cider-kotoba.jp www.youtube.com 『サイダーのように言葉が湧き上がる』は,フライングドッグ10周年記念作品として製作された劇場アニメ作品である。『四月は君の嘘』(2014年秋-2015年冬)や『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』(2016年秋)などのTVアニメ作品を手がけてきたイシグロキョウヘイが監督を務…

  • 劇場アニメ『竜とそばかすの姫』(2021年)レビュー[考察・感想]:バーチャル/リアル二元論問題

    *このレビューはネタバレを含みます。 『竜とそばかすの姫』公式Twitterより引用 ©︎2021 スタジオ地図 ryu-to-sobakasu-no-hime.jp www.youtube.com 細田守監督オリジナル作品の第6作目であると同時に,『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム』(2000年),『サマーウォーズ』(2009年)に続いて“仮想世界”を描いた『竜とそばかすの姫』。異なる世界を往来しながらアイデンティティを自問するというこれまでのテーマに,中村佳穂演じるベルの歌唱を加えることで,ミュージカル映画としての要素を打ち出した意欲作である。はたして『竜とそばかすの姫』は前作…

  • 2021年 春アニメランキング[おすすめアニメ]

    *この記事にネタバレはありませんが,各作品の内容に部分的に言及しています。未見の作品を先入観なしで鑑賞されたい方は,作品を先にご覧になってから本記事をお読みください。 『オッドタクシー』公式HPより引用 ©︎P.I.C.S./小戸川交通パートナーズ すでに夏クールアニメの放送も始まっているが,今回の記事では,2021年春アニメの中から特にレベルの高かった5作品をランキング形式で振り返ってみようと思う。なお,以前掲載した「2021年春アニメ 中間報告」からランキングが変化した作品もある。 www.otalog.jp www.otalog.jp 5位:『ゴジラ S.P〈シンギュラポイント〉』 4位…

  • TVアニメ『オッドタクシー』(2021年春)レビュー[考察・感想]:空を舞うセイウチ,改変される世界

    *このレビューはネタバレを含みます。必ず作品本編をご覧になってからこの記事をお読みください。 『オッドタクシー』公式HPより引用 ©︎P.I.C.S./小戸川交通パートナーズ oddtaxi.jp www.youtube.com 木下麦監督/此元和津也脚本『オッドタクシー』は,その緻密な構成と洗練された語り口によって,近年のオリジナルアニメの中でも最も注目すべき作品の1つとなった作品だ。セイウチ,アルパカ,ゴリラ,サルなど,登場人物がすべて動物の姿をしている点も目を引く特徴だ。その意味で,本作は戦前の黎明期のアニメから続く“動物擬人化”の系譜に連なる ー少なくとも当初はそのように見えるー 作品…

  • TVアニメ『不滅のあなたへ』#1〜12(2021年春)レビュー[考察・感想]:不滅のあなたたちへ

    *このレビューはネタバレを含みます。 『不滅のあなたへ』公式HPより引用 ©︎⼤今良時・講談社/NHK・NEP www.anime-fumetsunoanatae.com www.youtube.com 『不滅のあなたへ』は,大今良時の同名マンガ(2016年-)を原作とするTVアニメ作品である。前作『聲の形』(マンガ:2013-2014年,劇場アニメ:2016年)とは打って変わり,膨大な時間の流れの中で生命の営みと価値を描く大河活劇だ。その意味では,同じく悠久の時の流れの中で永遠の命と個の命のドラマを描いた,手塚治虫『火の鳥』シリーズなどともテーマを共有する作品だ。現実世界における等身大の人物…

  • 劇場アニメ『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』(2021年)レビュー[考察・感想]:巨大なるマシーン,矮小なる人々

    *このレビューはネタバレを含みます。 『閃光のハサウェイ』公式HPより引用 ©︎創通・サンライズ gundam-hathaway.net www.youtube.com 富野由悠季の同名小説(1989-1990年)を原作とする『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は,『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)の時代から12年後の世界を描く劇場アニメ作品である。監督は『虐殺器官』(2017年)の村瀬修功。3部作のうち第1作目となる本作では,主要キャラクターであるハサウェイ,ギギ,ケネスの出会いが中心に描かれるが,すでにそこには独特な“富野節”を的確に映像化する村瀬の手腕が発揮されている。今…

  • 2021年 夏アニメは何を観る?来期おすすめアニメの紹介ー2021年春アニメを振返りながらー

    『Sonny Boy』公式HPより引用 ©︎Sonny Boy committee www.animatetimes.com 2021年 春アニメ振返り 小林さんちのメイドラゴンS Sonny Boy 白い砂のアクアトープ 天官賜福(読み:てんかんしふく) ひぐらしのなく頃に卒 マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 2nd SEASON RE-MAIN 2021年夏アニメのイチオシは… 2021年 春アニメ振返り www.otalog.jp www.otalog.jp 2021年春アニメは脚本の力が突出した作品が多かったように感じられる。 なかでも木下麦監督『オッドタクシー』は,対話劇の…

  • 劇場アニメ『映画大好きポンポさん』(2021年)レビュー[考察・感想]:Myself in the Film

    *このレビューはネタバレを含みます。 『映画大好きポンポさん』公式Twitterより引用(なおコロナ感染拡大により,公開は2021年6月4日(金)に延期) ©︎2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/ 映画大好きポンポさん製作委員会 pompo-the-cinephile.com www.youtube.com 『映画大好きポンポさん』は,杉谷庄吾【人間プラモ】原作の同名マンガをベースとし,劇場アニメ『空の境界 矛盾螺旋』(2008年)やTVアニメ『GOD EATER』(2015年夏,2016年3月)などの平尾隆之が監督を務める劇場アニメ作品だ。原作に込められた濃厚な“映画愛”をコ…

  • 「今石洋之の世界」展レポート:螺旋の中心には

    *このレポートには「今石洋之の世界」の展示構成に関する記述があります。新鮮な気持ちで展示を鑑賞したい方は,まず展示をご覧になってからこの記事をお読みください。 「今石洋之の世界」公式HPより引用 ©︎中島かずき・今石洋之・プロジェクト「グレンラガン」 ©︎TRIGGER・中島かずき/キルラキル製作委員会 ©︎TRIGGER・中島かずき/XFLAG ©︎カラー ©︎nihon animator mihonichi LLP. ©︎TRIGGER・今石洋之/宇宙パトロールルル子製作委員会☆彡 ©︎2003 Imaitoonz/Production I.G/MANGA ENTERTAINMENT ©︎…

  • TVアニメ『アクダマドライブ』(2020年秋)「#12 カンゼンバン」レビュー[考察・感想]:お前たちは生きろ

    *このレビューはネタバレを含みます。 『アクダマドライブ』「#12 カンゼンバン」より引用 ©︎ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 2020年冬クールに放映された『アクダマドライブ』は,一般的なTVシリーズの水準を超える映像美と骨太のストーリーによって,最近のオリジナルアニメの中でも高い評価を受けた作品である。 www.otalog.jp www.otalog.jp 2021年5月28日に発売されたBlu-ray/DVD第6巻には,最終話「#12 アクダマドライブ」のディレクターズカット版である「カンゼンバン」が収録された。TV放映版ではカットされていた処刑課・弟子と後…

  • 此元和津也の“対話篇”:『オッドタクシー』と『セトウツミ』のコミックダイアローグ[考察・感想]

    *この記事にネタバレはありませんが,『オッドタクシー』と『セトウツミ』の内容に触れています。先入観のない状態で作品を楽しみたい方は,作品本編をご覧になってから本記事をお読みください。 『オッドタクシー』公式HPより引用 ©︎P.I.C.S./小戸川交通パートナーズ 現在放映中のTVアニメ『オッドタクシー』(2021年春)は,原作のないオリジナル作品でありながら,その独特の語り口によってコアなアニメファンを惹きつけている快作だ。脚本を手がける此元和津也は,2006年にマンガ家としてデビューし,『セトウツミ』(2013-2017年)をヒットさせ,2018年以降は映像制作会社P.I.C.S.に所属し…

  • Webアニメ『愛してるって言っておくね』(2020年)レビュー[考察・感想]:12分間のミニマリズム

    *このレビューはネタバレを含みます。 『愛してるって言っておくね』公式HPより引用 ©︎2020 Oh Good Productions ifanythinghappensiloveyou.com www.youtube.com 『愛してるって言っておくね』(原題:If Anything Happens I Love You)は,娘を失った夫婦が,娘との思い出を通して徐々に立ち直っていく物語である。実話に基づかないフィクションではあるが,アメリカで頻発する銃乱射事件をモチーフにしており,そのリアリティはアメリカ人のみならず,多くの人の心を打つ。2021年に授賞式が行われた「第93回アカデミー賞…

  • 2021年 春アニメ 中間評価[おすすめアニメ]

    *この記事にネタバレはありませんが,各作品の現時点までの話数の内容に言及しています。未見の作品を先入観なしで鑑賞されたい方は,作品を先にご覧になってから本記事をお読みください。 『ゴジラ S.P〈シンギュラポイント〉』公式HPより引用 ©︎2020 TOHO CO., LTD. 2021年春アニメもおよそ3週目を迎え,そろそろ各作品の評価も安定してくる頃だ。今回の記事では,現時点までの当ブログ注目作品をいくつか取り上げてみよう。 なお「2021年 春アニメは何を観る?」の記事でピックアップした作品は,タイトルを緑字にしてある。 www.otalog.jp ゴジラ S.P〈シンギュラポイント〉 …

  • 「アニメージュとジブリ展 一冊の雑誌からジブリは始まった」レポート:〈アニメ〉を作った雑誌

    「アニメージュとジブリ展」公式Twitterより引用 ©︎1984 Studio Ghibli・H animage-ghibli.jp 1978年5月26日に徳間書店から創刊された「アニメージュ」は,「アニメ雑誌御三家(「アニメージュ」「アニメディア」「月刊ニュータイプ」)」の中でも最古参のアニメ専門誌だ。本展示は,創刊当初から1980年代まで編集の中核を担った鈴木敏夫の仕事に焦点を当て,「アニメージュ」が日本のアニメ文化の培養に果たした役割を紹介するものである。当時の雑誌の記事や原画・セル画などの貴重な資料に加え,普段あまりお目にかかれない「付録」のギャラリーなども展示されており,極めて見応…

  • OVA『ガールズ&パンツァー最終章 第3話』(2021年)レビュー[考察・感想]:突崩される弾道軌道

    *このレビューはネタバレを含みます。 公式HPより引用 ©︎GIRLS und PANZER Finale Projekt ©︎GIRLS und PANZER Film Projekt ©︎GIRLS und PANZER Projekt girls-und-panzer-finale.jp www.youtube.com 前回の第2話(2019年)から2年近く経ち,ようやく『ガールズ&パンツァー最終章』(以下『ガルパン最終章』)の第3話が劇場公開された。前回よりも日常パートを切り詰めた第3話は,以前にも増して対戦シーンそのものでドラマを語るような作りになっている。その分,戦車アクションの情…

  • 2021年 春アニメは何を観る?来期オススメアニメの紹介ー2021年冬アニメを振返りながらー

    『オッドタクシー』公式HPより引用 ©︎P.I.C.S./小戸川交通パートナーズ www.animatetimes.com 2021年 冬アニメ振返り 青い羽みつけた! エデン オッドタクシー ゴジラ S.P <シンギュラポイント> さよなら私のクラマー 擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD 戦闘員,派遣します! ゾンビランドサガ リベンジ SSSS.DYNAZENON 美少年探偵団 不滅のあなたへ 2021年春アニメのイチオシは… 2021年 冬アニメ振返り www.otalog.jp 2021年冬アニメは,原作もの・オリジナルともにアニメーション自体のクオリテ…

  • 劇場アニメ『シン・エヴァンゲリオン劇場版: 』(2021年)レビュー[考察・感想]:(de)odor

    *このレビューはネタバレを含みます。 『エヴァンゲリオン』公式Twitterより引用 ©︎カラー/Project Eva. ©︎カラー/EVA製作委員会 ©︎カラー www.evangelion.co.jp 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』『Q :3.333』版予告・改2【公式】 「さらば,全てのエヴァンゲリオン。」というコピーの通り,『エヴァンゲリオン』というコンテンツに決定的な終止符を打った『シン・エヴァンゲリオン劇場版: 』(以下『シン・エヴァ』)。はたして造物者たる総監督・庵野秀明は,己の被造物『エヴァ』をどう締めくくったのか。 作品データ(リンクはWikipedia,@wiki,企…

  • TVアニメ『ワンダーエッグ・プライオリティ』(2021年冬)「09 誰も知らない物語」で引用されたボードレールの「酔へ!」について[考察・感想]

    *この記事は『ワンダーエッグ・プライオリティ』「09 誰も知らない物語」のネタバレを含みます。 『ワンダーエッグ・プライオリティ』「09 誰も知らない物語」より引用 ©︎WEP PROJECT wonder-egg-priority.com 『ワンダーエッグ・プライオリティ』も9話を迎え,青沼ねいるの出自,第一秘書・田辺美咲とアカ・裏アカとの関係,「死の誘惑」とパラレルワールド,そして「あどけない悲しみ」という謎めいた言葉など,今後の展開を暗示する様々な要素が姿を見せた。いよいよ物語が佳境に入ることを予感させる象徴的な話数だったと言えるだろう。そしてラストシーンで引用されていたボードレールの詩…

  • 劇場アニメ『たまこラブストーリー』(2014年)レビュー[考察・感想]:Tamako's Principia

    *このレビューはネタバレを含みます。 『たまこラブストーリー』公式Twitterより引用 ©︎京都アニメーション/うさぎ山商店街 tamakolovestory.com 『たまこラブストーリー』ロングPV 「うさぎ山商店街」を舞台に繰り広げられる温かい人情ドラマを描いたTVアニメ『たまこまーけっと』(2013年冬)。その続編『たまこラブストーリー』(2014年)は,TVシリーズでペンディングにされていた,主人公・北白川たまこと大路もち蔵の恋の行方をめぐる劇場アニメ作品である。王道とも言えるストレートな恋愛模様を描くにあたり,監督の山田尚子はアニメーションの中に様々な記号を散りばめている。それを…

  • 劇場アニメ『プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第1章』(2021年)レビュー[考察・感想]:Tricksters

    *このレビューはネタバレを含みます。 『プリンセス・プリンシパル Crown Handler』第1章 公式HPより引用 ©︎Princess Principal Film Project pripri-anime.jp 「プリンセス・プリンシパル Crown Handler」第1章 本予告 TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』(2017年夏,以下『TVプリプリ』)は,「壁」,「ノルマンディー公との対決」,そしてとりわけ「アンジェとシャーロットの立場」等といった問題をペンディングにしたまま12回の放送を終えていた。『プリンセス・プリンシパル Crown Handler』(以下『プリプリCH』)…

  • 劇場アニメ『劇場版 美少女戦士セーラームーン Eternal《前編》《後編》』(2021年)レビュー[考察・感想]:セーラームーン・コンプレックス

    *このレビューはネタバレを含みます。また,TVアニメ版『美少女戦士セーラームーン SuperS』の内容にも触れていますので,気になる方は作品本編を鑑賞後に本記事をお読み下さい。 『美少女戦士セーラームーン』25周年記念プロジェクト公式Twitterより引用 ©︎武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会 sailormoon-movie.jp 劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《後編》予告映像/Pretty Guardian Sailor Moon Eternal The Movie Trailer 『劇場版 美少女戦士セーラームーン Etern…

  • 『Crystal』から『Eternal』へ:『美少女戦士セーラームーン』新プロジェクトを振り返る[考察・感想]

    *この記事にネタバレはありませんが,作品評価をしている箇所があります。先入観のない状態で作品を楽しみたい方は,作品本編をご覧になってからこの記事をお読み下さい。 『美少女戦士セーラームーン』25周年記念プロジェクト公式Twitterより引用 ©︎武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会 sailormoon-official.com 現在公開中の『劇場版 美少女戦士セーラームーンEternal《前編》』(以下『Eternal』)は,『美少女戦士セーラームーンCrystal』(2014-2016年)(以下『Crystal』)の続編として制作された劇場アニメであ…

  • 日本動画協会「アニメ産業レポート2020」を読んで:TVから配信・劇場へ

    日本動画協会が毎年発行している「アニメ産業レポート」は,国内外のアニメ市場の動向を知ることのできる貴重な資料だ。当ブログでは,アニメを〈産業〉という観点から俯瞰することによって,より広い視座から作品を鑑賞できるようになるという考えのもと,一昨年から継続してこの資料を紹介している。 本記事で紹介する「アニメ産業レポート2020」は,2019年の市場を分析したものである。したがって,2020年のアニメ市場に最も大きな影響を及ぼしたと考えられるコロナ禍と『鬼滅の刃 無限列車編』に関する言及は少ない(コロナ禍については部分的に言及があるが,市場の数値への具体的な影響は来年の「2021」版で詳述されるは…

  • TVアニメ『ワンダーエッグ・プライオリティ』(2021年 冬)「01 子供の領分」の演出について[考察・感想]

    *この記事は『ワンダーエッグ・プライオリティ』「01 子供の領分」に関するネタバレを含みます。 『ワンダーエッグ・プライオリティ』公式Twitterより引用 ©︎WEP PROJECT wonder-egg-priority.com 完全新作オリジナルTVアニメーション「ワンダーエッグ・プライオリティ」放送直後PV 『ワンダーエッグ・プライオリティ』は,『愛という名のもとに』(1992年),『高校教師』(1993年),『聖者の行進』(1998年)など,主にTVドラマにおいて数々の問題作を生み出してきた野島伸司が原案・脚本を手がけるオリジナルアニメだ。野島にとって初めてのアニメ作品でもある。 当…

  • TVアニメ『無職転生〜異世界行ったら本気だす〜』(2021年 冬)「#1 無職転生」の演出について[考察・感想]

    *この記事にネタバレはありませんが,『無職転生』「#1 無職転生」の内容に触れています。気になる方は本編をご覧になってからこの記事をお読み下さい。 『無職転生〜異世界行ったら本気だす〜』公式HPより引用 ©︎理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会 mushokutensei.jp TVアニメ『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』PV第3弾/2021年1月10日放送開始・毎週日曜24:00TOKYO MXほか 原作は,理不尽な孫の手による同名小説(Web版:2012-2015年)。いわゆる“なろう系異世界転生モノ”の先駆と言われており,「トラックに轢かれて死んだ主人公が異世界に転…

  • 2020年 アニメランキング

    ※この記事にネタバレはありませんが,各作品について簡単なコメントを付しています。未見の作品を先入観なしで鑑賞されたい方は,目次から「ランキング表」へスキップするなどしてご覧ください。 2020年新作アニメの鑑賞数は,TVシリーズが27作品,劇場版が14作品だった(並行して旧作も観ているが,ここではカウントしていない)。 以下,「TVアニメランキング」「劇場アニメランキング」「総合ランキング」に分け,2020年の個人的ランキングをカウントダウン方式で紹介する。視認性を高めるため,TVアニメは青字,劇場アニメは赤字にしてある。また各セクションの最後には「ランキング表」を掲載してある。 TVアニメラ…

  • TVアニメ『アクダマドライブ』(2020年秋)レビュー[考察・感想]:〈今ここ〉の物語

    *このレビューはネタバレを含みます。 『アクダマドライブ』公式Twitterより引用 ©︎ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 akudama-drive.com TVアニメ「アクダマドライブ」PV第2弾 「カントウの属国となったカンサイ」というユニークな設定,個性豊かなキャラクター,独特な作画と美術,そして奇想天外なストーリー。『アクダマドライブ』は,アニメの平均的な作法を尻目に,予想の斜め上を行く独自路線を突き抜けた。その意味で,2020年のオリジナルアニメの中で頭一つ抜けた作品となったと言えよう。 作品データ(リンクはWikipediaもしくは@wiki) サイバー…

  • 雑記:junk in my head すべてはジャンクのように

    僕の子どもの頃の玩具箱はひどいものだった。 親から譲り受けた三段の引き出しの小物入れに,お祭りの射的で手に入れた人形,ハサミ,超合金ロボの部品,セロテープ,接着剤,分解した時計の歯車,マンガ,キン消し,ボールペンなどが文字通りゴタマゼにぶち込まれていた。それでも,ぶち込んでから数ヶ月くらい経つと人並みに罪悪感を覚え,引き出しの一段目には文房具,二段目にはおもちゃ,といった“整理整頓“に挑んでみる。しかし,一つひとつのアイテムを眺めれば眺めるほど,それが文具なのかおもちゃなのかガラクタなのかわからなくなってしまう。だから結局,引き出しの中は何だかわからないカオスのままであり続けたのだ。 大人にな…

  • Colorful Anime:色と心の青春アニメたち

    *このレビューは『氷菓』『四月は君の嘘』『色づく世界の明日から』『荒ぶる季節の乙女どもよ』に関するネタバレを含みます。気になる方は本編をご覧になってから本記事をお読み下さい。 『四月は君の嘘』最終話「春風」より引用 ©︎新川直司・講談社/「四月は君の嘘」製作委員会 当ブログでは,これまでにも何度かアニメの色彩について触れてきたが,アニメ表現における色彩の意味は,いくら強調してもし過ぎることはないだろう。アニメは,色を自在にコントロールすることにより,マンガ・小説・映画などの他媒体に対して表現上のアドバンテージを持っている。とりわけ1990年代以降,制作工程のデジタル化が本格化されたことにより,…

  • 2021年 冬アニメは何を観る?ー2020年秋アニメを振返りながらー

    『ワンダーエッグ・プライオリティ』公式Twitterより引用 ⒸWEP PROJECT www.animatetimes.com 2020年 秋アニメ振返り アーヤと魔女 裏世界ピクニック SK∞ エスケーエイト スケートリーディング☆スターズ 天地創造デザイン部 バック・アロウ BEASTARS(第2期) 約束のネバーランド(第2期) ワンダーエッグ・プライオリティ 2021冬アニメのイチオシは… 2020年 秋アニメ振返り www.otalog.jp 2020年秋アニメは”豊作”と言われただけあって,大変魅力的な作品が多かった。現在,終盤を迎えつつある作品の中から注目作品をいくつかピックア…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、オフレットさんをフォローしませんか?

ハンドル名
オフレットさん
ブログタイトル
オタ録ブログ
フォロー
オタ録ブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用