searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

北のとうさんさんのプロフィール

住所
札幌市
出身
函館市

基本的に乗り鉄です。本州に行くときは100%鉄道を使っています。写真は駅撮りがメインなので、雑誌に載るようなかっこいいものではありません。車で鉄道を追いかけるのは基本的にしません。JRに乗って、少しでも協力するのがファンとしての役目でしょう

ブログタイトル
北のとうさんの鉄道旅・たまにアマチュア無線(JA8HBO)の話
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kiha4054150201
ブログ紹介文
団塊世代より少し若いおやじが鉄道の話題を中心に無線の話題も織り交ぜてぼやきます。アマチュア無線のコールサインJA8HBO
更新頻度(1年)

42回 / 311日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2019/04/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、北のとうさんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
北のとうさんさん
ブログタイトル
北のとうさんの鉄道旅・たまにアマチュア無線(JA8HBO)の話
更新頻度
42回 / 311日(平均0.9回/週)
読者になる
北のとうさんの鉄道旅・たまにアマチュア無線(JA8HBO)の話

北のとうさんさんの新着記事

1件〜30件

  • 1月の大人の休日倶楽部パスの旅その4

    いよいよ、フリー切符も最終日です。なんとなく一日残したという感じなので、何の予定も指定席もとってありません。旭川駅の木の香りとラーメンが忘れられず、旭川へ行ってみようと考えました。さらに久しぶりに名寄へ行ってみようとも・・・。今日も、のんびりと札幌を11時のライラックで出発。車内はインバウンドの観光客で満席になり、すっかり車内は異国の雰囲気(●^o^●)旭川で789系から吐き出された彼らは、大挙して駅前の迎えに来たバスで旭山動物園に向かっていきました。私はまた、いつもの駅中食堂へ、今回はラーメンとチャーハンのセットを注文。食べながら「こりゃ多いわな~」とつぶやきましたが、最後は流し込む感じて完食。さて、13:35発の「サロベツ」の入線は早いので、13時にホームに上がると私を待っていました(待ってない(笑))3日...1月の大人の休日倶楽部パスの旅その4

  • 1月の大人の休日倶楽部パスの旅3

    1月17日、今日は久しぶりに函館を目指します。最近の乗り鉄は本州方面が多いので新函館北斗は経由しますが、函館には足を延ばしていません。本来なら我が家のお墓のある湯の川温泉ので行くところなのですが、今回は駅周辺を散策する程度で戻ります。札幌駅ではおなじみの201系と馴染みの駅そばのツーショットをパチリ((+_+))ゆっくり、12時頃札幌発のスーパー北斗で、函館へ。車両は261系です。全北斗が新色になりましたが、宗谷に残るマリンブルーに慣れた私はいまだに好きにはなれません。とは言いながら新製された261を楽しんでみましょう。さて、入線してきました(●^o^●)途中、登別のマリンパークを見ながら登別駅から大勢のインバウンド(ほとんどアジア系)を飲み込んで、261は驀進します。指定席の隣は函館まで空いたままで楽でした(...1月の大人の休日倶楽部パスの旅3

  • 1月の大人の休日倶楽部パスの旅その2

    1月16日朝9時ちょうどの特急宗谷で一路、稚内を目指します。夜も暖房を軽く入れて寝たものの、さすがに旭川の朝は寒くて目が覚めました。一回のレストランで軽い朝食をいただいて、チェックアウト。歩道が凍り付いていますが、昨日歩いてきた路面の出ている経路をそのまま駅へ向かったので、転ばずに済みました。心配していましたが、列車の時刻表示に特段の掲示は有りません。息が白くなる朝の旭川駅ホームで宗谷を待ちました。やはり指定席は良いですね(●^o^●)キハ261の0番台。最近は故障がちで頻繁に代走車両が入ります(仲間内ではダイソーヤと陰口をたたいています)。特にノースレインボウが多いのですが、当日は無事261でした。どんなに調子悪いのかと乗車したのですが、旭川を出て永山を走るころにはスマホのGPS速度計で120㌔近い速度と、最...1月の大人の休日倶楽部パスの旅その2

  • 1月の大人の休日倶楽部パスの旅

    先日、一部書きましたが、1月15日から20日にかけて大人の休日倶楽部パス・北海道版で北海道プチ一周を楽しみました。ただし、留萌線や富良野、函館本線山線、そして花咲線や札沼線は宿泊を少なくするために、今回は取りやめました。初日と二日目は札幌-釧路-網走-旭川(泊まり)-稚内-旭川-札幌という旅程でした。まずは、特急スーパーおおぞらに乗ること。次に久しぶりの釧網線でキハ54に乗る。さらに特急オホーツク(ぼローツク・ノローツク)に乗る、そして久しぶりの特急スーパー宗谷とサロベツの乗車です。まず初日、札幌を9時頃に発つ特急スーパーおおぞらに乗るためにラッシュの余韻の残る札幌行の電車に乗車。幸い731系でしたので思いのほか混んでいなかったのが幸いでした。これが721系ですと、みなさんデッキに立つので客室が空いていても乗る...1月の大人の休日倶楽部パスの旅

  • アマチュア無線のコンテスト

    いろいろな趣味にコンテストがありますが、アマチュア無線にもコンテストがあります。決められた時間内にどれだけ多くの局や国や地域、島(国内コンテストなら市町村や都道府県)と交信するかを争います。アンテナが貧弱で、普段は相手にされない私のような弱い電波の局も、ポイントのために相手にしてくれるので、枯れ木も山の賑わいで参加しています。したがって、正直のところ結果は気にしないので見たことがありません。ところがCQ・WW・DXという一番賑わうコンテストの過去のデータを見ると、なんと2018の結果の私のコールサインに添付ファイルが付いていました。開いて見るとアワード(表彰状)です。先日、別のコンテスト・CQ・WW・WPXでも頂きましたが、またまた発見ということで気分を良くしています。各コンテストとも各国の各エリアの管内、私の...アマチュア無線のコンテスト

  • 厳冬期の大人休日パス・北海道一周

    1月下旬、大人の休日バスが発売されました。昨年は関東東北を周りましたが、今年は体力と財力の衰えから、道内を旅しました。5日間の内、宿泊は2回。残りは札幌の自宅から日帰りと言うような形で楽しみました。旅日記を挙げたいところですが、本日はとりあえず、函館で見かけた「道南いさりび鉄道」と大沼公園の駒ヶ岳の姿を紹介します。厳冬期の大人休日パス・北海道一周

  • 北陸ヘのフルムーングリーンパスの旅

    今回は娘の体調が良くないので、家事の手伝いに行ったのですから、メインは家内でした。ですからせっかくのフルムーングリーンパスも料金分乗れたかどうかという状態仕方ありません。向こうで風邪をひいて、こちらのお正月ではすっかりこじらせて、ダイエットになりました。まあ、インフルは予防注射していたのですが、普通の風邪も怖いですね行きはいったん旭川へ上がりました(笑)行き帰りに乗ったり、見かけた車両の画像を挙げておきますさすがコマツの城下町(●^o^●)北陸ヘのフルムーングリーンパスの旅

  • 北陸行ってきました・花嫁のれん号

    12月13日から約10日間、石川県の娘のところに滞在してきました。帰りに金沢から和倉温泉まで「花嫁のれん号」に乗りました。行きが満席だったので、帰りだけ。基本的に温泉に泊まる方々が利用するので、帰りの金沢行は閑散としていました。花嫁のれん(はなよめのれん)とは、石川県を中心に北陸地方各地で見られる、婚礼に用いられる特別なのれんを尊び用いる風習だそうです。加賀藩の領地である加賀・能登・越中の地域で行われ、。平成時代に入っては石川県能登地方の観光資源としても扱われ使用されるのれんは、多くは加賀友禅で仕立てられ、上部には新婦実家の家紋が染め抜かれているそうです・・・ウィキペディアより北陸行ってきました・花嫁のれん号

  • 札沼線の臨時列車。山紫水明号

    さる11月16.17日に吹雪の中、来春に廃梓になる札沼線をキハ40をラッピングした「山紫水明号」が走りました。お弁当が付いて、帰りはバスで観光スポットを周って12000円。まあ、乗り鉄の私にはまったく興味のないツアーですが、せめて車両だけでも撮りたいと晴れ間を見て、帰宅の太平駅近くで、久ふりの撮影に臨みました。札沼線の臨時列車。山紫水明号

  • 夫婦で北見・美幌まで 大雪とライラック

    11月10日から一泊で北見方面へ行ってきました。家内との旅行は道外というか石川県の娘のところへ行くのが多いのですが、今回はは娘が育児と仕事で疲労困憊とのことで、断念。でもせっかくだからという事で、北見駅前のホテルを予約。北見は家内の生まれた場所ですから、行くだけでも良いという事でした。当初、車も考えましたが、視力も衰えてきたし峠は雪も降りましたから、JRにしました。朝9時過ぎに自宅を出て、札幌駅からライラックで旭川へ。旭川駅にはイオンで食事も考えましたが、日曜のお昼という事で混雑。そこで、私が乗り鉄で利用する観光物産コーナーの軽食コーナーにしました。二人ともラーメンにしましたが、イオンフードコートの変に高いラーメンより、おいしくいただけます。ボリュームもありますので、お勧めです。焼きそばとチャーハンを合わせた弁...夫婦で北見・美幌まで大雪とライラック

  • お知らせ(●^o^●)

    11月に入りましたが、すっかり寒くなりましたねので、アマチュア無線に力を入れています。鉄道のネタは有りませんので、しばらく更新しません。今週末に道東、下旬に本州へ乗り鉄しますので、改めてUPします往年のSLニセコとニセコエキスプレス貼っておきます。こんなことでもあれば出かける利ですが、H100の習熟運転と札沼線の葬式前夜祭では・・・・お知らせ(●^o^●)

  • 281系北斗を撮ってきました

    9月6日。値上がりした(2260円から2540円)一日散歩切符で、虎杖浜駅まで乗って、スーパー北斗16号を撮っときました。夕日に向かって輝きながら疾走していきました。虎杖浜と登別の間のカーブでは281系の振り子らしい傾斜も見られましたが、ボーッとして見物していたので撮影できませんでした(笑)281系北斗を撮ってきました

  • 一日散歩切符で遊びました

    9月21日と22日は連続で一日散歩切符で札幌圏を乗り歩きました。キハ40の道央の恵み号や札沼線のキハ40-401などと逢ってきました。札沼線は最後の冬を迎えますが、一日一便の新十津川行は、なかなか賑わっています。ところが浦臼行きはまだまだ静かに乗ることができます。お勧めです。今回は長都とビール庭園で撮り鉄にも挑みました(●^o^●)札沼線から、次に苫小牧から鵡川行きの道央の恵み号、登別富浦のキハ143等です一日散歩切符で遊びました

  • 特急ニセコと大人の休日パス その4 仙台ベンチャーズ

    9月8日最終日珍しくホテルで朝食を食べて・・・とは言ってもごはん茶碗に軽く一杯とみそ汁にウインナー一本。盛岡を8時30分頃に出て東北本線を一ノ関、小牛田で乗り換えてと考えながら一ノ関行きに乗りました。ところが昨日と同じ異臭が701の車内に漂います。そのうえ、貨物に追い越される始末で、早めに仙台に入ることに予定変更。北上で下車して各駅停車の新幹線に乗り換えてしまいました(●^o^●)さて仙台では定禅寺ストリートジャズフェスティバルに参加するバンドを聞かなければ似りません。仙台の各所でプロやアマチュアが演奏を披露します。仙台駅のコンコースでもジャズボーカルが鳴り響いていました。私のお目当ては「仙台ベンチャーズ」。私と同年代の男性4人組でベンチャーズのオリジナルサウンドにこだわって活動を続けています。場所は勾当台公園...特急ニセコと大人の休日パスその4仙台ベンチャーズ

  • 特急ニセコと大人の休日パス その3

    9月7日、天気はまあまあ、気温は相変わらず北海道民にすると高い(>_<)。今日もホテルの朝食はパス。福島駅で立ち食いそばを食べて、新幹線ホームへ。0848の、つばさ123号新庄行に乗車。私の指定席に号車を間違えた男性が座っていたが、軽く会釈と世間話をして、その方は隣の車両を移動。あんな方ばかりだと世の中もわたって行きやすいのだが(●^o^●)酒田までいらっしゃると言っていたが、新庄駅の陸羽西線のホームでお見かけした。板谷峠をのろのろと登る特急つばさ、新幹線というのは通称であってこれは奥羽本線の特急。それでも地元が低利でJRに出資して建設したという経緯があるらしい。新庄では結構に人数が下車し、陸羽西線、東線、そして奥羽本線に乗り継いでいた。観光客を除くと新函館北斗とは客数では大きく違わないと思う。地元民が求めて敷...特急ニセコと大人の休日パスその3

  • 特急ニセコと大人の休日パス その2

    翌9月6日。高崎を朝7時12分の上越線下り、水上行きの211系に乗車します。ホテルでの朝食は食べずに電車内でカロリーメイトをかじりましたです((+_+))。通学の高校生が乗客の7割方でしたが、思いのほか激混みという-ほどではなく、ロングシートの「優先席」(年齢的にはぎりぎりですが、持病の関係で貧血が酷いので立っていると倒れそうになります)に陣取って車窓を眺めていました。7月初めに「SLみなかみ」で乗った路線ですが、窓を閉めない酔客のおかげで煙が気になって景色が目に入らなかったので、今回はゆっくりとすばらしい景色を楽しめました。それにしても、かなりの勾配でしたから、7月のC61の馬力がいかにすごかったのかと驚いてしまいした。C11なら補機が頑張ってやっとでしょう。0817に水上到着、先頭車両の方に跨線橋があるので...特急ニセコと大人の休日パスその2

  • 特急ニセコと大人の休日パス

    9月5日から8日にかけて、特急ニセコで札幌をを発って大人の休日パスで関東・東北を乗り歩いてきました。8日には仙台の定禅寺ストリートジャズフェスティバルで仙台ベンチャーズを聞いて帰ってきました。9月5日前日は夜間講座の仕事がありましたので、睡眠時間が取れませんでしたが、ぼやっとした頭で札幌駅までたどり着き、臨時特急ニセコに乗車。思いのほかと言ったらJRさんに叱られますが、大人の休日パスの、本州からの観光客でほぼ満席。キハ183の3連ですが、先頭の自由席はデッキに立つ人も居るような状態で出発。函館本線の山線に入った後、余市ではホームでアップル倍の販売や、「ソーラン武士」のキャラクターのお出迎えで、旅の雰囲気が高揚していきます。多くの客がホームに降りて(私も(●^o^●))観光気分を味わいました。倶知安からニセコまで...特急ニセコと大人の休日パス

  • 道央圏一日散歩しました

    10月から一日散歩切符が値上げされます。現在は2260円ですが2500円を超えるようです。10月からは飲み物はマイボトルですね(●^o^●)最寄駅でスーパー北斗の回送を見送りましたが、お盆対策なのか9両に増結されていました。先日はいつものようにキハ201で札幌周辺を行ったり来たりして、そのあと岩見沢に入り、室蘭本線で苫小牧へ南下して、登別の富浦を往復して岩見沢へ戻り、いつもの小樽行で帰宅の途に着きました。キハ201の心地よいエンジン音にくるまれながら、江別で岩見沢行に乗り換えます。岩見沢からはキハ40かと思いきや、キハ150106です。夕張支線が廃線後、150が室蘭本線や石勝線に入っているようです。苫小牧からはいつものキハ143の快音に囲まれて霧雨の富浦に降りたちました。10分ほどで苫小牧行の143に乗りますが...道央圏一日散歩しました

  • 貨物が廃止の危機??

    今日8月8日の北海道新聞に以下のような記事が載りました。要約して掲載し、私のコメントなども書きます。貨物網、見えぬ解決策新幹線高速化へ共用走行見直し国土交通省が青函トンネル前後の貨物列車との共用走行区間で北海道新幹線が減速を強いられている問題の対応に苦慮している。減速解消へ向け国交省は貨物列車を減便し、海上輸送へ切り替える案などを模索してきたが、農産品の道外輸送で貨物列車に頼る農業団体や、JR貨物が強く懸念。JR北海道は札幌延伸時に東京―札幌の所要時間を短縮することが不可欠との立場だ。来年秋には一定の解決策を出したい考えだが、関係者の調整が難航し、決め手が見つからない。■海上転換農業者ら懸念/「専用新幹線」導入に時間「鉄道輸送は市場近くに貨物駅があって便利。長年、積み上げた鉄道網を残さないといけない」ホクレンの...貨物が廃止の危機??

  • 札沼線最後の夏

    2020の5月で廃止される札沼線は鉄道ファンのお葬式が続いています。特に新十津川への唯一の便は増結が続いています。私は、散々乗りましたので、今年は食指が動かないというか、仕事が混んで日曜も乗り鉄をしていません。たまの乗り鉄も北海道を離れることが多くなりました。でも今年の最後の秋と冬は一枚でも良い写真を残してみたいと思います。札沼線最後の夏

  • #183の日?? 令和元年8月3日によせて

    #183の日令和元年8月3日に寄せて、ランダムにキハ183系の写真をUPします#183の日??令和元年8月3日によせて

  • 函館本線小樽・長万部間の新幹線札幌延伸後の協議開始へ

    ツイッターで廃線やむなし、なんて呟いたら「何いってるんだか」と言われた(笑)。山線をJRから経営分離するのが新幹線を敷くことの条件なのに、まさか知らない人がいるなんて。山線の存廃議論は、早すぎることはないのだよね。せめて、小樽・余市は三セクで残して欲しいし、適度な距離だと思うが、その先、長万部までは除雪を考えただけで維持が難しい。貨物列車からの線路使用料も期待できないし、現状の利用状況を見ると、かなり存続は難しいと思う。三セクにした場合の自治体の財政負担は相当に重いものになるだしょうね。https://www.hokkaido-np.co.jp/article/327810函館本線小樽・長万部間の新幹線札幌延伸後の協議開始へ

  • びゅうコースター風っこが旭川へ回送されました

    びゅうコースター風っことしてJR東日本で運用されているキハ48のトロッコ車両がJR北海道に貸し出され、7月から9月までの週末と休日に宗谷線を「風っこそうや」として運用されます。さる7月10日に小牛田運輸区から、遥々北海道まで回送されてきました。回送は9日から10日にかけてらしいと、かなり前から聴いていたのですが、時刻(いわゆるスジ)が全く分からずにいました。たまたま10日の午前中にツイッーターに長万部付近を走行する画像がアップされるとともに、室蘭本線の追分に撮り鉄さんが集まりだしたと聞き、ちょうど江別で打ち合わせもあったのでコンデジを持って出かけました。岩見沢南方の志文駅付近を通過したとメールが入り、急いで岩見沢の北の峰延駅へ急行??して待機。ホームをうろうろしていると構内巡回に来た岩見沢保線所の方から声をかけ...びゅうコースター風っこが旭川へ回送されました

  • 北陸への旅・のと鉄道

    6月13日から17日にかけて、フルムーングリンパスを使って夫婦で石川県の娘のところへ孫の顔を見に行ってきたのだが、まあ、夫婦の弥次喜多道中は置いておいて、今回は「のと鉄道」の「のと里山里海号」の紹介でもしようと思います。青森で五能線のリゾートしらかみを楽しみ、北陸新幹線で金沢に入りました。石川県の北陸鉄道の鶴来駅が娘の家の最寄駅です。京王と東急からの払い下げ?の車両が居間でも現役です。JRの西金沢駅を降りて乗り換えますが、およそ30分、路面電車のような雰囲気で、思いのほか多い乗客を乗せて市街地と農地の間を走り抜けます。娘宅に一泊して小松駅からサンダーバードに乗り、七尾駅を目指しました。そして、七尾から穴水まで、のと鉄道の観光列車「のと里山里海号」を楽しみました。本当は漢沢からJRの「花嫁のれん号」を狙ったのです...北陸への旅・のと鉄道

  • SL・YOGISHA みなかみに乗車

    先日の乗り鉄の目的の一つでもあった「SL・YOGISHAみなかみ」に乗車した時の写真を挙げます。高崎から水上まで約2時間、オハニ36-11の座席に陣取り、C61-20の煙を浴びながらでした。上越線を補機なしで煙をもくもく吐きながら登って行くのはさすがC61です。まあD51の流れをくむ車両なので、実に力強いですね。トンネルを5か所通過するのですが、酔った鉄オタが窓を閉めようとしないので、車内はすっかり煙ってしまいました。若い方々には面白いのでしょうが、高校時代に煙と闘いながら(笑)東北本線や室蘭本線を通学した私には、やめてほしいことでした。往復の指定席をとりましたが、キャンセルして水上からは電車で戻りました。高崎にホテルが取れず前橋にしたので、体と相談して早めに切り上げました。それでも2230頃のチェックインにな...SL・YOGISHAみなかみに乗車

  • JR東日本の検測車

    大人の休日パスを使って関東と東北を周りましたが、偶然、秋田でマヤ50に遭遇しました。そして、北海道に戻った翌日には相方のキヤ193を再び、蘭島駅でJR東日本の検測車

  • JR東日本キからキヤE193系検測車来道

    JR東日本キヤE193系気動車が4年ぶりに初夏の北海道を駆け回っています。JR北海道では非自走式のマヤ35形が2018から運用されていますので。もう北海道では「イースト君」を見られることも無いのかと思っていましたが、マヤは使い勝手が悪いのか、性能が低いのか・・・まあそんなことは無いでしょうが、キヤE193でなければならない理由があるのでしょう。特にマヤは架線の測定ができませんから、そこがネックなのかもしれません。キヤE193は6月13日から28日頃まで、廃止の決まった札沼線の非電化区間と、理由は不明ですが従前のように宗谷線の名寄以北を除いた北海道内の区間を走り回っています。私は拙宅の近くで姿を捉えました。なお、先日、北陸を中心に乗り鉄してきましたが、その旅行記は後日アップします(●^o^●)JR東日本キからキヤE193系検測車来道

  • JR北海道の「単独維持困難線区」への支援

    新聞報道に寄ると、JR北海道の「単独維持困難線区」8線区維持へ計2億円の支援を行う事について道と市町村の協議が決着した。以下、朝日新聞デジタルからの引用です。「JR北海道が「単独では維持困難」とする13線区のうち、宗谷線(名寄―稚内)や釧網線(東釧路―網走)など8線区について、沿線の全40市町村がJR北への財政支援を了承することが決まった。富良野市の北猛俊市長は取材に「本来なら国が全額支援をすべきという考えだが、致し方ない」と語った。これで沿線の全40市町村が了承したことになる。2019、20年度の2年間、「JRの利用促進のための設備投資」との名目で、道と自治体が合わせて年2億円を出す。負担割合は、道が1億4千万円、市町村が6千万円。道はもともと、今年度の当初予算案に計上する予定だったが、道の一部幹部が消極的で...JR北海道の「単独維持困難線区」への支援

  • 青函貨物の取り込みに期待する苫小牧港関係者 

    6月3日の北海道新聞です「JR引き込み線も検討北海道新幹線の青函トンネル内の高速化に向け、国土交通省などが現在トンネルを使っている貨物列車の物流を海上輸送に切り替える手法の検討を始めたことに、苫小牧の港湾関係者が関心を寄せている。国土交通省は昨夏から青函の貨物輸送の転換について、内部検討を本格化。JR北海道など関係機関への聞き取りも行っている。道によると、青函トンネルを通る貨物列車の年間輸送量は約500万トン。一方、苫小牧港の年間取扱貨物量は約1億トンに上るが、これにはフェリーで貨物を運搬するトラックなどの車両の推定重量も含まれる。このため、青函の貨物需要を取り込む意義は、数字以上に大きい。鉄道貨物引き込み線は、東港区弁天地区に弁天埠頭(ふとう)を新設し、JR線と同埠頭を線路でつなぐというもの。青函の鉄道貨物の...青函貨物の取り込みに期待する苫小牧港関係者

  • 青函貨物廃止で道内1462億円損失の試算 

    5月31日の北海道新聞に以下のような記事が掲載された。「青函貨物廃止で道内1462億円損失みずほ総研試算海運転換不調なら北海道新幹線の高速化に向けて課題となっている青函トンネルでの貨物列車との共用走行問題で、みずほ総合研究所(東京)は、鉄道貨物を全て海上輸送に転換した場合の影響を試算した。必要となる運転手や船を確保できなかった場合、農産品の輸送が難しくなり、道内経済に1462億円の損失が生じると算出。貨物の海上転換議論に影響を与えそうだ。今回の試算は、経営に大きな打撃を受けるJR貨物が、みずほ総研に委託し実施。共用走行区間の貨物輸送を全てフェリーやRORO船(フェリー型貨物船)に転換した場合に必要な運転手の数や、道内経済への影響を試算した。試算によると、新たに必要になるトラックやけん引車の運転手の数が、道内で3...青函貨物廃止で道内1462億円損失の試算

カテゴリー一覧
商用