宇宙でひとりぼっち
読者になる
住所
出身
ハンドル名
noname420さん
ブログタイトル
宇宙でひとりぼっち
ブログURL
http://noname420.seesaa.net/
ブログ紹介文
音楽、日常、園芸、ビートルズ、ジョージ・ハリスン、ギター、英語歌詞の翻訳、その他何でもその日に思いついたことを独りよがりに書き散らしてます。
自由文
-
更新頻度(1年)

99回 / 182日(平均3.8回/週)

ブログ村参加:2019/04/16

noname420さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,803サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 0 0 0 10 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,980サイト
音楽のある暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 665サイト
花・園芸ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 19,258サイト
趣味の園芸 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 381サイト
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,210サイト
雑感 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 646サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 68,461位 81,924位 82,199位 82,048位 82,213位 圏外 圏外 974,803サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 0 0 0 10 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 1,080位 1,390位 1,380位 1,376位 1,387位 圏外 圏外 27,980サイト
音楽のある暮らし 49位 69位 69位 68位 71位 圏外 圏外 665サイト
花・園芸ブログ 2,520位 2,706位 2,703位 2,682位 2,674位 圏外 圏外 19,258サイト
趣味の園芸 48位 54位 56位 61位 60位 圏外 圏外 381サイト
その他日記ブログ 1,402位 1,689位 1,688位 1,688位 1,685位 圏外 圏外 27,210サイト
雑感 34位 47位 46位 47位 46位 圏外 圏外 646サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,803サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 0 0 0 10 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,980サイト
音楽のある暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 665サイト
花・園芸ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 19,258サイト
趣味の園芸 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 381サイト
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,210サイト
雑感 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 646サイト

noname420さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、noname420さんの読者になりませんか?

ハンドル名
noname420さん
ブログタイトル
宇宙でひとりぼっち
更新頻度
99回 / 182日(平均3.8回/週)
読者になる
宇宙でひとりぼっち
  • 台風過ぎて、定点観測の梅

    台風19号の被害に遭われ、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。河川の氾濫などで被災されて平穏な日常を奪われた方々が、一日も早く普段の暮らしに戻れますように。 自分の暮らしている地域も、台風襲来当日は市内の川が氾濫寸前までいって近隣まで避難指示が出され、スマホや防災無線からの警報が昼から夜まで鳴り止まなかった。翌日は台風一過で晴れたものの、夕方まで冷たい強風が吹き付けて、親しい友人や縁のある場…

  • 一周年

    当ブログを開設したのが去年の10月10日。本日でちょうど開設一周年。その日は適当なサーバーを見つくろってブログを立ち上げることがテーマで、何を書くかは考えていなかった。取り急ぎ、ブログやるならこんな風にしたいな、とぼんやり考えていたことを手短に書いた。それが最初の記事で、「ひとりぼっちのあいつ」という題名を付けてとりあ…

  • アビー・ロードB面メドレーについて、いまさら知った事実

    アビー・ロード50周年記念盤、楽しんでいる。ジャイルズ・マーティンのリミックスはまだそれほど聴き込んでいなくて、やはりオリジナルのほうがいいなあと思う曲もあるけど、コーラスの美しさが際立つ演出がされたものは気持ちよく聴ける。アウトテイク集で自分が一番、わあ、こんなだったのか、と興味を引かれたのは、B面メドレーの「Sun King/Mean Mr. Mustard」「Polythene Pam/She Came In Through The Bathroom Window」「G…

  • スウィート・リトル・トラブルメーカー

    アメリカ出張から帰国してもうすぐ一ヶ月だが体調がなかなか万全にならない。ちょっとストレスがあるとすぐに動悸がして疲れてしまう。こんなときは小さくて可愛いトラ模様の生き物でさえも、ストレスの原因になって動悸を悪化させる。この子猫自身に何も問題はない。すくすく元気に、元気すぎるぐらいに急成長している。梅雨の頃、タチアオイ咲く踏切のそばでかかりつけの獣医さんに行き会ったのがきっかけで、とんとん拍子にあ…

  • 旅猫たちとインドで暮らしていた

    8年間暮らしたインドを後にして日本に飛び立ったのが2014年10月3日、今日でちょうど5年になる。あれから一度もインドの土を踏んでいない。帰国前に、お世話になった色々な人たちに会いに行き、別れの挨拶をした。どの人と別れるときにも、また必ず帰ってきます、と言った。空港で出国手続きをするときも、8年のインド滞在を終えた自分に、イミグレーションの係官が「また帰ってきなさい」と言ってくれたのをよく覚えている。関西…

  • 血液型性格判断の超能力者に会ったことがある

    最初にはっきり言っておくが、自分は血液型で性格の類型が決まるなんて全然信じていない。男脳・女脳の存在だって疑問視されている時代に、世界で日本人だけが信じているまことにばかばかしい迷信だと思っている。しかしである。自分は血液型性格判断の超能力者に会ったことがあるのだ。 15年ほど前、英会話教室に通っていた時期があって、たまにあるクラスの飲み会に参加したときのこと。自分と同じクラスにいた当時20代前半…

  • ジョージが26歳の誕生日にひとりで録音した3曲

    アビー・ロード50周年記念盤は、新ミックスと各曲の未発表バージョンが入った2枚組を購入した。その記念盤のライナーを読んでいたら、自分が当ブログに先日載せた記事で、記念盤に収録の「Something」スタジオデモについて書いた箇所に間違いがあったことに気付いたので、当該記事をこっそりと訂正したところである。このバージョンはピアノ…

  • Here Comes The Sun

    ビートルズの「Abbey Road」がイギリスで発表されたのが1969年の9月26日のことだそうで、昨日2019年9月26日で50周年。3枚組の記念盤もすでにSpotifyで聴けるようになっている。自分にとっては、アルバムというよりもそのB面1曲目、ジョージの最高傑作のひとつ、「Here Comes The Sun」が出て50年というのが一番重要なことである。50周年に合わせて公開された公式ビデオ、この記事を書いているいまはじめて見たけど、すごくいい。…

  • コッカマミー・ビジネスはいつまで続く/続けられるのか

    地球温暖化対策の必要性を訴え続け、スウェーデンから2週間かけてヨットで大西洋を渡り、ニューヨークの国連温暖化対策サミットで各国代表を前に怒りの演説をした16歳の少女。ニュース写真で見る彼女の視線が刺さって仕方がない。日本で消費生活をしている以上、自分も同罪のそしりを免れることはできない。しかも自分はここ数年、何度も飛行機に乗って太平洋を往復している。2週間の出張仕事のために、片道2週間の航海をするこ…

  • 庭の幸、ミョウガ

    数年前の秋、親族宅の庭に生えているミョウガの地上部を何本か分けてもらった。茎を土に差しておくだけで根付いて育つとのことで、言われたとおり自宅の庭の日陰に植えてみたら、本当にしっかり定着して毎年秋にたくさん収穫できるようになった。世話らしいことは水やりも何もほとんどせずに放任状態だが、とても生命力が強くて、年ごとに少しずつ勢力を伸ばしながら何年も生育している。毎年自生してくる大葉とこのミョウガが、…

  • ニンニクを植えて秋冬の園芸を始める

    9月も下旬に入って、もう半袖Tシャツ一枚では暮らせない日が多くなった。当地での半袖生活は短い。一年の半分は、今日も寒いなあと思いながら暮らしている気がする。アメリカ出張から帰国して一週間ぐらいはほとんどゾンビ状態、日々の暮らしを生きるだけで精一杯だったが、逆時差ボケが治って少し気持ちの余裕が出て、この週末はやっと庭の土をいじる気になった。園芸用のニンニクを買い、失敗した地植え落花生を片付けて空いた…

  • アビー・ロード50周年記念盤から「Something」の未発表デモや2019年ミックスを聴いた

    2012年のデビュー50周年から始まったビートルズ50周年イヤーズ、とうとう解散が迫ってきた。もうすぐ出るアビー・ロード50周年記念盤から、すでに「Something」「Oh! Darling」「Come Together」の3曲が公式にストリーミング公開されている。それぞれ、ジャイルズ・マーティンによる50周年ミックスと未発表テイク、「Something」に関しては未発表デモも聴ける。 最初に公開されたのは「Something」のようで、8月上旬掲載とな…

  • Teenage Fanclub「The Concept」

    この曲でTFCと出会ったというファンはきっと一番多いと思う。自分にとっても、まさに出会いの曲。91年の暮れ、それまで聴いてきた音楽の世界がニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」という一曲にすっかり乗っ取られてしまい、92年が明けてからは自分にとってまったく未知だったアメリカのインディー出身バンドが次々と目の前に現れた。ピクシーズ、ダイナソーJr.、マッドハニー、サウンドガーデン、そしてTFCもイギリスだっ…

  • It's All Right

    サンフランシスコ近代美術館で買った本に載っていたビッグ・ビル・ブルーンジーからジョージにつながって、「But it's all right」と励まされながらアメリカ出張を終えて帰ってきたのだが、一週間経ってもあんまり大丈夫ではない。出張中から始まった動悸息切れがまだ続いていて、すぐに疲れてしまう。睡眠は徐々に改善してきたが、朝起きたときからぐったりした感じで、体も心も全体的な調子がなかなか回復しない。去年夏の出張…

  • 落花生の実がなっていた

    5月から落花生を地味に育てていた。落花生を育てるのは初めて。掘ったばかりの実を殻ごと茹でて食べるのが美味しいと友人に聞いて、やってみたくなったのだ。買ってきた種を蒔いたらよく発芽して丸っこい葉っぱがどんどん広がった。育ちのいいものから地植えにして、順調に成長し、マメ科らしい黄色の可愛い花も咲いた。

  • インド日記2010年8月:水が出ない暮らしは大変すぎる

    2019年9月に千葉県に上陸した台風15号。自分はその前日に成田から無事に帰宅したが、縁浅からぬ千葉では今日も、電気、水、通信という生活に欠かせないインフラが復旧していない世帯がたくさんある。台風でめちゃくちゃになったインフラが一刻も早く復旧しますように。インフラだけでなく、大事なものを台風に破壊され、心折れてしまった方もいると聞いた。普段の生活を壊され、打ちのめされた方々が、どうか立ち直…

  • 台風は間一髪逃れたのだが

    今回出張の帰国時は台風のことが心配だった。前日までの予報では、帰国便が成田に着く頃にちょうど直撃かもしれなかったのだ。実際に台風が空港に来たのは、自分が無事に着地して空港を去り、自宅に戻って寝ていた頃。翌日は朝から台風のことが大きく報道されていた。前日の帰宅時に通過した総武本線の駅は暴風を受けて屋根がめくれあがり、空港からの足は台風被害ですべて運休。成田空港は「陸の孤島」状態で大変なことになって…

  • お別れのハグ

    アメリカ出張では必ず時差ボケになる。症状の出方はそのつど違う。滞在先に落ち着いて数日経ってから寝付けなくなったり、変な時間に目覚めたり、昼間に目まいがしたりすることが自分は一番よくあったけど、今回はどうも違う。滞在中の睡眠にはほとんど問題がなかったのだが、その代わりなのか、帰国してから眠りが長く続かない。朝から疲れが取れないまま、夜になると疲労感がひどくなって眠気が襲い、自分にしては早い時間に寝…

  • 夏と秋の境目、定点観測の梅

    このところ毎年夏に必ずある2~3週間のアメリカ出張から帰ると、出国したときはまだ真夏だった自宅周辺は、夏と秋の境目になっている。コスモスが今を盛りと咲き誇る一方で、夏の名残の花も衰えを見せつつまだ咲いている。毎年、帰国してから初めて山のほうに散歩に行くと見られるそんな花の光景が、今年も。

  • レコードは買えなかったしライブも観られなかった、But it's all right

    毎回、仕事でアメリカに渡るたびに楽しみにしているのが当地でコンサートを観ることと激安中古レコードを漁ることだが、今回はどちらもできなかった。ライブは仕方ないとして、日程最終日は早い時間に職場から解放されてレコード屋に行けることを期待していたのだが、それもかなわず。打ち上げからホテルに戻ったのは夜の8時半だった。それでも、その打ち上げ会場のバーではバンドが演奏していて、トム・ペティの「I Won't Back …

  • チェリー味の制酸薬

    アメリカ出張も回数を重ねているので、日本から必ず持って行くもの、持って行くと便利なもののリストを作り、経験に基づいてそのつどアップデートしている。リストの中に「胃薬」が入っている。太字で「重要!」との但し書きもある。自分が書いたのだが、日本にいるときに見ると、なぜ胃薬がそんなに重要なのかピンと来ない。それでも「重要」ということなので持ってきてみると、たしかに重要だったと実感するのである。ここでの…

  • Uberタクシーの運転手がアフガニスタン人だった

    今回出張中、唯一の休日はサンフランシスコに行って展覧会を見てきた。ひとりだったら行き帰りは公共交通機関を使うところだが、誘ってくれた仕事仲間と行ったので、行きも帰りもUberタクシーに同乗。スマホで呼べば5分で来てくれて、ドアツードアでさくっと行き帰りができて、料金もふつうのタクシーに比べて割安。職場への行き帰りも、前までは送迎バスが出ていたが、今回はすべてUber。もうこれなしでは出張が成り立たなくな…

  • アメリカのホテルで見た「Laila at the Bridge」

    ふだん日本にいるときはテレビをまったく見ない。見ないどころか受信すらできない。アメリカに来て、ホテルで何もやることがないときはテレビをつける。たいてい100チャンネルぐらいあって、音楽チャンネルを選んで見ることが多いけど、選局中に良さそうな番組が引っかかるとそのまま見ることもたまにある。今夜は、チャンネルを選んでいるとひとつのシーンが目に入ってきて、そのまま見続けた番組があった。 それは中東を舞…

  • Fitter, Happier

    アメリカ出張に来ている。もう何回目か即座に思い出せないぐらい来ているが、9回目のようである。ここに来ると必ずなる特殊な精神状態に、今もきっちりなっている。帰国するとほとんど忘れてしまう。文章にすることはなかなか難しい。とにかく2~3日目ぐらいが一番きついような気がする。今日は2日目。明日あたりが最初の峠じゃないかと思う。こちらでの待遇に不満はない。数年来るたびにずっと一緒の仕事仲間とも、敬意を持ちつ…

  • Something Great From '68

    明日から2週間、また米国出張に行く。昨日まであまりそのことを考えないようにしていたが、さすがに出国前日は支度をしないといけない。出張の旅支度は嫌いである。平穏な日常からひっぺがされ、働くだけのために異国にひとり放り出される。そこでなるべく快適に過ごせるように、思いつく限り役に立ちそうな品物を厳選して荷物に詰めるのだが、肝心なものをうっかり忘れて出国したりすることも、たまにある。手持ちの服も、日常…

  • 父と農園とラジオ

    父は退職後の趣味として小さな土地に自分の農園を作って、都内の実家から電車でせっせと通っては泊まり込みで農作業をしている。近年は、息子と夏休み中に父の農園を訪ねるのが毎年の恒例行事になっている。車で大物の買い出しやもの運びをして、収穫や草取り、トイレ掃除などの手伝いをしつつ、夜は収穫した野菜を鉄板で焼きながらビールを飲み、3世代の男3人で花火をして、農園内に小さなテントを張って寝る。体力的にはかなり…

  • メダカの稚魚がウォータークローバーの下を泳ぐ

    去年からベランダの蓮鉢で育て始めたメダカ、春の時点では1匹に減ってしまったが、5匹増やして、うち2匹の雌がどんどん産卵。親とは別の水槽に卵を移して育ててみたところ、稚魚がたくさん生まれた。親に食べられてしまわない大きさに成長したメダカは親と同じ鉢に戻し、蓮鉢のメダカは十数匹に増えた。そして、小さな稚魚たちは稚魚たちでちゃんとした環境を用意することにした。去年使っていたもうひとつの蓮鉢を子メダカ専用…

  • 「Songs From Nothern Britain」が「Broken」で終わっていたら

    「ノーザン・ブリテン」は90年代TFCが生んだ押しも押されぬ名盤のひとつ、これが一番好きというTFCファンも多いだろう。この作品が出たとき、デビュー作から「グランプリ」まで散々聴きまくっていた自分は当然ものすごく期待していたのだが、一聴してあまりピンと来なかった。とても丁寧に作られた質の高い楽曲が並んでいて、ヴォーカルハーモニーを重視したサウンドはタイトだし、間違いなく後世に残るエバーグリーンな作品だと…

  • 夢は世界平和、あきらめたらいけない

    自分は祖父母や親族から戦争体験についての話を直接聞くことはなかった。育った東京にいまも残る戦争の痕跡も、かなり後年になってそうだったのかと知るだけで、自分自身は戦後の発展をただただ享受しただけ。戦争があったという実感はほとんどなくここまで来た。もちろん戦場体験もないが、戦地に赴く兵士の列は見たことがある。99年、初めてのインド旅行でヒマラヤ山中のラダック地方を訪れた。インドとパキスタンが帰属をめぐ…

  • キュウリは元々「黄瓜」らしい

    今年の夏は庭でキュウリを育てている。ホームセンターで買った普通の品種と、別の園芸店で買った県内伝統野菜の品種を2本ずつ。その伝統野菜キュウリは普通には流通しておらず、現地の直売で買うか、こんな風に自分で育てるしか入手法がないようだ。たまたま園芸店で売られていたので面白そうだと買ってみたが、白っぽくてずんぐりしたキュウリができて、柔らかくてみずみずしい。これは、インドでよく売られていたキュウリとよ…

カテゴリー一覧
商用