住所
出身
ハンドル名
ののさん
ブログタイトル
indigo&madder~信義の小部屋
ブログURL
http://shiniudaruchi-live.blog.jp/
ブログ紹介文
シンイ~信義~のイラストやお話を書いています
自由文
-
更新頻度(1年)

10回 / 6日(平均11.7回/週)

ブログ村参加:2019/04/15

ののさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/20 04/19 04/18 04/17 04/16 04/15 全参加数
総合ランキング(IN) 2,463位 2,829位 3,180位 4,045位 4,750位 8,842位 17,697位 957,165サイト
INポイント 0 110 180 100 260 140 110 900/週
OUTポイント 220 1,100 1,050 1,280 1,000 780 350 5,780/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 22位 24位 28位 33位 40位 65位 128位 12,247サイト
韓ドラ二次小説 5位 5位 7位 8位 9位 11位 20位 192サイト
今日 04/20 04/19 04/18 04/17 04/16 04/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 2,062位 2,486位 3,102位 4,041位 6,198位 10,460位 22,745位 957,165サイト
INポイント 0 110 180 100 260 140 110 900/週
OUTポイント 220 1,100 1,050 1,280 1,000 780 350 5,780/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 31位 33位 34位 39位 51位 73位 125位 12,247サイト
韓ドラ二次小説 4位 5位 5位 9位 14位 22位 35位 192サイト
今日 04/20 04/19 04/18 04/17 04/16 04/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 957,165サイト
INポイント 0 110 180 100 260 140 110 900/週
OUTポイント 220 1,100 1,050 1,280 1,000 780 350 5,780/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,247サイト
韓ドラ二次小説 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 192サイト

ののさんのブログ記事

  • 可愛い花

    可愛い花可愛い花薄い桃色で丸みを帯びた花弁桃の花程紅くない貴女は大層気に入って…枝を一本欲しいと言った「この桜の枝が欲しいの」そう言って指差して。その様子が童に似て…そんな可愛らしい姿に手が枝へ伸びる手折って渡すと尚、一層笑んで貴女は、花よりも花のよう。

  • ましろの雪 奇譚 四十六

    ましろの雪 奇譚 四十六木乃伊になってしまった蛇の身体。干乾び、とんでもなく軽くなり…軽く握るだけでも壊れてしまうんじゃないかと思う洞の中はトクマンが引いた湯のお陰か、少しばかり湿気を感じるまでになった湯気は相変わらず壁を伝い、洞の床を濡らし濡れた部分に

  • ましろの雪 奇譚 四十五

    ましろの雪 奇譚 四十五「待ちや、ましろとは…ましろとは一体何じゃ?人に聞けばみな違う事を言い寄る。どの答えを聞いてもこれだと思えぬ…我を抱く者よ、お前の『ましろとは?』なんだと言うのだ」苦しそうに白蛇は叫ぶ白蛇を抱く雪で出来た腕は、白蛇の問いに答える事

  • 道標 ・再

    此方に道標を記しておきます各ブログのトップに飛びますご活用ください。帰る鳥、待ち侘びる鬼。(本編部屋)→★信義 殻の部屋(ウダルチ館)→◆秘密の小部屋→♥※上記の部屋には鍵付きの物、PWが付いている記事がありますが、それらの鍵やPWの受け渡しは此方のブログの方で

  • ましろの雪 奇譚 四十四

    ましろの雪 奇譚 四十四「誰が…?」白蛇は空を仰いで言った動き難そうにゆっくりと顔を持ち上げ…白蛇がそう、言うと今度は別の場所から声が『ずっと、傍に居た。』そう言ったのは白蛇の周りにあった雪だるまの欠片地面の上の雪と一体化し、今やどこが雪だるまだった物か

  • 紅蓮

    紅蓮あの人が本当に燃えている様に見えた業火を背負い、怒りの炎を上げているかのように。キ・チョルの私兵に囲まれ、彼の舎妹・舎弟に囲われ身動きが取れずに地面に膝を落としていながら。彼は、怒りを露わにしていたあんな人は初めて見たそりゃあ、怒ったりしたところを見

  • ましろの雪 奇譚 四十三

    ましろの雪 奇譚 四十三『あの人は…何かに取り付かれたような目をしてた。何処を見ているのか分からない目で、斧を振り下ろし…私は絶命した。其処から先は薄らぼんやりとしか分からないけれど…気が付いたら彼は泣いていたわ。何故…と、何度も其処に居ない誰かに問いか

  • ネットワークプリント♪

    今日は(^▽^)/ネットワークプリントの準備が出来ました(*´∀`*)今回のネットワークプリントではこの三種類が出せます↓桜の花と一緒のイラストと苦悶のヨンと二人の触れ合ってるイラストの三枚※それと、ともちさん熱望の「ヨンさん舌ペロリ」イラストも追加されました。

  • アイコンプレゼント企画 初夏

    今日は(^▽^)/アメーバさんの方でアイコンプレゼント企画が始まりました募集期間は4月9日~20日抽選日は4月21日募集はアメーバさんの方のブログ記事「アイコンプレゼント企画 初夏」の方で詳しくお知らせしています以下の方からお出で下さいシンイ~小間絵の小部屋 あと細

  • ましろの雪 奇譚 四十二

    ましろの雪 奇譚 四十二「邪魔立てをするな!我は帰らねばならぬ、あの方の元へ」白蛇は言うと、背中の雪だるまを力の限り跳ね除ける雪だるまはもんどりうって後ろへ飛ばされ、あっけなくその身体は崩れた当たり前だ。どんなに重かろうが、雪は雪。岩よりも頑丈に等なりは

  • 指先に触れる硬い髭 3 

    指先に触れる硬い髭 3 「駄目よ。一度横になって?マッサージしてあげる」そう言ってその女(ひと)は布団からとうとう起き上がってしまった。「体は…疲れてはおらん。毎日、動かしておるし…貴女は明日も早いんだろう?もう、寝て…」此方が言うが…そんな事は耳には入ら

  • ましろの雪 奇譚 四十一

    ましろの雪 奇譚 四十一自分の耳に水音が聞こえたちょろちょろと流れる音だ。一体、何処から…?そう思い、周りを見回す。音はその狭い空間に響き、瞬間ではその場所を掴み難いだが、それでも注意深く音を拾えばその場所が分かったその場所。そう、先程干乾びた白蛇が寝そ

  • 花映え

    花映え綺麗な女性と花やっぱり、綺麗で映えるわよね?可愛い子には可愛い花。美しい人には、大柄で美しく気品のある花それなのに…皇宮の一角見ごろの花が一杯のその場所に居たその人その人は…遠目に見ても確かに綺麗だった狡いわよね?彼、男よ?男なのに…綺麗って。なん

  • ましろの雪 奇譚 四十

    ましろの雪 奇譚 四十唸る訳でも、咆哮を上げる訳でもなく…声も無く白蛇は此方に向かってやって来ていたその白蛇の動きが急に悪くなる上体を持ち上げる様にして頭を擡げていたと言うのに…雪と接している身体の動きが急に悪くなったのだ蛇行が出来ない…そんな感じで。何

  • 道標

    此方に道標を記しておきます各ブログのトップに飛びますご活用ください。帰る鳥、待ち侘びる鬼。(本編部屋)→★信義 殻の部屋(ウダルチ館)→◆秘密の小部屋→♥にほんブログ村

  • ましろの雪 奇譚 三十九

    ましろの雪 奇譚 三十九暗い洞の一層暗い場所にその亡骸を横たえていたのは小さな白蛇だった。どうやら、この空間が氷に閉ざされていたお陰で…死んだ時のままの姿を其処に残していた様で。外へ通じる穴の中、一つの部屋のようになったこの空間を見下ろせるようなその場所

  • 停滞気味…(´・ω・`)

    長閑な春の陽気…暇を見つけると眠くなる…(^^;) 困った物です(^^;)イラストも描きたい思いはあるんですが…ラフすら今ほとんど書けない感じに停滞気味です。思い付きのSSが続くかもしれませんが…許して下さいね~(´;ω;`)ウゥゥでも、書き出した物は少しずつ進めますよ~