searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
nomicity1960
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/04/14

1件〜100件

  • 大内人形

    上の写真は山口市の伝統工芸品の「大内人形」です。室町時代に中国地方で勢力を誇った守護大名大内氏の城下町として山口は西の京といわれる文化的な街づくりを進めていました。その中でも大内氏中興の祖とも言われる大内弘世は京都から迎えた奥方を慰めるために京都から迎えた人形師に作らせた人形が上の写真の大内人形で、今日では山口県の代表的な郷土人形として国内外に知られているそうです。大内人形

  • 天気の詩

    昨日ご紹介した中原中也記念館の入り口の前には「天気の詩」という中原の作品の紹介の掲示があります(上の写真です)。先日は「六月の雨」という作品でした。天気の詩

  • 中原中也記念館

    上と下の写真は、山口大学最寄りの湯田温泉にある「中原中也記念館」です。中原中也(1907年-1937年)は山口出身の我が国の代表的な近代詩人ですね。代々医師の家に生まれ、父親は軍医だったそうです。『山羊の歌』、『在りし日の歌』などの詩集のほか、『ランボオ詩集』などの翻訳もしていました。この詩人は30歳の若さでこの世を去っています。ちなみに上の写真は18歳の時に撮影されたものだそうです。記念館は一度入館してみたいのですが、なかなか時間が合わなくて見学できず残念です。中原中也記念館

  • 足湯カフェのごんぎつねソフト

    この時期、毎週火曜日に通勤している山口大学最寄りの湯田温泉には下の写真のような足湯カフェとでもいうべき施設「狐の足あと」があります。足湯とカフェが合体したような施設です。今日は気温が25℃の夏日になりましたので、そこでお昼は上のごんぎつねソフトをいただきました。足湯は入ってみる時間が残念ながらありませんでした。同施設のご案内はこちらです。⇒https://www.yuda-onsen.jp/足湯カフェのごんぎつねソフト

  • 祝 銀河中心のブラックホールの撮影に成功!

    このたび地球が属している銀河系(天の川銀河)の中心にあるブラックホールの姿を初めて撮影した画像が発表されました(上の写真です注1)。ブラックホールの映像としては、2019年に撮影に成功したM87銀河のブラックホールに続き2例目だそうです(注2)。銀河系中心のブラックホールには「いて座A*(エー・スターと読まれています)」という名前が付けられていました。このブラックホールは太陽400万個分の質量をもつと推定されていました。私がいて座エー・スターの存在を知ったのは40数年前の高校生の頃だったと覚えています。当時は銀河系の中心は、大量の星が密集していることと大量の星間ガスと星間物質に取り巻かれていて直接それを観測することは難しいとされていました。ところが「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT:事象の地平線望遠鏡...祝銀河中心のブラックホールの撮影に成功!

  • 教室の二酸化炭素濃度

    私がこの時期に毎週火曜日の午後に授業を行っている、山口大学吉田キャンパスの教室には、二酸化炭素濃度計が備え付けられています(上の写真です)。この日の教室の二酸化炭素濃度は450ppmで「良好」でした。外気の二酸化炭素濃度は平均413.2ppm(注)ということなので、ほぼ外気の濃度です。コロナ対策もあって窓と扉は明けてあるのでこの数字になるのでしょう。ただし冷暖房の季節になって窓と扉を閉めると、すぐに1,000ppmを超えてしまうそうです。教室の二酸化炭素濃度

  • 旬のいただき物ー紫玉ねぎ

    私の勤務先の九州大学と連携して地域の環境保全活動に取り組んでおられる、環境NPO団体の方からご自宅で有機栽培されている紫玉ねぎを沢山いただきました。家内に蛸と合わせてカルパッチョにしてもらいました(上の写真です)。まさに旬の味わいでした。旬のいただき物ー紫玉ねぎ

  • 井上邸の流血

    さて三日間、湯田温泉井上公園の可愛らしいきつね像の紹介をいたしましたが、この旧井上邸では幕末に流血の事件が起こっていました。井上馨(当時の名前は聞多)は幕末に長州藩の急進派として活動していましたが、1864年(元治元年)9月25日に反対派の刺客に襲撃され重傷を負います。この井上邸に運ばれましたが、急遽駆け付けた長州藩の医師にも手が付けられないような深手だったそうです。そこに美濃出身で、歴史的に有名な大阪の適塾で西洋医学を学んだ所郁太郎が駆けつけ、約50針に及ぶ縫合を行い井上を救命したという史実があります。所医師は、その時、手術道具を持っていなかったので、井上邸にたまたまあった畳針で縫合したそうです。その場面を想像すると、おそらく井上邸内は井上の血で真っ赤に染まっていたのではないかと思うのです。上の写真は井上公園...井上邸の流血

  • 足湯の番きつねたち

    湯田温泉の井上公園には無料の足湯の設備があります。上の写真は足湯を見守る狐の親子像です。足湯の番きつねたち

  • 眠り子ぎつね

    井上公園の子ぎつね像を、もう一体ご紹介します。上の写真の眠り子ぎつねです。眠り子ぎつね

  • 井上公園の子ぎつね像

    先月に本ブログでご紹介させていただいた、山口市内の湯田温泉にある「井上公園」の子ぎつね像に久しぶりに再会しました(上の写真です)。子ぎつねの頭の上の菖蒲の花が咲いていてかわいらしいです。井上公園の子ぎつね像

  • 病気の巣

    私は今年の初め頃から、肩の痛みに悩まされるようになりまして、ご近所の整形外科で診ていただきました所「両肩関節周囲炎」という診断になりました。上の写真は私の肩の超音波診断画像が映し出されたモニターです。先生のご説明では左肩の筋肉の一部が痛んでいるそうです。そのため週1回リハビリに通うことになりました。おまけにこの連休中には、私の左目の瞼にできものが二つもできてしまい、眼科にも通っています。本日現在、私が通っている医院は、内科、整形外科、眼科と3か所に通院しています。処方されているお薬は、高血圧の薬が2種、尿酸値を調節する薬、抗アレルギー薬、目薬が3種(点眼薬が2種と軟膏)、肩の貼り薬と、何と1日に8種類もの薬を飲んだり、点したり、塗ったり、貼ったり(貼り薬だけは数日に1回にしています)していることになります。いつ...病気の巣

  • 連休中は

    連休中に私は飛び飛びで出勤したので、余り連休という感じではなかったのですが、家内と近所のホームセンターで買い物に行ったついでに喫茶店で昔ながらのコーヒーフロート(上の写真です)を何十年ぶりかに味わうことができて大満足でした。連休中は

  • 1年前の今日-福岡県に再び緊急事態宣言が出ていました

    再び福岡に緊急事態宣言が報道によりますと、政府は、4月25日~5月11日にかけて4都府県に発出している緊急事態宣言について、5月31日まで延長するとともに、愛知県と福岡県を対象地域に追加すると発表しー緊......>続きを読む1年前の今日-福岡県に再び緊急事態宣言が出ていました

  • 仕事場近くの鯉のぼり

    もう一点鯉のぼりの写真です。勤務先近所のイオンに上の写真の鯉のぼりがありました。仕事場近くの鯉のぼり

  • ご近所の鯉のぼり

    自宅近くを流れる樋井川の川面に、上の写真のような鯉のぼりが風に靡いていました。当地の端午の節句-こどもの日は快晴でした。ご近所の鯉のぼり

  • 2022年4月の読書記録です

    2022年4月の読書メーター読んだ本の数:4冊読んだページ数:1299ページナイス数:0ナイスhttps://bookmeter.com/users/985738/summary/monthly/2022/4■ニュルンベルク・インタビュー下読了日:04月30日著者:レオンゴールデンソーンhttps://bookmeter.com/books/59743■ニュルンベルク・インタビュー上読了日:04月27日著者:レオンゴールデンソーンhttps://bookmeter.com/books/453276■科学技術ジャーナリズムはどう実践されるか(科学コミュニケーション叢書)読了日:04月17日著者:小林宏一編,谷川建司編,西村吉雄編,若杉なおみ編https://bookmeter.com/books/864726■人...2022年4月の読書記録です

  • 新山口駅の壁画

    私が4月上旬から6月初めまでの期間、福岡の隣県にある山口大学への週1回の通勤に乗り降りしている山陽本線新山口駅には、たいへん美しい壁画があります(上の写真です)。去年はこのような壁画はありませんでした。この4月に初めて知ったのですが、昨年7月から12月まで開催された山口県央連携都市圏域(山口市とその他の県内6市と隣接する島根県津和野町で構成)による周遊型イベント「山口ゆめ回廊博覧会」(愛称・ゆめはく)の展示として設置されたものだそうです。新山口駅2階に設けられたゆめはくインフォメーションセンターのガラス窓や壁には水の豊かな山口の風景を表現した画家の曽谷朝絵氏の作品だそうです。曽谷氏の作品紹介の頁です。⇒http://www.morning-picture.com/new/2021.html新山口駅の壁画

  • 「馬賊芸者」と博多どんたく

    先日「馬賊芸者」(昭和29年製作/島耕二監督/火野葦平原作)という邦画を見ました。主演は3年前にお亡くなりになった京マチ子さんでした。何ともすごいタイトルだなと思ったのですが、映画の舞台が博多だったのです。馬賊芸者という名称については2017年の西日本新聞に次のような記事がありました「・・・明治・大正期。日露戦争(1904年勃発)後に満州を訪れた水茶屋券番の芸妓2人が「満州帰りの芸者」として鼻息荒く、客を客とも思わぬ豪気さで人気を集めた。そんな2人は「馬賊(ばぞく)芸者」と呼ばれ、やがて水茶屋の芸妓たち全般を指す愛称になった・・・」(注1)ということだそうです。映画は大正時代を舞台に第一次世界大戦の好景気に沸く博多の歓楽街で元祖「成金」の旦那衆と馬賊芸者たちの姿を描いています。興味深いのは、博多人形の制作現場や...「馬賊芸者」と博多どんたく

  • 博多どんたくが復活

    福岡の初夏を告げるお祭りの「博多どんたく」は、例年5月3日と4日に開催され、動員数は200万人を越える大規模なイベントでしたが、昨年一昨年とコロナ禍のために中止を余儀なくされていました。しかし今年は規模を縮小して開催されることとなり、明日から2日間、福岡市民が「仮装してシャモジを叩いて町を練り歩き、町に作られた舞台、広場で踊りを披露し、町中がどんたく一色で湧き返ることになります。上の写真は2015年のどんたくで撮影した地元の鉄道会社の西鉄が仕立てて市内を回る花自動車です。博多どんたくが復活

  • 葉桜の緑

    間もなく5月を迎えるからだと思いますが、近所の別府団地の葉桜の緑が一層濃くなってきました。葉桜の緑

  • 何遠亭の由来

    上の写真は、昨日御紹介した「何遠亭」の由来が書かれた看板です。七卿のうち、この何遠亭に滞在したのは一行のリーダーの三条実美で、他のお公家さんたちは、少し離れた氷上山真光院というお寺に滞在したそうです。一行の中の澤宣嘉という公家は、福岡久留米出身の討幕運動の志士平野国臣らの但馬国(現在の兵庫県)生野代官所襲撃計画に誘われて一行からは離れたそうです。この澤という人物はかなり過激な人だったようです。明治維新後は長崎でキリシタン弾圧を行うなど、ろくでもないことをしている一方で、外務卿(現在の外務大臣に相当)に就任し欧州諸国との国交締結を行ったりしています。その後、ロシア公使に任命されロシアに出国する直前に38歳の若さで病没しています。何だか個人的に興味を惹かれる人でした。何遠亭の命名の由来は、三条の秘書加藤有隣が「論語...何遠亭の由来

  • 何遠亭

    昨日ご紹介した井上公園には興味深い史跡がいろいろあります。旧井上家の邸内には、幕末の「七卿落ち」で知られる都落ちした三条実美らの七卿が、長州藩内に一時滞在することになり、長州藩主の配慮で井上邸の敷地内に「何遠亭」(注)という建物(上の写真はその復元施設です)を建て七卿を収容したのだそうです。「七卿落ち」とは1863年(文久3年)、薩摩藩・会津藩などの公武合体派が画策した八月十八日の政変で失脚した尊王攘夷派の7人の公家が京都を追放され、長州藩へと落ち延びた史実です。三条実美、三条西季知、四条隆謌、東久世通禧、壬生基修、錦小路頼徳、澤宣嘉の7人です。この方々は第一次長州征伐の後に筑前国太宰府(福岡県太宰府市)に移され明治維新まで、同地に滞在したということで、福岡県ともご縁があるそうです。(注)「何遠」とは論語の「何...何遠亭

  • 井上公園の狐像

    昨日は、先週に続いて4月の2回目の講義のため山口大学吉田キャンパスに出かけていました。昨年も本ブログでご紹介しましたが、同大学吉田キャンパスの最寄り駅のJR山口線湯田温泉駅から大学まで徒歩で20分強かかります。途中に上の写真の「井上公園」があります。この公園は幕末と明治維新に活躍した井上馨の生家跡で、公園内には様々な史跡があります。園内には無料で浸れる足湯(上の写真です)があり狐像が見守っています。井上公園の狐像

  • 九州大学大学院STI政策人材育成プログラム新学期

    私が参画しております、九州大学大学院科学技術イノベーション(STI)政策人材育成プログラムの新学期が始まりました。上の写真は受講者募集ポスターです。今年は遠隔と対面講義を組み合わせたハイブリッド方式でスタートしました。コロナ禍がこれ以上ひどくなることのないように祈っております。九州大学大学院STI政策人材育成プログラム新学期

  • 春暖

    福岡は日中の気温が25℃、夜間の気温も20℃を超え、まさに春暖の候です。ただ明日は天気が崩れ雨模様になりそうです。春暖

  • 下関の「ふく」

    福岡から本州への入り口である山口県下関市の名産は「ふく」(当地では「ふぐ」と二文字目の発音が濁りません)です。山陽新幹線の新下関駅には上の写真のような「ふく」のご当地キャラ(?)が展示されていました。ただし天然物のふくの旬は先月初めに終わっていたようです。下関の「ふく」

  • 明太子の自動販売機

    辛子明太子といえば博多の特産品ですが、JR博多駅に上の写真の「辛子明太子の自動販売機」が設置されていました。場所は新幹線改札「ひかり広場口」の前です。辛子明太子の他にもつ煮セットも販売されていました。正に絵にかいたような博多のお土産販売機でした。明太子の自動販売機

  • 新緑の緑道

    上の写真は山口大学吉田キャンパスにある緑道です。緑道の樹々が新緑に彩られて爽やかな空気を周囲に送り出しているようです。新緑の緑道

  • 椹野川(ふしのがわ)にも再会です

    JR湯田温泉駅から山口大学吉田キャンパスへ向かう途中に「椹野川(ふしのがわ)」(上の写真です)が流れています。環境省の河川紹介によりますと「この川は山口県の中央部、山口市北部の龍門岳(標高688.4m)等にその源を発します。山口盆地を潤し、山口や小郡の市街地を流れ、途中で仁保川、一の坂川、吉敷川、四十八瀬川など大小24の支流と合流して、周防灘の山口湾(山口市南部)に流入しています。山口湾のうち特に、椹野川河口域から阿知須、岩屋に至る水域には、西瀬戸内地域有数の広大な干潟(約350ha)が広がります。シベリアやカムチャツカから日本列島を縦断して東南アジアに向かう渡り鳥と、モンゴルや中国から朝鮮半島を経由し四国・九州へ横断する野鳥のクロスロードとなっており、日本の重要湿地500にも選ばれています。さらに、河口域は、...椹野川(ふしのがわ)にも再会です

  • 白狐の「ゆう太」と再会

    毎年4月中旬から6月上旬まで、私は福岡の隣県にある山口大学で非常勤講師をしています。2020年はコロナ禍のため全面遠隔講義になったため、福岡から山口大学には一度も出講しませでした。昨年は期間中1度だけ遠隔講義を行いました。今年は連休明けにかけてコロナ禍がどうなるか分かりませんが、昨日、山口大学吉田キャンパス最寄り駅のJR湯田温泉駅前で久しぶりに湯田温泉のマスコットである白狐の「ゆう太」と再会できました(上と下の写真です)です。昨年もこの時期の本ブログでご紹介しましたが、湯田温泉の観光案内によりますと、開湯は約800年前とされ、“白狐伝説”が温泉発見の由来として伝わっています。権現山と呼ばれる山の麓にあったお寺の境内で、傷ついた足を池につけている白狐を見かけた和尚さん。その池の水をすくってみるとなんと温かい、さら...白狐の「ゆう太」と再会

  • ハナミズキの開花

    八重桜の開花も終わった福岡市内ではハナミズキの開花が始まりました(上と下の写真です)。ハナミズキの開花

  • 梅光園緑道の猫 2

    上の写真は梅光園緑道の仲睦まじい猫たちです。梅光園緑道の猫2

  • 梅光園緑道の猫

    自宅近所の梅光園緑道を、よく家内と散歩するのですが、そこには上と下のような地域猫がいます。時々この猫たちと交流します。梅光園緑道の猫

  • ツツジの開花

    今日も福岡市内は肌寒く冷たい風が吹いていますが、ツツジの花の開花が進んでいます(上の写真です)。ツツジの開花

  • 花冷え

    ここ数日間、福岡市内の夜間の気温が10℃を切っており「花冷え」というには少し遅いかもしれませんが、またコートを引っ張り出しています。花冷え

  • 過ぎ去りし桜の季節を惜しみつつ

    毎年この季節は、過ぎ去りし桜の季節を惜しみつつ家内と桜餅をいただいています(但し上の写真はソメイヨシノが満開の頃にいただいた苺入り桜餅です)。過ぎ去りし桜の季節を惜しみつつ

  • 夜闇の八重桜

    自宅に帰る途中の福岡市城南区を貫流し博多湾に注ぐ樋井川沿いに八重桜の並木道があります。夜の闇の中で満開になりつつある八重桜が幻想的です(上の写真です)。夜闇の八重桜

  • 葉桜に

    この1週間で、近所の別府団地のソメイヨシノは、すっかり葉桜になりました(上と下の写真です)。葉桜に

  • 八重桜の開花

    ソメイヨシノの満開が葉桜に変わり、1週間が経った週末には近所の八重桜の開花が始まりました(上と下の写真です)。八重桜の開花

  • 若葉の季節

    桜(ソメイヨシノ)の見ごろは終わりましたが、代わりに若葉の緑が目立つ季節を迎えつつあります。上の写真は自宅近所の別府団地の若葉の景色です。若葉の季節

  • 風のオブジェ

    上の写真は自宅から徒歩30分ほどの所にある福岡市美術館前に展示されている「ウィンド・スカルプチャー(SG)Ⅱ」という大型美術作品です。英国の現代美術作家インカ・ショニバレCBE氏の作品です。この展示は昨年7月に福岡市政施行130周年、美術館開館40周年を記念して設置されたものだそうです。コロナ禍のために美術館に丸1年もご無沙汰していたので、このたび初めて拝観することができました。風を受け、はためく船の帆をイメージし、古来から東アジアの玄関口として多様な文化を受け入れてきた福岡を象徴しているそうです。初めてこの作品を見た私が感じたことは巨大なソフトクリームでした(失礼!)。ところが美術館1階のカフェにはこの作品を模したソフトクリームがあることが分かりました。その名も「Wind大濠」というそうです。期間限定メニュー...風のオブジェ

  • 2年前の今日(2020年4月8日)は発熱して寝込んでいました・・・コロナ禍が深刻化した時でした

    1年前ー熱を出して寝込んでいました発熱昨晩、私は37.8℃まで熱が出たのですが、今日は午後に再び37℃台になりました。明日は病欠にして病院に行ってきます。...>続きを読む......>続きを読む2年前の今日(2020年4月8日)は発熱して寝込んでいました・・・コロナ禍が深刻化した時でした

  • 今春最後の

    九州大学伊都キャンパスは、福岡市の西の郊外にあり中心部より気温が低めのためか、本日も上の写真のように満開状態を保っています。それでも今週末が花見の最後ではないかと思います。今春最後の

  • 正常化(?)した入学式

    昨日の九州大学伊都キャンパスでは春の入学式が開催されました。一昨年はコロナ禍で中止、昨年は制限下で実施されました。今年は、ほぼ正常化(?)したようです。上と下の写真は「九州大学」の碑文の前で記念撮影するために並んでいる新入生の皆さんです。九大伊都キャンパスは正門に相当する場所が無いので、この場所が記念撮影の場所になっているようです。正常化(?)した入学式

  • 2021年3月の読書記録です

    2022年3月の読書メーター読んだ本の数:3冊読んだページ数:880ページナイス数:0ナイスhttps://bookmeter.com/users/985738/summary/monthly/2022/3■宇宙をぼくの手の上に読了日:03月29日著者:フレドリック・ブラウンhttps://bookmeter.com/books/13492630■資本の時代2【新装版】読了日:03月25日著者:エリック・ジョン・ホブズボームhttps://bookmeter.com/books/12960129■資本の時代1【新装版】読了日:03月17日著者:エリック・ジョン・ホブズボームhttps://bookmeter.com/books/12960128▼読書メーターhttps://bookmeter.com/2021年3月の読書記録です

  • 花霞の福岡市街

    上の写真は昨夕に撮影した、福岡城天守台から撮影した福岡市中心部天神地区方面の景色です。満開の桜の中にビル街が浮かんでいるように見えます。花霞の福岡市街

  • 3年ぶりの福岡城さくらまつり

    昨年、一昨年とコロナ禍のために開催が制限された「福岡城さくらまつり」が、今年は3月25日から4月3日まで開催されました(上と下の写真です)。福岡市内の低温傾向で、期間中はほぼ満開状態が保たれました。3年ぶりの福岡城さくらまつり

  • 満開宣言から1週間

    福岡市の桜満開宣言から1週間が経過しましたが、上と下の写真のように市内の自宅近所の桜は満開の状態を保っています。市内の夜間の気温が一桁台と低温の日が続いているためと思われます。満開宣言から1週間

  • 古民家ワークスペース

    九州大学伊都キャンパスから、徒歩20分ほどの場所に古民家をリフォームしたワークスペース「オニトモ」という施設があります。外観(上の写真です)は普通の民家なのですが、下の写真のように会議や集会などに使用できるように改装されています。柱や梁は重厚な年代物ですが綺麗に整備されており、青畳の香りも爽やかでした。昨日は年度末の会議を、ここで開催しましたが、良い気分転換になりました。詳細はこちらをご参照ください。⇒http://133.242.189.165/古民家ワークスペース

  • 福岡地方裁判所の桜

    上と下の写真は福岡市中央区六本松4丁目にある福岡地方裁判所と福岡地方検察庁の敷地内の桜です。ここは2009年9月29日まで九州大学六本松キャンパス(旧教養部)があった場所です。これらの桜は九大時代から、この地にあったものと思われます。福岡地方裁判所の桜

  • 陸軍墓地の桜

    自宅近くの福岡市中央区内には福岡陸軍墓地があります。陸軍墓地は明治以後(注)の戦没者が合葬された墓苑で、現在は福岡県、福岡市などの自治体が管理しています。北海道から鹿児島まで旧陸軍の師団や連隊が置かれていた場所には、こうした陸軍墓地があるそうです。ここは周囲が広々とした公園になっていて桜も数多く植樹されており、地域の憩いの場になっています。私は時々家内と散策します。日清戦争から太平洋戦争まで、近代日本がいかに多くの戦没者を生み出してきたかを実感できます。下の写真は陸軍墓地の満開の桜です。(注)墓地内に「明治維新志士之墓」があり、日清戦争以前の幕末の動乱による殉難者の墓碑もあることが分かりました。陸軍墓地の桜

  • 福岡市内の桜が満開に

    報道によりますと週末に福岡市内の桜が満開になったということでした。市内の夜間の気温はまだ一桁台なので今週一杯は花見ができそうです。上の写真は自宅近くの田島北公園の桜です。福岡市内の桜が満開に

  • 大分大学経済学部設立100周年

    本当に久しぶりの県外出張の用事は大分大学訪問でした。2022年は大分大学経済学部設立100周年ということで、6月25日に記念式典があるそうです(上の写真です)。大分大学経済学部設立100周年

  • フランシウスの世界図

    昨日ご紹介したJR大分駅前の大友宗麟像の前の地面には「フランシウスの世界図」が描かれています。これは16世紀にオランダ東インド会社の地図作成担当者だったペトラス・フランシウス(1552年~1622年)が1594年に作成した世界地図を拡大したものです。この地図では九州がBungoと記されていて日本とは別の国として扱われているのです。この地図が作成された当時の大友宗麟は戦国大名として大分、佐賀、熊本、福岡など九州北部を支配していたことから、当時の西洋人たちは大友氏の本拠地である豊前の地名を一個の独立国として認識していたのだそうです。フランシウスの世界図

  • 大分駅前の大友宗麟像

    JR大分駅前には戦国時代のキリシタン大名大友宗麟の、かなり大きな銅像が設置されています。銅像のすぐ隣には大分市が設置した新型コロナウイルス感染症の抗原検査センターが臨時に開設されていました。3月25日現在の新規の新型コロナウイルス感染症感染者数は、福岡県が2,172人で大分県は279人と一時期よりは減少してきているようです。上記の銅像は長崎出身の彫刻家大友直樹氏により昭和57年(1982年)に制作されたそうですから、今年で40年になります。大分市観光協会の説明文によりますと「キリシタン大名として知られる大友宗麟は、フランシスコ・ザビエルを招いてキリスト教に帰依し、少年使節団をローマ教皇に派遣しました。また、西洋の文物を積極的に取り入れた街づくりを行い、当時の大分は、日本における西洋文化の発信地としてめざましい発...大分駅前の大友宗麟像

  • 大分市に来ています

    昨晩、ほぼ1年ぶりの福岡県外への出張で大分市内に来ています。上の写真はJR大分駅です。大分市に来ています

  • 2021年度卒業式

    昨日の九州大学伊都キャンパスは卒業式で(平常時でも本当に滅多にないことですが)、大賑わいでした。昨年も一昨年もコロナ禍のために対面の卒業式は制限されていましたから一際感慨深いものがありました・・・夜遅い時間もJR九大学研都市駅前では卒業生が三々五々集まって語り合う風景が見られました。2021年度卒業式

  • 下の写真はちょうど1年前の近所の同じ場所の桜です(上の写真は先日の様子です)

    ご近所の桜土曜日曜の雨の影響か、ご近所の桜も一斉に開花しはじめました。五分咲きとかではなく、いきなり満開になりました。...>続きを読む下の写真はちょうど1年前の近所の同じ場所の桜です(上の写真は先日の様子です)

  • JR筑肥線 九大学研都市駅前の桜

    上の写真はJR筑肥線九大学研都市駅前の桜の様子です。ここの桜は、例年であれば春分の日を過ぎますと、かなり満開に近くなるのですが、今年は低温傾向のためか余り咲いていません。JR筑肥線九大学研都市駅前の桜

  • 開花宣言後の福岡の桜

    この3連休前から福岡市内の夜間の気温が一桁の日が続いているためか、自宅近所の団地内の桜は上と下のような開花状況です(二分咲きといったところでしょうか)。開花宣言後の福岡の桜

  • JR博多駅前のさくらイルミネーション

    福岡市内では桜の開花が始まりましたが、先週金曜日からの雨模様と夜間の低温で開花の速さはゆっくりのようです。JR博多駅博多口では「さくらイルミネーション(上と下の写真です)」が、4年ぶりに再開されたそうです。「桜の花びらが風になびくような色」のイルミネーションで来月の17日まで午後5時から深夜零時まで点灯しています。JR博多駅前のさくらイルミネーション

  • 連続する東北地方の地震

    気象庁の報道発表によりますと、3月18日午後11時25分ごろ、東北地方で震度5強の地震が発生したとのことです。去る16日のほぼ同時刻には、震度6強の地震で津波も発生し、多大な被害を被られたばかりでした。被災地の皆様にお見舞いを申し上げます。連続する東北地方の地震

  • 3月も

    来週は3月も下旬に入ってしまいます。1月は往く、2月は逃げる、3月は去るといいますが、本当ですね・・・3月も

  • 福岡では桜の開花宣言が

    報道によりますと、福岡管区気象台は17日、桜の開花を発表しました。全国で最も早い開花で平年より5日早く去年よりも5日遅いそうです。1週間から10日ほどで桜が満開を迎える見込みとのことです。福岡では桜の開花宣言が

  • 梅光園緑道の梅花の終わり

    自宅近所の梅光園緑道の名称の謂れの梅花の季節は終わりつつあります・・・(上の写真です)梅光園緑道の梅花の終わり

  • コブシの開花

    今年も自宅近所の梅光園緑道の春を告げるコブシの花が満開になりました。コブシの開花

  • 別府団地の桜

    上と下の写真は自宅近所の別府団地構内の桜です。まだ芽の状態ですが、昨日一雨あって、本日の日中の気温が24℃まで上がりましたので、今週末位には一部は開花するかもしれません。別府団地の桜

  • 気温20℃を超えました

    本日日中の福岡市内の気温は20℃を超え、最高気温は22℃となりましたが雨模様の一日でした。まさに一雨ごとに春が近づいています。気温20℃を超えました

  • 早咲きの桜

    いくら何でも桜の開花には、まだ早いだろうと思っていましたが、上の写真は昨日の九州大学伊都キャンパスにある椎木講堂前の桜です。2~3本の桜が開花していました。伊都キャンパスは福岡市の西郊にあり、中心部より気温が低いので桜の開花は市内でも遅い方なのですが綺麗に咲いていました。他の桜は下の写真のようにまだこれからです。早咲きの桜

  • 11年前

    10年前東日本大震災から十年が経ちました。2011年3月11日に自分が本ブログで何を書き残していたか、遡ってみたのですが、直接震災に言及した記事は、上の写真の記事しかありませんでした。当......>続きを読む11年前

  • 第9回STI政策シンポジウムを開催しました

    本日、福岡市中心部のイベント施設アクロス福岡で標記のシンポジウムを開催しました。昨年と同様に、新型コロナウイルス感染症対策のため、リアルの会場は少人数に限定し、オンラインと組み合わせたハイブリッド方式での開催といたしました(上の写真です)。今回のテーマは「総合知で創る東アジアの環境イノベーション」でした。近年我が国を含む世界各地に度々甚大な自然災害をもたらしてきた異常気象は、温室効果ガス排出量の増加に伴う地球温暖化が原因の一つと考えられています。このような広域的な原因に由来する環境問題を解決していくためには、もとより国ごとに可能な範囲の取り組みを進めるばかりではなく、地球規模の視野に立った政策対応が求められます。また、問題の究極的な解決には、人や企業の行動変容を促す社会システムの改革まで射程に入れなければならな...第9回STI政策シンポジウムを開催しました

  • 合格発表開始24時間後

    上の写真は昨日の本ブログ記事から、ほぼ24時間後の九州大学伊都キャンパスの合格発表掲示板の様子です。既に人出は閑散としていました。合格発表開始24時間後

  • 合格発表

    本日午前11時より、九州大学伊都キャンパスで学部の入試の合格発表が行われました。上の写真は発表15分前頃の現地の様子です。まだ発表は掲示されておりません。合格発表

  • 梅光園緑道の桃

    上の写真は、昨日と同じく自宅近所の梅光園緑道の写真です。こちらは桃の花でしょうか。梅光園緑道の桃

  • 梅光園緑道の梅花

    上の写真は近所の梅光園緑道の今年の梅の花です。3月を迎え、福岡市内の日中の最高気温が10℃を超えるようになりました。梅光園緑道の梅花

  • 2021年度STSステートメント・オンラインサイエンスカフェを開催しました

    本日、九州大学大学院STI政策専修コース・科学技術社会論概説の2021年度受講者による、受講課題STSステートメントの発表を、Zoomを利用したオンラインサイエンスカフェで行いました。2019年までは3月上旬から中旬に福岡市内の電気ビル共創館BIZCORIで会場をお借りして開催しているのですが、2020年の3月から新型コロナウイルス感染症対策のためオンラインで開催しております。オンラインなので福岡県外の東京や長野、石川からも参加者をお迎えし、話題提供者、関係者を含め38名が参加されました。4名の九大院生に、広く社会に向けて主体的な科学技術へのスタンスを発表して頂き、福岡市民との率直なディスカッションの場となりました。2021年度STSステートメント・オンラインサイエンスカフェを開催しました

  • マトリョーシカ

    上の写真はロシアとブルガリアで購入したお土産のマトリョーシカです。マトリョーシカはスラブ文化圏(同文化圏でなくても旧東欧圏であればあるようです)の国であれば大抵お土産としてあるようです。そうした国々を訪れた時はマトリョーシカを家内にお土産で買うようにしています。ロシアも、ウクライナも、ベラルーシも、ブルガリア、ジョージア(旧グルジア)も旧ソ連、旧東欧圏、スラブ文化圏の国々が大好きな私としては今回の事態は毎日身が引き裂かれているように感じております。ロシアは最も私の渡航歴の多い国です。最初に訪問したのは1983年3月で、ソ連最高権力者のブレジネフ書記長が死去して2か月半後位の頃で、KGB議長のアンドロポフが最高権力者だった時期でした。いろいろな意味で、ろくでもない人物でしたが、KGB出身のプーチンはこの人物の銅像...マトリョーシカ

  • 2022年2月の読書記録です

    2月は1冊しか読めませんでした。私はつくづく他人よりも本を読む速度が遅いようです・・・2022年2月の読書メーター読んだ本の数:1冊読んだページ数:408ページナイス数:0ナイスhttps://bookmeter.com/users/985738/summary/monthly/2022/2■知識の社会史―知と情報はいかにして商品化したか読了日:02月28日著者:ピーターバークhttps://bookmeter.com/books/29115▼読書メーターhttps://bookmeter.com/2022年2月の読書記録です

  • プーチン大統領の誤算と思われるもの

    プーチン大統領のウクライナ侵攻の決定は、普通に見れば正気の沙汰とは思えないので、実際にアメリカ政府筋でもプーチン氏が精神に異常をきたしているのではないかとの観測もあります。ここでは一応プーチン氏が正常という前提で彼の決断の背景は何かを考えてみました。ロシア軍のウクライナへの侵攻は、1917年十月革命直後の(本ブログでご紹介しました)ボリシェビキ(後のソ連共産党)によるウクライナ中央ラーダ政府への最後通牒とその直後の赤軍によるキエフへの侵攻という前例があります。この「最後通牒」はレーニンとトロツキーの署名によるもので、このことを知った19歳の私がボリシェビキに対する幻滅の出発点になったということも本ブログでご紹介いたしました。中央ラーダ政府はいったん第一次世界大戦下でウクライナに進駐していたドイツ軍の支援を受けて...プーチン大統領の誤算と思われるもの

  • An-225ムリヤが受難

    ウクライナではロシア軍の攻撃が激化し、多くの市民が被害を受けています。報道(注)によりますと、つい先日、ロシア軍の攻撃で、世界最大の航空機アントノフ(An)ー225ムリヤ(日本語で「夢」の意)が、キエフのホストメル基地に駐機中に破壊されたとのことです。同機は、1988年に初飛行し、最大離陸重量は640t、全長84m、全幅88.74m、重量ベースでの「世界最大の航空機」としギネスブックに記録されています。同機は元々旧ソ連のゴルバチョフ時代に開発された宇宙往還機「ブラン」(ソ連版スペースシャトルと呼ばれていました)の大気圏内での運搬用に作られたという経緯があります。上の図は1996年にウクライナで発行された記念切手で、ブランを搭載したムリヤが描かれています(ウィキペディアから引用)。ブランは開発と運用に費用が掛かり...An-225ムリヤが受難

  • 西側への恐れとは

    (昨日の続きです)プーチン大統領はNATOの東方拡大について病的ともいえる恐れを抱いています。ソ連が崩壊し30年が経過した21世紀の現在、NATO軍がロシアに侵攻する可能性など皆無だと私たちは思っているので、プーチン氏の懸念はいかにも不自然に見えます。一体プーチン氏の懸念は何に由来するのでしょうか?それは昨日、本ブログでご紹介したNATOの歴史に由来するのかもしれません。NATOの結成が1949年で、ワルシャワ条約機構(WTO)の結成は1955年という具合にタイムラグがあります。当初、旧ソ連を中心とする東側諸国がNATOの結成に直ちに脅威を感じた訳ではないということが、このタイムラグから分かります。NATOの組織目的が元々、必ずしも対ソ軍事同盟ではなかったということは昨日解説しました。では何にソ連が脅威を感じた...西側への恐れとは

  • WTO解体から31年

    今年は、1991年7月1日にワルシャワ条約機構(英文の略称WTO:WarsawTreatyOrganization)が解散してから31年になります。WTOは1955年に旧ソ連を中心に東欧6か国(旧東独、旧チェコスロバキア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、ポーランド)が結成した軍事機構です。上の図はWTOの紋章です(ウィキペディアより引用)。1956年のハンガリー革命や1968年の「プラハの春」への介入・抑圧で悪名高い組織です。そのWTOは上記のように冷戦終焉が喧伝されてから1年余りで、ソ連邦史上最初で最後の大統領となったゴルバチョフの主導で解散したのでした。この時、私は40年以上続いた東西冷戦が完全に終わったのだと確信したことを記憶しています。WTOが解体したからには北大西洋条約機構(NATO)もいずれ解散...WTO解体から31年

  • 中央ラーダの旗の下に 2

    昨日の続きです。上の図はウクライナ中央ラーダ共和国(ウクライナ人民共和国)の国旗です(注)。ニコライ・オストローフスキイの『鋼鉄はいかに鍛えられたか』(岩波文庫)は主人公パーヴェル・コルチャーギンの目を通して(ボリシェビキ側の視点で)この時代を描いています。いかがでしょうか。この悲惨な歴史は。でもここまででも20世紀のウクライナの悲惨な歴史の序の口にすぎないとしたら?この後、1930年代のスターリンによる強制的農業集団化、富農(クラーク)の撲滅、ものすごい数の餓死者を出した大飢饉が待っています。そして独ソ戦。2000万人を超えると言われるソ連人犠牲者の多くがウクライナに集中していました。この時も、ウクライナ人はナチスドイツとソ連の両方を敵として戦った人々を生み出しています。そして1986年のチェルノブイリ原発事...中央ラーダの旗の下に2

  • 中央ラーダの旗の下に(再掲載いたします)

    昨日の続きで、私が2014年3月11日に本ブログに掲載した記事を再掲載いたします。上の写真は昨日と同じくモスクワのホテルで注文した「ウクライナ風水餃子」です。中央ラーダの旗の下に2014年03月11日|歴史帝政ロシアはマルクスとエンゲルスからは「諸民族の牢獄」と呼ばれていました(「牢獄」と呼ばれた国は他にもありましたが)。旧ソ連の圧政と比べれば、帝政ロシアの支配は緩やかだったという指摘もありますが、ユダヤ人へのポグロム(無防備なユダヤ系市民に集団で暴行を加え死に至らしめること)などを見る限り、とてもそうは言えないのではないかと思います。しかし1917年に2月革命が勃発して帝政が倒れると、ウクライナにも自立のチャンスがやってきます。ウクライナの人々は、割と穏健な左派やウクライナ民族主義者シモン・ペトリューラなどを...中央ラーダの旗の下に(再掲載いたします)

  • ルーシの世界(再掲載いたします)

    ウクライナ情勢が悲惨な事態を迎えています。クリミア問題が起こった2014年3月10日に私が本ブログで掲載した記事を以下に再掲載いたします。どうか、ご参考になさっていただければと思います。上の写真は私が2014年の9月にモスクワのドモジェドボエアーホテルのレストランで注文した「ウクライナ風ボルシチ」です。「ルーシの世界」2014年03月10日|歴史ウクライナ情勢が緊迫化していますが、遠く離れた私たち日本人には問題の本質がよく理解できない部分が多々あります。ウクライナ人もロシア人も同じスラブ民族で、正教を信仰しています。今日のロシアの歴史的起源が9世紀から12世紀にかけて存続したキエフ大公国にあるという見方をする人々もロシアには存在します。キエフ大公国は現在のウクライナの首都キエフを首都としたスラブ民族の国家でした...ルーシの世界(再掲載いたします)

  • 本日は

    1月4日に死去した父の四十九日の法要を、さいたま市の実家の近くのお寺で行いました。上の写真はお寺の控室にあったお焼香の方法の説明図です。さいたま市は快晴でした。本日は

  • 今日は

    2月22日は「猫の日」ですね。今日は

  • 寒中梅

    「寒中梅」と言いますと新潟の地酒のブランド名ですが、連日福岡市内の最高気温が7℃と寒さが続いていますので、市内の梅花は寒中梅という表現が似合っています。寒中梅

  • I様ご自宅の手水の氷柱

    今週の福岡市内は一日の最高気温が1℃に届かない日が続いています。先日、九州大学の社会人院生で福岡市郊外にお住いのI様から上の写真をいただきましたので許可をいただいてご紹介いたします。I様ご自宅の庭園の手水の落水が凍り付いてるのです。厳寒の日々の象徴のような光景ですね。I様ご自宅の手水の氷柱

  • 雨水

    今日は二十四節気の一つの「雨水」です。雪が雨に変わり、雪や氷は溶けて水になるという意味だそうです。その名前の通り、本日の福岡市内は朝から午後遅くまで小雨になりました。雨水

  • 吹雪の脊振山地

    私の自宅の窓からは、福岡県と佐賀県の県境にある脊振山地(せふりさんち)が良く見えます。昨日は脊振山地の山上で吹雪が舞っているのが見えました(上の写真です)。吹雪の脊振山地

  • 久しぶりの積雪

    福岡市内の自宅周辺で積雪(上の写真です)がありました。と言っても1センチも積もってはいないのですが、目に見える積雪は本当に久しぶりです。久しぶりの積雪

  • 風花舞う日

    本日の福岡市内の最高気温は5℃。陽は射していましたが風花が舞う一日でした。風花舞う日

  • 寒中の博多港

    本日の福岡市内の最低気温は6℃で北風も強く、かなり冷えました。上の写真は福岡市内の都市高速を走る路線バスから撮影した夜の博多港の写真です。立春は過ぎたのですが港の風景は寒中を感じさせます。寒中の博多港

  • Facebookの職業占い

    Facebookの職業占い(?)によりますと、97%の確度で私にぴったりの職業は「看護(婦)」だそうです・・・それは良いのですが、20年前の2002年に行われた「保健婦助産婦看護婦法」から「保健師助産師看護師法」への法改正で、看護婦から看護師という名称に統一されたはずなのですが・・・Facebookの職業占い

  • 寒中のプール

    今日は福岡市営城南市民プール(上の写真です)で1キロ水中歩行を行い、500mを泳いできました。真冬のプールは(もちろん温水ですが)。空いていて泳ぎやすく密にもならず、なかなか快適です。寒中のプール

  • 地球上の火星環境

    CNNの報道によりますと、中央アメリカのコスタリカ共和国にある火山ポアス山山頂の火山湖ラグナ・カリエンテという極めて酸性度の高い環境で生息する細菌が発見されたそうです。その酸性度は湖から発生した霧が目や肺に入ると炎症を起こすほどで、水温も時には90℃になるほど高温で地獄のような場所だそうです。この発見はコロラド大学ボルダー校の大学院生ジャスティン・ワン氏によるもので、この細菌は好酸性細菌のアシディフィラム属という種類の細菌だそうです。非常に興味深いことは太古の火星表面には、このラグナ・カリエンテのような環境が数多く存在したらしいのです。現在は干上がっていますが、火星の衛星軌道からの観測で過去に存在した火山湖の痕跡を示す硫黄含有鉱物の堆積箇所が数多く見つかっているのだそうで、そのような場所ではアシディフィラム属の...地球上の火星環境

  • 寒中の不調 その2

    還暦を過ぎてから初めて経験した冬季の身体の不調が、右足の踵と土踏まずの部分にできた「ひび・あかぎれ」です。部分的に皮膚が切れて出血し痛みました。皮膚科に通院して塗り薬を付けていました。この症状も以前は全く経験がなかったので加齢により足の皮膚が弱くなったのだろうと推測しています。ロート製薬さんのホームページに次のような解説がありました。・・・皮膚からうるおいが失われて乾燥した状態が続くと、亀裂が入りやすくなります。そこへ、指の曲げ伸ばしなどで皮膚が伸ばされると、その力に皮膚表面の弾性力が耐えられず、亀裂が入ってしまうのです。指関節の伸側(関節などの折れ曲がる側とは反対側、外側になる部分)にひび・あかぎれが起こりやすいのはそのためです。こうした亀裂は、手だけでなく足にも起こります。よく見られるのが、かかとの部分。か...寒中の不調その2

  • 寒中の不調

    還暦を過ぎてから、冬になると肩の痛みを感じるようになりました。遅れてきた五十肩?などと思って、ネットで調べてみますと「四十肩、五十肩は、肩甲骨と上腕骨をつなぐ肩関節に痛みがでます。そのため、腕を持ちあげるような動きが難しく、中でも腕を外側に回すような動作などは、特に痛みを感じます。例えば…電車でつり革をつかむとき、洋服を着替えるとき・・・」などに肩に痛みを感じるという記述がありますので、どうも本当に五十肩のようです(注)。加齢を今更ながらに実感しています。(注)https://www.nihonyakushido.com/knowledge/shoulder.html寒中の不調

ブログリーダー」を活用して、nomicity1960さんをフォローしませんか?

ハンドル名
nomicity1960さん
ブログタイトル
六本松通信(旧能美・呉羽・博多南通信)
フォロー
六本松通信(旧能美・呉羽・博多南通信)

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用