住所
出身
ハンドル名
田舎暮らしプロジェクトさん
ブログタイトル
田舎暮らしプロジェクト【公式】
ブログURL
https://inaka-gurashi.sakura.ne.jp/web/
ブログ紹介文
箱根の旅館で目指す、新しい「田舎暮らし」の形。
自由文
-
更新頻度(1年)

41回 / 49日(平均5.9回/週)

ブログ村参加:2019/04/05

田舎暮らしプロジェクトさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 05/22 05/21 05/20 05/19 05/18 05/17 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 960,950サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 20 20 0 0 10 20 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 67,188サイト
田舎暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,311サイト
今日 05/22 05/21 05/20 05/19 05/18 05/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 46,689位 52,872位 60,114位 71,362位 60,317位 53,016位 56,397位 960,950サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 20 20 0 0 10 20 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 2,494位 2,824位 3,200位 3,906位 3,203位 2,808位 2,987位 67,188サイト
田舎暮らし 88位 98位 120位 154位 123位 102位 116位 2,311サイト
今日 05/22 05/21 05/20 05/19 05/18 05/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 960,950サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 20 20 0 0 10 20 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 67,188サイト
田舎暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,311サイト

田舎暮らしプロジェクトさんのブログ記事

  • 田舎暮らしへの憧れについて

    田舎暮らしに憧れてはいませんか? 都会の喧騒を忘れて、自然豊かな山間部の田舎でのんびりしたい。 海沿いの片田舎で、釣りやマリンスポーツなどの趣味に勤しみたい。 定年退職したら、田舎でのんびりと過ごしたい。 都会暮らしをしていると、そういった願望を持つ方も多いと存じます。 そんな人に今回は、田舎暮らしに必要なものや、山間や海沿いでの田舎暮らしのメリットやデメリット。 新しい田舎暮らしのスタイルなど、役立つ情報をお届けします。 きっと、あなたのライフスタイルにあった田舎暮らしがあるはずです。 田舎で暮らしたい人のために必要なもの 定年を迎えたり、また自営業などで田舎に定住しようかと考えている方に、まずは田舎暮らしに必要なものをご紹介します。 まず、田舎で快適に暮らすために、何といっても最初にするべきことは『虫』への対策です。 山間であっても、海沿いであっても、都会に比べて虫のサイズが大きい傾向にあります。 特に山間の場合は、都会で見ていたあんな虫やこんな虫が有り得ないサイズで居たりするので、虫への対策はしっかりとしましょう。 一戸建てを買う場合は誘蛾灯を付けたり、虫対策は徹底的にやっておくべきでしょう。 ここを怠ると、夜中に後悔することになります。 次に必要なのは『マイカー』になります。 特に交通の便の少ない場所では、マイカーが無いと何も出来ないという事態に陥りがちです。 バイクや自転車などである程度代用は効きますが、両者共に雨や雪には無力になってしまうデメリットがあります。 ですので、必ずマイカーを用意すべきでしょう。 自治体や市によってはマイカーに対して補助金を出している場合が多々あります。 それらのシステムを上手く使ってマイカーを用意しましょう。 市によって違いますが、マイカー以外にも多額の補助金を出している市や自治体が存在します。 中には独自の支援制度を持っている自治体もあるので、居住地選びの一つの目安に使うと良いでしょう。 これら補助金や制度を上手く使うことで、下準備に掛かるコストを大きく抑えることができます。 積極的に活用していきましょう。 山での田舎生活におけるメリット・デメリット 山で生活するメリットは幾つかあり、まずは空気が綺麗なことが挙げられます。 これは山の中であればあるほど実感出来るので、空気が綺麗な場所に住みたい方にはお勧めです。

  • 田舎暮らしと不安

    田舎暮らしへの主な不安要素 現在人付き合いのない環境に住んでいたり、人付き合いが苦手な人は田舎特有の近所付き合いに不安に感じるでしょう。 また、自宅からすぐのところに最寄り駅がある環境に住んでいて、車の免許を保持していない人は田舎の生活環境に不安を感じていたり、都会に比べて収入の低い田舎の仕事に不安を感じてしまうのが田舎暮らしをする前の主な不安要素になります。 田舎の近所付き合いに対して「距離が近い」「世間話をしなくてはならない」という印象を強く持っている方がほとんどかと思いますが、実はそんな近所付き合いをしている地域はごく一部しかありません。 例えばその地域に何十年も住んでいる高齢の方や、戸建てであれば密集しているような作りの住宅街、人口の少ない地域が主に距離の近い近所付き合いがあります。 賃貸のアパートやマンションでもすれ違ったら挨拶をする程度の関係がほとんどです。 ですが、都会とは違い田舎の賃貸のアパートやマンションに住む際は必ずと言っていい程なにか引っ越しの品を住む家の両隣や上下の家に渡した方が良いです。 その理由としてはそれほど付き合いがない関係でも"どんな人がこの賃貸物件に住んでいるのか?"とういうことを同じ賃貸物件に住んでいる人はなんとなく把握しておきたいからです。 なにか引っ越しの品をご近所の方に渡しておくことで何かあった時に助けてくれます。 田舎で一戸建てを購入したいと考えている方は周囲に古い家が建っていないもしくは住宅街ではないところを選んで購入すると人付き合いがほとんどなく田舎暮らしへの不安はほとんどないと言っても良いです。 そして田舎暮らしでの生活環境に不安を感じている方は多いかと思いますが、たしかに交通の便の良い都会に比べたらかなり不便に感じるでしょう。 ですが、場所によっては交通の便や商業施設が充実している地域も沢山あります。 車の免許を所持している方であれば最寄駅から30分程離れたところに住んだとしても不便さを感じることなくのんびりとした生活を送ることができます。 車の免許を所持していない方であれば徒歩圏内に駅のある地域に住むことで不便さをそれほど感じるこはないので生活環境に対する不安は不要です。 そして田舎の収入が都会に比べて低いということに対しての不安は、結末から言うとお給料と時給は都会に比べて低いです。

  • 田舎暮らしのよくあるトラブル5選

    田舎暮らしを実際に始めた方々の体験談に目を通していると、 思い切って田舎暮らしの世界へお飛び込んだのはいいのだけれども、思わぬ落とし穴があった、 実際に田舎暮らしを始めてみたら、事前に考えていた内容と違った、 といったトラブルの報告が、決して少なくありません。 「田舎暮らしで人生が変わった」 「本当に田舎暮らしを始めてよかった」 というような、ポジティブな感想をお持ちの方が多い一方で、 「こんなはずじゃなかった」 「後悔している」 等と思われている方や、最悪の場合は、結局永住にいたらず、途中で土地を離れる羽目になる方も、少なくないのです。 そこで今回は、田舎暮らしにおいて発生しがちなトラブルを、いくつかご紹介していきたいと思います。 田舎暮らしでよくあるトラブル1【住宅関係】 一つ目は住宅に関するトラブルです。 特に多いのが、家賃が安い、購入費が安い、と飛びついた物件は、欠陥住宅ではありませんが、かなりの劣化で、修理に膨大な費用がかかった、住みづらすぎて我慢できないというようなことが起こっています。 もちろん、田舎に移住する方のなかには、そういった中古物件や古民家のような住宅に魅力を感じて借りたい、購入したりする人もいるので、最初から分かっていたことではあるのですが、それでも、あまりにも不便だとか、聞いていた以上に老朽化しており、とても住めないというようなことは多少なりとはあるようです。 購入した方の場合、特に多いのが後でかかる改修費が多いことです。 これなら新築を購入したほうが良かったのでは?と思うほど修理に費用がいることもあるようです。 またそういった住宅は例えば下水道が通っていなかったりなど、後で引き込み工事が発生することなど、後々費用がかかってくることもあります。 ともかく、中古物件は比較的後でわかることが出やすいのです。 話に聞いていたことや予想していたこと以上にいろいろ面倒が発生しやすいです。 もちろんすべてがそうというわけでなくて、古民家を好きにいじれるのよいとか、自分なりのスタイルで好きに住めるのが気にいっている、などのようなポジティブな感想も少なくないので、その人が何を求めていたのかということにもよりますが、住宅に関してはかなり慎重に選ぶことをおすすめします。 田舎暮らしでよくあるトラブル2【仕事関係】 二つ目は、仕事に関するトラブルです。

  • 田舎暮らしの注意点

    夢や理想の生活が待っていると思われがちな田舎暮らしですが、田舎暮らしは決していいところばかりではありません。楽しい生活が待っていると思って田舎へ移住したのに大変なことが多くて苦労している、そんな人も中にはいます。では田舎暮らしにいったいどんな注意点があるのか、田舎暮らしの注意点について解説していきます。 田舎暮らしの注意点1【自然災害について】 自然豊かな場所で生活を営む田舎暮らしですが、良くも悪くも自然の影響を受けやすいという事実を決して忘れてはいけません。人には自然の環境が絶対的に必要ですから、自然ととともにある生活はもちろんありがたいことです。都会だと自然とかけ離れた生活環境になりやすいですので、自然の多い場所で生活する田舎暮らしがとても魅力的なのは間違いないです。ですが自然が多いということはそれだけ自然災害の影響も受けやすいということですから、その事実を失念してしまうのは御法度です。 たとえば山の中にあるような田舎暮らしをする場合、土砂崩れによって道路が通行止めになってしまう危険性があります。台風などで大雨が降った後は地盤がゆるみやすく、最悪の場合土砂崩れを起こしてしまいかねません。都会のような平野部では考えられないようなことですが、田舎の山ではそんな土砂崩れの恐れがあります。また土砂崩れとまではいかなくても、大雨のあとに道路に落石があったり、倒木があったりなど、道路へのさまざまな悪影響が十分考えられます。 また豪雪地帯では、降雪量の多さにとにかく手を焼くことがめずらしくありません。都会では5センチ積もっただけで大騒ぎしますが、豪雪地帯では冬にもっとたくさん雪が降ります。20センチ30センチぐらいは日常茶飯事、場合によっては1メートル2メートルというぐらいの積雪量になるというのですから想像を超えています。このような環境に身を置いても「田舎暮らしはいいね」といえるのか、注意点としてよく考慮する必要があるのは確かです。 さらに離島のような田舎暮らしでは台風の影響をモロに受けやすいというのも、自然災害の1つに含まれます。台風が直撃すればまともには生活できないですし、家屋の倒壊をはじめとした建物への被害も十分ありえます。さらに田舎暮らしの楽しみの1つである農作業で育てた作物が、台風によってダメになってしまうのかもしれないのです。

  • 田舎暮らし「住みたい街ランキング」

    田舎暮らしにあこがれるという方や、退職後は田舎に引っ越したいと考えている方も増えているのではないでしょうか。そんな方たちのために、引っ越し先の候補として、人気の住みたい田舎ランキングを紹介していきます。 なお今回紹介するランキングについては、「田舎暮らしの本」編集部が全国の市町村にアンケートを行い、663の市町村が回答したものの中から、人口が10万人以下の街から選ばれたものになります。 若者世代が住みたい田舎ランキング まずは若者世代が住みたいと思う田舎の市町村のトップ3です。 第3位「島根県飯南町」 第三位は、「島根県飯南町」です。この飯南町は平成17年に旧頓原町と旧赤来町が合併してできました。中国山地の中ほどにあり、町の面積の内9割が森で、周囲は標高1千メートル級の山々に囲まれていて、季節ごとに美しい季節を見せてくれます。 古くから山陰と山陽を結ぶ要所であったため、移住者も温かく受け入れる風土ができています。実際に移住してきた人と住民の間で定住支援センターが架け橋になることで、地域の方に紹介したり、交流会を開催するなどの移住後のフォローも受けることができます。またこの定住支援センターは、田舎暮らしで起こりがちな草刈りや虫対策、雪かきなどの相談にも乗ってくれるため、環境が変わることへの不安も和らげることができます。 定住する際の助成金も豊富で、住宅を購入する際の住宅整備助成金や空き家を改修する人向けの空き家改修助成金、Uターン移住者のためのUターン推進集落支援助成金など全部で8つの助成金が用意されています。 第2位「大分県国東市」 第二位は、「大分県国東市」です。この国東市は、大分県の北東部の国東半島の東部にある市で、約3万人の人が住んでいます。北部から東部にかけて伊予灘に面していて、西部は山地になっています。 市を挙げてUIターンを歓迎していて、「心安らぐ"ふるさと"をつくってみませんか?」をキャッチフレーズとして移住を呼びかけています。実際に「国東市空き家バンク」によって国東市内の空き家を管理し、移住者に定住場所として紹介するサービスを行っていたり、移住定住ガイドブックを発行しています。実際に移住した方のインタビューを国東市のホームページでも掲載しています。

  • 田舎暮らしとインターネット

    田舎暮らしが静かなブームとなっています。 しかし、実際に田舎暮らしを実行しようとすると不安になってしまう人も多いようです。 その中で一番多いのは、「買い物の場所」「娯楽がなさそう」といったものではないでしょうか。 今や、インターネットがあればほとんどの不足は解消することができる時代です。 インターネットが使用できる田舎暮らしであれば、ある程度快適に生活できることは間違いありません。 以下に、インターネットを活用した田舎暮らしについて具体例を見ていきましょう。 田舎暮らしの買い物はインターネットでカバー 田舎暮らしの最大の問題点は、「買い物する場所がない」ということです。 ファッションセンターを期待している人はいないと思いますが、日用品を購入するのに不便である場合もあります。 そんな問題を解消してくれるのが、インターネットです。 隣町までいかなければ大手スーパーがないという田舎でも、ネットスーパーを活用すればその日のうちに配達してくれます。 ネットスーパーであれば、「車の運転が苦手」「重い物を運ぶことができない」といった女性の味方でもあります。 生活必需品に限らず、嗜好品や贅沢品もインターネットを通してほとんどのものを購入することができます。 ものによっては、「実際の店舗で購入した方が安かったのに…」という場合もあるかもしれません。 田舎ゆえに、送料が高くついてしまう場合もあるでしょう。 けれども、田舎から車を出すとなればガソリン代がかかってしまいます。 そもそも、田舎暮らしでは手に入らないものがインターネットを通じて手に入るのですから、多少の割高は経費だと思うことで相殺されます。 代金の決済も、カード払いにすることでインターネット上で解決させることが可能です。 田舎暮らしでインターネットを駆使していると、都会に住んでいる人よりもお得なサイトを見つけ出すことができるかもしれません。 田舎暮らしの休暇もインターネットにおまかせ 田舎には広大な自然があります。 田舎暮らしの最初の頃は、休日の度に外へ出かけて大自然を満喫していたかも知れません。 けれども、そんな探検も最初のうちであり、仕事をしていれば自宅でゆっくりしたくなるのではないでしょうか。 自宅での娯楽も、インターネットがあれば簡単に手に入れることができます。

  • 憧れの田舎暮らし。その理想と現実を考える。

    憧れの田舎暮らしってどうなの? 「田舎でのんびり暮らすのって憧れる!」誰しも一度はそう思ったことがあるのではないでしょうか。都心は便利で楽しい反面、時間に追われ、あくせく働いても物価の高い地域では生活するだけでも大変です。 その点、田舎では都心の1Kほどの家賃で十分な広さの部屋に住むことの可能です。 それだけでもやっぱり田舎暮らしに憧れる!と思ってしまいますよね。 田舎で暮らしたい人のために田舎暮らしの理想と現実を徹底解剖しちゃいます! 憧れの田舎暮らし。3つの理想と現実 憧れの田舎暮らしの理想といえば何を想像するでしょうか? のんびりとした時間、のどかな風景、温かで優しい人々… 多くの方がこの3つを想像しているのではないでしょうか。 いいですね。毎日のんびり暮らせたら最高です。この3つの理想は決して間違いではありません。しかしこの田舎に対しての理想には大きな落とし穴があります。 のんびりとした時間の流れ 観光客として訪れる田舎は本当にのんびりとしています。日々の生活を忘れ、リラックスすることができますよね。しかしこれは観光客目線でのこと。 田舎の人にも生活があるため、毎日働かなければなりません。 朝は畑に行ってから会社へ出かけていきます。晴れた日は会社が休みでも畑や田んぼ仕事。GWなんかは旅行なんて行っていられません。田植えをしなければならないからです。 また、田舎は交通が本当に不便でのんびりとしてバスに乗り遅れでもしたら2、3時間バスは来ません。自分を自分で管理できる人ならこの点は問題ないでしょう。 のどかな風景 田舎暮らし最大の利点は澄んだ空気で自然がいっぱいある風景を眺めながら生活できるところですね。都心では上にも下にも人が住んでいて、部屋の窓をあけても自然どころか隣家の壁ということもあります。田舎は住むところにもよりますが、窓を開けると海や緑が広がっていて気持ちが良いです。大抵の人はのどかな自然に憧れて田舎暮らしを考えるのではないでしょうか。 しかしここにも田舎で暮らす落とし穴が潜んでいます。 それは大自然があるということはそれだけ虫が多いというところです。 自然の中ですから色々な生き物がいるのは当たり前のことなのですが、都心に住んでいる人には普段見ることのない虫が家の中に入ってくることは珍しくありません。

  • 岡山での田舎暮らし

    岡山県での田舎暮らしに憧れて調べてみました。 岡山県の人口の約55%は、県庁所在地の岡山市と倉敷市居住者でしめられているのですが、北部にある大半の市町村では過疎化と高齢化が進んでいます。 しかしその北部地域は、意外にも田舎暮らしに憧れて土地を探している方に高い人気があり、それぞれの自治体も助成金を出すなどして移住者を歓迎しているのです。 なので、都会からの移住者や週末だけの田舎暮らしを楽しむ方が増えている地域なんです。 なぜ人気があるのかということについて、意外と知られていない岡山県について、古い歴史などについて述べてみますね。 【田舎暮らしに◎】岡山県は交通に便利なところ 鉄道では、東京から岡山市までは、空路で約2時間、新幹線で約4時間です。 岡山県の中心都市は県庁所在地の岡山市で、ここから新幹線での京都、大阪への日帰り旅行も可能です。 瀬戸大橋を通じて鉄道や自動車で四国にも数時間で行けるという便利なところです。 自動車を使っての京都、大阪などの関西との交通は、中国自動車道を使えば、 大阪-美作が約1時間20分です。 そして大阪-津山間を結ぶ高速バスが、ほぼ30分間隔で運行し、京都-津山間の高速バスも本数も運行しています。 山陰鳥取へは、一般国道で約1時間半なので、山陰地方へも気軽に行ける距離です。 瀬戸内海方面へは、瀬戸内市日生港まで車で約1時間10分、日生港からリゾート地の小豆島やその他の瀬戸内海の島々への定期船や観光船が出ています。 遠方への旅行は、岡山空港が便利(空港駐車場は無料です)で、ソウル・上海・グアムの定期便の国際便もあります。 【田舎暮らし成功の鍵?】岡山県の言葉 岡山の言葉は東京言葉に近く、関西訛りとは全然違うほとんど標準語のアクセントなのです。 なので、田舎暮らしに憧れて住んでみたものの、住民の方の訛りがよくわからないとか、都会の言葉を使うといつまでもよそ者扱いにされて馴染めない、などということがありません。 言葉のコミュニケーションのギャップの心配がないというのは珍しいことだし、なかなか都会的なセンスもある土地柄なので、古い風習とかにとらわれることもないようです。 これは都会からの移住者にはかなり重要なポイントではと思います。 【穏やかな田舎暮らしに…】岡山県の気候

  • 田舎暮らしの失敗

    憧れの田舎暮らし→失敗も多い? 都会に長く暮らしていると、ふと田舎に暮らしてみたいと考えたりしますよね。 実際、子育てがひと段落した夫婦が、東京から札幌に移住したり、東京から地元に帰って古民家を借りて暮らす人がいたり、そうした話を耳にすると田舎暮らしへのあこがれが募ると思います。 確かに、キャンプやアウトドアが好きな方であれば、田舎に暮らして毎週野山を散策したり、登山をしたり、または、サーフィンが好きな方であれば海辺に住んで毎朝波乗りしたり、ライフスタイルが変化すると思うと、とても充実した生活がイメージできると思います。 それに、家族そろって家庭菜園を楽しんだり、友人を呼んでのんびり週末を過ごすなど、忙しい都会の生活に慣れていると本当にうっとりします。 しかし実際のところ、田舎暮らしをして失敗した、という人も少なくありません。 交通の不便さや、近所づきあい、村社会の不便さなどを実感したり、雪国などに移住すると冬の暖房代がかかって生活費が思ったより安くならなかったなど、当初計画していたより予算がかかり、老後の資金が間に合いそうにないという問題が発生したり、予想外の出来事もつきものです。 そんな田舎暮らしで失敗しないために、事前にチェックしておくこと、心構えなどご紹介します。 一般的な田舎暮らしの魅力 まず、田舎暮らしのメリットと魅力をご紹介します。 田舎暮らしのメリットとしては、生活費、食費の安さでしょう。 特に、東京に比べると家賃が格段に安くなります。都会から離れると人口が圧倒的に少なくなりますので、家賃は当然安くなるのです。 歓楽街を有する観光都市の札幌でさえ、12畳のワンルームで4万円台で住めるマンションもありますし、東北地方も田舎らしさが感じられて移住先として人気の土地ですが、県庁所在地から離れると1LDK・2LDKで4万円台というのもざらにあります。 賃貸マンションでこの安さですが、田舎は土地や家を持て余す高齢者などもいることから、一軒家の賃貸も多く、破格の金額で借りることができたりします。 もちろん、家を買う、建てる場合にも都会とは比べ物にならないくらい安いです。 また、スーパーや飲食店も東京に比べると圧倒的に安いです。

  • 田舎暮らしで、理想のスローライフを…

    私の人生経験から語るスローライフとは まず簡単に私の経歴をご紹介させていただきます。私は、現在とある地方の村で田舎暮らしをしています。その村は(以下、村と記載)私が育った地域でもあります。私が生まれた地域は、その地方の県庁所在地の都市です。小学校4年生から、父親の転勤の関係で現在居住する村へと引っ越しました。高校卒業後、金沢市の大学へと進学します。大学卒業後は、名古屋市の企業へと就職し、4年間名古屋市で働いていました。そして、転職と同時に村へ帰郷し、現在に至ります。私が田舎暮らしの魅力を上げさせてもらいますと、次のことを特に推しています。静かな暮らしであること。近所トラブルが少ないこと。この2点です。 まず、静かな暮らしという点について述べさせてもらいます。静かだというのは、単に都会と比べて生活空間が騒音にまみれていないということを言っているのではありません。日々の生活の中で、自分の時間、家族との時間が多く取れる点にあります。名古屋市在住だったころは、居住地付近は夜間になっても光、音の絶えない空間でした。さすがに日付が変わって深夜ともなれば落ち着きますが。もともと、都会で住んでいた方にとってはさして気にもならないことかもしれません。ですが、村で育った私には、それが煩わしく思ったものです。そして、自然に親しむ場所がなかったことも、私にとって都会生活のマイナス要素といえます。村に帰郷してきて、周囲が山に囲まれた景色であることに落ち着きを持ったものです。夜間19:00ともなれば、どの通りも落ち着きを持った場所に変わります。暴走車による騒音など無縁なものです。そういった生活空間の騒音に悩むことがないため、家族団欒の時間が落ち着いてとることができます。

  • 北海道で最高の田舎暮らし!

    北海道に移住したきっかけ 2011年秋まで私は名古屋に住んでいました。当時は個人事業で広告系のカメラマンをやって生活していました。 妻とはアメリカで出会い、結婚して名古屋で一緒に住んでいましたが、妻が北海道出身、私も何度か車やバイクで北海道を旅したこともありいつかは移住して北海道で生活したいとお互い思っていました。 名古屋での生活は忙しいながらも不安定で、子どももいるということで将来のことより今を生きるのにお互い必死でした。 そんな生活を送っていた2011年の3月11日、いつものようにクライアント先で撮影をして家に帰りました。テレビをつけると異様な光景を目の当たりにしました。東日本大震災でした。 その後、自粛ムードが世間に広がったころ、自分の仕事にもいろいろ変化が現れました。その時から、忙殺され、外の都合に振り回され、先のことも考えられない生活に疑問や不安を感じるようになっていました。 ある夏の日ふと、北海道移住の考えが私も妻も浮かびました。お互い都会の生活に振り回されて疲れていました。「今北海道に引っ越しても誰にも迷惑かからないよ。」「じゃあ北海道に移住しちゃえ!」、とあっという間に決めました。 北海道移住後の生活 移住を決めたらすぐ、就職活動を始めました。名古屋から北海道の会社に就活に行くというのもあって、面接していただいた会社の方々はとてもよくしてくれました。その甲斐あって、あっという間に就職先も決まりました。 移住先は、北海道の道東にある「北見」という街でした。街自体は、地方の街らしくコンパクトです。北見の街を端から端まで車で走れば、10~20分ぐらいの大きさです。しかし、救急病院やショッピングセンターなど生活に必要なものはすべてそろっている街です。しかし、北見の街から外れると街一面畑か牧場です。まさに北海道の景色が広がっています。妻と一緒に新居で荷物を降ろしながら、「ああ、この街で根を下すんだな。」と思いました。 生活は、都会とは違い近所の付き合いもたくさんありました。一軒家を借りたので畑を始めたら大家さんが色々教えてくれたり、ホタテの稚貝をたくさんとったからと分けてくれたり、雪で車が動かなくなると助けに来てくれたり、と名古屋にはなかったものがあり、人とのつながりを感じることができました。

  • 田舎暮らしと子育て

    子供がいるご家庭にとって子育て環境は非常に気になるものです。 その中で都会で子育てするよりも田舎暮らしで子育てした方が良いと考える方、田舎にいるよりも都会に出た方が子供のためには良いと考える方がいらっしゃるでしょう。 田舎で子育てをすることはメリット、デメリットの双方を抱えているので一概にどちらが正解かは言えません。 ご自身の教育方針の参考になるように田舎暮らしでの子育てについて検証してみます。 田舎は子供同士の競争が少ない 田舎は人口が少ないのが特徴です。 さらに若い子育て世代が仕事を探して都会に出てしまうと子供の割合は少なくなってしまいます。 そうするとライバルは少なくなるので学力やスポーツで子供同士の競争も減ることになります。 これをどう捉えるかはその人次第です。 競争が少ないと、子供の出来について一喜一憂する必要はなくなります。 「あの子は出来ている」などと考えることがなくなり、自分の子供の個性とじっくり向き合うことができるようになるのは子供の才能を伸ばす上でも重要です。 競争は他の子と遜色ないことに比重が置かれるため没個性を呼び起こしてしまいまうす。 伸び伸びとした環境でゆっくり育った子供は心も豊かになることでしょう。 一方で競争がないことはレベルの向上を阻害するという考え方もあります。 例えば田舎の学校で1番になったとしても、少し人口が多いところに行けば何てことない平凡な子供だったということになってしまいます。 他人と比べられることに慣れていないので、大きくなって都会に出て行った時に初めて競争世界に晒されて挫折を覚えることにもなります。 小さな頃から何かと競争する相手がいることで子供は身近な目標を立てて努力しますし、負けを知ることで出来る成長もあるのです。 田舎暮らしでは子供の教育環境が少ない 教育面で言えば田舎の教育環境は限られることになります。 学習塾や習い事に通わせたいと思っても、子供が少ない田舎では経営が成り立たないのでなかなか大手も進出してきません。 個人経営や有志で経営される塾などでは残念ながらレベルに疑問が残ってしまいます。 本格的に塾などに通わせたいと考えれば田舎の中でも人口が集中する場所まで行かなければならず、そうなると送り迎えなどの負担が親にかかることになります。

  • 田舎暮らしの嫌なとこ

    近年、自然に囲まれてゆったりとした時間を過ごせる田舎暮らしに憧れを持つ人も増えてきています。 子供たちを自然豊か環境で伸び伸びと育てたいと考えている子育て世代や、定年を迎えた世代が老後をのんびりと過ごしたいと、田舎暮らしを望む人が多いようです。 しかし、イメージした田舎暮らしと現実が違ってしまうとそれが一気に「嫌だな」となってしまうでしょう。 今回は、田舎暮らしの「嫌なとこ」についてご紹介していきます。 田舎暮らしの嫌なこと1【濃密な近所付き合いが求められる】 田舎暮らしの最大のメリットといえば豊かな自然に囲まれて暮らすことでしょう。 春には野山に花が咲く風景を間近で見られ、近くに海があれば、休日には釣りを楽しむこともできます。 自然が多いということは、都会に比べて人口が少ないことの裏返しでもあり、田舎では人が少ないからこそ、濃密な近所付き合いが求められます。 例えば、アポイントなしに隣人が家を訪ねてくることだってあります。 隣人が優しい人であれば、畑で採れた野菜のお裾分けであったり、多めに作った夕飯のおかずを持ってきてくれるなど、好意的なものであることが多いのですが、都会育ちで近所付き合いに慣れていない人にとってはお節介に感じてしまうかもしれません。 隣人が癖のある人だと、アポイントなしに自宅に押しかけられ、長話を強いられてしまうこともあるようです。 田舎暮らしでは、ご近所との距離感が近いのが当たり前で、近所付き合いが希薄な都会生活に慣れていると、それが嫌だと感じる場合があるのです。 田舎暮らしの嫌なこと2【車なしでは生活がままならない】 都会のように交通機関が発達していない田舎の場合には、移動手段として車が必須になります。 特に人口が少ない地域に行けば行くほど、スーパーマーケットや、ドラッグストアなどのお店と自宅の距離は離れた場所にあり、生活に絶対に必要となるものを確保するには車を使って移動しなくてはなりません。 車が好きな人や、運転が好きな人にとっては、自然豊かな景色を見ながらドライブがてら買い物に行けるので良いのかもしれませんが、車の運転に自信がない人や、免許を持たない人は生活が困難になってしまいます。 お店のある場所が自転車ではいけない距離にある場合も多く、田舎では一家に一台の車では足りず、一人につき一台の車を所有している地域も少なくありません。

  • 田舎暮らしの嘘(ウソ)・ホント

    田舎暮らしにあこがれていたけれど実際にやってみたらこんなのが現実だったと失望する人は意外とすくなくありません。今回は、実際に田舎暮らしをされた方の体験談をもとに田舎暮らしのウソ・ホントというタイトルで、田舎暮らしの現実についてお話したいと思います。 田舎暮らしは楽しいってホント?→「やっぱり楽しい!」 これは一部ホント、一部ウソ。という答えになるでしょか。というのも、実際に、楽しい、楽しくないっていうのは、その人が田舎暮らしに何を求めているのかということがキーとなりますので、求めているものがそこにあれば、充実感を感じる⇒楽しい、ということになるでしょうし、それが無ければ、不足感を感じる⇒楽しくないということになりますよね。というわけで、それはその人次第ということになりますが、現実に田舎暮らしを経験された方は次のようなことを言われています。 "好きだった釣りが毎週できるところが近くにあってやっぱり海があるところはいいですね" "ドライブがすきなので、近くの温泉や山があるので、週末に出かけるのがたのしくなりました" "家の庭を開墾して、畑をはじめました。都会だったらあり得なかった趣味なのでとてもよかったです" このように、良い面=楽しいと感じている方は、これまで趣味だったことが楽しめるようになったことをあげています。例えば、海がある場所なら釣りを挙げている人がいますし、ドライブなどが好きであれば、近隣に温泉があることや山もいいようですね。あるいは、別の方は、これまでは土いじりが趣味ではなかったけど、田舎に引っ越して庭に土地を持てたので、畑を始めたということです。都会であれば、自分の土地を持つということはあり得ないことですからこれはうれしいですよね。 田舎暮らしは楽しいってホント?→「んー。負の面もある」 このように良い面がある一方で負の面もないわけではないようです。次のようなコメントがあります。 "やっぱり知っている人がいないのは寂しいですね" "飲み会がたまになつかしくなることがあります"

  • 田舎暮らしのストレス

    田舎への移住は、様々な理由があると思います。進学や結婚、田舎への憧れの生活を求めての移住、都会での生活に疲れてしまっての移住など思いは様々だと思います。しかし、現実と理想のギャップでストレスを抱えることがあるというのも事実です。田舎へ行けば行くほど現実と理想のギャップを感じることが多く、ストレスは大きくなります。田舎でのせっかくの新生活を負の感情にしてほしくはありません。田舎暮らしを始める前に、どのような問題があるのかなどストレスを感じる要因をお伝えし田舎での暮らしを理解し、失敗しない移住にしていただきたいと思います。 田舎暮らしのストレス1「移動手段は車が不可欠」 都会に住んでいると、自家用車を使うことが多くはないと思います。電車移動や徒歩などすぐ行ける範囲で目的地にたどり着ける環境なのではないでしょうか。交通機関が発達した都会では自分で運転する機会は少なく、免許自体持っていない方がいるかもしれません。しかし、田舎へ行くほど交通機関は発達していません。そのため、車を持っていないと移住して一番に移動の問題に直面します。車がなければ、生活できないと言っても過言ではありません。田舎での生活を望むのならば、免許を持っていること、車の購入が必要となります。また、ドライバーの高齢化問題も近年では問題化されている中で、車が必須な田舎では、高齢者の運転率も高くなります。田舎での生活をしていく上で切り離せない問題です。自分が高齢になったときなど自分の移住年齢に応じた考えも必要となります。 田舎暮らしのストレス2「店がない」

  • 田舎暮らしというアイディアの受け入れ方

    はじめに 夢の田舎暮らしでスローライフを手に入れました、自分で育てた農作物とご近所さんに頂く農作物で自給自足の田舎暮らしを実現しています、など、都会から田舎に移住した成功体験を耳にする機会は多い。都会には何かと喧騒が多く、快適便利な暮らしの裏側には絶えない苦労に苦しむ人も少なからずいる。あくせくしていて時間の流れは忙しなく、美味しい空気を吸うことなど皆無、住むマンションの住人同士の触れ合いもなく、クールでドライな生活が流れていく。そんな暮らしを続けていれば、ゆっくりと時間が流れる田舎で、美しい山々に囲まれた地で美味しい空気を吸いながら、自分たちの育てた農作物を食べ、人の温かさを感じながら生活する田舎暮らしに憧れるのは、ごく自然なことだとも言える。好きな環境は人それぞれだが、誰でも心穏やかに過ごしたいのだ。 さて、このように考えたからといって、「よし、じゃあ今の都会暮らしを投げ捨てて田舎に移住しよう」と実行に移すのは、大変に無謀だと言える。少し考えればわかることだが、都会の暮らしと田舎の暮らしはあまりにも違う。 農業でもしますか? まず、1つ立ちはだかる大きな壁は、仕事である。都会の仕事を続けたまま田舎に移住するのは、ほぼ無理といってよい。パソコン1つで全ての仕事が出来るのであれば可能かもしれないが、そのような人は稀であろう。大方の人は仕事を辞めて田舎に移住して来ることになる。では、田舎では仕事はどうするのか。

  • 山林での田舎暮らし

    ワタシの田舎はこんなとこです! 私が暮らしていた実家は、とある海なし県の緑に囲まれた山の中腹辺りにあります。…と書くと、何だか草木が生い茂るマイナスイオンたっぷりな場所を想像されますかね?残念ながら実際は、そんな山奥ではなく、小さいですが集落がいくつかあり、その内の1カ所で暮らしてました。当時から子供が少なく、華やかな観光名所も無い地域でしたが、最近は町おこしとして自転車で山を登る「ヒルクライム」という競技の大会を催したりすることで、少しずつ活気を取り戻してきているようです。 危ないのは山奥だけ? 私が子供の頃は、よく熊が出没したと学校のホームルームで担任の先生から注意喚起されていたものです。私のクラスメイトは、実際に通学路で小熊に遭遇したことがあります。小熊のそばには気性の荒い母熊がいるはずなので、何事も無かったのは本当に運が良かったです。しかし、現在は熊の目撃情報はほとんどありません。代わりに?目撃情報が増え始めているのが、猪です。最近テレビ番組などでも少しずつ取り上げられるようになってますよね。彼等はまさに猪突猛進、人間も自動車も怖くありません。個体によっては自転車よりもよほど大きな体と牙を武器に、真っ直ぐ突っ込んできます(テレビ番組では餌をあげたりしている方もいましたが、危険です!本当に怪我だけでは済まないので、やっちゃダメです)。繁殖力もスゴいので(動物園などで見かける瓜坊達はとっても可愛いんですけどね)、数が増えてきているおかげで山奥だけでは餌も足りなくなってきているんでしょうか?近年、畑の作物がかなり被害にあっています。私の母は一度、同じ畑の敷地内で遭遇したそうで、あと少し気付くのに遅れたら大怪我をおっていたかもしれない、と今でも肩を震わせて言います。猪の毛皮は硬く、銃弾を弾いてしまう程だとか。牡丹鍋は美味しいはずなのに、猪の数が減らないのは、狩りにくいという理由もありそうですね。 花粉症の人、増えてますよね?

  • 田舎暮らしの現実

    自分の人生を見つめなおす瞬間 都会に住んでいると、人の多さに嫌気がさし、機械に囲まれた暮らしにうんざりし、様々なストレスから逃れたくなる瞬間があります。 そんな時は、休日に旅行に出かけてみたり、趣味を見つけて趣味に没頭する時間を充実させてみたり、自分なりの気分転換を見つけて楽しむことで、日々を乗り切ろうとする人がほとんどだと思います。 ところが、旅行に出かけることや趣味の時間を作ることだけでは気が済まなくなり、生活自体が嫌になり、何もかも投げ出したくなり、生活の全てを変えようと考え、人生を見つめなおしてみたくなる瞬間が訪れることもあります。 ブログやテレビ番組などで充実した生活を紹介している人を目にした瞬間に、憧れを抱くとともに、自分の生活を見つめ直す機会になります。 特に自分の年齢に近い人の充実した生活というものは、かなり刺激的で大きな影響を受けてしまいます。 それでも何もできず、ほとんどの人は夢を見ることで終わらせることになるのですが、ここで思い切って行動に出てみる人も増えているように思います。 その一つが田舎暮らしです。 田舎暮らしへの憧れと田舎の過疎化 都会で働き、都会で生活することに疲れた人たちは田舎暮らしに憧れを持ち、田舎でのスローライフに夢を抱いているのです。 定年後にのんびり畑仕事をしながらの生活に憧れて田舎暮らしを始める夫婦、環境の良い場所で子供を育てていきたいという思いで田舎暮らしを始める子育て世代の家族、都会に馴染めず人とは違った人生を送るために田舎暮らしを始める単身者など、いろいろな思いを持ち都会を離れることを決断して行くのです。 逆に田舎では若者が都会に出てしまい、子供が減り、どんどん高齢化がすすみ、世帯数が減っていっている、という深刻な問題をかかえています。 積極的に移住者を受け入れているような過疎の町も多く、需要と供給のバランスがとれていることも、田舎暮らしを始めやすい要因なのかもしれません。 田舎暮らしの魅力を発信 過疎が進み、このままではダメだと危機を感じている地域のなかには、田舎暮らしの魅力を発信することで、都会暮らしの人の移住を勧めています。 提供している情報のなかで、他の地域との差別化を図り、自分たちの地域の魅力を前面に押し出すことによって、移住を推進しています。

  • 田舎暮らしの幸せ&不幸せ

    都会に住んでいれば、お洒落なカフェやお店がたくさん並んでいるし、毎週、毎日楽しいイベントがあります。どこかへ出かけたいときはいろんなアクセス方法が選べるので、いつでも、どこにでも行くことが出来ます。宅配が届く時間も速いし、便利なことだらけですよね。それなのに、疲れたと言って何もない自然だらけの田舎へ旅行に行く人がたくさんいます。場合によっては移住をしちゃう人もいます。そんな都会からしたら良い風に見える田舎ですが、果たして実際住むとなると幸せなのでしょうか。 今回、田舎暮らしの幸せ、不幸せを取り上げてみたいと思います。 田舎暮らしの幸せ1【田舎暮らしは自然に癒される】 田舎暮らしは自然に癒される 都会ですとどうしてもビルや、コンクリートの建物が多くて自然が少ないですよね。そんな景色に疲れて、都会の人は田舎へ旅行に行くのだと思います。山の緑や、きらきらした青い海と空をいつも見ることが田舎ではできます。空気も綺麗ですし、夜は満点の星空を見ることが出来ます。朝は鳥のさえずりで起きたり、季節の移り変わりがわかりやすかったり、とても癒されます。そんな自然たくさんのところに囲まれていると、ストレスもすぐになくなりそうです。ストレスがなく余裕が出てくると、自分の好きなことをやろうという気持ちになります。釣りやキャンプといったアウトドアの趣味を始めたり、家庭菜園も始めるのも良いかもしれません。 田舎暮らしの幸せ2【時間がたくさんできるので、自分に向き合うことができる】 都会にいると、毎日周りの人とのコミュニティに振りまわされたり、なんだかいつもせかせかとせわしなくなるような気がします。人が多い分、駅やお店が混んだりするので、必然的に動作も早くなりなんだか忙しげです。田舎に行くと人がまず少ないので、それだけでもなんだかのびのび出来るような気がします。お店も混むことが少ないので、周りを気にしてせかせかする必要もありません。そして、都会のようにたくさんの情報やものに囲まれないので、シンプルに生活が出来ます。時間もたくさん出来るので、本当に自分がやりたいこと、欲しいものにじっくり向き合うことが出来ます。 田舎暮らしの幸せ3【土地が安いので、家を安く建てられたり、賃貸も安い】

  • 田舎暮らしの計画

    都会に住んでいる人が移住して田舎暮らしを実現するためには、田舎暮らしを成功させるための計画を綿密に練る必要があります。 田舎暮らしはほんの思いつきでできることではなく、入念な下調べをしないといけません。 もしも計画をしっかり立てることなく無計画で田舎暮らしを始めてしまったら、田舎暮らしをしてから後悔するかもしれませんよね。 それでは田舎暮らしが失敗に終わってしまいますので、そうならないようにしないといけないです。 そこで田舎暮らしを満足いくものにするためにはどうすれば良いのか、田舎暮らしの計画について解説していきますよ。 どこで田舎暮らしをするのか計画を立てる 田舎暮らしを行う際に最も重要なポイントといっても過言ではないのが、どこで田舎暮らしをするのかの場所の選定です。もしも場所を間違えてしまったら、田舎暮らし成功の可能性は低くなってしまいます。どの場所で田舎暮らしがしたいのか、入念に調べて計画を立てないといけません。 まず田舎暮らしの候補地を選定する際最初に検討しなければいけないのが、自らの生まれ育った出身地に戻って田舎暮らしする計画についてです。いわゆるUターンで出身地に戻って田舎暮らしを始めるのは、田舎暮らしの際のリスクをおさえることができる考え方ですよね。これは田舎暮らししたい人の出身地が田舎の人の場合に限った考え方です。 出身地に戻っての田舎暮らしがやりやすいのは、すでに勝手知ったる場所だという理由が大きいです。田舎暮らしの計画を立てる際にまったく知らない場所ではその場所について一から調べなければいけませんが、出身地ならそんなことはありませんよね。すでに地域性をある程度は把握していますので、どんな田舎暮らしになるのかの想像がしやすいです。田舎暮らしの計画を立てるなら、真っ先に考えたいのが出身地の田舎暮らしですね。 ただ出身地が特に田舎でない場合、田舎暮らしをしたければ出身地以外の場所を選ばないといけません。その際はどこだったら理想とする田舎暮らしができるのか、地域性を加味したうえで検討しないと失敗しますよね。その地域ごとに移住に対するスタンスがまったく異なっていることは珍しくありませんので、じっくりと調べたうえでどこで田舎暮らしをするのか計画を立てるのが失敗しないためのコツですよ。 田舎暮らしの計画で欠かせないのが、仕事のこと

  • 田舎暮らしの「うんざり」なポイントとは

    都会で生活をしていて田舎暮らしに憧れているという人は少なくないのではないでしょうか。 確かに都会に比べて開放的でのびのびとした生活は良い面もありますが、同時にうんざりすることも多くあります。 軽い気持ちで田舎暮らしをすると後悔することになりますので、田舎ぐらしのうんざりする点もしっかり把握しておきましょう。 田舎暮らしは退屈でうんざり 田舎暮らしはやることがありませんのですぐに退屈してうんざりしてしまいます。 最初のうちは自然を生かして家庭菜園をしたり、至近を散策したりすることを楽しみにすることができますが、それもいつまでも続きません。 慣れてしまえば刺激はないので楽しさを感じることは難しくなってしまいます 買い物をしようにもお店の選択肢がほとんどありませんのでいつも同じお店になります。 品揃えもそんなに変わるわけではありませんし、酷い場合は一昔前のセンスのものしか売っていないので買い物そのものがつまらなくなってしまいます。 現代ですとなまじインターネットなどで最新の情報が入ってきますので、自分の周囲でそれが手に入らないことにうんざりすることになります。 結果として買い物は通販で済ませるようになるのでショッピングを楽しむという概念がなくなります。 ショッピングはまだ通販という対策がありますが、田舎暮らしは遊ぶところも限られます。 カラオケをしようにも大きな駅の前まで行かなければいけないので気軽に遊ぶことができません。 ライブやスポーツのような大きなイベントもほぼないのでそういった趣味がある人には不満も残ることになります。 田舎暮らしは子育てがしにくくてうんざり 田舎暮らしは豊かな自然が魅力で子育てがしやすい環境に思えます。 確かに都会に比べると走り回れる場所も多いですし、四季を感じることができる生活は子供の情緒にも良い影響を与えます。 田舎ならではの風習からも学ぶことは多いでしょう。 しかし子供を育てるということは伸び伸びしていれば良いというわけではありません。 特に田舎の学力は大きな問題となります。 田舎では秀才が育たないと言うつもりはありませんが、先生などの質によって学力が向上するのは間違いありません。 競い合う相手がいることも大事なことです。 どうしても田舎暮らしですと子供の数も限られてしまいますので教育のレベルも上がりにくくなってしまいます。

  • 田舎暮らし体験談

    田舎暮らし体験談【幼少期】 田舎暮らし。聞いた感じだとのんびりしていて平和な感じでとらえられるような田舎かなと思います。 私自身、地元が田舎で、実家の近くにあるものと言えば、唯一無人じゃない駅と、スーパー一件、郵便局、ホームセンター一件、道の駅一件、そして、海と山に囲まれた町といったような土地に住んでいました。 本当に買い物施設はないので、インターネットで買い物することに頼らないと生きていくには難しくなってしまうことが多くあります。 私が小さいときにはかつて、コンビニエンスストアが一件あったのですが、数年で潰れて、もともとたくさんなかった町からどんどん店がなくなっていくといったような田舎ならではのあるあるじゃないのかなと思います。 私が小学生の時にはショッピングモールなどはもちろんないので、自然遊びが当たり前、お金を使う遊びはほとんどしたことがありませんでした。 逆に言えば、お金がなくても遊べる場所がたくさんあるので遊ぶ場所に困ることがない土地だということです。 遊んでいたこととして、友達と海に落ちているもので釣竿を作って釣りをしたり、山に登ってタケノコ取ったり、秘密基地を作ったり、広い場所で走りまくったりととにかく自然を満喫しながら遊んでいました。 それが当たり前の生活で、不便なく過ごしていました。 近所の人たちはもう誰でも親切だし、なんでも知ってるのですぐに話しかけてくれるし、何かあったときにはすぐに助けてもらえました。 近所の人はとても親近感があり、安心して生活できる空間だったなと思えるような感じでした。 悪い人はいないような地域でした。 田舎暮らし体験談【青年期】 私が高校生になったときには、地元から少し離れた場所に進学して、地元とはかけ離れた町でした。 特別都会という場所ではありませんでしたが、遊ぶところは充実していて、何かものがなくても簡単に物が手にはいるようなお店はたくさんありました。 高校生の時は地元とは違い、困る生活のない町にとても感激して、このような買い物や遊びに関して不便のない生活に憧れを持つようになりました。 そのために大学進学の時には都会に行きたいという気持ちがとても膨らみ、都会の大学を選んで進学をしました。

  • 田舎暮らし「あるある」

    田舎暮らし「あるある」1 田舎暮らしをするうえでまず覚悟が必要なのは家の中に虫が入ってくることは日常茶飯事であることです。 リフォームを進めており、家もドアもとてもきれいににしてあるような住宅でしたら良いかと思われますが、昔ながらの古民家のような家ですと確実にアブやハエ、カメムシなどが入ってくるのはよくあることです。 しかしそれは言い換えると自然と共存して生きているということにもなります。 自然豊かな場所で暮らすことには身体だけでなく精神衛生上にも非常に健康をもたらしてくれます。 田舎暮らしでどのような仕事をするかは人それぞれですが、農家暮らしをするのでしたらそれ相当の覚悟の経験や慣れが必要になってきますし、その筋の人に教えを乞うことが必要になります。 また、在宅ワーカーなどをネットを経由して田舎暮らしをしていくのであればネット回線を確保することと、それで収益を得て食べていけるほどの技能が必要になると思います。 田舎から通いでお仕事に出るのは大変なことかと存じます。 田舎暮らし「あるある」2 そんな中でも田舎暮らしといとやはりイメージするのは田んぼや畑仕事かと思われますが、現実問題としては、現状無農薬で野菜を作るのはとても難しいです。 タヌキやカラスなど様々な動物がいるために食い荒らされてしまうことがほとんどです。 そのため、防犯ネットや柵のように何かしらの予防策を張る必要があります。 また、今のご時世は農協に関しても厳しく中々儲けが出ないと嘆く方もいらっしゃいます。 その点をよく踏まえた上で田舎暮らしを検討していただきたいと思います。 シビアな話ばかりになってしまいましたが、田舎暮らしのメリットとしてはやはり、物事の自由さが取り上げられるかと思われます。 自身の土地であるためにあるため、様々な融通が利きます。 たとえば子どもたちと思いっきり遊びまわれる状況、近くに山や川があれば探検するなど、田舎暮らしならではの遊びがたくさんあり、家族の絆も深まるのではないでしょうか。 また、何をするにも「不便」と捉えがちでしょうが、自給自足で暮らすからこその大事なものも見えてくるのではないでしょうか。 と、もうしましてもさすがに車を走らせた先にはスーパーがある程度の田舎に暮らすことをお勧めします。 そうでなければ、緊急事態などには対応しきれないためです。

  • 【田舎暮らしでこんなことしたい!】田舎暮らしの目的例

    田舎暮らし。というと、最近は流行りのキーワードとして取りざたされています。 田舎暮らしに関する特集や記事など、いろいろなメディアでも注目され、田舎暮らしをするほうにも、受け入れる自治体などにもメリットがあり、まさに今流行りの社会的なムーブメントとなっています。 では、このような田舎暮らしをしたい!という方は、どのようや目的があって田舎暮らしをしたいと思うのでしょうか。 「田舎暮らしはこんなことが出来る!」ということがいくつかあります。 今回は、田舎暮らしをすればこんなことが可能になるという田舎暮らしの目的やプランをご紹介します。 田舎暮らしの目的1【田舎暮らしで快適住宅を!】 田舎暮らしの大きな目的の一つのなるのが住宅購入です。 都会では、何千万、高ければ何億とする新築、あるいは中古の住宅が、その何分の1、あるいは何十分の1で購入できます。 もちろん、必ずしも買わなければいけないというわけではないですが、賃貸などであれば、ほとんど無料に近いような物件があったり、場合によっては無料貸与という自治体もあります。 都会で手狭な住宅に高い購入費を出すのはバカバカしい、とても都会の高級住宅には手が出ない、頭金がない、そんなかたでも田舎の中古住宅であれば、予算内で購入することができます。 ですので、家族持ちの方は、住宅購入を機に田舎暮らしに方向転換をするのも一つです。 多くの住宅は、中古住宅ですが、改修などは自由にできるので、古民家を買って、モダンな雰囲気の住宅にアレンジしたり、庭を改修して自分の好きな植物を植えたり、いろいろな工夫ができるのも田舎の中古住宅の良いところです。 田舎暮らしの目的2【田舎で転職活動を!】 もしかすると、仕事を変えたい、一生涯出来る仕事を探している、という方はいないでしょうか? そういった方は、田舎にそれが見つかるかもしれません。 田舎では就職先がない。と思われているかもしれませんが、そうとばかりも限りません。 田舎でも車で中心に通えるところはけっこうあるので、近くの都市へ通勤することは可能です。 あるいは、どっぷり田舎生活がしたければ、その地方の特有の仕事に就くことも可能です。 例えば、農業もその一つです。 地元の特産品などをつくる農家などに相談すれば、農家としてやっていくこともできるでしょう。

  • 田舎暮らしのメリット・デメリット

    田舎暮らしは、メリットばかりではありません。 都会生まれで都会育ち、就職も結婚も都会でという人の場合、田舎暮らしに一度は憧れるものです。 狭い家に狭い道路、子供も伸びやかに遊ぶことのできない都会、こんなせせこましい場所から逃れて、のんびりした田舎で暮らしたい、そう思って当然ですね。 そのために日々努力して、理想の田舎を探している人も多いでしょう。移住がある程度具体的になって、家や仕事を探す人もいるでしょう。 海外に移住するよりもちろん、手間はかかりません。しかも今では、田舎に移住をすすめる自治体も増えてきました。 そんな各自治体はホームページで、移住を勧めてくれています。これなら簡単に決まりそう、と思ってしまいますね。 実際に、仕事や住まいを見つけることはある程度、ネット上でも出来ます。しかし実際に引っ越して、その場に住むとなるとそれだけでは充分ではありません。 他にも色々と、考えておかなくてはいけないこともあります。 つまり、田舎暮らしのメリットとデメリットです。ついメリットにばかり目が行ってしまいますが、メリットがあればデメリットも有るのが世の習いです。 両方をしっかりと把握して、田舎暮らしを実現させていきたいものですね。 理想の田舎暮らしは人それぞれ とは言っても田舎で単に暮らすのか、それとも仕事を見つけてそれを軸に生活するのか、今持っている仕事をそのまま活かすのか、それによっても多少の違いは生まれます。 リタイア後に田舎でのんびりの場合、それこそ気候のいい暮らしやすい田舎で暮らすことが最もおすすめです。 ある意味、仕事という逃げ道がないので、そのコミュニティーに溶け込めないといささか、生活がきつくなることもあります。 自治体で移住を推進してくれていて、バックアップをしてくれる田舎を中心に選びたいですね。 こういったタイプの人の場合、一応時間に余裕はあるはずですので、これはと思った田舎を見つけたら足を運んで直接目で確認したいところです。 田舎暮らしの仕事事情 田舎で仕事をしたくて田舎暮らし、と考える人の場合道はいくつかに別れます。 その田舎の何かの会社で仕事をするのか、そこの特産のものを作る農業に転身するのか、そこで起業するのかですね。

  • 田舎暮らしのいいところ

    都会に憧れて地元を離れて都内で1人暮らしや就職をする方は少なくありません。 なぜなら「田舎はダサい」「田舎は不便」という考えを持っているからです。 反対に都会の暮らしはどんなところに魅力があるのでしょうか? 田舎暮らしをしている方からすれば「建物ばかり」「人が多い」というマイナスな考えを持っている方がほとんどです。 都会に対してこうした考えを持っている田舎暮らしの方達は自分の意志で田舎に暮らしている方が多いのです。 今回は、都会に憧れている人や都内に住んでいる人には分からない"田舎暮らしのいいところ"をご紹介します。 田舎暮らしのいいところ1【リーズナブル!】 田舎暮らしをしているとご近所さんからのおすそ分けや、出先でおまけをしてもらえることが良くあります。 顔見知りだからこそこうしたコミュニケーションが成り立ちます。 また、都会では1000円近くするものが田舎では半額の500円前後で販売されているなんてこともよくあります。 田舎暮らしはご近所さんとコミュニケーションを取れば取るほどおすそ分けやおまけが貰えることがあったり、赤ちゃん用品や家具など不要になったモノを譲ってもらえることも良くあります。 都会で暮らせば暮らすほど出費がかさみカツカツの生活をしている方や、お金に余裕がなく常にイライラしている方も少なくありません。 なぜなら都会は物価が高いからです。 それに比べると田舎暮らしはある程度のお金があれば人並みの生活ができるというところが田舎暮らしのいいところと言えます。 田舎暮らしのいいところ2【ファッションも気軽】 都会の方に住むと周囲の目を気にしてしまい女性であれば常にメイクやヘアセットを行い、男女共にキメキメのファッションをしている方がほとんどです。 それでは自分らしく居られる場所がなく、常に誰かに監視されているようで体力的にも精神的にも疲れてしまいますよね。 田舎暮らしは気を抜いたファッションで外出しても変な目で見られることもなく、すっぴんでも問題ないのです。 なぜならほとんどの方が気を抜いたファッションもしくは凄くシンプルなファッションだからです。 そのため気を抜いたファッションで外出することができ、自分らしく居られる場所というのが田舎暮らしのいいところです。

  • 田舎暮らしの体験談、募集しています。

    田舎暮らしの体験談、募集しています。 当社の田舎暮らしプロジェクトを、より良い物にするために、 田舎暮らしに関する体験談、募集しています。 こんな田舎暮らし体験談、お待ちしています。 田舎暮らしをしてみて、良かったこと。 田舎暮らしをして、驚いたこと。 田舎暮らしを実際にやってみて、残念に思ったこと。 田舎暮らしを実際に始めるまでは、想定外だったこと。 などなど、田舎暮らしに関する体験談であれば、何でも構いません。 ぜひ、どしどし、お寄せくださいませ。 田舎暮らし体験談投稿フォームはこちら こちらの投稿フォームから、是非お気軽に、ご投稿ください。 楽しみにお待ちしております。

  • 田舎暮らしの「仕事の悩み」

    田舎暮らし検討者にとっての最大の悩み。 何かと悩み・心配も多い、初めての田舎暮らし。 中でも多くの方々を悩ませるのは、 田舎暮らし中の「仕事」をどうするか、という点のようです。 都会と比べて仕事を探すのが難しい、というのは、田舎暮らしの大きな難点のひとつ。 とはいえ、田舎暮らしの最中も、どうしても、お金はかかります。 インターネット等を活用した遠隔での業務を許容してくれる会社があれば、良いのかもしれませんが、 世の中、そのような会社ばかりでもありません…。 当社の田舎暮らしプロジェクトをご活用いただければ… 田舎暮らしにつきものの、仕事の悩み。 しかし、当社の田舎暮らしプロジェクトをご活用いただければ、 わざわざ「仕事探し」を為さって頂く必要はありません。 当社の田舎暮らしプロジェクトにおいては、参加者様には、当社の箱根の旅館店舗の、現地業務(接客業務や、管理業務等)を受託頂きます。 田舎暮らしを始めたその日から、早速、お仕事をスタートして頂くことが可能です。 年間報酬は、ご夫婦で税込み750万円以上。 これでもう、田舎暮らしの間の仕事探しの心配を為さって頂く必要は、ありませんね^^ 仕事探し不要。当社の田舎暮らしプロジェクト、是非ご活用ください。 箱根で実際に複数の旅館店舗を経営している当社だからこそご提案できる、新しい田舎暮らしの形。 この機会、ぜひぜひ、お見逃しなく。 ふるって、ご応募下さいませ。

  • 節約志向の田舎暮らしに。

    意外とお金がかかる、田舎暮らし。 都会暮らしよりも生活コストの下がるイメージのある、田舎暮らし。 あまりお金をかけずに、のんびり田舎暮らしを楽しみたい。 そんな風にお考えの方も、少なくないでしょう。 しかし、田舎暮らしには、思いのほか、お金がかかるもの。 特に、住居の確保には、まとまったお金が必要となることが少なくありません。 節約を意識しながら田舎暮らしをしたい、という方にとって、 特にこの住居関連費用は、大きなハードルとなることが多いようです。 節約しながらの田舎暮らしに、是非、当社の田舎暮らしプロジェクトを。 その点、当社の田舎暮らしプロジェクトの場合であれば、 節約志向の方にも、十分におすすめできる内容です。 無料で居住スペースをご用意 当社の田舎暮らしプロジェクトの参加者様には、 箱根町にある、当社の旅館施設の敷地内の、居住スペースを、無料にて、ご利用頂きます。 自ら居住スペースを有償にて御準備頂く必要は、ありません。 水道光熱費も当社負担 当社旅館敷地内の居住スペースに関しては、その水道光熱費についても、当社負担とさせて頂いております。 さらに、当社の田舎暮らしプロジェクトに参加している間、毎日の入浴は、 当社温泉旅館内の、温泉浴場を、無料にてご利用頂くことが可能です。 堅実な、節約志向の方にこそ、当社の田舎暮らしプロジェクトを。 田舎暮らしに前から興味はあったが、費用の面から、なかなか実行に踏み切れずにいた…。 堅実&節約志向な、そんな方にこそ、 当社の田舎暮らしプロジェクトは、おすすめとなります。 ぜひぜひ、ふるって、ご応募下さい^^

  • 住み込みde田舎暮らし

    高まる田舎暮らし人気 住みづらい都会を離れ、 穏やかな空気の流れのなかで、 ゆったりとした、田舎暮らしを楽しみたい。 ここ数年、そのような風潮が、一気に高まってきたように思います。 都心に一極集中する、人口の流れが、そうさせるのか。 それとも、「田舎暮らし」という語感が、 人々に、ふるさとを思い起こさせるのか…。 田舎暮らしの一番の悩み=仕事 高まる田舎暮らしへの期待。 しかし、一番の期待は、「田舎暮らしをしている間の、仕事」のことだともいいます。 田舎暮らしをしている間も、当然、お金はかかります。 何らかの手法で生活費を得る必要があるのですが、 なかなか仕事が見つかりづらい、というのは、 田舎暮らしのデメリットのひとつ。 しかし、当社の田舎暮らしプロジェクトならば、 そのような心配は無用です。 田舎暮らしをしながら、当社の経営旅館の現地業務に、住み込みで従事頂けるからです。 メリットいっぱいの住み込み仕事 住み込みでの仕事には、 一般の通勤型の仕事と比べて、メリットがたくさんあります。 住居費がかからない 当社の田舎暮らしもプロジェクトもそうですが、 住み込み型のお仕事の場合、 住居費がかからないケースが多い、というメリットがあります。 どこで仕事をするにしても、どうしても、一定額が必要となる、住居費。 住み込み仕事ならば、これが無料となるケースもあるので、重宝されます。 勿論、当社の田舎暮らしプロジェクトの場合、 住居費は無用にて、 当社経営旅館敷地内に、居住スペースをご用意致します。 水道光熱費がかからない これもまた、当社の田舎暮らしプロジェクトの大きなメリットのひとつ。 当社の田舎暮らしプロジェクトの参加者様の場合、 当社経営旅館の敷地内の居住スペースを無料でご利用頂きますが、 当該居住スペースの「水道光熱費」もまた、当社負担と致しております。 毎月の電気代や水道代に頭を悩める必要は、もう、無用ですね^^ 「住み込みで仕事をしながら田舎暮らし」なら、是非、当社の田舎暮らしプロジェクトを。 住み込みで仕事をし、収入を得ながら、 同時に、田舎暮らしも楽しんで頂ける、という特徴を持つ、 当社の、田舎暮らしプロジェクト。 ぜひぜひ、ふるって、ご応募下さい^^