searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

hktsukaichiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
万歩径
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/hktsukaichi
ブログ紹介文
自分の行動記録と転居先である紀伊田辺近郊の町の<br>情報紹介をしております
更新頻度(1年)

76回 / 365日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2019/04/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hktsukaichiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hktsukaichiさん
ブログタイトル
万歩径
更新頻度
76回 / 365日(平均1.5回/週)
読者になる
万歩径

hktsukaichiさんの新着記事

1件〜30件

  • 暫くの間 おやすみさせてください

    コロナ篭もりの影響もありネタ不足につきしばらくの間投稿をお休みさせていただきます再開時には引き続きご愛読の程よろしくお願いします暫くの間おやすみさせてください

  • 第30回 南方熊楠賞授賞式 

    平成2年に田辺市で制定された南方熊楠賞の表彰式と記念講演会が開催されました今回で30回を迎え古代から近世に至るまでの過去の災害が社会にどのような影響を与え復興したかを研究されている災害社会史学者の立命館大学歴史都市防災研究所客員研究員北原糸子先生が受賞されました新庄公民館の「新庄町の歴史に親しむ会」メンバーと聴講に行ってきました<紀伊民報記事>聴講に行った目的は「新庄町の歴史に親しむ会」で新庄町の津波の歴史をまとめた資料を参考にされた講演会が開催されるとのことで聴講に行きました新分野である災害社会史とは災害後の生活がどのように変化してきたかを研究する新しく開発された分野当地が被災した宝永津浪安政津波南海大地震津波昭和南海津浪を例に講演されました<当会がまとめた資料本>第30回南方熊楠賞授賞式

  • 秋を満喫(一ノ瀬コスモス畑、達磨寺アサギマダラ蝶)

    10月27日(火)秋晴れに誘われて上富田町一ノ瀬を散策*富田川河原のコスモス畑*達磨寺のアサギマダラ蝶(東北関東から紀伊半島経由台湾まで長距離飛行する蝶々)を満喫しました<コスモス畑>盛りを過ぎていたがボランティア団体による育成で広大な河原いっぱいに咲き誇っていました<達磨寺アサギマダラ蝶>散策ルートは滝内から田鶴口まで歩きバスで紀伊一ノ瀬まで乗車そこから富田川添いにコスモス畑、達磨寺稲葉根王子まで歩きバスで田鶴口まで乗車また歩いて自宅まで歩き万歩計は17,200歩でした快適な空気をたっぷりと味わい少し疲れたが充実した一日でした秋を満喫(一ノ瀬コスモス畑、達磨寺アサギマダラ蝶)

  • 台風一過 天下晴れに誘われて [大失敗]

    台風14号通過後の日曜日天下晴れに誘われて南紀白浜空港への散策に出かけたが途中2回も道に迷いとんでもない目に合ってしまいました路線バスで桃ノ木峠まで行き白浜空港を目指し歩きはじめ二股点で整備の効いた道を30分ほど歩くが目標物に巡り合わずきのくに線の踏切に!「一つ目の失敗」間違いに気づき先ほどの二股点まで引き返し少し荒れた感じの道に進みアドベンチャーワールド近くの喫茶店「ころ柿」でやっと昼食気を取り直してアドベンチャーワールド、リゾート「エクシブ」を経て「二つ目の失敗」空港東のT字路付近で迷い右折すべきを左折して背後からの自動車の追い抜きに恐怖を感じながら自動車道路を30分白浜才野付近で間違いに気づき下道へ降りた初めての場所だったため現在の所在地がどこかも不明だったが標識を伝えてタクシーを呼び南紀白浜空港に無事到...台風一過天下晴れに誘われて[大失敗]

  • Go to travelとわかやまリフレッシュ(その1)

    掲題チケット利用で超格安県内リゾートしてきました新宮市内那智勝浦太地を1泊2日満喫ユネスコ世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」関連の施設を巡ってきました<新宮>徐福公園徐福は二千二百年前秦の始皇帝の命により不老不死の霊薬を求め熊野に渡来天台鳥薬を発見この地新宮に永住農耕漁法捕鯨紙漉きなどの技術を伝えた平成6年に徐福の墓を中心に徐福公園としてオープン徐福の墓徐福寿司徐福に因んだすし店古代の知恵と今の技法を重ねた鮨「サンマ姿寿司」10日から30日熊野灘のサンマを塩漬して柚子やダイダイ酢につけすし飯に乗せた郷土料理名物のサンマ姿寿司臭みもなくさっぱり味で美味しかった重要文化財旧西村家住宅(西村伊作記念館)西村伊作は大正期を代表する文化人文化学院創設し、自由主義教育を実践当時は接待の場的住宅様式が主であったが家族団らん思...Gototravelとわかやまリフレッシュ(その1)

  • 紀伊民報 「水鉄砲」

    紀伊民報第一面の最下段記事コラム欄「水鉄砲」に同紙「四季彩々」に掲載された写真について私も紹介されました2020年9月23日号当地に来てから紹介された同社記者の方からの依頼で田辺で撮影した写真を時々送っており同紙写真特集「四季彩々」欄に掲載してもらっておりますこのコラム欄に出るとはびっくり恐縮ですブログネタの一つとして紹介させていただきました紀伊民報「水鉄砲」

  • 8月度は良く歩きました

    7月までは籠り生活でしたが8月に入り暑かったが天気も良くなり外に出る様になりよく歩きました先週の金曜日の大雨の所為で靴下が汚れたのかと思っておりましたが今日チェックしたら底が擦り切れ穴が開いていましたここ数十年運動靴に穴が開いたことは無かった(閉店セールで買ったのが影響しているかもしれません)でも気持ちいいですね因みに8月度の歩いた万歩計は183,777歩140.6㎞体重は67㎏前後だったのが籠り生活で72㎏前後まで増えていましたが(スマホに記録しておりません)お陰様で69㎏前後をキープできるようになりました8月度は良く歩きました

  • Facebookのmessenger「乗っ取られた」可能性あり

    Facebookを使っておられる皆様へ今朝信頼している友人名でfacebookのmessengerで文面挨拶なしの動画が送られてきましたいわゆる「乗っ取り」らしいですひょっとしたら私名で同様のことがあるかもしれませんので開かないようにしてくださいよろしくお願いしますFacebookのmessenger「乗っ取られた」可能性あり

  • 文里港 田辺の高校ボート部艇庫

    本来なら只今真っ盛りのボート部今年は人影のない艇庫に並ぶボートも寂しそうここは私のルーティング海沿いの散歩道往復6,000歩最近は途中ですれ違う人もまばら暑さの所為かなコロナも直ぐ近くまで迫ってきました文里港田辺の高校ボート部艇庫

  • 写団「牟婁」写真展(その2)

    上富田町で弓場先生指導の写団「牟婁」写真展(その2)展示作品は弓場先生作品を含め8名の力作18作品会場は上富田町「岩田公民館」ロビー会期は8月1日から31日先生の作品と挨拶メッセージ展示風景構図は勿論のことプリントも素晴らしく見ごたえのある作品揃いでした来月も新たな作品展示があるとのこと楽しみにしております写団「牟婁」写真展(その2)

  • JR紀伊田辺駅前に「たなべ えんぷらす」がオープン

    昨日10日に田辺市市街地活性化施設「tanabeen+」がオープンしました<紀伊民報記事>施設パンフレット外観1階地場産品販売コーナー店舗内から紀伊田辺駅を望むカフェコーナーホットコーヒー385円美味しかった2階ワークスペーステラス越しの眺め紀伊田辺駅ミーティングルーム1階は地場産品販売とカフェコーナー2階は地域の人々のビジネス交流拠点として活用されるまちつくりの新たな拠点建物は全て紀州材を活用されておりほっこりと暖かい雰囲気でした個人的には新たなバス時間待ち場所が出来嬉しい限りですJR紀伊田辺駅前に「たなべえんぷらす」がオープン

  • 霞の中のサンセット

    梅雨が明けたのに天気がすっきりしません今日も一日中霞んでいました夕刻の一瞬に霞の中に水平線あたりの海面にピンク色の大きなスポットが出来ました(実像はもっと霞んだ光景)太陽はまだ上空の雲の中初めての不思議な光景でしたこの霞は九州の西ノ島の噴火による「煙霧」(白浜在住の写真友達の情報)という現象とのことですこの霞は私はここのところ白内障が進み遠近とも良く見えないのでその影響もあるのではないかと思っておりました霞の中のサンセット

  • 私のたなべ 街歩きキャンペーン 二回目の応募

    今年の3月に応募したが今日再度トライしてみました闘雞神社南方熊楠顕彰館ポケットパークのスタンプとキャンペーン協力店での購入で記念品のオリジナルトートバッグをゲットしました闘雞神社南方熊楠顕彰館闘雞神社鳥居前のポケットパーク協力店「なかた」で酒のつまみに梅にんにくを購入ポケットパークでブルーグリーンオレンジのトートバッグの内オレンジを貰いましたA4サイズのお気に入りキャンバスバッグ嬉しいね!9月30日まで開催中です皆さんも如何ですか私のたなべ街歩きキャンペーン二回目の応募

  • 2020年 田辺祭

    今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため田辺祭の笠鉾巡行などが中止になり神職による神事「暁の祭典」のみ朝4時30分から世界遺産闘雞神社で神職と氏子総代で執り行われたました紀伊民報記事ポケットパークでの田辺祭風景色紙展示田中照三さんが田辺祭の名場面を描いた色紙約50点の展示を本日観てきました昨年は写真仲間9名でギャラリー喫茶「男爵」の壁面いっぱいに田辺祭のスナップ写真を展示して好評を得たが今年は町中も静かで寂しい限りです一刻も早くコロナの終息を祈願して来年に期待しましょう2020年田辺祭

  • プレジール ロビーでピンホールフォト展示

    プレジールフォトスの弓場先生のご提案で先般六文舎で展示したピンホールフォト「流れる時間」を7月24日から8月7日まで同館ロビーで展示しておりますご序の節に覗いていただければ幸いですピンホール写真とはレンズがなく0.2~0.3㎜程の針穴から光を取り込み撮影しますレンズを使用する場合は光をレンズで集中させてピントを合わせます針穴写真は小穴で絞られた自然の光を集めて像を作ります従ってレンズのようにピントが合わずぼんやりとなっています今回のプリントはキャンバス写真用紙に直接プリント展示しました(通常展示はマットに納めます)展示レイアウトも写真が山型になる様にプリントしてみましたプレジールロビーでピンホールフォト展示

  • 大盛況

    昨夜夕食を外に食べに行ったら近郊の飲食店はどこも満員屋外での順番待ち海鮮料理店欧風料理店うどん屋小料理屋などなど最近こんなことは無かったのに「GOTOキャンペーン」の経済効果の大きさにびっくりしかも県内ナンバー車はちらほら県外ナンバーでいっぱい勿論東京ナンバーも・・・・ホテルも満員大浴場も久々の超満員この現象は当地だけでなくほかの地域も同様なんでしょうね気になることはコロナにかかった人の数各地で記録更新2週間後お互いに何も無ければと願うばかりです大盛況

  • 写団「牟婁」写真展

    弓場康廣先生指導の写団「牟婁」写真展を見学してきました岩田公民館ロビーで展示ご挨拶パネル今月は弓場先生を含め7名の方々の個性豊かな力作が展示されていました来月は入れ替え展示されるそうで楽しみにしております写団「牟婁」写真展

  • 川久ミュージアム(白浜)

    Tさんの案内で7月1日に白浜町の「ホテル川久」に設けられた私設美術館「川久ミュージアム」を見学に行ってきました入館料1,000円世界各国の技術を融合させ総工費400億円で建設1991年オープン93年に野村東吾賞受賞現在はカラカミ観光の所有となっているこのミュージアムは前オーナーが集めた芸術作品を展示して開館したものホテル外観ロビー及び展示物の一部スタインウエイピアノ同ホテルに使用された建築資材煉瓦瑠璃瓦中国紫禁城と同じ「老中黄」の瓦中国古代の銅器。陶器十二支陶器など加藤元男作の干支美術館へのエレベーター美術館展示コーナー横山大観シャガールダリ和室ヘンリームーア「母と子」大宴会場の天井画イタリアのジョルジオ・チェリベルティ「愛と自由と平和」通路側展示平山郁夫ロビーに入るなり豪華絢爛さに圧倒され展示物も超一流品ばか...川久ミュージアム(白浜)

  • 精進料理 のん

    Tさんの案内で白浜町の精進料理店「のん」に行ってきました同店は高野山で得度した店主と奥さんが地元産の材料でランチを提供しているこだわりの店です小鉢の山で満腹美味しかったこれにデザートとコーヒーがついて1,300円ぽっきりお値打ち!なお、希望者には写経も指導していただけるとのこと皆さんトライしてみませんか恒例の万年筆談義にも熱が入りはまってきました今日の新しいインキは山ぶどう色愛用の新明国語辞典(三省堂)も度々必要となるので手放させくなってきましたいつも書いていた字も辞書をひく羽目になっていますボケぼ防止には最高の作業です皆さんも如何ですか精進料理のん

  • 几帳「絞り守護四神絵図」を見学

    田辺市のギャラリー寿苑で京の絞り職人衆「京都絞栄会」主催で古代中国周時代の東西南北の神「絞り守護四神絵図」の展示が開催されています紀伊民報記事本日家内と見学に行ってきましたこの絵図は京都絞栄会のメンバー40人が1年8か月かけて完成させたとのことです同時に着物など絞り着物Tシャツ作務衣スカーフエコバッグバッグマスクなどの小物も販売しており家内がお土産用に小物類を購入してきました7月7日(火)まで開催されています几帳「絞り守護四神絵図」を見学

  • 無人販売 完熟ソルダム(スモモ)

    Tさんの案内で地元農家の無人直売で今盛りのスモモ「完熟ソルダム」を購入してきましたスモモ6個パックで600円左下の缶に硬貨500円+100円を投入昨年は駅前で購入したスモモすっぱくてジャムにしたが今年は甘味も良くおいしくいただきましたスモモは数日天気が続いた翌日に購入すると甘くておいしいそうです無人販売完熟ソルダム(スモモ)

  • 佐藤錦 美味しくいただきました

    今まで食したことがなかった佐藤錦サクランボ美味しくいただきました糖尿の関係で果物を摂っていませんでしたがこちらに来て和歌山の果物みかんすもも桃スイカ柿などのおいしさの誘惑に負け今まで無かった食の幸せを感じております期せずして友人からの山形の贈り物初めての高級サクランボ佐藤錦この上ない幸せ新しい世界への出会いに感謝佐藤錦美味しくいただきました

  • カフェ「六文舎」で写真展開催

    当地の写真愛好家音楽愛好家が多く集まるカフェ「六文舎」で今日から7月11日までピンホール写真展「流れる時間」と題して展示しております作品数は6枚組写真と単写真2枚展示方法を少し遊んでみました6枚組写真を5枚の額写真はマットなしでキャンバス地に直接プリント写真配置も山型写真サイズも覗き込むような感じで小さくプリントしました単写真はマット方式白枠を大きく取ってみました場所は「たなべる」と「グルメシティ」の中間にあります営業時間は11時~19時日曜祝日は休みご批判ご講評など頂ければ幸いですカフェ「六文舎」で写真展開催

  • 今朝 目の前の風景が真っ白に一変

    今朝10時過ぎに今までの曇り空が海霧で真っ白に一変しました今夕の紀伊民報の記事ホテルアプローチからの眺め下記写真ではあまり霧がかかっているようではないが高原の朝のような霧だった田辺に転居して4年になるが初めての経験今朝目の前の風景が真っ白に一変

  • 念願の龍神温泉へ

    こちらに住居を移してからなかなかタイミングが合わず行けてなかった龍神温泉に行ってきました紀伊田辺駅から龍神バスで日高川沿いの深山幽谷曲がりくねった山道を1時間20分乗客4名今は日に4便龍神温泉は1200年の歴史があり旅館は7軒その中で最も古い「上御殿」に泊まりました江戸初期(1657年)紀州藩主徳川頼宜の御宿として龍神家に上御殿の屋号を与え現在に至っている由緒ある旅館今も殿様が泊った「御成の間」が残っています温泉入り口の一刀彫モニュメントさせ作中温泉街入口上御殿玄関温泉街近郊を散策往復1万歩この地域には林業がらみの吊り橋が沢山見受けられました道の駅木彩館季楽里龍神(休館中)龍神村曼荼羅美術館(休館中)久し振りで本格的な和風日本旅館に泊まり貸し切り状態の温泉に入り自室でのゆったりした夕食も趣きがあり良かったです帰...念願の龍神温泉へ

  • 初物 南部のスイカ

    昨日の朝市(闘鶏神社弁慶市)で家内が買ってきた南部のスイカを初食いしました昨日から冷やしていたので冷たく甘く歯ごたえのど越し最高!美味しかったいくらだったと思いますかなんとたったの500円!おまけに先ほどのサンセット真っ赤な太陽が2つ!!話は変わりますがいよいよ補聴器が必要となってきました何が良いかリサーチ中ヨーロッパ製品か国産品か初物南部のスイカ

  • 万年筆とインクいろいろ

    多趣味なTさんのお誘いで鉄板串焼き「燦」で夕食をしながら美味しい地酒野菜魚介類ステーキデザートコーヒーをたしなみながらいろいろな万年筆とインクについての教えを受けました一般的には万年筆は高級趣味人が何万円もする高級嗜好品というイメージだが今は数百円から数千円クラス品でもおしゃれでカラフルですらすらと書け普段使いに最適な万年筆が沢山あることを教えてもらいましたインクもガラス壺に入った高級品からカートリッジタイプまで数百種類もあるそうですまた色も一般的な黒赤藍からカラフルなブルーグリーンオレンジピンク今私が使っている万年筆は一万円程度のナガサワの中字今回薦めていただいたプラチナプロシオンM中字をインクもセーラーshikiorikon-peki(紺碧)を試しに購入しボケ防止として日課としている毎日一枚のはがき書きで使...万年筆とインクいろいろ

  • むしむしの一日でした

    今日は朝方は快適でしたが午後からはむしむしの一日でした午後から近くて遠い「海鮮せんべい」に散歩がてら行ってきました海を挟んで目の前に見えるが側道を歩くと結構遠回り往復8,000歩ほどになりますここは工場直売店パリパリの海鮮せんべいを販売しており酒のつまみ用に時々買いに行きます加工現場工場家内がマンションの理事会後に連れて行ってもらい美味しかったと大変気に入り散歩がてら行ったのが病みつきになりました1パック530円均一(税別)本日の購入品品ぞろえも豊富でお薦めですむしむしの一日でした

  • 上富田町 達磨寺

    和歌山県匠のYさんの案内で上富田町通称「だるま寺」興禅寺を参詣安室住職の案内で写真を撮らせてもらいました当寺は1300年の古刹臨済宗妙心寺派大雄山興禅寺この白い達磨像は昭和48年に三代前の住職により第2次大戦戦没者慰霊のために建立されたもの本堂日本一の達磨像参道庭園水琴窟庭園出口門紫陽花の花を撮りたくて行ったがまだ少し時期が早くあと一週間ほど後が良かったようです私は鉢植えの蓮が小さな芽を付けていたので180㎜マクロレンズで撮りました今までは超広角レンズを使っていたので真逆の望遠マクロ難しい上富田町達磨寺

  • ベニクラゲ再生生物学体験研究所(白浜)

    コロナ篭もり明けに田辺ジオパーク研究会のHさんの案内で白浜のベニクラゲ再生生物学体験研究所見学に行きました田辺湾は日本で有数のクラゲ生息地<研究所案内>研究所外観研究所内部ベニクラゲを描いた絵画(蛍光灯窓などの映り込みあり)久保田信所長によ顕微鏡による説明5億4000年前に誕生1990年ステファン・ゾマー(ドイツ人)が発見1996年ステファノ・ピライン(イタリア人)研究発表2000年久保田博士築地新光子さん(鹿児島水族館)が日本で最初に確認ベニクラゲは不老不死(下図の通り)大人のベニクラゲ~肉団子~ポリプ~ポリプにクラゲの芽~ポリプから離れて若いクラゲになるこれを繰り返し死なない日本のベニクラゲ3種類北日本型(北海道から福島県)10mm南日本型(和歌山県から鹿児島県)5㎜地中海ベニクラゲ(沖縄県)ベニクラゲイソ...ベニクラゲ再生生物学体験研究所(白浜)

カテゴリー一覧
商用