プロフィールPROFILE

きくのすけさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
妄想日記
ブログURL
http://kiky.blog.jp
ブログ紹介文
破れた心の修復をする日記です。 誰かの心に届くことも期待しています。
更新頻度(1年)

102回 / 324日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2019/04/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、きくのすけさんの読者になりませんか?

ハンドル名
きくのすけさん
ブログタイトル
妄想日記
更新頻度
102回 / 324日(平均2.2回/週)
読者になる
妄想日記

きくのすけさんの新着記事

1件〜30件

  • 最後に

    このブログを始めたのは傷ついた心を癒すためでしたその前には彼女のために文字を綴ろうとはじめてそしてこのブログのURLにも彼女とわたしの名前がついていますわたしはこれまで2度書いた文章を消してしまいました読んだら文章は読んだ人

  • 残像

    3月31日に賞味期限が切れたギリシア産のジャンドゥーヤ7月31に賞味期限が切れたハワイの手作りマカダミアナッツチョコ去年作ったつまみ細工のシロツメクサのかんざし金箔のアクセサリー青い色の紅茶仕立て直した着物

  • 病みと闇

    忙しかったわたしの人生いつも忙しい気がするきっと忙しくないとダメなんだと思うこの半年忙しくて、さらにこの夏から目まぐるしくて休みの日でさえ休みでないその休みの日のために一時間を三時間分働く高齢出産の身には子育ては辛いもの

  • 銀河鉄道の夜

    プラネタリウムを見に行きました銀河鉄道の夜っていう人気作ですみたら、初演はどうやら三年も前全然知らなかったけれどDVDにもなってるような人気のプラネタリウムプログラム最近のプラネタリウムのこうした上映ものは素晴らしくてまるでVRで

  • αからωへ

    朝5時に目覚めたベランダへ出て日の出の気配はまだか確かめる東がうっすらと赤いが空にはくっきりとオリオン座が出ていた部屋の真正面にみえる大きなオリオンの砂時計のような形は大きさを比べるものもないこの島の空では圧倒的な存在感で

  • ひこうき雲

    私のすむ町の上にはいつもひこうき雲がかかってる朝起きて空を見あげるとかつてひこうき雲だった風に流れたすじ雲がぼんやりと航路を示して空を分断している時にはいくつもの雲が東の空へ向かってたくさんの人をどこかへと運んだその痕

  • 試練

    なにかがどこかですこしずつあふれててそれに気づかないでいや気づいたけど気づかないふりをしてずっと来ていたから一滴が集まって溢れた当然の結果何もかもはできないしかなえられない気持ちの問題なのよ要はわたしが必要と

  • 浜辺にて

    浜辺を歩いたはるか南から黒潮が運んでくる様々なものが打ち寄せられる浜辺台風のあとには特にたくさんの漂着物があるごみもあるのだけれど圧倒的に多いのは植物の折れた枝や荒波に運ばれた木の根っこそしてそれと知らなければ見逃してしま

  • 煩悩

    鐘をついた朝の鐘煩悩を振り払うと言う鐘人の三毒を沈めると言う人の三毒は説明すると難しくてでも要するに全て執着という貪欲から派生するそういうものらしいわたしも生きている限り三毒は有するのだろうけどなにかに執着する事を諦め

  • キンモクセイ

    先週まで真夏の暑さだったのにきょうはもう乾いた風も色づいたポプラの葉も高度が低くなった太陽も高く流れる高気圧の雲もすっかり秋だった今年初めてのキンモクセイの香りが出勤のいつもの渡り廊下に漂っていて来週には深秋の様相をはらんだ

  • ありがとう

    誰か自分でない人の自分への優しさいつくしみ関心そういったものはとてもありがたくて私が私であることその意味をふちどってくれる輪郭を作ってくれるともすれば自分でも自分が何者かわからないそんなときに目の前の人に誉めて

  • おっ○い

    うちの子はまだ小学校低学年最近二人きりのときしかあまえてくれませんが甘え方がすごいです聞いてはいましたがおっ○いに執着するお年頃になっています人前では手も繋いでくれないのに…夜寝るときになり二人きりで寝室に入るとその

  • 潔さ

    自分が眩しいと思うのは誰か他の人の潔さを見たときだアイデンティティが確立していればブレない信念があり素早い判断ができ自分を律することも他人に対処することも素早くできるはずだ自分もそうであった少なくとも仕事では瞬時に判断し

  • 例の

    みんなやってるんでわたしも載せるーあたってる??

  • たとえば

    ランチを食べる透き通った朱色のマグロの刺身をのせた羽釜炊きのごはんにお出汁をかけて普段は食べないちょっと贅沢なランチを向い合わせの席よりもカウンターにならんで隣同士で食べたいくっつきあってヒソヒソ話せば大きな声で言え

  • キャッチアップ

    わたしのもとにこの夏一ヶ月いたインターン君彼が去ってから彼の仕事の仕上げに忙しい日々あいまって一ヶ月滞っていた仕事も再開して追い付かなければなりませんなんとかかんとかまあまあ追い付いてきてさらにインターン君の仕事

  • わたしには友達がいませんすんでいる地域には。これまでの人生で七回引っ越しをしてできた友達とも場所を変えるたびにさよならしてきました小さい頃の記憶はほとんど残されてなくてなので同窓会にも出席はしたことありません友達

  • 好き

    好きという言葉の語源は 母親(女)が子供を(子)思う気持ちからなのだそうですすべての『好き』の源はこの親からの無償の愛で全幅の信頼をおける自信を与えてくれるそんな、愛なんだと思います愛する気持ちはそもそも思いやりであって相手

  • 温泉にて

    温泉にいきましたプールもついてるし温泉ガーデンなるものもありましたそこはカップルだらけでしたよ若者から熟年まで水着でプールで仲良く手を繋ぎ腕を組みさらにはおんぶにだっこ水の中とはいえいわやる駅弁売りスタイルで相手にぶ

  • 夜明け

    わたしのふるさとは当たり前のように近くに温泉があり週末には家族で日帰りのお風呂を楽しみデートでも貸しきり風呂が定番コースだった。少し足を伸ばすと温泉手形でいくつもの風呂をはしごできる地域や部屋に露天風呂がついた旅館も多くあ

  • 若者よ

    一ヶ月インターン君に付きっきり一件、仕事を仕上げないといけなかったんです。きょうは最終日思えば一ヶ月前はこのわたしが、ふてぶてしいわたしが『胃がいてえ!!!』と、叫んでました見通しはついてましたよなんとかいけるってでも実際

  • 煙の味

    今朝は快晴だ雲ひとつなくて青い空まだ暑いけどこんな空は秋を思わせる四年前の秋わたしは朝の秋空を見ながら煙の味のコーヒーを飲んだローストが深ければ深いほどコーヒーは炭に近くなる燻した香りは強くなり逆に風味は消えて軽くなる

  • 川湯

    わたしはお風呂が大好きで温泉にはいるのが好きであちこちの温泉へいった小さい頃好きだったのはとてもとても広くて大きなドームのなかにすっぽりとはいって流れるお湯や、硫黄の湯、滑り台滝湯や砂蒸し風呂まである遊園地のような温泉大きく

  • 愚痴でやんす……(`Δ´)

    えーまたまた愚痴ですインターン君がいまして私一人の部署に私の仕事はいくつかの行程にわかれててそれを順次やっていくものづくり系の仕事なのですがインターン君は当然ながらド素人なのであるていど道を引いてあげてそれでやらせます

  • 疲れて太る夏

    えーこのところ職場の食堂で800kcalくらいの飯を毎日食べておりましたところ見事に三キロ太りました一週間一キロ((( ;゚Д゚)))だってインターン君と一ヶ月お昼もおなじ空間はいやなんよマイペースモンスターまじで辛いんよでもわか

  • ふねのひかり

    真っ暗な闇によせる静かな湾岸の波は突堤を知らせる明かりにちらちらと反射して絶え間ない波紋を海の道筋のように浮かび上がらせる頻繁に海峡を行き交うコンテナ船やタンカーは夜景のなかを滑るように右へ左へと進んで行くこんな夜更けに

  • 逢魔

    心が張り裂けるという慣用句を初めに使ったひとは誰だろうとおもう何度経験してもこの胸の痛みは慣れはしないし張り裂けても張り裂けても心というものはなくならずここにある張り裂ける心などなくなればいいのにとおもうなにも感じ

  • パンツ

    わたしはお風呂にはいるときにパンツとかブラとかの着替えを持ってくるのをよく忘れます男ばかりの家族なので脱衣場から裸で出るのがいやで(だって旦那と息子がおっ◯いぶらんぶらんちんち◯丸見え~って茶化すから殺意やん)とりあえず

  • 知らせ

    突然、10年ぶりの電話があったかつて、ともにヤマネコを見たわたしの同志聞けば今急に思い立ちその場所にいるという懐かしい人たちが電話に代わる代わる出て酔っぱらった声で泣きながら懐かしい声を聞かせてくれた縁がある人にはきっ

  • トリプルワークのひとつ

    いまわたしの職場にインターンが来ていますわたしの部署はわたししかいないのでわたしが面倒全部見ます飯から何からおやつから一緒です一ヶ月で成果物を作って大学に返さなきゃいけない預かりゲストなので手取り足取りそんなに働かせず高度な

カテゴリー一覧
商用