これからは、のびのび生きよう!
読者になる
住所
出身
ハンドル名
コレノビさん
ブログタイトル
これからは、のびのび生きよう!
ブログURL
https://www.korenobi.com/
ブログ紹介文
40代・会社員です。HSPや視線恐怖症に悩んでいます。「他人が自分をどう思うか」より「自分が自分をどう思うか」を大事にして、のびのび生きたいと思っています。よろしくお願い致します。
自由文
-
更新頻度(1年)

105回 / 199日(平均3.7回/週)

ブログ村参加:2019/03/31

コレノビさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 47,511位 974,927サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 10 0 20/週
PVポイント 50 150 280 230 170 230 320 1,430/週
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,149位 28,322サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,287位 66,112サイト
おひとりさま 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 113位 1,178サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 65,625位 46,162位 39,934位 35,554位 30,334位 29,236位 29,277位 974,927サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 10 0 20/週
PVポイント 50 150 280 230 170 230 320 1,430/週
メンタルヘルスブログ 2,076位 1,382位 1,179位 1,048位 920位 901位 910位 28,322サイト
ライフスタイルブログ 4,561位 3,203位 2,850位 2,537位 2,237位 2,150位 2,169位 66,112サイト
おひとりさま 166位 135位 124位 118位 107位 105位 103位 1,178サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(PV) 8,046位 7,664位 7,236位 6,913位 6,677位 6,438位 6,556位 974,927サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 10 0 20/週
PVポイント 50 150 280 230 170 230 320 1,430/週
メンタルヘルスブログ 136位 131位 124位 116位 113位 109位 111位 28,322サイト
ライフスタイルブログ 667位 635位 599位 562位 544位 525位 532位 66,112サイト
おひとりさま 28位 27位 23位 23位 22位 22位 22位 1,178サイト

コレノビさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、コレノビさんの読者になりませんか?

ハンドル名
コレノビさん
ブログタイトル
これからは、のびのび生きよう!
更新頻度
105回 / 199日(平均3.7回/週)
読者になる
これからは、のびのび生きよう!
  • ブリッジの練習

    随分前のことだが、胃と背中の左側が痛くて病院に行った。自分でネットで調べた感じでは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍ではないかと思ったのだが、そうではないようだった。いろいろ検査をしたが、特に原因はわからなかった。診察代が5,000円以上かかったので、何も原因がわからなかったのは残念だった。 その時、先生から「内臓下垂ですね」と言われた。内臓下垂というのは、お腹の筋肉が弱くて内臓を支えきれなくて、胃や腸の内臓全体が下がってきてしまっている状態のことらしい。よく「胃下垂」という言葉を聞くが私の場合は胃だけでなく、内臓全体が下がってきてしまっているとのことだった。それで、胃や腸が本来の場所にないから、正常に機…

  • 心の世界地図を広げる

    世の中、いろいろな人がいる。そして、人によって常識が違う。人の数だけ常識があるといってもいいのかもしれない。 例えば私は音に弱いので、大きな音を立てる人が嫌いだ。大きな音を立ててくしゃみをする人、大きな足音で歩いている人がいると、非常識な人だなとイライラする。 だけど、イライラしてもしょうがない。歩いている全然知らない人に、「足音がうるさい」と注意するわけにもいかないし、職場の人に「くしゃみがうるさい」と言うわけにもいかない。仮に言ったとしてもなおらないだろう。 私の中では非常識でも、その人の中では常識なのだ。結局、そのようなことにイライラすることが損なのだ。 自分の中の常識の範囲が狭いと、イ…

  • 人に話すと楽になる

    凄く辛い出来事があって、体調が悪く食欲もなかったのだが、昼間、会社の人と一緒にランチに行って、話を聞いてもらったら大分楽になった。食欲が全然なかったからランチも断ろうと思ったのだが、話を聞いてもらっているうちに食欲も出てきて普通に食べることができた。やっぱり人に話をして聞いてもらうというのは、かなり救われることなんだな。これからも、自分の中に溜め込まないで、なるべく人に話をして聞いてもらおうと思う。もちろん、相手の人は迷惑な時もあるだろうけど、それは相手の人が決めること。勝手に推測して自分から距離をおこうとするのはやめようと思う。相手から距離をおかれたら仕方ないけどね。 話を聞いてくれる人がい…

  • 部下に怒鳴られた

    新入社員の頃はよく上司に怒鳴られていたが、自分が上司の立場になったら今度は部下に怒鳴られる。なんか、惨めだな。私はいつも人の機嫌を伺って、ビクビクしながら生活している。部下に気を使ったり、お客の立場なのに店員さんに気を使ったり、とにかく相手が不機嫌にならないようにいつもビクビクしている。それでも、いや、そんなんだから、相手になめられて、こいつならこれくらい大丈夫だろうと、けっこうひどいことをされたりする。 惨めだね。空き缶がたまっていく自転車のカゴみたいだ。 やっぱり人は強くなくてはいけないのだろうか。私は弱いな。弱いまんまだな。子供の頃からずっと同じようなことばかりで悩んでいる。 なんてね。…

  • なか卯「プレミアムビーフカレー」

    なか卯の「プレミアムビーフカレー」を食べた。美味しかった。びっくりするくらい美味しかった。大きめの肉がけっこうたくさん入っていて、スプーンで簡単に切れるほど柔らかかった。カレーも凄く美味しかった。値段は690円となか卯にしては高めだが、この内容なら十分満足。今まで、なか卯でわざわざカレーを食べるなんて・・・とスルーしていたが、今回食べてみてよかった。これから何回もリピートすると思う。 唯一要望を出すとすれば・・・水が欲しい。なか卯はお茶が出されるのだが、カレーの時はやっぱり水が欲しいな。もちろん店員さんに「水を下さい」と頼めばくれるのだろうけど、ランチ時の忙しそうにしている店員さんになかなか声…

  • 蛍光灯が切れた

    リビングの照明の蛍光灯が切れた。新しい蛍光灯を買ってきて取り替えないといけない。憂鬱だ。私の住んでいる部屋は、天井が高くて蛍光灯を取り替えるのがもの凄く大変だ。いつもテーブルの上に乗ってヒヤヒヤしながら交換作業をしている。お金を払ってでも人にやってもらいたいくらいだ。 毎回、脚立を買おうかなと迷う。結局買わないけど。でも買おうかな。一人暮らしだからこそ脚立は必要かもしれない。これからもずっと一人暮らしは続きそうだし。でも脚立を買うといっても、相当高いはしごのような脚立を買わないと意味ないな。仮に買ったとしても登れるのかしら。天井がもう少し低ければいいんだけどな。昔住んでた部屋は天井が低くてよか…

  • 物価上昇?

    最近、物価が上昇したように感じる。飲食店も少しずつ値上げをしているし、スーパーの食品も以前に比べて高いなと感じることが多い。今まで98円で売っていた物が108円だったり、128円だった物が138円だったり、思わず「うっ」と買うのを躊躇してしまう時がある。 アプリで割引サービスがあったり、次回使える割引券等をもらったりするのだが、それらを使用することが織り込み済みの売値になっているため、それらを使用しない自分は凄く損をしていると感じてしまう。そう思うなら使用すればいいじゃないかという話なのだが、割引が平日限定で週末しかスーパーに行けない自分には使用できなかったり、タイミングが合わなくて使えない場…

  • 潜在意識が怒ってる?

    3連休だったが、私は金曜日も休みだったので4連休だった。だけど、結局何もせず、毎日だらだらと過ごしてしまった。 最近、中途覚醒するのが当たり前になってしまった。眠りに入ってから3時間後に必ず目が覚める。そしてトイレに行く。その後、再び眠れるのがまだ救いだ。だけど、また数時間後にすぐ目が覚めてしまう。どうやら今の私は連続で3時間寝るのが限界みたいだ。そして冷房のせいなのかもしれないがトイレが凄く近い。それが加齢のせいなのか、体調不良のせいなのかはよくわからない。 休日でやることがないと昼寝ばかりしてしまう。3時間寝て、3時間起きて、また3時間寝るといった感じだ。起きているのも寝ているのも3時間が…

  • わざとぶつかってくる人

    中学生や高校生の時、廊下を歩いていると、わざとぶつかってくる人がいた。こっちが避けて隅の方を歩いているのに、それでもぶつかってきて突き飛ばされたりした。特に私は痩せていて、見かけがもの凄く弱そうだったので、このような人達の恰好の餌食だった。 まあ、中学高校といえば、いきがりたい年頃だからしょうがない。そう思っていたが、大人になってもそのような人達は存在する。20代、30代、そして40代半ばになった今でさえ、頻度は減ったものの、たまに駅や道などで意味もなくぶつかってこられて突き飛ばされたりする。 私は今の方が精神的に弱くなったなと思う。子供の頃は、そのような人達に突き飛ばされて理不尽に感じても、…

  • ハンモックが欲しくなった

    突然だがハンモックが欲しくなった。ある数学の雑誌を買ったら、揺れながら眠ると記憶力が上がるという記事が載っていて、そこにハンモックの写真が載っていた。それを見たら、めちゃくちゃ欲しくなった。ネットで調べたら、そんなに高くないんだな。私は5年くらい前にソファを買ったが、ソファを買わないでハンモックを買えばよかったな。いきなり極端だが。通販のレビューを読んでいたら猛烈に欲しくなった。ただ、かなりのスペースが必要だ。仮の話だけど、ハンモックを買ったらソファはいらないな。 ソファを捨てて、ハンモックを買おうかな。一人暮らしなのだから、「俺、毎日ハンモックで寝てるよ」ぐらいの生活をしてみたい。いや別に人…

  • 第37回 NHK杯将棋トーナメント 4回戦・第2局 中村修王将 対 羽生善治四段

    1988年2月に放送された、第37回NHK杯将棋トーナメント 4回戦 中村修王将 対 羽生善治四段の対局をアベマTVで見た。(タイトル、段位は当時のもの)羽生四段は当時17歳。今年度の成績はここまで40勝10敗、勝率ちょうど8割、10連勝2回とのこと。「どうしてこんなに勝つんでしょうか?」と司会の永井さん。中村王将は当時25歳。タイトルをとって活躍中の若手棋士という感じ。解説は大内九段、当時47歳くらい。「対局者二人の年齢を足しても私より若いから嫌になる」と笑っていた。解説は早見えでわかりやすかった。司会はおなじみの永井英明さん、当時61歳くらい。ちなみに私は当時小学6年生。ちょうど学校で将棋…

  • 首の痛み対策あれこれ

    以前の記事で書いたように、長い間、首の痛みに悩んでいる。 www.korenobi.com 最近特に首の痛みがひどいので、なんとかしなくてはと思い、本を購入した。 首・肩の頸椎症は自分で治せる! posted with ヨメレバ 酒井慎太郎 学研プラス 2016年10月25日 楽天ブックスで見る 楽天koboで見る Amazonで見る Kindleで見る 首のトラブルを根本的に解消するための体操がいくつか紹介されている。写真付きで紹介されているのでわかりやすい。ただ、自分一人でやっているとこれであっているのかな?と心配になってくる。一度プロの人に正しい姿勢のやり方を教わりたいと思った。テニスボ…

  • 停電と断水

    台風の影響で自宅が約丸1日、停電と断水になった。今は復旧している。たったの1日だが、停電と断水は辛かった。 最近は少し涼しい日が続いていたが、停電の日はもの凄く暑く、エアコンなしで過ごすのは非常に辛かった。それから、灯りのない生活が非常に辛かった。個人的に「暗くて見えない」ということがもの凄くストレスになるんだなということがわかった。夜になると部屋が真っ暗で、スマホのライトで部屋を照らしたが、薄暗く本を読める明るさではなくかなりのストレスだった。また、スマホのバッテリーもどんどん減っていき不安になった。 断水もかなり辛かった。私の住んでいるマンションは停電になるとセットで断水になってしまう。水…

  • 背中のほくろを除去してスッキリ

    皮膚科に行ってきた。 www.korenobi.com 過去の記事で書いた帯状疱疹は大分良くなってきた。帯状疱疹の中でもそんなに重い方ではなかったみたいだ。あと2週間、薬を飲まなくてはいけないが、症状は大分おさまってきたのでよかった。 帯状疱疹がおさまってきたので、背中のほくろ除去の話になった。「よかったら、今日この後とりますよ」と先生。私は気持ちがその気になっているうちに早くやってしまいたかったので「お願いします」と即答した。ということで、ほくろを除去することになった。 上半身裸になり、簡易ベッドにうつぶせになる。冷房が効いていて寒い。そしてうつぶせの体勢も結構きつい。でも、そんなに時間はか…

  • 他人の不幸を望むより、自分が幸せに向かって力強く歩むこと

    仕事の愚痴を書きます。愚痴を読むのが嫌な人は読まない方がいいです。 新しく入社した人に仕事を教えているのだが、その人(以下Aさん)が困った人で参っている。具体的にいうと以下のとおり。 ・能力が低い・素直じゃない・自分の間違いを認めない。人のせいにする。・自分を守ることに必死 例えば、「こういう場合はどうしたらいいですか?」と私によく質問してくる。その質問の内容もすでに説明したことだったり、ちょっと考えればわかることだったりしてレベルが低くてうんざりする。でも、しかたがないから説明する。そうすると、その説明したやり方が気に入らないのか、説明中に首をひねったりする。そして、私が説明したやり方とは違…

  • 私の恋人、私が恋人

    仕事帰りに心療内科に行ってきた。皮膚科に行ったり心療内科に行ったり忙しい。医療費がかさむなぁ・・・。心療内科は20代の頃から通っているので、もう15年くらい通っている。まさかこんなに長い付き合いになるとは思わなかったなぁ。診察を受けるというより、薬をもらいに行っているだけなので、先生に話すことがなくて困る。「こんにちは」「薬ください」「はい、どうぞ」ってわけにはいかないから、一応3分くらい話をするけど、本当話すことがなくて困る。大体最初に天気の話をして、最近の仕事の話をして、じゃあお薬出しますねって感じ。いつも同じパターンで、途中で笑いそうになってしまう。今回も診療中少しニヤリとしてしまった。…

  • 第37回 NHK杯将棋トーナメント 3回戦・第8局 有吉道夫九段 対 羽生善治四段

    1988年1月に放送された、第37回NHK杯将棋トーナメント 3回戦 有吉道夫九段 対 羽生善治四段の対局をアベマTVで見た。(タイトル、段位は当時のもの)羽生四段は当時17歳。有吉九段は当時53歳くらい。キリっとした佇まいで学校の校長先生みたいな雰囲気。解説は桐山棋聖、当時41歳くらい。とってもやさしそうな雰囲気で、解説の口調も控え目で穏やかだった。司会はおなじみの永井英明さん、当時61歳くらい。ちなみに私は当時小学5年生。小学5年生の冬。ちょうど引っ越しして転校した頃だ。 先手は羽生四段。☗2六歩☖8四歩の出だしで相掛かりへ。羽生四段は☗3七桂と跳ね、☗3五歩☖同歩☗四五桂の仕掛けを狙う。…

  • 帯状疱疹

    私は背中に大きなホクロがある。以前から切除したいなと思っていたのだが、なかなか病院に行く気になれずズルズルと先延ばしになっていた。ここ数日体調が悪く、家でウダウダしているくらいなら、病院に行ってホクロを取ってしまおうかなと思い、思い切って皮膚科に行ってきた。ところが、予期せぬ意外なことが起こった。 「背中のホクロを取りたい」と先生に告げたら、「ホクロを取ることは可能ですが、それよりも帯状疱疹ができてますよ。まずはそちらを治した方がいいと思います。」と先生に言われた。・・・帯状疱疹? 聞いたことあるけど、なんだ、それ?実は、一週間ぐらい前から背中の肌が荒れていた。背中なので自分で見ることができな…

  • 柿の種味のカップ焼きそば

    スーパーでグラタンの冷凍食品を買うつもりが、間違ってドリアの冷凍食品を買ってしまった。私はグラタンは好きだが、ドリアはあまり好きじゃないんだよな。痛恨のミス。というか、お客さんの誰かが手に取ってちゃんと棚に戻して置かなかったんだと思う。私はいつもの棚から取ったから。とはいえ、ちゃんと確認するべきだったな。人は見ようとするものしか見ない。手に取って買い物カゴに入れたのに、全然見てなかったんだな。人生はときどきこういう思ってもみなかったことが起こる。大袈裟だな。というか、無意識の行動になるほど冷凍食品のグラタンを買っているんだな、私は。 レジを通過して、袋に詰めている時に間違えたことに気がついた。…

  • 人に仕事を教えるのは大変だ

    最近、人に仕事を教える機会が多いのだが、人に仕事を教えるのは大変だ。その人との相性もあるしね。特に今の時代、若い人に対する言葉や態度にもの凄く気を使う。なにかあると、すぐパワハラだとかブラック企業だとか言われるしね。昔は後輩が欲しいと思っていたけれど、今の時代、後輩や部下を持つことはリスクが多いなと思う。悲しい考えだけど。究極的にいうと、人と関わることはリスクが多いなと思う。今の私には、世の中がそういう風に見えているんだな。だから人と関わることを避けてしまう。完全なる自分の思い込みなんだけどね。この思い込みを自分の脳に植えつけたのは誰なんだろう? 自分なのかな? もうわかったから、開放してやっ…

  • インベスターZ

    インベスターZ(1) posted with ヨメレバ 三田紀房 講談社 2013年09月20日 楽天ブックスで見る 楽天koboで見る Amazonで見る Kindleで見る DMMで電子書籍の半額セールをやっていたので、漫画「インベスターZ」をまとめ買いした。インベスターZは、主人公の中学1年生の財前が学校の投資部に入部し、いろいろなことを学び成長していく物語。 漫画なので読みやすく、投資や金融、保険、企業、歴史のことなどがわかりやすく書かれていて非常に勉強になった。私は投資のことをまったく知らなかったので、この本を読んでFXというものがどういうものなのかを初めて知った。また、保険の仕組み…

  • 人が増えて人間関係で悩むくらいなら、一人で忙しい方がいい

    先月から私の部署に中途採用の人が入社したのだが、正直、あまりいい人材ではなく(私の主観だが)困っている。詳しくは書かないが、ハッキリ言って、いない方がいい。 今年の4月頃、仕事がもの凄く忙しかった。ただでさえ忙しいのに、いろいろトラブルが重なって、ストレスを抱えていた私は「今の人員じゃとても無理です。増員して下さい。」と上にお願いした。上の人はこっちが拍子抜けするくらいあっさり了解してくれた。そして、その後求人募集をし新しい人を採用した。 ところが・・・、人が増えたら増えたでいろいろ大変だ。人が増えて楽になると思ったら、かえって大変になった。ストレスも増えた。人間関係の悩みって、本当に大きなス…

  • 第37回 NHK杯将棋トーナメント 2回戦・第13局 谷川浩司王位 対 羽生善治四段

    1987年11月に放送された、第37回NHK杯将棋トーナメント 2回戦 谷川浩司王位 対 羽生善治四段の対局をアベマTVで見た。(タイトル、段位は当時のもの)この対局も見たことがなく、ずっと見たいと思っていたので今回見ることができて嬉しい。羽生四段は当時17歳。谷川王位は当時25歳。解説は中原名人、当時40歳くらいか。司会はおなじみの永井英明さん、当時61歳くらい。ちなみに私は当時小学5年生。まだ将棋に興味を持っていなかった。 羽生四段は前年初参加ながらも福崎七段、米長十段という強敵を破ったので、今回の谷川王位との対戦は注目の一戦。先手は羽生四段。戦型は、谷川王位が注文をつけ、後手☖2三歩型の…

  • 首の痛み

    7、8年くらい前からずっと首が痛い。きっかけは枕だ。7、8年くらい前に新しい枕を買ったのだが、高さがあってなかったらしく、朝起きて伸びをしたら首に激痛が走った。痛くて痛くて首が動かせない状態。うがいもできないし、目薬もさせない。後ろを振り返ることもできない。そんな状態が何ヵ月も続いた。整形外科に行ったが、目立った外傷はなく痛みの原因はわからないとのことだった。「実は、痛みのほとんどは原因がわからないものなんですよ」と当時先生に言われた。病名や原因がわかれば、あとは治す努力をするだけなので頑張る気にもなるのだが、原因がわからないというのは辛い。 当時は、ネットでいろいろ調べて、整骨院、カイロプラ…

  • 第36回 NHK杯将棋トーナメント 3回戦 真部一男七段 対 羽生善治四段

    1986年12月に放送された、第36回NHK杯将棋トーナメント 3回戦 真部一男七段 対 羽生善治四段の対局を見た。私がNHK杯将棋トーナメントを見始めたのは1988年からなので、この対局は見たことがなくずっと見たいと思っていた。今回、アベマTVで見ることができた。ありがとうございます。 羽生四段はプロになったばかりで当時15歳か16歳。真部七段は当時34歳。和服で登場。容姿端麗。現代では見ないタイプの昭和の将棋指しといった感じ。対局中はタバコを吸っていたが、考えている表情やタバコを吸っている仕草がカッコいい。昔の時代のカッコいい人は本当にカッコいいなぁという感じ。解説はなんと加藤一二三九段。…

  • 新しい自分

    前にこの本を読んだ時は〇歳ぐらいの時で、その時自分はまだ健康だったなとか、この曲を聴いていた頃の自分はまだ元気だったなとか、よくそんなことを思ってしまう。 精神の調子を崩すと、健康だった昔の自分に戻りたい、そうすればなんだってできるのにと思ってしまうが、残念ながら昔の自分に戻れることはないと思う。 でも、そのかわり、新しい自分に生まれ変わることはできる。一度傷を負ってしまったら、傷を負う前の自分に戻ることは不可能だけど、傷を抱えながら生きていくことはできる。そしてそれは、もしかしたら傷を負う前の昔の自分より、人の心の痛みがわかる強くて優しい、何倍も素晴らしい自分なのかもしれない。 昔の自分に戻…

  • 自分との約束

    私は様々な神経症に悩んでいる。 自分の視線の置き場に悩んでしまう「自己視線恐怖症」、視線を向けてはいけないと意識するほど、そちらに視線がいってしまう「脇見恐怖症」、人前で字を書く時手が震えてしまう「書痙」、人前で汗が異常に出てしまう「多汗症」、人前で話す時、緊張してしまう「あがり症」、周囲に人がいると電話でうまく話せない「電話恐怖症」、人と一緒に食事ができない「会食恐怖症」・・・等々、まるで神経症のデパートだ。 神経症の人って多くの人がそうだと思うのだが、試験や面接など何か人生のイベントがある時、その事よりも神経症の症状のことばかり気にしてしまい、そのことに取り組むというより、神経症の症状を出…

  • 樺沢紫苑「学び効率が最大化するインプット大全」

    学び効率が最大化するインプット大全 posted with ヨメレバ 樺沢 紫苑 サンクチュアリ出版 2019年08月03日 楽天ブックスで見る 楽天koboで見る Amazonで見る Kindleで見る 樺沢紫苑先生の「学び効率が最大化するインプット大全」を読み終えた。動画セミナーにも参加した。樺沢先生の書籍は今まで何冊も読んでいるが、今回もわかりやすい内容でしかもボリュームたっぷりで、気づきと今後やってみようと思う内容がたくさんあった。以下、特に心に残ったところを書いていきたいと思う。 ①インプットは量より質!1ヵ月に本を10冊読んだとか、1年間で何冊読んだとか、ついついインプットの「量」…

  • カレーブーム到来!?

    吉野家のカレーが美味しい。食べる前は、吉野家でカレーを食べてもなぁ・・・と思っていたが、試しに食べてみたら美味しかった。特に「チキンスパイシーカレー」は、チキンがたくさん入っていて、値段も手頃でお気に入り。何回もリピートしている。「チーズスパイシーカレー」も一度食べてみたいと思っているのだが、いつもチキンの方を注文してしまう。チーズも多分美味しいと思うので、今度行くときは食べてみようと思う。でも、そう思いながらいつもチキンの方を注文してしまうんだよなぁ。 噂では、松屋の「ごろごろチキンのバターチキンカレー」も美味しいらしい。一度食べてみたいな。松屋は20代前半の時に、よく行って「カレギュウ」を…

  • 2年前、婚活で断られた相手からメールが来た

    2年くらい前のこと。当時41歳だった私は婚活サイトで婚活をしていた。婚活は30代の頃からしていたが、なかなか相手が見つからず、半分あきらめていたのだが、でも半分はあきらめきれず、細々と(笑)婚活を続けていた。 ある日、ある女性(Aさん)からメールが届いた。メールの内容から、とても礼儀正しく真面目な人だなと思った。返信をし何度かメールのやりとりをした後、会って食事をすることになった。Aさんは、メールの印象通り、とても礼儀正しく真面目な方だった。 Aさんとは、2回会って食事をした。もの凄く話が盛り上がったというわけではないが、会話がないというわけではなく、そこそこ話をすることができた。私としては、…

カテゴリー一覧
商用