searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

タックさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

長時間練習、怒鳴る指導、根性論・・・。そんな昔ながらの指導に固執していませんか?昔ながらの指導を脱却し、現代スポーツで推奨されている科学的な指導法を取り入れ、短期間で強豪チームに育て上げた指導法・理論、また現代の日本野球が抱える問題についてまとめていきます。 野球 高校野球 中学野球 学童野球 投手 野手 打撃 投球 部活動 野球部

ブログタイトル
これからの野球を考えよう
ブログURL
http://thinkaboutbb.blog.jp/
ブログ紹介文
教員・野球部顧問という立場から、今後のアマチュア野球や部活動のあり方について考えていきます。また、日々精力的に頑張っている指導者の方々の指導技術が向上し、選手たちがより良い環境で野球ができるようになるよう、私の指導論も紹介します。
更新頻度(1年)

80回 / 365日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2019/03/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、タックさんの読者になりませんか?

ハンドル名
タックさん
ブログタイトル
これからの野球を考えよう
更新頻度
80回 / 365日(平均1.5回/週)
読者になる
これからの野球を考えよう

タックさんの新着記事

1件〜30件

  • 「自主性」の勘違い

    教員としてもスポーツ指導者としても警鐘を鳴らしたいのですが、子どもの「自主性」という言葉が独り歩きして、過大に評価されているように思います。これまで、日本の教育が管理型の側面が強かったので、その反動というのもあるのでしょう。この自主性が強調されるようにな

  • youtubeを使って予習!

    さて、7月中旬から部活動が再開する予定ですが、グラウンドでできるのは週1回。教室を使ってルールなどの勉強をするのが週1回。半分以上が初心者の新入生を担当するわけですが、どう効率よく技術や知識を習得できるかが課題です。今年はコロナの休校中にもいろいろ考えまして

  • スポーツとジェンダー(その2)高校軟式野球は男女出場可にしよう

    スポーツとジェンダー(その1)私たちが普段関わっているスポーツにおいても、ジェンダー的要素は多いのではないでしょうか。例えば、「この競技は女性のスポーツ」「この競技は男性のスポーツ」というような考え方です。どんなものがあるでしょうか・・・。シンクロナイズ

  • スポーツとジェンダー(その1)

    3月以降、コロナ流行により、家で過ごす時間が増え、いろんなテレビ番組を見る機会が増えたのですが、メディアにおけるジェンダー要素が非常に多いなぁ、と思います。日本は男女平等の順位が世界でも最下位レベルですが、学校や社会にだけでなく、メディアにも原因があるよう

  • 習得技術シートの作成

    さて、前回、カリキュラムみたいなものを作ってみようかなと話したのですが、実際につくってみました。実物は見せられませんが、目標としては、これらの内容を身につければ、高校野球でも野球ができる技術は身についているし、将来、草野球とかをやるときも困らない、という

  • 野球のカリキュラム

    全国の小・中・高等学校では、全ての子どもたちが同じ内容の授業を受けられます。1000万人以上の子どもたちが、全国どこでも同じ教育を受けられるって、凄いですよね。これは、文部科学省から、「学習指導要領」という、教育の基準となるマニュアルがあるからですね。先生た

  • 学年にこだわりすぎてはいけないと思う

    いつも見ていただき、ありがとうございます。最近、一日のアクセス数がかなり多くなっており、びっくりしています。さて、長年指導者をやっていて思うことの一つとして学年の問題があります。体格の大小・実力に関係なく、学年でひとくくりにされてしまう。特に、野球は顕著

  • 選手にとっては残念な年に・・・

    コロナの影響で、夏の甲子園も中止となりました。メディアではどうしても甲子園ばかりが取り上げられてしまいますが、中学生の大会なども、軒並み中止となっており、頑張って練習してきた選手たちにとっては非常に残念な年となってしまいました。コロナ自体はインフルエンザ

  • 指導の幅を広げるために~選手の感覚を確認しよう~

    スポーツ指導の向上とは、いかに知識と指導経験の引き出しを増やすかにかかっています。私は、選手に指導した時に、必ず感想と感覚を聞きます。「今の指導で何か変わった?わかりやすかった?」「動きがすごい良くなったけど、どんな感覚?」これらを繰り返すことによって、

  • 「勝利」という麻薬③

    http://thinkaboutbb.blog.jp/archives/23023111.html部活動に力を入れている学校は、選手をスポーツ推薦で集め、監督は教員や事務員であっても、実質的には実績によって雇われていることが多いです。プロスポーツ選手とプロチームの指導者は、成績を収めることで給料をもら

  • 「勝利」という麻薬②

    「勝利」という麻薬①さて、私はよくこの「勝利」という麻薬を打たされます。選手たちが「勝ちたい」と思い、色々と練習の工夫を提案すると、こっちの冷静な意思とは関係なく、そこそこ勝ってしまうわけです。「やめろ!俺は麻薬なんて打ちたくないんだ!あの気持ち良さを思

  • 素振り

    さて、コロナで休校中、部活動はもちろんないので、子どもも指導者もなかなか運動もできません。なぜか、縄跳びがものすごく売れているとか。確かに、公園で縄跳びをしている人が多い。私も、夜中に空き地にでも行って、軽く素振りぐらいはしようかなと思っています(変質者

  • 9月入学になると・・・

    3か月間家庭はどうするのか・・・?授業料は・・・?法律の改正は・・・?かなり世論は9月入学に傾いてきていますが、様々な問題があるので、今年いきなりというのは、かなり覚悟が要りそうです。9月入学になった場合、学校のスケジュールを考えてみようと思います。9月=入

  • いっそのこと9月入学に切り替えてみては

    さて、コロナで学校もてんやわんやです。収束の見通しが立たないため、9月入学転換の話しは、当初から教育業界で持ち上がっていました。ここ数日、緊急事態宣言延長の可能性が高くなり、政治方面でも出てきました。休校長期化なら「9月入学」も選択肢の一つに、文科相「あら

  • 「勝利」という麻薬①

    もちろんやったことはないですが、麻薬とかって、一度使うと、中々抜けられないそうですね。某歌手が逮捕されたのも衝撃でした。スポーツ指導者にとって、「勝利」は本当に危険な麻薬だと思います。一度「勝利」という麻薬を打つと、また打ちたくなるんですね。やっぱり、負

  • 投手が軸を作ってしっかりと立つには

    ピッチングは複雑なため、そんなに選手に教えることはありませんが、「足を上げたときに真っすぐ立つにはどうしたらいいか?」と「クイックモーション」についてはコツを教えます。足を上げたときに真っすぐ立つにはどうしたらいいか?https://www.zamst.jp/tetsujin/shoulde

  • 投手の基本③

    結構、試合の後とかに、長距離ランニングをさせている指導者をよく見ますが、個人的には、全く意味がないと思います。そもそも、マラソンランナーの体格を見ればわかりますが、野球と長距離走では、全く求められる筋力が異なります。野球選手に求められる筋力は、どちらかと

  • 投手指導の基本②

    投手指導の基本①理論的に選手が自己分析をできるようなしくみを作っておくことは大事だと思います。そうすれば、試合の中で、バッテリー間でフォームを修正することができるからです。私の場合、その道の専門家に一度話を聞き、それを実例写真と一緒にプリントにまとめて選

  • 投手指導の基本①

    投手指導って難しいですよね。私は、投手指導に関しては、ある程度投げられているのであれば指導はしない方が良いと考えています(選手からお願いに来たら別ですが)。「ピッチャーを初めてやります」とか明らかにめちゃくちゃな投げ方をしていない限り、こちらからはアプロ

  • 球団の拡張はできるのだろうか?

    古田敦也氏明かした、球団拡張「2年後からある」4自治体で準備進むhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-00010000-nishispo-base地元にプロ野球チームができる・・・。地方にとっては、活気づく起爆剤になる可能性もあり、是非とも招致したいでしょうね。ただ、20年

  • 部活動に変化が起きるかも・・・?

    http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_rchome.nsf/html/rchome/Futai/monka9A7B7B8887E5FB53492584B3002A76B8.htm公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法の一部を改正する法律案に対する附帯決議昨年の衆議院における附帯決議において、七 政府は、

  • バッティングー下半身の使い方③

    バッティングー下半身の使い方①バッティングー下半身の使い方②さて、バッティングにおいて、しっかりとパワーポジションを作り、内転筋を使うことによって全体重をボールにぶつけることができるようになるわけですが、この感覚をどうやってつかむか・・・。私は理論的なこ

  • コロナで大変でした・・・

    1カ月ほど更新が止まっていましたが、コロナで学校がバタバタしていたので、忙しくて更新ができませんでした・・・。4月からは再びチームを持つことになったので、チーム運営に関しても載せていきたいと思います。

  • バッティングー下半身の使い方②

    バッティングー下半身の使い方①http://thinkaboutbb.blog.jp/archives/21971218.html①では、従来の「腰を回せ」「軸足を回せ」という指導では、プロ野球選手のような動きにはならないことを説明しました。それでは、どのように体を使えばいいのでしょうか?この体の使い方

  • バッティングー下半身の使い方①

    前のバッティング指導法の更新から時間がかかってしまいました。下半身の使い方は教え方が難しいので、どうすればよりシンプルに伝えやすいかを考え、様々な選手に指導して教え方をまとめていました。さて、バッティングにおける下半身の使い方として、昔から、言われていた

  • ダルビッシュ投手の記事

    これはぜひみなさん一読していただきたいですね。ダルビッシュ有が否定する日本の根性論。「根性論のないアメリカで、なぜ優秀な人材が生まれるのか」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00010000-realspo-base

  • イチローさんの言葉から考える②

    さて、イチローさんの言葉からは、イチローさん自身が今までの厳しい指導や教育をある程度肯定していることが感じ取れます。しかし、「自分には厳しい先生がいたので、なかなかそうは思えなかった」という部分は、今の時代だったら自分も違う考えをしたのだろうな、というこ

  • イチローさんの言葉から考える①

    イチローからのメッセージ 最後の「イチロー杯」でhttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20191222/k10012224791000.html 先月の記事ですが、イチローさんが「イチロー杯」で行ったスピーチです。気になった一部を抜粋します。「その時に感じたことは、教える側の立場も難しいら

  • 学校の本業とは・・・②

    学校の本業とは・・・①http://thinkaboutbb.blog.jp/archives/21702759.html「うちの選手は練習が厳しいので、授業はほとんど寝ている」甲子園で優勝したこともある、とある監督が公の場で話していたことです。このような学校生活を生徒におくらせている学校は少なからずあ

  • スポーツと暴力 公開シンポジウム

    日本学術会議公開シンポジウム「スポーツと暴力」http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/282-s-0208.pdf 日時:2020年2月8日(土)13:00-17:00会場:日本学術会議講堂興味のある方はご参加ください。

カテゴリー一覧
商用