いつわりflickan
読者になる
住所
出身
ハンドル名
ぺんころりさん
ブログタイトル
いつわりflickan
ブログURL
https://piggan.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
スウェーデン語勉強記録やスウェーデン語で読んだ本の感想、なんちゃって北欧気分を綴ります。
自由文
-
更新頻度(1年)

23回 / 198日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2019/03/29

ぺんころりさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(IN) 38,643位 39,467位 39,698位 39,645位 39,730位 圏外 圏外 974,775サイト
INポイント 0 0 0 0 20 0 0 20/週
OUTポイント 0 0 0 10 10 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 236位 244位 246位 247位 245位 圏外 圏外 12,628サイト
読書日記 60位 62位 61位 60位 59位 圏外 圏外 2,873サイト
洋書 10位 10位 8位 8位 6位 圏外 圏外 167サイト
ライフスタイルブログ 3,193位 3,250位 3,273位 3,267位 3,268位 圏外 圏外 66,104サイト
自分らしい暮らし 59位 59位 60位 58位 59位 圏外 圏外 542サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 65,139位 66,561位 66,849位 66,580位 85,703位 圏外 圏外 974,775サイト
INポイント 0 0 0 0 20 0 0 20/週
OUTポイント 0 0 0 10 10 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 328位 334位 338位 334位 510位 圏外 圏外 12,628サイト
読書日記 96位 103位 99位 89位 140位 圏外 圏外 2,873サイト
洋書 17位 16位 14位 14位 22位 圏外 圏外 167サイト
ライフスタイルブログ 5,467位 5,561位 5,612位 5,627位 6,567位 圏外 圏外 66,104サイト
自分らしい暮らし 80位 84位 88位 87位 101位 圏外 圏外 542サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,775サイト
INポイント 0 0 0 0 20 0 0 20/週
OUTポイント 0 0 0 10 10 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,628サイト
読書日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,873サイト
洋書 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 167サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,104サイト
自分らしい暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 542サイト

ぺんころりさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぺんころりさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぺんころりさん
ブログタイトル
いつわりflickan
更新頻度
23回 / 198日(平均0.8回/週)
読者になる
いつわりflickan
  • Kotten, grisen och lilla vännen

    作.絵:Lena Anderson昨日Lilla Kattenさんで購入。Kottenシリーズはまだ読んだ事が無かった。短いお話なのであらすじ省略。迷子になった女の子のお話とでもしておこう。絵もストーリーも優しく温かい世界で、めちゃくちゃ可愛いんですけど (^∇^)/Kottenハリネズミかな。ワンピースから所々針が突き刺している所も可愛い。これは是非とも前のシリーズも読まなくては。bokusでは3-6歳向けになっているけれど、3歳前後の言葉でOK...

  • Varför ingen klappar IGELKOTEN

    作:Andrej Kurkov絵、訳:Tania Goryushina犬や猫などは人になでてもらっているのにどうして自分はしてもらえないの?と悲しくなるハリネズミ。内容についてはあまり書かないけど、他を羨ましがり、何故自分は…と思うも最後はより良い結果で終わる、温かい気分になれるお話ウクライナでベストセラーになった本をスウェーデン語で出版したっぽい。イラスト&翻訳されたTania Goryushinaがウクライナの方なのかはよく解らないけど絵...

  • Vår i Bullerbyn

    作 Astrid Lindgren絵 Ilon Wiklandやかまし村の春のお話。Jul i Bulerbynと同様、やかまし村の本で書かれていた事をベースにした絵本。ベースではあるけれど結構違う展開で、新たな本として読める。そしてこれまた同じく、シャスティンちゃんが随所に出て来て可愛らしさをまき散らしているIlon Wiklandが描く春の風景や動物の絵も素敵な絵本。...

  • 奥多摩でノルウェー

    歩きに行った帰り、奥多摩駅前でオクターマーフェスなるモノが開催されていた。ノルウェーのビール発見!ベリー系の名前が付いたビールを飲んだ。旨い!!!ヽ(≧∀≦)ノ出店していたお店の名前は「ΦL Tokyo」また飲みたいけど、お店があるのが渋谷らしい…でも静かな方の渋谷なので飲みに行ってみたい気も。むしろ奥多摩にあった方が通えるなぁ^^;歩きに行ったのは百尋ノ滝。「北欧」っぽいキノコ。...

  • プリンセスケーキと言えば

    Lilla Kattenさん♪昨日、過去に一度&数回一緒にお店に行った友達二人から「たまたま見たんだけど!お店出てたよ!!」と同じメールが届いた(゚∀゚)”グレーテルのかまど”と言う番組で放送されるのは知っていて私は録画したけど、あの時間に、一緒にお店に行った事のある二人がTVを「たまたま観た」っ事にビックリ!今年の誕生日に作って頂いたプリンセスケーキ。某イ●アとはもちろん全然違う、誰が食べても美味しいケーキでは一句「...

  • またもや埼玉

    ムーミンバレーパークにまた行った。19日ぶり2回目。 いわゆるバスツアーで。パーク内で星空観測などというモノがあったのでつい前回7月終わりよりもセミやらなんやらいろんな虫が大合唱。夕方6時頃の到着だったので暑さは和らいでいたけど湿度がすごかった。雨降った後らしい。見た目はフィンランドの様に爽やかなんだけど灯りのともったムーミンの家。屋根の瓦はヨーロッパから持ってきたものだとか。園内のスピーカーはBO...

  • Jul i Bullerbyn

    作 Astrid Lindgren絵 Ilon Wikland猛暑過ぎて「寒い本が読みたい…」と、Lilla Kattenさんにケーキを食べに行ったついでに購入。やかまし村のクリスマス。内容はコチラ↓日本語版タイトル「やかまし村の春・夏・秋・冬」内で書かれているJul(クリスマス)前後の話しを絵本にしたもの。 この絵はニイマン細かな話は割愛されているけど、逆にプラスされている話しあり。一番違うのは、絵本では登場するオッレの妹シャスティン、元...

  • 2019年 スウェーデン土産(頂きもの)

    PROCLÉ STOCKHOLMのハンドクリーム。右の青から「SLUSSEN WAVE」「NYTORGET POP」「SERGEL RUSH」「SLOTTET FLING」とスウェーデンっぽい名前がついていておしゃれで軽くて。スウェーデン土産にピッタリ!チョコなどお菓子いろいろ。日本人奥さんは美味しくない物は一度も買って来た事なし。コレらも美味しいんだろうなぁヽ(≧∀≦)ノ箱に巻き付いていたピッピのテープが可愛い。透明な、日本でいうガムテープ程の太さのテープ。このサ...

  • Kalle:den lille tjurfäktaren

    作 Astrid Lindgren絵 Marit Törnqvist普段はおだやかな大きな雄牛のアダム。そんな彼がポスク(イースター)の朝いきなり怒り出し、牛小屋から逃走。暴れる彼を村の誰も大人しくさせる事が出来ない。村人皆があたふたするなか、小さな男の子がやって来て…タイトル訳は「カッレ(男の子の名):(その)小さな闘牛士」って感じ。「おうしのアダムがおこりだすと」と言うタイトルで一冊の絵本としても出版されているけれど私がこ...

  • 真夏に埼玉

    白浜に佇むダーラヘストの様だけど、撮影は海のない埼玉県、激暑のメッツァ&ムーミンバレーパーク。 スウェ友ファミリーと一年ぶりの再会の地。本場フィンランドのムーミンに行っているのになぁと思ったけど、「思っていたより良いじゃん♪」と、ファミリーはとっても楽しそうだった。私もチラホラ聞こえてくる負の意見より全然良いじゃん!!と思った。無料でのんびり出来るエリアも思っていたよりも広いし。湖の周りに夏・冬避...

  • 夏至の日にやかまし村っぽい景色

    映画「やかまし村の子どもたち」の中で、夏至の夜に柵を9つ超えて花を集める時の風景と水車小屋で聞いた水の精を深夜に見に行く時の森の中の風景がすごく好きスウェーデンのmidsommar(夏至)の頃は実際はもう少し寒そうな感じがしないでもないけど。そんな映画のシーンにちょっと似た、上高地の木立の中を夏至の日に歩いてきたo(^▽^)o頭の中をずっとやかまし村のテーマ曲が流れる♪実際は写真よりもっと似た風景が多かった。東京...

  • 誕生日ケーキ

    「Gratulerar födelsdag för mig!」(誕生日おめでとう自分!)のPrinsesstårta(プリンセストルタ)見た目美しく美味しいケーキでお祝いした\(^o^)/もちろん作って頂いたのはLilla Kattenさん。入れて欲しい言葉があって、でも電話で言うのは恥ずかしいからメールしようかなぁと思いつつ結局辞めた。やかまし村で、リサの誕生日ケーキのイラストに描いてあった文字。「Lisa 7 årって書いてもらおうかなと思ったんですよねぇ」、...

  • ルバーブの季節

    Lilla Kattenさんに行きました。久しぶり!お願いしたプリンセスケーキ(prinsesstårta)とOttilia Adelborgのカードを買う&あわよくば「スウェーデンの学校の国語教科書展」がまだ展示されていたら良いな!と。お菓子以外に買った物。カードセットとお買い得絵本。教科書も展示されていた!間に合って良かった。パラパラと眺めていたら文字を書き込みたくなる衝動。私が持ってはいけない^^;Ottilia Adelborgさんのイラストは目に...

  • 「ネコ」だった

    「vareviga katt」の詳しい意味が調べても判らないのでこの詩の訳が観れる「やかまし村の子どもたち」のDVDを観た。いつ観ても良い。特に大きな事件も起きず、ただただ楽しそうな日常なのが本当良い。犬と同じ位に癒される犬と言えば映画の中に出てくる犬のSvippとの話は原作だと妹が生まれる前の話し。原作の、一人っ子だからこそのSvippへの愛情とか、Svippが靴屋の家までは絶対に行かない最後のくだりがかなり好き映画は映画で...

  • Alla ska sova

    作 Astrid Lindgren絵 Marit Törnqvist2019年 bokusで購入やかまし村の子どもたちの映画の中でも使われたリンドグレーンの子守歌的な詩にMarit Törnqvistが絵を描いた本。日本語だと「みんなおやすみ」ブレイクの「無垢の歌」を思い出す詩ももちろん良いけど、うっすら明るい夜や動物たちなど、マリットさんの絵が相変わらず素晴らしい。本の紙質もテラテラやツルツルした物でなくて良い絵が生きる仕上がり マリットさんは他に...

  • ムーミン展

    5月4日。ムーミン展に誘われたので行って来た。ムーミン展も行きたいと思ってたし、なにより進撃の巨人展のチラシが欲しかった!ムーミン展の会場と同じ森アーツギャラリーで夏からやる。楽しみだなぁヽ(≧∀≦)ノムーミン展は人は多かったけど、混んで混んで大変!と言う程ではない。GW前半に行ったムーミンバレーパークの激混み具合に比べたらなんて事ないっ by友達ただ前売りなど事前に持っていないと、チケット購入の列は結構...

  • SOLIGA SAGOR

    作:Ester Rignér Lundgren絵: Margareta Bergner-Samuelsson.Lilla Kattenさんで購入Morgonfriska skog(直訳 朝のフレッシュな森)に住む妖精というかトロールと言うのか。とにかく人間では無いTrulsaや Pysse-liten他みんなのお話数話が一冊になった本。まぁこのシリーズは何十冊も出ているのでごく一部だけど。想像だけど、この本はシリーズ最初の頃のお話を集めたのかな? Pysse-lite(左でだっこされている子)がまだ小さ...

  • いまさら振り返り 2008年初めてのスウェーデン旅行④

    Falunから電車に乗ってストックホルムへ夕方頃着。クラスメイトさん1人の知り合いの方の家に2泊させて頂いた。翌日。まずはスカンセン野外博物館に。憧れたスカンセンで食べたシトロンケーキは薄味スカンセンの後はローゼンダール庭園。今でもだけど、当時日本の北欧雑誌でよく取り上げられていたので行ってみたかった。雑誌の通りオーガニックな感じがする場所。そんなに良いかな?と思ったけどクラスメイトさんは気に入っていた...

  • いまさら振り返り 2008年初めてのスウェーデン旅行③

    一人で滞在する場所はFalun(ファールーン)ここを起点にRättvik(レイトヴィック)やSundborn(スンドボーン)にバスで行く。「いやもうこのままストックホルムに行かずにここに最後まで居たい」と思うくらいに良かった。泊まったホテルはFirst Hotel Grand(ファースト ホテル グランド ファールン)宿泊前にも予約確認がすぐとれるので、ホテル公式から女性専用フロアの部屋を予約。お値段に見合った部屋o(^▽^)o ドリンクセッ...

  • いまさら振り返り 2008年初めてのスウェーデン旅行①

    先生の家を出てクラスメイトさん2人と一緒に観光&移動。TomelillaからLundへの移動はバス。Lundの駅にロッカーがほぼなく、私ともう一人はカートを引きずっての観光。観光と言ってもルンド大聖堂だけだったけど。日曜日だったのでお店はほぼ開いておらず。観光客相手のレストランでランチを食べて電車でマルメへ。Lundより大きいマルメもお店は結構閉まっていた。マルメ城も中には入れず外から見るだけ。マルメの街をブラっと皆で...

  • いまさら振り返り 2008年初めてのスウェーデン旅行①

    今更なので簡易旅行記まずはスウェーデン語でお世話になった先生のお家をクラスメイトさん達と訪ねる。先生のお家はスウェーデン南部、スコーネ地方のTomelilla。乗らなかったけど電車も走っていた。車の中から見かけた小さな駅が可愛かった。滞在中は先生が車で案内してくれた。日本の語学書でお馴染み、南部地方では大きい方だと言う街Ystadを訪ねたり いかにもスウェーデンな黄色い車スウェーデンのストーンサークルなんて所に...

  • このブログについて

    ①スウェーデン語で読んだ本(絵本)について②日本でスウェーデンぽい事③日本で「北欧」っぽい事④スウェーデン語の勉強記録などを書いていきます。以前の記事もただ今整理中で、①~④に当てはまるもののみ公開にします。ただし、スウェーデンぽい→ローゼンダール庭園で羊の置物見たから日本でも羊置物みたらスウェーデン、や釣り=ノルウェー人(インスタフォローさんイメージ)なので北欧っぽい、など、超個人主観で、他の方が見た...

  • ブログ整理中

    ただいまブログ内記事整理中です。(広告非表示の為簡易投稿)...

  • En trolkarl i Stockholm

    作、絵:Jan Lööf少し前にLilla Kattenさんで購入Jan Lööfさんの作品は読んだことがないけど知ってはいる。絵にあまり惹かれなかったから未読だったんだけどこの本は絵が良い!と思って購入。「Jan Lööfの初期の本ですよ」と教えて頂いた。昔の方が絵が好みTivoliで働くtrolkarlは毎日の仕事と、きちんとした家に住んでいない自分の状況を変える為Tivoliを辞めてに引っ越すことにする。ストックホルム行きの飛行機をみて、ストック...

  • セムラを食べに

    某ワンピースで有名になったセムラを食べに友達とLilla Kattenさんに。スウェーデンではセムラの日があるくらい有名な季節のお菓子「おなかを空かせて行ってセムラ+1o(^▽^)o」食べるため朝食控えめで行く!東逗子から神武寺(山にある寺)経由でお店に行ったのでグーグー。3個は食べられたなぁ。ムーミンがカバで無いように、セムラもシュークリームではない。生地がパン。日本人が想像する見た目からの味・食感とちょっと違うけ...

  • ただいま読書中

    読んでいない、ほぼ読んでいない本を奥の方にしまい込んでしまっている…(´・_・`)と言う理由だけでなく、毎年同じ時期同じ本しか読んでいない^^; 赤い背表紙しか写っていないNalleは相変わらずソファに置いたままで、いつでも読んでる。冬の本か、短い詩や歌等短編がただいまお気に入り。しかしいつ読んでも詩は言葉は簡単っぽいのに難しい読んだ本ばかりだけどこの本は初読み。Lilla Kattenさんで買った本。日本語版のタイトルは「...

  • TUMMENS RESA

    作.絵:Inger och Lasse Sandberg去年Lilla Kattenさんに行った時に見つけた本。Tummen(おやゆびくん)が色の国を旅する。金色の国はすべて金色、赤い国はすべて青色。いろんな「単色」の色の国を訪ね、いろいろな色がある自分の国が一番良いと思うTummen。緑色の国では牛も緑。緑のミルクが出てくるらしい。ちょっと行きたくない ^^;「Tummenだ!」と思い良く見もしないで購入。店長さんに「Tummen最初位の話でフォルムが違う♪...

カテゴリー一覧
商用