花好きシニアの日記
読者になる
住所
出身
ハンドル名
ピコリン☆さん
ブログタイトル
花好きシニアの日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kitty_sakiko_0321
ブログ紹介文
季節の花を主に撮って居ます。
自由文
-
更新頻度(1年)

822回 / 200日(平均28.8回/週)

ブログ村参加:2019/03/27

ピコリン☆さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(IN) 42,763位 44,335位 44,118位 44,070位 44,321位 圏外 圏外 974,906サイト
INポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
OUTポイント 0 10 10 20 10 10 10 70/週
PVポイント 10 590 670 570 550 440 710 3,540/週
花・園芸ブログ 1,264位 1,314位 1,311位 1,311位 1,330位 圏外 圏外 19,260サイト
季節の花 50位 53位 54位 53位 55位 圏外 圏外 1,094サイト
地域生活(街) 関東ブログ 453位 478位 480位 482位 490位 圏外 圏外 13,953サイト
関東情報 20位 21位 21位 20位 21位 圏外 圏外 746サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 43,061位 43,522位 41,609位 39,827位 44,142位 43,860位 43,973位 974,906サイト
INポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
OUTポイント 0 10 10 20 10 10 10 70/週
PVポイント 10 590 670 570 550 440 710 3,540/週
花・園芸ブログ 1,192位 1,203位 1,156位 1,096位 1,198位 1,183位 1,184位 19,260サイト
季節の花 27位 26位 25位 23位 32位 29位 31位 1,094サイト
地域生活(街) 関東ブログ 391位 390位 352位 326位 374位 356位 353位 13,953サイト
関東情報 17位 18位 15位 15位 17位 15位 17位 746サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(PV) 4,896位 4,938位 4,936位 5,286位 5,307位 5,203位 5,093位 974,906サイト
INポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
OUTポイント 0 10 10 20 10 10 10 70/週
PVポイント 10 590 670 570 550 440 710 3,540/週
花・園芸ブログ 115位 116位 115位 125位 128位 126位 124位 19,260サイト
季節の花 4位 4位 4位 5位 5位 5位 5位 1,094サイト
地域生活(街) 関東ブログ 41位 44位 42位 45位 47位 46位 44位 13,953サイト
関東情報 4位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 746サイト

ピコリン☆さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ピコリン☆さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ピコリン☆さん
ブログタイトル
花好きシニアの日記
更新頻度
822回 / 200日(平均28.8回/週)
読者になる
花好きシニアの日記
  • サザンカ

    サザンカは、ツバキ科で常緑広葉樹秋の終わり~初冬にかけて寒い時期に、5枚の花弁の花を咲かせ、野生の個体の花の色は部分的に淡い桃色を交えた白色で有る様です。生田緑地にてサザンカ

  • オニグルミ

    オニグルミは、クルミ科で落葉高木日本在来種のクルミで、葉は奇数羽状複葉、腺毛が沢山生えて居る為、触れると指がベタベタする様です。神代植物公園にてオニグルミ

  • リンボク

    リンボクは、バラ科で常緑樹花は秋に咲き、雌しべが長く、白い小さな花を穂状に付け、果実は楕円形で、翌年の春に黒紫色に熟す様です。神代植物公園にてリンボク

  • オオニシキソウ

    オオニシキソウは、トウダイグサ科で一年草北アメリカ原産、路傍、耕地、川の土手などに生え、茎は淡紅色を帯び、直立しアーチ状に成り、杯状花序は枝先に疎らに付き、腺体は円形、腺体の付属帯は良く発達し、花びらの様に見え、蒴果は卵球形で無毛の様です。神代植物公園にてオオニシキソウ

  • ニクイロシュクシャ

    ニクイロシュクシャは、ショウガ科で多年草ジンジャーの仲間で、花色が淡鮭肉色なのでこの名が付いた様で、他のシュクシャの仲間に比較して香りは少ない様です。別名ニクイロジンジャー神代植物公園にてニクイロシュクシャ

  • マルバフジバカマ

    マルバフジバカマは、キク科で多年草晩夏~秋にかけて白い頭状花序の花を多数付け、頭花は20個程の筒状花から構成され、舌状花では無い様です。神代植物公園にてマルバフジバカマ

  • ミヤコアザミ

    ミヤコアザミは、キク科で多年草山地の草原や湿地に生え、根出葉が花時まで残り、秋にアザミに似た形の花が咲く様です。神代植物公園にてミヤコアザミ

  • ユウガギク

    ユウガギクは、キク科で多年草日本固有種で、葉に微かにユズの香りがすると言われて居ますが、、ほとんど香りは無く、花は白又は淡青紫色で、若葉は食用に成る様です。神代植物公園にてユウガギク

  • シロヨメナ

    シロヨメナは、キク科で常緑多年草低い山や高原~高山まで、生息地の広い白菊の仲間で、平地では晩秋まで花を咲かせる様です。別名シロヨメナ神代植物公園にてシロヨメナ

  • オヤマボクチ

    オヤマボクチは、キク科で多年草9~11月頃に花茎の先に暗紫色の頭花を下向きに付け、原料としてヨモギの代わりにオヤマボクチの葉を用いる事も有る様です。神代植物公園にてオヤマボクチ

  • キバナアキギリ

    キバナアキギリは、シソ科で多年草林内の薄暗い所に生え、紫色の花を咲かせるアキギリの黄花種で、花は唇形花で雄しべは2本で不稔葯で、花筒の雄しべには潜り込んだ昆虫の背に花粉を付ける構造が有る様です。神代植物公園にてキバナアキギリ

  • イヌショウマ

    イヌショウマは、キンポウゲ科で多年草花茎状の茎を伸ばし、茎先に単一又は下部で分枝した穂状花序を付け、花序には短毛が密生し、白色で無柄らの多数の花を密に付け、花は下側~上側に順に開花する様です。神代植物公園にてイヌショウマ

  • マツカゼソウ

    マツカゼソウは、ミカン科で多年草花期は8~10月で、枝先に円錐状集散花序を出し、多数の白色の花を付ける様です。神代植物公園にてマツカゼソウ

  • マヤラン

    マヤランは、ラン科で腐生植物名前はこの種が初めて発見された神戸市の摩耶山にちなみ、関東~九州までの常緑広葉樹や古い二次林に生える様です。神代植物公園にてマヤラン

  • ハチジョウアザミ

    ハチジョウアザミは、キク科伊豆諸島に分布するアザミで、内陸部の山道際などに咲く様です。神代植物公園にてハチジョウアザミ

  • シラカシの実

    シラカシは、ブナ科で常緑高木雄花は尾状花序で黄褐色、雌花は数花を上向きに付け、果実は堅果で、下部は殻斗に包まれ、10月頃に結実する様です。神代植物公園にてシラカシの実

  • 山野草展

    ハエマンサスムレチドリダイサギソウイワタバコシンニンギアヒメハマナデシコ神代植物公園・山野草展にて山野草展

  • フユザクラ

    フユザクラは、バラ科で落葉小低木マメザクラとオオシマザクラの交雑種、花は白色の5弁花で、冬と春に開花し、初冬にもっとも多く咲く様です。祖師谷公園にてフユザクラ

  • カラタチの実

    カラタチは、ミカン科で落葉低木枝に稜角が有り鋭い棘が互生し、この棘は葉の変化したもので、花後に球形の緑色の実を付け、秋に成ると熟して黄色く成る様です。神代植物公園にてカラタチの実

  • ゴキヅル

    ゴキヅルは、ウリ科でつる性一年草水辺に生え、巻きひげを絡ませて伸び、葉の脇や茎先に花序を出し、星形の緑色の花を咲かせ、花後に果実がなり、やがて二つに割れて内部に種が二個出来る様です。神代植物公園にてゴキヅル

  • スズメウリ

    スズメウリは、ウリ科でつる性一年草原野や水辺などに生え、カラスウリより小型で、花は綺麗な白色だが小さ過ぎて目立たない様です。神代植物公園にてスズメウリ

  • 今頃咲いて居たトケイソウ

    トケイソウは、トケイソウ科でつる性草本花の形が何となく時計の文字盤に良く似て居る事から名前が付いた様です二ヶ領用水沿いにて今頃咲いて居たトケイソウ

  • サネカズラの実

    サネカズラは、マツブサ科で常緑つる植物花期は8月頃で、雌花の花床は結実と共に膨らみ、キイチゴを大きくした様な真っ赤な丸い集合果を作る様です。神代植物公園にてサネカズラの実

  • ガマズミ

    ガマズミは、スイカズラ科で落葉低木日当たりの良い山野に生え、幹は株立ち状に成り、秋に熟す果実は核果で、9~10月には赤く成る様です。神代植物公園にてガマズミ

  • テンジソウ

    テンジソウは、テンジソウ科で夏緑性多年草クローバーに似た水草で、特異な形態のシダ植物で、葉には長い葉柄が有る様です。神代植物公園にてテンジソウ

  • タコノアシ

    タコノアシは、タコノアシ科で多年草湿地や沼地、休耕田など、湿った場所に生育し、放射状に数本に分かれた総状花序を茎の先に付け、その上側に9月頃に小さい花を多数開く様です。神代植物公園にてタコノアシ

  • ミゾカクシ

    ミゾカクシは、キキョウ科で多年草湿った場所に生え、茎は細くて横に這い、節ごとに葉を付け、根を下ろし、6~10月頃、花茎は立ち上がり先端に一つの花を付ける様です。別名アゼムシロ神代植物公園にてミゾカクシ

  • イボクサ

    イボクサは、ツユクサ科で一年草湿地に生える雑草で、水田では畦に良く見られ、葉の汁をつけるとイボが取れると言われて名付けられた様です。神代植物公園にてイボクサ

  • カラタネオガタマの果実

    カラタネオガタマは、モクレン科で常緑小高木中国原産、花はバナナに似た強い芳香が有り、果実はたった一つから二つの袋果のみから成る場合が多く、集合果はいずれも色づく事も無く、緑色のまま裂開して種子を出して居る様です。生田緑地にてカラタネオガタマの果実

  • ヌスビトハギの種

    ヌスビトハギは、マメ科で多年草花後に出来る果実は、種子1個を含む節に分かれる節果で、この種では普通は二節から成り、個々の節は扁平で半円形、両者の間は大きくくびれ、又は折れた様に曲がる様です。生田緑地にてヌスビトハギの種

カテゴリー一覧
商用
読者になる