住所
出身
ハンドル名
Panda141さん
ブログタイトル
山のPanda
ブログURL
https://panda141.hateblo.jp/
ブログ紹介文
PANDAで山々を巡る旅
自由文
-
更新頻度(1年)

8回 / 80日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2019/03/26

Panda141さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 06/26 06/25 06/24 06/23 06/22 06/21 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 964,758サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 20 20 10 0 10 20 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,058サイト
山・高原 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 135サイト
車ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,535サイト
フィアット 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 60サイト
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,862サイト
登山 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,312サイト
今日 06/26 06/25 06/24 06/23 06/22 06/21 全参加数
総合ランキング(OUT) 45,877位 48,824位 51,950位 55,299位 55,312位 55,320位 59,431位 964,758サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 20 20 10 0 10 20 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 3,838位 4,018位 4,148位 4,303位 4,451位 4,417位 4,605位 43,058サイト
山・高原 27位 30位 35位 38位 38位 38位 38位 135サイト
車ブログ 877位 916位 949位 1,005位 997位 989位 1,054位 9,535サイト
フィアット 6位 6位 6位 7位 8位 8位 8位 60サイト
アウトドアブログ 821位 881位 951位 1,020位 1,023位 1,020位 1,118位 11,862サイト
登山 108位 121位 129位 138位 139位 145位 169位 2,312サイト
今日 06/26 06/25 06/24 06/23 06/22 06/21 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 964,758サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 20 20 10 0 10 20 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,058サイト
山・高原 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 135サイト
車ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,535サイト
フィアット 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 60サイト
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,862サイト
登山 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,312サイト

Panda141さんのブログ記事

  • 2019.6.23奥久慈男体山

    福島と茨城の県境、奥久慈へ もっさもさに木々が生える山 というか森。ルートは健脚コースで登ってみよう 序盤を越えると鎖・クサリ・くさり・・・ひたすら続く岩場だけどスラブ状の岩とかもあってなかなか飽きない。ホールドする岩がそこかしこにあるので鎖を使わずに登ると面白いです。 頂上までさほど距離もなく登頂。健脚コースというよりは鎖場直登コースという感じですね。 山頂は見晴らし抜群。 見渡す限り広がる深緑の森。谷間に見える小さな集落–––––すばらしい景色 昔々の日本にはこんな風景がいっぱいあったんだろうな。 標高650m程とコンパクトな山ながら高度感もありルートバリエーションも豊富にあって楽しかった…

  • 2019.6.9阿弥陀岳

    梅雨の季節がやってきましたね。 今日も朝からしとしとと雨が降っています。 こんな日こそ静かな山に登りましょう。 久しぶりの阿弥陀岳中央稜ルート。 舟山十字路に車を停めて山へ向かって歩いて行きます。 最初に目につくマーカーは右へ その先、右手にあるうっすらマーキングされている木を見つけたらおもむろに山側を登り始める(道なりに進むとハマります) 特にマーカーもないので右へ左へ巻きながらひたすら登る。 ラストの取り付き。濡れた草でズルッと落ちないよう慎重に。。 尾根に出て振り返って一休み。平地がないので常にふくらはぎパンパン。山頂はもうちょい 無事登頂。登ってる人は見当たらず静かな山頂。 森からガス…

  • 2019.5.26剱岳

    猛暑の週末、剱岳へ行ってきました。 長治郎雪渓→剱岳→平蔵谷→剣御前 予定タイムは11時間ほど。 翌朝3時半登攀開始。パタゴニアのロゴマークのような美しいシルエット。 長治郎谷を詰めてひたすら登っていく。後立山が見たくて振り返ってばかり 富山湾が見えてきた。ナイスビュー!ついに日本海側に出た! そして登頂。–––ただただ美しい山々が広がる。 静寂の中、深呼吸をすると体中から力がみなぎってきます。 最高の景色、最高の時間です。 雲一つなかった剱岳。天気に恵まれ素晴らしい景色を見せてくれました。 今回もお山に感謝です。 帰り際に目の前に降り立った雷鳥。また会おうね

  • 2019.5.18編笠山

    山で呑みたくなったら編笠に登ろう モコモコの苔むす森を抜けると雲海と富士山、そして青年小屋の赤提灯が出迎えてくれます。 権現岳まで散歩したらテントで寝っ転がって、あとは時間の流れるままノンビリと。。 キンキンに冷えた湧き水で水割りも作り放題 なじみの定食屋の主人からもらった年代物のスキットル(西ドイツ製!)。 ちょっと寂しそうに「もう山に登れる体力もないから使ってくれ」と渡された。 山頂でのちょっと一杯。引き継がせていただきます。 最小限の持ち物(酒・本)を持って青空の下で日が暮れるまで過ごす。 夜は星を眺めながら眠りにつく。 山に居ると、こんなに贅沢で大切なことはないんじゃないかなとつくづく…

  • 2019.5.12両神山

    山頂にあるオオカミ姿の狛犬がみたくて両神山に行ってきました 登山道は樹々が生い茂っているけど木漏れ日がさして気持ちよく歩ける 見上げるとぴかぴかの新緑と青空 春の山ってのはいい季節だなぁ(年中言ってる気がするけど) 花々もたくさん。奥秩父の山は今が春まっさかりですね 山の花の名前って覚えるのがとても苦手なんですが、そこは便利すぎる現代。 「花しらべ」という優秀なアプリがあるんですよ 撮った写真をその場で教えてくれるんですが中々の精度。園芸植物から高山植物まで網羅(その数3,199種!) これの野鳥版・昆虫版がでたらいいよね 山頂手前の神社到着 お目当てのオオカミは想像と違って優しい顔。疲れも癒…

  • 2019.5.5爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳

    ずっと風邪で寝込んでたゴールデンウィーク。このままじゃ寝たきり10連休になってしまうじゃないか! と危機感から鼻水垂らしながら山へ向かいました 風穏やか。天気良し。雪もたっぷり。最高じゃないか! 爺ヶ岳南峰到着。鹿島槍ヶ岳の頂きも見えてきました 冷池山荘到着。ズビズビ鼻が出る。とっとと寝よう 翌朝、布引山を登り始めた頃、暗い紺色だった東の空がほんの一瞬紫色に輝いた。その後の日の出とともにすーっとオレンジ色の帯が広がっていくこの瞬間は毎回ぐっとこみあげてくるものがあります。そしてため息しか出ない。。 希望に溢れる景色って山の中で見る日の出以上のものは中々ないんじゃないかと思うんだけどどうでしょう…

  • 2019.4.20富士山

    富士山の馬返しにやってきました 暖かくなってきて身体もパンダも少しだけ調子がよくなってきた 今年は1合目をすぎた辺りから雪たっぷり。上のほうもツルピカに光ってます ほどなくして佐藤小屋到着 田舎のおばあちゃん家に来たようなほっこり感がたまらなく嬉しい。 この山小屋、実に居心地がいいんですよ。 ごろごろできるしご飯も美味いしで翌日山に登りたくなくなるのが困りものです 4時に起きて登頂開始 4時間半ほどで山頂に到着。頂上直下の直登は半端なく辛かった。。 鼻水とか色々たらしながら二度と真似できないくらい体力を出し切りました 感動に浸っていると背後からラピュタに出てきそうな巨大雲が迫ってきたので大沢か…

  • 2019.4.6伊予ヶ岳

    南房総にある伊予ヶ岳にいってきました 標高は低いながらも見晴らしは抜群。 田んぼに水が引かれていてキラキラ光っているのが見えた。 ぽかぽか陽気と青空と田んぼの景色。日本の春はいいなぁ 山がないといわれている千葉県だけど、とんでもなかった。 まわりを見渡すと登ってみたくなるようなこんもりした山が沢山です 最近買った安西水丸さんの「てくてく青空登山」 高い山や、ましてや百名山など目もくれず、身近な山をたずねて「てくてく」登る楽しさがいっぱい詰まっている本です。 そう、まさに千葉はそういう山の宝庫なのです。 今回、伊予ヶ岳を登ってみて低い山の良さを再発見できました 昔から安西さんの描くイラストの大フ…

  • 2019.3.3 西穗髙岳

    2年ぶりに訪れた西穗髙岳 夜、見上げるとこぼれ落ちそうな星空が広がっていました 翌3時に起床して登りはじめる 独標を超えてピラミッドピークへ。凍り付いた岩場の上から見上げると蒼い穂高がそびえ立っていた 緊張と嬉しさが高まるこの瞬間がたまらなく楽しい 陽があがる頃に無事登頂 雪が少ないこの冬だったけど、頂上から見渡す風景はやはり別格です 荒天予報が見事な青空となり最高の山歩きになりました。お山に感謝です

  • 衣替え

    使用歴20年を越えてなかなか年期が入ってきたシート。 シミ・ほつれがひどくなってきたので専用カバーを調達しました イタリアではいまだ現役で走っているだけあって 新品のアフターパーツがまだあるんですね とても平和で穏やかなインテリアになってしまった。。 フロント周りもきれいに磨いてリフレッシュ ぼちぼち春の山へ向かいます

  • 2019.2.17 硫黄岳

    重い腰をあげて今年初の山歩き この半年で立て続けに親しい友人を亡くしてしまい楽しく山歩きが出来なくなってしまった もう二度と会えない という当たり前のことがまだ理解できなくて それでも一歩一歩登っていくうちに これからは自分が生きている限りは友人の分も歩き続けよう そう思えるようになりました さようなら Yくん、Kさん、Tくん。 いままでありがとう なにより こんなに空が青いのに山歩きしないなんてもったいないよね

  • ルーバー交換

    クーラーの吹き出し口をつまんだら粉砕しました 劣化した樹脂パーツってちょっと強めに掴むとすぐ割れるんですよ。 「パキンッ」ていい音しながら 接着してごまかしたりして... オートクリマ製のクーラーは中古で残っているにはあるんだけどルーバーのためだけにASSYで買うわけにもいかず途方にくれる毎日 ある日、新潟の某ショップに相談したところ壊れているクーラーを探し出して樹脂のみ取り外してくれるという涙が出そうな対応をしていただきました たいした整備ではないけれど探し出した喜びとパーツ屋さんの気づかいが身にしみた出来事だったので記録を残しておこう 部品探しは辛いけどいい出会いもいっぱいです

  • 耳もげる

    今日 ドアをしめたらドアミラーが吹っ飛んでいきました かわいいやつめ

  • 2018.12.2 日向山

    深く考えごとをしたいときは山に行くのが一番だ できれば夜の暗いうちから登ろう 風の音や落ち葉を踏む音、鳥や動物の鳴き声がとても良く聞こえるからです 傘をかぶった八ヶ岳。これもまたよい景色です やわらかい陽のあたる日向山。いい名前の山ですね

  • 2018.11.18 ドンドコ沢

    ポカポカ陽気に誘われて 沢を歩き鳳凰小屋までお散歩です 雨降りのあとだからか土の匂いが濃ゆい 水が豊富な山っていいですよね 山が生き生きしてるというか歩いていて包まれるような安心感があるというか じじいになったらこういうところでひっそりと暮らしたい 小屋まで登ると身震いするような寒さ ほらほら、こんなに立派な氷ができてましたよ。 冬山はもうすぐです 氷をひとなでして下山しました

  • 2018.10.20 蝶ヶ岳

    テント泊がしたくなり蝶へ この季節の北アルプスはいいですね。 夏はあんなに大勢居た登山客もぱったりいなくなり静かな山に戻ります しんしんと降る雪の中、文庫本を読みながら静かな夜を過ごす あまりの寒さにザックの中に足を突っこんで寝ました 翌日、雪も止んで素晴らしい朝日 普段の生活では日の出なんてみようとも思わないのに山の中だと勝手に目が覚める不思議。自然の力はすごいね 下界の木々はだいぶ色づいてきました。いい季節です

  • 2018.10.8 平標山

    コーヒーを飲みに谷川方面へGO 笹の葉に囲まれる幸せ 所々に木製のテーブルがちょこんと備え付けられてて草原の中でくつろぐには最高の場所なんですよ(個人的にコーヒーの美味しく飲める山1位) ガスってきたのでぼちぼち帰りましょう いい休日になりました

  • 2018.9.23 針ノ木岳

    頂上についたところで友人の訃報が入った。 急いで下山。 今年は辛いことが多すぎる。 いつかまた針ノ木を登ろう。 そのときは彼を思い出しながら

  • 2018.7.14 谷川岳

    涼を求めて谷川へ向かいました 下界は40度近い猛暑なので頂上あたりもせいぜい25度。あつい〜 まいどおなじみのガスまみれの谷川 今回もだめかなぁ... お ちょっと青空が! あ、またガス... 7月にしてこの暑さ 8月 乗り切れるのだろうか

  • 引っ越してきました

    so-netブログからお引越し。 過去の山歩きは今までのブログから可能な範囲でサルベージ。 細々とやっていきます

  • 2018.6.3 編笠山・権現岳

    八ヶ岳に行ってきました 梅雨が始まる前のこの季節。 苔もツヤツヤして山全体がエネルギーに満ち溢れている気がする 八ヶ岳の樹林帯を歩くには最高の日です 編笠でゴロゴロして翌朝 権現へ登り始める お 富士山 編笠山は三ツ頭からの眺めが一番素敵だと思う。こんもりしてて可愛い 下山中、久しぶりにキツツキの声を聞いた 大泉口の登山道は本当に人気がないので鳥の声を聞きたくなったらぜひこのルートへ おすすめです

  • 2018.4.29 巻機山・牛ヶ岳

    何年か前、八海山で出会った爺さんに「ぜひ残雪の巻機山に登って景色をみてほしい」と言われたことを思い出し新潟に向かった 頂上についたと思ったらだまされた なるほど。これは素晴らしい稜線だ 残雪と笹のコントラストが素敵です 冬でもなく夏でもなく 今しか見られない風景が遥か遠くまで広がっていました 今日も晴れ。お山に感謝

  • 2018.4.21 妙義星穴岳

    春の妙義に行ってきました いつもボッチ登山ですが、さすがに星穴は無理なのでパーティを組んでもらった 緑豊かな群馬の山々の中で岩山が映える 神秘的でもあり荒々しさもある妙義。 つくづく不思議な山だ 頂上からは懸垂下降 山の横っ腹にぽっかり空いた星穴に到着 ぽかぽかと暖かく、そそり立つ山もどこか穏やかでした やっぱり妙義は春山がいいですね 連れて行っていただいたUさん、Nさん ありがとうございました

  • 2018.3.31 剣山・三嶺

    春の山を縦走したくなったので四国に行ってきました 一面に笹が広がる稜線 この景色を見るだけでも来た甲斐があったってもんです 結局この日は誰一人とあわず縦走路中間地点へ。 熊が出ませんように..とお願いしつつツェルトを張って就寝 目が覚めてあたりを見渡すと淡い光に照らされながら薄い霞が森を包んでいた。 風の音すら聞こえない神秘的な時間。 四国の山々は本当に美しい。。。 来た道を振り返る。 あと少しでこの旅も終わるのかと思うと寂しくなった 鎖場をこえて無事登頂 下山地点からはバスに乗って戻るんだど、この時期はまだ運行しておらず 3時間ほど歩いてもどることに。。バス停でぐったり腰を落としていると た…

  • 2018.3.3 蔵王(刈田岳・熊野岳)

    スノーモンスターを見に蔵王に行ってきました 登るにつれてどんどん大きくなっていくチビモンスターたち 立派な雪と風の芸術作品ですね 飛ばされそうな強風の中 無事登頂 凍り付いた社から冬の厳しさが伝わってくる 3月に入って諦めていたけど前日に大雪が降ったらしく素晴らしいスノーモンスターを見ることができました 晴天に感謝です

  • 2018.2.4 丸川峠・大菩薩峠

    年が明けてからずっと悪かった体調が少しだけ回復したので山へお散歩 お酒の飲み過ぎはよくないね 藪漕ぎルートへ。先行者のトレースをありがたくなぞらせて頂きました とても静かな大菩薩峠 この日は動物たちの足跡がいっぱいで顔がほころんだ 最近、低い山歩きが楽しくなってきました なるべくゆっくり歩いて景色を楽しむゆとりが出てきたというか。。 着々とおじさん化が進んでます

  • 2018.1.2 Gertrude Valley

    最終日は念願のGertrude Valleyへ 登山道へ続く湿原。水も草木も鳥も全てが美しかった 眼下に広がるMilford Sound 大迫力のフィヨルドでした・・・もう言葉がなくただただ眺めていました ニュージーランドの山々は全てが美しかった またこよう 今年は素晴らしい年になるといいな

  • 2017.12.31 Kepler Track

    この日は雨 雨の音が心地いい あ、晴れ間! 明日は晴れるといいな

  • 2017.12.30 Routeburn Track

    翌日は船に乗せてもらいRouteburn Trackへ 太古の森の奥へ奥へと進みます ここまで美しい苔をみたのは初めてかもしれない ニュージーランドの登山道は標識がシンプルでいいですね 進め と 行き止まり その先には美しい湿原がどこまでも広がっていました

  • 2017.12.29 Lake Marian

    働きずくめの自分へご褒美としてニュージーランドの旅をプレゼントしました てくてくと歩き続けLake Marianに到着 ナイスビュー! 地上の楽園でした