早くリタイヤして自由な生活を満喫する
読者になる
住所
出身
ハンドル名
たっくんさん
ブログタイトル
早くリタイヤして自由な生活を満喫する
ブログURL
https://www.burarikun.com/
ブログ紹介文
 定年前に大企業を退職し、会社一筋の人生から、自分を見つめ直す人生を選ぶ。会社や組織の制約のある生き方から、自分の好きなことを自由に過ごすことにした。  ストレスいっぱいの生活から、心の平安と今を幸せに生きることを目指す。
自由文
-
更新頻度(1年)

55回 / 209日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2019/03/25

たっくんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(IN) 35,584位 35,589位 40,338位 51,005位 圏外 圏外 圏外 975,299サイト
INポイント 0 9 9 8 0 0 0 26/週
OUTポイント 9 0 9 9 0 0 8 35/週
PVポイント 18 9 27 24 0 0 8 86/週
健康ブログ 892位 880位 1,001位 1,120位 圏外 圏外 圏外 30,696サイト
健康的な生活 74位 76位 85位 101位 圏外 圏外 圏外 2,034サイト
メンタルヘルスブログ 1,040位 1,031位 1,123位 1,223位 圏外 圏外 圏外 28,337サイト
癒し・ヒーリング 88位 88位 97位 112位 圏外 圏外 圏外 4,182サイト
オヤジ日記ブログ 256位 259位 307位 378位 圏外 圏外 圏外 10,996サイト
50代オヤジ 44位 45位 53位 61位 圏外 圏外 圏外 1,273サイト
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 58,221位 64,350位 64,328位 73,548位 92,769位 93,242位 93,196位 975,299サイト
INポイント 0 9 9 8 0 0 0 26/週
OUTポイント 9 0 9 9 0 0 8 35/週
PVポイント 18 9 27 24 0 0 8 86/週
健康ブログ 1,437位 1,622位 1,577位 1,804位 2,249位 2,277位 2,294位 30,696サイト
健康的な生活 104位 119位 118位 134位 170位 180位 185位 2,034サイト
メンタルヘルスブログ 2,142位 2,296位 2,278位 2,479位 3,027位 3,030位 3,023位 28,337サイト
癒し・ヒーリング 148位 159位 160位 206位 295位 297位 295位 4,182サイト
オヤジ日記ブログ 395位 460位 466位 549位 723位 713位 719位 10,996サイト
50代オヤジ 70位 77位 78位 90位 122位 119位 126位 1,273サイト
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(PV) 18,927位 19,879位 20,494位 22,683位 28,495位 28,497位 28,510位 975,299サイト
INポイント 0 9 9 8 0 0 0 26/週
OUTポイント 9 0 9 9 0 0 8 35/週
PVポイント 18 9 27 24 0 0 8 86/週
健康ブログ 354位 372位 389位 431位 509位 508位 506位 30,696サイト
健康的な生活 40位 42位 41位 44位 52位 54位 55位 2,034サイト
メンタルヘルスブログ 443位 466位 479位 540位 649位 649位 651位 28,337サイト
癒し・ヒーリング 28位 30位 30位 32位 39位 37位 36位 4,182サイト
オヤジ日記ブログ 169位 182位 189位 218位 274位 270位 273位 10,996サイト
50代オヤジ 29位 32位 34位 39位 48位 47位 45位 1,273サイト

たっくんさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、たっくんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
たっくんさん
ブログタイトル
早くリタイヤして自由な生活を満喫する
更新頻度
55回 / 209日(平均1.8回/週)
読者になる
早くリタイヤして自由な生活を満喫する
  • 今この瞬間を100%遊ぶ

    スピリチュアルの世界で多くの人に影響を与え続けている 津留晃一さんのメーセージから抜粋しています。 あなたの大切な今という瞬間に、自分の悦びを表現していますか? 「自分は自分の悦びを表現しようと思っている。しかしそれにはこれが必要だ。だから自分は今これを手に入れようとしているのだ。イヤだけどこれが必要なのだからしかたがない」と、今この瞬間に我慢をしてはいませんか。「仕方がないではないか」と人は言います。「事実は事実ではないか」と・・・。そうですね。そう思っているあなたがいることは事実ですから、あなたのまわりにそんな宇宙空間が事実として作られています。あなたが創造主なのですから。「だってみんなも…

  • 今、この瞬間を我慢していませんか。

    スピリチュアルの世界で多くの人に影響を与え続けている 津留晃一さんのメーセージから抜粋しています。「何かしなければならないことがある」と考えただけで、人はその自分の考えから束縛を受け始めることになります。「ねばならない」ことはあなたを縛ります。あなたを不自由にしているのは、この「ねばならない」という考え方です。あなたにしなければならないことなどなにもありません。多くの人が、自分には「何かしなければならない事がある」と考えているようです。自分には何か成すべき使命があると考えます。あなたに成すべきことが何かあるとしたら、それは「今を100%生きる」ということであり、それ以外にあなたの成すべき事はあ…

  • 自分の価値に気づけば、物へのこだわりは手放せる

    ヒマラヤ聖者の相川圭子さんが言われいる、自分の価値に気づくから引用。人は、物へのこだわりや、事柄へのこだわりを持っているが、 そのこだわりや、心の苦しみからなかなか解放されないのは 本当の自分というものに気づいていないからからです。物を集めたり、知識を集めたり、何かをすることで、心が満たされ 命が輝き幸せになると思っていますが、本来、本当の自分、個人の魂は 何の思いを持っているかに関係なく、ただ超越して存在して、魂そのものが 愛と豊かさに満ち足りているのです。人はだれしもそのままで完璧です。その完璧さに気づいていないだけです。 これを理解するのは難しいかもしれませんが、心と身体、感覚が欲しがっ…

  • 本当のリラックスを得るには、何をすればいいのか

    ヒマラヤ聖者の相川圭子さんが言われいる、本当のリラックスから引用。今は、誰もが心を使いすぎ、仕事をやりすぎ、緊張している。 24時間、心身が動き続けるスイッチが入っている。 神経が休まらず、不眠症になったり、薬で精神を落ち着かせないと 生活ができなくなっている人もいる。 仕事が忙しい人は、休日には仕事以外のことをして休むが、 それは、仕事を別の神経を使っているだけで、本当の意味での安らぎではない。 たとえば、お酒をのみ、音楽を聴き、映画を聴き、映画を観て、 温泉に行くなど、五感を楽しませて安らごうとします。 でも、それで得られる安らぎも一時的です。また、五感の楽しみも過ぎると 神経を使い、生命…

  • 豊さの本質について

    スピリチュアルの世界で多くの人に影響を与え続けている 津留晃一さんのメーセージのなかから「豊かさの本質」を要約したいと思います。 ひとは外的な刺激をきっかけとして喜びを感じます。 しかし人が幸せを感じるのに、外部からの刺激を必要としている わけではありません。どんな外的現実の中に生きていても、自分の 内側深くに降りてゆき、私は幸せだと思ったとき、幸せ感が訪れます。ひとは、このことを実体験したとき、もう他人を自分の望みのために 制御しなくなります。他人の言動から自由になります。他人をあるがままに そのまま受け入れられるようになります。 どんな状況にあっても、自分の感じたいように感じることが出来る…

  • 「やらなきゃ」という意識をなくす

    スピリチュアルの世界で多くの人に影響を与え続けている 津留晃一さんのメーセージのなかから「やらなきゃ」という意識をなくす を要約したいと思います。人は、「やらなきゃ」という思いがなかなかはずれません。 自分の世界で嫌な現実があって、この思いをはずそうとすると、 さらに強い脅迫観念の「やらなきゃ」が迫ってきます。 やらなきゃという想念をチェックすると、自分を動かしている 恐れが潜んでいます。恐れや心配は、自我さんの役割ではありません。何故なら結果を創っているのは ハイヤーセルフで、心配ならハイヤーセルフに任せておいてください。 もし欲しい結果がるなら、それが既に手に入った時の喜びを感じてあげてく…

  • いつも気楽にいきるために

    いつも安心、気楽、HAPPYな気分でいられたら、いつも楽しいであろう。 良い気分でいることは、自分の感情であるし、嫌な気分も自分の感情である 自分の感情次第でよい気分になれるはず。 周りに嫌な気分させる人や出来事があるのでなかなかそんな気分に なれないこともよくあると思う。そういうときは、その人から離れるか 嫌な気分になることに極力近づかないことだ。でも、生活する上で物理的に 接してしまうというのであれば、感情的に無視するか、嫌な人や嫌な出来事に 感情を左右されないようにする。 日々の仕事で、毎日嫌なことの連続であれば、毎日気分が良くないと思う、 感情的に嫌な気分にあるなら、自分の感情が嫌なこ…

  • 松浦武四郎の生き方に学ぶ

    松浦武四郎は、北海道の名づけ親で有名だが、何度も北海道に行ってアイヌの 存在を尊重し、その文化を世に示した人でもある。 松阪の人なので、同じ町に住んでいた人として親しみが沸く。 彼は、十代の時に家出をして、江戸まで行ってしまう。しばらくして、これから お伊勢参りをする人を江戸で捕まえて、実家の人に無事にいる言付けを頼んでいる。 彼の親は、よっぽど心配したと思うが、もう生死も定かでないと思っていたようで ある。この時の放浪癖や経験が、その後の蝦夷の旅に大いに役に立っている。 1日に約50㎞も歩いて、何日もかけて未開の土地を歩く。想像以上の健脚である。 1か月以上も歩き続ける。現代人でほとんど毎日…

  • 自分が人生の主人公になる

    最近、スピリチュアル系の本を読んでいると、共通して言って いることは、自分に目を向けて、自分の中のハイヤーセルフにつながろう。 人間はもともと神(創造主)とつながっていたが、そのことを忘れてしまって 周りの出来事を基準に判断したり、自分を評価しているが、神とつながっている 自分の内なるハイヤーセルフと対話したり一体となろうとすることで、 ハイヤーセルフを身近に感じることができる。 会社勤めの多くの人が、どうしても上司や周りの自分に対する評価を気にして います。それ自体が、周り基準で生きていることになる。 そうすると、どうしても自分の思いを制限して、自由に生きてる感がない。 また、朝から晩の遅く…

  • G20で地球環境にやさしい宣言

    先日、大阪で開催されたG20で、日本から、地球環境を守るために 2050年までに海に捨てられたプラスチックごみをゼロにするという 提案があった。とても良い提案だと思うし、地球に喜んでもらえる。 実際は、2030年までに目標が設定できるようにしようという弱い宣言に なってしまったが、地球環境を守る内容を盛り込めたのは大きいと思う。 日本では、慶応大学でプロスチックごみを分解してしまうバクテリアを 見つけたという素晴らしい発見もされている。 アメリカでも、偉大な発見と取り沙汰されている。 世界では、数百万トンともいわれるプラスチックごみが、海を汚し海の 生態系を崩して、生物も苦しめている。 日本の…

  • 自然を感じる習慣を大切にしたい

    何時に寝ても何時に起きてもいい、制限のない生活をしていると 夜は9時頃に眠くなって、3時か4時頃に目が覚める。最近は夏至の時期なので 朝は4時頃から少し明るくなってくる。少し明るくなってくると朝の散歩をする。 家の近所を歩いているが、最近は場所によって違う花の香りがしてくるので とても気分がいい。蒸し暑い日でも、早朝はそれほどまだ暑くないないので、 風などある日は快適である。 長いこと続けた朝の混んだ通勤列車やホームもなんだか遠い昔のようだ。 時間に追われて生活していた昔は、自然の美しさや変化に気づく暇もなかったし いつもこころは、向上心に囚われえて忙しくあった気がずる。 庭で家庭菜園をしてい…

  • 雨の日は、読書を満喫

    雨の日は、外でウォーキングもしないので、読書をする 最近は、スピリチュアル系の本や、歴史上の人物や小説を読んでいる。 数冊をパラレルに読むが、正岡子規についての本と小説は、夏目漱石の 「明暗」を読んでいる。たまたまであるが、子規も漱石も明治時代の人で 二人は、同じ東大の同級生で、子規が亡くなるまで親交があった。「明暗」は、文学的にも優れた小説で日本の文学者や小説家から推奨されて いる。人の心の有り様を、卓越した表現力であらわしているからだ。 そこには、日本人の他人の気持ちや評価を気にする文化が顕著にでている。 明暗の主人公のお延さんも夫のみならず、親戚の人にどう思われているか を異常なほど気に…

  • 本居宣長の奥墓を訪ねる

    松阪市に生れた、著名な国学者に本居宣長がいる 彼は、一生懸けて古事記伝を完成させた偉大な人である 72歳でなくなるまでの数十年かけて古事記伝を作成している 但し、医者の仕事をしながら、古事記や万葉集の国学を研究 していた。日中は、よく遠くまで歩いて往診していたらしい。 それも、往復で数十㎞もあるいていた。大変な健脚である。 晩年の60代には、和歌山の紀州藩の殿様に源氏物語や万葉集 の講義をするために和歌山まで1週間ほど歩いて数週間和歌山で 講義して大阪、京都を回って数週間かけて三重まで戻ってきて いる。 一日で30㎞以上歩く日もあったようだ。 同じ松阪に住む住人として、好きな偉人であるが、宣長…

  • 何かを学ぶために地球に生れてきている

    最近読んでいる、スピリチュアル系の本では、なぜ地球に生れてきたか について、地球で何かを学んで成長するために自分の意思で生まれて きているという。今が、病気していたり、人間関係で苦しんでいたり、 貧困であったりすることも、それを体験することを生まれるまえから 望んでこの地球にきている。 この世の体験をすべて受け入れてしまうことが、魂の成長につながる。 受け入れるとは、感謝するということで病気だろうが、嫌いな上司や 同僚だろうがそれを体験させてくれたことに感謝して、不平不満の 気持ちを持たない。 この境地に簡単になれる人は少ないと思うが、中村天風さんでさえ 朝晩と宇宙意識に感謝の気持ちを言葉に出…

  • もっと楽に生きよう

    スピリチュアルの本を読んでいると、地球が次元上昇の時期を迎えている とても稀な時期だということだ。我々は、太陽系の惑星にいるが、その太陽も 天の川銀河の所属して、銀河系の中で2万6000年周期で太陽系が動いている。 銀河系は横長の楕円形で、それを横に切った平面の位置に太陽系が位置する らしい。つまり1万3000年毎にこの平面に接することになる。このタイミング というからとんでもない稀なタイミングに今あるということだ。 宇宙的にみても惑星の次元で、次元上昇することは滅多にないという。但し、ポジティブな次元上昇の地球に進むか、ネガティブな地球に進むか は自分次第ということだ。 いつも罪悪感や、無価…

  • 人間は宇宙からの訪問者に遺伝子操作されたハイブリッドの存在らしい

    最近、スピリチュアル系の本を読んでいると、人間は地球への訪問者から 遺伝子操作されていることをのべている。 それが、30万年前ぐらいで霊的にも今より進化していた。 我々は、サルから人に進化して、物を使うことから技術を進歩させて 1万前より、1000年前より人類は、科学の進歩で物質的に今がいちばん 進歩していると思っている。 しかし、物質文明としては進歩しているところもあるだろうが、 精神面では、ブッダやイエスがいた2000年以上前より、決して進歩して いるとは言えないだろう。むしろ物質文明として進歩した分、退化して しまっているかもしれない。すくなくとも霊的な面はまったく退化して いるのだろう…

  • 反抗的な甥を立ち直をらせた良寛さん

    禅宗の昔のお坊様で良寛さんという方がいらした。 良寛さんは、東北地方の生まれで庄屋の家でお兄さんがいた お兄さんのご子息が、稼業をつぐことに反抗して、親の言うこと聞かなくて 荒れた生活をして困っているので、良寛さんに説教してくれと相談した。甥は、良寛さんからいろいろと言われるだろうと、会う前から身構えていて こう言われたら、こういってやろうと準備していた。 でも、会って話しをしても一向に叱られる様子がないし、世間話しで終わって いざ、帰るときに、甥っ子が良寛さんの草鞋のひもを結んでいるときに、 良寛さんが何もいわずに泣いているのを見た、その姿から自分のために泣いて くれているのが伝わってきて、…

  • 染色体を守っているテロメアの数で寿命が決まる

    染色体とテロメア人にはだれもが寿命がある。人が最大いきても120歳の寿命である これは、だえもが持っているテロメアの数で決まっているらしい。 テロメアは細胞の染色体の末端にあるが、それぞれの染色体が ばらばらにならないように守っている。 つまりこのテロメアが減っていくと細胞が死んでしまい寿命となる。テロメアは、誰もが生まれた時は、1万塩基対あるが、半分の5千になると 細胞が死んでしまい寿命をむかえる。平均で50塩基が減っていくので、 例えば100年で5000になって寿命になる。テロメアのまたの名を寿命の回数券といって、ガンや糖尿病、脳卒中などの 大きな病気になると、大きくテロメアを減らしてしま…

  • ワンレスという意識状態

    ワンレスとは、自然や宇宙と一体になった意識状態をいう 周りの人も、木も草も周りのものとの一体感を持ち、大いなる 愛にみたされた感覚になる。宇宙意識と一体になるようだ。最近、ワンレスの扉という本を読んだ。 フランスの男の人が書いたものだが、小さい時にUFOに遭遇してから 家の中で、宇宙人の気配を感じるようになり、大きくなってから ワンレス体験をされている。ワンレスを体験して、この幸福感を多くの人に体験してもらいたいと 日本でも先日、自分の体験を語るセミナーを開かれていた。 私も、とても興味があるので聞きに行きたかったが、知ったときは 終わったあとであった。次回チャンスがあれば参加してみたいと思っ…

  • サラダバーのトマトでお腹いっぱい

    たまにステーキ屋に行くが、休日は混んでいる人気店なので、平日のお昼に行った。 ステーキも美味しいが、野菜がサラダーバーで食べれるのが狙いでもある。メインディッシュを持ってくるまでの待ち時間でけっこうサラダを食べてしまう。 なかでも食材としては普段高いのであまり買わないトマトをもっとも多く食べてしまう。トマトで思い出すのが、ドイツ、オランダに出張した時の朝食だ ホテル朝の朝食は、どのホテルも定番の生ハムやソーセージやスクランブル エッグがあるのだが、野菜の代表格がトマトであった。 ヨーロッパでは、トマトが大量に食材に使わている印象がつよい。日本のホテルでは、生ハムがあるところが少ないが、ヨーロッ…

  • 平日に伊勢神宮へ行った

    平日の朝から伊勢神宮の外宮と内宮に参拝した 平日だけど通常より人が多いと思った。 参拝人数を見ると、ここ数か月の平均で一日数万人ぐらいで 休日になると2倍近く人が増えている。 やはり即位の礼があったので、伊勢神宮にお参りしたい人も 増えていいるのだろう。 外宮で本宮以外に別宮がいくつかあるので、少し脇道に入って それぞれの宮を参拝した。神宮では別宮も本宮と同じ待遇をされている と知って、別宮の神様が、宮は本宮ほど大きくないが、ほぼ同格にお祭り されていることに感動した。内宮は、おかげ横丁でお昼を取ってから参拝した 参道は、とても清々しい空気に満たされていてとても気持ちが良かった。 去年は、外国…

  • ゴルフの帰りにロードサービスのお世話になった

    ロードサービス三重のゴルフ場を3時前に出て、10分ほど走ったところで道に迷ったので、 道路わきの草むらでナビを再確認しようと車をよせたところで、側溝に車輪が落ちて しまった。側溝が草で覆われて全く見えていなかった。ほとんど、車の通行のない山の中の道路だったので、結構動転した。 最初に、自力で脱出できるか車を持ち上げてみようとしたがびくともしなかった。 左前輪だけ落ちたので、どうにかエンジンを吹かして無理やり出れないか試したが、 右後輪から煙がでたのでビビッて諦めた。後で調べてわかったが、後輪駆動なので 後輪タイヤが回転したときに、タイヤがグリップを奪って回転してタイヤの表面が 焼けたせいだ。ま…

  • 5月は潮干狩りにいこう

    三重の海岸で潮干狩り三重の海岸で夏は海水浴、4月5月が潮干狩りが 無料でできる海岸がある。そこに家内と潮干狩りに行った。 今年は、アサリよりバカ貝やはまぐりのほうがよくとれた。 と言っても、どれもそれほど大きくない。バカ貝は、砂を抜くのに時間がかかるし、アサリほど味がしないので 蛋白である。料理は味噌汁にして食べたが、毎年の恒例行事として 位置づけしている遠浅の海岸は、サンダルで浅瀬をどんどん沖に向かって歩いていけて、 足元の海水を肌で感じながら、透き通った海水の中を歩いているだけで 気持ちがいい。5月は海風も強すぎず、日差しや紫外線は強烈だが日焼け止め クリームでガードしているので、そんなに…

  • コレステロール値が高いと胆嚢石ができる可能性が高い

    コレステロールが原因の胆石が招く激痛!書道家の武田双雲さんが、8年前にお腹にはげしい痛みがきて 急性胆管炎で入院したことが新聞に書かれていた 原因は、胆嚢にできた胆石が胆管を詰まらせて炎症を起きたからだ この胆石はコレステロールの固まりである昔、父が同じ症状で入院して手術したことがあるので、知っていたが 1cmぐらい大きさのコレステロールの固まりを数個、手術が終わって から医者から見せられた。 コレステロール値が高いと、知らず知らずに胆石ができていると 考えると恐ろしいものだ。私も、会社生活の時は、単身赴任で外での外食が多くどうしても こってり系のものや揚げ物が好きでよく食べていた。 毎年の、…

  • 欧米の食事がガンの要因にもなる

    前立腺癌は今や80歳以上では、男で二人に一人が発症しているらしい。 高齢の父もその一人だ。遺伝要因が大きいが欧米の食事として肉食を主に 摂食してきたひとが高齢化に伴って発症するケースが多いらしい米国では、逆にガン対策として野菜食を多くとることを10年以上前から 政府が推奨してて、最近ではガン全体の発生率が低下している。 なぜ野菜を摂ると良いのかは、野菜の香り、辛み、苦みのもとである フォトケミカルが豊富に含まれているからだ。 フォトケミカルは、肉や食品添加物の摂りすぎで体内にできた活性酸素 を消す作用がある。フォトケミカルは、緑黄色野菜の色素成分のカロチノイド、ネギ類などの 香り成分や、大根な…

  • 連休最後の日もいつもと変わらない・・・。

    仕事をしていない私にとっては、連休最後の日もいつもと変わらない はずなのに、なぜか休みも今日で終わりという意識がもたげてくる。 おそらく、サラリーマン時代に連休の残りの日を指折り数えて、減って くるとだんだん憂鬱になっていたからだろう。猛烈に働いていたときは、そのような憂鬱さを振り払うために、出勤して 勝手に仕事(残業対象でない人だった)をしていた。 会社員のときは、あと何時間で休みがおわりかと思って、明日からの 仕事の段取りをしている自分がいた。世の中には、明日から仕事だと気合を入れる人、とにかく憂鬱で気合も 入らない人、明日を休むことを考えている3種類の人がいると思う。 ポジティブになれる…

  • 今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」もうすぐ10連休も終わりです 前半は、実家に帰省。 10連休に突入する前日の金曜日に新幹線で大阪から福岡まで移動した 1日違うだけでそれほど混んでいなかった。実家では草刈りと掃除で三日間を過ごした。 たまに行う草刈りは、外で行う作業として嫌いでない 中間は、天皇の退位と即位の礼をテレビを実家でみた 改めて、国民に寄り添ってきた上皇に畏敬の念をもった。 雅子皇后も愛子様も元気そうで何よりだ。これからの天皇も上皇のようであってほしい 後半は、自宅に帰って、近所をぶらぶらしたり、お昼に行きつけのレストランに行って サラダーバーでサラダをしっかり食べてたりした。…

  • 「私の生活習慣」

    トリプルヨーグルト×はてなブログ特別お題キャンペーン「私の生活習慣」 Sponsored by 森永乳業 早起きしてからの散歩と腹六分の食事が体調をよくしている 朝は、4時から5時の間に起きて、30分ほどのウォーキングをする。 朝早く起きるためではないが、早めに寝れば自然に早く目が覚める。会社に勤めているときは、夜の1時頃に寝て、朝は目覚ましの力を借りて ギリギリまで寝ていた。目覚ましが鳴ってからスムーズ機能で5分置き に何度かアラームが鳴っておきていた。その時の5分が一瞬であるが 1回でなかなか起きれなかった。慢性的な睡眠不足であったようだ。 今は、出勤の制限がないので、好きな時間に起きてい…

  • 久しぶりに家内が家に帰ってきた

    海外旅行と実家に行っていた家内が帰ってきた 海外旅行は従妹と行って、初めてのビジネスクラスで楽しかったようだ まだ、あまり話を聞けていないが久しぶりなのが新鮮でいいかもしれない仕事を辞めてからは、一緒に家にいる事が多いのでたまに別々に行動する のは、むしろあったほうがいいかもしれないこれから世間は10連休だが、いつも休みなのでほとんど関係ないが 仕事勤めのときの連休はあと何日休みと思いながら最後の休みの日は もう終わりかと思っていたのを思い出す子供が成長したあとも、夫婦二人でで仲良くいつまでもいたいものだと思う にほんブログ村

  • とにかく今日は歩いた

    朝、自分でおにぎりを作って、水筒と一緒にリュックに入れて 10時に家を出た。今日は、朝起きたときから外に出たい気分で 歩こうと思い立って準備した。出かける先も行き当たりばったりだが、だいたい田んぼの多いい 平地をあることに決めて、家から山の見える方向に歩きはじめた。 1時間ほどあるくと、あたりは1面は田んぼばかりになっていた。 これから田植えの時期のようであちらこちらで田植え機を動かし ているのが見えた。電車通勤して日中は会社で過ごす毎日を何十年 とやってきた人間にとっては、田植えをする姿をみるだけで、 季節やお米のありがたさが分かって感動した。この時期は、麦畑は一面青々として広大の麦畑も見て…

カテゴリー一覧
商用