住所
出身
ハンドル名
kazh00さん
ブログタイトル
なんでも自分でやってしまう2輪4輪好きブログ 誰でもできる
ブログURL
https://kazh00.hatenablog.com/
ブログ紹介文
何でも自分でやってしまおう、誰でもできる、のお手伝い。趣味のMTB マウンテンバイク(ダウンヒルレース エリートクラス)プレイバイク、スキー(モーグル)、バイク(オフロード等)、エクストリームスポーツ、車、その他気になっていること
自由文
-
更新頻度(1年)

33回 / 119日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2019/03/21

kazh00さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 07/16 07/15 07/14 07/13 07/12 07/11 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 966,631サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 340 520 560 700 510 480 610 3,720/週
車ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,559サイト
バイクブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,485サイト
自転車ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,761サイト
今日 07/16 07/15 07/14 07/13 07/12 07/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 60,814位 60,997位 61,166位 61,393位 966,631サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 340 520 560 700 510 480 610 3,720/週
車ブログ 圏外 圏外 圏外 735位 734位 727位 740位 9,559サイト
バイクブログ 圏外 圏外 圏外 1,392位 1,385位 1,377位 1,383位 11,485サイト
自転車ブログ 圏外 圏外 圏外 909位 894位 908位 919位 9,761サイト
今日 07/16 07/15 07/14 07/13 07/12 07/11 全参加数
総合ランキング(PV) 5,374位 5,235位 5,382位 5,372位 5,491位 5,450位 5,414位 966,631サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 340 520 560 700 510 480 610 3,720/週
車ブログ 98位 99位 101位 99位 103位 102位 98位 9,559サイト
バイクブログ 170位 169位 173位 172位 177位 178位 173位 11,485サイト
自転車ブログ 142位 139位 146位 141位 142位 144位 144位 9,761サイト

kazh00さんのブログ記事

  • ミステリーランチ(MYSTERYRANCH)ポケット追加 カスタム

    ミステリーランチ(MYSTERYRANCH)最高の品質、背負い心地、耐久性、機能性等により「究極のバックパック」と言われ、アメリカ特殊部隊などのミリタリー、消防、ハンター、登山家など過酷な状況で使用できるよう、プロフェッショナル向けにバックパック等を開発してきたアメリカのメーカーだ。 ミステリーランチ といえば、特殊部隊等で採用されている3日間の激しいミッションを想定した「3デイ アサルトパック」が有名だが、普段使いには大きすぎて重量も重い。そこで自分が使用しているものは、3デイを小型軽量化した、前回紹介した、お気に入りのバックパック、ミステリーランチ 1デイ アサルトパックだ。 重量は約半分…

  • ミステリーランチ ワンデイアサルトパック

    ミステリーランチ(MYSTERYRANCH)ってまだそんなにメジャーではないかもしれないが、最高の品質、背負い心地、耐久性、機能性等により「究極のバックパック」と言われ、アメリカ特殊部隊などのミリタリー、消防、ハンター、登山家など過酷な状況で使用できるよう、プロフェッショナル向けにバックパック等を開発してきたアメリカのメーカーだ。 現在は、一部フィリピンやベトナム製で価格を下げた一般向けのアウトドア商品も販売しているが、そちらはやはり価格を抑えるために素材のクオリティが下げられていたりする。 せっかくなので価格は結構高価だが、アメリカ、モンタナ州ボーズマンで職人の手作りで作られているアメリカ製…

  • ホイールのスポークが折れたので自分で交換

    MTB(自転車)のホイールのスポークが折れたので自分で交換してみよう。ダウンヒルやってると色々壊れるので、できる限り自分で修理。 スポーク1本を取り替えるだけだが、ハブの穴にスポークを通す必要があるため、カセットスプロケットと、ブレーキローターを外さないと作業できない。 シマノのハブにシマノのブレーキローター(センターロック方式)なので、まずは、ロックリング締め付け工具(カセットスプロケットの着脱に使うフリーホイルリムーバーと同じ工具)でセンターロックを外し、ブレーキローターを取り外そう。 次に、スプロケット戻し工具でカセットスプロケットを固定し、フリーホイールリムーバー(ロックリング締め付け…

  • ミステリーランチ ヒップモンキー HIP MONKEY

    ミステリーランチ ヒップモンキー (容量8L 重量0.3kg 寸法24cm×30cmx13cm 素材500D CORDURA®) ミステリーランチって知ってる? 最高の品質、背負い心地、耐久性、機能性で究極と言われ、アメリカ特殊部隊などのミリタリー、消防、ハンター、登山家など過酷な状況で使用できるよう、プロフェッショナル向けにバックパック等を開発してきたアメリカのメーカーだ。 現在は、一部フィリピンやベトナム製で価格を下げた一般向けのアウトドア商品も販売しているが、やはり価格を抑えるために素材のクオリティが下げられていたりする。 せっかくなので価格は高価(アジア製のものより倍以上高い)だが、ア…

  • ミステリーランチ フォーリッジャーヒップサック

    ミステリーランチ FORAGER HIPSACK (容量1.5L 重量0.15kg 寸法W26cmxH13cmxD5cm 素材500D CORDURA®) ミステリーランチって知ってるかな? 最高の品質、背負い心地、耐久性、機能性で究極と言われ、アメリカ特殊部隊などのミリタリー、消防、ハンター、登山家など過酷な状況で使用できるよう、プロフェッショナル向けにバックパック等を開発してきたアメリカのメーカーだ。 現在は、一部フィリピンやベトナム製で価格を下げた一般向けのアウトドア商品も販売しているが、やはり価格を抑えるために素材のクオリティが下げられていたりする。 せっかくなので価格は高価だが、アメ…

  • 最高のサングラス オークリー レーシングジャケット レンズ交換

    OAKLEY RACINGJACKET 今までもサングラスといえばオークリーを使用してきたが、今まで使用してしてきた中でも、一番のお気に入り、おすすめのモデルがこれ、レーシングジャケットだ。 相変わらず軽量で強度も問題なし、汗や水分でも滑らず逆にフィット感が増す、Unobtainiumイヤーソックス(ツル)、ノーズピース(ノーズパッド)や、歪みがないクリアな視界はさすがオークリー、もちろんレーシングジャケットにもこれらの性能は採用されている。 それでは、他のモデルと比べて何が良いかというと、簡単にレンズ交換が可能なスイッチロックシステム。これは、ノーズパッド部分を持ち上げてロック解除するとフレ…

  • 超軽量ダウンヒルハンドル Renthal FatBar V2 カーボンライザーバーを激安購入

    MTBダウンヒル用 軽量カーボンライザーバー レンサルファットバーV2 素材: UD カーボンファイバー 幅: 800mm バックスイープ: 7度 アップスイープ: 5度 ハンドル直径:22.2mm バークランプ径: 31.8mm ライズは10mmから40mmまで10mm刻みで設定されている。重量はなんと225g、アルミでも345gしかないが、さすがカーボンものすごく軽い。 以前もレンサルのカーボンハンドルをダウンヒルで使用していたことがあったが、ハンドル周りが軽くなり、振動吸収性もよく素晴らしいハンドルだった。そのあとはアルミのレンサルハンドルを使用していたが、アルミのカチッとした感触も嫌い…

  • MTB 超軽量ステム レンサルAPEX 激安で購入

    RENTHAL APEX ステム 40mm ライズ±6° 118g 31.8mm 定価15400円 マウンテンバイク用のショートステムでXC、オールマウンテン用ということだが、まあダウンヒルに使用しても大丈夫でしょう。 サイズは31〜90mmまで10mm単位で販売している。 製品精度もよく、超軽量の118g、何よりカッコいい。 レンサルファットバーと組み合わせるとこんな感じ。 ハンドルバーを取り付ける際は、下側のボルトをしっかり締めてから、上側のボルトを締めるので注意しよう。 素晴らしい商品だが、価格は定価で15400円と結構高価だ。しかし激安で購入できてしまった。どこで購入したかというとWi…

  • 自転車がすぐにパンクする1つの理由

    マウンテンバイク(MTB)でダウンヒルに行ったのだが、すぐにパンクする。修理しても、またすぐにパンクしてしまう。サスペンションのストロークが減ったためか、自分が下手になったのか、パンク修理を失敗したのか、チューブの劣化か、不思議で仕方なかったが。 理由は、最初の写真を見てみるとリムの内側にスポークを通す穴が空いているのが見える。この状態がいけなかった。すぐに気が付けばよかったのだが、この状態のままタイヤを付けて、チューブを入れてしまっていた。 恥ずかしいが、完全に素人ミスだ。原因はリムテープの付け忘れ。 このように、リムの内側にはしっかりリムテープを取り付けよう。これがないと、チューブが膨らむ…

  • 2020 FOX36 に交換したのでダウンヒルコース(富士見)で試してみた。

    R1.5富士見パノラマA前半DH(ブログ→ https://kazh00.hatenablog.com/) MTB(前後200mmストローク程の一般的なダウンヒルバイク)のフロントサスペンションを今まではダブルクラウン200mmストロークの物を使用していたが、軽量化とバイクのコンパクト化を狙って、FOX36 180mmストロークのシングルクラウンサスペンションに交換してみたので、富士見パノラマで試し乗りしてきた。 動画はAコースの前半、途中で動画が終わったのはフロントタイヤのパンクのためで、今回、フロントタイヤが数回パンクした、いつもパンクなんてしないのに、始めはサスペンションストロークが減っ…

  • FOX34 FOX36 におすすめのフェンダー(泥除け、マッドガード)

    MTB用サスペンションフォークFOX34 FOX36に、付属のボルト2本で取り付けられる、「SYNCLOS シンクロス トレールフェンダー」。軽量でなかなかカッコいい。 カラーはブラックとオレンジがあるみたい、価格は1800円ほど。 タイラップで取り付けるフェンダーもあるけど、マッドで乗るとサスペンションのフェンダーとあたっている部分が擦れて傷がついてしまい、そのうち塗装まで禿げてしまう。しかしこのフェンダーはボルトで固定されるので他の部分と接触しておらず余計な傷はつかないだろう。 写真のとおり、サスペンションのアーム裏側も完全にカバーされるため、アーム裏の泥詰まりも解消される。 まだマッドで…

  • MTB サスペンションとブレーキローターに合ったブレーキ台座が必要

    MTBのサスペンション、ダウンヒル用のダブルクラウンフォークや、エンデューロ、フリーライド、クロスカントリーなどのシングルクラウンフォーク、使用用途によってサスペンションストロークも様々ある。 その使用用途によって、推奨のディスクブレーキローター径がある。その径のブレーキローターを使用すれば、台座(ブレーキマウントアダプター)を使用することなくブレーキキャリパーを直接取り付けることが可能だ。 今回は、FOX 36を使用したため、推奨ローター径は180mmなので、180mmローターならそのまま付けられる。しかしシマノの203mmローターを使用したいため、写真のブレーキ台座が必要となる。(シマノ …

  • 専用工具がなくてもMTBにサスペンションを自分で取り付けできる。 FOX36

    今回は、自転車用のサスペンション(フロントフォーク)FOX36を、自分で取り付けてみた。ロックショックスでも、なんでも取り付け方は同じ。 まずは、コラムのカットだが、フレームの高さ(ヘッドパーツ含む)、ステムの高さ、ハンドル位置調整のためのスペーサーを入れる長さが必要なので、最低でもその長さが必要だ。その長さを測定したら、ステムやフレームを変更した時に今のパーツの高さより高さが高くなるとコラム長が足りなくなるので、少し長めに設定しておこう(あまり長いと格好悪いし、転倒した時胸に刺さって痛いので程々に)。 長さが決定したら、最初の写真の様に使わないスペーサーなどでガイドを作りその長さで切断する(…

  • 自転車整備にワークスタンド ミノウラ RS−5000

    自転車(MTB・ロード・ママチャリ等)、サスペンションのオーバーホールや修理、整備に大活躍するのが、作業台(ワークスタンド)。 今回紹介するのが、MINOURA アルミワークスタンド RS–5000 。 アルミ製で軽量コンパクトなため、レース会場に持ち込んで使用することも可能だ。 足の展開や、高さ調整はクイックレリーズ方式で工具なしで簡単に設置できる。自転車を掴む部分は、角度もレバーで調整でき、掴む間隔も調整可能なため、シートポスト、フレーム等、様々な場所をホールドすることができる。 写真は取り外した状態だが、工具皿も付属しており工具を吊るしたり、取り外した部品やネジなどを置いておくことができ…

  • ロックショックス サスペンションを自分でオーバーホールしてしまおう。

    MTBのサスペンション、ロックショックスのオープンバス方式(カートリッジではない方ね)のものならほぼ同じなので参考になると思う。因みにこれはリーコンのエアーサスペンション。 まずサスペンションからブレーキなど邪魔なものを外してしまおう。ステムと、スターファングルナットからボルトを外せば、サスペンションがフレームから抜ける。(すターファングルナットのボルトを外すと重みでサスペンションが下に抜け落ちるので注意。) サスペンション下側のリバウンド調整ノブを引っこ抜く。コンプレッションダイアルのスナップリングをスナップリングプライヤーで取り外しダイアルを取り外す。エアーサスペンションなのでエアーを完全…

  • MTBのヘッドパーツを自分でオーバーホール クリスキング

    自転車(フルサス マウンテンバイク)のフレームをオーバーホール(分解清掃)したのでヘッドパーツも分解清掃した。 高級ヘッドパーツ CHRIS KING(クリスキング) ステムとサスペンションを取り外すと写真の状態になるので、フレーム上側のヘッドパーツの上半分を取り外す。 写真を撮り忘れてしまったが、上半分のパーツは更に2つに分かれゴムシールが出てくるのでパーツクリーナーで綺麗に清掃しグリスを塗って元に戻しておこう。(パーツクリーナーはゴムを侵すものもあるのでゴムには長時間吹きかけない方が良い。) 次に、フレームに打ち込まれた上下のパーツからベアリングのシールを取り外す。クリスキングのヘッドパー…

  • フルサス MTBを自分でオーバーホールしてみよう。(フレーム編)

    性能維持や長持ちさせるために、自転車(MTB)も時々はオーバーホール(分解清掃)が必要だ。しかし自転車屋さんでやってもらうと結構高くつく。 自転車を分解するにはいくつか専用工具が必要だが、今後自分で整備して大切に乗っていくなら買って損はない。 今回はフルサスペンションのマウンテンバイクのフレーム関係を自分でオーバーホールしてみよう。ちょっと手間はかかるが意外と難しくないと思う。 当たり前だがまずはタイヤを外してしまおう。 次にクランクを取り外すが、クランクはBBと共に様々な規格があってそれぞれに合う工具が必要だが、今回はシマノホローテック。クランク根元の2つのボルトをヘキサゴンレンチで外す。次…

  • 最強の250 オフロードバイクは?自分が買うべきオフロードバイクはこれだ

    今まで、レースやツーリング等、様々なオフロードバイクに乗ってきた経験から(今でも乗っているが)、主に公道走行可能な250ccのオフロードバイクについて考察してみた。 現在、日本では輸入車を除いて公道走行可能な2サイクルの250ccオフロードバイクは、排ガス規制で新車販売していないので、どうしても2サイクルが欲しければ中古車を購入するしかない。 レースに出てみたい、レースに出る程ではないが林道などで遊んでみたい、ツーリングを楽しみたい、通勤等普段の足に使いたいなど、人によってバイクの使い方は様々だ。自分はどんなバイクを買えば良いのか迷っている方に少しでも参考になれば幸いだ。 まずおおまかにバイク…

  • おすすめプロテクターはこれ コミネSK–674セーフティジャケット

    バイク(モトクロス、ツーリング)、マウンテンバイク(ダウンヒル、クロスカントリー)、スキー、スノーボード、ジェット等、様々なスポーツに使用できる、上半身フルプロクションジャケット。沢山のメーカーから販売されているが、価格も安くおすすめできるのがこれ。 コミネ SK-674 プロテクター 胸部、肩、肘、背中(脊椎パッド)にプラスチックガードが付いており、オプションで、SK-674 ネックブレイスストリートが取り付け可能。 全体的にはメッシュ素材で大変通気性がよく、蒸れることはない。 脊椎パッドは、取り外し可能のため、そんなにハードなスポーツではない場合、取り外して更に気軽に使用することができる。…

  • MTBフラットペダル用シューズ スペシャライズド2FOのいいところ、悪いところ?

    もうすぐMTBのダウンヒルシーズンが始まるので、ダウンヒル、フラットペダル用シューズの紹介。最近使用しているのがこのスペシャライズド2FOだ。今まで使用していた、シマノやファイブテンのフラットペダル用シューズと比べながら紹介しようと思う。 最新の2FOは、どうもトレイル用の1.0とレース用の2.0と2種類に分かれた模様、トレール用はソールが柔らかいみたいだね。 自分の2FOは2種類に分かれる前のものなので、レース用2.0に近いと思う。 靴の特徴だが、まずアッパー部分、つま先部分は結構硬くなっており岩や木で足をぶつけてもプロテクション性能は高そうだ。プロテクション性能は、ファイブテンのダウンヒル…

  • アークテリクス カイヤナイト ジャケット 高機能ミッドレイヤー フリースってカッコいいのか

    フリースって軽くて暖かくて着ていて楽だけど、あんまりカッコよくない気がするのは気のせいだろうか? そこでおすすめなのがこれ、「ARC'TERYX カイヤナイト ジャケット」。 どんなジャケットかというと、前回紹介した、ノースフェイスのゴアテックスジャケット等の下に着て温度調整するミッドレイヤー、もちろんデザイン性も良いのでそのままアウターとして着ることも可能だ。 素材は、ポーラテック パワーストレッチ プロという高機能素材。軽くて、温度調整のための通気性、湿気コントロール機能があり、ストレッチも効いているので大変動き易く、長く着ていても何のストレスもない。 一番気に入っているのが、表面の加工。…

  • THE NORTH FACE RTG ジャケット ゴアテックス

    自分が愛用している、ほぼオールシーズン使えるお気に入りのアウターがこれ、「ザ・ノースフェイス RTG ジャケット」 最近、ノースフェイスも本格的な山岳用ではなく、街着的な比較的安価なモデルを出しているため購入する際は気をつけたいが、わかりやすいのは価格、やはり本格的なものは高価だ。もちろんこれは、ノースフェイス、ゴアテックスジャケットのハイエンドモデルで、プロのバックカントリースキーヤー、ボーダー、登山家、冒険家等にも使用されている。 素材は、ゴアテックスプロシェル(3層構造)で最も耐摩耗性の強い、防水浸透性素材が使用してあるため、容易に敗れることがなく、長期間使用できる。防水性はGORE T…

  • MTB GIANT GLORYってこんなダウンヒルバイク

    ダウンヒルバイク、ジャイアントグローリーの紹介、2016グローリーは全て27.5インチで、ADVANCED0(15.9kg)73万円・ADVANCED1(17.2kg)50万円・GLORY1(17.1kg)45万円と、使用パーツの違いで3グレードある(価格は税抜きね)。ADVANCEDの2グレードのみメインフレーム(前三角)がカーボン製だ。 そして自分のバイクは、中間グレードのADVANCED1。 上位機種との違いは、0は前後サスペンションがロックショックスの上位モデル、コンポがSRAM等、1はサスペンションがFOXのセカンドグレードモデル、コンポがシマノのセカンドモデル等の違い。 自分は、F…

  • MTB GIANT GLORYってこんなダウンヒルバイク

    ダウンヒルバイク、ジャイアントグローリーの紹介、2016グローリーは全て27.5インチで、ADVANCED0(15.9kg)73万円・ADVANCED1(17.2kg)50万円・GLORY1(17.1kg)45万円と、使用パーツの違いで3グレードある(価格は税抜きね)。ADVANCEDの2グレードのみメインフレーム(前三角)がカーボン製だ。 そして自分のバイクは、中間グレードのADVANCED1。 上位機種との違いは、0は前後サスペンションがロックショックスの上位モデル、コンポがSRAM等、1はサスペンションがFOXのセカンドグレードモデル、コンポがシマノのセカンドモデル等の違い。 自分は、F…

  • マックブック エアーのおすすめ保護ケースはこれ。Voviqi MacBook Air 2018 13.3 ケース

    MacBook Airの保護カバーを探していたが、条件は、軽量、丈夫、ノーマルのデザインを損なわない(クリアー)、安価。 それで見つけたのがこれ、「Voviqi MacBook Air 2018 13.3 ケース」。 超薄型、軽量のスリム設計で底部も放熱用の排熱口が開けてある。 ケースを装着したまま、USBポート、充電、イヤホン等、特に干渉することなく使用できた。材質もポリカーボネートなので強度は大丈夫だと思う。ゴムの足もしっかりついている。 透明度も高く、ノーマルのカラーは損なわない、取付は、パカっとはめ込むだけだが簡単に取れてしまうこともなく精度も良い。安価でシンプルなものを探している方に…

  • 野生のキツネが人に慣れている?

    ウイングヒルズスキー場からの帰り道、道路にキツネが歩いており、車を止めたらこちらに近づいて来た。 普通は逃げるのに、向こうから近づいてくるとは、車にも人にも怯えた様子はない。 多分、みんなが餌を与えているのでしょう? こうなると、そのうち車に轢かれてしまうだろうし、人の生活圏に入って来て、家畜、ペットや食べ物を食べるようになるでしょう。 野生動物に気軽に餌を与えるのはやめよう。

  • セロー250のエアクリーナーボックスを改造して、吸気効率アップ

    セロ−250FIの軽量化と排気効率アップのためエキパイとマフラーを交換した。排気効率がアップしたので当然吸気効率もアップしなければ意味がない。 そのため、エアクリーナーボックスに穴を空けて空気吸い込み口の拡大を実施。 写真左側のエアクリーナーを取り出す蓋にドリルで穴を開けるカスタムをよく見るが、エアクリーナーボックスのちょうど真ん中に仕切りがあってその下側を空気が通って吸気口から、左側のエアクリーナーに入っていく構造になっているため、左側(蓋側)の部屋の上に穴を開けると、空気の流れが荒れて吸気口率が逆に悪くなったりしないかと思い右側の部屋の上に穴をあけることにした。 最初から開いている吸気口も…

  • セロー250のリアフェンダーをモトクロッサー風にしてフェンダーレス仕様に!ついでにグラブバーも外して軽量化

    2018年新型セローになって、リアフェンダーが跳ね上がった今風の形になったが、その前の型は、折れ曲がった型でちょっと古臭いしその下についているナンバー等を取り付けるサブフェンダー、テールランプも大きくてカッコ悪い(これは新型もね)。 なので、自分で両方改良した。 セロー用フェンダーレスキットと言うものも販売されているが、フェンダー自体は別売りで、ものすごく高いので、新型セローの純正リアフェンダー(5C1–21611–21)を約4000円で購入し(さすが純正、無加工で取付可能)、LEDテールランプは3000円程で凡用品を購入して取り付けた(これはプラスチック部分を切り取ったりして加工が必要だった…

  • セロー250のフロントフェンダーをオフロードっぽく変更(流用できるのはこれ)

    セロ−250のフロントフェンダーって、後部がタイヤにくっついているダウンフェンダーなので、泥が詰まりやすいし、見た目もちょっとオフ車っぽくない。 そこで流用できるのが、ヤマハDT230ランツァの純正フェンダー(4GY-21511-00)6000円程で購入できた。 ノーマルのライトだとライト下の固定する足が刺さる穴をフェンダーに開ける加工が必要だが、社外品に交換しているので穴あけは不要。 ノーマルフェンダーはボルト4本でとまっているため、それを外し、ノーマルフェンダーのボルト穴に付いているカラーをランツァのフェンダーに付け替える。 次に新しいフェンダーを取り付けるが、この時、後ろ側のボルト2本を…

  • セロー250 軽量化 ヘッドライトカウル交換 ポリスポーツ LMX スタッグバー取り外し

    セロー250FIのヘッドカウル(ヘッドライトとカバー)を軽量化のため、ポリスポーツ LMX に交換した。 ついでに、ライトの下側についている、スタッグバー(崖から落ちそうになった時、バイクを引きあげる際に持つ鉄の取っ手)も取り外し。 スピードメーターを取り付けるボルトがとまるナットがスタッグバーに切ってあるため、バーを取り外すとメーターが固定できないので、M6ナットと20mmほどのワッシャーを2個ずつ用意しよう。 スタッグバーの重さが380g、純正ヘッドライトカウル(ライト含む)が860gで、ポリスポーツLMXが、プラスチックレンズカウルで715gなので。結構軽量化できた。 フロント周りは、フ…