searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

sdietさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
簡単・長続きダイエット
ブログURL
http://sdiet.info/
ブログ紹介文
食欲を抑える、代謝を上げるなど、簡単で長続く続けられる健康的なダイエット方法です。
更新頻度(1年)

9回 / 31日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2019/03/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、sdietさんの読者になりませんか?

ハンドル名
sdietさん
ブログタイトル
簡単・長続きダイエット
更新頻度
9回 / 31日(平均2.0回/週)
読者になる
簡単・長続きダイエット

sdietさんの新着記事

1件〜30件

  • 太りやすいデザート・太りにくいデザート

    ダイエット中にデザートを食べるなら、血糖値を上げにくい牛乳を使ったプリンやヨーグルト、寒天を使ったフルーツゼリーなどにします。ケーキやチョコレートを食べるなら、代謝が高い昼間に食べると太りにくいです。

  • クエン酸が糖質の吸収を緩やかに、脂肪の蓄積を防ぐ

    お酢や柑橘類の成分であるクエン酸には、糖質の吸収を穏やかにしたり、脂肪の燃焼を促進したり、コレステロールや中性脂肪を減らす効果があります。カルシウムや鉄など、ミネラルの体への吸収率を高める働きもあります。

  • 「朝食を摂れば太らない」は間違い!朝食を摂るときの注意点

    朝食を抜いて1日2食にすると、空腹時間が長くなり、体が軽い飢餓状態と感じて、脂肪を蓄えようとして太りやすくなります。また、朝食を食べなくても血糖値は上がり、高くなった状態で昼食を食べることになり、血糖値が急上昇してしまいます。

  • 青魚のEPAが痩せるホルモンを分泌・食べすぎを防ぐ

    サバ、アジ、イワシなどの青魚に含まれるEPAは、中性脂肪やコレステロールを減らして血液をサラサラにしてくれる成分です。また、体内で痩せるホルモンと言われる「GLP-1」の分泌を促し、食べすぎるのを防いでくれます。

  • 太ると味覚が悪くなる・痩せるには薄い味付けに

    濃い味は、ごはんが進みます。また、薄味に比べて糖質量も多いです。ソースや醤油を大量にかけるような行為は、味覚を悪くして、さらに濃い味を求めて、悪循環に陥ってしまいます。太っている人は、味覚が悪いとも言われます。

  • 牛乳は食事のGI値を低くする効果が抜群

    牛乳はコップ1杯で130kcalあり、カロリーが高めですが、食事のGI値を低くする効果が抜群で、炭水化物が好きな人にはうってつけです。たんぱく質が豊富でプロテインダイエットの効果もあり、不足しがちなカルシウムも摂れます。

  • 睡眠不足は食欲を増進させる・就寝前のスマホが太る原因に

    睡眠不足になると、食欲促進ホルモンが増加し、食欲抑制ホルモンが減少するため、食欲が1.25倍になると言われ、太りやすくなります。熟睡するにはメラトニンの分泌が必要で、寝る直前までスマホの画面を見るのはよくありません。

  • 油の摂取量を減らすには・太りやすい油と太りにくい油

    油は、摂りすぎると生活習慣病の原因になりますが、生きる上で必要な成分でもあり、ほとんど摂らないような食事制限はよくありません。油には、太りやすい飽和脂肪酸と、ダイエットに効果的な太りにくい不飽和脂肪酸があります。

  • ゴボウの食物繊維・イヌリンが中性脂肪を減らす

    イヌリンは、ゴボウやキクイモなどに含まれる水溶性の食物繊維で、トクホ食品にも使われている成分です。インスリンの分泌を抑えたり、腸内環境を整える働きがあります。便秘が解消すれば、代謝が上がって痩せやすくなります。

カテゴリー一覧
商用