プロフィールPROFILE

眉咲蓮さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
熟年男が妄想する官能ブログ小説
ブログURL
https://eromugen.xyz/
ブログ紹介文
画像は一切なし!文字の表現だけの『エロス』の世界。 読んで…男子も女子も、たっぷり濃厚な蜜を分泌してくれたら筆者の本望! 今日の、一番絞りはこのブログで!
更新頻度(1年)

25回 / 252日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2019/03/09

眉咲蓮さんのプロフィール
読者になる

眉咲蓮さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 全参加数
総合ランキング(IN) 34,736位 35,179位 35,330位 33,698位 35,827位 36,064位 36,007位 977,996サイト
INポイント 0 2 4 8 6 2 0 22/週
OUTポイント 6 20 14 14 14 18 10 96/週
PVポイント 26 90 114 120 82 132 68 632/週
大人の生活ブログ 234位 239位 242位 236位 244位 244位 242位 4,921サイト
恋愛小説(愛欲) 19位 18位 19位 20位 20位 19位 19位 389サイト
今日 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 37,310位 37,760位 41,363位 41,353位 42,211位 42,206位 41,382位 977,996サイト
INポイント 0 2 4 8 6 2 0 22/週
OUTポイント 6 20 14 14 14 18 10 96/週
PVポイント 26 90 114 120 82 132 68 632/週
大人の生活ブログ 388位 397位 424位 428位 437位 431位 436位 4,921サイト
恋愛小説(愛欲) 28位 29位 33位 33位 35位 35位 38位 389サイト
今日 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 全参加数
総合ランキング(PV) 10,880位 10,235位 10,256位 10,513位 10,695位 10,664位 10,895位 977,996サイト
INポイント 0 2 4 8 6 2 0 22/週
OUTポイント 6 20 14 14 14 18 10 96/週
PVポイント 26 90 114 120 82 132 68 632/週
大人の生活ブログ 124位 117位 117位 122位 125位 123位 128位 4,921サイト
恋愛小説(愛欲) 18位 18位 18位 19位 19位 18位 19位 389サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、眉咲蓮さんの読者になりませんか?

ハンドル名
眉咲蓮さん
ブログタイトル
熟年男が妄想する官能ブログ小説
更新頻度
25回 / 252日(平均0.7回/週)
読者になる
熟年男が妄想する官能ブログ小説

眉咲蓮さんの新着記事

1件〜30件

  • mikeの止まらない愛欲が花開く夜…④ /#15

    湯気がたちこめるバスルーム…前が全くみえないぐらいにその湯気の中から現れる、2人の男女お湯が溢れっぱなしのバスタブに、2人が入り豪快に湯が溢れ出す…武蔵『わぁぁーー!っ』優美『ひゃーはっはっ!』2人…湯舟の中で三角座りして向き合う頭にタオル

  • 主婦と青年…大人のままごと ③ /#14

    賑やかな街の外れの艶やかなネオンが光るホテル街肌に雫がかかったと思ったら、急に雨が降ってきた『最悪…』瞬く間に豪雨になり、びしょ濡れになる2人優斗は玲美子の手を引き、近くのホテルへ…『あ~ぁ…びしょ濡れになっちゃったね…』ソファーの上のマニ

  • 主婦と青年…大人のままごと ②(官能なし) /#13

    シャワーを終えた優斗が出てくると子供がお風呂から出てくるのを待ってかのようにタオルを持ってまっている…『おいで!拭いてあげる!』胸板の厚い、ラグビーもやっていたので現役を退いていても、たくましい優斗の肉体を眺めながら『いい身体しているよね~

  • 主婦と青年…大人のままごと ① /#12

    月曜日にお昼時…スーパーの駐車場で、ある人を待っている優斗遠くから、小さなキャリーバックを転がして優斗に向かって歩を進めてくる…そう玲美子であるニッコリ微笑みながら…ネイビーのサマーニットにタイトなスカート身体の線がきれいに浮かび上がったセ

  • 性の下克上…社内で起こる、女たちの内乱⑤ /#11

    朝日が差し込む…月曜の朝雀が鳴く声で目が覚める稔…横に寝ていたはずの千尋が居ないまだ覚め切っていない目をこすりながらダイニングルームへ行くと…キッチンに素っ裸のまま朝食の準備をしている千尋が居る『おはよう!』『おはよう』ジッと料理をしている

  • 性の下克上…社内で起こる、女たちの内乱 ④ /#10

    ある街の小さなハイツの前にキャリーバッグを転がしたスーツ姿の男…東京に向かうはずの彼は…部下である女性の部屋のチャイムを押している…『はーい!』『早かったのね!まだ食事の準備途中なの!』そういうと…稔の首の後ろに手を回し出迎えのキスの挨拶を

  • mikeの止まらない愛欲が花開く夜…④ /#10

    湯気が立ち込め、真っ白なもやがかかったバスルームジェットバスで泡だらけの湯舟で船を漕ぐように並んで湯舟に浸かっているmikeとtake髪の毛も洗い、身も心も許している優美頭に巻いたタオルから除くうなじをみながら『彼とはどうなの?』『うーーん

  • 性の下克上…社内で起こる、女たちの内乱 ③ /#9

    とある日曜日…晴れた日差しが差し込む静かな寝室…何年も連れ添った夫婦が生まれたままの姿で寄り添って寝ている目が覚めた稔は、昨日までの忙しさと疲れでグッスリ眠れたようでスッキリ頭の中も…こんな爽快な朝を迎えたのは久ぶり横には、何年も連れ添った

  • 性の下克上…社内で起こる、女たちの内乱 ② /#8

    雷雨のように来て…立ち去って行った、ひろみ…しばらく、茫然と…商談室で下着のまま…(あいつ…急に何なんだ!ここ十年近くはこんな事してこなかったのに…)残っている仕事を片付ける為、自分のデスクに戻る稔ひろみが来て、思わぬ時間を使ってしまった事

  • 性の下克上…社内で起こる、女たちの内乱 ①   /#7

    玲美子・稔・健人…それぞれの予定を語った翌日の土曜日稔は、残ってしまった仕事があり土曜出社誰もいないオフィスで一人『あらっ!坂崎部長!言ってくれればいいのに水臭い…私はあななたの右腕じゃないの?』『あ~吉田課長!これぐらいなら僕ひとりで十分

  • mikeの止まらない愛欲が花開く夜…③ /#6

    激しく肌を重ねあった2人は、ソファーに横たわり余韻がまだ残っているのか、グッタリとお腹動かし大きく呼吸をしている…『なんか、私だけ下着のまま何か恥ずかしいから脱いじゃおう!』『優美は変わってるね(笑)普通反対だろ?』『その前に…じゅくじゅく

  • mikeの止まらない愛欲が花開く夜…② /#5

    抱き合いながら…2人は1軒のホテルに吸い込まれてくmikeは無邪気な子供のように、沢山の並んだパネルから部屋を探す…『この部屋かわいいね…』ある有名キャラクターをモチーフにした部屋『うわぁ~…なんか明るすぎて落ち着かないなぁ…』『じゃぁ…こ

  • mikeの止まらない愛欲が花開く夜… /#4

    週明け稔が家を空けることにを知った玲美子は…優斗に連絡を、浮足立ちながら…<今度の月曜日、優斗の部屋に泊まってもいい?><!!えっホントに!><旦那が週明け居ないから…いい?彼女さんは大丈夫?><優美は最近会ってくれないから大丈夫!部屋きれ

  • 3つの情事の駆け引き… /#3

    優斗とお昼の激しい交わりで、まだ身体が熱い金曜日夜の食卓…健人もその日はバイトもなく、久しぶり3人揃って…稔『ママ!週明け東京に出張になった…』玲美子『あらっ!また急なのねぇ…』稔『うん、ホントは僕じゃなかったんだけど…予定していた子がいけ

  • お昼時の慌ただしい交わり… /#2

    旦那と息子が出て行ったあと…家事もそっちのけで一人で慰めていた玲美子お昼に優斗に会いに行くので下着姿のまま、急いで家事を始める…家事をしていてももぞもぞと…頭の中は常に快楽のことばかり…(わたし…どうかしちゃったのかしら…)掃除機をかける玲

  • 快感はいつでも…とめどもない性欲 /#1

    ピンポーン!『はーい!』『宅配便で~す!』『ごくろうさま!』ハンコを押し受領書を渡した手が、配達員の手に触れる『ありがとうございます!』帽子のつばを持ち、頭をさげる配達員…立ち去る配達員の顔はうっすらとニヤケた顔をしている…玲美子には、人を

  •  溢れる愛液…走り出した快感 /#17

    横たわるmikeの頭にピロー(枕)を敷き、そっとコンドームを手に取るtake口挟んで、封を切り…それを自分の開いた足越しに見つめる『慣れてるね…このゴムをつける時の空気が、少し冷めちゃうもんね(笑)』『そう?でもないよ…このつけているときの

  • 焦らしを楽しむ2人…初めてのフェラチオ/#16

    無邪気に火照った身体を揺らしながらベットに飛び込んだmike仰向けになると、足を閉じ両手で顔を隠して、takeを待ち構える先ほどまでの、緊張してかたくなった身体ではなく身も心も、余分な力が抜けたmikeの裸身後を追いかけてきたtakaは、ゆ

  • 快楽はあっけなく…大きな波にのってしまう /#15

    部屋の入口で唇を重ねあう2人mikeは立っていられないほど、身体から力が抜けていく持っていたカバンは床に落としてしまい脱力した両手はぶらりと…takeがやさしくmikeの腿から尻~背中へと撫でていくとそこからは、なんともいえない感覚がmik

  • 罪悪感と自己嫌悪を打ち破る出会い /#14

    takeと初めて会うことになった優美その日は、落ち着かなくソワソワと…会って直ぐにホテルに直行という約束なので普段、身に着けないであろう下着も購入してアンダーヘアーの手入れまでして待ちきれない衝動にかられ約束の15時までは、まだ30分以上も

  • https://eromugen.xyz/?p=147

    優斗と玲美子が頻繁に会うようになったころ優美は、優斗にセックスは気持ちよくないのか?と何度も聞かれたことに、ずっと考え込むようになっていた仲のいい友人に相談したら…身体の相性があるから、合ってないんじゃないとか気持ちいい?と聞くと『そりゃ、

  • 若い野獣と美魔女が接触した日‥男臭い香りで濡れる玲美子/ #10

    とある深夜のワンルームマンション薄暗い部屋の中で、男の荒い息遣いが…玲美子の存在が脳裏に焼き付いてしまった優斗は、ベットに横たわり硬くなったものを毎日しごき続けている…‥8月‥夏真っただ中の暑い日優斗は、少し遅い昼の休憩をスーパーの駐車場近

  • 若者の脳裏に刻まれた熟女の姿…妖艶な玲美子の姿を/ #9

    玲美子、優斗、それぞれの週末を過ごし玲美子は、思いもよらぬ週末を過ごし、優斗は彼女との週末も変わりなく‥いつもようにやって来る、週明けの月曜日夫に久ぶりに抱かれたとはいえ、優斗への想いは変わらず、意気揚々と優斗が居るスーパーへ足を進めるので

  • 若く弾ける果実…喜びをまだ知らない若者たち/ #8

    ギコギコギコ…暗闇から聞こえる、シングルのパイプベットに男だけの息遣いが聞こえる薄っすらとした部屋に、小麦色の張りのある胸が男が突くたび揺れている女は顔を横に向け、軽くシーツを掴んでいる男が果てると、思い出したように男を抱き寄せキスを求める

  • しわくちゃになったシーツの上で舞う…メスになった玲美子…/ #7

    豹変した玲美子がまだ脳裏に残りつつ稔は、何年かぶりに一緒に湯船につかっている…『久しぶりね…こんなにするの健人が生まれる前以来?』『そうだな…でも今日の玲美子は初めて見た…あんな意地悪そうな顔を見るのは(笑)』玲美子を前に、電車ごっこをして

  • 夫が豹変…ついていけない妻…玲美子だが…/ #6

    数年ぶりに…稔にイカされた玲美子…ぐったり、枕に顔を横に向けたままうずめお尻の先は、天井を向いたまま稔は、その突き上げた玲美子のお尻の間から覗くヘアーが濡れ、緩んだ花弁に力が抜け…あらわになった力が抜けた菊の門を眺めてる…そっと近づき、その

  • 結婚20年を前に、妻の性を再び開花させる…浮気夫の性癖/ #5

    数年ぶりに…交わりあった夫の稔と妻の玲美子…その翌週の週末…稔は、珍しくこの週も家に居る…息子の健人は慌ただしく、2階にあがったり降りたり『ねぇ母さん、去年買ってきたデニム何処にあるの?』『あなたの部屋のクローゼット…一番下の引き出しに入れ

  • 思わぬ事から…繋がった、夫の玲美子に対する性欲/ #4

    息子、健人の自慰行為を目撃しスーパーの若い店員、坂崎の存在で『女』が蘇ってきた玲美子あれから…旦那と息子が留守の間は、妄想して股間を濡らす日々そんなある週末の…土曜日健人は、週一回だけのバイトに朝から出かけ主人は土曜なにかと仕事の付き合いで

  • 抑えきれない性欲…主人と息子が居ない間に/ #3

    人生で初めて自慰行為をしてしまった玲美子罪悪感がふつふつと湧き出て濡らした股間を流すためにシャワーを洗濯機に下着を入れる前、白く汚れた自身の下着を見つめため息…をつく家族が帰る前に浴びるシャワーいつものように、身体を洗っていると敏感になって

  • 抱かれたい気持ちが蘇り…花弁から溢れ出す蜜/ #2

    息子の自慰を見てしまった時から忘れかけてた『女』を感じるようになった玲美子ヘアースタイルをアップにして…主人と付き合ってた頃主人が好きだったポニーテールを…眠れない日々が続き、朝も早く目覚める、時間に余裕が出来るからいつもは、お昼前にするメ

カテゴリー一覧
商用