chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
小日向白朗学会 HP準備室BLOG https://blog.goo.ne.jp/kohinatahakurouassociation

戦前・戦中中国で馬賊総頭目となった小日向白朗氏 戦後の功績 未だ歴史上隠されている”真の事実「米中国交回復と日中国交回復」”を広く世に知ってもらうための小日向白朗学会公式HP開設準備室BLOG

小日向白朗学会
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/02/28

arrow_drop_down
  • 「令和4年日本国国防方針」批判(第六回) -国防権のない日本の危険な外交と国防-

    8、仮想敵国ロシアと北方領土問題平成30(2018)年6月12日、シンガポールでアメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長及び国務委員会委員長による史上初の首脳会談が行われ共同声明が出されたことで、自民党と外務省が大混乱になったことを前回記載した。それに相応じるように三か月後の同年9月11日、ウラジオストクで開催された東方経済フォームではプーチン大統領が突如として「年内にいかなる前提条件も設けずに平和条約を結ぼう」と日本政府に提案した。この提案を受けて同年11月、シンガポールで日ロ首脳会談をおこなった。会談後、安倍首相は「日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させることでプーチン大統領と合意した」ことを明らかにしている。これで原則的に日ロ平和交条約締結が前進したことになる。日本とロシアの...「令和4年日本国国防方針」批判(第六回)-国防権のない日本の危険な外交と国防-

  • アメリカの国防戦略の中で日本の立ち位置は??~2022.10.27~

    昨年10月「国防戦略」NDSが発表されている。アメリカの国防意識というか、中国とロシアの脅威を強調し、同盟国、パートナー等との連携を強く意識していることが認められる。防衛優先事項としてこんな表現をしている。『安全保障環境のこれらの急速に進化する特徴は、侵略を抑止し、重要な地域で良好な勢力均衡を維持するのに役立つ米国の能力を損なう恐れがあります。中国は最も重要で体系的な課題を提示し、ロシアは海外の重要な米国の国益と本土の両方に深刻な脅威をもたらしている。・・・・・』さらに、アライアンスとパートナーシップとの項目の中で『・・・新しい運用コンセプトそして、世界中の統合軍を利用する私たちの能力』と述べ、インド太平洋地域について次のようにいう。『自由で開かれた地域秩序を維持し、力による紛争解決の試みを阻止するために...アメリカの国防戦略の中で日本の立ち位置は??~2022.10.27~

  • 「令和4年日本国国防方針」批判(第五回) -国防権のない日本の危険な外交と国防-

    6、2017年の衝撃前回まで、日本政府はRUSIが提案する危険な安全保障政策を採用したことまでを書いた。今回はその理由を纏める。そのためには、再度、RUSIJapanの沿革から考え直してみる。RUSIJapanは平成31(2019)年にそれまでの地域本部から日本特別代表部に格上げしたとしているが、その理由は述べられていない。RUSIJapanを特別代表部に格上げし早期の新日英同盟を締結することが急務となる何かの事情があったはずである。それも日本政府の事情による重大な変化があったということであろう。RUSIJapanが2019年に格上したということは、それ直前に世界規模で安全保障上の地殻変動があったからであろう。そのような変化といえば、2017年1月20日に第45代アメリカ大統領としてドナルド・ジョン・トラ...「令和4年日本国国防方針」批判(第五回)-国防権のない日本の危険な外交と国防-

  • 「令和4年日本国国防方針」批判(第四回) -国防権のない日本の危険な外交と国防-

    5、日本の安全保障の筋書きを作る英国王立統合国防安全保障問題研究所ところでコメンテーターとしてテレビに出演する防衛省防衛研究所政策研究部長兵頭慎治には国民に知られていない裏の顔がある。それは彼らが英国王立統合国防安全保障問題研究所(RoyalUnitedServicesInstituteforDefenceandSecurityStudies、略称RUSI)と深い関係があるということだ。兵頭自身も2007年に英国王立統合国防安全保障問題研究所(RUSI)客員研究員をしていたと経歴書に記載していることから間違いない。その他に兵頭は、2019年から「内閣官房領土・主権をめぐる内外発信に関する有識者懇談会委員」だというのである。これは、平成25(2013)年4月、国際関係・国際法・歴史研究などに造詣の深い有識者...「令和4年日本国国防方針」批判(第四回)-国防権のない日本の危険な外交と国防-

  • 「我が祖国の安全がしっかりと保証されるということだ。」~もう片方の言い分~

    2月24日ロシアがウクライナを侵攻する直前に、ロシア国営テレビはプーチン大統領の国民向けの演説を放送した。(出所:NHK2022年3月4日)≪NATOの“東方拡大”への危機感≫親愛なるロシア国民の皆さん、親愛なる友人の皆さん。きょうは、ドンバス(=ウクライナ東部のドネツク州とルガンスク州)で起きている悲劇的な事態、そしてロシアの重要な安全保障問題に、改めて立ち返る必要があると思う。まずことし2月21日の演説で話したことから始めたい。それは、私たちの特別な懸念や不安を呼び起こすもの、毎年着実に、西側諸国の無責任な政治家たちが我が国に対し、露骨に、無遠慮に作り出している、あの根源的な脅威のことだ。つまり、NATOの東方拡大、その軍備がロシア国境へ接近していることについてである。この30年間、私たちが粘り強く忍...「我が祖国の安全がしっかりと保証されるということだ。」~もう片方の言い分~

  • 「令和4年日本国国防方針」批判(第三回) -国防権のない日本の危険な外交と国防-

    一、「令和4年日本国国防方針」の戦略は何か3、林芳正外務大臣の発言意味するところ林の発言を吟味し「令和4年日本国国防方針」で仮想敵国をロシア、中国、北朝鮮とした理由を探ってみる。林は「……一方的な現状の変更の試み……」が成されたことから「……(世界にとって)一層安全保障環境は厳しさを増す中で、外交・安全保障双方の大幅な強化が求められております……」としている。これを言い換えるならば「ロシアがウクライナに侵攻したことから、これまでの日本周辺にある安全保障上の問題も含め、今後一層の外交及び防衛力の強化が求められる」ということになる。ここで林は、名指はしないもののロシアが国際法をおかしウクライナを侵略してドネツクなどのウクライナ領を不当に併合するという「……一方的な現状の変更の試み……」があったことが「日本の安...「令和4年日本国国防方針」批判(第三回)-国防権のない日本の危険な外交と国防-

  • 「令和4年日本国国防方針」批判(第二回) -国防権のない日本の危険な外交と国防-

    一、「令和4年日本国国防方針」とは何か「令和4年日本国国防方針」の核心部分である戦略とは何かを探ってみる。令和4年9月22日、内閣総理大臣岸田文雄が「国力としての防衛力を総合的に考える有識者会議」の開催を決定した。この告示を受けて、同有識者会議は、開催決定から僅か一週間の令和4年09月30日には開催される運びとなった。第一回目の会議には、有識者として上山隆大、翁百合、喜多恒雄、園部毅、黒江哲郎、佐々江賢一郎、中西寛、橋本和仁、山口寿一が、政府側として岸田内閣総理大臣.木原内閣官房副長官〔官房長官代理〕、林外務大臣、鈴木財務大臣、浜田防衛大臣等が出席した。冒頭、木原内閣官房副長官より同会議の開催趣旨について説明がった。その要点は次の通りであった。『……我が国を取り巻く厳しい安全保障環境を乗り切るためには……...「令和4年日本国国防方針」批判(第二回)-国防権のない日本の危険な外交と国防-

  • 「令和4年日本国国防方針」批判(第一回) -国防権のない日本の危険な外交と国防-

    はじめに昭和45(1970)年9月15日、小日向白朗は、アメリカ国家安全保障会議(UnitedStatesNationalSecurityCouncil、略称NSC)の招きに応じパスポートも持たずに横田空軍基地から渡米した。NSCが白朗に訪米を要請したのは、泥沼化したベトナム戦争を終了させるためにその鍵を握る中国と接触を図る糸口を見つけ出すことをキッシンジャー(HenryAlfredKissinger)に命じられていたからであった。しかしアメリカ国内には、ニクソン政権が進める中国とのデタント(Détente)に抵抗する勢力があった。その対抗勢力と同調する岸信介、賀屋興宣、佐藤栄作ら台湾ロビーは直ちに行動を開始した。白朗が訪米すると、その行動を訝った岸信介は後を追うようにワシントンに到着し反ニクソン派の巨頭...「令和4年日本国国防方針」批判(第一回)-国防権のない日本の危険な外交と国防-

  • 統一協会お忘れなくって意味でごく一部だけ~共同通信政治家712人アンケート、583人回答~2022年8月~

    ■芳賀道也/はがみちや/無所属/参・山形1、献金、パーティー券購入の有無:ないその時期や金額、趣旨:―2.選挙活動への支援の有無:ないその支援の内容:―3.集会への出席や祝電の有無:ないその名称や目的、経緯:―4.政治家の支持表明への考え:信教の自由は民主主義国家において守られるべきだが、いわゆるカルト集団や反社会的行為を行う団体を支援したり利用したり、または利用されたりすることがあってはならない。ただ、今回のことで、まじめな宗教者や真に人の幸せを願う真っ当な団体までもがいわれなき非難を受けることがあってはならない。■萩生田光一/はぎうだこういち/自民/衆・東京24区1.献金、パーティー券購入の有無:『ない』と『分からない、答えられない』の複数回答その時期や金額、趣旨:組織・団体からはないが、支援者個々の...統一協会お忘れなくって意味でごく一部だけ~共同通信政治家712人アンケート、583人回答~2022年8月~

  • ≪協定≫にご注意!!!

    円滑化協定(RAA)、という言葉、政治に疎い私は初めて耳にした。英国で岸田さんが締結したということらしいけれど、つい一週間前にはオーストラリアとも電話で(?)RAA結んじゃっているらしい。簡単なものだ、いや手続きが簡単ということだが。何も国民にその心を問う必要などはない。電話や雑談の折に結んじゃえ―ってなものなのだろうか。協定、と言えば日米安保と同時に結んだ行政協定、岸さんが地位協定ということで改定しているが、これも中身はほとんど民意を反映することなどはない。というか、中身を知らされていないという方が正しい。「密約」とまではいわないが、「条約」といった形式ばった所や法的制約がないだけに簡単に結んじゃう。それで、自衛隊員が紛争地に派遣されちゃう、なんてことはあり得ないはずであろうけれど。でも調べようとすれば...≪協定≫にご注意!!!

  • 浅沼稲次郎氏の演説~政治協商会議講堂における講演 一九五九(昭和三十四)年三月十二日 社会党第二次訪中使節団々長として

    中国の友人の皆さん、私はただいまご紹介にあずかりました日本社会党訪中使節団の団長浅沼稲次郎であります。私どもは一昨年四月まいりまして今回が二回目であります。一昨年まいりましたときも人民外交学会の要請で講演をやりましたが、今回はまた講演の機会をあたえられましたので要請されるままにこの演壇に立ちました。つきましては私はみなさんに、日本社会党が祖国日本の完全独立と平和、さらにはアジアの平和についていかに考えているかを率直に申しあげたいと存じます。(拍手)一今日世界の情勢をみますならば、二年前私ども使節団が中国を訪問した一九五七年四月以後の世界の情勢は変化をいたしました。毛沢東先生はこれを、東風が西風を圧倒しているという適切な言葉で表現されていますが、いまではこの言葉は中国のみでなく世界的な言葉になっています。い...浅沼稲次郎氏の演説~政治協商会議講堂における講演一九五九(昭和三十四)年三月十二日社会党第二次訪中使節団々長として

  • 行政協定からみた1955年の保守合同 ―自民党結党とは行政協定を順守して秘密を守ることー

    昭和30(1955)年11月15日、日本の保守政党であった自由党と日本民主党が合同し、自由民主党を結成した。この裏には、アメリカCIAが緒方竹虎(コードネーム:POCAPON)を通して保守合同を働きかけていたことが吉田則昭著『緒方竹虎とCIA』(平凡社,2012.5)で明らかになっている。その直接の原因は、社会党左右両派が昭和30(1955)年10月13日に社会党(鈴木茂三郎委員長、浅沼稲次郎書記長)を再統一したことであった。昭和26(1951)年当時の社会党は、サンフランシスコ講和条約を巡って、講和条約賛成派の社会党右派と講和条約反対派の社会党左派に分裂していた。その後、保守政権による再軍備や改憲に対抗するために反対運動を推進した社会党左派が選挙毎に議席をのばしていたが、社会党右派は党内の対立があって明...行政協定からみた1955年の保守合同―自民党結党とは行政協定を順守して秘密を守ることー

  • 異次元の少子化対策って新「産めよ殖やせよ」なのか~岸田総理年頭記者会見~

    2023年1月4日岸田総理の年頭記者会見のなかで、こんなお話が出ている。・・・・・先ほど私は伊勢神宮に参拝し、国民の皆さんにとって今年がすばらしい1年になるよう、また、日本、そして世界の平和と繁栄をお祈りしてまいりました。今年の干支(えと)は、「癸(みずのと)卯(う)」です。「癸卯」の「癸」は、十干の最後に当たり、一つの物事が収まり、次の物事へ移行する段階を、そして「卯」は、「茂(しげる)」を意味し、繁殖する、増えることを示すと言われています。この両方を備えた「癸卯」は、去年までの様々なことに区切りがつき、次の繁栄や成長につながっていくという意味があると言います。私は、本年を昨年の様々な出来事に思いをはせながらも、新たな挑戦をする1年にしたいと思います。・・・・・素晴らしいことではないか。「繁殖、増える」...異次元の少子化対策って新「産めよ殖やせよ」なのか~岸田総理年頭記者会見~

  • 防衛力の抜本的強化~防衛省提出資料~

    防衛力の抜本的強化~防衛省提出資料~

  • 昭和27年締結「行政協定」からみた岸田内閣総理大臣訪米の目的 -台湾有事に参戦させられる自衛隊-

    2023年1月3日付け朝日デジタルに『岸田首相、ラジオで「米国の役割果たしてほしい」早期訪米にも意欲』とする記事が掲載された。『……岸田文雄首相は3日の文化放送のラジオ番組で、「今年早いうちに日米同盟の強化、確認のためにも米国に行きたい」と述べ、早期訪米に改めて意欲を示した。日本の防衛力強化について「米国にも理解してもらい、日米同盟に基づいて米国の役割をしっかり果たしてもらいたい」と語り、それぞれの役割をバイデン米大統領と確認し、信頼関係を高める考えを強調した。番組は昨年12月19日に収録された。首相は「(バイデン氏に)防衛力強化のありようについてしっかり説明する。日米同盟の抑止力・対処力を高めることにつながるので、米国にもしっかり協力してもらいたい。こうした確認をすることは大事だ」と話した……』岸田総理...昭和27年締結「行政協定」からみた岸田内閣総理大臣訪米の目的-台湾有事に参戦させられる自衛隊-

  • 日米安保と同時に締結された「行政協定」~~えっ!?司法まで売り飛ばしていたって!?

    国立公文書館に行政協定に伴う各種文書が保存されている。ほとんど極秘の印が押されているらしい。そのなかから、第17条(行政協定)、第18条(行政協定)という部分を散見すると、こんな文章が見られる。≪・・・・合衆国の軍事裁判所および当局は、合衆国軍隊の構成員及び軍属並びにそれらの家族が日本国内で犯すすべての罪について、専属的裁判権を日本国内で行使する権利を有する。・・・・・≫≪・・・・・日本国の当局は、合衆国軍隊が使用する施設及び区域外において、合衆国軍隊の構成員若しくは軍属又はそれらの家族を犯罪の既遂又は未遂について逮捕することができる。しかし、逮捕した場合には、逮捕された一又は二以上の個人を直ちに合衆国軍隊に引き渡さなけければならない。‥・・・≫そういえば思い当たるふしはいっぱいあるのではないだろうか。日...日米安保と同時に締結された「行政協定」~~えっ!?司法まで売り飛ばしていたって!?

  • 指揮権論議の経緯~~70年前くらいにかくも論議されていたものの~~何がどうよくなった?≪資料編≫

    1.第19回国会衆議院外務委員会第1号昭和28年12月11日140並木芳雄○並木委員次に陸軍、海軍、空軍の三軍の統帥権の問題でございます。三軍の統帥権については、現在の憲法下ではあるいは国会にあるのではないか、あるいはいな、それは総理大臣にあるのだ、あるいはまた現在の憲法ではその点がはつきりしておらないのだ、だから新たに規定を設けなければ、統帥権というものは出て来ないのだろうというように、説がいろいろあるようでございます。この際、三軍の統帥機関などの問題が出ておりますから、はつきり政府として、現憲法下において統帥権の所在は何人にあるのか、その点を解明していただきたいと思います。141佐藤達夫○佐藤政府委員統帥権という言葉自身、私あまり好みませんので、統率権という言葉でお答えをさせていただきますが、元の統帥...指揮権論議の経緯~~70年前くらいにかくも論議されていたものの~~何がどうよくなった?≪資料編≫

  • 国防権、航空権、電波権を売り飛ばした自民党(吉田茂)シリーズ、「電波権」についても近く投稿へ

    1971年7月号の富士ジャーナルという雑誌に、「台湾解決でアメリカに招かれた元馬賊王」という特別インタビュー記事が掲載されている。「講和で売渡した密約とは」という小見出しの中で、次の文書が読み取れる。『・・・・復興資金30億ドルの借りも背景にあってか、講和条約を結ん時に、吉田さんは日本の航空権、国防権、電波権を売り渡し、その自由使用をアメリカに認める特別覚書きを秘かに入れているんだ。今年の4月26日にニューヨークタイムズが“核戦力の通過問題”の密約説を発表したが、それはその中の一つにすぎない。・・・・・』現代史を語るときの常識として心にとめておいていただきたいものである。(文責:吉田)国防権、航空権、電波権を売り飛ばした自民党(吉田茂)シリーズ、「電波権」についても近く投稿へ

  • 自民党がアメリカに譲渡し続けている『航空管制権』

    昨年末、筆者は「自衛隊の指揮権をアメリカに委譲し続けた自民党」で日本の国防権が、自民党結党以来現自在に至るまで延々とアメリカに売り渡され続け、それが「日本の安全保障だ」と国民をだまし続けてきたことを報告した。併せて自民党が「日本の安全保障」と称して日本の国権を売り渡したことに対してアメリカのご褒美が自民党をして政権与党であることを許されてきたことも明らかにしてきた。小日向白朗は『富士ジャーナル』1971年7月号で、日本政府はアメリカに「自衛隊の指揮権」(国防権)、「航空管制権」、「電波権」を売り渡していたことを告発していた。それから50有余年。いまだその本質は藪の中で、国民の目に晒されることはないばかりか、急激な軍拡や、日本周辺の有事が事あるごとに喧伝されることとなった。急激な軍拡が地域バランスを失うこと...自民党がアメリカに譲渡し続けている『航空管制権』

  • 横田空域の返還=都庁HPから~~~~衆議院公開情報から赤嶺氏の質問主意書~~~~

    横田空域の返還米軍が管理する横田空域は1都9県にまたがる広大な空域です。首都圏の増大する航空需要に対応し、より安全で効率的かつ騒音影響の少ない航空交通を確保していくためには、横田空域を全面返還させ、首都圏の空域を再編成して、我が国が一体的に管制業務を行うことが不可欠です。都は、横田空域及び管制業務の早期全面返還の実現と、同空域の活用による首都圏空域の効率的な運用を国に働き掛けていきます。お問い合わせ先都市基盤部交通企画課航空担当直通03-5388-3288Copyright(C)2017TokyoMetropolitanGovernment.AllRightsReserved.・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・質問本文情報平成十八年二月十日提出質問第六一号米軍横田空域の返...横田空域の返還=都庁HPから~~~~衆議院公開情報から赤嶺氏の質問主意書~~~~

  • 自衛隊の指揮権をアメリカに委譲し続けた自民党 -改憲に動きだすと宣言した萩生田政調会長-

    筆者は、これまで「小日向白朗学会ブログHP準備室BLOG」に二度(2022-10-03、2022-11-18)渡り、萩生田政調会長の動きから政権与党自民党の国会議論の方向に付いて見通しを寄稿してきた。今回も年末ではあるが萩生田政調会長の動向から、今後(令和5年以降)の国会論議の行方を緊急に寄稿することにした。まず、最近の萩生田の言動から確認しておく。2022年12月25日朝日新聞デジタル版に「自民・萩生田政調会長防衛増税、「国民に判断をいただく必要ある」とする記事が掲載された。『自民党の萩生田光一政調会長は25日のフジテレビの報道番組で、防衛費増額のための増税について、「明確な方向性が出たときには、いずれ国民の皆さんにご判断いただく必要も当然ある」と述べた。具体的な実施時期などが決まった場合は、衆院解散・...自衛隊の指揮権をアメリカに委譲し続けた自民党-改憲に動きだすと宣言した萩生田政調会長-

  • 小説 小日向白朗 熱河に駆ける蹄痕」原作者 織江耕太郎のインターヴュー記事が、12/20 新潟日報紙 朝刊 県央地域で掲載

    新潟三条市出身の小日向白朗を書いた「小説小日向白朗熱河に駆ける蹄痕」の原作者織江耕太郎氏の新潟日報紙インターヴュー記事が、12/20の朝刊県央地域で掲載されています。是非、読んで下さい!小説小日向白朗熱河に駆ける蹄痕小説小日向白朗熱河に駆ける蹄痕十六歳で単身日本を脱出し、中国大陸にわたり満洲を目指した小日向白朗。誰かが通ったルートを辿るのではなく、未踏の地を歩くことを決意し、奉天で坂西利八郎閣下を紹介さ...紀伊國屋書店ウェブストア|オンライン書店|本、雑誌の通販、電子書籍ストア小説小日向白朗熱河に駆ける蹄痕」原作者織江耕太郎のインターヴュー記事が、12/20新潟日報紙朝刊県央地域で掲載

  • 緊急事態条項・・・・ワイマール憲法崩壊とナチス台頭=愚行の歴史は何度も繰り返す

    国民民主党が緊急事態条項をまとめたそうだ。これからも出てくるだろう。14年で崩壊したワイマール共和国を連想する人もいらっしゃるだろうか。もともとの安全保障論議を尽くさずしてニュー体制の構築を狙っているのは、何も自民党や統一教会の改憲案などだけではない。イギリス型地政学論議に毒されたインド太平洋防衛やAUKUS等々、さらに新日英同盟を体制強化し、欧米圧力に積極コミットしていきたい勢力が徐々に目立ち始める季節になってきている。増税による軍事予算の確保だけではなく憲法をいじくり回して国民総動員機運を盛り上げようとする勢力が、100年ほど前に見た景色を再現させようとしている勢力がいるようだ。欧米でも中ロでもない我が国の大地に根付いた市井の人達こそが国家の主権者であることを思いだす必要があろう。白朗が目指した本当の...緊急事態条項・・・・ワイマール憲法崩壊とナチス台頭=愚行の歴史は何度も繰り返す

  • 詐学~地政学~に惑わされる国際政治

    Wikipediaによると・・・・≪地政学は国際政治を考察するにあたってその地理的条件を重視する学問である。19世紀から20世紀初期にかけて形成された伝統的地政学は国家有機体説と環境決定論を理論的基盤とし、ドイツ・イギリス・日本・アメリカ合衆国などにおいて、自国の利益を拡張するための方法論的道具として用いられてきた。・・・・・1980年代以降に勃興した批判地政学は地理に関する政治的言説そのものを研究対象とする学問であり、ある空間に対する政治的イメージがいかに構築されるかについて論ずる。≫などと説明されている。もともと生物学者でダーウィンの影響を強く受けたドイツのフリードリッヒ・ラッツェル(1844-1904)が国家有機体説を言い出したらしい。まだ、この時は地政学(geopolitk)という言葉はなかったよ...詐学~地政学~に惑わされる国際政治

  • 4月9日の牛久散歩ツアー~大野芳氏のお話し~

    もうすでに8か月近く前になってしまいますが、4月9日にかっぱ村の方たちが河童ゆかりの街・牛久散歩ツアーに出掛けたとのことです。大野芳氏が1975年に開村した「かっぱ村」は当初は日本浪漫派の文豪である中河与一氏を村長にスタート、氏の没後は言い出しっぺの大野氏が二代目村長となった経緯があります。中河与一氏の「天の夕顔」についてはまた後日論じることもあろうかと思いますので今回は割愛。つい最近、大野芳氏の残された諸資料原稿等々の管理一切を託されている高橋氏からお手紙をいただいたのです。と同時に「かっぱ村公報」をたくさん送っていただきました。これも白朗学会が管理する大野芳文庫の資料の一つとさせていただきます。私信ではありますが、高橋氏の許可を得て若干公開させていただきます。『・・・・大野さんが最後の“遠出”となった...4月9日の牛久散歩ツアー~大野芳氏のお話し~

  • 映画『アンタッチャブル』を地で行く統一教会という犯罪者集団(2) ―統一教会を犯罪者集団と断定した「フレーザー委員会」報告書―

    はじめに2022年11月28日に『映画『アンタッチャブル』を地で行く統一教会という犯罪者集団(1)-「内部告発者を裏切り者として刺殺未遂」、脱税、国体破壊等の犯罪-』を寄稿した。この中で統一教会は、元世界日報編集局長だったの副島嘉和氏が統一教会の内部告発を行ったことから文鮮明の怒りを買い刺殺未遂事件を起こしたことを紹介した。この刺殺事件からもわかる通り統一教会は宗教法人という仮面をかぶった犯罪集団だと述べてきた。昨今の国会論議の中で統一教会の扱いはと云うと、依然として「か弱い宗教者」の扱いである。国会論議の中で統一教会を真正面から犯罪者集団であるとする意見は意外に少ない。無論、自民党国会議員の半数以上が統一教会の影響下にあって、背乗り(はいのり)状態であることから致し方のないことかもしれない。筆者が調べた...映画『アンタッチャブル』を地で行く統一教会という犯罪者集団(2)―統一教会を犯罪者集団と断定した「フレーザー委員会」報告書―

  • 『文藝春秋』1984年7月号( 134-151頁) これが『統一教会』の秘部だ 世界日報事件で『追放』された側の告発

    昭和59年6月2日に起きた刺殺未遂事件の引き金になったとも推察される被害者副島嘉和氏の告発文が大手メディアである文芸春秋の1984年7月号に掲載された。たまたまネット上に露出しているのを見つけたので、いわば忘備録的な記録として掲載させていただく。出所は下記にあるように朴正華氏の『六マリアの悲劇・真のサタンは、文鮮明だ!!』というサイトである。これを見ると、副島氏のジャーナリストとしての感覚は高く評価されてよいのではないかと思う。もしもであるが、文鮮明氏が副島氏についてその新聞人としての経営感覚を高く評価して世界日報の運営編集を任せていたら、世界日報紙はおそらく朝日、毎日、読売、日経、サンケイの主要5紙を凌ぐクォリティペーパーに成長していたに違いない。なぜなら主要メディアがタッチできないような中枢の政治暗部...『文藝春秋』1984年7月号(134-151頁)これが『統一教会』の秘部だ世界日報事件で『追放』された側の告発

  • 映画『アンタッチャブル』を地で行く統一教会という犯罪者集団(1) -「内部告発者を裏切り者として刺殺未遂」、脱税、国体破壊等の犯罪-

    映画『アンタッチャブル』は、禁酒法時代のアメリカ・シカゴを舞台に、正義のためにギャングのボスであるアル・カポネを逮捕しようとするアメリカ合衆国財務省捜査官たちのチームの戦いの日々を描いた1987年公開の実録映画である。エリオット・ネスを演じるケビン・コスナーの拳銃さばきには目を見張るものがあるが、宿敵アル・カポネを演じるロバート・デニーロも演技としては大変に素晴らしく映画ファンなら忘れられない逸品だ。映画なら、もちろん、大歓迎であるが、この日本で実際にマフイア同様の事件が起きていた。昭和59(1984)年6月2日に、世界日報の編集局長だったの副島嘉和氏が世田谷代田駅から帰宅途中の午後8時40分頃に韓国空手の使い手に襲われ、左側頭部、左上腕部、左首筋、背中と次々にメッタ刺しに合った。警察発表による被害者の状...映画『アンタッチャブル』を地で行く統一教会という犯罪者集団(1)-「内部告発者を裏切り者として刺殺未遂」、脱税、国体破壊等の犯罪-

  • 「被害者救済新法」は「統一教会救済法」!!

    2022年11月23日、「宗教2世」の山本サエコ(仮名)さんが記者会見を行い政府が進めようとしている「被害者救済新法」を「統一教会救済法」と強く批判した。その様子は2022年11月23日付け東京新聞『被害救済新法「再検討を」』は次のように伝えている。『世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題で政府が検討している被害者救済法案に関し、教団の信者を親に持つ「宗教2世」らが23日、東京都内で記者会見した。これまでに政府が与野党に示した法案の概要では、救済される範囲が限定的などとして「被害者の声を聞いた上で再検討を求める」と訴えた。2世は仮名で、会場とオンラインから参加した。山本サエコさんは、概要では、個人を「困惑」させた場合に寄付の取り消しができるとしていることを巡り、信者は使命感から献金し、実態と懸け離れてい...「被害者救済新法」は「統一教会救済法」!!

  • 自民党総裁と統一教会が連携して行った選挙運動

    今回は、統一教会の申し子、安倍晋三が行ってきた選挙運動の手法について寄稿する。はじめに統一教会が国政選挙に関与するようになった経緯から始めるが、参考にしたのはこれまで多くの『御言選集』を提供してくれた『ちゃぬの裏韓国日記』である。統一教会は、昭和43(1968)年に統一教会関連の「幸世物産」を通じて、空気散弾銃「B3」を大量に貯蔵し敵対勢力と武力対峙することを準備していた。このことは昭和48年の国会でも大問題となっていたが、具体的な規制を受けることはなかった。ところが昭和62(1987)年に起きた一連の朝日新聞襲撃事件以降は、方針を転換し、翌年の昭和63(1988)年になると国政を乗っ取ることを計画し具体的に動き出した。具体的には「(御言選集173巻「太平洋時代の旗手」1988年2月18日韓国・漢南洞公館...自民党総裁と統一教会が連携して行った選挙運動

  • 石川や 浜の真砂は 尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまじ~~世に暗殺の 種は尽きまじ

    石川五右衛門さんの辞世の句だそうだ。残念ながら真実なのだろうと思う。時の流れは人の心を善の道へと導いてくれる、などというのは幻想なのだろう。1909年明治42年10月26日に伊藤博文公が暗殺された。安重根さんが犯人とされたが、今の常識では別の真犯人某が致命傷となった弾丸を撃ち込んだとされている。ただ「某」が特定されてはいない。1932年昭和7年5月15日、世にいう515事件だが、犬養毅が暗殺されたが、暗殺犯は死刑になっていないという。1963年昭和38年11月22日、そう59年前の今頃、ジョンエフケネディが暗殺された。JFKのソ連との共存方針、政府による通貨発行権の奪還、CIA解体計画などがある方々から嫌われてしまい、当たり前のように消されてしまった。そういえば、その1年前1962年10月キューバ危機を一...石川や浜の真砂は尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ~~世に暗殺の種は尽きまじ

  • 統一教会関連パンフレットが売出された

    昨日(2022.11.20)確認したことであるが、商品販売サイトに統一教会関連パンフレットが販売された([1])。別段購入したいわけではないが、パンフレットの中身が「日韓トンネル」関係であることから非常に興味を引いたので寄稿しておく。同サイトによれば商品構成は次のように書かれている。『商品構成日韓トンネル推進鳥取県民会議結成1周年大会パンフレット(約15ページ)日韓トンネル推進鳥取県民会議結成2周年大会パンフレット(12ページ)日韓トンネル推進山陰大会パンフレット(8ページ)小冊子「日韓トンネル」をつくろう(15ページ)献金用封筒、関連資料A4版10枚程度有名な有識者のゲストが講演していますが本人の名誉のため写真では黒塗りに加工しています。複数の自民党議員の名前があります。日韓トンネルと安倍晋三首相の発言...統一教会関連パンフレットが売出された

  • 被害者救済新法は統一教会の暴走を止られるのか

    2022年11月18日、産経新聞に「政府が示した被害者救済新法の概要」の記事が掲載された。幾多の新聞も同様に政府は「被害者救済新法」の概要を示したことについての報道はあるものの、その内容に付いては情報がない。そのため産経新聞を利用することにした。政府が18日、与野党6党の幹事長・書記局長に示した世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を巡る被害者救済新法の概要は次の通り。対象・個人から法人(※1)に対する寄付(※2)を対象にする※1代表者や管理人の定めがある法人でない社団又は財団を含む※2契約だけでなく、単独行為として行う債務の免除や遺贈を含む寄付に関する規制【1】寄付の勧誘に関する一定の行為の禁止・法人が寄付の勧誘をする際に、一定の行為(※3)をして個人を困惑させてはならないこととする。※3消費者契約法第...被害者救済新法は統一教会の暴走を止られるのか

  • 萩生田光一政調会長の動向からみた統一教会問題と憲法改正

    今年九月から統一教会に関する堅苦しい話が続いてきたので、今回は、統一教会に関心があれば興味をそそる話を寄稿してみる。最初が、統一教会系自民党役員萩生田光一政調会長から取上げる。政調会長とは「政務調査会長」の略で、その役割は「自民党として如何なる政策を打ち出すか」を取りまとめる責任者である。すなわち自民党のこれからの動きがある程度予測できることになる。筆者は2022年10月03日に「統一教会と萩生田光一政調会長」を寄稿した。その時に萩生田は「旧統一教会への解散命令は困難」であると述べていた。自民党と協力関係にある公明党が、統一教会問題が国会で追及される過程で「政教分離」問題にまで発展しないよう「信仰の自由」という枠の中で論議するようにと躍起となっていた。これが令和4年10月3日に召集の第210回国会の運営方...萩生田光一政調会長の動向からみた統一教会問題と憲法改正

  • 統一教会と「日韓トンネル推進全国会議」

    日韓トンネル構想の経緯は1981(昭和56)年11月、「科学の統一に関する国際会議」に於いて文鮮明総裁が提唱したことに始まる。これを受けて統一教会系自民党国会議員が中心となって「国づくり夢実現検討委員会」を立ち上げるとともにアジア欧州首脳会議での森総理「日韓トンネル・ASEM鉄道」演説等々の経緯を踏まえ今日に至っている。(出所…ネット情報による日経及び産経記事2000年10月21日参照)そして安倍晋三が第96、97、98代内閣総理大臣を就任すると「日韓トンネル推進△△県民会議」の設立が相次ぐようになった。最後に、日韓トンネル推進山梨県民会議結成大会/2018年5月20日を設立したことで全都道府県に設立が終了することになる。平成(29)2017年11月28日、統一教会の関連組織である「日韓トンネル推進全国会...統一教会と「日韓トンネル推進全国会議」

  • 統一教会製空気散弾銃「鋭和B3」の使用が疑われる朝日新聞襲撃事件

    2022年11月7日付で『統一教会が秘蔵する「御言選集」が流出していることが確認された』を寄稿した。また、文鮮明の「御言選集」の内容に付いては、小日向白朗学会HPに『国会議事録の中の統一教会』(2022年9月26日)でいち早く取り上げている。特に、宗教法人である統一教会が銃の製造会社であることは同教会を詳しく知るうえで非常に重要なため2022年10月12日に『統一教会製空気散弾銃「鋭和B3」』を寄稿してきた。ところで空気散弾銃「鋭和B3」は、統一教会の関連事件で凶器として使用したのではないかという疑惑がある。それは昭和62(1987)年から平成2(1990)年にかけて発生した連続テロ事件「赤報隊事件」である。警察庁では「広域重要指定116号事件」と呼んでいた。ところが同事件は、平成15(2003)年に全て...統一教会製空気散弾銃「鋭和B3」の使用が疑われる朝日新聞襲撃事件

  • 英国大使館別荘記念公園~イギリスをひしひしと感じる中禅寺湖畔~イザベラバードもお気に入りの地

    栃木県の公式サイトに次のように記されている。・・・・「明治中頃から昭和初期にかけて、中禅寺湖畔には外国人別荘が建ち並び、外交官をはじめ多くの人々が避暑に訪れていました。中でも、イギリスの外交官だったアーネスト・サトウによって建てられ、その後、英国大使館の別荘として使用された山荘は、国際避暑地・奥日光の礎を築きました。館内からは、サトウが愛し「絵に描いたような風景」と評した、美しい湖畔の風景を堪能できます。また、国際避暑地・奥日光の歴史やサトウに関する展示のほか、2階の喫茶スペースでは紅茶や菓子を楽しめます。」確かに気分はイギリスの避暑地。窓から見えるのは中禅寺湖の水面のさざやかな動きと山並みも・・・男体山は近過ぎてちょっと死角になっている。飲むのは当然コーヒーではなく紅茶…ダージェリンとアールグレイだ。マ...英国大使館別荘記念公園~イギリスをひしひしと感じる中禅寺湖畔~イザベラバードもお気に入りの地

  • 週刊現代99.2.27~「勝共連合・統一教会」関係度の議員リスト~ネット情報から

    参考までに、ネット情報(週刊現代のアンケート調査)から拾ってみました。23年余り前にこんな調査をしてたとは週刊現代さんもいい仕事をしていますね…。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・週刊現代99.2.27~「勝共連合・統一教会」関係度の議員リスト~ネット情報から

  • 統一教会が秘蔵する「御言選集」が流出していることが確認された

    2022年11月6日付け毎日新聞に次のような記事が掲載された。『文鮮明氏発言録ネット流出天皇や首相に言及「日本向けより過激」』世界平和統一家庭連合(旧統一教会)創始者、文鮮明(ムン・ソンミョン)氏の発言録全615巻がインターネット上に流出していることが、日本の教団広報部への取材で判明した。文氏が韓国内で信者に向けて説教した内容が韓国語で記され、日本の天皇や首相などに具体的に言及している箇所もある。識者は「日本語の発言集より過激」と指摘している。発言録は、韓国の教団系出版社「成和出版社(現・天苑社)」が信者向けに発行した「文鮮明先生マルスム(御言=みこと)選集」。文氏が1956年から2009年に説教した言葉が韓国語で収録され、各巻は約300~400ページに及ぶ。文氏が死去した12年までに615巻が発行された...統一教会が秘蔵する「御言選集」が流出していることが確認された

  • 統一教会に誓約書を提出した麻生太郎と「日韓協力委員会」(2)

    前号『統一教会に誓約書を提出した麻生太郎と「日韓協力委員会」』で日韓協力委員会の主導で日本の国益を大きく損なう「日韓大陸棚協定」「日本国と大韓民国との間の両国に隣接する大陸棚の南部の共同開発に関する協定」(いわゆる「日韓大陸棚協定」(南部協定))を締結したが、同協定が満了する3年前の2025年に日本が終了の意思を通告することができると規定されていることを受けて、またぞろ「日韓協力委員会」が動き出したことを報告してきた。今回は韓国国内で「日韓大陸棚協定」が如何なる動きになっているのかに付いてまとめてみる。最初に取り上げるのは韓国経済新聞(2022年02月03日付)、韓国外国語大学教授パク・フィグォン氏の『【時論】日韓大陸棚協定終了、対応戦略が必要』とする記事である。この記事が書かれたのは2022年5月10日...統一教会に誓約書を提出した麻生太郎と「日韓協力委員会」(2)

  • ハルビン無宿~この小説を書かれた方探してます~大野文庫所蔵

    大野芳文庫として大野芳氏の残されたいろいろな文書・写真・音声等々を大野氏本人から託された高橋氏の許可のもとにできるだけ公開していきたいと考えています。これもその一つ…「(参)作者不明ハルビン無宿」とおそらく大野氏の手で書かれた茶封筒のなかに完全な形で数十枚の原稿がありました。ノモンハン事件の後のハルビンを舞台とした小説ですが、末尾に「此の記録の人名、其他多少実際と変えてあることを附記する」とあります。なので、おそらく実際にいた人物をモデルとして書かれたものと推察されます。大野芳氏の残された資料の一つ、という考え方で近く全文を当blogか、あるいは小日向白朗学会のホーページで公開しようと考えておりますが、もし、「私が書いた」「私の父が書いた」などという方がいらっしゃったらぜひ言っていただければ幸いです。・・...ハルビン無宿~この小説を書かれた方探してます~大野文庫所蔵

  • 統一教会に誓約書を提出した麻生太郎と「日韓協力委員会」

    2022年11月2日付け朝日新聞デジタルに次のような記事が載った。『麻生自民副総裁が訪韓へ』松野博一官房長官は2日午前の記者会見で、自民党の麻生太郎副総裁が韓国を訪問することを明らかにした。関係者によると、尹錫悦(ユンソンニョル)大統領と面会する方向で調整中。松野氏は、岸田文雄首相が麻生氏に尹氏への親書を預けたかどうかについては「事実はない」と否定した。麻生氏は、超党派の国会議員や財界人でつくる「日韓協力委員会」の会長として、韓国側の「韓日協力委員会」と会談する。松野氏は、「日韓間の議員交流、民間交流は二国間関係を下支えするものとして有意義と考える」と語った。具体的な日程は「政府としてお答えする立場にない」と述べるにとどめた。日韓では戦時中の元徴用工の訴訟をめぐる問題が最大の懸案となっている。両政府は関係...統一教会に誓約書を提出した麻生太郎と「日韓協力委員会」

  • 大野芳氏との出会い~小日向白朗宅訪問取材テープなど

    昨年2021年4月22日、府中市の大野オフィスを訪ねた。伊藤博文暗殺関連のお話が主だったように記憶している。と、翌日の23日付で大野氏より丁重な礼状が届いた。そして、同年8月7日土曜日にまた大野オフィスを訪れた。その時にやや埃で汚れていたカセットテープを2本お預かりした。のちに、文字起こしを条件に譲渡していただいたという経緯がある。そのテープには複数の人物の声が入っていた。インタビューテープではなく、いわば「宴会」のテーブルの上にカセットコーダーを置いて収録していたらしく、内容はあちこちに飛ぶ話題で詰めつくされていた。テープはおそらくであるが1976年の夏ごろ(白朗76歳のころ)、大野氏が35歳前後のころだと推察される。場所は小日向白朗宅である。その場にいたのは、白朗と奥様の芳子さん、石井麟氏に大野氏。そ...大野芳氏との出会い~小日向白朗宅訪問取材テープなど

  • いつの世でもスパイは大活躍~私を通りすぎたスパイたち~

    2月24日ロシア侵攻・・・といったフレーズすでに歴史用語にまでなってしまった感じでもあるが、どれだけの時間が過ぎたのだろうか。今回の侵攻は2014年のマイダン革命の時から具体的な戦い(殺し合い、民族浄化作戦etc)が始まっていてその延長線上での出来事であり、3日月に入ってしまったらドンバスで強烈なテロ(親ロシア殲滅)が実行に移される、との懸念から2月24日に侵攻したということらしいけれど、そんなことを言っているの人はあまりいないようだ。いずれにしてもMI6、CIAおよびウクライナの情報機関などが大活躍し続けているようにみえる。確か、裏方のはずだったのに、MI6長官までが表立ってコメントを発表したりしていたこともあったと記憶している。MI6のバックが見え隠れしているRUSI(英国王立防衛安全保障研究所)の日...いつの世でもスパイは大活躍~私を通りすぎたスパイたち~

  • 再録・・富士ジャーナル1971年7月号から小日向白朗関連記事~ユダヤ資本・台湾解決・アメリカへの提言

    再録・・富士ジャーナル1971年7月号から小日向白朗関連記事~ユダヤ資本・台湾解決・アメリカへの提言

  • 統一教会シリーズ~第136回国会 衆議院 商工委員会 平成8年4月22日から

    石井紘基○石井(紘)委員統一教会による霊感商法というのは大変被害件数も多くて、社会的な大きな問題になっております。たくさん事件、事例があるのですが、そのうちの一つ、二つを簡単に紹介してみたいと思います。九五年一月十九日午後、統一教会の信者である中村朋子さんという人が、渋谷東急本店前の路上で通行人であるAさんにこういうふうに語りかけた。「最近、何かよいことがありましたか。額に心眼相が出ていますよ」と声をかけた。そこに鈴木麻理子さんという、偶然を装ってこの人が合流して、三軒茶屋にある、これは私の選挙区でありますが、そこのライオンズマンション二〇一号室に誘い込んで、同所で三時間にわたって、右両名でこのAさんという人にこのようなことを言った。「先祖の因縁のため、このままでは大変なことになります。転換期をよい方向に...統一教会シリーズ~第136回国会衆議院商工委員会平成8年4月22日から

  • ウクライナの戦争やめて、ロシアとダイレクト談判して!! というアメリカ下院の声・・・???

    「・・・・・・・weurgeyoutomakevigorousdiplomaticeffortsinsupportofanegotiatedsettlementandceasefire,engageindirecttalkswithRussia,exploreprospectsforanewEuropeansecurityarrangementacceptabletoallpartiesthatwillallowforasovereignandindependentUkraine,and,incoordinationwithourUkrainianpartners,seekarapidendtotheconflictandreiteratethisgoalasAmerica’schiefpriority....ウクライナの戦争やめて、ロシアとダイレクト談判して!!というアメリカ下院の声・・・???

  • 衆議院ではこんな質問が出ていたのですね…「統一協会」=世界平和統一家庭連合に関する質問主意書 提出者 宮本 徹

    質問本文情報令和四年八月三日提出質問第一〇号~衆議院TheHouseofRepresentatives,Japanから~(出所)「統一協会」=世界平和統一家庭連合に関する質問主意書提出者宮本徹安倍晋三元首相が殺害された事件で、容疑者は、世界平和統一家庭連合(旧名称世界基督教統一神霊協会。以下、「統一協会(家庭連合)」と略)の信者である母親が「多額の寄付をして破産させられ、家庭生活が滅茶苦茶にされ、統一協会に恨みがあった」と供述していると報じられている。また、容疑者は「去年九月、統一協会の代表らが設立した天宙平和連合(UPF)の集会に寄せられた安倍元首相のメッセージを見たころに殺害を決意した」と述べていると報じられている。(かつて、アメリカ下院の外交委員会国際機構小委員会(フレーザー委員会)の最終報告書では...衆議院ではこんな質問が出ていたのですね…「統一協会」=世界平和統一家庭連合に関する質問主意書提出者宮本徹

  • 文鮮明が決めた統一教会系国会議員となる条件(続き)

    2020年10月17日に「文鮮明が決めた統一教会系国会議員となる条件」で、文鮮明が国会議員候補を選挙支援する際の条件として「誓約書」を提出させていたことを書いた。それから僅か3日後の2022年10月20日に時事通信から「誓約書」が「推薦確認書」と契約書名を変更しているものの何らかの契約書が実在することを、その写真を含め配信された。その全文は次の通りである。『旧統一教会、自民議員と「政策協定」衆院選の支援条件、署名も』世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の友好団体が昨年の衆院選で、複数の自民党議員に憲法改正などへの賛同を求める「推薦確認書」を提示し、署名を求めていたことが分かった。一部議員は署名に応じた。教団側が選挙支援の条件を明示した事実上の「政策協定」。教団と自民党の関係の深さが浮き彫りになった。自民党の...文鮮明が決めた統一教会系国会議員となる条件(続き)

  • 統一教会と同教会認定国会議員の巨大利権

    2022年07月07日付読売新聞に「麻生副総裁の長男・将豊氏、JC会頭に内定…親子2代で会頭就任」とする記事が掲載されていた。日本青年会議所(JC)は6日、中島土会頭(40)の後任に、副会頭で麻生商事(福岡市)社長の麻生将豊氏(37)が内定したと発表した。10月の総会で正式決定する。任期は2023年1月1日から1年間。麻生太郎は、初当選の時から統一教会の支援を受けて当選してきた。その息子が、会頭就任の会見で「日本取り戻す」と発言したようである。父親が安倍晋三と組んで「財政、金融、外交をぼろぼろにし、官僚機構まで壊した。国賊だ」(村上誠一郎)が、今度はその息子が「日本を取り戻す」というのである。悪い冗談はやめてほしいと思わざるを得ない。麻生太郎は、2013年3月、ワシントンで「日本の水道は全て民営化する」つ...統一教会と同教会認定国会議員の巨大利権

  • 日蓮宗という名の共同幻想~カルヴァンの宗教性を法華経主義に置き換え~226は20世紀のピューリタン革命か

    寺内大吉の化城の昭和史ではこんなことを示唆している。下巻の215ページに…「西田税が英国留学へ旅立つ秩父宮にクロンウェル研究を進言した狙いは何であったか。清教徒革命の宗教性を法華経主義に置き換え「改造法案」が構想する「国家改造議会」を清教徒の「長期議会」になぞらえて考えて欲しかったのではなかろうか。とすれば、「改造法案」が巻頭でうたいあげる「天皇の大権」が問題となってくる。いわんや西田が末松太平に語った「世界史の鉄則は普遍的で、日本もその例外ではあり得ないことを明察されたい」とする秩父宮への進言は、“天皇譲位”を考慮しておいて欲しいと言いたげでもある。・・・・・」クロムウェルは中学校あたりでも習うと思うが17世紀ピューリタン革命の英雄といったところか。1649年国王チャールズ1世を処刑して共和制を樹立した...日蓮宗という名の共同幻想~カルヴァンの宗教性を法華経主義に置き換え~226は20世紀のピューリタン革命か

  • 文鮮明が決めた統一教会系国会議員となる条件

    2022年9月30日朝日新聞デジタル版に「旧統一教会と接点議員、計180人に自民追加報告、新たに4人公表」とする記事がある。自民党は30日、党所属国会議員に報告を求めた「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」や関連団体との関係点検について、計12人から追加の報告があったと発表した。8日の結果発表後、接点があった議員は新たに1人増えて、対象議員379人中計180人となった。このうち、自民が一定の基準を設けて氏名を公表している議員は4人増えて125人となった。点検項目の「旧統一教会関連団体の会合への出席」では、新たに6人から報告があった。このうち、今回新たに木原誠二官房副長官、石井拓衆院議員、今村雅弘元復興相、比嘉奈津実参院議員の氏名が公表された。自民党が前回(同年9月8日発表)おこなった調査が不十分であること...文鮮明が決めた統一教会系国会議員となる条件

  • 再録:統一教会の黒幕岸信介 -キッシンジャー外交にみるアメリカの極東戦略-から

    統一教会問題が騒がしい昨今であるが、同教会の背後にいた岸信介については、本格的な研究が少ない。そこで当学会では、岸信介が日本の防衛を危うくした張本人であることに触れていることと、小日向白朗が所蔵していた書類を引用し公表していることから「キッシャンジャーの極東戦略」を再録することにした。統一教会問題を考えるうえで、岸信介の行動を抑えておくうえで重要な手がかりとなると考えている。小日向白朗学会事務局・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰはじめに1947年3月12日トルーマン(HarryS.Truman)大統領は議会への特別教書演説でギリシャ内戦を始めとする共産主義に抵抗する政府に対してアメリカが支援を行わなかった場合はヨーロッパ各地で共産主義のドミノ現象が起こるであろうと警告...再録:統一教会の黒幕岸信介-キッシンジャー外交にみるアメリカの極東戦略-から

  • 日蓮宗という名の共同幻想

    仏教、なかんずく日蓮宗は私には幼いころからの親しみがある。戦後、大陸満州から身一つで親子4人で引き揚げてきた私の家族。満州のころはゆとりのある暮らしであったらしいけれど、父の田舎に帰ってみれば財産は散り散りに散逸し、ほとんどゼロからの生活再建、少しずつ土地も買い戻して兼業農家として頑張ってきたらしい。引き上げてきて2~3年したころかな、私は生まれた。父も母も必死であったと思う。私を含めて小さな子供が3人だ。そんな家族はどこにでもいたのだと思うが、人はただでは頑張れない。心の隙間を埋めてくれる拠り所が大切なのだ。そうした隙間を埋めるように雨後の筍のごとく蠢き活動しだしたのが新興宗教だ。もちろん、神道もキリスト教もあった。けれど、仏教、特に日蓮宗は多くの派閥を形成していた。かの有名な創価学会も日蓮宗だ。私の家...日蓮宗という名の共同幻想

  • 寄稿文 統一教会製空気散弾銃「鋭和B3」

    今回は、統一教会のもう一つの側面を紹介したいと思う。それは、統一教会が銃の製造会社を傘下に抱えていることである。宗教団体、それも平和を希求するという同教団が銃を製造して日本に大量に輸出していた。とても信じられない話ではある。しかし、すでにこのブログで「統一教会って?51年前の国会でえっ?銃を輸入していた!!」で紹介しているとおり真実なのである。統一教会が製造していた銃の正式名称は「鋭和B3」という空気散弾銃である。この銃に関しては、ウイキペディアではキーワードを「鋭和BBB」で検索すると確認することができる。ウイキペディアでは「鋭和B3」の概要を次のように紹介している。鋭和BBB(えいわビースリー)とは、世界平和統一家庭連合(世界基督教統一神霊協会「統一教会」または「統一協会」)の関連企業である統一グルー...寄稿文統一教会製空気散弾銃「鋭和B3」

  • 寄稿文 統一教会と系列国会議員の「日韓海底トンネル」

    国会議事録が政治問題を解明するためには非常に有益な方法であるという研究がある。折角であるから、この寄稿文も同手法を活用して「日韓海底トンネル」について検証してみる。「日韓海底トンネル」建設を解明する手掛かりは「亜細亜技術協力会」である。では「亜細亜技術協力会」とはなにか。平成2年6月20日開催の衆議院建設委員会で同協会が議論となった。(第118回国会衆議院建設委員会第11号平成2年6月20日)○飯村説明員お答え申し上げます。先生ただいま御質問のありました亜細亜技術協力会は、御指摘のとおり外務省の認可の公益法人でございます。右公益法人は、昭和四十九年十月二日に外務省が設立を許可しておりまして、十月十五日に設立されております。財団の設立の目的といたしましては、「日本及び韓国等アジア諸国との近隣友好を基調にし、...寄稿文統一教会と系列国会議員の「日韓海底トンネル」

  • 寄稿文 ≪統一教会と萩生田光一政調会長≫

    自由民主党萩生田光一政調会長は、統一教会問題に対して次のような見解を述べたと東京新聞が伝えている。東京新聞「旧統一教会への解散命令は困難自民・萩生田政調会長」(2022年10月2日15時36分(共同通信))自民党の萩生田光一政調会長は2日のNHK番組で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を巡り、宗教法人法に基づく教団への解散命令は困難との見方を示した。「司法の判断ということになる。所轄庁から解散を請求できるが、法令に違反し著しく公共の福祉を害すると認められる行為をした場合などと規定されている。難しい」と述べた。此の配信記事を読んで即座に気付く事がある。それは自民党内にいる統一教会関係議員及び自民党執行部は、本年一〇月三日に召集される臨時国会改正前に、国会議論が予期せぬ方向に動いてしまうことを警戒して予...寄稿文≪統一教会と萩生田光一政調会長≫

  • 国葬雑感

    70年間君臨したエリザベス女王の国葬がイギリスで行われた。日を置かずして日本では安倍晋三氏の国葬が昨日行われた。このお二方の死に限らず人の死は残された人にとっては一つの区切りになるものだと思う。私もここ10年ほどの間に親族、友人、あるいは尊敬する知人を含めて周囲で8人亡くなっている。私自身が死の適齢期に近づいていることの反映でもあるが、これはやや多すぎるのではないかと思っている。小中高からの親友S氏、高校からの親友H氏、仕事で知り合った友人(呑み友だち)A氏、義理の母に妻、それに姉、加えて数多くの著書を残した大物ノンフィクションライターO氏、それにコツコツと一つのテーマを追い続けて他が見つけ出すことのできなかった近現代史のある証拠を見つけ書物に表したK氏…の8人だ。残念ながらエリザベス女王も安倍氏も私の近...国葬雑感

  • (続)統一教会って? 51年前の国会で えっ? 銃を輸入していた!!

    こんな審議が51年前の衆議院で行われていました。第65回国会衆議院地方行政委員会昭和46年3月26日・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・林百郎○林(百)委員次に通産省にお尋ねしますが、右翼で、有名な笹川良一氏を会長として、政界の大ものを応援しております——ここで具体的な名前を言うのは差し控えますが、伝えられているいわゆる反共の右翼団体である勝共連合というのがあるのですね。これが昭和四十四年に韓国から空気散弾銃二千五百丁を輸入しました。これに対して通産省は許可を与えたのですね。これは与えたでしょう。どういう事情で許可を与えたのですか。このいきさつを述べてください。113山形栄治○山形説明員お答えいたします。ただいま先生のお話しの勝共連合といいますか、そこに割り当てをしたのではございません...(続)統一教会って?51年前の国会でえっ?銃を輸入していた!!

  • 織江耕太郎著 小説 小日向白朗 「熱河(ネッカ)に駆ける蹄痕(アシアト)」の書評が9/4新潟日報紙上に載り、書店用のPOPも出来たそうです!

    書き下ろし小説織江耕太郎著小説小日向白朗「熱河(ネッカ)に駆ける蹄痕(アシアト)」の書評が9/4新潟日報紙上に載り、書店用のPOPも出来たそうです!小日向白朗出生地三条市周辺の県央地区と県内チェーン店の書店で取り扱うようですので是非このPOPを見つけたら小説織江耕太郎著小説小日向白朗「熱河に駆ける蹄痕」を手にお取り下さい!!小日向白朗氏は新潟三条出身で10代で中国満州に渡り、中国全土の馬賊王になった人物です。日本軍部と中国民組織群の中で若き人生を”任侠”という精神で日中を超えた思想で活動し大陸を謳歌した人物です。あの毛沢東と蒋介石とも交流が有りました。特に台湾に政府を作った蒋介石とは、共に生死を分け与えた仲でもあります。今の中国と台湾との問題にもその歴史にも間接的に関与してます・・・。若い人がもっと小日向...織江耕太郎著小説小日向白朗「熱河(ネッカ)に駆ける蹄痕(アシアト)」の書評が9/4新潟日報紙上に載り、書店用のPOPも出来たそうです!

  • (続)統一教会って? 昭和51年の国会でも…46年前

    昭和51年10月21日の参議院外務委員会での質疑です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・田英夫氏がこう言っている。「・・・これは、たとえば警視庁が昭和四十四年に作成された報告書の形のものですが、国際は恐ろしく何といいますか、勝共連合を評価するような言葉が出てくるわけですね。これはもう私などの感覚からすれば大変驚いてしまう、そういう態度でいいのかどうか。一方で、日本における財政部長という肩書きを持っている曹又億万という男は警察から指名手配をして、明らかに犯罪を行っておるという、この辺のところの感覚は私は狂っていると思いますよ。たとえばこのフレーザー委員会における証言の一つ、元在米韓国大使館付武官であった、これは非常にむずかしい字で、ちょっと読みにくいのですけれども、朴普煕と読むのでしょうか、...(続)統一教会って?昭和51年の国会でも…46年前

  • 小説 小日向白朗 「熱河に駆ける蹄痕」織江耕太郎著の書評が新潟日報紙上に載りました!

    今日、書き下ろし小説織江耕太郎著小説小日向白朗「熱河に駆ける蹄痕」の書評が新潟日報紙上に載りました!小日向白朗氏は新潟三条出身で10代で中国満州に渡り、中国全土の馬賊王になった人物です。日本軍部と中国民組織群の中で若き人生を”任侠”という精神で日中を超えた思想で活動し大陸を謳歌した人物です。あの毛沢東と蒋介石とも交流が有りました。特に台湾に政府を作った蒋介石とは、共に生死を分け与えた仲でもあります。今の中国と台湾との問題にもその歴史にも間接的に関与してます・・・。若い人がもっと小日向白朗氏を知ってもらいたいです。新潟日報の書評読んで下さい。また小説小日向白朗「熱河に駆ける蹄痕」読んでください!特に白朗を知らない世代は、今の世界観が変わると思います!!小説小日向白朗熱河に駆ける蹄痕-春陽堂書店ネットショップ...小説小日向白朗「熱河に駆ける蹄痕」織江耕太郎著の書評が新潟日報紙上に載りました!

  • 統一教会って? 37年以上前の我が国の国会で・・・

    第102回国会衆議院法務委員会(昭和60年3月27日)から・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・横山利秋○横山委員(略)・・・次に、世界基督教統一神霊協会の問題についてひとつ政府の意見を聞きたいと思います。これは私が五、六年前本法務委員会で数回にわたって取り上げた問題でございまして、きょう短い時間に、法務大臣十分内容を御存じございますまいから少し前提を申し上げたいのですが、これは五十九年七月一日発行の「文芸春秋」、副島、井上両氏が随分書いた「これが「統一教会」の秘部だ」という膨大な文章であります。これを読み上げると時間がかかりますから、ここに要約した文章がございますから、法務大臣も政府側もしばらく聞いておってもらいたいと思います。省略せざるを得ない箇所もございますので……。文鮮明師は...統一教会って?37年以上前の我が国の国会で・・・

  • 今日発売の織江耕太郎著 小説 小日向白朗 「熱河に駆ける蹄痕」の書評が9月4日 新潟日報紙上に載るそうです!

    今日新刊本発売の織江耕太郎著小説小日向白朗「熱河に駆ける蹄痕」の書評が9月4日新潟日報紙上に載るそうです!小説小日向白朗熱河に駆ける蹄痕-春陽堂書店ネットショップ試し読み!こちらをクリックすると試し読みができますhttps://shunyodo.tameshiyo.me/9784394990123他ショップでの購入■Amazon■楽天ブックス■...春陽堂書店ネットショップ今日発売の織江耕太郎著小説小日向白朗「熱河に駆ける蹄痕」の書評が9月4日新潟日報紙上に載るそうです!

  • 織江耕太郎著 小説 小日向白朗 「熱河に駆ける蹄痕」春陽堂書店から今月末日 8月31日 に出版されます

    新潟三条出身で中国大陸で馬賊なり、日中戦争で中国全土の馬賊の総頭目になり馬賊民衆側から日本軍を見ていた小日向白朗の歴史小説が、「百年の轍」などの社会派作家織江耕太郎氏が小説小日向白朗熱河に駆ける蹄痕を明治の文豪尾崎夏目、露伴や江戸川乱歩、金子みすゞ、種田山頭火などを世に出した出版社春陽堂書店から今月末日8月31日に出版されます。中国大陸で白朗氏の馬賊総頭目として、若き毛沢東や蒋介石と繋がりがあり特に蒋介石とはお互いに生死を助け合った仲です。今の中国と台湾の摩擦の根本的な要因をかえりみることがこの白朗氏の大陸での生き様で知ることが出来るようです。特に小日向白朗を知らない戦争未経験若い世代に読んで、小日向白朗を知ってもらいたいものです。小説小日向白朗熱河に駆ける蹄痕-春陽堂書店ネットショップ試し読み!こちらを...織江耕太郎著小説小日向白朗「熱河に駆ける蹄痕」春陽堂書店から今月末日8月31日に出版されます

  • 戦争プロパガンダ・・・美談というより悲しいお話…90年前のことでした。

    ウクライナ紛争プロパガンダもそろそろ一巡してきた時期かもしれない。ポロポロっと真実に近い情報が散見されつつつあるようだ。ゼレンスキーさんも英米中心の欧米が本当にどこまでやってくれるのか疑心暗鬼になってきているのかもしれない。頼みのジョンソンさんも辞めちゃうし・・・・。バイデンさん、けっこう口だけか?・・・なんて思っているのかも。という間に中ロサイドがインド、アフリカ、その他周辺諸国を巻き込んでどちらがマジョリティーかわからなくなってきちゃったのではないか‥。サンクション効果って、要はきつ――い両刃の刃だったのかもしれない。EUも全く一丸ではないし…。プロパガンダって、実はそんなものなのだろう。遠からず真実が露呈する。日本も昭和20年8月には露呈してしまった。「爆弾三勇士」って第一次上海事変中、昭和7年2月...戦争プロパガンダ・・・美談というより悲しいお話…90年前のことでした。

  • 「大野芳文庫」を少しずつ構築へ

    大野芳氏が亡くなられて1か月と20日余りが過ぎてしまった。後を託された高橋氏のご意向もあって、小日向白朗学会が諸資料をお預かりして、研究者の意向があれば公開していくという「大野芳文庫」を構築することになった。言葉で言ってしまうと簡単だが、長い取材、執筆、研究生活の裏付けとなっている諸資料は膨大である。それは「量」としてよりも「質」として膨大であると感じる。1年ほど前になるだろうか。大野芳氏より白朗学会にカセットテープが2枚贈呈された。埃がこびりついている古いものであった。私は業者に頼んでCD化してもらった。これは若き(たぶん30代頃の)大野芳氏が小平市の白朗宅を訪れてお話をしていたのを録音したものである。二人だけのお話なら、それはそれで極めてクリアなものになったと思うが、そのテープには5人の声が入っていた...「大野芳文庫」を少しずつ構築へ

  • 日本は戦争に参加しつつあるのでは・・・・ある杞憂?

    「岸田文雄首相は、6月下旬にスペインで予定されている北大西洋条約機構の首脳会談に出席することを計画しており、これにより彼は西側同盟の集会に参加する最初の日本の指導者となる。」(共同通信2022.6.4から)ロシアのウクライナ侵攻は国際法に違反している、という岸田さん。日本(他の欧米数国と同じだが…)が戦時国際法に違反しているということには全く気が付いていないらしい(中立国は直接、間接を問わず交戦当事国に援助を行わない義務を負う)。こんな行動が怖い。知らず知らずのうちに巻き込まれていく、…。実はそうではなく、一部のパワーの確信的な行動であるのだろう。欧米が主導する“偽核戦争”へ積極的に参画していくという岸田さんのアクション声明に他ならない。1992年ソ連邦崩壊をきっかけに一部の欧州米国首脳・富裕層に憑りつい...日本は戦争に参加しつつあるのでは・・・・ある杞憂?

  • 朽木寒三氏を偲んで~はや3年の月日が

    小日向白朗を世に知らしめた馬賊戦記の著者である朽木寒三氏の訃報が飛び込んでからはや3年の月日が経ちました。1925年5月20日生まれ、2019年5月22日死去、享年94歳でした。5月28日、29日の通夜、葬儀には白朗学会から出席させていただきました。そして、この5月23日白朗学会の代表並木正徳が朽木夫人宅を訪れ、夫人とともに故人を偲びました。下記写真は朽木宅、馬賊戦記取材メモの一部、馬賊戦記出版契約書。朽木寒三氏を偲んで~はや3年の月日が

  • 小日向白朗学会HPスタート

    小日向白朗学会のホームページをスタートさせていただきました。同blogと趣旨は同一ですが、徐々にホームページでの露出へとシフトさせていくとともに、さらに小日向白朗の顕彰とその方法論の神髄に迫っていきたいと思っております。小日向白朗学会アジアの平和小日向白朗学会小日向白朗学会HPスタート

  • 戦争雑念

    日本が平和な国で、新聞テレビなどで知りたいことの真実を報道してくれているし、自公政権に任せておけばこの幸せは永遠に続くのだ!などということを私は、あなたは、本当に思っているのでしょうか。明らかなのは、明らかに住みにくい世界を志向し続けている強大なパワーがあるということではないのか。21世紀に入ってすでに22年になる。戦争の世紀といわれた20世紀の呪いからそろそろ解放されてもよいころではないのか。けれども、そんな一般庶民の幻想も文字通り夢物語に過ぎないことが証明されてしまっている。歴史を刻む人の足跡には常に戦争が、つまり、殺し合いが付きまとっている。ギリシアより昔から人の知性は常に磨きをかけ続けてきているはずなのに、知性は人の命なんて歯牙にもかけないのだろうか。知性と同居しづけている戦争(人殺し)の現実は私を果て...戦争雑念

  • 最近の戦争って、、、3

    ウクライナは近く落ち着くだろうとは思っているけれど、それにしてもメディアというか、マスコミというか、ジャーナリズムというか、ネツトメディアというか、当事国ではない日本のメディアの発信する情報がここまで劣化しているかと思うと、ちょっとげんなりしてくる。ここまでくると、意図的としか考えられないが、洞察力の欠如にはひどいものがあると思う。おかしいと思わないのだろうか。どこかのスポンサーが大金はたいてばらまき、どこかの大国の意向に合わせて同じことを言わせているとしか思えないありさまだ。・・・・アゾフ大隊というナチス張りの準軍隊?があるというくらいは報道しているが、彼らが何をしているのか全く報道していないで、隊長らしき人物の聞いていられないようなコメントを報道したりしている。ちょっとネット検索すれば彼らが何をしているのか...最近の戦争って、、、3

  • 最近の戦争って、、、2

    「ロシアと対立するウクライナのポロシェンコ政権も腐敗対策に躍起になっている。捜査当局は3月25日、国家非常事態局の局長と副局長を政府調達を巡る収賄の疑いで電撃的に逮捕した。政府の会合に出席していた2人が拘束される現場はテレビで実況中継され、汚職対策の進展を内外にアピールした。昨年2月の政変で腐敗したヤヌコビッチ政権が崩壊した後、現政権はクリーンな西欧型国家への変革を掲げて発足した経緯がある。」(2015.4.15日経新聞デジタル版)・・・・古ーーい日本経済新聞の記事の一節である。今から7年も前の記事だ。ヤヌコヴィッチを追い出してあとの親欧米のポロシェンコ政権当時のことである。その後も腐敗はなくなるどころかゼレンスキーは手も足も出なかったようだ。なぜだって。それは「既得権」という奴だろう。新興財閥だけでなく甘い汁...最近の戦争って、、、2

  • 最近の戦争って・・・

    2月24日にロシア軍がウクライナ東部に「侵攻」したという。今日は3月18日だから23日目になる。結構長い時間の流れだ。この「侵攻」については連日テレビで流されているし、ネットでもいろいろと情報が乱舞しているし、情報過多の様相を呈して、いつものように実際何がどうなっているのかといった実相が逆に影をひそめてしまってきている恐れがあるのかなと危惧してしまうくらいだ。あえて言うことはないものの、2014年に始まっている事実上の「ウクライナとロシアとの紛争」の延長線上にある「侵攻」であり、2014年から当時は大統領ではなかったバイデンさん一党が何を仕掛け続けてきたかをちょこっと振り返ると、あの2月16日以前に極端に扇動していたバイデンさんの言動もよーく見えてきたりする。いままでの7年間以上に及ぶ東部での紛争だけでもPMC...最近の戦争って・・・

  • 当サイトを徐々にブラッシュアップしていきます。

    <小日向白朗学会事務局よりのお知らせ>当サイトを少しずつですが、ブラッシュアップしていく予定です。会員各位にはこぞって投稿をお願いしていきたいと思っております。そして、小日向白朗が、つまり、「白朗の方法が」ということですが、今こそ必要とされるのではないか、といった問題意識を醸成していきたいと思います。各種資料等も積極的に公開していきたいと思っています。こうご期待。白朗は、日本と中国が対立の様相を呈していたそのまたっただなかでアジアの平和に腐心したひとだったと思いますが、いまウクライナという場所で何が起きているのかを考えると、そろそろ、アジアの平和、ユーラシアの平和、そして世界の平和を意識して追求することが大切な気がしております。対立や緊張、敵意や殺意、憎悪や差別、諜報や謀略の世界から脱皮して戦争を糧として膨張し...当サイトを徐々にブラッシュアップしていきます。

  • 世界秩序を変えるだろう・・・キッシンジャー

    2020年4月東亜日報のイ・ユンテ記者はウォールストリートジャーナルへのキッシンジャー氏の寄稿文を取り上げている。曰く「新型コロナウイルスが終息しても、世界は以前と全く違う所になるだろう」と強調したとのことだ。ヘンリー・キッシンジャーといえばニクソン政権で大統領補佐官(国家安全保障担当)兼国務長官を務め1979年の米中国交正常化を引き出した立役者で、米外交の生き証人、とも紹介している。同紙では、ドイツのユダヤ系移民の子で第2次世界大戦に参戦したキッシンジャー氏は「新型コロナウイルスの超現実的な状況は、『バルジの戦い』で感じたことを思い起こさせる」と指摘した・・と続ける。バルジの戦いは1944年12月16日から45年1月25日まで続いた戦闘で、ドイツ軍が連合軍に対抗して行った最後の反撃だった。双方の死傷者は約19...世界秩序を変えるだろう・・・キッシンジャー

  • アジアの平和と進歩のために。。。1970年7月5日小日向白朗

    1970年7月白朗が米国へ招聘されたことは何度も書いてきた。実際にはキッシンジャー側近のホルトリッジから亀田候治あての書簡となっているもので、そのコピーも公開した。文書にしてほしいとも頼まれた経緯があり、白朗はアジアの平和と進歩のために、とのタイトルで短い手紙というか、直言の文書をしたためている。その文書は富士ジャーナル誌にも公開されているものだが、改めて下記に示したい。52年前の7月の時点での、いわば「日本」からの「アメリカ」への直言であり、同時にこの文書は中国にも提示されたものである。なお、5枚目には6枚目に記したマジックでの手書き文章(白朗書)が映りこんでしまい、見にくくなってしまっていることを付記する。ここには「アメリカの要請で書いたもの…」とはっきり書かれている。この52年間、世界はより平和になったの...アジアの平和と進歩のために。。。1970年7月5日小日向白朗

  • アジアのために米国に直言・・・富士ジャーナル7.'71の22Pから

    やれ台湾だ!、やれウクライナだ!・・・・北朝鮮だ!・・・そういえば、インド軍事大国化も言われている、どこぞの大統領も何かやりたくてうずうずしている雰囲気というか感じが見え見えですし、どこの国の人でも人はきな臭いにおいがお好きなのかもしれない。ところで、1971年7月号の富士ジャーナル誌が手元にある。今は残念ながら出ていない雑誌だ。この20~21ぺー氏に大きな見出しが出ている。「台湾解決でアメリカに招かれた元馬賊王」とある。そして、その22ページには小見出しで「アジアのために米国に直言」とあり、本文にこんなくだりがある。「・・・何のために僕を呼ぼうとしているのか・・・・例のニクソンドクトリンに関連して僕の意見を聞きたいんだ・・・」とあり、白朗はなぜ招聘されたのかを了解している。ニクソンの思惑を実現するためには一番...アジアのために米国に直言・・・富士ジャーナル7.'71の22Pから

  • アジアの平和一考

    米国は、台湾海峡の両側のすべての中国人が、中国はただ一つであり、台湾は中国の一部分であると主張していることを認識している。米国政府は、この立場に異論をとなえない。米国政府は、中国人自らによる台湾問題の平和的解決についての米国政府の関心を再確認する。かかる展望を念頭におき、米国政府は、台湾から全ての米国軍隊と軍事施設を撤退ないし撤去するという最終目標を確認する。当面、米国政府は、この地域の緊張が緩和するにしたがい、台湾の米国軍隊と軍事施設を漸進的に減少させるであろう。(1972.2.28上海コミュニケから抜粋)今から50年前だが、その前年7月と10月にはキッシンジャーと周恩来は何度も会談を積み重ねて平和への試行錯誤を、というか、平和のために米中が共同で何を言うべきかを熟考してきたといわれている。そして、平和、特に...アジアの平和一考

  • 閔妃暗殺などおもいつつ

    堀口大學というと、フランス文学に親しんだことのある諸氏はその名訳を記憶にとどめているかもしれない。そんな文学界の雄の父親は堀口九万一という。どんな方なのかウィキペディアから借用すると・・・・・・1894年、日本初の外交官及領事官試験に合格。外務省領事官補として朝鮮の仁川に赴任中、1895年、閔妃暗殺事件に際して、朝鮮の大院君に日本側から決起を促した廉で停職処分を受ける。2021年11月、郷里新潟県中通村(現長岡市)の親友で漢学者の武石貞松に送った1894年11月17日付から事件直後の95年10月18日付の8通の書簡が見つかった。95年10月9日付の6通目には現地でとった行動が細かく書かれており、王宮に侵入したもののうち、「進入は予の担任たり。塀を越え(中略)、漸(ようや)く奥御殿に達し、王妃を弑(しい)し申候(...閔妃暗殺などおもいつつ

  • 白朗の季節

    令和の御世になって時がたつのも速いことこの上なしの感です。西暦で言った方が時代感覚もわかりやすくなっているというべきでしょうか。しかし、昭和はやはり「昭和」という感じが否めない。特に昭和3年張作霖爆殺ころから一気に時が乱調になだれ込み、226で大きな弾みをつけて昭和20年8月15日まで。この時間の流れは1928~1945という数字の羅列以上の重みを感じてしまいます。そういえば今年令和4年は昭和97年かな。ということは太平洋戦争が終結、というか日本が負けてから77年ですか。このくらいの時間では、別次元の世界への飛躍は到底無理なようで、相も変わらず戦争の時代を継続しようという力学というか、戦争サステナビリティという言う錬金術メソッド幻想の虜というか、そんな輩による世界のあちらこちらでの火種検索には余念がないようです...白朗の季節

  • 興亜挺身隊の悲劇…武士道の廃頽

    中公新書に「ある明治人の記録」がある。サブタイトルは会津人柴五郎の遺書である。編者は石光真人、明治から大正のころシベリア・満洲で諜報に従事した石光真清の息子である。同書128ページに「要するに武士道の廃頽であり、…(略)…三百年の太平になれた指導者層が統制力を失い、ほとんどなすところなく事の赴くまま流されてしまったことに遠因があろう。...」とある。何のことはない、陸軍軍人トップ陣の謂いである。同ページの最初に「日露戦争までは、日本の国軍は立派だった。あれだけ多数の犠牲者を出した旅順攻撃に際しても、要塞内に逃げ込んだロシア市民の退避を軍使をたてて要請したが、食糧など充分なるうえ、防備固く安全なりとの理由で拒否され、やむなく攻撃を開始している。各戦闘における軍規の厳正さについて、敵将クロパトキン将軍の回顧録は、世...興亜挺身隊の悲劇…武士道の廃頽

  • 営口事件~昭和7年のころ

    英人救ひ出しに感激日本陸軍に感謝ミルン元帥の名で参謀総長宮(閑院参謀総長宮殿下)へ御礼/英人救ひ出しに隠れた殊勲者その昔張宗昌の軍事顧問熱血漢小日向白朗氏・・・これは昭和7年11月29日の在外日本語新聞の日米新聞に報道された見出し概要である。同日新聞の3ページの真ん中にしっかりと報道されている。まず、3段組みの見出しには「英人救い出しに感激日本陸軍にに感謝ミルン元帥の名で参謀総長宮へ御礼」とあり、続いて2段組み見出しで「英人救い出しに隠れた殊勲者その昔張宗昌の軍事顧問熱血漢小日向白朗氏」とある。記事の中で・・・・南満匪賊に拉致された…(略)…英国人ボーレー夫人とコークラン氏救い出しの国際的任務を果たした川人大尉の裏面に活躍した殊勲者が新潟県三條町字西神保久松氏の次男小日向白朗氏(33)=(旧名権松)=であること...営口事件~昭和7年のころ

  • 29歳の失敗

    満州事変三部作ではないが、プロローグから始めると、昭和3年の張作霖爆殺、そして、翌昭和4年の白朗による奉天城襲撃計画、最後に昭和6年の俗にいうところの満州事変。こうして翌7年には、やや強引にではあるが満州国が始まっている。この2番目の奉天城事件は白朗29歳の時であった。渡辺龍策氏は「馬賊」の中で「このころ29歳の馬賊頭目小白竜こと尚旭東は、張学良に一撃を加えてやろうと考えていた。」と書いている。確かに、父親を殺されて怒り心頭の張学良もわかるような気がするが、その強い抗日姿勢に白朗は何らかの危うさを察知されたのだろうか。けれど、結果は失敗に終わっていることは周知のとおりである。当時28歳だったという津田鶴城が妓楼で酒におぼれて襲撃計画を壮語してしまった、ということである。その時の白朗の対応を私は見事と感じている。...29歳の失敗

  • 今…虎視眈々と黙して洞穴に潜む時

    この間まで政権トップにおられた方が「秘書が真実を隠して教えてくれなかった」…などという学園祭の演劇のようなセリフ劇を相変わらず設定コストが非常に高いと思われる舞台で演じているのは我が国のこと。ちょっと海を渡ったあちらの方では「本当の大統領選の結果はまだ出ていない」という声を有力メディア総動員で叩き潰そうとcollectivepowerが咆哮し続けている。そのほかにも、あちこちでdigitalfascismも盛り上がりを見せているが、これは何もGAFAだけのことではない。こんな2020年年末の景色を眺めているとグローバリズムが断末魔の様相を呈しているようにしか映らないのは私だけだろうか。こんな季節には、静かにゆっくりと腰を落ち着けてコロナウィルスを避けるようにしながら虎視眈々と黙して洞穴に潜んでいるのが一番であろ...今…虎視眈々と黙して洞穴に潜む時

  • 予科練の歌、なぜか懐かしい

    こんな歌があることを思い出してしまった。古関裕而を描いた朝ドラ「エール」を見ていたせいだ。若い血潮の予科練の七つボタンは桜に錨(いかり)今日も飛ぶ飛ぶ霞ヶ浦にゃでっかい希望の雲が湧く燃える元気な予科練の腕はくろがね心は火玉さっと巣立てば荒海越えて行くぞ敵陣なぐり込み(西條八十『若鷲の歌』一番・二番の歌詞より)幼少のころ、そう小学校にも上がっていたかいないか、そんな幼いころのことだ。なぜか8歳年上の兄が良く歌っていたのだ。戦争も終わって10年は経っていたと思う。なぜなんだろう。兄だって昭和15年生まれだし軍歌に馴染みがあるわけでもないだろう。私も兄に乗せられてよく歌っていた。そして記憶の中ではあるが、結構上手に歌えていたのだ。まだ、そんな学校が存在していて予科練に行ってみたいと思ったのかもしれない。歌って不思議な...予科練の歌、なぜか懐かしい

  • 8月葬送

    残暑の季節。この時期は、心の澱(おり)が沈殿するのを実感する季節でもある。それは、いやおうなしに年中行事として繰り返されている此岸と彼岸を往来する死者との交流の季節とも重なっている。わかりやすく言えば「死者との会話」の季節なのだ。もちろん死者は声を発生してしゃべることはない。ただ、生者としての私は(私たちは)、反響のように響いてくる死者の声をあたかも虫の音を聴き取るかのように実感する、そんな季節である。この虫の音は果たしていつまで聴き取ることができるのであろうか。310万人という数字がある。今から75年前、一つの締めくくりの時期を迎えた日本は死者の数を数えた。数多の死者の上に迎えたその時の風景は、その後の時の流れの中で多少は変容してきたのであろうか。東京裁判で絞首刑になった人たちもいた。それで禊は済んだのだろう...8月葬送

  • 92年前、6月、日本は蟻地獄への入り口に立っていた

    それは92年前のことになる。6月4日午前5時20分を少々回ったころ満州奉天駅の西方1キロほどの地点で張作霖が爆殺された。主犯は河本大作大佐、当時45歳。余談だが、爆弾着火当事者といわれる東宮鉄男は私の高校の先輩でもある。そして、22日後の6月26日、河本は取り調べを受けている。結果「関東軍、並びに河本は事件と無関係、白である。」(加藤康男著、謎解き張作霖爆殺事件より)という報告が田中首相にあげられる。誰が取り調べをしたのか。鈴木荘六参謀総長の命によって荒木貞夫(そのほかに、白川陸相、畑英太郎次官、南次郎参謀次長)ほかが担当した。ここで、笑ってはいけないだろうが、失笑は出てしまうのは仕方ないところだ。すべて「出来レース」であることは明白。8年後の2.26事件にまでこの勢いは止まらない。爆殺17年後の敗戦までにつな...92年前、6月、日本は蟻地獄への入り口に立っていた

  • 紫陽花や帷子時の薄浅黄・・・芭蕉

    紫陽花や帷子時の薄浅黄・・・このころは陽気もめまぐるしく変わり、晴天の次は土砂降り、気温も真夏かと思えば花冷え時を感じたり、いちいち衣替えをしていたらいくつも洋服をそろえなければ、ってな具合の大変面倒な季節でもある。アジサイはそんな季節、一言で言えば「初夏」かもしれないが、人の思いをいろいろとかき乱す花であると思う。私の家には花の咲かないアジサイの鉢がある。これは亡き妻が、確か5~6年前に白山神社で買い求めてきたものだ。いや、もっと前だったかもしれない。買ってきた当時は鮮やかな色合いを魅せて呉れていた。そして、月日はたちその季節がやってくると少しだけ咲いてくれた。また、一年が経過し、その季節が来ると…ついに一輪も咲かなくなってしまった。要は手入れが拙いだけのことであるけれど、「時の流れ」はそんなものではないだろ...紫陽花や帷子時の薄浅黄・・・芭蕉

  • 耽黙してから起きよ

    コロナ禍で世界が凍り付いていくようだ。私には「とりあえず耽黙せよ。時が来たら起きよ。」と言われているように思える。黙して語らずとも時が来れば自然と起つ。今はコロナウィルスを過ぎ越せ、と。過ぎ越してのちに復活の日が来ると。ぼくが真実を口にするとほとんど全世界を凍らせるだろうという妄想によってぼくは廃人であるそうだ(吉本隆明、廃人の歌)と詠った思想家は8年前すでにこの世界にバイバイしている。ある意味、よい時期にに逝ったのではないかとも思えてくるが、健在だったらコロナウィルスをなんと表現するだろうか。ただ、黙って身を躍らせるようにして生を図らんとするだろうか。彼が発言しても世界は凍り付くことはなかった。真実ではなかったのか。而して今、真実を云々するときではない、と思う。今はただ洞の中に籠って耽黙するのみが良かろうかと...耽黙してから起きよ

  • power and jurisdiction in the dominions of the tycoon of Japan

    次の文章をとりあえず読んでみていただければ幸いです。・・・・HerMajestyhashadandnowhaspowerandjurisdictioninthedominionsoftheEmperorofChinaandinthedominionsoftheTycoonofJapan:これは、THELONDONGAZETTEというイギリスの大衆紙の記事です。その日付ですが、APRIL28,1865とあるのです。つまり、江戸幕府の時代。慶応元年のことです。確かにイギリスはそれより10数年前から仕掛けてきています。それも着々と仕掛けを続けてきており、日本では「江戸時代」という区分の時代ではあったとしても、すでにイギリスの、それも大衆レベルの意識下においては中国と同列であるところの準属国?的な立ち位置と思われていた...powerandjurisdictioninthedominionsofthetycoonofJapan

  • 昭和時代の陥穽

    2019年9月①はじめに時代を語りたい。なぜなのかは大体わかっている。それは今を確認したいからである。今を確認することで、私は生存を許される気がしている。今を語れないということは、今を生きていないに等しいと思う。ところが、「語れない今」が実はひしひしとその存在感を強めてきている、と思うのである。その正体はいったい何なのか。それを追い詰め、誰でもが自由闊達に時代を語ることができるようになる、「今」であろうが、「過去」であろうが「時代」について全く分け隔てなく語ることができる、それが目的なのだ。つまりは、自由闊達に生きるためであるということだ。「過去」も「今」も実は同じである。ただ、単に「時間の流れ」の表象である。私はその意味で過去と今を自由に飛び歩く手法をとりたいと思っている。昭和天皇が即位した、その時に昭和の時...昭和時代の陥穽

  • 白朗、馬賊を捨てたその時

    朽木寒三先生の馬賊戦記の最後の部分ですが、死刑を目前にして生きながらえることに腐心していたころ・・・・・(馬賊戦記から)こうして、12月17日、もう夕方6時過ぎである。廊下の一番出口のところで、看守の大声がきこえた。「シャンシュイトン」と呼ぶ。「イヨーッ」というのが、こっちの答え方だ。すると相手は、何とかかんとか-っと叫び返してきた。白朗は片方の耳が悪い。左の方角からくる声をよく聞きとることができない。それでも言葉の調子で、「開廷-ッ」と言われたような気がしたがそれには少し時刻がおかしい。・・・・・・・・といったいきさつが書かれている。つまり、これが、釈放の日だったのだ。最後の質問は「あなたの国籍は、ほんとうはどこですか」であった。「日本です」と答えた白朗、死刑を免れた瞬間であった。と同時に、私には馬賊を捨てた...白朗、馬賊を捨てたその時

  • 朽木寒三先生の葬儀 「馬賊戦記」の朽木先生が安らかに永眠されました

    小日向白朗学会永久名誉顧問朽木寒三先生の葬儀お通夜5/28日18時から告別式5/29日10時から船橋馬込斎場にて滞りなく終わりました。29日の告別式では、しめやかに日蓮正宗に法り葬儀が行われ、僧侶と参列者との題目唱和、御焼香。そして弔電が読み上げられ、題目三唱をさらに唱和しました。最後に、喪主妻の水口マス子様より涙深いお言葉がありました。最後のお別れでは、樒(しきみ)を参列者とご家族、親戚で、安らかな永眠につかれた先生に供えさせて頂きました。式と式との間には、奥様とご家族から直接、肺炎で闘病中のお話をお伺いしました。また小日向白朗学会の研究報告を会員としてお墓に報告しに参らさせて頂くことも話させて頂きました。なお、日蓮正宗に法り、ご本尊の写っている葬儀の様子は撮ってはいけないということですのでありません。朽木寒三先生の葬儀「馬賊戦記」の朽木先生が安らかに永眠されました

  • 訃報

    令和元年5月23日、昨年来肺炎のため入院されていました朽木寒三先生がお亡くなりました。「馬賊戦記」の作者であり、小日向白朗学会の永久名誉会員でもあります。会員一同心よりお悔やみを申し上げると共にご冥福をお祈りいたします。なお、お通夜28日18時船橋北口馬込斎場。告別式29日10時となっております。訃報

  • 小日向白朗 1982年(昭和57年)1月5日 死去の記事

    小日向白朗1982年(昭和57年)1月5日午前一時四十分死去の記事出典新聞名不明白朗氏と同郷諸橋喜八氏から提供社会・政治問題ランキング国際政治・外交ランキング政策研究・提言ランキング偉人・歴史人物ランキング戦史ランキング歴史ランキングにほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村小日向白朗1982年(昭和57年)1月5日死去の記事

  • 小日向白朗学会 第一回報告会が平成最後の日に行われました。

    小日向白朗学会第一回報告会が平成最後の日4月30日午後2時から事務局新宿区住吉町新宿スパイアビル7階で行われました。報告会参加者は、並木正徳代表他吉田悦夫田中昭雄湯澤利明オブザーバーとして赤井照久氏と総会にも参加して頂いた諸橋喜八氏も御出席して頂けました。さらに並木会長のお知り合いも参加されました。学会、年次決算報告が報告され、次期年度の方向性と目標が話され、今後の学会の運営を各委員が意見を述べました。また赤井照久氏からは、雑誌「丸」で記載した小日向白朗氏の研究を実証をもとにして突き求めた白朗氏の実像を語って頂きました。また白朗氏が戦中に語った対談が本または雑誌で有り、それを公共図書館で借り読んだという話をして、この資料を知らなかった会員はびっくりした次第ですー。更に、白朗氏と同じ出身の諸橋喜八氏も地元三条市で...小日向白朗学会第一回報告会が平成最後の日に行われました。

  • 昭和32年というと・・・

    西暦1957年。1955年春に白朗が台湾から日本に帰って2年目。まだ大牟田に潜伏中に発表したのでしょうか?どのような記事か、すこぶる興味があります。「奉天城事件」については、杉森久英著『荒野に骨を曝す』の小日向白朗の章でも触れられていて、このように述べられていて面白い。「もし軍事計画、あるいは軍事行動にもアイディアの権利を主張できるものならば、石原莞爾は小白竜のアイディア権を侵害していると言っていえないこともないであろう」(同書:216P)(文責・港)昭和32年というと・・・

  • 小日向白朗氏が話した雑誌人物往來社刊「特集 人物往來 「日本の黒幕」 昭和32年2月号

    小日向白朗氏が話した雑誌人物往來社刊「特集人物往來日本の黒幕」昭和32年2月号ー秘められた満州事変の導火線ーというタイトルで話されています。白朗氏は、奉天事件(張作霖爆殺事件)で張作霖が亡くなった三ヶ月後に息子張学良を訪問し、学良から”父の仇を蒋介石と共に、日本帝国主義を打倒する”強い意思を聞いた。白朗は秘密裏に「天津占領」秘密計画をたて着々と準備をしていたが、決行直前で見つかり頓挫した・・・。その後、同じような計画があったようでその蓄積が、日本帝国主義軍隊の満州事変、そして第二次世界大戦への導火線となったと締めくくっています。この白朗氏の話は、一見の歴史証言価値があります。参考文献文責:ゆざわ社会・政治問題ランキング国際政治・外交ランキング政策研究・提言ランキング偉人・歴史人物ランキング戦史ランキング歴史ラン...小日向白朗氏が話した雑誌人物往來社刊「特集人物往來「日本の黒幕」昭和32年2月号

  • 小日向ドキュメント映画企画意図

    長編ドキュメンタリー映画(90分)「緑林の人~満州馬賊王・小日向白朗~」○中国国歌『義勇軍行進曲』のモデルが日本人であることは、あまり知られていない。中国名『尚旭東』(シャオ・スイトン)。中国民衆からは、伝説の英雄『小白竜』(シャオ・パイロン)と呼ばれた馬賊王・小日向白朗(1900年~1982年)、その人である。新潟県三条市出身の白朗は戦前の満州を中心とする広大な荒野をかけめぐり、一時は、満州馬賊の頭領として7万とも8万ともいわれる配下を引きつれ何度もの修羅場をくぐりぬけてきた。○そんな白朗のモットーは、「義気千秋」「除暴安良」。義侠心を大切にし、暴力を排して良民を助ける心。その思想的バックボーンは、日中の真の友好を願う『アジアは一つ』という大きな理想。日本軍と中国軍の間に立って、両者の融和に務め、日中戦争の前...小日向ドキュメント映画企画意図

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、小日向白朗学会さんをフォローしませんか?

ハンドル名
小日向白朗学会さん
ブログタイトル
小日向白朗学会 HP準備室BLOG
フォロー
小日向白朗学会 HP準備室BLOG

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用