海外FX比較まとめ
住所
出身
ハンドル名
FXStreetさん
ブログタイトル
海外FX比較まとめ
ブログURL
https://fxstreet.biz/
ブログ紹介文
海外FXや為替、株式、暗号通貨などの情報を発信
自由文
-
更新頻度(1年)

83回 / 183日(平均3.2回/週)

ブログ村参加:2019/02/23

FXStreetさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/25 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,885サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
為替ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,823サイト
海外FX 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 341サイト
今日 08/25 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 全参加数
総合ランキング(OUT) 85,466位 86,687位 71,919位 71,990位 64,130位 64,399位 64,245位 969,885サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
為替ブログ 960位 974位 796位 793位 703位 705位 714位 16,823サイト
海外FX 45位 44位 35位 32位 21位 22位 25位 341サイト
今日 08/25 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,885サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
為替ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,823サイト
海外FX 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 341サイト

FXStreetさんのブログ記事

  • HotForexの新しい口座とは?

    目次 1. HotForexの口座は7種類ある1.1. これまでの5種類の口座1.2. 新しく追加された2種類の口座2. PAMM口座の仕組み2.1. 投資信託に似た仕組みのPAMM口座2.2. コピートレードとの違い HotForexの口

  • 取引スピードという視点でXMであえてMT5でトレードしてみる

    海外FXの業者で導入されている取引ツールであるMT5は多くの方がすでにご存じのようにMT4の後継ソフトとしてメタクオーツ社が開発して取引ソフトウエアですが、MT4よりもさらに便利なソフトウエアを目指して開発したもののアーキテクチュアがそもそ

  • 海外FXで発生するまさかの口座凍結とは

    海外FXの利用者がネット上に様々なことを書き込んでいるのを見ますが、中にはいきなり口座凍結の扱いになってしまったなどと非常に気になる内容を掲出する人がいます。資金をわざわざ入金して取引をしようとしているのにいきなり口座凍結などの扱いを受けて

  • 2019年おすすめ海外FX業者はやはりXM

    目次 1. 2019年もXMは絶好調1.1. XMは2019年、次々と価値ある賞を受賞1.2. XMの成長ぶり2. XMの豊富な魅力を再確認2.1. XMのメリット2.2. 入金ボーナスはなんとリセットされる 2019年もXMは絶好調 XM

  • 信託保全で選ぶならAXIORY

    目次 1. 信託保全と分別管理の違い1.1. 国内FXは信託保全が義務づけられている1.2. 海外FXの分別管理とは2. AXIORYの信託保全2.1. AXIORYは信託保全2.2. 2018年、2019年に提携銀行と取引停止の真相は?

  • 海外FX業者のスプレッドが国内FX業者よりも広い理由を改めて考える

    国内のFX業者で25倍という限られたレバレッジだけで取引をしていますとなかなか短期間に少ない原資で大きな利益を出すことが難しいことに直面することが多くなります。せっかくならばハイレバレッジを提供してくれる海外業者を利用してみようかと個人投資

  • スプレッドの狭さで選ぶのならこの2社

    目次 1. スプレッドの重要性1.1. スプレッドは手数料1.2. 取り引き回数が多いトレードスタイルほどスプレッドは狭い方がいい2. 有利なスプレッドを提供してくれるおすすめFX業者2.1. ECNであれば「AXIORY」2.2. STP

  • 米国が中国に行った為替操作国認定とは一体何か

    8月5日米国のトランプ大統領はとうとう中国を為替操作国として認定したことを発表し市場では大きな動揺が広がっています。 通常は年間数回の為替操作報告書の発表の中で認定が行われるわけですが、今回のようにいきなり政府が認定を発表するのは異例中の異

  • 約定力・約定速度で選ぶのならBigBoss

    目次 1. 約定力や約定速度がなぜ大切なのか1.1. FX上級者はスプレッドよりも約定力や約定速度を重視する1.2. 約定力や約定速度は何が影響しているのか2. BigBossの約定力と約定速度2.1. BigBossのサーバーはEquin

  • 海外FXにおけるCFD銘柄の必要証拠金計算法について

    海外FXの大きな魅力はFXにおけるハイレバレッジ以外にも同じプラットフォーム上で株式指数やコモディティ、金属などを売買することができることです。これはいちいち別に口座を作らなくての相場の状況の応じて簡単に取引ができるわけですから実際に利用し

  • 国内では体験できないECN口座を海外FXで実際に利用してみた

    国際決済銀行が発表しているレポートによれば世界的な為替のスポット取引、つまり現物取引ではすでにその7割が電子取引、EBSによるものとなっており、プロの為替取引の世界でもインターバンクのディーラーが介在する市場が完全に終焉しようとしていること

  • 海外FXの超ハイレバレッジで稼ぐ方法

    目次 1. 超ハイレバレッジのメリットとデメリット1.1. 超ハイレバレッジのメリット1.2. 超ハイレバレッジのデメリット2. 超ハイレバレッジで稼ぐ方法2.1. ボーナスとゼロカットシステムを上手く活用2.2. 許容範囲内の実効レバレッ

  • 海外FX・MT4、MT5デモトレードの徹底活用法

    海外FXでは殆どの業者にMT4ないしMT5を利用したデモトレードの口座開設が用意されています。もちろんハイレバレッジを体験することができるわけですが、さらにもっと深い利用を行うことができるのです。今回はそんな海外FXのMT4、MT5を利用し

  • 海外FX~ハイレバレッジはどれを選ぶのが適切か

    海外FX業者の最大の魅力といえば国内では規制がかかって利用できないハイレバレジということになります。レバレッジが高ければ高いほど同じボリュームの通貨取引をしても必要証拠金は少なくて済むわけですから利益が上がる方向にポジションを持てれば非常に

  • ボーナスがあるFX業者とないFX業者の違いとは?

    目次 1. 海外FXの特徴である「ボーナス」とは1.1. 口座開設以外にもボーナスがある1.2. XMの具体的なボーナスの仕組み2. ボーナスのなしFX業者にはメリットがないのか?2.1. ボーナスがない代わりにスプレッドが狭い2.2. 国

  • 海外FX業者を困らす個人投資家のカード枠現金化ディール

    ここのところ海外FX業者ではこれまで以上にカードからの証拠金入金のプロセスがうるさくなっています。なぜここま細かいレギュレーションが設定されるのかと不思議に思いまいしたが実はカード利用した入金でとんでもないカード利用枠の換金に使っている輩が

  • BigBossの取引キャンペーンが好評につき7月以降も継続決定

    BigBossでは6周年記念として入金と取引の両方で付与されるWボーナスキャンペーンを6月末まで実施していましたが好評を得たことから7月についても取引ボーナスの配布の継続が決定しています。いまのところ終了時期はアナウンスされていませんので当

  • AXIORY7月9日からサイトを一部修正し利用しやすく改善

    AXIORYのサイトが7月9日から一部修正されてさらに利用しやすいものに改善されました。 具体的な改善内容は以下の通りとなります。 目次 1. 口座開設ページのユーザビリティ向上2. 本人確認書類の提出なしで口座開設が可能に3. 入金ボタン

  • 国内FXのレバレッジが10倍に引き下げられるとどうなるのか

    目次 1. 国内FXの規制の歴史と背景1.1. 国内のレバレッジは最大25倍に規制されている1.2. 2018年第6回有識者検討会で規制見送り2. 国内FXのレバレッジが最大10倍に規制されたら2.1. 国内トレーダーの30%以上が実効レバ

  • 海外FXならではのECN取引とは

    海外FX業者の口座には同じNDDでもSTP方式とは別にECNと呼ばれるスプレッドの狭い口座の設定がされていることが殆どとなっています。しかしこのECN方式というのは国内ではほとんどお目にかかることのできない口座でそのメリットを正確に知る本邦

  • GEMFOREXがニュージーランドのライセンス取得

    2010年に日本人の創業者により香港で開設されたGEMFOREXがこの度正式にニュージーランドのライセンスを取得し現地にも法人を設立して新たなスタートを切った模様です。 同社はこれまでバヌアツのライセンスを持っているとしていましたが明確では

  • GEMFOREXでドル円、ユーロドルを両建てにすると往復でスワップがとれる

    海外FX業者というのはそれぞれ本拠地も異なりリクイディティプロバイダーとの取引も異なるためスプレッド以外の取引スペックは思いのほか異なることが多くなるものですが、中には驚くようなスペックを提供する業者が存在します。その一つがGEMFOREX

  • TitanFXの入金方法のおすすめ

    目次 1. TitanFXの入金方法には何があるのか?1.1. 一般的な海外FXの入金方法1.2. TitanFXの入金方法は絞られている2. TitanFXの入金にはbitwalletがおすすめ2.1. bitwalletによる入金方法2

  • 信託保全のない海外FX業者でも安心できるところを見分けるコツとは

    国内の店頭FX業者の場合、金融庁が指導して100%が信託保全の仕組みを導入しており、これがあれば顧客の投資基金はしっかり守られると非常に高い安心感をもたらしています。しかし海外業者には信託保全の仕組みを導入していないところも多く、分別管理だ

  • 海外FXの約定力は何で決まるか

    FX取引をしていますと非常に気になるのが約定力の問題です。今回は海外FXにおける約定力を決定する要素について考えてみることにします。 目次 1. そもそも約定力とは・・・2. 取引サーバー自体の処理能力が1番の要件3. NDD方式の取引形態

  • 海外FXの円建て口座とドル建て口座どちらがお得?

    海外FX業者の口座には円建ての口座とドル建て、場合によってはユーロ建てといった口座が設定できるようになっています。口座開設時はその違いがあまり感じられない方も多いと思いますが、実は円建てとドル建てでは実際に利用しはじめると大きな違いがでてく

  • XMのボーナスサイトとキャッシュバックサイトを使いこなす最新のベストプラクティスとは

    XMで口座開設する場合、直接同社の日本人顧客対応のXMTrading公式サイトにアクセスし口座開設や入金ボーナスが付与される口座を開設するのが一般的ですが、それとは別にIB(Introducing Broker)を通じて自らの取引量に応じて

  • 海外FXで納税額を抑えるコツは?

    目次 1. 国内FXと海外FXの納税の違い1.1. 確定申告は必要なのか?1.2. 海外FXは総合課税の累進課税2. 海外FXでの節税のコツ2.1. 必要経費をどこまで申告するのか2.2. 420万円以下であれば海外FXの方が納税額は安い

  • 米中貿易戦争で中国のブローカーに対する規制強化

    目次 1. 中国の厳しい資本規制1.1. 中国当局も人民元安に危機感1.2. 中国でのFXはグレーゾーン2. オーストラリアの反応2.1. 2019年4月金融関連の規制法案を可決2.2. 2019年5月オーストラリアのブローカーが撤退表明

  • XMがUKで新ブランドTrading.com立ち上げへ

    国内ではハイレバレッジから非常に高い人気を誇っているXMはUKのトレーダー向けに新しいブランド Trading.comを立ち上げすでに既存ユーザーをこの口座に移動させる動きを始めました。これまでUKでも知名度があったXMからTrading.