プロフィールPROFILE

株式会社LIFE PEPPER 公式さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
イマラボ こぼれ話
ブログURL
https://lifepepper.co.jp/about/blog-archive/
ブログ紹介文
グローバルデジタルマーケティングナンバー1の株式会社LIFE PEPPER が運営するブログです。
更新頻度(1年)

65回 / 287日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2019/02/20

株式会社LIFE PEPPER 公式さんのプロフィール
読者になる

株式会社LIFE PEPPER 公式さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,063サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
企業ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,195サイト
その他サービス業 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 518サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,063サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
企業ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,195サイト
その他サービス業 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 518サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,063サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
企業ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,195サイト
その他サービス業 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 518サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、株式会社LIFE PEPPER 公式さんの読者になりませんか?

ハンドル名
株式会社LIFE PEPPER 公式さん
ブログタイトル
イマラボ こぼれ話
更新頻度
65回 / 287日(平均1.6回/週)
読者になる
イマラボ こぼれ話

株式会社LIFE PEPPER 公式さんの新着記事

1件〜30件

  • Wechatとは?中国人向けインバウンド対策に必須!効果的な使い方

    訪日インバウンド最大の客層と言えば、お隣の中国です。 2018年に日本を訪れた外国人3,110万人のうち、27%にあたる838万人が中国人(※1)。昨年は合計1兆5450億円もの金額を、日本の各地で消費しました(※2)。 今後も人数・消費額共に増加が予測されており、インバウンド対策に際し、今や中華圏向けの取り組みは欠かせません。 そこで積極的に活用してほしいのが、「WeChat」というツールです。

  • Weiboでインバウンド対策を!中国最大のSNS活用法を解説

    年間3,000万人以上にのぼる訪日インバウンド客(※1)。彼らは旅行計画を立てる際、国籍に関わらずSNSの口コミを重視します(※2)。 彼らは旅行計画を立てる際、国籍に関わらずSNSの口コミを重視します(※2)。 私たち日本人に馴染み深いSNSは、TwitterやInstagramでしょう。どちらも日本のみならず、世界中で広く使われています。 が、国家による検閲(グレートファイアウォール)がなされ

  • NAVER攻略は韓国人旅行客誘致に必須!インバウンド対策で効果的な使い方とは?

    日本を訪れる韓国人は非常に多く、2019年は10月末までの訪日外国人が1,962万人だったのに対し、韓国人は442万人と全体の22.5%にものぼります(*)。 しかし、日韓関係の悪化によって客数が伸び悩み始めており、彼らを誘致したい企業・自治体は頭を悩ませているでしょう。 この状況では、ターゲットに合わせたプロモーション選びがなおのこと大切になります。その上で、まず何よりも押さえてほしいのが、同国

  • Ctripとはどんなサービスなのか?中国人向けインバウンドに最適な理由と導入方法、活用事例をご紹介!

    あなたはどうすれば自店舗に訪れる外国人を増やせるのか、お悩みではありませんか? 近年は訪日外国人客が増えていて、2018年には初の3,000万人を突破しました(*)。しかし一方で、外国人が訪れる場所には偏りがあり、まだまだインバウンド市場の活況に乗り切れていないところもあります。 この記事を読んでいるあなたも、 「どんな方法で対策すれば良いのか分からない...」 「いろんな方法があって、どれをやれ

  • Baiduではじめるインバウンド対策!実効性のある活用法を解説します!

    年々増加する訪日外国人旅行者の中で、断トツに多いのが中国人です。2019年は、10月までに558万人を記録。同年同月までの訪日外国人客総数1,962万人のうち、28.4%を占めるほどです(*)。 この大きな客層を取り込みたいと考える企業・自治体はやはり多く、誘致合戦が今、激しさを増しています。担当者の方は、いかに効率良くターゲットへアプローチするか、限られたリソースと格闘しながら思案中なのではない

  • 関西のインバウンド市場が熱い!2019年の動向と今後の課題、人気のセミナー情報などを徹底解説!

    歴史的な建造物や町並みと、現代的な繁華街やショッピング施設が混在し、魅力的な観光資源に富む関西地方には、多くのインバウンド客が訪れています。 2018年10~12月期には、772万人の外国人旅行者のうち41.1%にものぼる、317万人が訪問(*)。全訪日客の半数近くが、何らかの形で関西に来ているのです。 それでは、関西のインバウンド市場が熱くなっている今、改めて現状を細かく見直し、課題を明確にして

  • Eternity X(エタニティエックス)とは?中国向け最大規模のDSP広告サービス

    Eternity X とは、中国・香港・アメリカ・シンガポール 等 7 拠点でサービス運営されているDSP広告。現在は大手中国企業・外資企業が主に利用中。現在国内のマーケティング企業で提供を行っている企業はほとんどありませんが、LIFE PEPPERでは2019年9月より提供開始しています。

  • 【メディア掲載】ソリューション事業部の吉田(雅)がセミナーで登壇した様子を日用品化粧品新聞に掲載いただきました

    【メディア掲載】日用品化粧品新聞 様 【メディア掲載】2019年10月17日にアライドアーキテクツにて実施したセミナーで、弊社ソリューション事業部の吉田(雅)が登壇した様子を、日用品化粧品新聞 様に取り上げていただきました。 セミナーにて、吉田(雅)は台湾マーケティングの特徴や事例等をお話ししました。弊社では、これまでも日本各地でインバウンド市場におけるマーケティングやプロモーションの原理原則、越

  • 【メディア掲載】インバウンド市場開拓法について「ExchangeWire Japan」に掲載されました

    広告テクノロジーのニュースや開発動向などの最新ニュースを届けるメディア、「ExchangeWire Japan」に弊社のインバウンド支援への取り組みに関して、ソリューション事業部総括 高橋のインタビューが掲載されました。ぜひご覧ください。 本件はこちらからご覧いただけます。 ■国ごとの特徴を抑え、デジタルで情報の「導線」を作る-LIFE PEPPER流インバウンド市場開拓法 本件に関するお問い合わせはこちらよりお願いいたします。

  • 【メディア掲載】福岡RKB毎日放送に執行役員の厚海が出演いたしました

    【メディア掲載】8月21日放送の福岡RKB毎日放送 RKBラジオ「仲谷一志・下田文代のよなおし堂」に弊社執行役員の厚海が出演致しました。 番組内のディベートや当事者、専門家インタビューで、世の関心事を掘り下げるコーナー「きょうのフカボリ」にて、昨今の韓国情勢における 日本市場への影響について、コメントを述べました。 ご興味のある方はラジコからお聞きいただけます。 本件に関するお問い合わせはこちらからお願い致します。

  • 【メディア掲載】東京新聞に執行役員厚海のコメントが掲載されました

    【メディア掲載】7月31日発行の東京新聞に弊社執行役員の厚海を取材して頂きました。 記事では昨今の日韓関係や、近年相次いでいた日本の地方空港と韓国を結ぶLCCの新規就航と若年層韓国人の動向についてコメントを述べております。 ご興味ある方は紙面を御覧ください。

  • 【メディア掲載】千葉テレビ「シャキット!」に代表取締役の吉田が出演いたしました

    2019年7月30日放送の「チバテレ シャキット!」に弊社代表取締役の吉田が出演しました。 番組内の、自分の物語を生きる人のストーリーをお届けするインタビューコーナー 「another life」にて吉田の人となりや事業への取り組みについて取り上げて頂きました。 番組の一部をYouTubeにて閲覧することが可能です。 ご興味ある方は下記からご閲覧ください。 千葉テレビ 「シャキット!」 another life

  • 【インタビュー掲載】「はたらく」を面白くするビジネスSNS, Wantedlyにて、吉田のインタビューが掲載されました

    「はたらく」を面白くするビジネスSNS, WantedlyにLIFE PEPPEの運用事例に関して、執行役員及び人事総括を務める 吉田(典広)のインタビューが掲載されました。ぜひご覧ください。 こちらからご覧いただけます。 ■"マーケ視点で採用を見直す" 応募数を10倍にして勢いあるメンバーを採用した"エモさ"をロジカルに伝える術 本件に関するお問い合わせはこちらよりお願いいたします。

  • 【メディア掲載】グローバルな組織戦略について「Morebiz」に掲載されました

    面白いビジネスを掘り起こすメディア『Morebiz』にLIFE PEPPERの組織戦略への取り組みについて 代表取締役 冨永のインタビューが掲載されました。 ぜひご覧ください。 こちらからご覧いただけます。 ■社員の7割が海外在住経験者、バッググラウンドの異なるメンバーをまとめる「組織戦略」の考え方 本件に関するお問い合わせはこちらよりお願いいたします。

  • 東京オリンピックで観光客の増加!インバウンド需要はどうなる?

    東京オリンピックでの観光客の消費拡大は大きな経済効果を及ぼします。 東京オリンピックの開催に伴う外国人観光客の増加をビジネスチャンスに変えましょう。今回の記事では、東京オリンピックに関する観光客の予測、集客方法、成功事例などをご紹介します。 東京オリンピックが開催されることで観光客にどのような変化が起こるのか予測されているか現状を整理し、観光客の集客方法や過去のオリンピックでの成功事例を参考にインバウンド客に対する施策を成功させましょう。

  • インバウンド客に人気の沖縄!観光客の集客方法を解説します

    アジア諸国に近い沖縄は韓国や中国、台湾、東南アジア諸国をはじめ多くの外国人観光客が訪れます。近年沖縄への外国人観光客数が増加し続けています。2009年から2017年の間で、外国人観光客が21万人から301人と実に14倍に増えました。 沖縄を訪れる外国人観光客の多くは沖縄の自然やアクティビティー、ショッピングを期待しています。アジアからの観光客からすると空路でも海路でも生きやすいリゾート地の代表地です。 インバウンド客に人気急上昇中の沖縄。一方でこんな悩みもあるのでは? 「沖縄で事業を展開しているけどインバウンド客の取り込みがうまくいかない…」 「新しいお店を沖縄で開きたいが、どうしたら外国人が訪れるかわからない!」

  • 【2019年】世界のインバウンド伸び率ランキング独占の沖縄・京都・大阪を、外国人目線で比較!

    2018 年の世界中の観光客の増加を調査した米マスターカードについての報道を、外国人目線で紹介していきます 訪日外国人旅行者(インバウンド)の伸びが世界トップクラスであることがデータで浮かび上がった。クレジットカード運営の米マスターカードが9月末に発表した「2018年度世界渡航先ランキング」によると、過去8年間の渡航者数の成長率を比較する「急成長渡航先ランキング」で沖縄、京都、大阪が1~3位を独占。北海道が7位、東京が11位に食い込むなど、他の国々を圧倒した。17年の渡航者数は東京が8位、大阪が19位だった。 調査は世界の主要162都市(都市圏)を対象に、ビジネスや観光で訪れた1泊以上の渡航者数などを集計した。2011年から毎年公表され、都市数や調査項目は年を追って拡大。今年は調査地点が30カ所増えた。マスターカードによると、各国の公的な統計資料などを基に調査され、日本は都道府県単位で集計。京都、沖縄は今回追加された調査地点だ。 引用元 産経WEST 「世界のインバウンド伸び率、沖縄・京都・大阪が上位3位まで独占」より はじめに 本記事では、世界のインバウンド需要伸び率トップを独占した「沖縄・京都・大阪」3箇所の印象を弊社アフリカ担当の大和田が韓国と台湾それぞれ在住している女性ディレクターにインタビューしながらディスカッションしました。 今回の記事では、台湾人 32 歳 台北在住のリンさん、韓国人 31 歳 ソウル在住のキムさんの2名に記事の制作に協力してもらいました。 それでは、世界のインバウンド伸び率ランキングを独占した沖縄・京都・大阪を、韓国人、台湾人ディレクターに語ってもらいましょう! 台湾人が郷愁を覚える沖縄 大和田:まずは沖縄についてどう思われますか?ふわっとした質問でごめんなさい。 リンさん:まず、沖縄は台湾人にとってはおなじみのリゾート。最初に日本に行く人の旅行先として選ばれることも多いんです。 キムさん:それは少し意外かも。韓国では、まず行くのは大阪が多いかな。 リンさん:理由はいくつかあって、地図で見ると、台湾と沖縄ってすごく近いですよね。だから飛行機初心者の台湾人のおじさま、おばさまでも安心して旅行できる。

  • 【東京オリンピックのインバウンド需要】現状と過去の例から見る課題とは?

    東京オリンピック開催が間近に迫り、ビジネスチャンスを掴もうとインバウンドビジネスがいつも以上に盛り上がりを見せています。この記事では東京オリンピックに向けて、増加しているインバウンド需要をうまく捉えるために解決すべき課題をご紹介します。大きな需要が期待できる東京オリンピックで、ぜひインバウンド訴求を成功させましょう。

  • なぜ外国人旅行者が増加しているの?理由について、インバウンドの現状や人気スポットなども紹介!

    2018年の訪日客数は3,000万人を超え、彼らの旅行消費額は4兆5,000億円以上を記録。2019年は外国人旅行者数のさらなる上昇が見込まれています。この記事では年毎の外国人旅行者伸び率や国籍の割合、外国人旅行者の来日目的や行動パターンといった詳細な現状をお伝えします。

  • 【プレスリリース】グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER、子会社Experience InterfaceTechnologies株式会社を設立し、国境を超えたUXの最大化をサポート

    【サービス拡大の中、100%出資子会社設立を発表!】 外国人目線のグローバルデジタルマーケティングを支援する株式会社 LIFE PEPPER(所在地:東京都中央区 代表取締役:冨永重人、吉田行宏 以下 当社)は、2019年4月1日付けで、UXの最大化サービスを提供するExperience Interface Technologies株式会社(代表取締役 須山 和弘)を子会社として設立したことをお知らせします。 Experience Interface Technologies 株式会社は、「デジタル戦略サポート」「コンテンツ・プロダクト・システム開発」「顧客動向分析」の主に3つの領域でUXの最大化サービスを提供しており、株式会社LIFE PEPPERの100%子会社として設立されました。 LIFE PEPPER社は創業時から一貫して「外国人(ゲスト)目線」に拘り、それを実現するため戦略の立案から製作、プロモーションまで一貫した海外向けのデジタルマーケティング支援を行ってきました。今回の子会社設立の背景には、市場動向において年々重要性高まっている「顧客体験=ユーザーエクスペリエンス (UX) 」の支援へのニーズがあります。子会社を含めた新体制では、「利用した際に具体的に何を得られるか」という部分を強化し、商品やサービスの優れた顧客体験を提供します。 【Experience Interface Technologies 株式会社の事業内容】 「デジタル戦略サポート」 先端技術の導入が必ずしもデジタル戦略の成功に繋がるわけではありません。テクノロジーを活用するのは人であり、デジタル戦略には組織設計や社内コミュニケーションも重要な要素となります。その観点から作って終わりではない、機能し続ける組織設計をサポートします。 「コンテンツ・プロダクト・システム開発」 世の中の変化に対応するために高速化しているコンテンツの生産環境と、多機能化するシステム開発環境ではPDCAのスピードに差が生じやすい時代になりました。その状況は部門最適を生み出し、スムーズなUXの設計を阻害します。必要十分な機能で最大の成果を生み出す設計をすることで、部門最適を解消し、UXを最大化します。 「顧客動向分析」

  • 【2019年最新】海外ECサイトランキング!注目4ヶ国の市場を徹底解説。越境ECする前に確認必須

    今回は中国・アメリカ・韓国・台湾4ヶ国に絞って市場規模や特徴・市場動向を紹介し、各国で人気の海外ECサイトをランキング形式でご紹介!世界中でスマートフォンが台頭していることもあり、EC市場規模が毎年成長しています。経済産業省の2021年までの予測では、EC市場は毎年2桁成長が見込まれています。

  • 【セミナー登壇情報】弊社マーケッターの對馬が「Global Marketing Meetup」にて登壇しました。

    グローバルマーケティングの貴重な事例やノウハウを披露する、スタートアップ企業9社による「Global Marketing Meetup」にて弊社マーケッターの對馬が登壇しました。 弊社創業の経緯についてや、韓国向けの施策で最も良い成果を上げた事例を中心にご紹介しました。 また今回のMeetupの模様が、Webマーケッター向け情報サイト「Marketing Native」にて掲載されています。 ぜひご覧ください! Webマーケッター向け情報サイト「Marketing Native」 グローバルマーケティングの貴重な事例やノウハウを披露!スタートアップ企業9社による「Global Marketing Meetup」開催(前編) 海外YouTuberマーケティングのコツや外国人向けツアーの口コミを集める方法とは?「Global Marketing Meetup」レポート(後編)

  • 【メディア掲載】採用への取り組みについて「CO-NECTAR」に掲載されました

    採用PRに関する情報を届けるメディア『CO-NECTAR』にLIFE PEPPERの採用への取り組みに関して、執行役員及び人事総括を務める 吉田(典広)のインタビューが掲載されました。 前編・後編に分かれた2部構成になっています。ぜひご覧ください。 こちらからご覧いただけます。 ■前編:いまさら聞けない!採用工数をかけなくても、応募者を呼べるWantedlyの募集の出し方! ■後編:母集団の形成に成功したスタートアップ企業が、採用のマッチ度を高めるためにするべきこととは? 本件に関するお問い合わせはこちらよりお願いいたします。

  • 外国人観光客リピーターは全体の6割超え!特徴から効果的な施策までリピーター訴求を始めよう

    来日する外国人観光客の6割はリピーター!リピーター外国人観光客に焦点を当て、その特徴から効果的な施策まで余すことなくご紹介します。外国人観光客リピーターは、日本に訪れる回数が増えるほど消費額が増え、地方を訪れるなどよりコアな観光客となることが言われています。外国人観光客リピーターへのアプローチによってより多くの購買活動を促し、有名観光地以外の場所への招致も可能になります。

  • 福岡で人気のインバウンド観光地は?外国人集客の成功事例を紹介

    福岡県は韓国、台湾、中国などのアジア圏と物理的距離が近く、インバウンド観光客が多数訪れる人気都市です。 訪日ラボの調査によると、2018年は訪日外国人観光客数が約237万人となっており、全国順位で5位に福岡がランクインしており、インバウンド市場は盛り上がっています。(*) インバウンド観光客に人気の福岡ですが、せっかくお店を構えているにもかかわらず、外国人が全く訪れずに困っている方もいるのではないでしょうか? この記事では福岡のインバウンド事情から、太宰府天満宮や福岡タワーなどの人気の観光スポット、外国人集客の成功事例などを幅広く紹介していきます。 福岡でインバウンドマーケティングを成功させたい!という方はぜひ参考にしてくださいね。 *1:訪日外国人の都道府県別・訪問ランキング | インバウンドで人気の目的地・旅行先は?ー訪日ラボ 成功するインバウンド戦略に欠かせないポイントとは?成功事例や策定のヒントを解説します 外国人観光客に人気都市は沖縄・京都・大阪!【世界インバウンド伸び率ランキング独占 福岡がインバウンドに人気の秘密 福岡は他県と比較してもインバウンド客の観光客数が多い人気都市です。 2018年は東京・大阪・千葉が訪日外国人観光客のTOP3となっており、都市部や和文化を体験出来る場所の人気が集中していますが、全国順位では5位に福岡が躍進(*)しています。 福岡に訪れる外国人観光客数は約237万人、訪問率9.9%と比較的高い数値となっています。 このように、なぜ観光客から根強い人気を誇るのか福岡のインバウンドの人気の秘密について紐解いていきましょう。 *:同上 訪日韓国人による下支え 福岡に訪れる外国人観光客で圧倒的多数を占めているのがシェア率約51%の韓国人です。(*1) 法務省の「出入国管理統計(*2)」では福岡市に訪れる韓国人観光者の数も52.6万人から153.4万人と3倍もの増加率を誇っています。(*2) 福岡は特に韓国との地理的距離が近く、福岡空港、博多港と入国ルートも複数あるため交通の利便性も高い特徴を持っています。 どれぐらいの近さかと言うと、福岡と東京間と上海と福岡間がほぼ同じ距離というから驚きです。安いときであれば航空券を6000円~7000円という価格で購入できる時期もあり、高速船もキャンペーンの際には1万円以下で購入可能になります。

  • インバウンドに人気の観光地!人気の理由と選ばれる理由とは?

    ラグビーワールドカップ、東京オリンピック開催が間近に迫り、日本国内でインバウンドの関心は日に日に高まっています。 実際の数値を見てみると、2014年は1,300万人ほどだった日本に訪れる外国人観光客は、2018年には3,100万人。4年間でインバウンド客は約2倍以上に増えています(*)。 しかし、インバウンド需要をビジネスにもっと取り入れたいけど、何から始めればいいかわからないといった悩みを持つ事業者は意外と多いものです。 今回の記事では、近年のインバウンド客の特徴から、人気の観光地、インバウンド観光客が増えない地域の課題など網羅的にご紹介します。 インバウンド客に人気の観光地には、日本人がよく知る定番の観光地だけでなく、外国人目線で支持されるポイントが抑えられています。 近年のインバウンドの特徴を知り、インバウンドビジネスを加速していきましょう。 *:観光局|訪日外客数(年表) 外国人観光客増加の波に乗る!インバウンド集客に効果的な手法とは? 観光業界におけるインバウンドとは? インバウンドとは、英語で「inbound」とつづり、「外から中へ入る」といった意味を持つ形容詞です。 ビジネス用語やIT用語としても使われますが、観光業におけるインバウンドとは「訪日外国旅行」を指します。 2018年のインバウンド客は3119万人を超え、過去最高を記録しています。(*1) タイや中国、ベトナムなどをはじめとするアジア諸国からのインバウンドが増加しています。 2018年の消費額は4.5兆円を超えこちらも過去最高を記録しています。国別でみると中国(15,370億円)や韓国(5,842億円)、台湾(5,839億円)が消費額のトップ3となっています。(*2) 中国は「爆買い」のイメージが強いですが、「爆買い」のブームが去った今日においても中国人訪日観光客の影響力は強いです。 *1:日本政府観光局「年別訪日外客数の推移」 *2:観光庁「2018年全国調査結果(速報)」 日本に訪日外国人が増加している理由とは? インバウンドビジネス成功事例!売上940億円から年241%成長事例も 近年の観光インバウンド客の特徴 最近インバウンド客が日本観光で重視する特徴として、体験型の「コト消費」、日本的なものや体験、SNSでシェアしたくなるかどうかが挙げられます。

  • 【メディア掲載】 弊社代表取締役の富永が 頑張る人を支援する、挑戦者の応援メディア「TACHIAGE」に掲載されました。

    弊社代表取締役の富永が 頑張る人を支援する、挑戦者の応援メディア「TACHIAGE」に掲載されました。 本記事では「富永自身が起業するに至った経緯や理由」、「弊社がなぜ海外マーケティング事業を行なっているのか」、「」 掲載されています。 ぜひご覧ください!

  • ラグビーワールドカップでのインバウンド対策!欧米圏へのマーケティングに力を入れよう

    ラグビーワールドカップに向けたインバウンド対策について、データ予想やインバウンド成功事例を交えて徹底的に解説!経済波及効果約2330億円といわれる2019年ラグビーワールドカップ。ラグビーワールドカップは全国12カ所の都道府県で開催・期間も44日と長く、高い経済波及効果が予測されています。効果的な訴求でインバウンド集客を成功させましょう!

  • 中国のグレートファイアウォールとは?仕組みと回避方法を徹底解説

    中国には「グレート・ファイアウォール」というネット検閲システムが、全土に敷かれておりインターネットの閲覧や通信が制限されています。グレート・ファイアウォールは、中国政府による自国の情報遮断・IT産業育成が主たる理由として行われています。この記事では中国がグレート・ファイアウォールを敷く理由から、グレート・ファイアウォールの仕組み・回避方法を解説していきます。

カテゴリー一覧
商用