searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
旅と鉄道の美学
ブログURL
https://www.estoppel.jp/
ブログ紹介文
鉄道を中心とした国内外の旅の記録から切符や部品、規則など幅広く扱います。あまりマニアマニアせずに、旅好きな人が気軽に楽しめて、ちょっと旅にスパイスが加えられるような隠し調味料のようなブログを目指しています。
更新頻度(1年)

126回 / 365日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2019/02/19

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、旅師 エストッペルさんをフォローしませんか?

ハンドル名
旅師 エストッペルさん
ブログタイトル
旅と鉄道の美学
更新頻度
126回 / 365日(平均2.4回/週)
フォロー
旅と鉄道の美学

旅師 エストッペルさんの新着記事

1件〜30件

  • 【切符系】 高い?便利? 山手線内均一定期券 1か月14490円

    あまり知られていませんが、山手線内ノリホーの定期券です。山手線内なので、図示されている中央線と総武線も利用可能です。 JRの場合は、通勤定期券と通学定期券が良く知られていますが、「特殊均一定期乗車券」という隠れキャラが潜んでいます。営業規則では38条の2に個別に規定されており、現在のところ山手線内用しかありません。 ちなみに「の」がつく条文は、「枝番」といわれて、どうしても条文と条文の間に入れたいものの、条数が振れない場合に用います。これがついている場合は、規則の制定後である推定が働きますので、あとからはいった条文ということになります。 まあ今でも存在するので、一定程度の需要はあるんでしょうね…

  • 【鉄道施設系】 映画にみる鉄道風景 「砂の器」(1974年)

    今度、木次線にもう一度行ってくるので、ひさびさに砂の器を観てみました。やはり加藤剛、丹波哲郎の物がいちばん趣があっていいですね。国鉄末期の雰囲気が感じられるし、見ているだけで旅に出たくなります。 もちろん社会問題を扱っている部分やミステリーとしての面白みもありますけど、旅映画(?)としても良いですね。 まずは羽後亀田駅到着時の風景です。ホームが舗装されていて、かろうじて旧型客車が走っていたりと、国鉄の地方幹線の姿がよく表れています。 羽後亀田駅をでる今西刑事らです。この駅舎はまだ残っています。現存するうちに行っておきたいところです。 食堂車の風景です。このような在来線の食堂車でいちど食事をして…

  • 【国内旅行系】 駅な宿・宿な駅 駅舎ホテル(静岡県・天竜浜名湖鉄道・二俣本町駅)

    さっそく第2回です。天竜浜名湖鉄道の二俣本町駅の事務所を改造した宿となります。 こちらは出来たばかりなので、あまりマニアにも知られてないかもしれません。有名になる前に、ドヤ顔でブログにアップしておきます。スタッフの方が、知名度がいまいちみたいなことを言っていたので、スーツさんを招待したらどうですかって伝えておきました。 天竜浜名湖鉄道はかなり早い時期から駅舎自体をテナントとして貸し出すようなことをやっていますが、まさか宿が登場するとは思いませんでした。 この駅は国鉄二俣線時代に1回、あとは20代にこの近辺を車でめぐったときに寄っているので3回目ですね。2回目のときは既に無人駅でした。 まず申し…

  • 【鉄道施設系】 味のある駅シリーズ 嘉例川駅・大隅横川駅 (鹿児島県・肥薩線)

    あまりにも有名になりすぎて紹介するまでもありませんかね。明治生まれの木造駅舎が今も残っています。 この駅が好きなのは、駅舎がきれいに維持されていて、駅前が舗装されていないことです。活気のあった時代の肥薩線の雰囲気に浸れるます。SLの時代の駅の雰囲気ってこんな感じだったんだろうな~って。蝉しぐれの夏の昼下がりなどが似合いそうです。 【行き方】 肥薩線なので、鹿児島中央まで新幹線でいって乗り換えるのが一般的ですが、実は鹿児島空港のすぐ近くなのです。 なので、飛行機で鹿児島空港で降りて、バスで移動するのが便利です。鹿児島交通の霧島いわさきホテル行きのバスが1日6本出ているので、時間もあわせやすいと思…

  • 【コラム】 明治時代の時刻表を買ってみた。『汽車 汽船 旅行案内』

    明治時代の時刻表を購入してみました。もちろん旅師たるもの本物志向。復刻版ではなく、明治時代の本物です。古本屋さんだったので、鉄道物としての相場が分からず安く出していたものと思われます。復刻版相当の値段で本物が買えたので大満足です。 月間時刻表の元祖である庚寅新誌社発行の『汽車 汽船 旅行案内』です。残念ながら創刊号ではなく、第2号ですが、かなり貴重な史料となります。 ★ ★ では、旅師的視点で順番に見ていきましょう。 巻頭にはいくつか広告記事があります。 銀行や保険会社とならんで慶応義塾の広告がありました。正誤通知にある前号で入学金が1円とあるのは3円の間違いという通知ですが、釣りじゃないのか…

  • 【コラム】 車掌さんにサインをもらってみた。

    といっても、アイドルのサインをもらうようなイメージではありません。乗車証明的なものを書いてもらってました。恥ずかしいので、とうの昔にやめてますけど、手帳が出てきたので、紹介しておきます。 私がやっていた当時はまだJRになったばかりで、国鉄の牧歌的な雰囲気が残っていたので、どの列車の車掌も書いてくれましたが、いまは難しいかもしれませんね。あとで変に責任問題になっても嫌なので、イベント列車以外は断られるかもしれません。 それでは印象深い列車をいつくか。 快速「みすず」長野→飯田 急行天竜の跡継ぎですね。 岡谷まではJR東日本の長野車掌区、岡谷からがJR東海の伊那松島運輸区です。 当時の写真です。 …

  • 【営業規則系】 無人駅で車掌さんの途中下車印をもらってみた。

    先日、飯田線の特急伊那路4号に乗っていて、平岡駅で途中下車をしようとしたのですが、車掌さんが途中下車の記録をしてきました。頼んだわけでもなく、検札で平岡で降りることを知っていたので、車掌さんから声をかけてきたのです。 制度自体は知っていたのですが、初めて言われたので、この制度はまだ生きていたんだと感心した次第です。 わたしは、鉄ヲタの中でも、普通片道乗車券を使って無人駅で途中下車をする機会は非常に多い方なのですが、そんな私でも初めて出会いました。聞くと、内部通達でできる限りこのような記載をするように指導があるそうです。担当車掌区は伊那松島運輸区です。 真面目というか、不正乗車に対して厳格な対処…

  • 【鉄道施設系】 味のある駅シーズ 小和田駅(静岡県浜松市・飯田線)

    飯田線沿線出身者ですが、この駅が全国的に有名になるとは思いもしませんでした。いまでも秘境駅として有名ですからね。駅舎が解体される前に再訪しておこうと思い、今回じっくりと観察してきました。 けっこう駅舎もガタがきているので、早めに行っておいた方がいいかもしれませんね。 行き方は、お好みでということになりますが、車で行くのはよした方がいいですよ。後の方で書いておきましたが、道路から駅までの徒歩が半端じゃない。車で行った場合は大嵐や伊那小沢、平岡に駐車してから鉄道で向った方が合理的です。 豊橋方向です。保線用の引き込み線がありますが、かつては貨物用の引き込み線だったと思われます。 すでに交換設備は撤…

  • 【国内旅行系】 駅な宿・宿な駅 ふれあいステーション 龍泉閣(飯田線・平岡駅)

    新シリーズ始めます。駅な宿・宿な駅。 対象は駅の中にある宿か、宿の中にある駅です。隣接は対象外となります。徒歩1分以内。旅師たるもの、こんな便利な宿があったら使うしかありません。 ということで、わが地元飯田線から始めます。平岡駅と合体している龍泉閣です。 まあ平岡駅は既に無人化されているので、もう宿におまけで駅がくっついているだけですよ。昔は、新宿行きの急行があったり(飯田までは普通)、貨物の発着で結構な人数の駅員さんがいて、にぎやかだったのですがね。。。 私の予測ですが、平岡駅は宿泊施設が家主で、JRは駅事務所部分を借りているテナントではないでしょうか。見た目から判断するに。 さて、まずは場…

  • 【国内旅行系】 中央線と飯田線の間を横断する。恵那⇔飯田の移動(名鉄バス・信南交通) 

    中央線と飯田線をバスで横断するルートは2か所あります。今年は運休になってしまった木曽福島⇔伊那市(JRバス関東)と本記事の高速バスです。まず旅のルートからみておきます。 今回、実家に帰ってきたのですが、相変わらずまともなルートで帰るのが苦手な私です。未成線の中津川線(下記参照)を偲びながら中央自動車道を通る高速バスで移動してみたわけです。 trafficnews.jp この区間は中学生のときに、馬籠→飯田駅前と移動したのですが、中津川からの路線バスが馬籠のバス停から結構離れた場所にあって、夏の暑い中、道に迷って苦労した記憶が残っています。 【中津川駅前→神坂小中学校前→高速馬籠の移動】 高速バ…

  • 【国内旅行系】 立山連峰の麓を走る。 富山地方鉄道3(寺田⇒魚津)

    踏破するためいったん富山駅にもどってから、上市行きに乗り込みました。 上市駅進入です。スイッチバックになっているので、行き止まりホームです。 このように上下線が同じ方向に入って同じ方向に分かれて出ていきます。 農協が同居しています。というか、農協の中に駅がある?ので、看板だけ見ると、ほぼ農協。 駅内には他のテナントも入っていて、結構にぎやかです。特急とかいっぱい止まる地方にあるJR主幹駅のような雰囲気です。 路線図を見ると、上市駅はおおむね真ん中に位置します。 西滑川を過ぎると、あいの風と並走となり、魚津まで続きます。 滑川です。左があいの風のホーム、右が富山地鉄のホームです。両駅は地下道でつ…

  • 【国内旅行系】 立山連峰の麓を走る。  富山地方鉄道2(立山⇒寺田)

    立山⇒富山⇒魚津編です。 立山駅です。ここからケーブルカーが出ているので、山にへばりついている感満載ですね。なかなか景観にまっちした駅だと思います。 改札風景です。GOTOの時期でしたが、ガラガラでした。 写真いりの補充券アピールです。完全にマニア向けですね。 東京、大阪、神戸などまで購入できます。 なお、JR連絡は、他に上市、宇奈月温泉で購入可能です。あいの風連絡は、ここと宇奈月温泉のみです。 こちらは2Fにあるケーブルカー改札口。 休憩室に食堂もあるので、便利です。 とりあえず駅そば?なので、食べておきました。 ケーブルカーの出札です。 手売り乗車券はありません。とりあえず感熱方式の乗車券…

  • 【国内旅行系】 立山連峰の麓を走る。 富山地方鉄道(富山⇒岩峅寺)

    全線 乗るには丸1日かかると思います。見た目以上に距離がありますよ。 まずは、いつものキップの検討から。なかなか種類がありますね。 いちおう用途別に分析すると下記の通りです。立山や宇奈月温泉で1泊して2日有効のフリーキップを利用するのが穏当でしょうかね。 【市街地中心で移動したい】地鉄観光列車フリーきっぷ(1日フリーきっぷ) 1500円 ↓【1日で全線乗りたい】鉄道線・市内電車1日フリーきっぷ 冬2100円・夏2600円 ↓【2日で全線乗りたい】鉄道線・市内電車2日フリーきっぷ 4600円 ↓【全線乗ってからアルペンルートを通って信濃大町に抜けたい】富山地方鉄道・アルペンルート5日間フリー乗…

  • 【国内旅行系】 「国鉄山の家」を巡る旅はいかが。(追録)

    古い時刻表を見ていたら、追加情報が出てきましたので、下記の記事への追録として挙げておきます。これ以外にも過去に山の家であったところも含めました。 調べてみたらなかなか面白かったですよ。大学の部で管理していたりとか、元は陸軍の施設だったりと、歴史がありますね。 (日本交通公社1986年7月時刻表より) ●国鉄六合山荘(応徳温泉) (群馬県中之条町) このシリーズの中では一番変貌しています。ちょっとコジャれた温泉宿になっています。これは、国鉄好きで山好きで温泉好きなら行かないといけませんね。 www.hanamame-kuni.com ●乗鞍山荘(岐阜県高山市) 旧日本陸軍の研究所が前身で、国鉄の…

  • 【営業規則系】 他人から譲渡された乗車券は使えるのか?

    答えからいうと原則は譲渡できますし利用可能です。ただし、例外もあるので、最後まで読んでください。 まず、せっかくなので、民法までさかのぼってみましょう。民法は466条1項で「債権は、譲り渡すことができる」としています。債権譲渡自由の原則ですね。乗車の権利も債権にあたりますので、ひとまず民法上は譲渡可能と理解できますね。 そして、乗車債権を証明するものとして乗車券があり(証拠証券)、鉄道営業法15条では、乗車券がなければ、原則として乗車することはできないと記載されています。これは法律の専門用語でいうところの対抗要件にあたります。非常に多くの人を相手にするので、定型的な形で処理せざるを得ず、乗車券…

  • 【切符系】 ミスキップに遭遇したら幸運があるかもね。

    キップは有価証券にあたり、チェックは厳格になされますので、ミス自体が非常にレアなものとなります。間違いの理由を探ると、背景となる事情がわかっておもしろいですね。 大量のキップをもっている私でも、なかなかミスキップには遭遇しません。もし、出会ったらお守り代わりに財布に入れておくとよいでしょう。ただし、最近は機械発券のものばかりなので、ミスがあってもすぐに直されてしまうでしょうね。 活字の組み方をミスった例 活字で一つ一つを 組み合わせていた時代ですね。車多すぎです。正しくは自由席車です。 写植文字の打ち込みをミスった例 万葉線の記念乗車券ととして発行ではなく、発効されたものです。パソコン時代なら…

  • 【国内旅行系】 三段峡まで行きたかったが断念。可部線の旅

    いったん廃止になったJRが復活した区間として有名な可部線です。開通時は報道ステーションで中継をしていたので、久々に「日本の駅」(←ニュースステーションの企画)みたいでしたね。「日本の駅」は、まだ国鉄改革というものがきちんと理解できていない年齢でしたが、陸羽西線の高屋駅長の中継インタビューが印象に残っています。 報道ステーションでは「あき亀山駅」で中継をしていました。 ということで、広島出張が入ったので、前日に自腹でホテルをとって昼からの商談前に可部線に乗ってきました。いずれは三段峡に行きたいと思っているうちに、いつのまにか廃止になっていた路線です。 ゆっくり巡りたい方は、この「可部線お散歩マッ…

  • 【営業規則系】 乗車券は逆に使えるのか? 途中から使えるのか? 途中で払い戻せるのか?

    まず、こちらの営業規則の条文を読んでいただき、初歩的な疑問から徐々に高度な問題に入っていきます。 (乗車券類の使用条件)第147条乗車券類は、その券面表示事項に従って1回に限り使用することができる。この場合、乗車人員が記載されていない乗車券類は、1券片をもって1人に限るものとする。ただし、定期乗車券については、その使用回数を制限しない。 1 逆に使えるのか? 逆向きには使用不可です。 解説に入っていきます。 たとえばこの乗車券。北海道にあった広尾線の駅です。いちばん初期のタイプです。 上記の条文に沿えば、愛国から幸福まで1回に限って、愛国から幸福の方向に進む乗車に限って有効ですよということにな…

  • 【鉄道部品系】 黄色い腕章オレンジ色の腕章・・・駅での案内係の腕章

    もう一つ腕章の話題です。 こんどは黄色とオレンジです。これはなかなか鮮やかなので目立ちますね。 どちらも駅構内で旅客の案内をする係のものです。出札や改札にいる駅員はそこにいるので職務は分かりますが、それ以外の駅員はどんな職務かわかりませんよね。乗客が声をかけやすいようにこのような腕章をしていたのでしょう。 いまでも大きな駅では、「案内係」などといった腕章をつけてタブレットをもって窓口の前にいたりしますよね。そんなイメージです。 まずは「旅客掛」です。掛となっているのは、この腕章が使われていた昭和40年前後は、○○掛という職名で統一されていたので、その一つとしてこの職務があったということです。 …

  • 【国内旅行系】 かつては山陽本線 岩徳線を旅する

    ちょっと失礼な言い方をすれば、キズをなめ合うお友達は、御殿場線ですよね。お互いにかつては大幹線の一部だったのが、いまではすっかりローカル線です。御殿場線の方は特急が走っていますから、御殿場止まりとなったとはいえ、マウンティングされてしまいます。 でも、あっしは岩徳線の方が好きですよ。電車より気動車の方が好きですし。 ということで、福岡に出張でもあったら、寄り道してもいいのではないでしょうか。 上図のように、山陽新幹線を経由する乗車券でそのまま乗れますので、便利です。青色の清流新岩国から岩国までは別に運賃を支払ってくださいね。それに山陽本線も乗れますので、帰りはこちらを経由すると面白いですね。 …

  • 【鉄道施設系】 味のある駅シリーズ 定光寺駅(中央線)

    名古屋から手軽にいける秘境駅の一つ。定光寺駅です。名古屋から30分強で行けてしまいますので、半日、秘境駅巡りにはもってこいです。 駅から2キロぐらいで定光寺にもいけるので、時間のあるかはここまで行ってもよいでしょうし、旧線のトンネルもいいと思います。 www.aichi-now.jp それでは駅の風景です。 まずは下りホームに降り立ちます。中央本線なので、ホームは長いですね。 下りホーム(多治見方面)はいったんトンネルに入ります。この駅が崖に作られているので、トンネルを掘るしか方法がなかったんでしょうね。 ホームをみると、切欠きがありますので、昔はこの部分をつかって反対側のホームへの渡り通路が…

  • 【海外旅行系】 北朝鮮で購入した薬が机の引き出しから出てきたので、

    久しぶりに飲んでみ。るわけない。 というわけで、この薬をみて思い出しましたわ。アントキノ腹痛を。 北京から夜行列車に乗っていたのですが、平壌にはいった日の翌日、なんか熱っぽいな~と思っていたら、そこから半日ぐらい経ってから下痢が始まって、帰国しても1週間近く下痢ですわ。最終的に、ヘビースモーカーの医者がやっている行きつけの内科に行って、抗生物質をもらって治りました。 原因はなんだったのかいまだに謎ですね。医者もはっきり言ってなかったし。ヒューマンバグ大学の鬼頭丈二になってしまいました。たぶん細菌性の何かだと思うんですが。 北京で食べた半生のセミの幼虫が当たったのか。。。あれだけ、食っているとき…

  • 【国内旅行系】 俺の後に続け。木曽川を徒歩で渡り、玉ノ井から名鉄尾西線に乗る。

    皆さん、わがブログの合言葉は分かってますよね。 後戻りしない旅 通勤時間3分に加えて、デスクワークばかりなので、運動不足解消のため、最近の旅は徒歩多めになっています。今回は少々やりすぎて、各所が痛い。 とういうわけでやっていきます。 スタートは羽島線の須賀駅です。 玉ノ井駅とは木曽川を隔てて岐阜県側にあります。 棒線の小さな駅ですが、なんと駅員さんがいました。高校生の不正乗車などを取り締まるためでしょうか。 まずルート を確認します。 左が岐阜県羽島市、右が愛知県一宮市、真ん中が木曽川です。 3.4キロと、吾輩の旅の中でも、上位の徒歩移動になります。 駅を出たら、すぐ近くを走っている国道193…

  • 【国内旅行系】 〈保存版〉出張王直伝!マンスリーマンションの選び方

    自分で住んだり、社員の社宅を探したり、マンスリー事業を企画した経験などから、若干のポイントを解説していこうと思います。いちおう仙台、東京、名古屋、大阪、北九州、福岡で経験があります。 総務担当者向けと実際に住む方むけです。総務担当者としては、できるだけ安くということでしょうが、実際に住む方は、できるだけ快適なほうがいいですよね。それぞれの視点から選ぶ基準を挙げてみますので、参考にしてください。 ★ ★ さて、まず、マンスリーやウィークリーを選択するかですが、おおむね6泊から検討してよいと思います。これ以下ですと、清掃費や契約手数料などの関係で、ホテルのほうが安くなることが多いですね。ただ、最近…

  • 【国内旅行系】 旅行貯金マニアガッカリ。貯金の取り扱いが無い郵便局に注意。

    3年に1回ぐらいハマるんですがね~。貯金取扱いなしの郵便局。 まあ、きちんと確認せずに行っているオレっちが悪いんですが、たどり着いた時のガッカリ感が半端ないんすわ~。 ということで、ひさびさに出会いました。貯金取扱なしの郵便局です。 場所は岐阜羽島駅。新幹線を降りて、暑い中せっせと駅近くの簡易郵便局に向かって 歩いてまいります。 新聞販売店が郵便局(羽島堀津簡易郵便局)を掛け持ちしており、なかなか興味をそそられる郵便局です。 ひさびさにマニアックな簡易郵便局に来たなと思って、玄関に近づきます。 そして看板。や~、ハマりました。 別にこの郵便局は悪くないですよ。こんなのあるんで貯金やっている人は…

  • 【営業規則系】 JR東西vs.東海。 選択乗車区間で途中下車前途無効の乗車券を使って一時出場できるのか。

    プロ向けの記事なので、だいぶかみごたえがありますよ。簡単にいうと、JRの路線でどちらのルートを通ってもよいという選択乗車区間で、途中下車前途無効の乗車券を使っていても、途中で別のルートに変更できるのか?です。 このまえ、岩徳線に乗るため、広島→新岩国・清流新岩国→西岩国→徳山と移動した際に、新岩国で一時出場したのですが、下記の乗車券を回収されてしまいました(この区間の制度との関係は下記を参照ください。)。 www.estoppel.jp そのときの乗車券です。 最初は普通に途中下車印を押してもらって出してくれたので、選択乗車区間だからやはり一時出場として大丈夫なんだな~と思って改札を出ました。…

  • 【営業規則系】 途中下車できない乗車券でも下車可能な駅。特別下車の話。(一時出場)

    都会の駅ではまずダメでしょうけど、田舎の駅で頼むと、改札から出してくれることがあります。たまたまいた駅員さんの好意である場合もありますが、今回は制度上、認められた「一時出場」の話です。途中下車愛好家としては気になる制度です。 なぜ、この話題を取り上げようかと思ったかというと、こちらの乗車券です。 この乗車券は101キロ以上ありますので(正確には100.1キロなので、切上げて101キロ)、そもそも途中下車が可能です。泊駅前の郵便局によったあと、無効印を押されずにこの乗車券を手に入れようと思って、少し高いですが購入しました。あいの風だけ単体で101キロ以上を確保するには全区間で買うしかありません(…

  • 【鉄道部品系】 JR北海道の白制服 (初期型)

    JR化した直後はJR東海の制服が今とちがってダサかったので、JR北海道が一番かっこよかった印象ですね。 今回は、一昔前のJR北海道の白制服です。優等列車や駅長などが夏季に着用していたものですね。今はもうすこし グレー色になっていますが、こちらの方が個人的には好きです。 ダブルなので、動きにくそうですね。特急、急行の車掌って頻繁に検札をしないといけないので、普通に比べて結構、動き回りますよね。佐川急便の兄ちゃん並みのスピードでうごきまわっていましたわ。そこへいくと、新幹線の車掌は優雅ですよね。ほぼ100%の客が特急券をもっているので、社内精算はほとんどなくて、のんびり歩いています。 ダブルでは機…

  • 【営業規則系】 JR・私鉄の接続駅での途中下車(下車前途無効の乗車券での途中下車)

    IC全盛の時代に、まったくもって役に立たない軽めの雑学を一つ。 JRから私鉄、私鉄からJRへまとめて乗車券を買ってしまった場合に、下車前途無効の乗車券でも、接続駅で途中下車できてしまうというお話です。 例えば、この乗車券。 JR亀有からそのまま東京メトロの千代田線直通の列車にのって西日暮里に行く場合の乗車券です。下車前途無効とありますが、北千住で改札を出ることができます。 こちらが実践例です。 勝田から大洗に行くときに、昼飯が食いたくなったときにこの規定を思い出して、改札を出させてもらいました。その証拠が右上の途中下車印です。これは押すように頼んだのではなく、駅員さんが自ら押してきましたので、…

  • 【国内旅行系】 名古屋地下鉄 伏見地下街(伏見駅から直通)

    サンロードと同じ昭和32年(1957年)にできた伏見地下街です。名古屋で一番古い地下街といわれています。サンロードの方は跡形もなく今風の姿になっていますが、こちらは半分ぐらい当時の雰囲気が残っています。 名古屋に出張に行かれた際は、名駅近辺か、錦・栄あたりに宿泊すると思いますが、昔の雰囲気が残っているうちにちょっと寄ってみてはいかがでしょうか。 錦通りに飛び出ている地下街の入り口です。レトロ感をオシャレ系にペイントされています。 中へ入ってきます。 この角度が一番、往年時の雰囲気がでていますかね。 真ん中あたりに組合事務局があります。 ちょっと写真を撮り忘れてしまったのですが、おすすめはこちら…

カテゴリー一覧
商用