【共働きの中学受験】長男(2026受験)、長女(2028受験)
住所
出身
ハンドル名
2work-2childrenさん
ブログタイトル
【共働きの中学受験】長男(2026受験)、長女(2028受験)
ブログURL
https://www.2work-2children.com
ブログ紹介文
共働きで幼児教育から中学受験挑戦までのブログです
自由文
-
更新頻度(1年)

9回 / 186日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2019/02/18

2work-2childrenさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 56,120位 56,041位 55,889位 55,402位 969,641サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 4 4/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
受験ブログ 圏外 圏外 圏外 572位 579位 582位 565位 7,835サイト
中高一貫校受験 圏外 圏外 圏外 21位 21位 23位 23位 254サイト
中学受験 2026年度(本人・親) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3サイト
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 98,750位 83,353位 83,456位 77,032位 76,915位 76,716位 75,415位 969,641サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 4 4/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
受験ブログ 1,205位 1,016位 1,030位 902位 903位 906位 883位 7,835サイト
中高一貫校受験 41位 34位 36位 34位 35位 35位 35位 254サイト
中学受験 2026年度(本人・親) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3サイト
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,641サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 4 4/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
受験ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,835サイト
中高一貫校受験 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 254サイト
中学受験 2026年度(本人・親) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3サイト

2work-2childrenさんのブログ記事

  • 長男(年長)漢字検定10級合格までの勉強内容

    前回の記事でも書きましたが、今後の9級受験、また下の子の受験に向けて備忘として残しておこうと思います。 <2018/11~2019/1>試験7か月前 まず、手始めにうんこ漢字ドリルをやりました。 漢字の勉強は単純作業になりがちで、幼児が興味を持ちにくいと思ったからですが、この思惑はそこそこあたったと思います。 11月はのんびり1日1文字、私(パパ塾)が勉強の面倒を見てあげられるのが月に16日程度なので、16文字/1か月ですね。 12月と1月は1日2文字に増やして、計80文字完了です。 このときの後悔として復習を設けなかったことがあります。このあと、漢字検定のドリルをやって気付くのですが、1週回…

  • 息子(年長)が漢検10級合格

    6月に受けた漢字検定10級に合格していました。 2問間違えて満点には届きませんでしたが、昨年11月から少しずつ勉強した結果が出て、本人も「1級目指す!」と息巻いています。 3年冬に5級合格することを目指し、8ヶ月スパンで受験する予定です。 備忘のために、学習スケジュールや教材、当日の様子なんかを随時書いていこうと思います。

  • Z会を2年先取りしてみた

    もともとチャレンジを1年先取りしていた息子(年長)。簡単で面白くないというので、Z会の二年生を5月号からはじめてみました。 〈算数〉筆算での加減算がメインです。繰り上がり&繰り下がりはあるものの、きちんと説明文があるのでなんとかなりそうな感じ文章問題も出てきますが、筆算が必要となる以外はそんなに難しくないです。文章問題としての難しさでは、一年生のグレードアップ問題集の方が上ですね。 〈国語〉主語と述語の理解が出てきます。うーん。まぁギリギリなんとか。 作文は流石に難しい回答例を見てかかせてみよう 漢字については、一年生の復習からはじまり二年生の漢字が出てきます。二年生で習う漢字一覧の本がついて…

  • 桜の握手

    中野区にある哲学堂にお花見に行ってきました。 ウィキペディアによると、 ---------- 東洋大学の創設者である哲学者の井上円了が、ソクラテス、カント、孔子、釈迦を祀った「四聖堂」を建設したのが、この公園のはじまりである。この四聖堂を当初哲学堂と称し、それがそのまま公園の名になった ---------- とのことです。 ここの良いところは、レジャーシートをひいてよい区画が限定されていることです。 レジャーシートが禁止された区画では、酒盛りしている人もブルーシートもいないので、文化財の中に違和感なく溶け込んだ桜を子供と一緒に楽しむことができます。 ここ以外だと新宿御苑もおすすめですが、あそこ…

  • 大哺乳類展2に行ってきました

    昨日土曜日に、子供に理科的興味を促すため、上野国立科学博物館で最近始まった企画展「大哺乳類展2」に行ってきました。 息子(年長)と娘(3歳)と私の三人で嫁はお留守番。 昨日は寒の戻りで大分寒く、曇り空ということもあってか、開館時間20分後という時間にもかかわらずすんなり入れました。 前回の夏「昆虫」に行ったときは開館時に行列ができていたので、それよりはずいぶん楽でした。 想定はしていたものの、館内で流れてるビデオを含め、内容についてはやはり幼児レベルにはちょっと難しかったみたいですね 色々な動物の骨の標本や剥製には喜んでいましたが、「チーターは骨の形状に特徴があるから足が早い」というような説明…

  • 娘(3歳)がすねちゃった

    我が家では平日の寝る前に1時間ほど、休日は午前と寝る前に45分ずつ勉強しています。休日は妻と二人で分担して勉強をみるのですが、平日はどちらかが定時退社でどちらかが残業という割り振りなので、一人で子供二人の面倒を見ることになります。息子(年中)が最近、チャレンジングなドリルや漢検対策をしていることから、私がつきっきりになってしまい、娘が「見て見て〜」と言ってきても「ごめん、お兄ちゃんの教えてるからちょっと待って」と突き放してしまう場面が何度かありました。すると一昨日「もうパパとは勉強しない!」と言い、お人形遊びを始めてしまいました。これはヤバイと誠心誠意謝ったのですが許してくれず、今朝になってよ…

  • 女の子の記憶力恐るべし

    息子(年中)は最近お風呂で九九のお勉強をしてます。個人的に幼児に暗記(漢字は除く)はさせたくないのですが、公文式に行ってる保育園のお友達が九九を言えるらしく、それかうらやましいそうです。 暗記するだけじゃつまんないので、概念理解のためのドリルとして、一応「はじめての九九」をやらせてます。 はじめての九九 (かず・けいさん 9)作者: くもん出版編集部出版社/メーカー: くもん出版発売日: 2014/10/14メディア: 大型本この商品を含むブログを見る といっても簡単に九九を覚えられるわけもなく、二ヶ月たってやっと5の段まで言えるようになったのですが、あるとき下の娘(3歳)が九九を言い始めまし…

  • 息子(年中)のモチベが下がった件

    最近、おつかれ気味の息子(年中)保育園からの帰り道に、父「今日は勉強をお休みしようか?」と聞くと息子「うん、今日はやめておく。勉強がいやになったかも。」と元気のない返事。いつもなら「何が何でも勉強する」と言ってたのに。。 色々お話を聞くと、漢字検定の勉強が面倒くさい。パズルやきらめき算数脳、うんこ漢字ドリルをもっとやりたいとのこと。確かに漢字を暗記するって単純作業ですもんね。特に間違えた箇所を何度もノートに書き写すのがつらいみたいです。そりゃそうだ。私も嫌いだったもん。楽しみながら勉強することを前提として先取り教育をはじめましたが、いつの間にか私が前のめりになりすぎてしまったようです。スマン、…

  • なぞぺーがなかなかすごい

    年中のはじめ頃、迷路が好きだった息子に買い与えたのがきっかけで、どっぷりハマってしまいました。 今振り返ると、勉強を楽しいと感じるきっかけとなったドリルだと思います。 種類はたくさんあるのですが、基本的には見えない箇所や今後の展開を限られた情報をもとに推察していく問題です。 例えば、風船がたくさん並んでて、この位置とこの位置から弓矢をうつと、割れない風船はどれ? みたいな問題です。空間把握ですね。 それらが幼児にも理解できるよう単純化された問題設計となっているのが、このドリルの素晴らしいところ。 難点は幼児向けの種類が少なめなところ。 我が家は幼児向けと小学校低学年向けドリルをやりきり、現在お…

  • 漢字検定10級を目指して(息子:もうすぐ年長)

    息子がやってみたい、というので去年の12月くらいからやらせていた「うんこ漢字ドリル1年生」がようやく終わりました。 日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生 作者: 文響社(編集) 出版社/メーカー: 文響社 発売日: 2017/03/18 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (5件) を見る 2年生の漢字をやらせるのも拙速かと思いますので、知識の定着も兼ねて、試しに6月に漢字検定10級を受けさせてみます。 ネットで評判の良かった「漢字学習ステップ」をやらせているのですが、びっくりするほど解けないです。 暗記物なんだから、よく考えれば当たり前ですね。漫然とや…

  • 有名人家族が中学受験するテレビショー

    名前は書きませんが某有名人の子供が中学受験するドキュメンタリー(バラエティ?)を見ました。 ひねくれものの私は、自分の息子に彼を重ねつつ、お節介にもこう思うわけです。 「中学生になってもリベンジの心を忘れずにやっていけるだろうか」と。 その人の良いところ、悪いところが全部出るのが受験だと思います。未熟な12歳ならなおさらです。人の親として、彼の努力と成長、それを温かく見守る家族には感動しました。 が、来年から彼の同級生になる子たちはどうとらえるでしょう。 東京の私立と比べるのはアレですが、私が通ってた中学(田舎の荒れた学校)なら、絶対標的になってます。 外科医になるという彼の夢を、そしていつで…

  • 保育園のお友達の学力

    公設公営でお勉強が全くない保育園なので、親の方針によって、すごい格差が生まれてます。 前回の記事で公文式を軽くディスってはいるものの、公文式をしている子の進度はほんとにすごくて、掛け算割り算はマスター、漢字もガンガン書けます。 一方、幼児期はたくさん遊ばせたい&本人も絵本とか興味ない子は、ひらがなも怪しいです。 このまま小学生になったときに、担任の先生は「分数や小数の四則演算バリバリできます」みたいな子がいる集団に対し、平等に数の数え方を教えなければいけないのでとても大変だなと思います。 私も子供に多少なりとも先取り学習させている以上、すでに学習している範囲の授業に対する向き合い方を子供にしっ…

  • 通信教育(ちゃれんじ or Z会)

    平日の半分は妻が勉強を教えているのですが、はたからみてお世辞にも教え方が上手いとは言えず、そこらへんを上手くサポートしてもらえるよう、ドリルではなく通信教育を使ってます。 【年少のときにZ会(学年通り)】 考えさせる問題が多く子供も一生懸命取り組んでいて割と好印象だったが、それ以外の問題が簡単すぎて、一年で退会 【年中のときにちゃれんじ(1年先取り)】 平仮名書き取りのふろくやDVDにつられて入会。それなりに楽しそうだったが、勉強そのものというよりは遊びの延長線上という感じ。理科のオプション実験教材がとっても良かった。正直これだけでも継続して取りたい。そのうち「簡単すぎてつまんない」とのことで…

  • 公文式について思うこと

    自身の経験で恐縮ですが、私は小学4年から公文式の算数を、5年から英語をやっていました。※小学卒業と同時にやめましたが どこまで先取りしたか細かく覚えていませんが、少なくとも田舎の公立中学レベルでは公文式の貯金だけでテストを乗り切ってたように思います。 特に算数では暗算のスピードと正確さがつくので、宿題を手早く終わらせることができ、余った時間を他の教科に割り当てることができました。 これはその後の高校受験だけではなく、大学受験まで活きたように思います。 ただ、幼児教育で必要な訓練なのかというと微妙かなという気がしています。 迂遠な物言いになってしまいますが、問題を捉え、課題を定義し、仮説を組み立…

  • 子供の性格の違い

    上の子(男の子5歳)と下の子(女の子3歳)は大分性格が違います。 上の子は年少になっても平仮名を読もうとせず、足し算の概念理解にも時間がかかっていました。記憶力はまぁまぁなのですが兎に角要領が悪い感じ。ジグソーパズルが良い例で、一発目は絶対解けません。二回目以降は記憶に頼って解いています。しかし、愚直に頑張りますし、わりと長時間勉強できます。また、字は下手ですができるだけ丁寧に書こうとする意思があり、気に入るまで自分で何度も書き直します。親から教えてもらった解き方をトレースして問題に取り組みます。 下の子はまだ年少になっていないですが、とにかく何でも覚えが早く、平仮名や片仮名、指を使った足し算…

  • 宮本算数教室のパズル

    評判がいいらしいので買ってみましたが、子供はわりとハマってます。 とりあえず今は入門編と数字ブロック入門編の2つを終えたところ。 迷路、足し算、パズルをうまく組み合わせており、いきあたりばったりな解き方では上手く行かないのがいいところですね。手を動かす前に「この問題にどう取り組むべきか、どこから解き始めるべきか」を考える必要があり、思考力と粘り強さがつきました。 個人的には入門編のほうが問題のバリエーションがありよかったですね。次は基礎編(入門編の上位互換)を買ってみようと思います。 ただ、同じ問題が2問続くのはなぜだろう? 単純な足し算なら繰り返し学習が有効だと思うのですが、この手のは少しず…

  • 幼児教育における暗記の是非

    暗記系の先取り教育についてはすごく悩みながらも最近取り入れてます。 全ての暗記がダメだとは思いません。例えば平仮名や片仮名を暗記することで、自分で本を読んだり町や駅の標識が理解できますし、数字を覚えることでスーパーの値札が理解できたり、子供の世界が大きく広がるからです。 悩んだのは漢字や九九です。 漢字を暗記したところで、うちの子が読むような本(絵本かせいぜい低学年向けの本)はちゃんとルビがふってありますし、九九を覚えたところでそれを活用する機会はありません。また、漢字の勉強ではまだ保育園児が知らない言葉もたくさん出てきます。 大切なのは、①概念理解、②暗記、③活用をセットで行えることであり、…

  • 長下(3歳、もうすぐ年小)の現在

    特別なことはやってないですが、女の子&下の子ということもあり、兄よりは大分覚えが早いですね。 平仮名はある程度読めますが、「っ」や「ょ」が安定しない。片仮名はまだ半分くらい。数字は100まで読めて、合計が10以内なら指を使って足し算できます。 うんこひらがなドリルやうんこカタカナドリル、あとは迷路をたくさんやってますね。 他には兄もやっていた点描写をやってます。 兄も妹も点描写をやり始めてから、字を書くのがレベルアップしました。 真似て書く、というのは文字を学ぶ過程で必須なので良かったのだと思います。

  • 長男(年中、もうすぐ年長)の現在

    平仮名と片仮名の読みは完璧。もともと絵本が好きだったこともあり、小学校低学年向けの本もスラスラ読んでます。 書きは、たまに「あれ?書き順忘れた」となる程度でほぼ書ける感じ。 算数は2桁+1桁のくり上がり、2桁(20以下)−1桁のくり下がりを暗算でできる。 国語は小1向けの標準的なドリルがこなせる程度。漢字は小1の読みは完璧ですけど、書けるのは3分の1以下ですね。 最初の勉強はひらがなからで、年少の夏頃だったと記憶してます。当時の私は「勉強なんて。。」という感じだったのですが、妻とその妹たちは年少のときに平仮名、片仮名が書けてアルファベットが読めたそうでして、「年少で平仮名も読めないなんて!」と…

  • 勉強を始めたきっかけ

    今年の4月で年長になる男の子と年少になる女の子がいます。 夫婦とも田舎の公立中学→高校→都内私立大学という流れだったので、最近までは「中学受験!?何それおいしいの?」状態でした。 しかし、ご近所の先輩パパさんから「このあたりの子は半分くらい私立に行くよ。塾で友達を作るか、クラブ活動で友達を作るか2択だね」(別に高級住宅街ではなくのんびりした下町なのですが)と言われたことがきっかけで少しずつ意識し始めました。 自身を振り返ってみると、荒れた中学校に通ってたこともありますが、あまり勉強が楽しくありませんでした。 一方、地方の2番手校であるものの、近しい学力の人が集まった高校時代は自分にあった授業が…