searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

舞茸トレーダーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
雑魚トレーダーの6畳間トレーディング
ブログURL
https://maitaketrader.hatenablog.com/
ブログ紹介文
FP技能士のサラリーマンが 勝った負けた、得した損したという 下衆な欲望の鉄火場に 片足を突っ込んで 徒然なるままに書き綴る地獄絵巻 地獄の沙汰も金次第 金ちゃんヌードルおいしいね そんな訳で毎週金曜更新(予定)
更新頻度(1年)

72回 / 365日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2019/02/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、舞茸トレーダーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
舞茸トレーダーさん
ブログタイトル
雑魚トレーダーの6畳間トレーディング
更新頻度
72回 / 365日(平均1.4回/週)
読者になる
雑魚トレーダーの6畳間トレーディング

舞茸トレーダーさんの新着記事

1件〜30件

  • 読書メモ 竹内 靖雄『日本人の行動文法(ソシオグラマー)』その4

    国民が政治家に求めることは 地元や利益集団に利益をもたらす「働き」と 「清潔であること」である 両者は相反するものであるので 地元や利益集団のために カネを手にすることは大目に見られ 個人的に「私腹を肥やす」行為だけが非難の的となる バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 日本型の「政・官・財」の関係は 三者間の「利益交換」の関係になっている つまり政治が持っている権力によって 他をコントロールするという関係は成り立っていない ①政は財からの依頼により官に働きかける以外にも 財に対して仲介、情報の提供などのサービスを与えることで 政治献金などの名目でカネを受け取る ②官は政に対…

  • 読書メモ 竹内 靖雄『日本人の行動文法(ソシオグラマー)』その3

    官僚には強烈な「自負」に基づいた 絶対に口には出さない本音がある ①自分たち以外の国民は皆バカであり 何もわかっていない ②国民は放置しておくと私益のみを追求し 碌なことをしない したがって国民を取り締まり善導するのが 自分たちの任務である ③国家とは何か?自分たちが国家である ④民主主義とは常に「衆愚政治」である ⑤大臣は有能である必要はなく 自分たちの言う通りに動いてくれればよく 素人でいい ⑥自分たちの人事には例え大臣、政治家であっても口出しはさせない ⑦自分たちの意思は法である バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 日本の官僚が「強い」理由は「実質的な立法者」だからで…

  • 読書メモ 竹内 靖雄『日本人の行動文法(ソシオグラマー)』その2

    集団内では自分たちが所属する集団の利益になることが 「正しい」とされる 成員である個人は集団の目的、価値観、ルールなどを 「与えれらたもの」として受け取る以外に選択肢はない そのため表向きはそれを支持する態度を取る これがタテマである 集団の中で個人が自分自身の利益を追求する場合 その動機をタテマエで隠して行動しなければならない これがホンエと呼ばれる バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 特定のイデオロギーや理念で集まっている集団は その根底に「排除と分裂の理論」が隠れている 少しでも間あげ方に相違が発生すると それが原因となって内部分裂を引き起こす このような排除と分裂の…

  • 読書メモ 竹内 靖雄『日本人の行動文法(ソシオグラマー)』その1

    われわれ日本人の言う「自分本位」とは まわりの状況を見る際に 自分をすべての事物の中心にして見ることを指す 自らが解釈し受け取ったものが自分の世界になるのである バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント しかし人間の満足や幸福を決めるものは 自らの応対だけでなく 自分の状態と他社の状態との関係性も重要な要素となる たとえ自分自身の状態が相変わらずだったとしても 他者の状態がよくなったと思われる場合には 本人はより不幸を感じてしまう そして本人から見れば他人がより幸福になることは 不当なものと映り嫉妬してしまうのである 雇用関係などで被雇用者の立場にいる人々は 自分たちが弱者の立場…

  • 読書メモ チャールス・エリス『敗者のゲーム』その6

    運用はそれ自身の理由の基づいて行われるべきであり 引退したからとか60歳を迎えたからといった自身の都合で 運用方針を変更すべきではない 資金がある限り自分が決めた投資方針を守るべきだ バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 健全な運用計画に際し以下の3つの問いに 合理的かつ精神的に不安を抱かない回答を用意する必要がある ①この計画はインフレを含めた上で 引退後に適切な生活水準を維持できるものか? ②医療費などの不意な支出など老齢期のものに充分な備えはあるか? ③遺産として用意する金額は充分に見合っているか? アクティブ運用に勝つ唯一の方法は 他の投資家のミスに誰よりも早く乗じる…

  • 読書メモ チャールス・エリス『敗者のゲーム』その5

    もし運用によって充分な資産を築き上げることができたなら あなたは「マネー・ゲーム」に勝ったことになる マネー・ゲームに勝利したのなら さらなる大勝を狙って手にした勝利を危険にさらすようなことは 絶対にしてはならない 「保守的な」運用に移行し インフレなどに備えればいいのだ バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 投資の意思決定を行う上で役に立つであろう 個人投資家のための十戒を述べておく ①貯蓄をすること そしてそれを将来の幸せと安定のために投資すること ②相場の先行きに賭けてはならない ③税務上有利という理由で動いてはいけない ④自分の住宅は生活する場所であり 投資資産と考え…

  • 読書メモ チャールス・エリス『敗者のゲーム』その4

    人々が実際以上の不安にかられるには 以下の4つのケースである ①起こりうる結果の規模が大きい場合 ②人間がコントロールできる範囲を超えている場合 ③未知である場合 ④突然起こる場合 バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 投資家は市場の高騰、暴落 そしてそれらを増幅させる高望みや恐怖から 距離を置くべきである 運用プロセスは以下の5つの段階にまとめると理解しやすい 「第一段階」 運用の目的確認とそれの達成のために望ましいポートフォリオの策定 「第二段階」 株式ポートフォリオ構成の決定 「第三段階」 アクティブ対パッシブ比率の決定 「第四段階」 個別ファンドの選択 「第五段階」 …

  • 読書メモ チャールス・エリス『敗者のゲーム』その3

    投資を成功させるには投資家の知的能力と 情緒的能力が必要となる 知的能力とは財務諸表の分析能力 個別情報を判断資料に統合する能力などである 情緒的能力とは市場の暴騰・暴落といった状況下で 冷静さを保ち続け合理的な判断を行う自己抑制能力である この二つの能力が重なり合う領域で投資を行うべきだ 眠れなくなるほど大きなポジションは持つべきではないし 確信の持てない分野にも出るべきではない 防御は最大の攻撃である 最も得意な分野で冷静な判断を下すことができる範囲内で 常に投資を行うべきである バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 注意すべき点はインデックスファンドの優位性は 大型で効…

  • 読書メモ チャールス・エリス『敗者のゲーム』その2

    前述のように機関投資家は総体として見たとき あまりに巨大であり、さらに情報の優位性をもって 積極的に売買を行うので 彼らが市場価値を決めることになる つまり市場で勝ち残るということは 市場を形成するプロに勝つということなのだ バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 優れた投資家が守ってきた投資についての基本原則は 以下の通りである ①投資の最大の課題は株式、債券、不動産などへの 長期的なポートフォリオの決定である ②長期的な資産配分の決定で最も重要な点は ”いつ資金が必要になるか”という点である ③資産ごとだけでなく資産の銘柄、種類ごとにも分散する 暴落はある日突然起きる ④決…

  • 読書メモ チャールス・エリス『敗者のゲーム』その1

    プロだからといって 大多数の機関投資家が市場平均より 高い成果をあげることができるという前提は間違っている なぜなら機関投資家が市場そのものなのだから 機関投資家は取引所取引の実に95%を占めている 機関投資家という括りで見るならば 自分自身に打ち勝つことはできない 手数料などのコストや 突発的な市場インパクトを差し引けば 機関投資家の成績は市場平均を上回ることは難しいだろう バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 取引所取引の95%を機関投資家で占めている現代では 彼らはアマチュア投資家と勝負しているのではなく 他の優れた機関投資家と争っているのである そこでは相手よりもでき…

  • 読書メモ アンソニー・サンプソン『ザ・マネー 世界を動かす”お金”の魔力』その8

    国家間の格差の背後には 金融上の富と天然資源の富という 二種類の富の矛盾が存在する 発展途上国は天然資源の大部分を保有しているが それを活かす財力もなく またそれを消費する市場もコントロールすることができない なぜならば、それらは先進諸国に属しているからである 豊かな国の金融上の富が地球規模で流動するようになり 輸送費用が安価になればなるほど 固定的な天然資源に対する支配力も大きくなる バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント すべてのものが売りに出されるようになると 金によって情報でも経験でも影響力でも 何でも買い取れるようになる この流動性によって天然資源のない日本や その他…

  • 読書メモ アンソニー・サンプソン『ザ・マネー 世界を動かす”お金”の魔力』その7

    産業革命によって新しい富と都市が生まれた また鉄道や電話が発達した結果 富は流動的になっていった 貴族に取って代わった新しい産業成金たちは 土地と結びついた伝統を持っていない代わりに 莫大な余剰資金で尊敬の念を手に入れることを試み始めた そして、その多くは慈善事業に向かった また他のものは美術に資金を注ぎ込んだ バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 70年代に美術品は高いインフレに伴い 魅力的なものとなり 80年代には莫大な新しい富がこの後を追いかけてきた 金持ちの収集家は美術品はインフレに対する安全な防衛手段だけでなく 信頼のおける通貨と見なしていた 欧米諸国はアフリカ諸国…

  • 読書メモ アンソニー・サンプソン『ザ・マネー 世界を動かす”お金”の魔力』その6

    アルゼンチンが債務危機に陥り始めたのは 74年のオイル・ショックの頃からである アルゼンチンの軍事政府は苦境を乗り切るために 先進諸国からの融資を借り入れ その大部分を軍事力増強に充てた 残りの資金もアルゼンチンに入ってきた途端に 外国に行ってしまった バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 現在、ラテン・アメリカ諸国は巨額の資金を受け取るどころか 逆に裕福な先進諸国へ資金を支払っている状況である 世界最大の債務国であるアメリカ合衆国へ ラテン・アメリカ諸国は借金の返済をしているのだ 主要な貸主が主要な借主になってしまっているのである こうして両アメリカは共に苦境に陥ってしまっ…

  • 読書メモ アンソニー・サンプソン『ザ・マネー 世界を動かす”お金”の魔力』その5

    負債を通じて金の力が世界中で その姿を顕在化し始めた 金を持っていない者が それをもっている者に依存すると 間髪を入れずに金は支配するための道具となる 負債によって自主的な行動が制限され始めた バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 70年代には激しいインフレの中で 消費を維持し成長を刺激するために 国家も個人も借り入れの必要に迫られた そしてその借り入れによって 80年代に苦しめられることとなる 借入金の犠牲者は自らの生活を コントロールすることができなくなり その選択の幅を狭め未来を抵当に入れてしまうことになるのだ 第二次世界大戦以来、西側諸国は国債を 妥答な線でコントロー…

  • 読書メモ アンソニー・サンプソン『ザ・マネー 世界を動かす”お金”の魔力』その4

    中国人には金儲けを 忌み嫌う伝統があった 清の皇帝と廷臣は通商を求める西欧の貿易業者を 外夷(がいい)と見下していた しかしアヘン戦争以後、外圧に屈し 外国人の貿易を認めるに至る こうして上海は最も重要な港となった バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 文化大革命によって中国は 世界金融をまったく理解できなくなってしまった また世界経済が速度を上げて門戸を開けようとしている まさにそのときに自国の殻に閉じこもってしまったのである しかし毛沢東の死後、鄧小平が自由経済へと舵と取り 国際貿易への道を開く決断を下したのだ 華僑は昔のユダヤ人のように 金融技術と一族のネットワークをそ…

  • 読書メモ アンソニー・サンプソン『ザ・マネー 世界を動かす”お金”の魔力』その3

    日本の経済が世界市場をとらえることに成功した要因は何か それは戦後日本が必死に外貨を稼ぐ必要があったからだ この点が、その他の東アジアの国々やラテンアメリカ諸国 アフリカ諸国と根本的に異なることろである バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント しかし、その経済上の成功も アメリカの占領によって抜本的な改革が行われたからなのである またアメリカは日本の軍事活動を禁止した だが、このことが日本に産業上の優位性を与えることになった すなわち防衛産業ではコストなどにはあまり注意を払う必要はないが 消費者向け産業では低コストで新製品を 創造していかなければならないという点である 戦後日本…

  • 成長という言葉

    成長なんて甘い響きの言葉に騙されるほど 未熟な世間知らずではないし 成長したとしてもそれによって生み出される利益の ほとんどは奪い取られてしまうシステムに組み込まれているので そんなものはやるだけ無駄です むしろ従業員が成長した分を 従業員に還元するシステムをつくらないと 意識高い系のバカしかやりませんよ バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 大体、成長ってなんですかね 経営者や管理職とかは 成長!成長!自己啓発!なんて言いますけど 具体的に何がどう変わればいいのか まったく言及しないですよね 結局は経営者や会社側にとって都合のいい言葉でしかないんですよ 「仕事を通じて共産主…

  • 読書メモ アンソニー・サンプソン『ザ・マネー 世界を動かす”お金”の魔力』その2

    80年代に入ると新しい乗っ取り屋が現れる ターゲットになった会社を解体して売却するという手法で 利益を出すようになった バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント このような乗っ取り屋は攻撃的な資本主義を体現したようなものだ 短期間で目を見張るほど資産を増やし 多数の乗っ取り屋の追随者も豊かにする 彼らは捕食獣的で略奪的な言葉を好み ジャングルや海を連想させる比喩を欲する 80年代のアメリカで主に利益を獲得したのは 新しい会社を興した企業家ではなく 既存の会社を攻撃した乗っ取り屋たちだった 彼らの関心は物を生産することではなく 金を儲けることであった このような世界を股にかけたて会…

  • 無能な経営者

    日本企業の成長率が他の先進諸国に比べて 悪いことは前々から指摘されておりましたが 企業が成長しないということは 経営者の責任のはずなのですが その経営者が責任をまったく果たさずに そればかりか高い報酬を得ているんですよね バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 以前は日本の経営者は欧米の経営者に比べて 報酬が少ないと言われていたんです ところが最近は勝ち組・負け組という言葉が流行ったり 格差が大きな社会問題になるほどになっています 欧米の企業並みに成長していないのに 報酬だけは欧米企業並みに貰う 経営者として責任を果たさずに 企業が成長しない影響は従業員に押しつけ 自分たちだけ…

  • 読書メモ アンソニー・サンプソン『ザ・マネー 世界を動かす”お金”の魔力』その1

    金が価値の「交換の媒体」から「倉庫」への発展に伴い 富のシンボルという役割も身につけるようになった 金の力が増大するにつれ旧約聖書や新約聖書でも 宗教上の教義で金銭を愛することを警告した しかし金というものに対し最も合理的な考え方を行ったユダヤ人は 高利貸しと罵られたが その一方でキリスト教は戦争の莫大な資金を ユダヤ人から調達していたのだ バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 自身の財産を誇示することは経済を大きく動かすと考えるエコノミストも少なくない 金の使い方を長い年月、研究してきた人間だけしか金を得ることができないのならば 明らかに変化することを排除していることになる…

  • 読書メモ カーティス・フェイス『タートル流投資術の魔術』その7

    裁量トレードは己の判断で取引を行う 取引が成功すれば自我を満足させることができる 自我に生きる者は自我に死ぬ 自我を満足させるために取引を行っている投資家は いずれは破滅する バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 自我は正しくありたがり、予測をしたがり 秘密を知りたがる 自我は認知のゆがみを避けることはできない このことが良好な取引を行うことを極めて難しくする 優れた投資家になるには自我を乗り越え 謙虚さを身につけなければならない 謙虚さを身につけることによって 将来を計り知れないものとして受け入れ 予知する気も起きず腹を立てずに取引を行うことができ 単純な着想に基づく取引手…

  • 読書メモ カーティス・フェイス『タートル流投資術の魔術』その6

    商品取引で投資家が成果を出せない原因と思われるものを いくつか挙げてみる ・計画性のなさ ・過剰なリスク ・非現実的な期待 トレーディングで何より重要な目標は ゲームに生き残ることだ 投資家に訪れる死には二つの種類がある 苦悶と失望の末にトレーディングから 撤退せざるを得なくなる緩やかな死と 破産という劇的な死だ バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 市場はあなたの気持ちなどお構いなしだ 市場に関わる真実、そして自分自身の限界、恐怖、失敗に 向き合うつもりがないのならば 市場で成功する可能性は低いだろう デニスが教えてくれた原則のほとんどは 特に目新しいものではない 歴史の中…

  • 読書メモ カーティス・フェイス『タートル流投資術の魔術』その5

    リスクの定量化に際し私が有用だと思う 一般的な尺度は 以下のようなものだ ・最大のドローダウン ・最長のドローダウン ・リターンの標準偏差 ・決定係数(CAGR%(複利平均成長率)を表す線にフィットする度合い 預金などの場合は決定係数値1.0になるが リターンが不規則な場合は1.0いかになる バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント リターンの算出方法で私が有用だと思う 一般的な尺度は以下のようなものだ ・CAGR%(一定の期間、均等に複利で計算してある 最終資産額になる成長率のこと 定期預金ならば利率と等しくなる) ・平均年間トレイリング・リターン(始点と終点を 移動させた1年…

  • 読書メモ カーティス・フェイス『タートル流投資術の魔術』その4

    ・現在形で取引せよ 過去にくよくよすることは非生産的であり 未来を予測することは不可能だ ・予測しようとせず確率で考えよ 長い目で見て確率の高い手法を採用すべきだ ・取引には自分で責任を取れ 自分の過ちや失敗は自分で責任を取り そこから学ぶこと バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント エッジ(優位性)を見つけるためには 市場が特定の方向に動く確率が 高くなるエントリー・ポイントを選ばなくてはならない そして想定した市場タイプで利益が出せる戦略を組み合わせる つまりエッジを最大化するためには参入戦略と 退出戦略をマッチさせなければならない 支持線と抵抗線は係留(アンカリング)、直…

  • 読書メモ カーティス・フェイス『タートル流投資術の魔術』その3

    投機市場には4つの状態がある ①全体的に安定した変動小 ②全体的に安定した変動大 ③トレンドありで変動小 ④トレンドありで変動大 トレンドの程度と変動性は時間とともに変化する タートルは決して市場動向を予測することはしない その代わり市場が特定の状態にあるという兆候を探る つまり今後、市場がどう動くかではなく 市場がどういう動きをしているかを示す兆候に着目する バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 「優位性のある取引」 「リスク管理」 「首尾一貫性」 「シンプルさ」 トレードを成功に導く原則は要約するとこの4つである タートルの資金管理方法は2つのアプローチによって行われる …

  • 読書メモ カーティス・フェイス『タートル流投資術の魔術』その2

    【損失回避】 ルールに従って被った損失は、そのルールによって得たはずの 利益よりも大きく感じてしまうため 機械的にルールに従った取引を行おうとする心理を妨げる働きをする 【埋没費用効果】 投資家は今後、市場がどのように動くかではなく 既に投入したコストを無駄にしないことを考えて決断を下してしまう 相場が思惑と逆行した場合 損失回避と埋没費用効果はより強くなる バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 【処理効果】 儲けを失うことを避ける心理から 利益は早く確定し損失はできるだけ先延ばしにしてしまう 【結果偏向】 決断そのものの良し悪しよりも実際に起こった結果を重視してしまう 市場…

  • 読書メモ カーティス・フェイス『タートル流投資術の魔術』その1

    人間の感情は取引のチャンスが生まれる源泉であり 人間の最大の敵である。 感情を支配することができれば成功し それを無視すれば危機の陥る 現実認識の曲折は認知のゆがみといい そのいくつかは実際の取引に影響を与える バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 【損失回避】 利益を獲得するよりも損失を避けようとする傾向 【埋没費用効果】 これから支払う費用よりも既に支払った費用の法を重視する傾向 【処理効果】 利食いを早くし損切りは遅くなってしまう傾向 【結果偏向】 決断の良し悪しの判断を結果から判断してしまう傾向 【直近偏向】 過去のデータや経験よりも最近のものに重きを置く傾向 【係留…

  • 義務の反対は

    よく権利の反対は義務 という人がいます 一瞬はもっともと思ってしまいますが 違うのではないかなと思うんです バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント まず権利というのは生得的に得たものです 義務を果たさないと得られないものではないのです 全ての人が生まれながらにして持っているもの それが権利なのです もし義務を果たさないと 権利が与えられないのであれば 仮に障害がある人で 他の人のように働けない場合 その人は勤労の義務を 他の人よりも果たしていないので 権利もその分少なくていい ということになります それが正しいのでしょうか? 間違っていますよね 障害を持っている人も 生まれたば…

  • 隠れた封建主義

    衝撃的な事件や 芸能人の不祥事が起こると 必ずといっていいほど その当事者の親を責める または実際に親が謝る という風潮があります バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 21世紀の世の中で 平成も終わりを迎えるっていうのに 一人の個人としての人格を認めない 封建主義的な価値観が深いところでは 生き続けている証拠なんですよね 上っ面だけは 個人主義が定着したかのように見えますが 結局は家長が家族の成員の責任を取るという 封建主義的価値観の支配から 本当の意味で脱却できていない こんな状況で個人の自由なんて 認めることなんてできるわけがない 個人の自由を尊重できないのなら 個性を…

  • 資本主義の内側への力

    消費者として 支払った対価に 見合った商品やサービスを求める気持ちは みなさん同じではないでしょうか レストランに行って 不味い料理が出てきて 一丁前な金額を請求されたら 誰だって嫌な気分になります また家電製品を買って すぐに使い物にならなくなってしまったら イラっとしてしまいますよね 家電製品は保証期間がありますので 修理してもらうという選択肢はありますが バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント 同じことが労使関係にも働きます 従業員はできるだけ少ない労働力で 高い給料を欲しいというのが本音です 逆に企業の側からすると 企業は従業員に給料を払っているのですから 支払った給料…

カテゴリー一覧
商用