IT lab
読者になる
住所
出身
ハンドル名
tom1388さん
ブログタイトル
IT lab
ブログURL
https://infotechlabo.com
ブログ紹介文
インターネットやTCP/IPなどのネットワーク技術にについて解説しているブログです。
自由文
-
更新頻度(1年)

28回 / 244日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2019/02/07

tom1388さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,092サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
IT技術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,811サイト
WordPress 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 525サイト
ネットワーク・SE 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 245サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,092サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
IT技術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,811サイト
WordPress 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 525サイト
ネットワーク・SE 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 245サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,092サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
IT技術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,811サイト
WordPress 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 525サイト
ネットワーク・SE 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 245サイト

tom1388さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、tom1388さんの読者になりませんか?

ハンドル名
tom1388さん
ブログタイトル
IT lab
更新頻度
28回 / 244日(平均0.8回/週)
読者になる
IT lab
  • 【2019年最新版】Search Console(サーチコンソール)の登録方法を徹底解説!

    「自分の記事がどういう検索ワードでヒットするのか知りたい...」 「自分の記事の検索順位ってわかるの...?」 「Googleの評価上げるためにはどうしたらいいの...?」 ブログを始めたばかりだと、分からないことだらけですよね... こんにちは、Tomです。 今回は、ブログを運営する上で絶対に必要なツールである「Search Console」の登録方法について解説します。 ブログやホームページの

  • TCP/IPとは?初心者がTCP/IPを理解するための完全ガイド

    こんな疑問を解消!TCP/IPとOSI参照モデルの違いは? 各階層の役割ってなに? カプセル化ってなんですか? ヘッダがよくわかりせん! 結局、パケットなの?データグラムなの?セグメントなの?

  • 【1時間あればできる!】ムームードメインとエックスサーバーでブログを始めるための5step

    「ブログを始めたいけど、何から始めれば良いのかわからない...」 「ドメインってどうやって登録すれば良いの...?」 「サーバーって何のために登録するの...?」 ブログやホームページを始めるにも、ドメインとかサーバーとか聞き慣れない言葉だらけで不安ですよね... こんにちは、Tomです。 今回は、ブログ、ホームページを開設するために必要な以下の手順を解説します。 ドメイン取得 サーバーの登録 ネ

  • 【WordPress】httpからhttpsへ変更(SSL化)するための6ステップ

    「自分のブログはhttpだけど、httpsにしたほうがいいの...?」 「対応したほうがいいのはわかるけど、なにからすればいいのかわからない...」 「そもそもSSL化って何?」 ブログのSSL化って、どうやって設定すればいいのかわからないですよね... こんにちは、Tomです。 今回は、「ブログをSSLに対応させる方法」について解説します。 SSLとは、「Secure Sockets Layer

  • 疲労感、下痢、頭痛、肌荒れ…その不調、〇〇が原因かも?

    「なんとなく、毎日、体がだるい...」 「よく下痢や便秘になる...」 「若い頃から偏頭痛に悩んでる...」 そんな風になんとなく不調抱えている人は多いと思います。何を隠そう、私も以前まではその一人でした... こんにちは、Tomです。 あなたは、日々元気に生活できていますか?特にこれといった体の不調もなく、毎日エネルギーに満ち溢れていますか? 中高生ならまだしも、30、40代でそんな健康体な人は

  • 【WordPress】サイト速度を改善してくれる「WP Fastest Cache」の正しい設定方法

    「ブログ表示速度を改善したいけどどうしたらいいの...」 「キャッシュプライグインってたくさんあるけどなにがいいのかわからない...」 「難しいことはよくわからないから簡単に設定したい...」 記事の投稿数が増していくと、表示速度を改善しないといけない場面が来ますが、専門知識がないとなかなか難しいですよね... こんにちは、Tomです。 今回は、WordPressのプラグインである「WP Fast

  • 【WordPress】文字列を一括で置換できるプラグイン「Search Regex」の使い方

    「ブログのURLを変更したけど、内部リンクを一個一個編集するのが大変...」 「全記事に挿入してるプロフィール画像のURLを変更したいけど、一つずつ変えていかなきゃなの...?」 「記事の中のショートコードを一気に編集したい...」 ブログを運営していると、一括で文字を変更したい場面って結構ありますよね。 こんにちは、Tomです。 今回は、WordPressのプラグインである「Search Reg

  • 【WordPress】検索順位を落とさないための「ドメイン変更手順」を徹底解説!

    こんにちは、Tomです。 今回は、私が別で運営しているブログのドメインを変更した際の手順についてまとめてみました。 私のパソコンはMacで、使用しているサーバーはエックスサーバーです。 また、ドメインはムームードメインで取得し、ブログはWordPressで書いています。 同じような状況の人でないと参考にならないかもしれませんが、私の備忘録ということで、記事を書いていきたいと思います。 なお、今回の

  • 【WordPress】バックアップに便利なプラグイン「BackWPup」とは?

    「ブログのバックアップって大切なの...?」 「そもそもどうやってバックアップを取るの...?」 「初心者でも簡単にできるものなの...?」 ブログのバックアップって大事だってよく聞くけど、どうやったらいいのかよくわからないですよね... こんにちは、Tomです。 今回は、WordPressのプラグイン、「BackWPup」の使い方について解説します。 ブログ運営では、何かあったときのためにバック

  • ゼロから始めるOSI参照モデル基礎講座

    実は、OSI参照モデルは現在は使われていません。現在はTCP/IPというプロトコルスタックが主流です。「おいお!じゃあなんでOSI参照モデルなんか学ぶんだ!使える知識を教えてくれよ...

  • 【たった1時間できる】ブログを始めるための5ステップ

    「ブログを始めたいけど、何から始めれば良いのかわからない...」 「ドメインってどうやって登録すれば良いの...?」 「サーバーって何のために登録するの...?」 ブログやホームページを始めるにも、ドメインとかサーバーとか聞き慣れない言葉だらけで不安ですよね... こんにちは、Tomです。 今回は、ブログ、ホームページを開設するために必要な以下の手順を解説します。 「どれも聞きなれない単語ばかりで

  • ネットワークとは?初心者なら絶対に読むべきネットワーク入門講座

    「ネットワークエンジニアを目指したいけど、ネットワークってイメージしづらい...」 「LANとかWANとか略語ばかりでよくわかんない...」 「そもそも、ネットワークってインターネットのことじゃないの...」 今の世の中、ネットワークという言葉を知らない人はおそらくいないでしょう。 しかし、ネットワークというものを本当の意味で理解している人はごくごくわずかだと思います。 それは、一般の人々に限らず

  • スイッチングハブーMACアドレステーブルに宛先がない場合

    こんにちは、Tomです。 今回は、いただいた質問に回答したいと思います。 先日、ある方から 「MACアドレステーブルに宛先がない場合はどうなるのか?」 ということで質問をいただきました。 まず結論から申し上げますと、MACアドレステーブルに宛先がない場合、スイッチングハブは、 「受信したポート以外の全てのポートからフレームを送信する」 という動作をします。 リピータハブと同じ動作をしますが、スイッ

  • 【WordPress】文字列を一括で置換できるプラグイン「Search Regex」の使い方

    「ブログのURLを変更したけど、内部リンクを一個一個編集するのが大変...」 「全記事に挿入してるプロフィール画像のURLを変更したいけど、一つずつ変えていかなきゃなの...?」 「記事の中のショートコードを一気に編集したい...」 ブログを運営していると、一括で文字を変更したい場面って結構ありますよね。 こんにちは、Tomです。 今回は、WordPressのプラグインである「Search Regex」について解説していきます。 ブログを運営していると、サイトドメインを変更したり、画像URLを変更したりして、記事内の内部リンクを一気に編集したいってことが結構ありますよね。 そんな時に、記事を一つずつ編集して行ったら日が暮れてしまいます。 そんな時に役立つのが、 「Search Regex」 というプラグインです。 「Search Regex」では、自分が変更したい文字列(単語でも、URLでも、ショートコードでも)を検索して、一気に別の文字列に置き換えることが可能です。 このプラグインをインストールすれば、いろんな場面で役に立ちますので、私と一緒に、「Search Regex」の使い方を学んでいきましょう! 1.Search Regexのインストール まずは、「Search Regex」をインストールしましょう。 まずは、下の図のように、WordPressのサイドバーの「プラグイン」から「新規追加」を選択してください。 そして、「プラグインを追加」の画面に移ります。 赤枠の検索窓に追加したいプラグインの名前を入力すれば、プラグインを検索することができます。 赤枠に「Search Regex」と入力しましょう。 「Search Regex」が表示されたら、赤枠の「今すぐインストール」をクリックします。 そうすると、「インストール中」になります。 インストールが完了すると、下の図の赤枠のように「有効化」に変わるので、クリックしましょう。 有効化をしたら、今度は「Search Regex」の画面へ移動しましょう。 「Search Regex」を使うには、下の図のように、「ツール」から「Search Regex」をクリックしてください。

  • これを読むまでネットワークを語るな!おすすめの本7選+α

    「ネットワークの参考書を買いたいけど、どれがいいかわからない...」 「Amazonのレビューを見てもどれもいい本に見える...」 「買ったはいいが、読んでみたら自分が求めるものじゃなかった...」 自分でネットワークを勉強したいけど、どの参考書を買えばいいか迷いますよね...。 こんにちは! ネットワークエンジニアのTomです。 おそらく、この記事に行き着いたあなたは、ネットワークの重要性が理解できている、日本でも数少ない方でしょう。 ご存知の方には既知ですが、ネットワークは「IT技術の要」です。 「ネットワーク 本」などのキーワードで検索されているあなたは、間違いなくネットワークの重要性を理解し、そして成長意欲の高い方だと思います。 私も、今でこそ、こうして「ネットワークエンジニア」として働けるようになりましたが、5年前までは「ネットワーク?IPアドレス?なにそれ?」という素人状態でした。 ですが、そこから必死に勉強し、ネットワークエンジニアとしての力を磨いてきました(そして今でも毎日磨き続けています)。 そうして、私がこれまで数え切れないほどネットワークの本や教材に投資して勉強してきたなかで、「これだけは絶対に読んでおきたい!」と思う本をご紹介します。 2. ネットワークの勉強におすすめな本7選+α それでは順番にご紹介していきます。 1.『TCP/IPの絵本 ネットワークを学ぶ新しい9つの扉』 TCP/IPの絵本 第2版 ネットワークを学ぶ新しい9つの扉 この本は、タイトルに「絵本」とあるように、詳しく事細かに説明されているわけではありません。 しかし、書かれている内容はまさに「1度は必ず読んでおくべき」ものです。 それは、説明や絵が非常にわかりやすく、ネットワークやTCP/IPのイメージを掴むのにもってこいだからです。 「そもそもネットワークってなに?」という初歩の初歩から説明してくれるので、初心者がまず読むべき本と言えるでしょう。 ただ、ご自身である程度勉強されている場合は、内容が簡単すぎるのであまりオススメしません。 ですが、「もう一回基本から勉強したい!」「ネットワークのイメージがあまりつかめていない!」という場合は、ぜひ一度読んでおくべきだと思います。 2.『マスタリングTCP/IP 入門編』 マスタリングTCP/IP 入門編

  • これを読むまでネットワークを語るな!おすすめの本7選+α

    「ネットワークの参考書を買いたいけど、どれがいいかわからない...」 「Amazonのレビューを見てもどれもいい本に見える...」 「買ったはいいが、読んでみたら自分が求めるものじゃなかった...」 自分でネットワークを勉強したいけど、どの参考書を買えばいいか迷いますよね...。 こんにちは! ネットワークエンジニアのTomです。 おそらく、この記事に行き着いたあなたは、ネットワークの重要性が理解できている、日本でも数少ない方でしょう。 ご存知の方には既知ですが、ネットワークは「IT技術の要」です。 「ネットワーク 本」などのキーワードで検索されているあなたは、間違いなくネットワークの重要性を理解し、そして成長意欲の高い方だと思います。 私も、今でこそ、こうして「ネットワークエンジニア」として働けるようになりましたが、5年前までは「ネットワーク?IPアドレス?なにそれ?」という素人状態でした。 ですが、そこから必死に勉強し、ネットワークエンジニアとしての力を磨いてきました(そして今でも毎日磨き続けています)。 そうして、私がこれまで数え切れないほどネットワークの本や教材に投資して勉強してきたなかで、「これだけは絶対に読んでおきたい!」と思う本をご紹介します。 2. ネットワークの勉強におすすめな本7選+α それでは順番にご紹介していきます。 1.『TCP/IPの絵本 ネットワークを学ぶ新しい9つの扉』 TCP/IPの絵本 第2版 ネットワークを学ぶ新しい9つの扉 この本は、タイトルに「絵本」とあるように、詳しく事細かに説明されているわけではありません。 しかし、書かれている内容はまさに「1度は必ず読んでおくべき」ものです。 それは、説明や絵が非常にわかりやすく、ネットワークやTCP/IPのイメージを掴むのにもってこいだからです。 「そもそもネットワークってなに?」という初歩の初歩から説明してくれるので、初心者がまず読むべき本と言えるでしょう。 ただ、ご自身である程度勉強されている場合は、内容が簡単すぎるのであまりオススメしません。 ですが、「もう一回基本から勉強したい!」「ネットワークのイメージがあまりつかめていない!」という場合は、ぜひ一度読んでおくべきだと思います。 2.『マスタリングTCP/IP 入門編』 マスタリングTCP/IP 入門編

  • やっとできた!MacのVirtualBox上にUbuntuをインストールする方法

    こんにちは、Tomです。 今回は、 「MacのVirtualBox上にUbuntuをインストールする方法」 について解説していきます。 今回の記事は、Mac版のないPacketTracerをMacにインストールするための下準備として必要な手順をまとめました。 今回の作業が完了したら、下の記事を参考にPacketTracerをインストールしてください。 CEHCK!MacにCiscoPacketTracerをインストールする方法 それでは行きましょう! 1.VirtualBoxのインストール まずは、MacにVirtualBoxをインストールします。 下のサイトにアクセスします。 Downloads–OracleVMVirtualBox 下の図のようにMac用のパッケージをクリックします。 「ファイルを保存」をクリックします。 ダウンロードしたパッケージファイルをダブルクリックします。 下の図のようにパッケージをダブルクリックします。 インストール画面が表示されるので、「続ける」をクリックします。 「続ける」をクリックします。 「インストール」をクリックします。 インストールの許可を求められるので、「ユーザ名」と「パスワード」を入力して「ソフトウェアをインストール」をクリックします。 そうすると下の図のように、インストールが開始されます。 インストールが完了したら「閉じる」をクリックします。 そうしたら、アプリケーションにVirtualBoxが追加されていますので、ダブルクリックで起動しましょう。 2.Ubuntuのインストール準備 VirtualBoxを起動したら、「新規」をクリックします。 下の画面が表示されますので、「Name」には好きな名前を入力します。「Machine Folder」はデフォルトで結構です。 また、図のように、 「タイプ」は「Linux」 「バージョン」は「Ubuntu(64-bit)」 にして、「続き」をクリックします。 メモリーサイズは「1024」にして、「続き」をクリックします。 ハードディスクは下の図のように「仮想ハードディスクを作成する」にチェックをいれ、「続き」をクリックします。 ハードディスクのファイルタイプは、「VDI(VirtualBox Disk

  • 【徹底解説!】どうやってMacにPacketTracerをインストールするの?

    こんにちは、Tomです。 今回は、 「MacにCiscoPacketTracerをインストールする方法」 について解説していきます。 早速行きましょう! 1.はじめに まずはじめに、Cisco社のPacketTracerにはMac版はありません。 「えっ!?じゃあどうするの?」 と心配する必要はありません。 今回は、MacにインストールしたVirtualBox上にUbuntuをインストールして、UbuntuにPacketTracerをインストールします。 「はぁ?」 って感じですよね。 しかし大丈夫です。だいぶややこしいですが、順を追って作業をしていけばちゃんとできますので、安心してついてきてください。 ちなみに、MacにVirtualBoxをインストールし、その上でUbuntuをインストールする方法は下の記事にまとめましたのでそちらをご覧ください。 MacのVirtualBox上にUbuntuをインストールする方法 今回は、MacのVirtualBox上にUbuntuがインストールされた状態を前提に話を進めて行きますので、必ず上の記事の作業は済ませておいてください。 2.PacketTracerのファイルをダウンロード 今回は、LinuxOSであるUbuntuにPacketTracerをインストールします。 そのため、まずは、下の記事を参考にして、Linux用のデータをダウンロードしてください。 CiscoPacketTracerインストールまでの2ステップ 3.PacketTracerをインストール 次に、今後の作業用に設定を変更します。 まずは、VirtualBoxを起動します。 そして、Ubuntuを選択して「設定」をクリックします。 「一般」タブの「高度」を選択して、 クリップボードの共有 ドラッグ&ドロップ の2つの項目を「双方向」に変更します。 設定変更が完了したら、Ubuntuを起動します。 Ubuntuの起動後、下の画面のようにファイルのアイコンをクリックします。 「他の場所」をクリックして、「コンピューター」をクリックします。 表示されたフォルダ群から、「tmp」をダブルクリックします。 「tmp」フォルダが表示されたら、「2.PacketTracerのファイルをダウンロード」でダウンロードしたファイルをドラッグ&ドロップします。

  • MacにCiscoPacketTracerをインストールする方法

    こんにちは、Tomです。 今回は、 「MacにCiscoPacketTracerをインストールする方法」 について解説していきます。 早速行きましょう! 1.はじめに まずはじめに、Cisco社のPacketTracerにはMac版はありません。 「えっ!?じゃあどうするの?」 と心配する必要はありません。 今回は、MacにインストールしたVirtualBox上にUbuntuをインストールして、UbuntuにPacketTracerをインストールします。 だいぶややこしいですが、順を追って作業をしていけばちゃんとできますので、安心してついてきてください。 ちなみに、MacにVirtualBoxをインストールし、その上でUbuntuをインストールする方法は下の記事にまとめましたのでそちらをご覧ください。 MacのVirtualBox上にUbuntuをインストールする方法 今回は、MacのVirtualBox上にUbuntuがインストールされた状態を前提に話を進めて行きますので、必ず上の記事の作業は済ませておいてください。 2.PacketTracerのファイルをダウンロード 今回は、LinuxOSであるUbuntuにPacketTracerをインストールします。 そのため、まずは、下の記事を参考にして、Linux用のデータをダウンロードしてください。 CiscoPacketTracerインストールまでの2ステップ 3.PacketTracerをインストール 次に、今後の作業用に設定を変更します。 まずは、VirtualBoxを起動します。 そして、Ubuntuを選択して「設定」をクリックします。 「一般」タブの「高度」を選択して、 クリップボードの共有 ドラッグ&ドロップ の2つの項目を「双方向」に変更します。 設定変更が完了したら、Ubuntuを起動します。 Ubuntuの起動後、下の画面のようにファイルのアイコンをクリックします。 「他の場所」をクリックして、「コンピューター」をクリックします。 表示されたフォルダ群から、「tmp」をダブルクリックします。 「tmp」フォルダが表示されたら、「2.PacketTracerのファイルをダウンロード」でダウンロードしたファイルをドラッグ&ドロップします。

  • やっとできた!MacのVirtualBox上にUbuntuをインストールする方法

    こんにちは、Tomです。 今回は、 「MacのVirtualBox上にUbuntuをインストールする方法」 について解説していきます。 今回の記事は、Mac版のないPacketTracerをMacにインストールするための下準備として必要な手順をまとめました。 今回の作業が完了したら、下の記事を参考にPacketTracerをインストールしてください。 CEHCK!MacにCiscoPacketTracerをインストールする方法 それでは行きましょう! 1.VirtualBoxのインストール まずは、MacにVirtualBoxをインストールします。 下のサイトにアクセスします。 Downloads–OracleVMVirtualBox 下の図のようにMac用のパッケージをクリックします。 「ファイルを保存」をクリックします。 ダウンロードしたパッケージファイルをダブルクリックします。 下の図のようにパッケージをダブルクリックします。 インストール画面が表示されるので、「続ける」をクリックします。 「続ける」をクリックします。 「インストール」をクリックします。 インストールの許可を求められるので、「ユーザ名」と「パスワード」を入力して「ソフトウェアをインストール」をクリックします。 そうすると下の図のように、インストールが開始されます。 インストールが完了したら「閉じる」をクリックします。 そうしたら、アプリケーションにVirtualBoxが追加されていますので、ダブルクリックで起動しましょう。 2.Ubuntuのインストール準備 VirtualBoxを起動したら、「新規」をクリックします。 下の画面が表示されますので、「Name」には好きな名前を入力します。「Machine Folder」はデフォルトで結構です。 また、図のように、 「タイプ」は「Linux」 「バージョン」は「Ubuntu(64-bit)」 にして、「続き」をクリックします。 メモリーサイズは「1024」にして、「続き」をクリックします。 ハードディスクは下の図のように「仮想ハードディスクを作成する」にチェックをいれ、「続き」をクリックします。 ハードディスクのファイルタイプは、「VDI(VirtualBox Disk

  • 【Catalystスイッチ】VLANの設定方法はこれでOK!

    Cisco社のCatalystスイッチでのVLAN設定方法について、実際の設定画面を示しながら詳しく解説しています。

  • 【Catalystスイッチ】VLANの設定方法はこれでOK!

    Cisco社のCatalystスイッチでのVLAN設定方法について、実際の設定画面を示しながら詳しく解説しています。

  • 【Cisco機器】コマンド入力での4つの基本操作

    こんにちは、Tomです。 今回は、 「Ciscoコマンドの基本操作」 について解説していきます。 それでは一緒に学んでいきましょう! 1.はじめに Cisco社のネットワーク機器の操作を体験できるシュミレータ「Cisco Packet Tracer」をご存知ですか? 今回の手順を実際に設定しながら学べば、理解度がグッと深まります。下の記事を参考にして先にインストールしてください。 CEHCK!CiscoPacketTracerインストールまでの2ステップ 2.CLIとは? Cisco機器の設定変更などは、CLIと呼ばれる画面で行われます。 CLIとは、「Command Line Interface」の略で、キーボードで文字を打って機器を制御するインターフェイスのことです。 CLIはなにもCisco機器だけのものではなく、他社のネットワーク機器やサーバーなどで一般的に用いられているインターフェイスです。 よく、CLIと比較されるものでGUIがあります。 GUIとは、「Graphical User Interface」の略で、あなたが自分のパソコンで"ポチポチ"とフォルダやファイルをクリックして操作しているもののことです。 Cisco機器のCLIは下の図のような画面です。 図のように、コマンドを入力してL2スイッチやルータと言ったネットワーク機器の設定を行います。 それでは、Cisco機器のCLIの機能を一つずつ見ていきましょう。 3.コマンドのヘルプ まずは「ヘルプ機能」です。 Cisco機器のCLIではコマンド入力時の「ヘルプ機能」があります。 コマンドを入力している時に、「?」を入力することで、続きのコマンド候補を表示してくれます。 例えば、下の図では、「show」と入力した後に「?」を入力しています。 そうすると、「show」の後に続けて入力できるコマンドの候補がズラッと表示されます。 また、コマンドを入力している途中で「?」を入力すれば、その文字から始まるコマンドを表示してくれます。 例えば、下の図の例では、「sh ?」と入力することで、shで始まる「show」コマンドが表示されます。 また、「show c?」と入力すれば、「show」に続く「c」で始まるコマンドが表示されます。 さらに、なにも入力せずに「

  • 【Cisco機器】コマンド入力での4つの基本操作

    こんにちは、Tomです。 今回は、 「Ciscoコマンドの基本操作」 について解説していきます。 それでは一緒に学んでいきましょう! 1.はじめに Cisco社のネットワーク機器の操作を体験できるシュミレータ「Cisco Packet Tracer」をご存知ですか? 今回の手順を実際に設定しながら学べば、理解度がグッと深まります。下の記事を参考にして先にインストールしてください。 CEHCK!CiscoPacketTracerインストールまでの2ステップ 2.CLIとは? Cisco機器の設定変更などは、CLIと呼ばれる画面で行われます。 CLIとは、「Command Line Interface」の略で、キーボードで文字を打って機器を制御するインターフェイスのことです。 CLIはなにもCisco機器だけのものではなく、他社のネットワーク機器やサーバーなどで一般的に用いられているインターフェイスです。 よく、CLIと比較されるものでGUIがあります。 GUIとは、「Graphical User Interface」の略で、あなたが自分のパソコンで"ポチポチ"とフォルダやファイルをクリックして操作しているもののことです。 Cisco機器のCLIは下の図のような画面です。 図のように、コマンドを入力してL2スイッチやルータと言ったネットワーク機器の設定を行います。 それでは、Cisco機器のCLIの機能を一つずつ見ていきましょう。 3.コマンドのヘルプ まずは「ヘルプ機能」です。 Cisco機器のCLIではコマンド入力時の「ヘルプ機能」があります。 コマンドを入力している時に、「?」を入力することで、続きのコマンド候補を表示してくれます。 例えば、下の図では、「show」と入力した後に「?」を入力しています。 そうすると、「show」の後に続けて入力できるコマンドの候補がズラッと表示されます。 また、コマンドを入力している途中で「?」を入力すれば、その文字から始まるコマンドを表示してくれます。 例えば、下の図の例では、「sh ?」と入力することで、shで始まる「show」コマンドが表示されます。 また、「show c?」と入力すれば、「show」に続く「c」で始まるコマンドが表示されます。 さらに、なにも入力せずに「

  • 【Catalystスイッチ】もう悩まない!Catalystスイッチの基本設定ガイド

    こんにちは、Tomです。 今回は、 「Catalystスイッチの基本設定方法」 について解説します。 さっそくいきましょう! 1.はじめに 今回は、Cisco社の「Catalystスイッチ」で最初に設定すべき事項について一つずつ設定方法を解説いきます。 なお、Cisco社のネットワーク機器の操作を体験できるシュミレータ「Cisco Packet Tracer」があるのをご存知ですか? 今回の手順を実際に設定しながら学びたい場合は、下の記事を参考にして先にインストールしてください。 CEHCK!CiscoPacketTracerインストールまでの2ステップ 2.ホスト名の変更 まずは、「ホスト名」の変更です。 スイッチを何台も使用しているネットワークの場合、スイッチの名前を変更しないと、どのスイッチを設定しているのかわからなくなってしまいます。 そのため、それぞれのスイッチを区別するため、ホスト名を変更する必要があります。 「ホスト名」を変更するコマンドは、以下の通りです。 実際にスイッチに設定した際の例は以下になります↓ 上のように、コマンドを入力したらそのままホスト名が変更されます。 また、ホスト名を初期に戻すときは、以下のコマンドを入力します。 実際にスイッチに設定した際の例は以下になります↓ 3.コンソールパスワードの設定 次に、「コンソールパスワード」の変更を行います。 コンソールパスワードとは、コンソールポートにかけるパスワードです。 コンソールポートとは、Cisco機器に搭載されているパソコンをつなぐためのポートです。 スイッチのコンソールポートにパソコンを繋げば、設定が見られてしまうため、パスワードを設定する必要があります。 「コンソールパスワード」を変更するコマンドは、以下の通りです。 最後の行は、コンソールに接続したときにパスワードを要求するようにするために必ず必要です。 実際に設定した例は以下のようになります↓ そして、コンソールパスワードを設定するとスイッチに接続した時点でパスワードを求められるようになります。 4.Enableパスワードの設定 次に、「Enableパスワード」の変更を行います。 Enableパスワードとは、「特権モード」と呼ばれる"すべての設定をみることができるモード"にかけるパスワードです。

  • もう悩まない!Catalystスイッチの基本設定ガイド

    こんにちは、Tomです。 今回は、 「Catalystスイッチの基本設定方法」 について解説します。 さっそくいきましょう! 1.はじめに 今回は、Cisco社の「Catalystスイッチ」で最初に設定すべき事項について一つずつ設定方法を解説いきます。 なお、Cisco社のネットワーク機器の操作を体験できるシュミレータ「Cisco Packet Tracer」があるのをご存知ですか? 今回の手順を実際に設定しながら学びたい場合は、下の記事を参考にして先にインストールしてください。 CEHCK!CiscoPacketTracerインストールまでの2ステップ 2.ホスト名の変更 まずは、「ホスト名」の変更です。 スイッチを何台も使用しているネットワークの場合、スイッチの名前を変更しないと、どのスイッチを設定しているのかわからなくなってしまいます。 そのため、それぞれのスイッチを区別するため、ホスト名を変更する必要があります。 「ホスト名」を変更するコマンドは、以下の通りです。 実際にスイッチに設定した際の例は以下になります↓ 上のように、コマンドを入力したらそのままホスト名が変更されます。 また、ホスト名を初期に戻すときは、以下のコマンドを入力します。 実際にスイッチに設定した際の例は以下になります↓ 3.コンソールパスワードの設定 次に、「コンソールパスワード」の変更を行います。 コンソールパスワードとは、コンソールポートにかけるパスワードです。 コンソールポートとは、Cisco機器に搭載されているパソコンをつなぐためのポートです。 スイッチのコンソールポートにパソコンを繋げば、設定が見られてしまうため、パスワードを設定する必要があります。 「コンソールパスワード」を変更するコマンドは、以下の通りです。 最後の行は、コンソールに接続したときにパスワードを要求するようにするために必ず必要です。 実際に設定した例は以下のようになります↓ そして、コンソールパスワードを設定するとスイッチに接続した時点でパスワードを求められるようになります。 4.Enableパスワードの設定 次に、「Enableパスワード」の変更を行います。 Enableパスワードとは、「特権モード」と呼ばれる"すべての設定をみることができるモード"にかけるパスワードです。

  • ルーティングプロトコルについて知っておきたい4つのこと

    こんにちは、Tomです。 今回は、 「ルーティングプロトコル」 について解説していきます。 今回は、ルーティングプロトコルの概要と、ルーティングプロトコルはどんなものがあるのかを簡単に紹介していきます。 さっそく一緒に学んでいきましょう! 1.はじめに そもそも、ルーティングプロトコルの「ルーティング」とはなんでしょうか? 「ルーティング」については、以下の記事で概要を解説していますので、そちらをご覧ください。 ルーティングとは?選択の連続 2.ルーティングプロトコルとは? まずはじめに、ルーティングプロトコルとは、 「ルータがルートを学習するためのプロトコル」 です。 そもそも、ルータというのは、「ネットワーク上でパケットの転送を行うのが仕事」です。 その時に、「パケットをどのルータに転送すれば良いか」というのをルーティングテーブルを見て判断しています。 そして、ルーティングテーブルは、ルータが学習したルートの一覧です。 ルータはこれからご紹介するルーティングプロトコルによって、自動的にルートを学習し、ルーティングテーブルに登録します。 もし、ルーティングプロトコルがなかったら、 直接接続されているルート 人間が直接設定したルート の2つのルートのみでルーティングしなければいけません。 もし、そんな状況なら、世界中のネットワークが接続されているインターネットは存在しなかったでしょう。 インターネットでは、ルータがルーティングプロトコルによって"自動的"にルートを学習します。 そうすることで、世界中のさまざまなネットワーク同士でデータのやり取りが行えるのです。 3.ルーティングプロトコルの分類 3-1.IGPとEGP ルーティングプロトコルは、「IGP」と「EGP」の2種類に分けることができます。 その2つの違いは、「AS(自律システム)」の内部で動作するか、外部で動作するかです。 IGP(Interior Gateway Protocol)は、AS内でルート情報の交換をするためのルーティングプロトコルの総称です。 IGPにはいくつか種類があり、ネットワークを構築するときの方針によってどのIGPにするかを選びます。 また、英語で「Interior」とは、「内部の」という意味です。 なので、IGPはASの「内部」で動作するルーティングプロトコルなのです。

  • ルーティングプロトコルについて知っておきたい4つのこと

    こんにちは、Tomです。 今回は、 「ルーティングプロトコル」 について解説していきます。 今回は、ルーティングプロトコルの概要と、ルーティングプロトコルはどんなものがあるのかを簡単に紹介していきます。 さっそく一緒に学んでいきましょう! 1.はじめに そもそも、ルーティングプロトコルの「ルーティング」とはなんでしょうか? 「ルーティング」については、以下の記事で概要を解説していますので、そちらをご覧ください。 ルーティングとは?選択の連続 2.ルーティングプロトコルとは? まずはじめに、ルーティングプロトコルとは、 「ルータがルートを学習するためのプロトコル」 です。 そもそも、ルータというのは、「ネットワーク上でパケットの転送を行うのが仕事」です。 その時に、「パケットをどのルータに転送すれば良いか」というのをルーティングテーブルを見て判断しています。 そして、ルーティングテーブルは、ルータが学習したルートの一覧です。 ルータはこれからご紹介するルーティングプロトコルによって、自動的にルートを学習し、ルーティングテーブルに登録します。 もし、ルーティングプロトコルがなかったら、 直接接続されているルート 人間が直接設定したルート の2つのルートのみでルーティングしなければいけません。 もし、そんな状況なら、世界中のネットワークが接続されているインターネットは存在しなかったでしょう。 インターネットでは、ルータがルーティングプロトコルによって"自動的"にルートを学習します。 そうすることで、世界中のさまざまなネットワーク同士でデータのやり取りが行えるのです。 3.ルーティングプロトコルの分類 3-1.IGPとEGP ルーティングプロトコルは、「IGP」と「EGP」の2種類に分けることができます。 その2つの違いは、「AS(自律システム)」の内部で動作するか、外部で動作するかです。 IGP(Interior Gateway Protocol)は、AS内でルート情報の交換をするためのルーティングプロトコルの総称です。 IGPにはいくつか種類があり、ネットワークを構築するときの方針によってどのIGPにするかを選びます。 また、英語で「Interior」とは、「内部の」という意味です。 なので、IGPはASの「内部」で動作するルーティングプロトコルなのです。

  • PacketTracerインストールまでの2ステップ

    こんにちは、Tomです。 今回は、 「Cisco Packet Tracerのインストール手順」 について解説していきます。 例えば、ネットワークを勉強していて、実際にネットワーク機器の設定をやってみたいとします。 しかし、Ciscoのネットワーク機器は高価なので、自分で揃えるわけにはいきません。 そこでオススメなのが、今回ご紹介する「Cisco Packet Tracer(CPT)」です。 CPTは、あなたのパソコンで、ルータ、L3スイッチ、L2スイッチなどの設定を体験することができるシュミレータです。 これさえインストールすれば、自宅でネットワーク機器の勉強が捗ります。絶対にインストールした方がいいです! ちなみに、Mac版はありません。あしからず... それでは手順に移りましょう。 1.アカウント作成 まずは、こちらにアクセスします。 Packet Tracer Courses すると、下の画面が表示されるため「Packet Tracerのダウンロードに登録する」をクリックします。 下の画面が表示されたら、「Sign up today!」にマウスを合わせ、「English」をクリックします。 そうすると、次の画面が表示されます。下の図の赤枠のプルダウンをクリックして、 日本語を選びましょう。 そうすると、言語が日本語に変わります。 そうしたら、それぞれの項目を入力していきます。まずは、「名、姓、メールアドレス」を入力します。 次に、「国、都道府県、性別、実務経験、生年月日」を入力します。 そうして、下の図のように、各項目を入力したら、「アカウントを作成」をクリックします。 ここで、メールアドレス宛にメールが届くので、「電子メールアドレスの確認」をクリックしてアカウントを有効化しましょう。 2.ファイルダウンロード 一方、Webブラウザでは下の図のようにポップアップが表示されるので、「コースを開始」をクリックします。 もし、ポップアップを消してしまっても焦ることはありません。 消した後の画面で、下の図の赤枠の「コースを開始」と書かれた部分をクリックしてください。 そうすると、下の画面が表示されます。「Student Resources」をクリックしてください。 そして、次の画面で「Download

  • CiscoPacketTracerインストールまでの2ステップ

    こんにちは、Tomです。 今回は、 「Cisco Packet Tracerのインストール手順」 について解説していきます。 例えば、ネットワークを勉強していて、実際にネットワーク機器の設定をやってみたいとします。 しかし、Ciscoのネットワーク機器は高価なので、自分で揃えるわけにはいきません。 そこでオススメなのが、今回ご紹介する「Cisco Packet Tracer(CPT)」です。 CPTは、あなたのパソコンで、ルータ、L3スイッチ、L2スイッチなどの設定を体験することができるシュミレータです。 これさえインストールすれば、自宅でネットワーク機器の勉強が捗ります。絶対にインストールした方がいいです! ちなみに、Mac版はありません。あしからず... それでは手順に移りましょう。 1.アカウント作成 まずは、こちらにアクセスします。 Packet Tracer Courses すると、下の画面が表示されるため「Packet Tracerのダウンロードに登録する」をクリックします。 下の画面が表示されたら、「Sign up today!」にマウスを合わせ、「English」をクリックします。 そうすると、次の画面が表示されます。下の図の赤枠のプルダウンをクリックして、 日本語を選びましょう。 そうすると、言語が日本語に変わります。 そうしたら、それぞれの項目を入力していきます。まずは、「名、姓、メールアドレス」を入力します。 次に、「国、都道府県、性別、実務経験、生年月日」を入力します。 そうして、下の図のように、各項目を入力したら、「アカウントを作成」をクリックします。 ここで、メールアドレス宛にメールが届くので、「電子メールアドレスの確認」をクリックしてアカウントを有効化しましょう。 2.ファイルダウンロード 一方、Webブラウザでは下の図のようにポップアップが表示されるので、「コースを開始」をクリックします。 もし、ポップアップを消してしまっても焦ることはありません。 消した後の画面で、下の図の赤枠の「コースを開始」と書かれた部分をクリックしてください。 そうすると、下の画面が表示されます。「Student Resources」をクリックしてください。 そして、次の画面で「Download

カテゴリー一覧
商用