chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
60歳からのピアノ♪ http://60piano.blog.fc2.com/

ピアノに挑戦している60歳以上の人たちって……素敵☆  見習いたい!と思ったこと、レッスンアイディア・日記など

60歳からのピアノ♪
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/02/04

arrow_drop_down
  • 吉とでるか凶とでるか?……試行錯誤

    「2回入院したので、練習が……」「コロナ感染を経験しました。あれ、ヤル気がまったく無くなるんです。だから練習が……」「リフォームで業者が家の中にずっと! ピアノを弾けず、キーボードでの練習に……」 「家の裏が、用水路の工事でドッカン!ドッカン! 家の前は、道幅を広くする工事で、朝からガガガガガーッ!騒音がひどいと、しみじみピアノを練習する気になれず……」昨日の「60歳からのピアノコンサート(第88回)」で、演奏...

  • 「ゲゲゲの鬼太郎」の地で、シニアピアノ教育(実践編)の講座

    『シニア世代に教えるピアノ・レッスン(実践編) ―テキスト・ワークをつかってー』の指導法講座が、鳥取県で開かれます。広島や岡山など山陽地方では開催されても、山陰地方でお話させて頂くのは、初めて。鳥取県は、だいぶ前に学会か何かで行ったことがありますが、車が道路を走ると、道のデコボコとタイヤがこすれて、『ゲゲゲの鬼太郎』のメロディーが聞こえてきた!……というのを覚えています。詳細をご案内します。~~~~...

  • ピアノ指導法も、人に伝えてこそ深まる

    レッスン法を学ぶことも大切ですが、それを、他の先生に伝えると、もっと深まり、確実なものとなっていく。というわけで、実際にレッスンをされた先生が、1巻ずつプレゼンしていくことに。予め伝えてあった「各曲で伝えてほしいポイント」などを基に、ご自分なりの経験談やレッスンアイディアも加え、レッスン法をご紹介するのです。昨日は、東京芸術センターのピアノラウンジ「リスト」で、研究会。この日は、『趣味で楽しむピア...

  • 「1ト2ト3ト…の意味が分からないんです」 悩む教師!

    子どもはしないような質問が、シニア生徒さんからは出ることもあります。理解しやすい方法や響く言葉が、シニアと子どもでは違うこともあります。演奏のリズムが違っていたので、正しいリズムを教えるために、楽譜に「1ト2ト3ト4ト」と書いて、「ここの『ト』で左手を弾きます」と言うと、生徒さんがこうおっしゃいました。生徒:「『1ト2ト…』の意味が分からないんです。」私:(心の中で)??? どういうこと?『1ト2...

  • 『趣味で楽しむピアノ・レッスン』第3巻、11月10日納品予定

    教本3巻が手に入らない。と、困っている先生がいらっしゃったので、担当編集者さんに伺ったところ、下記のお返事をいただきました。教本3巻は、第5版が11月10日に納品予定です。10日が金曜日のため、店頭やAmazonに届くまでに1週間弱かかる見込みとのことで、棚に並びますのは11月中旬となります。店頭やAmazonで事前にご注文をいただければ、少し早めにご購入いただくことが可能とのことです。お迷惑をおかけしていますが、どうぞ...

  • 「秋」「紅葉」「軽井沢」……そしてショパン

    週末、軽井沢でのんびり過ごしてきました。 ホテルのロビー窓から外を眺めると、もみじの紅葉。そのロビーにはBGMで、ショパンの『別れの曲』が流れていました。「紅葉」と「別れ」……普通に考えると、まるで違うイメージですが、「紅葉」と「別れの曲」が、妙に合っている。マッチし過ぎ。。。でも、正式名称「12の練習曲 作品10第3番ホ長調」を、映画(別れの曲)の挿入歌に使って以来、日本人はずっと「別れの曲」と呼んでいる...

  • レッスンの「テンポ感」

    曲を演奏するときの「テンポ」ではありません。レッスンを進行するテンポです。超早口でバーッと話してしまうと、せっかく良いことを言っても、右から左。話の内容を消化しきれないうちに、次の話に変わってしまい消化不良。勿体ないです。「レッスン進度」だけでなく、先生の「話す速さ」・聞きやすい「トーン」、話と話のあいだの「間(ま)」も大切にして話す。……そんなことで、生徒さんの理解度がグッと変わるものです。対象がシ...

  • 「シニアへのピアノレッスン法」講座もバージョンアップ!!

    人間、ずっと同じ人などいません。誰でも、新たな学びがあったり、痛い思いをして学習したり、前より知恵がついて賢くなったり……少しずつバージョンアップしています。私の講座も、最初に開講した2014年から今まで、新たな教材が生まれたり、調査をして新たなことが判明したり……それにしたがって、内容も少しずつバージョンアップ。今度の横浜店講座も、最新の内容。おおよその内容をご紹介しますね。・上手に募集すれば、習いたい...

  • 13日の金曜日……検査結果を聞きに行く

    結果がわかる13日までの間、ネットでいろいろ調べました。・便潜血の検診を受けた人のうち5~10%に便潜血が出て、内視鏡検査の対象となる。・大腸内視鏡検査を受けた人のうち4~5割に、ポリープが見つかる。・ポリープは、5~10年かけて「癌」に成長しやすいので、見つけたらすぐ切除した方がいい。・40歳を過ぎると、大腸がんが増える・女性の死因第1位は、大腸がんである。 (故:坂口良子さん、島田洋子さん等も大腸がん...

  • 「秋」という季節は……音・絵・本があれば

    大腸内視鏡検査でポリープを切ってから1週間は、腹圧をかけないほうが良いとのこと。ずっと家にこもって、なるべく静かに過ごしていました。 その反動でしょうか?1週間すると、秋の街へ出かけたくなりました。 まず、銀座7丁目のヤマハで楽譜を物色。(決まった楽譜なら、近くの楽器店でもネットで買えますが、編曲は? 音符の大きさは? など、何冊もをじっくり見比べたい時は銀座店が便利) お店を出て歩くと、6丁目に銀座シ...

  • 久しぶりに「関東」で、シニア世代におしえるピアノ-実践編

    コロナ禍の後、関東では昨年3月の講座が最後だったと思いますが、今度、横浜で「シニア世代に教えるピアノ・レッスン 実践編」が開講されます。●時:10月20日(金)10:00~12:00●所:ヤマハミュージック横浜店 地下1階●申込み・問合せ:ヤマハミュージック横浜店2Fピアノ・楽譜フロアTEL:045-311-1201●使用教材:『趣味で楽しむピアノ・レッスン1巻』、ワーク1巻をメインに1ページずつ具体的に説明し、「どう教えればいいか?」...

  • 検診の結果を聞いてパニックに ~まな板の上の鯉~

    まいった。。。。。コロナ禍のため、ずっとパスしていた医療機関検診を、近くのクリニックで久々に受けました。結果を聞きにいくと、S先生が説明。「コレステロール値が少し高いけれど、他は特に問題ありません。」ホッとする。「ただ、2回のうち1回で便潜血が出ちゃったので、いちおう内視鏡検査した方がいいかと……」想定外のことで、頭がよく働かない。私、大腸がんかもしれないということ? 内視鏡検査って……恥ずかしい拷問み...

  • 広島のシニアの人生が、ピアノで楽しくなる予感♪

    9/22は、いよいよ広島店での講座。機器のトラブルもなく順調に進行して、ホッ。 先生方も熱心に聞いてくださって、何人もの先生が質問に……。受講された先生方が、きっと広島のシニア達にピアノの楽しさを伝えてくださることと……嬉しい予感♪終了後、スタッフさんにご挨拶。一緒にスタッフAさんが、エレべーターまで? 出口まで? いえ路面電車に乗って出発するまで送ってくださって、大、大恐縮!「シニアのピアノ指導法を、先生...

  • 音楽はいったい、どれだけ人を慰め、励ましてきたの?

    関東での講座が開講される時は、朝早く出かけます。万が一、電車が遅れたら……と少し不安。その点、遠方で開講されるときは「前泊」できるので、気分的にずいぶん安心。神戸での講座のとき、楽器店のスタッフさんから、「ちょうどルミナリエ開催中なので、是非……」とオススメいただいて、前の晩に観にいくと、悲しみと音楽の大切さを実感。他の場所でも前日に、受講の先生方が住んでいる地を、なるべく自分も歩いてみようと思ってい...

  • 広島で、「シニアレッスン法」の講座が開かれます

    22日、広島で「シニアレッスン法」の講座が開かれます。広島……実は私、この地に降りるのは初めて。広島での音楽事情は? 高齢化は進んでいるのでしょうか?広島のシニアも、ピアノを楽しんでいる?ちょっとワクワク。。。~~~~~~~~要項~~~~~~~~~【シニア世代に教える ピアノ・レッスン実践編】 ~ テキストとワークを使って ~【日時】2023年9月22日(金)10:00~12:00【会場】ヤマハミュージック広島...

  • 「自由曲演奏」の試験を、あえて受ける勇気

    シニアピアノ教育“プロフェッショナル講師”の認定試験には、『趣味で楽しむピアノ・レッスン』1~3巻から1曲を弾くという「模範演奏試験」があります。それ以外に、自由曲演奏(3分以内)の試験もあります。自由曲演奏は、普通のコンサートのつもりで弾いて頂きます。難易度は「ソナタ程度以上」としています。音楽大学の卒業者、大手音楽教室の指導資格、PTNA指導者ライセンス所持者は、証明書の写しを出せば免除となります。そ...

  • 筆記試験の点が、カコ最高!

    驚き!です。筆記試験の結果が出たのですが、平均点が、ものすごく高いのです。今まで、シニアピアノ教育“プロフェッショナル講師”の認定試験は8回ありましたが、カコ最高!です。なぜ?コロナ禍でずっとオンラインセミナーでしたが、4年ぶりに、今回は対面。「対面」の方が、「オンライン」よりも高得点なのは……理解できます。でも、コロナ後の今回が、コロナ前より「高得点」なのは、なぜ?……あのコロナ禍を経験したからこそ、...

  • ピアノ講師養成セミナー最終回

    四国から帰った後は、夢の島へ。シニアピアノ講師養成セミナーの第4回(最終日)です。最終セミナーが午前中に終わると、午後は認定試験。人間、急用ができたり、家族に問題が起こったり色々あるもの。完璧に試験準備もしていたのに、前日にコロナ感染がわかって欠席された方も。全4回すべてに無事に出席できただけで、まずは、めでたしめでたし。しかし、出席できただけでなく、シニアピアノ講師の「プロフェッショナル」になる...

  • 四国から帰ってきました ~高松店講座~

    いざ、四国へ!ヤマハ高松店での指導法講座のため、前日に出発。瀬戸内海を見ながら瀬戸大橋を通って、四国にわたりました。夕方5時頃、ホテルに着きました。夕食、どうしよう……香川県といったら「うどん」?フロントに「うどん屋マップ」が置いてあったので、「近くで、一番オススメのお店はどれですか?」と聞いて、そのお店へ。もっちもちでコシがあって美味しかった♪翌朝、講座をさせていただく楽器店の場所も確認。Rolexの上...

  • 60歳からのピアノコンサート ~ありがた過ぎ~

    人間は“ミス”をするもの。でも、その時にどうするか?演奏のミスで……・頭まっ白になって、どうにもこうにも、たち行かなくなる?・やけくそで、強引にジャンと終わらせてしまう?・後半はあきらめて、そこで帰ってくる?本日は、60歳からのピアノー第87回コンサート。ある生徒さんは、途中でミスをして止まってしまったのですが、慌てず騒がず、冷静に少し前の区切れ目にスッと戻って、さりげなく弾き始めました。そして、そのまま...

  • 事例発表:「チラシをつかった生徒募集」

    PES研究会で、先生方に「活動状況」を伺ったとき、最も多かったのが「生徒募集の悩み」でした。 そこで、今年の研究会テーマを「生徒募集」に。6月の研究会では、会員用のチラシを作り、印刷法・配布法などのお話をしました。Y先生は、その後すぐにダウンロードして印刷・配布されたそうです。さて今月(8/20)の研究会。Y先生が、募集をした過程や結果について、パワーポイントを使って、事例発表してくださいました。1日で5名...

  • 後悔 ~「亡くなり方」も優等生~

    94歳で元気な母の話を、先日書きました。 お誕生日7/16に遊びにいきたいなと思うも、今年は猛暑で、熱中症アラート。様子を伺ったら、元気で「どこも悪い所は無い」とのことだったので、安堵して、もっと涼しくなってから行こうと、延期しました。ところが……悔やんでも悔やみきれないことが! その誕生日から1ヶ月もしないのに……前日まで元気に過ごしていたのに……呼吸が浅くなり、その呼吸が止まった(=亡くなった)との訃報。 医...

  • 82歳の生徒さんが作った「木製の楽譜押さえ」

    楽譜が閉じてしまわないように押さえておくグッズ、楽器店などで、金属製が売っています。それを見たシニア生徒さん(82歳)が、ご自分で、木を切って手作りしていらっしゃいました。わぁ、木製は初めて見ましたが、木のぬくもりが何とも優しくて、素敵!さらに、焼き印が押してあるのですが、 8分音符 かわいい♪こんな難しい物を作れるとは、なんて器用な82歳でしょう!ビックリ!実際に楽譜を押さえてみると、なかなかいい感...

  • 四国で初めて! シニアピアノレッスン法の講座

    四国で、【シニア世代に教えるピアノレッスンー実践編】の講座が開かれます。四国は、子ども達とレオマワールドに行った楽しい思い出が。その地で、講座開講できるとは嬉しいです。四国の先生方とお会いできるのを、楽しみに♪・レッスンでの疑問があれば、丁寧にお答えします。・シニア未経験の先生も教えたくなる、具体的・実践的なレッスン法です。~~~~~~~~要項~~~~~~~~~【シニア世代に教える ピアノ・レッスン...

  • 花を枯らす ~何でもマメが一番~

    花に水をやり忘れて「枯らす」のが得意な私。生徒さんの駐車場の番人として置いている植木鉢は、冬は……丈夫なパンジービオラ。夏は……上野公園の池に浸っているサンパチェンスを見て、最近はそれ。 2021年、池で育つのだから「水」さえあげれば……と、ひたすら「水」をあげていました。すると、本当に大きく育ってビックリ。 すごい! やれば出来るじゃない、私!!と、気をよくする(^-^)2022年、自信をつけ、今度は白いサンパチェン...

  • 三世代が弾く発表会

    コンサートを一緒にしたことのあるMさんが、最近、 発表会を開くたびに、プログラムを送ってくださいます。もちろん行ってあげたいけれど、ちょうどセミナー日だったり、締切り前日だったりで、ずっと行けませんでした。でも今日、3度目の正直、いえ4度目の正直! で、やっと、行けました☆ノバホール(大ホール)……子どもに教えていた頃、発表会はいつもココでした。この石壁、この天井、ステージ上のベーゼンドルファー……どれ...

  • どこも悪くない94歳 ~超高齢者の優等生~

    94歳のお誕生日を迎えた母に、Happy birthdayメールを送ると、「どこも悪いところはないので、助かっています」と、返信をもらい安堵。94歳で、「何の薬も飲んでいない」人は、珍しいそうです。脳も健康のようで、パソコンでメールしたりブログを書いたりしているらしい。。。超高齢者(90歳以上)で、体・脳・心が健康なら……優等生☆(以前、92歳までピアノ教室に来て素敵な演奏をしていた生徒Mさんも、体・脳・心が健康で、皆さんの...

  • 自分をとりもどす日

    セミナーが終わって初めて、「何も用事のない日」。ゆっくりと、自由に時間を使えます。書きたいことを書き(○日が締切り……などではなく)、弾きたいものを弾き(○日に弾くから……などではなく)、観たいものを観て、食べたいものを食べ、行きたいところに行き、やりたいことをやれる。でも、何もしないでボーッと、頭を空っぽにしていてもいい。……どう使おうと、自由な日。こんな時間の使い方、人間には必要。自分が自分であるため...

  • シニアピアノ講師養成セミナー第3回 ~感謝~

    東京が、警報級の大雨になる可能性。 との予報を数日前に聞いて、「セミナー、休講にしなきゃならないかなぁ。。。」と心配するも、予報のようにならずにホッ。ニュースでは、九州の大雨被害の様子が流れます。毎回、九州から受講にいらしているK先生、大丈夫かしら?当日の朝、会場にK先生のお顔を発見し、嬉しくなりました☆さて、3限目には、模擬レッスンがありました。「ペアレッスン」「講座A(ピアノで指たいそう)」「講...

  • 手のアーチ・足のアーチ ~外反母趾~

    カッコつけて、ヒールの靴を履いたせいでしょうか?親指のつけ根が痛くなりました(外反母趾と言うらしい)。なるべく静かにソッとしておきたい気がしますが、調べると、こう書いてありました。外反母趾は、なるべくたくさん歩いて、足の筋肉をつけた方がいい。ひ~! 仕事場が自宅で、通勤がないピアノ教師は、家から一歩も出ない日も。ウオーキング好きの家族から誘われても、つい断って、一緒に行くのは月1回、いえ、季節に1回...

  • 私の苦手なタイプ

    お風呂・洗面所をリフォーム。職人さん達は、黙々と一生懸命に「いい仕事」をしてくださって、感謝☆ただ、担当者(営業の人)が、私の苦手なタイプでした。「出身はどこですか?」「お仕事は?」「連休は、どこに行きましたか?」……など、リフォームと「関係ない質問」や雑談には実に熱心。でも、「洗面所の位置は、ここでいい?」「暖房機は、どの高さに設置したい?」……等など、リフォームに「関係ある質問」や希望を聞く時間は...

  • 原因は、防音カプセル(アビテックス)の中に

    かつて(若かりし頃?)、集合住宅でレッスンをしていました。騒音の苦情がきたら、アウト。ヤマハから防音カプセル(アビテックス)が出たとき、すぐに入手。気がねなく音をだせて、快適♪しばらくしてから、家を新築することに。レッスン室は二重窓で防音壁にしましたが、完璧ではないので、アビテックスもバラして運び込みました。この中なら夜中でも弾けます♪先週、家の太陽光発電に蓄電池をつける工事をしました。 ところが、...

  • 趣味で楽しむピアノ交流2023 ~進化するシニアたち~

    毎年、シニアピアノの日に、「趣味で楽しむピアノ交流会」が開かれています。シニアピアノの日:「おけいこ事は、6歳の6月6日から始めると順調にすすむ」と言われてきました。でも最近、ピアノを楽しむシニアたちが増えています。リタイアして時間が豊富な「66歳の6月6日からピアノを始めると順調にすすむ」とのことから、記念日になっています。交流会への参加者は年々増え、今年は60人以上に!こちら↓で、参加者全員の演...

  • ブレーキがかかった ~発熱外来~

    6月5日(月)午後、喉が痛く38.9度の熱。発熱外来に行く。検査すると、インフルエンザ検査も陰性、コロナの検査も陰性。きっと、非日常を張りきり過ぎたので、「ちょっと静かにしていなさい」と神さまが強制終了したのかも。白樺湖から帰ったら、アレを送信し、コレを仕上げ、アレを発注して、コレを植えて草を取り、あそこを片付け…………と、予定が山積していたのに、全てストップ☆ 人生、こんな時ってあるものです。 40代の時...

  • その状況でベストな方法を……

    6月2日(金) ゴールデンウイークを1ヶ月ずらし、2泊3日のホリデーで白樺湖へ。わくわくと出かけ、新宿駅で特急あずさ号に乗ろうとして……愕然!私たちが乗る便から「運休」とのこと。エーッ?! 頭まっ白。せっかくの楽しい予定をあきらめて、このまま家に戻るんだ……(;_;)と思っていると、家族が「高速バスで行こう」と言い、その方法で順調にホテルに着きました。想定外のことが起こっても、冷静に、その状況でベストな方法...

  • プラチナ同窓会

    シニア指導法についてヤマハ銀座店で話し合っていた6人組、みんな、とてもいい人たちで、解散後も会いたいと同窓会。本日は6人全員が顔を出し、なつかしかった~!・Y先生のお母さまが昨年亡くなり、葬儀で思い出の写真を次々写し、 同時に楽器を持ち込んだY先生が演奏したとのこと。素敵☆・K先生に励まされて涙ポロポロだったC子先生、その感受性、きっと指導に活きることと…。・A先生、いろいろな貴重な情報をありがとう!・...

  • 模擬レッスンがなく、損した ~シニアピアノ講師養成セミナー

    9:00から準備をし、10:30からセミナー、18:00前に片付けもすべて終了!そうしたら……ガーーッ!!と泳いで、ガッツリとステーキでも食べたい!以前(コロナ前)は、そういう気分でした。それが、今回は、心に優しい音楽を聴いて、心に優しい空間に身をおき、舌に優しいものでも食べたいなぁ……という気分。この変化は、いったい何?もしや……私がセミナーでよく使う言葉、そう、あの、エイジング?おおっ、そうだとしたら面白い。...

  • 3年、損してる ~60歳からのピアノコンサート~

    曲が仕上がると、一緒にお茶を飲み、聴いて、弾いて、おしゃべりして、楽しい時間を過ごすというホームコンサートを、シニアレッスンを始めた当初からずっと開いていました。ところが、予想もしなかったコロナ禍で、ホームコンサートは断念。すると、生徒さんが「地域交流センター」での開催を提案し、会場を予約してくださって、そこでコンサート開催できるようになりました。(感謝!)今月から、コロナが5類となり、今まで自粛...

  • 18億円くださると言われても……

    「私は重い病気の女性で、病床からこれを書いています。 私は慈善活動/目的のために 1,850 万米ドルをあなたに寄付したいと考えています。」I am a very sick woman and I am writing from my sick bed. I want to donate US$18.5 Million to you for charity work/Purposes.という英語メールが研究会に届きました。まず、考えました。US$18.5 Millionって、いくら???$10,000(Ten thousand dollars)は……百万円$1,000,000(1Mi...

  • 最初からあきらめない! 教えてもらって「挑戦」する先生方

    爽やかな日曜日の朝、研究会のため、東京文化会館に向かいました。シニアに教える身としては「決して自分が感染源になってはいけない」「まだ我慢……」と、会場での参加は控えぎみでしたが、最近、1回ごとに参加者が増えてきました。ああ、コロナ前に戻ってきた。。。そんなワクワクの気持ちで会場に向かいました。 さて内容。先日、先生方から頂いた「活動状況」報告で最も多かった悩みが、コロナの影響か「生徒募集」でした。そこ...

  • 「シミ」「しわ」「白内障」……寄る年波には

    彼女は、2005年にやってきた。イタリアRoma→銀座松屋→船橋と経由してやってきた彼女の名は、Romaちゃん。最初は、若くピチピチ。お肌もツヤツヤ☆年を重ねるごとに、「シミ」「ソバカス」「小じわ」が増えたので、2010年、若返り施術をしました。 →施術前 施術後オオッ! かなり若返った。(アンチエイジング)しかし、時の経過とともに効果はなくなるものです。本日、改めて見ると、こんな顔!寄る年波には勝て...

  • シニアのピアノ本が「1位」の意味

    実は3月に『60歳からのピアノ超入門』の広告が出たものの、在庫切れで入手できない状態 (:_:)「シニアの方に申し訳なさすぎる」気持ちを編集者さんにお伝えしたら、お詫びの広告を出してくださいました。本日、朝刊に載り、午後にAmazonを見てみたら、「ベストセラー1位」のマークがついていて、本全体で67位?ほんの一時的な現象としても、ありがたいことです。未開拓領域を耕すような今までの苦労が、ちょっと報われた気が。で...

  • 「退会」「死」……避けたいことを書く

    先生の本って……普通は、言うのを避けるようなこと、縁起が悪いので触れないでいたいネガティブなこと、たとえば「退会」「死」なども書いていますね。『60歳からピアノをはじめなさい』には、 「上手なピアノの辞め方」を書いているし、『ピアノで指たいそう』の後書きでは、生徒さんの「死」を話題にしている。……この言葉は、『月刊ピアノ』のインタビュアーから言われたことです。なるほど、言われてみれば、確かにそう。でも、...

  • 4年ぶりの「対面セミナー」に想う

    講師養成セミナーが開催された日曜の朝……私は怖くなりました。「会場入口で必ず検温し、37.5℃以上なら入館できません」との会場ルール。感染対策が厳しい方が、安心です。でも……もし私が通過したとき、何かの都合で検温器がブーッと鳴ったら、入館できません。私が入館できなければ、セミナー開催はできない。つまり、受講者がせっかく会場に来ても、何も学べないということ。航空チケットをとって、熊本県からいらっしゃる先生も...

  • シニアの方を「幸せに」と願っていたのに、シニアの方を「不幸に」……

    『60歳からのピアノ 超入門』が朝日サンヤツに掲載されたら、在庫が底をつき、増刷するも追いつかなく……Amazonを見ると、「現在、在庫切れ。入荷予定なし」と出ていたり、定価より1000円も高く売られていたり……通常の「翌日お届け」ではなく、「10日後お届け」だったり……という状態。なんだか、シニアの方に申し訳けない気持ちになってきました。新聞広告をわざわざ見せて、「わっ、読みたい!」という気にさせておき、でも買えな...

  • 「先生育て」が上手な「生徒さん」

    「先生って、栗山監督みた~い!」と、生徒さんに言われ、エッ? なぜ? どういう意味??レッスンで、私がこう言いました。「何度も練習すると、『まったく間違えずに弾ける』という時期がきます(第1期)。でもレッスンで、「もっとこう」と言われ、それを考えながら弾くと、「ミスだらけでボロボロ」という第2期が来ます。(人間、何か1つ考えると、弾けていたものが弾けなくなるもの)その時期を通り越した後、本当に「確か...

  • ピアノ教室はまちがうところだ

    疑問に思ったことを、きちんと質問しなかったり、 伝えるべき大事なことを、へんにカッコつけて伝えなかったり、自分の気持ちをそのまま言えばいいものを、言えなかったり、それで、後で後悔することがある。……私って、なんて愚か者なのだろう。人の気持ちを考えてあげられなかったり、配慮できないことがある。……私って、なんてダメ子だろう。それに、世間知らずで、物を知らない。ゆえに誰かを傷つけてしまうこともある。……私っ...

  • 生徒さんのご冥福を……お彼岸

    お彼岸……彼の岸を見て、故人を思い出し感謝する日とのこと。ずっと頭にひっかかっていた事がありました。亡くなったピアノ生徒S子さんのことを、『脳がいきいき ピアノで指たいそう』の「おわりに」に書かせて頂いたにもかかわらず、ご本人に許可を頂くことも、ご報告することも出来ないままでした。喪中葉書にあったお嬢様の携帯に電話しようかと思うも、勇気がでなくて時が過ぎていました。お彼岸の今、電話しなかったら、もう...

  • すべて、うまく出来ている……夜も朝も1楽章も2楽章も

    夜……化粧を落とし、仮面を脱ぐ。服も下着も脱ぐ。お風呂。子どもみたいに無邪気に花びらを浮かべて遊んでも、バレない。 ゆるパジャマでグデグデ過ごし、ベッドに入り、眠りに落ちる。真っ暗な湖の底にスーッと沈んでいくような感覚が、心地いい。“素の自分”になる夜……好きです。朝……目覚めると、満充電されていて、パワーがみなぎっている。昨日の失敗も後悔もすべてリセットされ、真っ白いキャンバスのような朝。エプロンの紐...

  • 「教室」以外で、ピアノを教えたい場合

    ピアノを教える場所は……「自宅のピアノ教室」や「大手音楽教室」が多いと思いますが、「カルチャーセンター」や「公民館」で教えている先生もいます。特にシニア世代の場合、そのような施設はハードルが低いのか、応募も多いようです。また、施設側が「生徒募集」や諸々をしてくださるので、先生は「指導」のことだけ考えていられます。さて、そのような施設で「ピアノを教えたい!」と思ったとき、どうすればいいのでしょう?たと...

  • 私、神様に「もてあそばれている」?

    テーブルにコーヒーを置き、パソコン作業をしていた。・カップは、たいていすぐに空っぽになるのに、 その日は作業に夢中になり、たまたま半分も残っていた。・たまたま夕方だったので、薄暗くなった。でも、もうすぐ終わるので、照明をつけずに集中。・気づくと、真っ暗。作業も一段落して、パソコンを閉じる。・夕食前で急いでいたのに、なぜかその日は、ノートパソコンを元の場所に戻そうとした。・いつも、ノートパソコンのケ...

  • セミナー「申込みの方法」が、変わりました☆

    「最初の5分間」に申込みが集中!という例年の事態を避けるため、今回は「先着順」でなく、次のようになっております。① 3/1~3/7の「1週間」が申込み受付期間となります(先着順ではありません)。② 定員を超えた場合は、「受講動機(40字以内)」も参考に、受講を急いでいる先生を優先させて頂きます。 ③ 同じ状況の先生が多い場合は、なるべく避けたいのですが抽選いたします)④ もし抽選に漏れた場合は、次期セミナーで優...

  • セミナーの受講申込み、本日より受付開始☆

    シニアピアノ教育“プロフェッショナル講師”養成セミナーの 受講申込みの受付が、本日から始まりました☆ (今年は、先着順ではありません)◆開講日: 4/16(日)、5/28(日)、7/9(日)、9/_(日) (9月は、会場予約がとれる明日、ホームページ掲載)◆申込み受付: 3月1日(水) ~ 3月7日(火) (1週間で締切り)◆会場:Bumbスポーツ文化館 (3年ぶりに対面開催)◆申込み方法: ホームページのフォーム...

  • 「暗譜での演奏」と「読譜しての演奏」……傾向

    コンサートでの「ソロ演奏」は、原則、暗譜です。もちろん、シニア生徒さんも。でも『ロンドンデリーの歌』は、左手が超難しいので、「この曲だけは、楽譜を見てもいいですよ」とお伝えしてありました。本日は、60歳からのコンサート第85回。いつも暗譜で弾いていた生徒さんが、楽譜を見て弾くと…………いつもの演奏と違っていました。では、「暗譜奏」と「読譜奏」の傾向(プラス面・マイナス面)について、気づいたことを書いておき...

  • 桜をもとめて・・・・・

    12月からずっと寒さが続き、そろそろ春が恋しくなります。その気持ちを見透かしたように、この時期、「さくら味」とかパッケージが「さくら」の商品が。先日も、近所の無印良品に「さくら」系を発見して、買ってしまった愚かな消費者。 牛乳に入れると、淡いピンク色になり、さくらの香りがする桜ラテ。アイス……アッ、さくら餅の味!でもやっぱり、本物のさくら餅にはかなわない。と、「さくら餅」を買いに行きました。 うーん、い...

  • シニアの「体験レッスン」におすすめの教材☆

    カルチャーセンターなどには、「体験レッスン」というものがあります。「こんな難しいレッスン、私には無理だった。しまった!!」と、後で後悔しないですむので、生徒にとってありがたいものです。先生にとっても、「怖いレッスンではありません。ゆっくり・優しく・楽しいレッスンですよ」とお伝えできる、よい機会です。でも……ゆっくり・優しく・楽しく進めたとしても、「達成感」も感じていただきたい。そして、「自分にも弾け...

  • 演奏する曲を「熟成」させる

    「『弾けるようになったばかりの曲』ではなく、『前に習って半年位たった曲』を弾き合い会では弾きたいのですが……」シニア生徒さんから、そのような希望が出ました。理由を伺うと……・弾けるようになったばかりの曲は、暗譜が飛んでしまうんです。・でも、弾けるようになってから半年位たった曲というのは、ちゃんと暗譜で弾けるんです。確かに、それは理論からも言えます。・覚えてから時間がたっている記憶(長期記憶)は、なかな...

  • シニアレッスンの工夫や知恵を「シェア」しあう

    本日は、第18回日本シニアピアノ教育研究会(オンライン)。内容をご紹介いたしましょう。教材研究:『趣味で楽しむピアノ・レッスン レパートリー』より“さくら貝の歌”“ムーンリバー”の指導ポイントなど 事例発表:『シニアピアノ 個人レッスンから見えてきたこと』アニメーションも使ったなかなか凝ったパワーポイント。そして、前回よりずっと落ち着いて話され、すごく聞き取りやすいプレゼンでした。内容が充実していて、素...

  • 「人間の演奏」と、「機械の演奏」……ちがうもの

    前回、「手首の回転」のことを書きましたが、コイツは、ぜったいに手首を回転させないで弾くだろうと思うものを見ました。有給休暇をとることが出来た息子家族が、お正月をわざとずらして帰省。科学好きの孫ちゃん達と、つくばエキスとセンターに行きました。そこで、Wabot君を発見!Wabot君は、1985年のつくば科学博で活躍したのですが、正しい音を正しいリズムで弾きます。プログラムされたように強弱もつけて、スラーの中は、な...

  • 手首を回す ・ 経済を回す

    手首を回す 前回ご紹介した本で、いちばん苦労したのは、「手の動きを、図で伝える」ことでした。素人の私が描いた図を見て、プロのイラストレーターさんが描くのですが、ぜんぜん違う動きに解釈されていたり(私の下絵がヘタなせい)、ピアノを知らない人に絵を見せて動かしてもらったら、意図した動きとはまるで違う動きをされ、愕然としたり……。特に図で難しかったのが、「手首の回転」。動画に撮ってイラストレーターさんに送...

  • 【先生方へ】『ピアノで指たいそう』の使い方

    「ピアノほど、脳が活性化する楽器はない」 というのは、もうシニアの誰もがご存知です。そこで、脳活性のための「指たいそう」の講座を開いてみませんか?1人1台の楽器を用意しなくても開講できる講座です。 なんと、「指たいそう」をしているうちに、結果として「1曲ピアノが弾けるようになっている」というおまけがついています。この「指たいそう」の講座がきっかけで、ピアノレッスンを始めようと思い、楽しいシニアライ...

  • 生徒さんのご近所で、連続強盗!

    ニュースになっている連続強盗……狛江市、千葉や埼玉などに続き、私の住むつくば市でもありました。 窓ガラスを割って押し入り、70代と60代のご夫婦をガムテープで縛り、頭をハンマーで殴り、80万円を奪って、逃げて行った。 ……こわ~い(ゾッ)なんと、生徒さんの一人が、被害に合った家のご近所。しかも、被害者とお知り合い!グループレッスンが始まる前の会話です。被害宅が近所の生徒A:「怖いので、夜は、雨戸をぜんぶ閉め...

  • 『音遊人』……音楽をやる人か? やらない人か?

    音遊人……なんて読むのかしら? 音や楽器で遊ぶ(playする)人、Musicをする人……「みゅーじん」と読みます。日本人か外国人か? 白人か黒人か? などという括りではない。音楽をPlayする人か? しない人か? という括り。……なんだか、いいですねぇ♪実は、7年前に出た『今日から弾ける いきいきピアノ』が、増補改訂版として生まれ変わります。 その1ヶ月後に、第1巻の前段階「超入門」の教材も出ます。(詳しくは、また後日お...

  • 時代を超えて受け継がれるもの

    『ピアニストが語る!時代を超えて受け継がれるもの現代の世界的ピアニストたちとの対話 第五巻』(著:チャオ ユアンプー、訳:森岡葉)です。世界中の著名なピアニストにインタビューをして、そのお話から書いているのですが、第一巻から続いていて、第五巻に入りました。パラパラとページをめくると、目に飛び込んできた言葉をいくつか。・指使いをとても重視するピアニストナットさんの「運指は音楽の言葉を語る!」という名...

  • 反田さんと小林さんのご結婚……こいつぁ春から縁起がいいや

    「反田恭平さんと、小林愛実さんが結婚」という記事を、今朝の新聞で発見。ショパンピアノコンクールに入賞した日本人のお二人が結婚とは……しかも、小林さんは現在妊娠しているとのこと。色々と考えてしまいますが、ピアノ界にとって……こいつぁ春から縁起がいいやぁ!...

  • 謹賀新年 ~昔にもどる~

    明けまして、おめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 朝は、お雑煮をいただいて、お昼は、お餅。午後は、腹ごなしのお散歩に行ったり、来月くる予定の息子家族とビデオ通話。夕食は、おせち料理。この数年、料亭のおせちを注文していました。最初は、わぁ!さすがプロ、お洒落で美味しい♪ と感動☆でも、気が済んだというか、感動も徐々に薄れてくるもの。今年は、普通にお煮しめを作って、 蒲鉾や黒豆など...

  • ピアノを、がんばってはいけません

    お掃除は、苦手。大掃除、いやだなぁ。。。(憂鬱)でもやらないとマズイかなぁ。。。やっぱり「やるべき」だろうな。。。……サボリたいけれど、ストレスだけれど、仕方なくがんばって掃除する。というよりも、楽しくやりたいものです。キュッキュッとガラス拭きを楽しみ、 全て終えて、家の中が、スカーッ☆ と気持ちよくなる爽快感! を楽しもう。その方が、結果もいいはず。さて、ピアノも同じ。「やりたくない」けれど、義務だ...

  • 「片手でしか」弾けない人、「両手でしか」弾けない人

    【片手好きAさん】いつも、まず「右手だけ」、次に「左手だけ」練習して、それが出来たら「両手」で合わせる生徒Aさん。第1回目のレッスンに来て、こう言いました。「『右手だけ』も『左手だけ』も、弾けるんです。でも、『両手』になるとグチャグチャ!」 わかります。1つのことだけ考えればいいシングル課題(片手奏)より、2つのことを同時に考えなければならないダブル課題(両手奏)の方が、はるかに難しいので。【両手...

  • ブログが更新されない時は……

    ブログがずっと更新されないままだと……なぜ?と考えます。・体調を崩したのでは? ・芸能人じゃあるまいし、そうそう素敵なロケ地や美味しいレストランにいくわけでなし……ネタがなくなったんじゃない?・何か「もめ事」に巻き込まれてしまい、ブログどころではないのかも?・単に書くのが面倒になって、サボっているだけでは?どれも、ありそう……私の場合、更新されない時は、たいてい何かを「書いている」とき。おかげ様で、同時...

  • やるせない気持ち

    98歳で……102歳で……親が亡くなったという喪中葉書を読むと、 (決して喜ぶことではないけれど)わぁ、大往生!! 長寿でお幸せな人生……というイメージをもちます。しかし、亡くなったのが「生徒さんご本人」だと……悲しく、やるせない気持ちに。先月、苗字も名前も知らない人からの喪中葉書。「誤って配達された?」と、文面を読むと、「母、○○○子(生徒名)が永眠……。本来なら父○○よりご連絡するところ、父も療養中のため、娘の私よ...

  • なんて「ブス」なのでしょう!

    先日、時間美人、メール美人が書かれた本を読んで、私も、なれそう☆ 時間美人、メール美人、ネット美人、レッスン美人……と思い上がった矢先、なんて救いようのない「ブス」だ。私って……と思う出来事が。M先生のお写真をブログに載せ→「構わないでしょうか?」とアドレスをご本人にメール。返信を待つ間、考えました。順番が逆だ!① まずご本人に伺い→②OKを頂けたら掲載すべき!あわててブログを「限定公開」に設定。(この機能...

  • 『ピアノの先生のための時間管理術』で時間美人に

    藤拓弘先生が、『ピアノの先生のための時間管理術』というご著書を出されました。藤先生は、今までのピアノ教育界には無かった(でもとても重要な)視点から、ピアノ教室やピアノ講師のことを考えてくださっている先生です。さて、ご本を開くと、こんな言葉が目に飛び込んできました。「時間美人」おおっ!!効率的な時間の使い方や、かしこいアイディアが書いてあります。読み進めていくと、メールを出す時のマナーや工夫も。メー...

  • シニアピアノ指導をがんばっている先生を、表彰☆

    11月23日(水)東京文化会館での第17回PES研究会、1週間前にリマインドメールを出したとたん、東京都の感染者増。もし出席希望が10名未満なら、オンラインに変更予定でしたが、13名の出席表明があり、対面開催に。静岡県や山口県など遠方からも、先生方が集まってくださいました。今回はなんと言ってもシニアピアノ教育の「指導者賞」(専門講師)の、第1号の表彰☆あなたは、シニアピアノ教育の普及・研究に励み、メソード『趣味...

  • ♭5つ・♯6つの曲を、シニア初心者が弾いた

    曲名に、ベートーベンソナタ○番 変ロ長調、……などとあるけれど、どういうこと?歌の伴奏で、キーを上げ下げ……って、どうする? ふだん、「ハ長調」にした曲を弾くことが多いシニア生徒さんですが、レパートリー星3つを弾ける位になったので、聞いてみました。「これら調について、知りたいですか?」「私たち、そんな小難しい理論は結構です。弾きたい曲を、楽しく弾くだけがいいです。」という答えが返ってくるかと思いきや、な...

  • 「欠席理由」を、先生が聞いてもいい?

    「中学の同窓会が、何十年ぶりにあるんで、レッスンを休みます」……まぁ! ぜひ楽しんできてくださいな。体調が原因の欠席も。「歯が痛みだして歯医者に行くので、明日のレッスンはお休みします」「心臓の検査が、その曜日しかできないので、レッスンお休みします」……健康あってのピアノ。体を優先してくださいね。先日、理由を言わず、「今度のレッスン、お休みします」とだけ連絡してきた生徒さんがいました。本人が言わないのに...

  • 生徒さんの「忘れ物」のために備えているもの

    レッスンを終え、生徒さんたちが元気に帰っていきました。しばらくして、譜面台に「忘れ物」を発見!テキストとノート。……これが無いと、家で練習できません彼女は隣の市の遠い所から来ているので、取りに来るのも大変。しかし私は慌てず、慣れた手つきでコレを出します。 レターパックライト 宛名を書き、テキストをスッと入れ、封をして、投函するだけ。 翌日には「届きました!」とご連絡いただきました。ご本人は、「私も...

  • 「優しさ」が「あだ」

    私の母は、93歳。おかげさまで元気ですが、コロナ禍に会っていいものか……。万が一、私がCOVID-19を運んでいき、そのウイルスで母が感染し、90代なので重症化して、命を落とした。……なんてことになったら大変!と、会うのは我慢?・いつお迎えが来てもおかしくない年齢だからこそ、なるべく会っておきたい……という気持ち。・自分のせいでコロナ感染させては申し訳ない。自粛しなければ……という気持ち。その二つの気持ちのはざまで、...

  • 「芸術や文化」は人間に必要……再確認

    「チケットがあるのだけれど、一緒に行きませんか?」と、高校の友人からバレエのお誘い。コンサートも観劇も、コロナ禍となってずっと遠のいていたけれど、ワクチン接種も進み、旅行支援まではじまった今、そろそろいいかな?と、思い切って行きました。開幕のベル。照明が消える。オーケストラが奏でる楽器の音、管楽器、弦楽器、ハープ……ああ、やっぱり「生」はいい!この感覚、何年ぶりでしょう!オーケストラピットの上のステ...

  • 認定講師のご紹介ホームページに新しいお仲間

    今年認定された「シニアピアノ教育 プロフェッショナル講師」が、ご紹介ホームページに掲載されました。今まで、北海道から九州まで地域ごとに分かれていたのですが、今年度はニューヨークから受講の先生も。新たに「海外」のカテゴリーも追加されました。ちょうど、感染者数も減少してきたし、気候も良いので、生徒募集によいタイミングかと思います。というより、認定後に教室ホームページを作って募集もして、既にシニア生徒さ...

  • 新聞記事「ピアノを習う」を発見

    読売新聞の記事のために、大阪の認定講師をご紹介したことはお伝えしましたが、いよいよ発売日。気になったので、近くのコンビニに買いにいきました。全国版とのことなので、茨城県でも入手できるはずです。セブンは売り切れで、ローソンで見つけました。中をペラペラめくると……発見!!紙面4分の1位にカラー写真入り(N先生と生徒さんのレッスン風景)なので、すぐ目に入りました。おおっ、良い雰囲気ですね。レッスンの真剣さ...

  • 『趣味で楽しむピアノ・レッスン(2)』……もう少しお待ちください

    『趣味で楽しむピアノ・レッスン』第2巻が、なかなか手に入らないとお問い合わせがあったため、編集者さんに状況を伺ってみました。お返事をいただき、「ただ今、急ぎ製造進行中」とのことです。今月中か来月の頭には、入手できるかと思いますが、納期がはっきりしたら、また連絡をくださるとのことになっています。連絡が入りましたら、すぐにブログでお知らせしますね。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。もう少々お待ちくだ...

  • 森の中のコテージで、心をほぐす

    やることになっていた課題を二つ終えたあと、森の中へ行く。緑(少し紅葉)に囲まれて、きれいな空気を吸い、小鳥のさえずりを聴く。……ああ、心がほぐれていく。赤トンボ、野ギツネ、野ウサギにも出会ったし、テラスには、おサルさん親子も来てくれた!……自然のなかで、様々な生き物が生を営んでいる。人間もそんな生き物の一つなのだと、謙虚な気持ちになってきます。二日目の朝、昇ってくる朝日を見て、温泉につかり、昼は、満開...

  • 「結婚」と「レッスン」……似ている

    ちょっと嬉しいことがありました。先日書いた方(先生選びで苦労され、PES会員の先生をご紹介したシニア女性)から、ご報告をいただきました。ご連絡順が1番だった先生に、指導をお願いしたのですが、体験レッスン的なことをしてみたそうです。その結果、「凄く素晴らしいレッスンで、感動しました!何かウキウキしています」と、シニアの方からご報告メッセージ。私ではなく、その先生が素晴らしかったからなのに、とても嬉しく...

  • 「ピアノの先生選び」……ご苦労が多いです

    60代女性から、お問い合わせ頂きました。60歳を過ぎて、ピアノを習いたいと思ったそう。(1)まず、ピアノ教師をしている友人に、打診してみた。……すると「私は、60歳以上の人を弾けるようにしてあげられない」と断られた。(2)そこで、何人もが一緒に学ぶカルチャーセンター講座を受講……すると、1時間半もあるレッスン時間の半分以上、受講生によるおしゃべり。私、友達はいるし、友達ほしくて受講したのでもない。「ピアノの弾き方...

  • プロと初心者…比べない、比べない! 教材リサーチ

    東京文化会館の会場費を納めに、上野まで行ってきました。11月の指導法研究会のために予約したのですが、納入期限。文化会館に来ると、駅に戻らず、反対方向に歩き出します。上野公園の池のサンパチェンスをチェックするためです。 オ、あった。あった。生徒さんの駐車場に、無断駐車防止で置く植木鉢のお花は、いつも、この池のお花を真似します。でも、同じ種類なのに、私のはチョット寂しい……いえ、大違い!公園の方は、プロ。...

  • ピアノを楽しむシニアが増える予感 ~仙台講座~

    仙台駅を降りると、弦楽器や管楽器のケースを携えている人が、やけに目につきました。他の街より、楽器を持っている人が多いなあ…… 若い人だけなら、「音楽系の学校が近くにあるのかも」と思いますが、こんな方も。白髪の初老の紳士が、バイオリンケースを下げて嬉しげに歩いていました。いかにも新品というビニールレザーのケースなので、絶対にプロではないでしょう。きっと、リタイアして初めて音楽教室に通いだしたのかもと、...

  • 仙台で、『60歳からピアノをはじめなさい』講座:9/7(水)

    「ピアノを始めたい人」のための本ですが、何を隠そう。実は、指導に大事なエッセンスがい~っぱい!!『60歳からピアノをはじめなさい』の指導法講座が、仙台で開かれます。●時:9月7日(水)10:15~12:15●所:ヤマハミュージック仙台店 6階 シニアのピアノ指導にご興味のある先生、お会いできれば、嬉しいです♪...

  • 未開拓地を耕す

    シニアを対象にした物を作るので……と、ご相談を受けて、お昼に編集者さん達とオンラインTeamsでお話。シニアのピアノ指導に関しては、生徒さんへの実践や研究をかなりやったので、私でお役に立てるのであれば、ご協力させて頂きます。もちろん、「この商品は、シニアの方を不幸にする」と思えばお断りしますが、「これは、シニアの方を幸せにする」と思えれば、喜んでお手伝いします。誰も作ったことのない「初めての物」を作ろう...

  • 演奏順は「乱数サイコロ」 ・インフォームドコンセント

    「小さい子から順に演奏」が、発表会の定番ですが、シニアだけのコンサートは「大きい人から順に演奏」。「暦年齢順」だけでなく、「五十音順」「いろは順」「ABC順」等など。前回のコンサートは、数学の先生だった生徒さんが下さった「乱数表」で決めました。本日の「60歳からのピアノ-第83回ピアノコンサート」の演奏順は、20面体の「乱数サイコロ」を振って決めました。 課題も見えてきました。<課題1> ゆっくり(Adagio)の...

  • シニアピアノ教育の「指導者賞」 ~がんばっている先生を応援~

    サラリーマンが頑張れば……「昇進」したり「お給料」が上がったりするかもしれません、でも、ピアノの先生がどんなにがんばっても、「昇進」も「お給料が上がる」などもありません。上達した生徒さんからの感謝や笑顔、良いレッスンが出来たという喜びや達成感などが、ピアノ教師にとっては、大きな報酬です。そんな時、第三者から「指導者賞」をいただいたら、今までの努力が報われたような気持ちになるかもしれません。これからの...

  • お姑さんと同居 ~お盆に想う~

    「新婚旅行から帰ったその日から、お姑さんと同居していました。」と、若い先生方に言うと、「エーッ? お正月とお盆に帰省するだけで、私、ドーッと疲れて帰ってくるのに……。365日、一緒に住んでいたんですかぁ?信じられな~い !!」などと、驚かれます。でも、本当なのですよ。1日24時間、365日、一緒に住んでいたのです。後半の14年間は、二世帯住宅にしたのですが、 前半の16年間は、台所・トイレ・お風呂・すべて一緒の狭い...

  • 優し過ぎる・レッスン後のルーティン・新兵器・快適なレッスン

    優し過ぎる信じられないレベルの暑さ。半導体不足で、注文したエアコンが届かなく、不調エアコンでは、室温29℃~30℃位(外気温36℃)。扇風機を併用するも、暑い。レッスン後、皆さんに謝りました。「暑くて、すみませんでした。」すると、次のようなお言葉。「いいえ、冷房は、体調を崩しますから」「冷房は体に悪いから、私、嫌いなんです」「自然の風の方が、好き」……等など。文句を言う人なんて、一人もいません。シニア生徒さ...

  • “プロフェッショナル講師”認定試験、終了!

    シニアピアノ講師養成セミナーの最終回が、昨日で終了!最初は「対面」でのセミナーだけでしたが、コロナ禍で「オンライン」に。すると、北海道、九州、米国ニューヨークの先生も受講され、色々な地域の先生方と出会えたことを嬉しく思います。本当に質の高いシニアピアノ講師を育てたい。……そんな想いで「指導法」のセミナーを始めました。指導法をきちんと学び専門性を備えたピアノ教師の証として認定証も発行することに。“プロ...

  • アベノキモチ #国葬

    安倍元首相の国葬が決定。反対の人、賛成の人、色々な意見があります。 いったい、安倍さん自身は、天国でどう思っているでしょう?「アベノ気持ち」を考えてみました。「僕の葬儀のために、膨大な金を使うのなら、それを、国民のために使ってください。コロナ禍で倒れそうなお店、職を失った人々……そんな人々の支援にお金をまわしてください。僕は、生前、「桜を見る会」「森友問題」など自分の票集めや、「アベノマスク」など役...

  • 半導体不足で、レッスン環境が……!

    暑い。。。。。レッスン室の冷房が、あまり冷えない。それどころか、たまに働くのを勝手に辞めてしまう(我がまま!)。その度に、私は椅子の上に立ってコンセントを抜き、リセット。すると、また働きだす。昨年も同じような症状で修理依頼して、ガス補填したら直りました。さすがに、今度は買い換えるようと決意。(9年目だし)ハウスメーカーに電話すれば、喜んで新製品をつけに来ると思っていました。しかし、次の言葉に唖然。...

  • 3連休中の講師養成セミナー

    本日は、シニアピアノ講師養成セミナーの第3回。頭のスッキリしている1限目に理論を学びます。前回は高齢者教育学や成人学習論でしたが、今回は、学習ニーズ・老年心理学・生涯学習の観点から、シニアピアノ教育を考えました。どんな「難易度」のどんな「楽曲」がどんな「順」で出てくるか?……レッスンで、教材はとても重要です。でも、まったく同じ教材を使っても、A先生が教えたのと、B先生がレッスンしたのとでは、生徒の「理解...

  • 2つの対照的な「人生の最期」

    向かいのお宅のご主人様が他界。コロナ禍で家族葬だったので、お線香だけあげさせて頂きました。奥様とお話をして、とても「素敵な旅立ち」だったことがわかりました。こんな最期だったそうです。ご主人様は、ホロヴィッツの弾くピアノ曲がお好きでした。病室にCDプレイヤーを持ち込み、ご主人様の耳にイヤホンをあて、ホロヴィッツを聴かせてあげた。二つあるイヤホンの一方は、奥様と息子さんが代わる代わる耳にあてて一緒に聴い...

  • 予想がハズレて……

    人間は、「自分が望むこと」を信じるようです。・数ヶ月練習すれば、実力以上の難曲でも弾けるだろう。・近いうち、白馬に乗った王子様が現れるだろう。……と信じて、待っていたりします。「そうなればいいなぁ。。。」と思うことって、信じたくなりますよね。2021年11月頃、「2022年7月には、コロナも収まり、マスク無しの世になる」と、予測する学者がいました。私は、その説をずっと信じていて、友人とも、「2022年7月になった...

  • 非日常をたのしむ ~ブルーベリー狩り~

    生徒Mさんのお宅は、ブルーベリー園。会社員だったご主人が、リタイア後に筑波大の園芸講座を聞いて始めたそうです。他の生徒さんが、「Mさんのブルーベリー園に行ってきました」と楽しげに言うのを聞いて、私も行かせて頂くことにしました。レッスン終了後、Mさん:「あ、ズボンをはいてきてくださいね」他の生徒さん:「先生、ズボン持ってないかも……」私:「ズボンくらい、持ってますって!(笑)」前の晩からワクワク(遠足...

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、60歳からのピアノ♪さんをフォローしませんか?

ハンドル名
60歳からのピアノ♪さん
ブログタイトル
60歳からのピアノ♪
フォロー
60歳からのピアノ♪

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用