searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

santaku38さんのプロフィール

住所
東京都
出身
東京都

自由文未設定

ブログタイトル
まずはここから~旅・歴史・鉄道見聞録~
ブログURL
https://ptakunote.com/
ブログ紹介文
国内を中心に歴史・鉄道に触れる旅を紹介。次に訪れるあなたの参考資料に!
更新頻度(1年)

36回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2019/02/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、santaku38さんの読者になりませんか?

ハンドル名
santaku38さん
ブログタイトル
まずはここから~旅・歴史・鉄道見聞録~
更新頻度
36回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
まずはここから~旅・歴史・鉄道見聞録~

santaku38さんの新着記事

1件〜30件

  • 中村佑介展に行ってきた

    中村佑介というアーティスト平面に描かれた少女の横顔とカラフルな世界ミュージシャンのASIAN KUNG-FU GENERATION、作家の森見登美彦彼らの作品をファーストインプレッションを担うのが彼の作品だ。そんな彼の作品展が、東京ドームシ

  • 山と水の秘境を巡る 何でもあるぞ大井川鉄道 – part2/2

    大井川鉄道は個性あふれる魅力的な地方私鉄だ。蒸気機関車と顔つきのSLと出会い、どこへも行けない駅では怪音におびえ、そして湖に浮かぶ駅で絶景を見た。1日かけて廻った記録の後半戦です。

  • 0泊2日で行く!part2/2 水の街 郡上八幡

    前回はこちら岐阜県のおへそ 郡上八幡本旅のもう一つの目的地 岐阜県郡上八幡へやって参りました。群上と書いてぐじょうと読みます。これ大事。当地を訪れるにあたり、カーナビで検索をかけたわけですが、一向に登場しない郡上八幡の文字。そう、実際私もず

  • 0泊2日で行く!part1/2 車の街 名古屋を満喫

    どうも、コロナ禍にトヨタの書籍を読み、すっかり心酔してしまった筆者です。ジャストインタイム、カイゼン、かんばん方式・・・時代を通じて日本を牽引してきたトヨタの神髄。その実態をさらに学ぶことはできんか!ということで、名古屋にあるトヨタ産業記念

  • 【駅の無い街を貫いた鉄道】羽村山口軽便鉄道跡をゆく

    不名誉な称号?武蔵村山市東京都内、中央部よりやや西方に位置するこの自治体は、ある話題で良く取り上げられる場所です。それは都内唯一鉄道が走らない市であるため。移動の手段として公共交通機関の利用が一般的である東京都内において、この称号は、役所を

  • 【東海道五十三次】品川駅の南にある北品川。歴史香る宿場町

    高輪ゲートウェイエリアの開発、リニア開業予定と、今後大きな変化が品川エリア今回は、その中でひっそりと進められているもう一つのある計画にスポットを当てながら、東海道の宿場町 品川宿跡を辿ります。行っとけダイヤそもそもさっそく答え合わせになりま

  • 【旅行バブル】Go To キャンペーンは見逃せない

    7/22から始まるGo To キャンペーン!とうとう詳細が発表されました。今回は、その中でも特にGo To トラベルキャンペーンに焦点を絞り、ポイントを整理します。そう、要点の整理。ここでは、本キャンペーンの大まかな内容を掴んでいただければ

  • 関西重伝建地獄part4 幻の百貨店を生んだ五箇荘金堂

    まだまだ重伝建いきますよ。3日で7か所目。みんな違ってみんな良いのです。今度はこちら滋賀県東近江市にある五箇荘金堂(ごかしょうこんどう)地区です。前回の近江八幡市同様、近江商人の拠点となっていましたが、近江八幡市が商いの拠点だったのに対し、

  • 都心に残ったド級レトロ 築地市場の最後の雄姿を見てきたpart2

    そもそも市場ってなんだと、ここまで市場について書いてきましたが、そもそも市場ってなんでしょう。市場と聞くと、野菜などの生産者がテントを並べ、そこに我々が今夜の夕食の材料求めに行く憩いの場所!祝日に、公園の広場なんかに出かけて出くわすと嬉しく

  • 関西重伝建地獄part2 広大寺内町な橿原今井と未成線と政治を学べる町五條

    橿原に残る環濠集落続いて訪れたのは、奈良県橿原市にある今井町と呼ばれるエリア橿原は、現在の宮崎県からやってきた神武天皇が紀元前660年2月11日に即位したとされる場所。この即位した日は、建国記念日として現在も我々が触れる機会があります。そん

  • 関西重伝建地獄part2 

    前回に引き続き、関西地区の重伝建を見ていきますよ。この旅も三日目となりました。脇目を振らずひたすら重伝建。ちょうど友人から連絡があり「関西でなにしてるんだー?」となったのですが、答えに窮することに笑 普通の人は、関西で3日もかけて街並み巡り

  • さらば絶望の350m 渋谷駅のホーム移設

    今年も早いもので6月。あと1月で1年の折り返しです。何もなければ今頃、来月の五輪に向けて賑わいが最高潮になっていたところでしょう。そんなこともあってか、この6月には都内の開発においても大きな出来事がいくつかありました。今回は、その中でも、渋

  • 関西重伝建地獄

    いきなりですが、重伝建という言葉をご存知でしょうか。正式な名称重要伝統的建造物群保存地区念仏のような漢字の羅列・・・正直あまり馴染みのない名前ではないでしょうか。ただ、「古風な街並みを散策したい!」という時に、この制度に選定されているかどう

  • 都心に残ったド級レトロ 築地市場の最後の雄姿を見てきた

    こんにちわ。早いものでGWから2週間。気温もぐんぐん上がり、夏の足音が聞こえてきました。早起きすると気分の良い季節。良いですねぇ。さてさて、季節は過ぎ去っていけども、まだまだコロ助さんが世間でのさばっており、お出かけにはもうしばらく時間を要

  • 番外編 2016年秋の天皇賞を振り返る

    こんばんわ。GW初日、皆さんいかがお過ごしでしょうか。今回は番外編!いつもと違う話題でいこうと思います。さてさて、本日5月3日は、何の日でしょうか。そう、憲法記念b・・・春の天皇賞ですね。コロナ禍で様々なイベントが中止される中、無観客で開催

  • 雑踏のオアシス 原宿の東郷神社

    4月も3週目となりました。収まることのないコロナ禍。心地よい気候となってきて、外出へ動き出そうとする足を懸命に抑え込む日々であります。この戦争が終わったら、旅に出かけようと思うんだ・・・という死亡フラグはしまっておきましょう。というわけで、

  • ガード下わずか1.5m 新駅開業で姿を変える高輪橋架道橋

    こんばんわ。今日から新年度。心機一転というわけですが、新型コロナウイルスの感染拡大で、陰鬱なムードが社会を覆っています。今後、どうなってしまうのでしょうか。本日は、山手線49年ぶりの新駅、高輪ゲートウェイ駅!の開業によって消えてしまう珍百景

  • 白金→青山タウンウォッチング  

    コロナの感染拡大が続いております。春分の日の本日3月20日。出かけるでもなく、半日ずっと家にこびりついた垢落とし(正確には、これまでの家事の怠慢)をしておりました。暖かい春の気候になってきたにも関わらずもったいないですが、干していた布団が食

  • 冬にしばれる北海道part5 夢か現か タウシュベツ橋梁ツアー

    前回はこちら:冬のしばれる北海道part4 根室本線の普通列車で釧路→帯広みんなのセコマおはようございます。朝7時前の帯広駅前です。本日は最終日、目指すは今回の旅の目的でもある北海道のおへそに残る旧国鉄士幌線のタウシュベツ橋梁でございます。

  • 冬のしばれる北海道part4 根室本線の普通列車で釧路→帯広

    前回はこちら:冬のしばれる北海道part2 根室本線をひたすら東進斜陽の街をあとに14:10釧路発キハ40普通列車で帯広へ向かいます。およそ3時間の旅路同区間を走るこの子スーパーおおぞらで行けば、およそ1時間半。半分の時間で行けてしまいが、

  • 冬のしばれる北海道part3 夕日の街 釧路で斜陽を知る

    道東屈指の都市、くっしろにやってきました。。。はい、切り替えて。釧路の駅舎は、ご覧のように正直だいぶくたびれてきております。1961年に竣工ですので、仕方がないでしょうか。戦後、駅舎の建設費用の捻出に頭を悩ましていた国鉄は、新たに民衆駅とい

  • 冬のしばれる北海道part2 根室本線をひたすら東進

    2日目おはようございます。二日目スタートです。朝、フロントに行ってみると、HPで見かけたフクロウカレンダーが置いてありました。これを見ると二月はほぼ毎日姿を見せてくれていたようですな。そして、今回は早朝にもチャンスがあったよう。しかし、宿の

  • 冬のしばれる北海道part1 動物天国の道東行く

    野生の動物をもっと見たいそう思ったのは友人とスキー場に行った時に、野生のシカを見かけた時でした。こちらに気付くことなく木々をぬって歩いていく姿がとても愛くるしかったわけです。すっかり心を奪われた私は、無意識のうちに北海道行きのチケットを購入

  • 大阪DEEPpart4 近代建築に溢れる大阪城公園・北浜・中之島地区を散策

    前回はこちら:大阪DEEPpart3 取り残されたターミナル南海汐見橋駅と道頓堀道頓堀へ汐見橋駅を後にし、道頓堀へやってきました。汐見橋駅がかつて道頓堀駅という名前だったように、徒歩ですぐの場所にあります。この距離感にも関わらず寂れ切った汐

  • 大阪DEEPpart3 取り残されたターミナル南海汐見橋駅と道頓堀

    取り残された本線南海電車の住吉大社駅から大阪の中心部へ戻り、降りたのがこちら関西空港・和歌山方面へ向かう南海線と高野山方面へ向かう高野線の分岐駅です。難波からやってきた列車たちは、この駅でそれぞれの方面へ進んでいきます。が、正確にはこの駅は

  • 大阪のDEEPpart2 変化を続ける住吉大社界隈

    前回はこちら:大阪のDEEPなミナミを堪能してみた part1住吉大社へ阪堺電車に乗ってやってきました、住吉大社です。全国にある住吉神社の総本社であります。摂津の国で最も社格が高い一宮であり、戦前は最高位である官幣大社にも分類された由緒正し

  • おしゃれなPort City横浜の過去から未来を巡ってみた

    今回は港町横浜の港湾エリアに着目して散策してみます。といっても世に知られるみなとみらいエリアではなく、その北西の東神奈川~横浜駅にかけてのエリアです。そのきっかけとなったのはこちらのニュース米軍機のオスプレイが横浜のノースドックと呼ばれる米

  • 大阪のDEEPなミナミを堪能してみた part1

    年明け早々、このニュースで数年前の旅行を思い出すことなりました。大阪を走る唯一の路面電車 阪堺(はんかい)電気軌道の大阪側のターミナルの恵美須町が移転するというものです。3年前、友人を訪れるついでにこの駅を利用したのですが、大阪の中心近くに

カテゴリー一覧
商用