住所
-
出身
-
ハンドル名
サクキツネさん
ブログタイトル
サクラメンタリストの逆襲
ブログURL
https://ospina.hatenablog.com/
ブログ紹介文
NBAサクラメントキングスへの思いを徒然なるままに語るブログ
自由文
更新頻度(1年)

20回 / 15日(平均9.3回/週)

ブログ村参加:2019/02/02

サクキツネさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 全参加数
総合ランキング(IN) 17903 18258 16997 16951 15842 14930 16892 949000サイト
INポイント 0 10 10 10 10 30 20 90/週
OUTポイント 0 160 220 190 180 420 250 1420/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
サッカーブログ 197 209 222 230 249 269 403 9036サイト
愛媛FC 2 2 2 2 2 2 3 37サイト
その他スポーツブログ 349 344 307 288 268 239 249 11736サイト
NBA 1 1 1 1 1 1 1 217サイト
今日 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 7556 7107 6155 5763 4938 5112 5930 949000サイト
INポイント 0 10 10 10 10 30 20 90/週
OUTポイント 0 160 220 190 180 420 250 1420/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
サッカーブログ 170 183 199 225 253 294 490 9036サイト
愛媛FC 1 1 1 1 1 2 2 37サイト
その他スポーツブログ 239 200 162 143 118 113 117 11736サイト
NBA 5 5 4 4 4 4 4 217サイト
今日 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949000サイト
INポイント 0 10 10 10 10 30 20 90/週
OUTポイント 0 160 220 190 180 420 250 1420/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
サッカーブログ 0 0 0 0 0 0 0 9036サイト
愛媛FC 0 0 0 0 0 0 0 37サイト
その他スポーツブログ 0 0 0 0 0 0 0 11736サイト
NBA 0 0 0 0 0 0 0 217サイト

サクキツネさんのブログ記事

?
  • ナゲッツ戦 選手寸評

    フォックス 6 15pts、10astと11試合ぶりのダブルダブル。しかしTO4つと多め。チームを勝利に導きたかった。 ヒールド 6 チームハイの25ptsと頑張ったものの、FG9/23、3pts2/7は彼にしては物足りない数字か。特に3Qでスリーポイントを全部外したのが後々響いた。 バーンズ 8 41分、19pts、11リバウンドの大活躍。キングスのSFでここまでリバウンドを取ってくれる選手がいただろうか。加入3試合目にしてここまでのフィットぶり。プレーオフに導いてほしい。 ビェリッツァ 6 FG5/7、3pts3/5の13ptsと、オフェンス面では健闘していたが、PF4つとファウルトラブル…

  • ナゲッツに悔しいゲームウイナーで負け

    kings(30-27)118-120Nuggets(39-18) ◎ヒールドのゲームウイナーならず 残り0.8秒、118-120と2点差を追いかけるキングス。ビェリッツァからボールをもらったヒールドは、振り向いて3ポイントシュートー。 しかし、ボールは惜しくも外れ、万事休す。ウエスト2位の強豪ナゲッツ、しかもホームで25勝4敗と、リーグ1の勝率を誇るマイルハイシティで勝つことはできませんでした。 まあ、今年のキングスでブザビといえば、デトロイト戦のヒールドやレイカーズ戦のボギーがすごいシュート決めてますからね。そう毎回毎回決めれるわけじゃないです。仕方ないです。 でもね、前半で最大17点もリ…

  • キングス プレーオフ進出に向けて

    47、41、41、45、49、45 過去6年のプレーオフ進出ラインの勝利数です。 現在、キングスは30勝26敗。残りは26試合。 仮に45勝をプレーオフ進出ラインと見ると、 残りを15勝11敗で乗り切らないといけません。 残りの対戦相手を見ていきましょう。 @DEN @GSW @OKC @MIN MIL LAC NYK BOS @NYK @WAS @BOS @PHI CHI BKN DAL PHO @LAL @DAL @NO @HOU @SAS HOU CLE @UTA NO @POR 正直かなり厳しいです。 5割以上のチームとの試合が14試合。 ロードは15試合、ホーム11試合です。 私の見…

  • サンズ戦 選手寸評

    フォックス 6.5 今日はアシスト9個。ジャンパーも前よりかは決まっていた。もっと外からのシュートが決まり出すと、鬼に金棒なんだが。 前回のサンズ戦では悪夢のTO8個犯したが、今日は2個にとどめた。 ヒールド 6 可もなく不可もなし。安定的に活躍してくれる。 バーンズ 6 3pt FG1/9。もっと決めてくれれば助かる。スピードに乗ったレイアップはカッコよかった。アシスト3個で貢献。いいつなぎ役にもなってた。 ビェリッツァ 6 序盤は効果的に得点を重ねた。3ptは0/3。11月は.545だったのが、今月は.313に。ストレッチ4の意味がなくなりつつある。 コーリースタイン 6 キャリアハイタイ…

  • バグリーの活躍でサンズに圧勝

    kings(30-26)117-104suns(11-47) 目下13連敗中のサンズと対戦。しかし、前回の対戦では21点差をひっくり返されるという屈辱的な敗戦を喫しているだけに負けるわけにはいきません。 ◎セカンドユニットでリード広げる 試合は序盤からキングスがリード。1Q途中で2点差まで詰め寄られますが、セカンドユニットが出てきてリードを広げ、第1Qは33-23、キングス10点リードで終えます。 このセカンドユニットの差は結構ありましたね。もともとサンズは選手層が薄く、逆にキングスは、ヨギ、ボギー、バグリー、ジャイルズ などいい選手が揃ってますからね。 ◎バグリーキャリアハイ この試合の主役…

  • ヒート戦 選手寸評

    フォックス 6 最後はいいディフェンスを見せたものの、全体的には今ひとつ。アシストも3つと少ない。ミッドレンジや外からのシュートも最近は冴えない。 ヒールド 7 チームハイの23pts。FG8/16と安定。リバウンドも意外と取れる。 バーンズ 6 連携はこれからだが、今後の期待を感じさせる内容。第4Q残り3:24、ヒールドのこぼれ球を拾って、3点差に迫るリバースレイアップは大きかった。 ビェリッツァ 5 最近、彼の存在意義がよくわからない。 11分、FG1/5、3pt0/2 4pts 3reb コーリースタイン 6 終盤は活躍したが、試合全体で見ると△。 4Qまではいるのかいないのかよくわから…

  • バーンズ&バークスのデビュー戦勝利で飾る

    kings(29-26)102-96heat(25-28) 最大17点のビハインドからの逆転勝ち。移籍組のハリソンバーンズとアレクバークスのデビュー戦を勝利で飾りました。 内容は決して褒められたものではありませんでしたが、何とか勝ててよかったです。 ◎眠ったままのキングス 第4クオーターまでのキングスは、眠ったままでした。1on1が多く、コンビネーションもないので、アシストも少ない。バーンズとバークスもまだ最初なので、連携面ではまだまだ。リバウンドでは相手に圧倒され、なかなかリズムを作れません。第3Q途中には17点差まで引き離されます。 ◎第4クオーターでカムバック 第3Q終盤に、ボギーの連続…

  • キングス 13季ぶりのプレーオフへ

    ◎新生キングス 激動のトレードデッドラインが過ぎ、新たな戦力となったハリソンバーンズとアレクバークスはサクラメントに降り立ち、チームに合流しました。 明日のヒート戦は、13シーズンぶりのプレーオフ進出を目指す新生キングスの第一歩です。今からワクワク感が止まりません。 ◎よみがえる13年前の記憶 プレーオフ進出に向けてポジディブなトレードで思い出すのが、前回プレーオフに進出した2006年のこと。 当時のキングスはけが人が続出し、開幕から負けが込み、なかなかチームの状態が上がりません。 シーズンの折り返し地点で、17勝24敗と大きく負け越し、8年連続のプレーオフ進出に黄信号が点灯。 ここでフロント…

  • キングスが得たもの 失ったもの

    今回のトレード&ウェイブなどでキングスが得たものと失ったものをまとめました。 IN:ハリソンバーンズ、アレクバークス、カレブスワニガン、、2020年2巡目指名権、コーリーブリュワー(10日間契約) OUT:シャンパート、ザックランドルフ、ジャスティンジャクソン、スカルラビシエリ、ベンマクレモア ◎アレクバークス まずアレクバークスについては、あまり存じ上げませんが、ディフェンス面での貢献より、オフェンス面で期待されているようです。サイズもあり、コンボガードとしてのユーティリティ性もありますが、怪我がちなので、まずは健康体でいてくれるかが心配です。若手の手本にもなりうる存在だと聞いてます。 ◎ハ…

  • さよならマクレモア

    キングスファンの間では何かと話題の、 ベンマクレモアがチームを去ることになりました。 ネタ的な選手で、ガベージタイムの王様とも呼ばれていました。 でもファンからは愛されてましたね。私も親しみを込めて「ベンさん」と呼んでます。 (私がベンさんと呼ぶスポーツ選手は、ベンマクレモアと、サンフレッチェ広島にいた大木勉の2人だけですw) ◎BEN's ヒストリー 明るく見えた将来 彼がキングスを去るのは2回目です。 簡単に彼の過去を振り返りますと、カンザス大学出身で、2013年のドラフトで全体7位でキングスに指名を受け入団。シューターとしては、8位のKCPや、10位のCJマッコラムより指名順が上でした。…

  • キングスを去る人たちへ

    今回のトレードで、キングスからは3人が去ることになりました。 シャンパート、ザックランドルフ、そしてジャスティンジャクソン。 この3人には感謝しかありません。 シャンパートに関しては前回のエントリーで私の思いを書きました。 残る2人についても書きたいと思います。 ◎ザックランドルフ ジーボは2017年の夏にグリズリーズから加入。メンフィス時代のHCイェーガーのもとで再びプレーすることになりました。 しかし、シーズン開幕前にドラッグ関連で逮捕されるなど、躓きましたね。 シーズンに入ると、若手中心のメンバーで低迷するチーム状態の中、スコアラーとして活躍してくれました。 忘れられないのが、2017年…

  • さよならシャンパート

    今日のキングスは激震です。 ロケッツ戦を前に、立て続けに2つのトレードが発表されました。 トレードの考察についてはまた別の機会に譲るとして、正直、シャンパートがチームを出て行くことは非常に寂しいですね。 短い在籍期間でしたが、彼がチームにもたらした功績は大きいです。 持ち前の明るさでロッカールームの雰囲気を変えたと言われてますし、試合中も仲間を鼓舞する姿を画面上でよく目にしました。 プレー面でも、キャブスで優勝しただけあって、ペリメーターのDやスティール、しつこいマンツーマンディフェンスなどディフェンス面で大きく貢献。 オフェンス面はシュートが安定しない面はあったが、グリズリーズ戦などでは活躍…

  • クリッパーズのトレード キングスに追い風⁈

    昨日、クリッパーズとシクサーズの間で大きなトレードがありましたね。 クリッパーズのエース・トバイアスハリスを含む3人と、シクサーズはシャメット、マスカラ、チャンドラーと、1巡目指名権2つと、2巡目指名権2つを交換。 これで実質的にクリッパーズは再建モードに舵を切ったのでしょう。しかも今年と来年の1巡目指名権は1-14位プロテクトみたいですし。 このクリッパーズの動きは、キングスにとって大きい影響をもたらすでしょうね。 現在、クリッパーズは西の8位で、キングス、レイカーズとプレーオフを争っているライバルですから。 正直、13年ぶりのプレーオフ進出を目指すキングスにとっては、苦手なライバルの実質的…

  • スパーズ戦 選手寸評

    フォックス 7 序盤は鳴りを潜めていたが、第3Qに本領発揮。20得点中11点を3Qに挙げ、リードを広げた。スピードある展開を生み出し、ファーストブレイクポイントでスパーズを圧倒。FG9/12 6アシスト6リバウンド ヒールド 7 序盤、相手のマークに苦しみエアボールやボードにぶつけるなど、らしくないシュートも。18ptsと最後は帳尻合わせる。意外にリバウンド数も多い。 シャンパート 7 FG5/8、3pt3/5。シュートが珍しくよく入った。ヒールドと並ぶチーム1の35分出場。 ビェリッツァ 5 最初にハーフコートショット並みのロングスリーを決めたが、スリーはその1本のみ。以前のように決まらない…

  • バグリー半端ないって スパーズ戦

    kings(28-25)127-112spurs(32-23) いやぁー、スパーズにホームで勝っちゃいましたね。昨季まで14連敗中だった苦手なスパーズ相手にですよ。今季はホームで2回も勝っちゃいました。 第4Qのヨギの爆発、そしてバグリー大活躍。 デローザン、オルドリッジが出てきても、一気に突き放して試合を決めましたからね。スパーズ相手にこんな勝ち方できるなんて、なんか信じられないっす。 ◎バグリー半端ない この試合のバグリーはハンパなかったです。 31分の出場で、FG10/17のキャリアハイ24pts、12リバウンド。 12-12の第1Q残り6:57で、ビェリッツァに代わって入ると、外からの…

  • シクサーズ戦 選手寸評

    フォックス 7 35分 19pts 8ast 3stl 途中、ビェリッツァの手が右目に入り退場するも復帰して活躍。相手の速攻を防ぐスティールあり。第4Q早々にバグリーに通したロングパスはお見事。 ヒールド 8 この日のMOM。34pts。終盤の勝負どころでもスリーを連続で決めた。 コーリースタイン 7 怪物エンビードとのマッチアップで大健闘。FG9/24に抑えたのは合格点。オフェンス面でもFG8/9。 シャンパート 6 終盤の勝負どころでバトラーをマーク。ディフェンスではまずまず。スティールはなかった。オフェンス面は相変わらず。 ビェリッツァ 5 スタメンながら出場わずか13分。バグリーにスタ…

  • 強敵シクサーズを撃破

    Kings(27-25)115-108sixers(34-19) ◎東の強豪を撃破 いやあー、面白い試合でしたね。 76ersは非常にアップテンポ なゲームをしてくれるので、キングスと波長が合うというか、 いつも見てて楽しい試合になるんですよね。 最大13点リードを第4クオーターに一時逆転されて、最後はハラハラしましたが、バグリーの活躍もあり、 勝ててよかったです。JJレディックとチャンドラーが不在だったとはいえ、ヱンビード、シモンズ、 バトラーの3人のオールスターがいる東の強豪に勝てたのは大きい ですよ。 ◎レディック不在が幸い シクサーズは、ウエスト遠征4連戦最後。前の試合で、王者GSW …

  • キングスがプレーオフ戦線に残るためには

    ここまでのキングスは本当に頑張っている 前回のエントリーでも書きましたが、今季のキングスは、ESPNの予想を覆す26勝をすでにこの時期に挙げています。 50試合を終えて勝率が5割以上だったのは、50勝32敗だった2004-05シーズン以来14シーズンぶりのこと。 本当に素晴らしいですね。最後のプレーオフ進出となった2005-06シーズンでさえ、5割以下だったんですから(22勝28敗、そこからトレードなどで戦力を整え、47勝35敗まで盛り返した) こうなったら何としてもプレーオフに行ってほしいものですが、現実は非常に厳しいです。 ここまでのキングスの勝敗を分析すると、大きな特徴が見えてきました。…

  • シーズン後半の日程を睨んで

    ◎見たかESPN 今季好調ですよね。 51試合終えて26勝25敗ですよ。 ESPNがシーズン前にコンピューターで予想した勝利数では、キングスは25勝だったんですよ。すでにその勝利数に到達してますからね。 何、予想しとんじゃい!と言いたいところですが、正直ここまで躍進することをシーズン前に予想するのは難しかったでしょう。 キングスファンにとってはまさに嬉しい誤算です。 ちなみに、去年のキングスは27勝55敗。すでに去年並みの白星をこの時期に挙げてるわけですよ。去年なんか26勝目挙げたのが4月6日ですよ。今年は1月30日ですよ。2ヶ月以上早いんです。 ◎残りの日程から で、残り31試合です。 プレ…

  • 復活しました

    みなさんお久しぶりです。 サクラメンタリストです。 およそ1年ぶりに復活しました。 タイトルも「逆襲」を付け加えました。 無理しない程度にぼちぼちやっていきます。 よろしくお願いします。 p.s あと、某人気ブログ( NBAの試合のレビューブログ)のコメント欄で、私の名を勝手に名乗っている人いますけど、あれはニセモノですので。 にほんブログ村