searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

game_sukeさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
TKDK PNP
ブログURL
https://tkdkpnp.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ときどきプリントアンドプレイ(PNP)のボードゲームで遊びます。 作って楽しかったPNPゲームの記録ブログです。
更新頻度(1年)

41回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2019/02/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、game_sukeさんの読者になりませんか?

ハンドル名
game_sukeさん
ブログタイトル
TKDK PNP
更新頻度
41回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
TKDK PNP

game_sukeさんの新着記事

1件〜30件

  • Contagion

    カード1枚で遊ぶパンデミック!何を言ってるんだろうという感じですが、そのままの意味です。 傑作「パンデミック」を手軽に楽しめるライト版として、北米を舞台にした「パンデミック:ホットゾーン」が最近発売されたばかりですが、今回ご紹介するPnPゲームは、パンデミックを究極にダウンサイジングした1人用のダイスゲーム「Contagion」です。このゲーム、現在BGGで開催中の2020 1 Card Game Print and Play Design Contestの参加作品で、なんと1枚のカード上で展開するパンデミックです!スゴイ! 基本的な要素はパンデミックとよく似ています。このゲームでは、北欧に3…

  • A4 Quest

    文字通りA4用紙の上で繰り広げられる冒険! 今回ご紹介するPnPゲームは、紙に印刷してダイスとトークンを用意すればすぐに遊べる、超お手軽な1〜2人用のダイスゲーム「A4 Quest」です。紙1枚に冒険のマップが、もう1枚に自分のキャラクターのステータス管理表があり、その2枚で1つの冒険を遊べます。デザイナーは「Pocket Mars」や以前にご紹介した「Micro City」のMichał Jagodzińskiさんです。 このゲーム、シリーズで展開されていて現在シーズン3まであります。シーズン1は冒険者とモンスターの戦いがテーマの3作品+番外編1作品、他にエイリアンがテーマのシーズン2、イン…

  • Arkham Noir: Collector Case #2 – The King in Yellow

    次々と起こる殺人事件に自殺。狂気に飲み込まれる前に、盗まれた書物「黄衣の王」を取り戻せ。 今回は、私立探偵ラブクラフトとなって様々な事件を解決する、クトゥルフ神話を題材にした1人用カードゲーム「Arkham Noir: Collector Case #2 – The King in Yellow(黄衣の王)」をご紹介します。このシリーズ、アークライトから発売されている「アーカム・ノワール:事件簿1」「アーカム・ノワール:事件簿2」とは別にCollector Case #1と#2というのがあって、それらは海外でも流通には乗っておらず、デザイナーが少数だけ作ってウェブサイトで販売していたようです(…

  • Agent Decker

    秘密諜報員となり、囚われた人質を救い出せ! 今回ご紹介するPnPゲームは、囚われた人質を救出するため、秘密諜報員となって組織のアジトに潜入する1人用のデッキ構築ゲーム「Agent Decker」です。BGGの2015年のSolitaire Print and Play Contest参加作品で、その後、このゲームをベースにした「SUPERHOT: THE CARD game」と「BLIGHT CHRONICLES: Agent Decker」の2作品が発売されています。 このゲーム、前から知ってはいた*1のですが、あまりそそられないデザインだったのでスルーしていたところ、ヨシダさんのツイートで…

  • THE FIGHT We gonna fight them all!

    クルーでマインドなフリーゼの新作は、1プレイ5分で終わる協力ゲーム まさかこのブログでフリーゼの新作を紹介するなんて。 昨今のステイホームの影響で、ついにフリードマン・フリーゼまでもが新作のPnP版をBGGで公開しました*1。すごいなー。自分が知る範囲では、日本ではたぶんトポロメモリーのPnP版公開が今の状況の始まりだったと思いますが、その後もバンディドのコロナウイルスバージョンやアスモデの大量のPnPゲーム投入(まだ続いてる)など、ほんの少し前からは考えられない事態が続いていて、さすがにもう驚くことはないだろうと思ってたらこの展開です*2。 著名なフリーゼ愛好家であるヒゲボドさんがいち早く和…

  • HIDDEN JUSTICE - Supreme Court Duel

    最高裁で争う弁護士となり、証拠を集めて裁判官を説得して有利な判決を引き出せ! 今回ご紹介するPnPゲームは、テーマが非常に素晴らしい2人用のトリックテイキングゲーム「HIDDEN JUSTICE - Supreme Court Duel」です。和訳すると「隠された正義 - 最高裁での決闘」という感じでしょうか。タイトルもかっこいい!各プレイヤーは最高裁判所で対決する弁護士となり、4種類(目撃者・鑑識・書類・証言:つまり4スート)の証拠カードを集め、その証拠で裁判官を説得するという内容で、BGGで開催中の2020 54-Card Game Design Contestの参加作品です。実はまだ未プ…

  • TOKYO DOVES -BICMAC in the 8 division-

    餌場を巡って、トーキョーで勃発する仁義なきハトバトル! 今回ご紹介するPnPゲームは、鳩の餌場のナワバリ争いがテーマの2人用カードゲーム「TOKYO DOVES -BICMAC in the 8 division-」です。トーキョーの色んな地域のジャンクフードの食べかすを求めて、2組の鳩のグループによる抗争が繰り広げられます。子どもでも十分遊べる内容ですが、モチーフが子ども向けではないために対象年齢は18歳以上のようです😓 ゲームは、手札を使って場の中央にある4つのエリアの得点を取り合うシンプルなゲームで、いずれかのエリアに交互に1枚ずつカードを出していき、カードを出し切って各エリアの戦力を比…

  • Leaky Boat

    真の海の男は、たとえ船が浸水しようとも財宝を目指す! 今回は、見た目からは想像できない、1人用のリアルタイムアクションのPnPゲーム「Leaky Boat」をご紹介します。船に穴が空いて浸水しているのに、真の海の男は諦めない!バケツで水を掻き出しながら財宝が眠る島を目指す!という内容で、たぶんジャンルで言えばバカゲーです😁 ちょっとボードの色が薄いので写真ではわかりにくいかもしれませんが、ゲームボードのマス目には、島、渦、矢印、岩礁、鮫のアイコンが描かれています。移動手段がダイスロールで、1は北、2は南、3はという具合に、出目に従って移動していきます。 一体何がリアルタイムなのかというと、常に…

  • PnPゲームの工作の仕方

    PnPゲーム、たくさん公開されていますね。このタイミングで初めてPnPゲームを工作する人も多いのかもしれませんので、印刷して遊ぶための作り方を、自己流ですが簡単にご紹介します。 僕は特殊な道具は使ってません。カッターと定規とカッター用マットと角丸パンチぐらいで、大体は100均で揃います。 以下、思いつくまま書きます。 定規 定規は、アルミやプラスチック製はカッターの刃で削れてしまうので、ステンレスのものが良いと思います。 カッターの使い方 力を入れて切ると定規がずれてしまうこともあるので、一度に切ろうと思わずに何度か刃を通してるとそのうち切れます。特に厚紙を切るときは、頑張らないで時間をかけれ…

  • Adamastor

    大航海時代の船長となり、未知の土地を目指せ。 今回は、大航海時代の船長となって未知の土地を目指す1〜2人用のカードゲーム「Adamastor」をご紹介します。20分程度で遊べるカードマネジメントのゲームで、BGGの2016 Print & Play Solo Contestの参加作品*1です。Adamastorって何?と気になって調べてみたら、ポルトガルの詩人が、海の危険と自然の力の象徴として喜望峰を擬人化した架空の生き物だそう。ポルトガルには銅像もあるみたい。 ゲームの目的は、山札が尽きる前に、手札や場のカードをコントロールしてマップ上の最終目的地に到着することです。マップカードをランダムに…

  • Atol

    海洋学者になって新しい環礁を調査しよう!ステイホームにちょうどいい、お手軽な紙ペンゲーム 今回は、海の生物をサンゴ礁に書き込んでいくのが楽しい、お手軽な紙ペンゲーム「Atol」をご紹介します。Atolはポルトガル語で環礁だそうで、各プレイヤーは新しい環礁の調査をする海洋学者となり、そこに棲む生物をカタログ化しましょうという内容です。最近ウェブで公開された作品(今後出版されるのかな?)で、出版社もデザイナーも全く存じ上げません...。しかもルールがポルトガル語のため完全に機械翻訳に頼ったので間違っていたらすみません、シンプルなルールなのでたぶん大丈夫だと思いますが。 ゲームは、山札からカードをめ…

  • 1〜2人用おすすめPnPゲームまとめ

    簡単に作れる、1〜2人で遊べるPnPゲームをご紹介します。 まだまだ自宅待機の期間が続くので、これまでにご紹介したPnPゲームの中から、簡単に作れて1〜2人で遊べるおすすめゲームを一言コメントと一緒にまとめてみました。適当ですが、上から下にいくほどルール量多めです。 1人用 実際は何人でも可。家族みんなで遊べる折り紙パズル。超オススメ。 ダイスならではの6という数字の組合せが鮮やかで美しいゲーム。 コンパクトな街作りゲーム。最近KickStarterで製品化されました。 エイリアンから地球を守るダイスプレイスメント。もうすぐ製品化されるようです。 2人用 A4用紙1枚に印刷してハサミで遊ぶパズ…

  • カタン ミニ拡張 #WeStayHome

    こんなご時世だから盗賊の心境にも変化が起き、盗むのではなく助け合うカタンのミニ拡張! 今回は、発表されたばかりのカタンのミニ拡張「#WeStayHome」をご紹介します。名前の通り、コロナウイルスの影響による自宅待機に合わせたシナリオで、PnPデータでタイル2枚だけのミニ拡張です。早速遊んでみましたが、これはよく出来ています!正直、今後はこの拡張必須でもいいかも知れない。 拡張要素は盗賊に関するルールだけです。砂漠ともう1枚のタイルを今回の拡張の家タイルに置き換えてゲーム開始し、盗賊は通常通り7の目と騎士カードで移動しますが、移動先のプレイヤーのカードを奪うのではなく、移動先のタイルの資源を、…

  • AIR, LAND, & SEA

    シンプルだけど奥深い!陸・海・空の戦場での戦闘をコンパクトに描いた2人用カードゲーム! 今回ご紹介するのは、陸・海・空の3つの戦場を舞台にした2人用のカードゲーム「AIR, LAND, & SEA」です。このゲーム、PnPゲームとして公開された後にパブリッシャーから出版となったためにPnPデータは取り下げられていたのですが、コロナウイルスの影響でスケジュールが遅れているリプリントまでの期間限定で一時的に再公開されています。気になっていたゲームだったので、早速作って遊んでみました。 ゲーム内容は、陸・海・空のそれぞれの戦場に対応した1〜6のカードが合計18枚あり、配られた手札からそれらを交互に1…

  • Spook Mansion

    人と家との勝負!お化け屋敷からの脱出がテーマの非対称な2人用カードゲーム 今回は、1人はお化け屋敷を調べに来た調査員、もう1人はお化け屋敷自体となって対決する2人用のカードゲーム「Spook Mansion」をご紹介します。BGGで現在開催中の2020 9 card Game Print and Play Design Contest参加作品で、お化け屋敷から脱出できたら調査員の勝利、閉じ込めることができたら家の勝利です。 ルールはシンプル。調査員プレイヤーがアクションポイントを9点分持っていて、1マス移動するのに1点消費します。カードの端の出口に来たら、家プレイヤーが手札からカードを置いて家…

  • よりぬきパズる広場

    いろんな種類のお試しパズル、あります。 長い休みを持て余している長女(12)向けに、なにか面白いものはないかなーとネット上をさまよっていたら、オリジナルのパズルを企画・販売しているアソビディアが各パズルの紹介とともにお試しのPnPデータを公開されているのを発見したので、早速ダウンロードして遊んでみました。 ハートパズル、チェッカーパズル、へびパズル、十字パズルなど様々なパズルの中から、今回はレールパズルとゆでたまごパズルをチョイス。お手軽に遊べるパズルとしてはとても丁度いい難易度で、長女も楽しく遊んでいました。この機会に他のもやってみようと思います。 よりぬきパズる広場 データ:よりぬきパズる…

  • Forest Guardians

    美麗なイラストが目を惹く、森を守護するネズミ族と邪悪な猫の騎士の戦いがテーマのミニマムなカードゲーム 前回に続き、またもや抜群のアートワークに惹かれたPnPゲームをご紹介します。今回ご紹介するのは、森のネズミ族と邪悪な猫たちの戦闘を描いた1人用のカードゲーム「Forest Guardians」で、BGGで現在開催中の2020 9 card Game Print and Play Design Contest参加作品です。 カード9枚のみで戦闘だけだし、よくあるダイスを振って勝敗判定のやつかなとあまり期待せずに作ってみたところ、10分程度で遊べるものとしてはなかなか歯応えのある、詰み将棋的なカー…

  • BABYLON

    ダイスドラフトと多彩なアクションで、バベルの塔を建造する紙ペンゲーム! 今回は、作るのがかなり面倒なのできっと誰もプレイしないだろうなぁと思いますが、あまりにもアートワークのクオリティが良くて*1気になったPnPゲーム「BABYLON」をご紹介します。現在BGGで開催中の3rd Roll & Write game design contest参加作品で、流行りの紙ペンゲームをあまりしたことがない😅ので他と比べられないのですが、ダイスドラフトにリソース管理に図形パズルと色んな要素が盛り沢山な、バベルの塔の建造をテーマにした紙ペンゲームです。 各プレイヤーに記入シートがあり、右側にバベルの塔の記入…

  • The Potion Maker

    王国調合師となり、様々な材料を調合して高価なポーションをつくりましょう! 今回ご紹介する「The Potion Maker」は、2019年のBGGの9 card game contest参加作品で、王国の調合師となって各地に弟子を派遣し、材料を集めてポーションを作り、完成したポーションを行商に行く、1人用のダイスゲームです。 このゲームのハイライトは、なんといってもポーションの作成!採取した様々な材料を大釜の中で調合して、新しいポーションを作るのが楽しいです。 ポーションを調合するには、持ち帰った材料の種類ごとに、大釜の周りのダイス目が描かれた場所にダイスを置き、その後もう一度各ダイスを振って…

  • 『独ソ戦』カードゲーム

    第二次大戦最大の惨禍、独ソ戦をテーマにした非対称の2人用カードゲーム 今回は、以前に「コンラート作戦:ブダペスト’45」をご紹介したウォーゲームメーカーのボンサイ・ゲームズによる、第二次世界大戦でのドイツとソ連の戦争がテーマのミニマムな2人用カードゲーム「『独ソ戦』カードゲーム」をご紹介します。2019年秋のゲームマーケットでの予約特典だったゲームですが、今は公式サイトにてPnPゲームとして無料公開されています。ベータ版ということになっていますが、特に問題なく遊べました。 やることは極めてシンプル。各自手札を持ち、毎ターン、手札を出すか山札から補充するかのどちらかで、手札を出した場合は相手も手…

  • Minicipality

    なんとなくファミコンを感じる、1人用の街作りカードゲーム 今回ご紹介する「Minicipality」は、短時間で楽しめる街づくりがテーマの1人用のカードゲームで、工業地区や商業地区、消防署や空港、水域、地下鉄などが描かれた18枚のカードを繋げて高得点を目指します。BGGの2015年の18 Card MicroGame Contestの参加作品です。 カード左上の数字が建築コストで、建築予算(商業地区の数)と建築制限数(工業地区の数)を増やしながら、街を拡張していきます。毎手番、山札からカードを5枚引き、1枚は破棄して残りのカードを建築していきます。カードを引く際に、火事や略奪、公害などのイベン…

  • Age of CHIBA〜大千葉時代〜

    千葉原人になって一族を繁栄させよう!トランプを使ったバースト要素のあるワカプレ! 今回は、北条投了さんの2017年秋のゲームマーケット作品で現在はPnPゲームとして公開されている「Age of CHIBA〜大千葉時代〜」をご紹介します。北条さんは本家?のAge ofシリーズにも関わられていますが、このゲームは北条さんらしく千葉ネタを散りばめたものとなっています。昨日、そのネタ元の「チバニアン」が正式命名になった(詳しくは知らない😅)ので、このタイミングだ!と思いソロプレイで遊んでみました。 ゲーム内容は、トランプを使った1人〜2人用のワーカープレイスメントで、一族の繁栄のため(まだ発見されてい…

  • I am Lynx

    手に持ってプレイするのが特徴の、リンクス(山猫)の1年を描いた1人用カードゲーム 今回ご紹介する「I am Lynx」は、テーブル要らずで手に持ってプレイできるカードゲームです。同じようなゲームで「Parm Island」(未プレイです)がありますが、まさにそれに触発されて作ったPnPゲームだそうです。プレイヤーは母親のリンクスとなり、自身と子供たちを外敵(密猟者、狼)から守りつつ狩りをして1年間を生き抜き、高得点を目指します。 ゲーム内容をざっくり紹介すると、片手に横向きに持った山札の後ろにリンクスのカードと3枚のカードを並べて森をつくります。手番では、山札からカードをめくり左右のどちらかに…

  • Seasons of rice

    カンボジアの稲作がテーマの2人用タイル配置ゲーム Seasons of riceは、ポケットサイズのカードゲームをつくっているメーカーBotton Shy Gamesの最近のKickstarter作品で、カンボジアの稲作がテーマのシンプルなタイル配置ゲームです。簡易印刷版がPnPデータとして公開されているので遊んでみました。 雨季と乾季の2フェイズがあり、雨季フェイズには手札から1枚出して自分の水田に配置、もう1枚を乾季用に中央に並べます。手札を全て出し終わると今度は乾季フェイズとなり、場に置いたカードを交互に取って水田に配置、で最終得点計算。 水田のカードには農夫と小屋と水牛が描かれていて、…

  • 2019年の振り返りとオススメゲーム3選

    今年の初めにブログを始めて、なんとか1年間続けることができました。こんなニッチなブログをご覧いただきありがとうございます。 いざ始めてみると、記事に反応していただくことが思いの外嬉しく感じて、承認欲求って恐ろしいなぁと思いました。またPnPゲームを遊んでいる人たちと繋がることができ、あぁ自分の他にもいるんだなぁと実感できたのが良かったです。今後もマイペースで更新できればと思っていますので、引き続きお付き合いいただければ幸いです。 今年の記事を振り返ってみると、一番多くの方から反応があったゲームは「Tinyforming Mars」でした。さすがのテラフォ人気ですね。BGGにアップした和訳ルール…

  • SnowBirds

    渡り鳥の南下の旅をテーマにしたソリティアゲーム 今回は、以前にご紹介した「Bear Went Over The Mountain」や「Certain Stras」と同じ作者の、渡り鳥の南下をテーマにした1人用のPnPゲーム「SnowBirds」をご紹介します。BGGの2017年のソリティアゲームコンテスト参加作品で、PnPゲームなのに拡張が2つも作られてるのが気になって作ってみました。 地図カードからランダムに選んだ9枚+2枚(スタートの北部とゴールの南部)で地図デッキをつくります。最終目的地までには10の逗留地があり、それぞれに設定される距離、空腹度、危険度を手札を使って解決していきます。シ…

  • 中村誠のボードゲームアドベントカレンダー2013

    クリスマスをテーマにした24個のPnPゲーム! 今年このブログを始めた時から、12月にはこれをご紹介しようと決めていました。 中村誠のボードゲームアドベントカレンダー2013 - Togetter ゲームデザイナーの中村誠さんが2013年12月のアドベントカレンダーとして、クリスマスまでの24日間毎日1つのPnPゲームを公開した狂気の企画(もちろん称賛の意味!)を24個まとめてご紹介します。 以前にデータをダウンロードしただけでずっと印刷もしていなかったので、ほぼ1年かけて友人たちとプレイしてきました。名刺カードの印刷用紙、何枚使ったのか分からんぐらい印刷しました。友人たちには、まったく季節感…

  • Pairs(ルールまとめ)

    次々と新しいルールが生まれているカードゲーム「ペアーズ」のご紹介です。

  • Micro Civilization

    10分で遊べる超コンパクトな2人用のシヴィライゼーションゲーム! 最近メガシヴィライゼーションがリメイクや新聞で取り上げられたりと話題ですが、こちらはメガシヴィとは真逆。今回ご紹介するPnPゲームは、内容物はカード18枚のみ、わずか10分で終了する超コンパクトな2人用のシヴィライゼーション、「Micro Civilization」です。山崎すはまさんがルール和訳してくれて(ありがたい)サクッと遊べるようになったので遊んでみました。ちなみにこのゲーム、少し前にご紹介した「Hybris」と同じデザイナーの方の作品です。 各プレイヤーはローマやエジプトなどの国家となり、古代から現代までの文明の発展を…

  • Moogh

    原始時代のマンモス狩りがテーマのモンハンライクなPnPゲーム! 今回は、各プレイヤーがそれぞれ部族の首長となり、チームを組んで1頭のマンモスとの死闘を繰り広げるモンハンライクなPnPゲーム「Moogh」をご紹介します。2016年のBGGの9 card contest参加作品で、雰囲気抜群の素晴らしいアートワークが目を引きます。 2枚のカードで作られたマップ上にマンモスがいて、各プレイヤーは刺す、投げる、登る、などの様々なアクションでマンモスを攻撃します。ダメージを受けるとマンモスの怒りゲージが上昇し、暴れて反撃されたり振り落とされたりします。マンモスからダメージを受けると、キャラクターカードを…

カテゴリー一覧
商用